2019年07月15日

第1157回 第25回JNMAのお話・その3

 前回からの続きがくる〜。

 会場に戻ってから、関係者に「ORIHIRO氏帰ったよ」と伝え周り、最後に真鍮会系世界工芸組ワールド工芸」の化け猫氏に伝達と、ORIHIRO氏の伝言なぞ伝えてた。
 すると「モデルアイコン」にいた京都のポンタ君が登場。そのまま化け猫氏と「バ〜カ」と連呼してた。

 遡る事上野駅からの帰り道での事。ORIHIRO氏が「関係者は全員会ったしなぁ…あ、ポンタ君に挨拶してない」との事。
 「伝言する?」と尋ねたら、「彼奴(ORIHIRO氏の事を)全然気づかなかった」と言ったので、「じゃバカとでも言っておきますよ」「宜しく」みたいな流れになり、会場前の道路で下車する。
 その後たまたま化け猫氏の前で、「ポンタの阿呆がORIHIRO氏を見落としてた」って話になり、「バカって言う予定」と言ったら、上記の状況に至る。

 バカと言われた本人(ポンタ君)曰く、「え?いたの?気づかなかった」との事。普段吾輩あたりだとすぐ気付くのになぁ…
 ちなみに会場内でORIHIRO氏が居た時、化け猫氏から聞くまで吾輩は気づかなかったのだが、その時は完全にハンターモードで物探ししてたからなぁ…
 その後は会場内をウロウロ探し物。しかしなかなか吾輩の琴線に触れる代物が無く、閉場時間が迫ってたのもあり、Black Junk氏に会場と時間の確認をとる。
 16時の閉場時間となり、吾輩が一時離脱をする。雨はそこそこ降ってるのだが、宴会の時間まで少々開くので、当初予定してた通りに浅草方面にある模型屋にお邪魔する。
 雷門通りを真っ直ぐ西(上野方面)へ歩くと、浅草一丁目・浅草雷門バス停至近にある、料理店「カルボ」の2階にあるのが、「アサクサモケイ」さん。結構前に来たのだが、こんなに離れてたっけ?
 店内はまあ狭めなのだが、他所では売り切れの商品がチラホラあったので、一見の価値ありです。ここで吾輩が必要な物を購入し、お店を後にする。
 雷門通りから国際通りを経て、田原町駅から浅草通りを歩くと、よくTVでも映るアレが登場。
合羽橋道具街のシンボル
 「ニイミ洋食器店」のコック像です。ここが有名な合羽橋道具街の入口。時刻と天候がアレなので、今回はパスしましたが、料理関係の品揃えがなかなか面白いそうで。
 そして宴会場である、「中国飯店 天福楼」に到着するも、この時点で未だ予定より2時間近く早い…すると道路の反対側に、「ブックオフ」があるではないか。いいヒマ潰し場所があるではないか。
 「ブックオフ」でヒマを潰しはじめて10分もしないうちに、Black Junk氏より電話入電。「撤収が思いの外早くて、もう店に来てる」との事。ナニソレ?
 慌てて反対側のお店に向かい、席に座ると会費徴収してから、飲み物注文をして乾杯となる。
 料理を頼む時、伽枕流君あたりが頼むと、大体肉肉肉…魚と野菜を頼まんかい!多摩温泉電鉄氏は「ピータンよこせ」で終了。つーかそれ以外の料理の注文聞いた事ない。吾輩とBlack Junk氏が野菜やら魚やらを頼むってのが大体の流れ。
 今回はあまりにも肉系が多かったので、結局炭水化物系を頼まなかった。干し豆腐の炒め物を頼んだら、ニンニクまみれでニンニク辛いオチも。
 2時間で宴会はお開きとなり、そのまま帰宅をするのだが、歩いて行けない距離じゃないのだが、雨のせいで一駅区間だが稲荷町から地下鉄に乗る事に。その後上野で新幹線に乗換、地元へ戻りました。

 これにてJNMAのお話はおしまい。次回のイベントは…鉄道模型コンテストか、JAMコンベンションか…まあ8月ですな。
posted by 島々な人 at 21:28| Comment(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

第1156回 第25回JNMAのお話・その2

 前回からの続きであーる!

 都営浅草線浅草駅で下車して、会場のある「東京都立産業貿易センター台東館」へ向かう。のだが、まあこの時点で未だ昼飯は食ってない。
 本当なら「宇奈とと」に行ってみたかったのですが、店内を覗いたら大渋滞…まあ時間的に一番混み始める時だしなぁ…なので諦めてたまたま空いてた、「吉野家」で豚丼を食う。この日は牛って気分じゃなかったからなぁ。
 食後会場へ向かい、入場券を買って入場する。真っ先にT−Trak Networkのシマへ向かうのだが、まあ中は結構混雑してて、辿り着くまでちと時間がかかった。
 T−Trak Networkの展示ブースにて、KouChan氏と遭遇する。「あんな仰々しいタイトルつけちゃって」と言われる。まあ半分以上本当のお話ですしお寿司。
 でもって、KouChan氏は吾輩より作り込んでて、両端の床下を切り継いで再現度を向上してました。
 続いてT−Trak Networkの物販ブースには、Black Junk氏とがんちゃん氏がメインで店番中。
 売り物も無闇矢鱈にマニアック過ぎる新幹線用保守用車両と、まあそこそこメジャーな伊予鉄路面電車、それに国鉄の珍車である591系電車の3Dプリンター製品がメイン。
 前者がBlack Junk氏製で、後者2つはがんちゃん氏製なんだが、前者はあまりのマニアックぶりに、売ってる本人が「なかなか売れない」と曰う始末。でも買っていく人が居るんだから、世の中変態がいるもんだ。(褒め言葉)
 とりあえず挨拶も終わったので、会場内を見て回る。一時は中古品がメインだった時期もあったのだが、3Dプリンターの性能が上がるにつれ、細かすぎて(ヲタでもなかなか)伝わらない物が増えてました。
 他の売り場にも知り合いがいるもので、「丹那組」には経堂の組長(ヲイ)がいた。吾輩が「あれ?北野工作所じゃないの?」と尋ねたら、「今日は出店してない」との事。なお北野工作所の親父本人は会場に来てたらしい。吾輩は見てない気がする…
 しばらくは会場内を見て回るのだが、まあなかなか吾輩のストライクゾーンを通る物が無く、あっても「今買わなきゃ!」ってのがなかなかなかった。
 時間はズレるけど、会場内で買ったのは、がんちゃん氏の伊予鉄路面電車を2種。とりあえず今まで買ったヤツの組立てを優先せにゃなぁ…
 しばらく会場内を回ってると、「ワールド工芸」の化け猫氏より、「ORIHIRO氏が来てるよ」と一報が入る。
 化け猫氏曰く、「あまりにも丸くなってたから、別の常連さんと勘違いしてた」との事。考え直せば、吾輩ですら2〜3年程会ってないのに、それ以上会ってない化け猫氏が気付くのはチト酷かも。
 でもって、しばらくうろついてると、T−Trak Networkのシマ付近でやっとORIHIRO氏と邂逅する。うん、数年前より丸くなってら。入れ歯やらの効果もあり、大分柔らかな印象に。
 話もそこそこに、TVの引渡を検討すると、本日はレンタカーで来たとの事なので、車で上野駅まで取りに行く事になった。ORIHIRO氏が車を取りに行ってる間は、吾輩はトイレで用を済ます。
 外に出ると風のせいでチト雨脚が強く感じる。そしてタクシーを見ると、「乗ってきた?」なんて冗談を考えつく始末。実際は軽自動車でしたが、タクシーの事を言うと笑ってました。
 浅草から上野までは1回曲がると後はほぼ一直線で、上野駅浅草口までそんなにかからなかった。駅近くの小道に車を止めておき、吾輩が取りに向かう事になった。まあ駐禁なんで動ける状態にしなきゃだし。
 ロッカーからTVを取り出し、車まで運搬して積載すると引渡完了。車でそのまま会場近くまで送ってもらい、ORIHIRO氏は「用も済んだしお金もないし」でそのまま帰還する。

 今回はコレまで。次回最終回かも。
posted by 島々な人 at 20:39| Comment(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

第1155回 第25回JNMAのお話・その1

 前回からの続きらしいっす。

 7月7日(日)は7時頃起床し、朝食を食ってから荷物を車に積んで、自宅を出発する。車で新幹線の最寄り駅である、高崎まで向かい、駐車場に車を止めておく。
 TVを抱えながら、在来線のホームへ向かい、東京上野ラインの列車に乗るのだが、その列車ってのが、実は休日出勤時に使う列車だったりする…
 まあ上野まで向かうので、座席の良いグリーン車に乗るのだが、荷物の都合で車端の平屋に乗ったのだが…
リクライニングが全然使えない置き方
 荷棚に載せられなかったから、2階席でも良かった気がする…コレに乗って約2時間後に上野到着。上野に着いたらまずしたのが、TVを何処かに預ける事。
 流石に両手に抱えているのもアレなので、何処か適当な場所に預けておく。幸い中央改札横浅草口にあった、コインロッカーが空いていたので、ここにTVを入れて置く。
 ここのロッカーは鍵式が無く、ICカードか現金で解錠キーを印刷して持って歩く方式だった。人に引き渡すというの事を考え、ICカードはありえないので、現金で解錠キーを印刷する方法を使用する。
 それで出てきたのが、まあレシートのデカイやつに、QRコードが印刷されたモノで、割と単純だった。そりゃ紛失のリスクを考えると、こっちの方が保管性高いよね。
 ロッカーに荷物を置いたら、そのままJNMA会場へ向かわず、まずは神保町まで向かう。ここ数年のJNMA当日のパターンです。つーか早々に行くと、暑苦しい行列に並ぶ羽目に…天気悪いし、並びたくないです。
 上野から銀座線に乗り、三越前で半蔵門線に乗り換える。吾輩が半蔵門線に乗る時は、割と高確率で東急の電車に当たるのだが、今回は…
2020系の側面@三越前駅
 新車の2020系が来ました。乗った感想は背面の硬さがチト気になる…
 神保町に到着し、真っ先に向かったのが「書泉グランデ」で、まずは鉄道コーナーにて本の探し物を開始する。しかしだいぶ前に再販したであろうに、在庫が無いって何?だった。
 それ以上に謎だったのが、営団地下鉄(東京メトロ)6000系鉄道コレクションがあるんでやんの。コレって限定品だよなぁ?結局買わなかったけど、おもわず考えてしまったよ。
 続いてミリタリー系コーナーに向かい、やはり本の捜し物をするのだが、残念ながら在庫無し。ミリタリー系は秋葉原の「書泉ブックタワー」の方がある感じですな。
 という訳で、「書泉グランデ」にそんな滞在せず、この時点で11時ちょっと過ぎた位だった。次の本屋は12時開店と、待つには外の天気が悪い(雨)し、第一その店で欲しい物がある保証が無い。
 「ちと早いが昼飯でも…」とおもったが、狙ってた「ゴーゴーカレー」が無くなってた…残りの店でともおもったが、目に入ったのが「はなまるうどん」と「いきなり!ステーキ」…今日はうどんもステーキもその気分じゃ無い。
 仕方ないので、早々に神保町を後にする。昼飯は天気次第だが、浅草で取る事にする。まあ激戦区だが、拘らなきゃ何とかなるだろう。
 神保町駅から都営新宿線に乗るのだが、ここでも来たのが…
ホームドアが邪魔だけど5000系
 まさかの京王の新車である、2代目5000系が来るとは…これで本日2種類目の新車。この車両はデュアルシート車なので、座り心地は結構良かったです。
 馬喰横山駅で浅草線東日本橋駅に乗換…駅近いんだから駅名改称しても良い気がするのだが…まあ乗換だ。浅草線も交通局の新車が来れば文句なしだったのだが…
全部写ってるけど京成3000形
 で〜す〜よ〜ね〜。そうは問屋が卸さないわな。まあ京成が憎い訳じゃないが、4社(交通局・京成・京急・北総)乗り入れだとタイミングって難しいよね。ちなみに京成の車両だと、個人的には3700形3400形が好みです。
 これで浅草まで向かいます。

 思いの外長くなったので、次回に続くんじゃ。
posted by 島々な人 at 21:31| Comment(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

第1154回 JNMA前のゴタゴタ

 今回のお話は無駄に方言ネタやら、どこかの台詞ネタとか、超意訳なんかが満載です。反省も後悔もしない方向で。(ヲイ)

 話は6月の中頃まで遡る。茨城県在住のORIHIRO氏がつぶやいた、この一言から物語(なのか?)は始まる。
 「TVのバックライト死亡確認」(超意訳)どうやら液晶テレビには必要不可欠にして、ここが死んだら買換不可避な場所がやられたようだ。
 とはいえ、ORIHIRO氏は最近再独立したせいもあり、テレビは割と高価な代物である。

 一方吾輩宅には録画機能だけ死んでるだけで、「見たい番組が多いのに何たる不都合!」(超意訳)と、母親がブチギレして、それ以外の機能が無事だが買換えてヒマしてる19インチの液晶テレビが一台あった。

 まあとりあえず「テレビ要るんか?」(何故か広島弁)と投げたら、「検討させでぐだせえなんですが、実際の費用等は月が変わってがらでねえどNGです」(無駄に茨城弁)と来た。
 普通に考えたら、宅急便使用での送料が幾らになるか不明だし、「隣の県ならまだしも、テレビの発送だけで茨城まで向かうのもなぁ…」と、ちと悩み事が発生する訳ですよ。イベントも無いし。

 そして時は流れて6月下旬となり、ダラダラとヤフオクを見てたら、Black Junk氏が講師をしてる、工作教室向けの良い物を発見し、即刻落札。
 落札したのは、最近なかなか出ない関東系のBトレインショーティー(以後「Bトレイン」と略す)、それの京浜急行新1000形ステンレス車。これが1両平均単価約160円とはお得である。
 その後吾輩の勤務が確定し、夏のイベント第1弾である、JNMA当日の休日が確定する。

 7月に入り、ORIHIRO氏のつぶやき。「今週末上京しようかね?」(超意訳)なんて言うから、吾輩が「上京するならテレビ持って行くけど?」と返したら、「謹んで上京いたします」(何故か原文のママ)となった。
 さらにBlack Junk氏にメールを送ろうとしたら、その前に「宴会に参加するん?」(何故か広島弁)とメールが来てた。何たるタイミングなんだか。
 なので、「OK!」(超意訳)と返しつつ、「Bトレイン要りまへんか?」(無駄に大阪弁)と投げたら、「どうも買います」(何故か津軽弁)と返ってきた。

 そしてテレビの荷造りをするのだが、問題が発生する。テレビを入れてたダンボールが無い。まあサイズ的に業者が来て修理するせいもあって、捨ててしまってた訳だ。
 悩みつつBトレインの梱包をして、シールを作っている最中にプリンターを見てふと、「アレ?コレ(エプソンEP−805)ってもう修理対応してないんじゃ?」と気づく。
 調べたら案の定期限切れ。「じゃダンボール要らんよね」となり、「これなら入りそう」とテレビを入れたら…
対角線にスッポリ
 「スポン!」と言う効果音が脳内再生余裕でした。タイミング良いなァオイ。こうして荷造りは進み、7日の当日を待つ事となる。

 今回はコレまで。次回JNMA当日編也。しかし方言変換って結構あるんだなぁ…
posted by 島々な人 at 19:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

第1153回 今月の鉄道模型いじり@令和元年6月号

 前回は1両の加工を詳細に書きましたが、今回は大雑把に。

 先ずは車両ケースから。
4両編成新旧塗装で2本
 以前より所蔵してた、201系の「四季彩」編成をCASCOのケースに入れる作業を行いました。ケースは限定品のオレンジ色で、スペアケースに8両用のウレタンを使用。
元からの色と旧塗装と新塗装
 ラベルのベースは自前で作ったほぼオリジナルで、写真は「裏辺研究所」より写真を使用させてもらいました。
文字は電車の色より
 続いて富士急行1000形のインデックス。写真は柏崎のイベント時に、信号長Y氏より頂いたデータを使用して、ちとズームアップして使用。
富士急オリジナルが2本しかない
 実際にはもっとあって、1ケースでは完全に収容できないのですが、まあ加工済みを優先してみました。しかし同じ車両、同じ会社とは思えぬカラフルさ…
割と色味が似てる
 インデックスを差し込んで終了。次は毎度おなじみ、鉄道コレクション動力化から。
ウチ的には先行量産型と量産型
 まあ前回都電7700形ですな。せっかくなので、緑色と並べました。詳細は前回のを見てください。
シックな色とパステルな色
 次に筑豊電気鉄道2000形です。片方の紫色はレインボーカラーの一角ですが、もう片方は旧西日本鉄道色…
黄電塗装もなかなかカッコイイ
 さらには黄電(キナデン)と呼ばれるカラーもある。その実は…
あしゅら男爵な断面
 まさかの1編成に2つの塗装という、正に模型って感じの車両ですな。実際にある編成だから、世の中面白い。

 本当なら後1つあったのですが、5両加工予定の内2両しか施工してなかったので、次の機会に回します。
posted by 島々な人 at 22:25| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

第1152回 KouChan氏の宿題・今月の鉄道模型いじり特別編都電7700形床下加工説明

 タイトルが何となく仰々しいですなぁ…

 という訳で、前回KouChan氏から言われた、「都電7700形の床下加工を教えて」に対する、工作方法を公開しますよ。まあ割と単純ですが…
 さて早速加工を始めましょう。用意する材料は…
車両はみどり色でも可
 鉄道コレクションとその動力だけ。なお写真の動力は一昔前の奴ですが、現行の製品と差は全く無いのでご安心を。
 必要な工具はニッパーとカッターで、カッターは薄いやつかデザインナイフ推奨。それに平ヤスリとピンセットを用意します。
 さあここからは分解の時間です。今回の加工は完全に素人工作の延長で、場合によっては故障の原因となりますので、真似をする場合は、完全に自己責任でお願い致します。
 なので「分解なんか恐かねぇ!!野郎、バラしてやらぁ!!」と言える猛者だけは次へお進みください。(ヲイ)
取り出しただけの写真 取り出した位置どアップ 反対側どアップ
 先ずは写真を撮り、分解前の床下機器の位置を記憶しておきましょう。「もう1両持ってる」とか「2両加工する」等なら、1両づつやるのが写真を撮る面倒が無くよろしいかと。
初期値な路面電車用動力ユニット L位置に伸ばした後の動力ユニット
 先ずは動力ユニットから。先ずは車体長を伸ばしておきます。これはこの後の加工がしやすい様にするのもありますし、都電の指定がLサイズなので、さっさと伸ばすってのもあります。
床下カバー用爪の位置
 この矢印の場所に爪がありますので…
床下カバーを外してる最中
 ピンセットで押しながら上に引き上げましょう。写真ではたまたま先の丸いピンセットを使ってますが、滑りやすいので先の尖ったやつの方が、傷つきますが引っかかりが良いので楽です。
片側の爪が外れた 床下カバー取り外し後 ウエイトと床下カバーの関係図
 この様に片方外れれば、反対側は楽に外れます。なおこの床下カバーは、三枚目の通りウエイトのホルダー兼ねてますので、以後加工時における爪の破損には気を付けましょう。
鉄道コレクションの床板 床板から外した後 取付ピンを切り取ってる最中
 次に鉄道コレクションに付いてる床板を外し、床下機器を外したら、はめ込み用爪を遠慮なくぶった切って平にします。
ノギスで測定中 加工基準の図
 床下カバーを測量したら、長さは15mm程なので、矢印の方向のある側板を基準に加工します。何故矢印の方向かと言えば…
床下機器の裏側
 裏をひっくり返すと結構段差があり、加工数を考えると、矢印の方向で加工する方が楽です。
片方を加工する 両方加工完了 削るべき出っ張り
 床下機器上部を15mm切り開きます。床下機器モールドの裏当たりまで切り取ったら、ヤスリで平準化しましょう。すると矢印の位置にある出っ張りが邪魔なので…
出っ張り除去後の図
 この様に切ったり削ったりして平準化します。これで床下機器の加工は終わり。続いて床下カバーの加工をします。
抵抗器・圧縮機側の位置 制御器・MG側の位置 下部の切りこみ位置
 この矢印にある床下機器モールドの一番上と、内側の角位置を基準に切ります。この際一気に切らず、何度も切り込みを入れる感じで切った方がいいでしょう。
床下カバー加工後 爪側から見た加工断面
 これが加工後の塩梅。端っこの方は上下が貫通したら目分量なりで切り取り、その後ヤスリがけで調整しつつ直角を出した方が楽です。
仮組みの図
 一旦動力に床下カバーを仮組みをして、床下機器を置いて位置を確認しましょう。多少前後しますので、微調整をしたら接着します。
たまたま机の上にあったゴム系接着剤 床下機器接着後 床下機器の接着位置
 今回接着剤はゴム系接着剤を使用してます。本当ならエポキシ系接着剤あたりが良いのでしょうが、そんなに強度を必要としないので、ゴム系接着剤でも十分でしょう。
 2枚目が接着後の床下機器カバー。実は上部にちょっと隙間ができますが、車体に隠れて見えなくなります。神経質な方は床下カバーの床下機器モールドを全部削ってから、寸法を測って切ると見えなくなります。まあ相当面倒ですが…
ちと曲がってるのが分かる図 台車モールドを付けて完成
 後は普通に動力を組み込み、完成となります。ちと曲がってますが、ゴム系接着剤なので、後で修正できるのも魅力かと…(と誤魔化す)

 ちなみにこの加工は写真撮影込みで2時間位だったので、実際には1時間位でできますので、興味のある方は是非。
posted by 島々な人 at 19:58| Comment(2) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

第1151回 柏崎トレインアトラクション‘19・穏やかな終わり編

 前回からの続きだゴルァ!(何故か喧嘩腰)

 昼飯後会場に戻ると、夜間運転の時間になったので撮影してみた。
夜間運転中の駐機場モジュール
 B737が居た所に、ソ連の音速旅客機(Tu−144)がいました。そして夜間運転後に「柏崎鉄道模型を楽しむ会」の一角を見たら…
特殊な新幹線大集合 東日本地区新幹線の始祖 企画倒れのゲテモノ?
 お客が乗れる新幹線皆無という、Black Junk氏のネタが発動してた。しかし変態(褒め言葉)しか揃ってない。
 まあ柏崎なので、ちっとも子供受けしませんが、コレを岩手に持っていくと、「猫耳が出ない」とのたまうお子様多数…調教し過ぎです。

 そして動画撮影に勤しむ吾輩。久しぶりに上野駅モジュールで、地下鉄線走行の電車撮影。走ってくる車両がアレですが…
 実はもう一つ動画を撮ってますが、人の顔が微妙に映っており、動画編集ソフトなぞ持ってないので、コレばかりは上げられない…撮影的にはなかなか上出来だっただけにねぇ…
 その間KouChan氏より、「この都電の床下加工、如何やってるの?」と尋ねられる。その写真は、第1142回7700形でした。
 実はこの車両、最初の加工で先行試験的な意味合いもあったので、「今度のブログに載せます」とだけ言いました。なので自動的に次回はそのお話になるんだよねぇ。
 こうして16時になり、2日目も閉場となり、そのまま撤収開始。吾輩分の荷物がまとまると、車の移動が面倒なので、そのまま台車ごと車を止めてる位置まで持っていき、そのまま収容作業終了。
 机の分解と運搬をしてたら、解散のお時間となり、そのまま解散となったので、車を会館前の駐車場へと移動する。
 KouChan氏が「ガソリン足らん」と言って、先に出発する。その後吾輩も出発し、すぐそばのガソリンスタンドでKouChan氏発見。吾輩の車にはガソリンがまだ余裕綽々だったので、そのまま通過する。
 その後は下道で小千谷ICまで向かい、そして関越道に乗る。そしてKouChan氏に抜かされるが、その直後にKouChan氏が越後川口SAに入っていった。吾輩はそのまま通過する。
 そして巡航モードで南下していくのだが、猛烈な眠気と尿意に襲われたので、トイレ休憩にここによる。
去年と同様の塩沢石打SA
 塩沢石打SAです。去年と同様にたまたま北海氏と一緒になりました。そして眠気覚ましにと、何故か煎餅を買う。まあ硬さはガムの上なので、顎をこき使うには良いのだが、結局その後はガムだけで済んだりする…
 その後も巡航速度で走行し、関越トンネルを抜けて地元に入ると同時に雨が降ってた。あまりスピード出しての下り坂って怖いんだよなぁ…まあそのままの速度での走行でしたけど、結構この区間は力が入った。
 「そばよし」のチャーシュー麺は偉大で、腹持ちの良さが今年も炸裂し、去年同様駒寄スマートICまで向かう羽目に。でも流石に餃子よりは軽いワンタンなので、この時点でお腹が減った。
 なので駒寄スマートICでた先にある、「スシロー」にて夕食を食う。日曜だが雨だったせいもあり、客席はそんなに混んでなく、非常に早々に席に座れ、早々に食い終わる始末。
 その後はまっすぐ自宅へ帰りました。

 と言う訳で、柏崎トレインアトラクションはコレにて終了。次回はKouChan氏からの宿題をやりますよ。
posted by 島々な人 at 18:00| Comment(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

第1150回 柏崎トレインアトラクション‘19・2日目も通常営業編

 宴会があったせいで、一回分入稿出来なかった、そんな前回からの続きなのねん。

 さて、会場内を一周してたら、T−Trak Networkの島が変わってます。
2日目変更区画
 これはアキサ君が10時頃に抜ける予定区画に、Black Junk氏のモジュールが入った訳です。そしてそのモジュールの1つに第一宇高丸がありまして…
自走で四国入りする琴電車両?
 時空が歪んで四国へ向かう琴電車両…うん、何書いてるのかが分からなくなってる。(マテヤコラ)そして博物館スペースには…
車両と遜色ないシンカリオン
 「新幹線変形ロボ シンカリオン」の「シンカリオンE5はやぶさ」です。しかも今回はグッドスマイルカンパニー製である、「MODEROID シンカリオン H5はやぶさ」です。
 制作したKouChan氏曰く、「色差し程度でこの出来とは素晴らしい(意訳)」との事。つまり塗装なぞしてないのに、プラスチック感皆無な出来です。こりゃ欲しいけど、置く場所どないしよう…(物欲センサー起動)
車庫と駐機場
 そして車庫モジュールと隣接する駐機場モジュールの画。アキサ君所有のB737は既に撤収済みで、ちと空間が空いてますな。その頃「金沢鉄道模型倶楽部」では…
 
 なんか久々に超長大編成が動いてた。久々に動画撮影したから、ちとタイミングとピントが微妙な気が…
 10時になり2日目開場となる。しばらくは例年通りな動きなので、この間に信号長Y氏のノートPCをお借りし、写真のデータをコピーして頂く事にする。
 作業の最中に、「何処か上毛電鉄車両の屋根が撮影出来る場所無い?」と尋ねられた。信号長Y氏曰く、「先頭化改造や電装解除車の屋根周りが分からん」との事。
 なのでデータ複製作業後、沿線を思い出しつつ地図を確認すると…樋越駅の先に道路の架道橋があったので、そこを案内する。
 しかし上毛電鉄って、案外立体交差が少なくて、道路の架道橋が2本あるだけ。内一本は上武国道なので、歩行者が立ち入れない場所…そりゃ撮影に難儀しますわな。
 なお上信電鉄は最近高崎アリーナ向けの歩道橋が出来たので、こちらは相当容易に屋根上写真が撮れる事に。でも屋根上撮影する用事が無い…
 モジュールを自爆して自宅へ送った多摩温泉電鉄氏、流石に宴会が終わって暇になり過ぎたのか、お昼すぎに撤収するとの事。帰りもキャンプして帰るそうなので、今回は単にキャンプしに来ただけ状態に…
 12時過ぎになり、昼飯を食いに出る。行先は…
お昼時なので並んでます
 毎度おなじみ「そばよし」さんです。今回もチョット趣向を変えて…
チャーシューワンタン麺外観
 チャーシューワンタン麺にしました。見た目は単なるチャーシュー麺ですが…
隠れてたワンタン
 ワンタンがチャーシューの下敷きになってました。味はまあ普通なので、餃子じゃ重いかなと思ったら、こちらにするのも手かと。

 ちと切り分け位置が微妙なので、ここで今回はお開き。次回多分最終回。
posted by 島々な人 at 21:26| Comment(2) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

第1149回 柏崎トレインアトラクション‘19・2日目準備の真っ最中編

 前回からの続きザマス。

 会場に戻り、とりあえず前日撮りそこねた、エントランスの光景がこちら。
撮影小物コーナー 撮影用フレーム 薄っすらと映る鉄道前方映像
 まあ写真撮影用小物やら、写真撮影用フレームは分かるし、そのフレーム上部には映像が流れてるのも分かるのだが…
酒を持つ鮭…ダジャレ?
 コイツは何処から持ってきた?しかも微妙な位置に置いてあるのもまた…ちなみに魚つながりでこの後の予定がアレだった。
ぎょぎょぎょ〜!
 まさかのさかなクン先生であった。しかしあのテンションで2時間ぶっ通しなのかが、一番気になるところ。
 会場内に行くと、準備の真っ最中ではあるが、前日撮影してなかった、集合写真の撮影が行われる。その後は会場内を周る。
2か所ある退避線
 「八千代レールクラブ」の路面電車区間では、こんな感じで電車の退避場所がありました。しかし一番外側の分岐線、ちと蛇行し過ぎ感が…
単線上路式デッキガーター橋 複線下路式ワーレントラス橋
 「金沢鉄道模型倶楽部」では、異なる大型橋梁がありました。片方が単線上路式デッキガーター橋で、もう片方が複線下路式ワーレントラス橋と、割と鉄道でも幹線系統にありそうな組合せ。
手回し発電機付き高原レイアウト 京阪京津線レイアウト付きモジュール ミニレイアウト付モジュール
 「柏崎鉄道模型を楽しむ会」には、45k・あうし夫婦のモジュール含む、小型レイアウトの宝庫になってました。
前日は走ってたロケット搬送貨車
 お座敷状態の路線では、何故かソ連なロケットが…
小人さん用かな?
 確かに書いてある通りの「トレインビュー」な家ですが、縮尺が小さいですぞ。
空母ズイズイ(マテヤコラ)
 柏崎では毎度おなじみになりました、空母「瑞鶴」モジュールですが、その甲板には…
まさかの近鉄特急「しまかぜ」との邂逅 コレ絶対狙ってやっただろ?
 前回白露型駆逐艦時雨」塗装の電車に、ミニトレインを連結して乗ってる、艦娘・時雨改二のfigmaが…全部揃えた奴は、別の意味でスゴイ。
色彩感覚がまた良い
 その時雨電車の隣には、新作であろう「けいおん!」塗装な電車が…キャラが秋山澪って辺り、ネタ感が半端ないですな。
コレでは運転できません
 体験運転用の運転台、今年はスカイブルーの方を使っており、オレンジの方はこの様にリラックマに占領されてました。

 今回はコレまで。次回に続くにょろ。
posted by 島々な人 at 20:30| Comment(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

第1148回 柏崎トレインアトラクション‘19・ドタバタ柏崎駅撮影の編

 前回からの続きですけど、ちとネタがアレなので、飯等食いながらの閲覧はご遠慮ください。

 柏崎駅に向かってる最中に、お腹の調子が悪化。しかし道中にコンビニが無くて、トイレは駅にしか無い状況…とりあえず駅まで向かおう。
「水球のまち」な柏崎駅
 そして柏崎駅に到着。バス乗り場に目をやると…
越後交通のバス
 また新車らしきバスがありました。駅構内へ入ると…
長岡方面行列車@E129系
 既に長岡方面行の電車が停車中。撮影中に出発し、その後に来たのは…
「越乃Shu*Kura」号柏崎通過中 「越乃Shu*Kura」号柏崎通過
 「越乃Shu*Kura」号が通過中。越後線のホームに行ってみると…
越後線ホームで寝てるE129系
 相変わらず昼寝中のE129系
 ここでお腹の調子が更に悪化し、限界値を突破したので、慌てて駅のトイレに入る。そこがまた結構狭い洋式トイレ…今までだいたい狭いトイレってのは、ろくな思い出が無い…
 結局その狭さから、お穴を拭くのに一苦労した挙げ句、実弾直撃する最悪の事態に…さらには洗面所には石鹸が常設してない最悪の事態で、結局慌ててキオスクで買う羽目に…
 その後手を洗っていると、特急通過待ちの電車が到着し、本日二番手の狙い目が到着する。
特急「しらゆき」号入線中 特急「しらゆき」号閉扉完了 特急「しらゆき」号柏崎出発
 特急「しらゆき」号@E653系1100番台です。まあ何故狙い目だったかはまた後日。
通過待ちのワンマン列車@E129系
 その後は通過待ちの電車を撮影し、朝練は終了となる。本当なら貨物列車を狙ってましたが、今回時刻表を配布されてなかったのもあり、時間が確認出来なかったってのもあり、撮りそこねた次第です。
 撮影後はキオスクでお土産を買う。単に商品券を相当量持ってたので、その消化を兼ねてるので、まあ深い意味は無い。そして買い物を終え、会場に戻ることにする。

 今回はコレまで。次回に続くだぎゃ。
posted by 島々な人 at 21:54| Comment(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

第1147回 柏崎トレインアトラクション‘19・普通の宴会(?)編

 ここしばらく用事やら疲労過多やらで遅れましたが、前回からの続き也。

 16時40分頃会場を後にし、ホテルへ移動開始する。まっすぐ宴会場兼宿泊先であり、例年通りの場所でもある、「ホテルシーポート」へ。
 ホテルに到着後、しばらくは時間があったので、Black Junk氏の部屋に行くと…そりゃ大量の新幹線車両がわっさわっさと。全部Black Junk氏所有品で、その中からTomix製の0系を抜き出すが、そんなに量がなかったりする。
 しかしだ、そのあまりにも大量のKATO製0系の山に、それを一言で表したのが、「野生の浜松工場であった。それだけで一体何両あるんだ?ってレベルだった。
 吾輩がBlack Junk氏の元へ行ったのは、たまたま童友社モノグラム(現レベル)のB747−400を見てもらう為だった。Black Junk氏曰く、「やっぱ童友社のは100の顔だわ」との事。確かに違いがあった。
 その後荷物を出し入れしに車まで行き、自室に戻ってから再度Black Junk氏の部屋に行き、同室の信号長Y氏に写真のお願いをした後、宴会場へ移動となる。
 宴会場はここ数年のお約束の洋室で、素人車輌氏ともう1人のグダグダな司会で始まり、まあ普通に挨拶があって、普通に乾杯となる。
 今年はお酒の差し入れがそこそこなのに、売れ行きが良すぎてほぼ無いとか、謎の焼き立てクロワッサンとか、炭水化物のジェットストリームアタックがあったけど、そんなに量がなかったとか…
 まあコレというネタがそんなになく、唯一の模型ネタと言えば…
HO御開帳中@ホテルシーポート
 吾輩が確認した限り、コレくらいしかなかった。仲間内の宴会としては、まあ近年稀に見る鉄分過小な宴会でした。つーか机が小さいし、動き回るにはちと面倒だし…
 そうこうしている内に、宴会はお開きとなり、そのまま自室へ戻る。結局そのままグデグデ自室に居座り、BOSS君と上海亭君と談笑した位で、その後風呂に入ってから、24時頃睡眠となる。

 翌9日(日)は6時過ぎ辺りには起きてた。時間曖昧なのがアレですが、時計が最寄りに無いってのが、曖昧な理由です。アラームセットしてないし。
 起床してから風呂に行く。天気は晴れたので、露天風呂の眺めが非常によろしい。風呂に入った後は、朝食の時間なので、朝食会場へ向かう。
 何故か今年はバイキング形式に戻ってたが、パンの種類がちと残念位と、一昨年並に戻った感じ。そして部屋別指定のテーブルには、何故か多摩温泉電鉄氏が居座る始末。
 その多摩温泉電鉄氏、何故かご飯と納豆2パック、それに梅干しだけという、謎の組合せな朝食だった。おかずが無いわけじゃないのに、何故その組合せになったのか…
 食後部屋に戻るなり、駅で撮影をする為、早々に出発の準備に入るのだが、ウッカリ車の鍵を忘れてしまい、余計な時分を食ったのが、この後チト裏目にでた。
 ホテルを後にし、会場の駐車場に車を止めてから、柏崎駅に向かう。

 今回はコレまで。次回に続くで候。
posted by 島々な人 at 19:22| Comment(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

第1146回 柏崎トレインアトラクション‘19・大混雑な1日目編

 前回からの続きなんだわ。

 開場してしばらく経ったら、Black Junk氏からやっと電話。その時点で山谷PAとの事なので、まあ1時間もしない内に来るという感じだった。
 なのでそこから逆算したら、電話をした時点で既に多摩温泉電鉄氏宅に寄るのは無理という訳だ。まあおかげでネタが増えたZE!(マテヤコラ)
 夜間運転前に「夜間運転終わったら飯に行きましょう」と、信号長Y氏を誘う。信号長Y氏が受諾して、本人は夜間運転の準備に追われる。
 12時半頃一回目の夜間運転が始まり、その後夜間運転が終わったので、カーテンを開けたついでに下を覗いたら、Black Junk氏が到着してた。
 なので荷物を取りに行ったら、うっかり信号長Y氏に言うのを忘れてて、慌てて吾輩の後を付きて来たのだった。そしてそのままBlack Junk氏の手伝いに参加する。
 荷物の搬送が終わったら、本日のお昼は例年通り隣の「ガラムマサラ」へ行き、しばらく悩んで決めたのがコレ。
「ガラムマサラ」のハンバーグカレー
 ハンバーグカレーです。うっかり写真を撮り忘れかけてたので、ちと食いかけががが…食後のデザートを食って、コーヒー飲んでから会場に戻る。
 会場に戻ると、既に駐機場モジュールが組み込まれており…
Black Junk駐機場 ANA’s B737−800
 何故かANAB737−800がいる。まあタネ明かしすると、この作品はアキサ君が作った物で、今回唯一の飛行機完成品…何か書いてる事に違和感が無いのって何?(ヲイ)
 そして「柏崎鉄道模型を楽しむ会」側の駐機場には…
柏崎駐機場
 何故かロシアの3発機が2機いた。その頃Black Junk氏といえば…
印刷作業中 印刷物は床へ
 ダイナミックな印刷作業の真っ最中。印刷物が床にダイレクトって…それをパウチしてバラマキ中でした。この作業の合間に、工作教室向けBトレインショーティーの引渡を行う。
 この日は午前中雨で、午後に雨があがったせいもあり、なんと会場内が結構大混雑。なにせBGMが聞こえないし、DJ黒滝急行氏は巡回不能に陥る始末。
 なんでもこの日だけで600名オーバーのお客さんが来たそうで、そりゃ大混雑しない方が謎ですわな。
 16時になり、1日目の公開が終了する。お客さんがいなくなったら、非公開でネタ大会と化すのがお約束。早速KouChan氏が仕込んで…
小田急沿線?
 小田急70000形GSEが登場する。そして…
最新鋭車と現役引退車
 模型だから出来た出会いである、既に引退した9000形との並び。本当は地下鉄区間用として、KouChan氏がGSE共々持ってきた物。
 ちなみにバザーもやってたのだが、まあここ数回のお約束で、良い物がなかった…

 今回はコレまで。次回に続くのです。
posted by 島々な人 at 21:51| Comment(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

第1145回 柏崎トレインアトラクション‘19・ダイナミック忘れ物編

 前回からの続きなんです。

 会場内ではポンタ君説教が終わり、設営をしていくのだが、ここでさらなる事態が会場を襲う。
 雨の中キャンプまでやってる、多摩温泉電鉄氏が到着。そして荷物を取りに最寄りの柏崎郵便局へ向かった…のだが、何と荷物が無い…!?
 本人が弱った顔をしつつ、まさかと思って自宅の母親へ電話をしたら…会場に向かって発送した荷物が自宅へ戻ってました。まさかの事態に本人以外周りの人達大受け。
 とはいえ、モジュールが抜けるのは火を見るより明らかで、しまみん氏が慌てて旧作を引きずり出す始末。
 この時「Black Junk氏に電話すれば?」なんて台詞も出る。まあ毎度おなじみこの時点(11時前)でBlack Junk氏がいない訳で、場合(現在地が自宅近辺とか)によっては何とかなった。
 んが、多摩温泉電鉄氏は「俺んちの場所なんて知らんだろ」と言う始末。Black Junk氏の車にゃカーナビ付いてるのになぁ…
 一応この時吾輩がBlack Junk氏に電話をしたのだが、まあ出なかったから、「もう移動してる最中だろうな…」と判断する。
 そして多摩温泉電鉄氏がバイク仕様の服装から、会場内向けの服装に変えるのだが、なぜか会場内でパンツ一丁になる始末。ヲイヲイヲイ、あうし姐さんが居るのに何やってるんだ?
 本人曰く「気にしなかった」と…こりゃセクシャルハラスメントで裁判沙汰になっても、十中八九勝てる事案ですがな。
 最早ネタの応酬に、「これって12時までに間に合うのか?」レベルだったし、吾輩に至っては、「これ絶対午前中に1ページで終わらす自信無いわ」と言ってしまう。実際そうだったし。
 そしてトドメの事案発生。KouChan氏の三軒茶屋モジュールに組み込まれたポイントが、動作不能になってる事が判明し、さらなる変更が発生してしまう。
 結局予備があったから良かったけど、この影響で信号用絶縁位置が変更となり、そのとばっちりを吾輩がモロに食らうという塩梅…
 というのは前段での絶縁位置が、吾輩の片端とモジュール間にあったのだが、それがモジュール両端に変更になったのだ。
 なので既に接合してる部分を外して、絶縁ジョイナーと通電ジョイナーを移設して、さらにまた接合と…書くと楽だが、接合数が多いからメンドクサイ…
 そしてトドメは接続ケーブルが反転してたと…なんだか「正直スマンカッタ」状態に…つーか流れが悪いを通り越してます。
路面電車検車区と地下鉄検車区 地下鉄検車区に車両設置中
 なんとか動かせるまでになったら、KouChan氏が吾輩の車庫モジュール横に留置線を設営して、結構な規模の検車場状態になりました。
令和元年トレアト1日目の1 令和元年トレアト1日目の2
令和元年トレアト1日目の3 令和元年トレアト1日目の4
 この時点で11時半過ぎと、辛うじて動かせる状態になったのですから、まあ何とか巻き返せた訳ですな。
 そして1日目の配置撮影した後、12時になり1日目開場時間となる。

 結局午前中だけで2回分って、一体どんだけ濃かったんだよ!これが令和一発目なんだから、この後がおもいやられるわ…

 という訳で、本日はコレまで。次回に続くよ。
posted by 島々な人 at 20:00| Comment(2) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

第1144回 柏崎トレインアトラクション‘19・ネタが多いんだよ会場入り編

 6月8・9日(土・日)は、柏崎市産業文化会館にて、「柏崎トレインアトラクション2019」が開催されましたので、そのレポ的なものを。

 8日(土)は例年よりチト遅めの5時15分頃起床し、荷物を愛車に積載し、5時45分頃出発する。毎度恒例のインター近くのコンビニによってコーヒーを買う。
 赤城ICから関越道に乗り、新潟へ向け巡航速度で運転する。赤城高原SA前後は雨上がりの川霧で、ちと見通しが悪いゾーンがあったけど、まあそんな酷い霧って訳じゃないから流れは順調。
 その後水上ICを過ぎた辺りで普通なら谷川連峰が見えてくるのだが、結構雲で山体が見えない…こりゃ新潟側は雨だなとおもいつつ、関越トンネルに入る。
 関越トンネルを出たら、まあものの見事に降雨。しかも土樽PA〜湯沢IC間で、橋梁改良工事の為片側交互通行と、ある意味イベントが多いですな。もっともおもったより交通量がないので、スムーズに流れてましたが。
 雨が強くなったり弱くなったりと、雨量の動きが激しかったし、いつも休憩に入る大和PA前で、新潟県警の覆面がハンティングに成功してたしと、ある意味イベント盛り沢山…
ヘソの曲がった大和PAの写真
 こうして大和PAで休憩を取る。しかしここ数年大和PAで休憩してるのだが、ほぼ全部曇り空(雨雲含む)ってどんだけ?
 その後大和PAを出発するのだが、しばらくするとまた新潟県警の覆面がハンティング…まさかの大和PA前後で見るとは…こりゃ新潟県に入ったら、銀色のセダンには気をつけよう…
 とおもったら、KouChan氏の車に追い抜かされる。ちなみにその時の吾輩の巡航速度は、キップ切られるか否かのギリギリ速度…
 しかも先程新潟県警の覆面2度目のハンティングを見ただけに、「大丈夫かいな?」が正直な感想。
 小千谷ICで関越道を降り、後は一般道をひた走る。天気は雨だから、峠道はちと気をつかう。そしてやっと柏崎市内に突入し、恒例となってるマクドナルドによって、朝食を食う。
 マクドナルドに入った時点で8時半位と、予定通りの動きだったので、まあ順調だとこの時点ではそう思った。しかしこの後まさかの激動があるとは、この時点では全く想像できなかった。
 マクドナルドを出たら、数分で会場である柏崎市産業文化会館に到着。既に数名が荷降ろし中で、幸い小雨だったので、慌てて荷降ろしをする。
 この時点じゃ未だ普通の進行だった。しまみん氏の誘導で、いつもの駐車場のいつもの位置…表明が一番早かったから、駐車位置も前回と変わらずチト狭めな場所…来年は数人見送ってから表明を書くか…
 会場に戻りここから設営を開始する。まあこの時点では特に問題はなく、当日変更も無いから流れが良かった。
 しかし信号長Y氏が到着した時から、流れが明後日の方向へ向かい始める。信号長Y氏が早速ポンタ君を説教しだす。
 原因はポンタ君がかなりギリギリで、参加モジュールの変更を出したから。
 並のモジュールならそんな重大な事にはならなかった。しかし欠場したのが、特殊モジュールであり、ある意味キーとなるドッグボーンモジュール欠場に信号長Y氏激怒。
 その時信号長Y氏が「これ見た瞬間頭きたけど、いろんな詛呪を唱えた後こう言ったよ」と語った後、こんな言葉が出ました。
 「ポンタ(本当は本名)なら仕方ない」
 多分今年一番のセリフであり、まさにこの一言に勝る言葉なし。その台詞に本人以外周りの人達大受け。まあある意味真理だし、もうこれ以上の言葉なぞ出やしない。

 という訳で、本日は行数が多いのでコレまで。会場内だと「これ午前中だけで1ページ終わらない」と言ったけど、ホント終わらんよ…

 次回さらなるネタに一体どうなってしまうのか!?(「ガチ○コ」の垂木さん調に)
posted by 島々な人 at 19:59| Comment(2) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

第1143回 今月の鉄道模型いじり@令和元年5月号その2

 という訳で、前回からの続き。

 再度鉄道コレクションの動力化に戻って…
谷町線30000系
 大阪メトロ30000系で、大阪メトロ民営化後の一番列車として充当された編成です。
路面モジュール地下鉄走行対応車
 路面モジュール地下鉄線走行可能仕様車で、先頭はダミーで、中間は全部KATOのナックルカプラーを使用。
南海の古豪・6000系
 続いては関西シリーズで写真を撮った理由でもある、南海6000系です。
電気連結器の有無
 一応先頭には電気連結器付TNカプラーを、中間は密連形TNカプラーを使ってます。しかし写真等をよく見たら、先頭にジャンパー栓がないので、後で交換でもしようかね?
 パンタグラフは下枠交差形で、吾輩的に標準としてるKATO製阪急用PT48を使用。
これで合計20円…
 次は「ペアーハンズ」GWセールの時に見つけた、ジャンクなBトレインショーティーである、埼玉高速鉄道2000系を組み立てる。
 これはセール会場の片隅に、適当に1袋10円で売ってた。何となく見てたら、何故か1両分なら組める分あったので、即刻お買い上げした代物。つーかこれ以外は全部中途半端だった。
 ちなみにこの車両は工作教室向けで、「取扱説明書なきゃ組立て宜しく(意訳)」とBlack Junk氏の要請でもあります。まあ取扱説明書ないと大変ですし。
埼玉高速2000系Bトレ仕様
 しかし吾輩の手にかかると、大体15分もかからず出来上がり。シールも無ければ、取扱説明書も無いのに、まあ組むのが早かった事。流石500両近く組んでたら、ある程度なら取扱説明書見なくても作れます。
新1000形1800番台
 再度鉄道コレクションのNゲージ化で、京急新1000形1800番台です。その顔の形から、「カオナシ」との愛称があるとかないとか。ちなみに事業者限定品の方でして、一般販売のは持ってません。買おうかね?
パンタ周りの様子
 屋根には避雷器が付いてましたが、パンタグラフにも付いてたので、屋根に付いてた方を取り除き、パンタグラフに付いてたヤツを使用してます。片方の屋根は付属の屋根と交換し、実物どおりにしてます。
電気連結器付はジャンパ栓無しを使用
 一応本物は地下鉄乗入れ車なので、こちらもその仕様でしようかと思ったのですが、ぶら下がる相手でもある、グリーンマックスアルミの新1000形8両編成がTNカプラー化してるので、検討の結果全車TN化の方向になる。
 付属編成としての竣工なので、この編成には動力を載せてません。一応もう1編成には動力を組み込む予定ですが、その動力が店頭在庫がちとねぇ…
 なお先頭車の片方は、トレーラー改造時に床板を反転させてます。事業者限定品は片方に合わせてあるので、こうしないと実物どおりになりません。
同じ車両だが中間車はライトが無い
 最後はこれまた事業者限定品で、東急3700形です。全体像はブレてて使えんので省略。
電動車と制御車は顔が違う
 カプラーは先頭がダミー、中間はKATOのナックルカプラーの組み合わせ。
ゴム系接着剤で接着済
 動力化は専用の台車枠が付属してないので、元からあった台車を分解し、切断後平滑化してからゴム系接着剤で動力に貼り付ける、割とワイルドな方法で加工しました。
 ちなみに他にも台車枠が付属してないのが、事業者限定品にはたくさんあるので、これがある意味先行試験的意味合いがありました。

 さて今回台車枠の都合で、施工を見送った都電7700形の1両、お店から戻ってきたので、そろそろ加工するかね?
posted by 島々な人 at 22:55| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

第1142回 今月の鉄道模型いじり@令和元年5月号その1

 4月はブログの原稿やらで全く鉄道模型をやってませんでしたが、令和へ改元後は原稿も終わったので、そこそこ出来ました。

 先ずは毎度おなじみ、鉄道コレクション動力化から。
「響け!ユーフォニアム」号
 久々の京阪大津線シリーズの京阪600形電車で、これまた毎度おなじみ痛ラッピングな二代目「響け!ユーフォニアム」号です。
連結器はいつもの通り
 久しぶりなので、まあバラすのにちと手間取った…
購入分の中間車3両
 次はTomix200系新幹線電車です。まあこちらは新規…と言っても、たまたま中古おもちゃ屋「トイプラネット」にて売ってたので、即刻購入した追加分です。
暫定6両編成
 売ってたのが動力1両・付随2両で、手持ちの動力が併結運転非対応だったので、コレを機に併結運転対応動力車を買い、焼けて変色してたグリーン車のホロを旧動力から移植しました。
 これで原型編成が6両になりましたが、できれば400系E3系との併結運転を考え、10両は欲しいので、しばらくは中古屋めぐりが続く。ちなみに旧動力車は、予備兼部品取りになる予感が…
新生7000形こと7700形
 再度鉄道コレクションに戻り、東京都電7700形です。元は7000形ですが、大規模改修で足回りが新車並みの性能と、まあある意味魔改造の範囲ですな。
床下機器見栄え向上工事施工 付け方はこんな感じ
 こちらは見栄え向上を目的として、床下機器の移植を行いました。手間がかかりましたが、結果はかなり向上したので、都電の違う車両もこの加工をしようかと検討中です。
 まあ本当なら、2両加工する予定でしたが、1両が台車の一部欠損してたので、そのまま買った店に交換へ行ったのですが、たまたま決算時期だったので、戻ってきたのが月末だったなんてオチが…
ピントが「大洗」に合わせてる…
 ピント位置が謎な所にありますが、鹿島臨海鉄道6000形の痛車、「ガールズ&パンツァー」W号車です。これでもKATO製で、実は関西シリーズの日本橋で買ったヤツです。
列車無線アンテナ取付
 何故か列車無線アンテナが片側だけ標準で、もう片方がオプションだったので、アンテナを取り付けました。もっともピンバイスのサイズが無かったから、買いに行く羽目になったけど…
GM式ナックルカプラー
 カプラーは見栄え等から、グリーンマックスのナックルカプラーを使用。見栄えはこちらの方が良いのですが、販売数がちと少なめなのが難点。

 ちと写真枚数の都合で、今回はコレまで。次回に続く。
posted by 島々な人 at 23:33| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

第1141回 島々な人山陽路を往く旅アフター

 まあ今シリーズの反省会でもやるかね?

 正直今回の1日目が一番濃かった。まあ1日で2県3ヶ所(岡山・広島・呉)の観光等をすれば、自ずと文章が増えるのは明白ですが。なので今シリーズでの小さな感想等を上げてく所存。

 岡山の路面電車は、路線距離が短いし、車両形式が少ないのもあって、ほぼ全形式に乗ったと言っても過言ではないかとおもいます。もっとも拘るなら全車両乗れって話になりそうですが。そうなると一番のハードルは、例のキワモノかと…アレ子供連れじゃねーとキツイって…
 観光につきましては、「まあこんなものかな?」と。目玉観光地を一気に2つも行けば、後は何があるんだろうか?岡山の中心街が政令指定都市でも小さい方だから出来た芸当ですな。

 呉は実に良かった。過去を知り、現在の情勢を鑑み、未来への道標とする考えからすれば、過去を知らずに未来は語れずな訳ですな。
 確かに負の側面ってのもありますが、戦艦「大和」が残した遺産ってのが、戦後日本を牽引する鉄鋼・造船を始めとする、現在の工業技術の礎になった訳ですから。
 まあ個人的に戦艦「大和」という、漢の浪漫満載な船の片鱗に触れただけでも満足なんですがね。また行きたい所筆頭になりました。

 宮島はもう少々観光しても良かったかも。まあ今回の旅行の主目的が路面電車だったってのもありますが、ちと勿体無い感じです。
 個人的な感想では、この島は最低でも5時間は居たほうが、全部回れそうな感じです。なので広島に宿泊してる場合だと、早朝に出た方が良かったって感じですな。

 広島の路面電車は、流石日本最大の営業距離を誇ってるだけあって、全線乗り潰すのに時間がかかりました。まあ江波でハプニングが無ければ、もう少し余裕が出来たとはおもいますが。
 まあ後は乗りそびれた(元大阪市電やら)とか、ラッシュでしか見れない車両が撮りきれて無いってのが、唯一の心残りです。それまで元大阪市電が残ってれば良いなぁ…
 観光に関しては、まさかのオールスルーになってしまいました。まあ江波のハプニングが無ければ、原爆ドーム位はそこそこ見学出来たであろうから、ちと残念。次回の反省材料ですな。

 今回一番の反省点は、真っ先に計画しておきながら、結局時間的観点から、高野山に行かなかったこと。
 まあコレは尼崎脱線事故現場の慰霊訪問を飛ばすのもアレだし、どちらを取るかと考えたら、行くのを後回しに出来る高野山を断念する方向しか無かった次第です。
 とはいえ、高野線に乗る一番の理由だった、6000系撮影こちらの思惑以上に撮れ高満載ってのが、今旅行の写真部門では一番の出来でした。
 日本橋でのお買い物ですが、まあ例年通りな結果に。予算的に余裕がある時は欲しい物が少なく、予算的にキツイ時には欲しい物だらけという、まあお約束というか、あるあるネタというか…
 大坂城はなかなか良かったですが、その後の行程がね…まあ1日目に体力を使いまくった結果だと、今はおもってます。

 とりあえず山陽方面はほぼ制覇…と言いたいが、山口が未だでしたな。コレがちと難ですな…個人的な感覚ですが、鉄道的な場所と観光地の位置がちと離れすぎかと。
 未だ1年もあるから、次回が如何なるかは分からないですが、今度は何処へ行こうか?コレが一番悩むなぁ…
posted by 島々な人 at 23:40| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

第1140回 第20回関西Nゲージ合同運転会・最終回

 長きに渡ってお送りしてきました、今年の関西シリーズも、本日やっと最終回ですよ。

 12時頃になり、昼飯に食堂へ向かう。
鶏南蛮定食のおかずだけ
 本日は鶏南蛮定食で、よくよく考えたら昨日の晩飯、唐揚げ弁当だった。しかしこの食堂、種類が無いとは言えないが、豊富じゃないので、気にしたら負け。(ヲイ)
 食後にコーヒーを飲むのだが、1階にこんなマシーンがありました。
「ジョージアカフェ」自販機マシーン
 ブレてますが、「ジョージアカフェ」というマシーンで、まあコンビニコーヒーみたいにアレンジできる、紙コップジュースマシーンの上位版って感じ。
色々出来たのに買ったのがノーマルなコーヒー
 1杯づつ淹れるようなので、味は普通のジュースマシーンより良いです。
 今回は中体育館での運転があったので、フリーマーケットが1室丸々使ってまして、何度か行っては悩んでを繰り返した結果、鉄道コレクション最新弾キハE200を購入。
 その後もダラダラしてましたが、Black Junk氏は関西での活動に熱弁と懇談をしてました。
フリーゲージトレイン帰還
 14時頃になり、展示してたフリーゲージトレインが帰還する。そろそろ終わりの時間が近づく。
 15時前に中体育館に全員集合し、翌年のテーマを発表となるが、その方法が先日の元号発表時の菅官房長官ネタって辺り、旬な事をしてました。まあ単に発表者が、都合でスーツ姿なだけだったのですが。
 締めが終わったら、「RM MODELS」争奪じゃんけん大会が始まるが、人が多いので吾輩は断念して、荷物の整理を行う。
大和室撤収の真っ最中
 個人の荷物がまとめ終わったら、中体育館へ向かうのだが…
シート撤去中
 シートの撤収もやはり人が多くても駄目なので、机運搬にまわり、戻ってくる頃には…
何も無くなった中体育館
 シートの撤去が完全に終わる。体育館でやるのも広くて良いのですが、土足禁止だとこの様にシートの設置・撤去が面倒だし、机も別途確保で金がかかるようで、次は30回記念になるのか?
 その後はポンタ君が送ってくれると言うので、お言葉に甘えて、Black Junk氏と一緒に新大阪まで送ってもらう。
 新大阪で切符を買い、改札を通ってから、吾輩が場所の確保をして、その間にBlack Junk氏がお土産を買ってくる事にした。
「のぞみ」248号入線中
 乗る列車は「のぞみ」248号で、先行列車共々新大阪始発なので、自由席でも席の確保が楽である。さらには先行列車が隣のホームにいた事もあり、結局あっけなく所定の場所を確保できました。
 その後吾輩の晩飯と、ついでに大阪土産を買ってくる。定時に新大阪を出ると、しばらくは来年のテーマに関して、Black Junk氏とネタの考え中。テーマ的に地元ネタでも良いけど、どうなる事やら…
 途中で先行列車の追抜き待ちが遅かったけど、定時に新横浜に到着し、Black Junk氏とはここでお別れ。
 その後晩飯を食うのだが、結局品川に着く前に食事が終わる早飯っぷり。東京に到着したら、一旦改札外に出て、今回の乗車券を無効処置を行い、記念に頂く。
 再度別の切符で改札を通り、東日本の新幹線ホームに向かうと…
「とき」349号停車中
 E2系の「とき」349号に乗り、高崎まで戻ると、こんなのが停車してました。
回送の「宴」停車中
 お座敷電車の「宴」です。タイミングが良いんだか悪いんだか…そして地元駅まで向かい、その後は母親に出迎えてもらったので、車に乗って自宅へと帰宅しました。

 史上最大長の関西シリーズ、コレにて終わる。ああああああ、長かった…(本人が言うな!)
posted by 島々な人 at 22:00| Comment(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

第1139回 第20回関西Nゲージ合同運転会・その4

 ここ数日暑かったけど、エアコン清掃前なので、PCの電源を入れ辛かった、そんな前回からの続き。

 3階に戻り、視聴覚室に向かうと…
「壱弐会・楽」ブース全景
 例年通り「壱弐会・楽」の合同運転。
阪急神戸・大井川・金名って…
 「明姫鉄道模型クラブ」ではちとブレてますが、怪しい電光掲示板があって、経由地が「正気か?」と言うルートに…
新幹線塗装なボンネット485系
 そしてこちらも微妙にピンボケしてますが、485系ボンネット車の新幹線塗装がずらっと。
「SKD」ブース全景
 「SKD」では、Njゲージ(縮尺1/150で軌間6.5mm)がメインですが…
妙に留置線が賑やか
 何故か路面電車がポツリと。
コーナーの貨物駅
 「カプラーズ」のコーナーにあった、貨物駅がなかなか良かったです。こんな構図もアリなんだと。
「HMK」表全景 「HMK」裏全景
 「HMK」はモジュールがウネウネとあり、ギッシリ感満載。そして寄生先客員先である、「Group9KANSAI」で撮影開始。
ポケモンゾーン ポケモンメダルが並ぶ
建物にもポケモンボール ピカチュウ大集合
 先ずは路面モジュールゾーンから。ココらへんはお子さんの作ったヤツなので、まあこうなる。「シンカリオン」じゃないのが謎ですが。
よくあるコーナーとミニ楕円レイアウト
 バスも路面電車も走れるコーナーですが、クリアランスの都合で、パンタグラフを上げての走行が出来ない位の高さ…ココらへんは計算して、さらには何度か確認しないと割と難しい…
海岸沿いの温泉街駅 狭さをカバーする立体ぶり
 今回この島で一番の作品。パッと見が「うん、この温泉街ある」となるヤツで、作った人も熱量が熱くて敵わん…
 ちなみに昨日のお楽しみタイムで、あまりの熱意に何度暴走しかけたか…そのたびに「ちょっと待て」と、周りに抑えられた事やら。
 その熱意は立派ですし、熱いのは構わんが、あまり度を過ぎると引かれますよ。つーかホント勢いと熱意は松岡修造レベルだったし。
寝てるオッサンの図
 そしてココでも寝てるオッサン@多摩温泉電鉄氏。結局半日位は寝てた感じで、相当キャンプしまくってるから、疲労やら何やらがドバーっと出てるよね…
平成最後の阪神2軍
 半分恒例になった、隣の阪神タイガース2軍練習場の様子。普通に練習してるだけでした。
自動車が多すぎる
 その手間の駐車場ですが、まあ毎度おなじみ大渋滞・大混雑・満員御礼と…一応270台程止められるのに、このザマである。
 まあ周りが工業団地ってこともあり、慢性的に駐車場が少なく、隣の阪神2軍戦なぞあった日にはね…その観客も止める訳です。
 しかも路線バスがあるけど、そのルートには土日に混む「ららぽーと甲子園」があるから、遅延増大待ったなし…なので、どうしても自動車移動が多い事。
 まあその混む要因の一つに、我々がいるってのもありますが。なお、最寄り駅(武庫川団地前駅)から1.2kmあり、途中の公園を突き抜ける必要があります。
 午前中はぐで〜んとしてるか、他のブースを見てるかの二択だった気が…

 今回はコレまで。次回、やっと関西シリーズクライマックス。
posted by 島々な人 at 22:00| Comment(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

第1138回 第20回関西Nゲージ合同運転会・その3

 とりあえず原稿が全部書き終わり、鉄道模型誌のチェックをしてたら、間隔が開いた、そんな前回からの続き。

 さあここで恒例の会場内をウロウロとして、写真を撮っていく事にする。先ずは中体育館から。
中体育館内全景
 流石に広いので、ゆったり配置となってます。
「武庫川鉄道クラブ」第1ブロック 「武庫川鉄道クラブ」第2ブロック
 「武庫川鉄道クラブ」はその広さを遺憾なく発揮し、本線系を2面用意。貨物列車も余裕ですな。
「高槻Nゲージクラブ」全景
 「高槻Nゲージクラブ」も大きい面積を取ってますが、まあほとんどベニヤ平原でした。
「レールジョイン」全景 地方駅の車庫付き 築堤コーナーからの
築堤コーナーまでの全築堤区間 犬山橋?
 「レールジョイン」も大きく面積を取ってますが、ベニヤ平原は少なめ。ただ…
暴走する500系「ハローキティ」
 何故か併用軌道上に500系新幹線が爆走してますが…しかも「ハローキティ」塗装
「ランブルアウト」全景
 「ランブルアウト」も線路長が長い。そして…
京阪京津線のカラフルな車両たち
 大量の京阪京津線系列の車両が並んでました。今年の文化企画は、「20」と「塩漬」でして…
文化企画コーナー全景 「みかん」が違います
 初っ端からギャグをツッコんでくる辺り、流石関西と言うべきか。
心が折れたモノたち
 「塩漬」コーナーには、組立て途中で心がボッキリ折られ、そのまま放置された、それはそれはタイトルに相応しい物がちらほら…
実物が塩漬状態なフリーゲージトレイン
 そんな中、Black Junk氏が組んだのは、フリーゲージトレインです。まあ計画自体が只今絶賛放置中ですしなぁ…確かに塩漬ですな。

 今回はコレまで。次回に続くのであーる。
posted by 島々な人 at 22:00| Comment(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする