2019年05月22日

第1137回 第20回関西Nゲージ合同運転会・その2

 未だ原稿全部買いてないけど、何か今月中に終わりそうな気がしてきた、そんな前回からの続き。

 昼過ぎあたりで、毎度おなじみBlack Junk氏の工作風景を…
陽だまりの工作現場
 この写真で気付いた方は、変態の称号を贈呈致します。(マテヤコラ!)答えは後で。なお相当苦労してはめ込んでました。
 この後買い物にでかけ、その後宿泊者ミーティングからの晩飯タイムへとつながる、まあ毎度おなじみの流れ。食後に荷物の移動をする為、一旦部屋に戻り、今回の配置を撮影する。
留置線2系列体制 単なる楕円形配置
 宿泊室に荷物を持参したら、入浴タイムとなる。トイレ改修工事の影響か、ついでに配管工事でもしたのか、お湯の出がココ数年で一番良かった。
 入浴後はしばらくBlack Junk氏と多摩温泉電鉄氏とで談笑タイム。さらには別の部屋でも談笑タイムがはじまり、あとはお楽しみタイムって流れに。
 お楽しみタイムが終わると、そのまま就寝となりました。

 21日(日)は多分7時前後に起床する。吾輩とBlack Junk氏は寝床を整理し、そのまま部屋の掃除とか始めるが、この時の多摩温泉電鉄氏といえば…
一人だけダウン中
 無駄に疲労全開中…その奥で掃除機かけてるBlack Junk氏との動きの比がね…
 ついでにいうと、今年は2年ぶりにコナミの体操大会とバッティングし、外では生徒が準備体操やらをやってました。元気ですなぁ…
 8時頃に朝食会場へ向かう。今回もサンドイッチですが、吾輩が行ったときには、何故かボリューム感の多い物が残ってた。
 8時半過ぎにいつもの集合写真撮影となる。だいたいこのタイミングで体操大会の会場が開くので、ある意味混乱不可避。
 撮影時に少々ゴタゴタしてましたが、無事に集合写真撮影が終わり、後は部屋に戻るのだが、今年も謎団体が…
割と予定が詰まってる案内板
 「ポーランドダンス」って何?エレベーターに乗ったのだが、その時乗り合わせてた人が…
エレベーターの定格
 コレ(写真のヤツ)を見て一言、「定員5鬼○だな」その場にいた一同全員爆笑。間違いなく「笑ってはいけないシリーズ」ならケツバット不可避。
 まあ知ってる人なら要らない補足ですが、鬼○氏っていう、鉄道模型屋の親方がいますが、体型がダルマってだけでお察しください。体重?写真見て計算してくれ。

 今回はコレまで。次回に続くのですが何か?
posted by 島々な人 at 22:00| Comment(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

第1136回 第20回関西Nゲージ合同運転会・その1

 さあ、今回からやっと主役(の割に文章量的には少ない)である、関西Nゲージ合同運転会ですよ。

 20日(土)は6時半頃起床する。朝風呂入って朝飯くって、荷造りしたらホテルをチェックアウト。ホテルを後にして、南方駅まで向かうのだが、ここで着陸態勢の飛行機を1枚。
伊丹アプローチ中 oenworldなJAL・B777
 まあコレを見て分かる人は分かる、ワンワールド塗装なJALB777でした。南方駅からは…
阪急の古参・3300系 遭遇する確率が一番低い9300系
 阪急乗って、梅田で阪神の急行乗って、2駅先で強制乗換。つーか尼崎行じゃそうなるわな。しかも9300系って、3本しかいないから、ある意味貴重なんだが…
甲子園駅の1000系
 尼崎から快速急行に乗換え、甲子園駅に到着する。
 そして阪神バスの鳴尾浜循環に乗るのだが、これがタイミングよく来た。しかも珍しい便で、まずJR甲子園口駅発で、しかも阪神鳴尾経由という、土休日7本しかないルート…
 しかもこのバスに乗ってると、後から救急車のサイレンが聞こえる。すると救急車カラーのプリウス…ドクターカーが通過していく…あああ、撮りそこねたと思ったら…
患者搬送しないドクターカー
 バスの通り道に止まってやんの。運が良いのか悪いのか…
運転士がサングラスつけてるのはご愛嬌
 そして会場最寄りの県立総合体育館前バス停で下車する。
 今年は20回記念という事で、中体育館を使用するので、まずはその設営手伝いとなるのだが…泥除けのシートを引くのに、余剰人員多数な状況に…
 すると今度は机の運搬が発生し、1階ホール入口にレンタル机があり、それをエスカレーターへ人海戦術で運ぶ。
 コレが終わったら、再度中体育館に戻るのだが、既に設営はほぼ終わってたので、今度は自前の準備がはじまる。
 今年も和室会議室でしたので、机の運搬がメインになるので、ここで持ってきたサンダルに履き替え、机の運搬をする。結局最後の方だけバケツリレーだったので、サンダル意味無し目…
 机とシートを配置して、モジュールの配備を行う。まあほとんど大地主向けなので、吾輩達はせいぜいバックストレートをそこそこ位だった。
 ちなみに今年のT−TRAK Network参加者は、吾輩とBlack Junk氏、それに多摩温泉電鉄氏がモジュール持ち込み組。
 その他ばっふぁ氏が2日目午前中までいて、1日目夕方と2日目から京都のポンタ君が参戦となりました。去年よりちょっと多い。
 設営が終わり、ちょうど昼飯時なので、そのまま食堂へ向かう。本日の昼飯は…
関西のうどん汁は色が薄い
 下手するとこの食堂初の麺類である、キツネうどんを食う。味は変哲もないどノーマルな、下手すりゃ駅で食ってるレベルの個性が無い味でした。変なベクトルで個性あったら困るが…
 食後にコーヒーを飲むのだが、珍しい物があったので、買ってみました。
BIG BOSS
 サントリーBOSSですが、そのサイズがビッグサイズです。飲みごたえ抜群で、地元に無いのが謎な商品でした。
 そして今回20回記念にCASCOのケースに、オリジナルのマークを付けた車両ケースができまして、予約を忘れたのですが、幸い個数があったので、紺と黄緑を1個づつ購入する。

 今回はコレまで。毎度おなじみ次回に続く。
posted by 島々な人 at 22:00| Comment(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

第1135回 島々な人山陽路を往く旅・大阪交通事情の巻

 「やっと終わりが見えてきたかな?」とおもえる、そんな前回からの続き。

 大阪城天守閣内を一通り見たら、駅まで戻るのですが、やはり駅までは遠い…と、おもったら、再度良いものを発見する。
ロードトレイン豊国神社前駅
 ロードトレインです。一応15時発車になってますが、実際にはその20分後で、どうやら前の列車乗務員が変え忘れた模様。
 しかしこれで森ノ宮駅近くまで、歩くことなく移動可能。さらには変わり種に乗れるとあって、早速乗ることにする。食券機な切符販売機で切符を買い、待つ事数分で折返し便が到着する。
ロードトレイン到着
 コレに乗って移動開始。
下り坂エンジンブレーキ全開
 案外スピード出てますし、何より…
お堀の遊覧船 北側から見た天守閣
 風景を撮りながら移動できるのが良い。途中駅でほぼ満員となり、さらには…
交換列車接近 交換列車通過中
 違う列車とすれ違いするのだが、実は道が狭いせいもあり、ほとんど列車みたいに止まってました。ちなみに列車は3本体制ですが、もう1本は写真がブレてて使えん…
ロードトレイン全景
 終点の森之宮駅に到着し、列車の全景を撮影する。
車掌室付き最後尾 反射板が設置してある本格派
 編成は4両で、車いす用席もあって、結構本格的。これを運転士と車掌がいるんだから、正にトレインと名乗るに恥じない内容。ロードトレイン森之宮駅から、最寄りの駅まで歩くと…
地下鉄とJRの森ノ宮駅
 JRと大阪メトロの森ノ宮駅が見えます。
何気に20系電車@中央線
 今回は大阪メトロの中央線に乗り…
御堂筋線本町駅
 本町で御堂筋線に乗り換え。来たのが…
停車したての30000系
 30000系でした。なんか乗る時は頻繁に乗るよね。そして…
西中島南方駅の30000系
 西中島南方駅に到着。ここで夕練と称して、撮影していく。
そろそろ数が少なくなってきた10系 大阪メトロ最大勢力20系
北大阪急行の9000形 すれ違う9000形と10系
 何故かポールスターこと、8000形以外は全部撮れる謎。なのでこのままホテルへ戻り、一休みしてから晩飯を食いに出かける。
関西風お好み焼き@まんぷく亭西中島店
 ほぼ恒例となった、「まんぷく亭・西中島店」にて、本日はどノーマルな焼きそばと、関西風お好み焼きを頂く。
 その後はホテルへ戻り、一休みしたら原稿を書いてたのですが、2時間分のデータをすっ飛ばし、気分はorz…
 何とか原稿を書き直し、とりあえず1時間分位の量を制作し、一旦風呂に入ってから、やはり原稿を書いて就寝となりました。

 やっと旅行パートが終わった…次回は「第20回関西Nゲージ合同運転会」になりますよ。
posted by 島々な人 at 19:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

第1134回 島々な人山陽路を往く旅・大阪城天守閣の巻

 そういや未だ原稿全部仕上げて無い事に気づく、そんな前回からの続き。

 谷町四丁目駅で下車すると、その周辺は官公庁街で、大阪府庁舎や大阪府警本部などがあるのだが、その先には…
大坂城六番櫓 馬場町交差点付近からの天守閣
 大阪城公園が見えてきました。大阪城天守閣をメインとした、歴史公園・都市公園です。撮りやすい位置にあったのが六番櫓で、この時点で天守閣はちと遠い…
公園内専用のエレクトリックカー
 まあ天守閣まで遠いので、如何したものかと考えてたら、こんな乗り物を見つける。エレクトリックカーと言い、天守閣直近の桜門まで向かうのだ。
乗り心地はまあまあ 大手門通過中
 早速乗車して移動開始。大手門をくぐり桜門前まで乗車。その後は歩いていく。
桜門全景
 天守閣手前にある、最後の門である、桜門をくぐろうとすると…
細長いから自衛隊機か?
 頭上が喧しい。よく見りゃヘリコプターが飛んでました。この角度じゃどんな機体かが分からん…桜門越しに天守閣が見えますが、またちと遠い感じ。
元帝国陸軍第4師団司令部庁舎 現・ミライザ大阪城
 そしてミライザ大阪城こと、元帝国陸軍第4師団司令部庁舎です。実は復興天守と同い年。同じ軍事施設なのに、片方は洋風建築で片方は和風建築という、ある意味すごい落差で。
大坂城天守閣
 やっと天守閣近くまで来ました。これが昭和6年竣工な上、空爆にも耐えたのだから、どんだけ頑丈に作ったのやら…なので豊臣時代(30年で焼失)や徳川時代(39年で焼失)の天守閣より長寿(今年で88年)になるオチつき。
 なおこの天守閣、豊臣時代と徳川時代の折衷なので、一部関係者からは「どっちかにしろ」って話もあるそうな。
 入場料を払い、いざ天守閣へ向かう。天守閣入口には…
天守閣入口付近 号砲鎮座
 国旗はよくあるけど、号砲があるのは初ですな。そしてエレベーターに乗り、5階から一番上までは階段を登ると…
西側府立大手前高校方面 南側修道館・豊国神社・第4師団庁舎
東側大阪メトロ森ノ宮検車場方面 北東側大阪城ホールの屋根
 天守閣から大阪を一望できます。下の階は展示室になっており、城の歴史から街の歴史等々が展示してあります。
 それらを一通り見ますが、一部展示品が撮影厳禁だったので、そのまま撮影をせず見学し、そして終わったらそのまま退場しました。

 今回はコレまで。次回に続くぜよ。
posted by 島々な人 at 22:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

第1133回 島々な人山陽路を往く旅・日本橋商店街縦断の巻

 最近パソコンの前でウツラウツラと眠気に襲われる、そんな前回からの続き。

 さて南海新今宮駅での撮影が終わり、乗換のため駅を出るのだが、まあ新今宮駅のある地区ってのは、それなりの気構えが必要でして…
あいりん労働福祉センター
 日本最大のドヤ街あいりん釜ヶ崎とも)地区の象徴だった、「あいりん労働福祉センター」が新今宮駅の目の前にあります。
 最近建て替えに伴う仮移転と建物閉鎖の際に、一部関係者が暴動寸前まで揉めたようで、タイミング次第では危ないのに巻き込まれる可能性がありまして…
悲劇の電停・南霞町駅
 そして阪堺電気軌道新今宮駅前電停に行くのですが、この電停もかつては別の場所にあって、駅舎もあったのです。
 しかし平成2年に第22次西成暴動が発生し、その際に暴徒により放火され駅舎は焼失、仮設駅として現在地に移転し、そのまま駅名変更まで至るという歴史が…
建替え工事真っ最中
 でもまあ時代は変わりつつあり、先程の建物が建て替えの準備をしてますし、以前新今宮駅前電停の向かい側にあった建物が建て替え真っ最中です。
団体臨時用回送電車
 さて電車が来たなぁ…と、おもったら、実は団体専用電車の送り込み回送で、そのまま通り過ぎればいいのに、ご丁寧に停車する。
定期便恵美須町行
 8分程待ったら、一般営業の恵美須町行が到着する。コレに乗って隣が恵美須町で、実はモ161形とすれ違ってますが、写真が超ピンボケ…使えない…
折返し団体専用電車 折返し我孫子道行
 恵美須町では団体専用電車と、折返し我孫子道行が並んで待ってます。ここ数年見られない光景ですよ。恵美須町電停を出てすぐの場所に…
センスの良いシャッターの画
 なかなか良いイラストのシャッターがありました。その後は大阪の電気街である、日本橋商店街を歩き、いろんな探し物を行う。
 結論から言えば、「Joshinスーパーキッズ館」で、「ガールズ&パンツァー」のラッピング車が安かったから買った位です。
 「ポポンデッタ」や「ホビーランドぽち」にも行きましたが、ストライクゾーンに来た物が無かった。まあ中古店なんて、10回通って1回欲しいのがあれば、当たりの方ですしな。
 さて、時間的に昼飯時なのだが、日本橋商店街の北端部から、地下鉄日本橋駅までの間には、個人的に「これ食いたい」って店がなく、結局地下街で何とか見つけたのがこちら。
「上等カレー」の店舗
 「上等カレーなんばウォーク店」さんです。店内に入って食券を買ってから、席に座ると早速出てきたのが…
ミニサラダとミニポテトサラダ
 ポテトサラダとちょっとした生野菜です。これを食い終わってからしばらくすると…
カツカレー
 カレー登場。今回はカツカレーですが、どうも店舗によって内容が変わるようで、道中見た店舗はダブルカツカレーなんて物がありました。
 さて、肝心の味ですが「後追う辛さ」がココの売りですが、「CoCo壱番屋」より辛くなく、かえって丁度いい感じのカレーでした。
 昼飯も食ったし移動再開する。先ずは千日前線に乗るのだが、ここで大阪の地下鉄あるある。
千日前線ホームの余剰分
 後で車両を増結しても直ぐ対応できるよう、ホームが軒並み長め。そして使ってない部分は閉鎖中。
千日前線の25系
 そんな千日前線は4両編成。乗車率が頑張っても120%位なので、まあこのまま車両の増結は無い気がする…
千日前線な谷町九丁目駅 谷町線な谷町九丁目駅
 で、隣の谷町九丁目駅で谷町線に乗換え。無論谷町線も大阪の地下鉄あるあるがありまして…
谷町線ホームの余剰分
 やはりホームが長め。ただこちらは4両から6両へ増結したので、使ってない部分が2両分と、千日前線より短め。
谷町線の30000系
 そしたら、写真撮影対象の30000系がしれっと登場。確率的に1/3なんだが、ココでも一発ツモとは…何か運が良いよなぁ…
 この電車に乗って、谷町四丁目駅で下車する。

 今回はコレまで。次回に続きまっせ。
posted by 島々な人 at 20:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

第1132回 島々な人山陽路を往く旅・時の流れに抗いまくる車両の巻

 5月も半分終わったのに、こちらは終わる気配が微妙な、そんな前回からの続き。

 阪神・近鉄大阪難波駅で下車して、今回最大の目的を行うべく、とある場所へ向かう。大阪方面での最大の目的と言えば…
高野線のクイーン・30000系
 南海電鉄です。目的は6000系の写真撮影で、まあインデックス用の写真が無かったのが一番の要因です。
高野線ステンレス兄弟の次兄・6300系
 見た目が同じ兄弟車の6300系がいたけど、コレじゃ無い。でも一応撮影しておく。
高野線ステンレス兄弟の末弟・6200系
 これまた一応兄弟車ですが、見た目が結構変わってる6200系です。つーかこれで兄弟車って、流石南海こんな言葉がある訳だ。「南海は難解である」と。
鉄人28号こと50000系
 南海のフラグシップである50000系ですが、大阪万博開催祈願のステッカーが車体横にデカデカと。そしてついに…

 真打ちである6000系登場。齢57〜50年なのに、製造総数全72両が今だ現役という、最早不死鳥の如くの活躍。
 なにせ同時期に作られた、普通鋼製の7000系が2015年に姿を消したのに対し、6000系はその7000系の部品を使ってでも維持してるとも。
 この度やっと代替車両が登場するそうですが、何かそのまま終わる気配が無いのは、この車両の二つ名がそうしてるのだろう…
 その二つ名は、7000系の「塩害魔王」に関連して、「魔王の兄」とか「ステンレス魔王」とも。

 その「ステンレス魔王」のトップナンバーがまさかの登場。吾輩は前世で一体どんな悪行を積んだのやら。(マテヤコラ)
高野線ステンレス兄弟の長兄・6000系
 しかも相方がこれまた若番の6003Fとツートップって…
6000系トップナンバー
 6001F+6003Fが発車した後は…
一番若くても50年超え
 今度は4両編成のラストナンバーである、6035Fが登場する始末。一体吾輩は前世で一体どんな悪行を…(だから!)
隠しきれない昭和臭
 と言う訳で、「味も見ておこう」てな感じで、隣の新今宮まで乗っていく事にする。しかしステンレスで片開きドアとは強烈だなぁ…
新今宮駅を出発する6000系
 そして新今宮に到着し、しばらくはここで撮影に勤しむ。
泉北高速鉄道の5000系
 前は第三セクターで、今は南海グループになった、泉北高速鉄道の車両である5000系や…
6200系6両編成
 6200系の6両編成モノとか…
6300系6両編成 6300系と併結してる6000系2両編成
 さらには6300系と6000系の併結と…
元8200系の6200系50番台
 6200系50番台と、ある意味えらい勢いで撮れる撮れる。
泉北高速鉄道の最新鋭・7020系
 おまけに泉北高速鉄道からも、2形式目である7020系が撮れたし…
その躯体は錆びず
 トドメに6017Fまで撮れたので、新今宮駅での駅撮りを終了する。

 今回はコレまで。次回に続くんやで。
posted by 島々な人 at 22:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

第1131回 島々な人山陽路を往く旅・時は確実に進むの巻

 さあやっと3日目に突入ですよ。

 19日(金)の行程は、実は今回の旅行で真っ先に決まっていながら、結局はその日程の大半が変更になったりする、案外変更の多い行程でした。
 当初の予定だと南海高野線に乗って、高野山詣でをする筈だった。しかし、例の場所に行ってからだと、如何頑張っても現地到着が13時…駄目だこりゃ。
 なので相当変更する羽目になった末、この日程になったと、お察し頂ければ幸いです。

 19日は6時半頃起床して、先ずは入浴しに向かう。その後朝食を取り、荷物を整理したら、ホテルを出発する。そして恒例となった、朝の阪急撮影をするのだが…
南方駅後追い写真@9300系 結局乗ったのが3300系普通電車
 南方駅での朝の撮影は、この2本で終了。そのまま十三駅に向かい…
すれ違い神戸線 なんでこの時間に回送があるんだ? 通勤特急@7000系
 通勤特急が来るまで撮影する。この通勤特急に乗って次の駅が…
そろそろ撮るのが無い阪急塚口駅
 阪急塚口駅です。伊丹空港の近くなので…
妙にカラフルなANA機
 まあ見辛いですが、飛行機の写真が撮れます。そろそろ塚口も撮るのが…
眼の前がさっぱり
 あった。塚口さんさんタウンの3番館が消えてた。調べたら、建て替えの為解体だそうで…そういや去年の写真の中(未使用)に、建物の周りに防音フェンスがあったなぁ…
阪急バス伊丹営業所所属
 そして毎度おなじみ阪急バスです。どうもここ数年のダイヤ改正で、阪神尼崎行は阪急バスの単独に近い状態になってます。
 バスに揺られて久々知バス停で下車し、東へとことこ歩くと、尼崎脱線事故現場に到着。
尼崎脱線事故慰霊施設
 慰霊施設が完成し、事故の痕跡と言えば…
未だ片側しかない架線柱
 もうこの架線柱と架線ビーム位ですか…止まってた時間が動いたと言うべきか、はたまた事故の痕跡が消えつつあると言うべきか…ここで南無阿弥陀仏と十辺唱え、合掌して元に戻る。
前はコレじゃなかったんだが…
 ちなみに久々知バス停付近も変わってて、まさか「スギ薬局」が出来るとはねぇ…
阪神バス塚口営業所所属
 数少ない元尼崎市営バスの阪神バスで、阪神尼崎駅まで向かう。そして電車を待ってると…
分割作業中の阪神1000・9000系 分割完了
 阪神の1000系9000系って、連結運転出来るんだ。
快速急行奈良行
 そして近鉄車両が来ました。コレで阪神なんば線に乗る訳です。
近鉄と阪神の境目・大阪難波駅
 そのまま一気に大阪難波駅に到着。隣にはアーバンライナーが止まってました。さて乗ってきた電車と言えば…
前面窓清掃中
 運転士が前面窓ガラスを洗浄してました。

 本日はコレまで。次回に続くがな。
posted by 島々な人 at 23:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

第1130回 島々な人山陽路を往く旅・広島電鉄線完全乗車の巻

 「このシリーズ、今月中に終わらねーだろ?」ってのが正直な感想な、そんな前回からの続き。

 前回降りた猿猴橋町電停、隣が起終点の広島駅前なんで、普通ならそう降りない電停です。鉄ヲタな人が、1日乗車券でしか出来ない芸当をするとこうなるのですな。
猿猴橋町電停宮島方面乗り場 猿猴橋町電停広島駅前方面乗り場
 この電停は道幅も相まって、ある意味昔ながらの電停って感じですな。そして…
信号待ち渋滞中の電車
 隣が終点の広島駅前電停なので、まあ電車が詰まる詰まる。
軽快電車3700形
 3700形電車が来たので、これに乗って…
本線八丁堀電停 白島線八丁堀電停
 八丁堀電停で広島電鉄最後の区間である、白島線に乗り換える。
広島電鉄的には数少ないスプリングポイント
 割と電動ポイントが多い広島電鉄にあって、数少ない本線上のスプリングポイントを渡り…
白島線本日の相方1912号車
 この白島線、日中はほぼ2本で動いてる様で、1900形を見た瞬間、900形が乗れない事が確定した。
 ちなみに片方が必ず2代目1000形が入るので、残りの1本が1900形か900形になるので、何が乗れるかは運次第ですなぁ…
白島線終点・白島電停
 短い白島線を完乗し、広島電鉄全線完全乗車達成する。折返しに時間があったので、白島電停を観察…
白島電停全景 白島電停の車止めがプラポールって… 折返し八丁堀行1912号車
 全部押さえる前に折返し電車が来てしまったなぁ…まあいいか。
片側固定片側可動式
 ここのポイント、片方しかノーズが動かず、しかもスプリングポイントという、まあ通過本数少ないから出来る芸当ですな。
ラストランナー5005編成
 その後八丁堀経由で広島駅前まで戻る。本当なら原爆ドームとかも見て周る予定だった。のだが、まあ江波の脱線観察で時間食い過ぎて、帰りの八丁堀時点で17時突破…
 この後の移動を考えると、見学時間が無いのは明白。次回があった時のお楽しみって方向で。でも外はちと明るかったので、新幹線口側にある…
広島駅新幹線口至近の模型店
 「藤原模型店」にお邪魔する。鉄道模型専業で、まあ品揃えはまあまあですが、吾輩のストライクゾーンを通る物があまり無かったので、バスコレクションを買っておしまい。
 広島駅まで戻り、コインロッカーの荷物を取り出し、荷造り後移動開始。先ずは新幹線の切符を買い、新幹線ホームへ移動する。
4回撮影してマトモなのがコレ
 そろそろ写真撮影が厳しい時間帯になってきたなぁ…そして「のぞみ」56号に乗車し…
関西シリーズなのに今までで一番遅い入り
 やっと新大阪に到着する。ここで途中下車扱いで下車し、大阪メトロ御堂筋線で西中島南方駅まで移動し、一旦晩飯を食うことにする。
 晩飯は毎度おなじみ「餃子の王将」で、この時の選択がチト失敗だった。チャーハンセットを頼むのだが、後から来た人が頼んだ、ラーメンの方が先に来るんでやんの…
 食後は毎度の定宿、「ホテルクライトン新大阪」にチェックインし、部屋に荷物を展開し、その後休憩をしてから、風呂に入って就寝となりました。

 なんとか2日目終了。次回やっと3日目突入ですよ。
posted by 島々な人 at 21:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

第1129回 島々な人山陽路を往く旅・宇品線と皆実線の巻

 やっと2日目の終わりが見えてきた、そんな前回からの続き。

 広電本社前電停での撮影が済んで、ここで千田車庫を見ようかと思ったら…
1910号車接近
 元京都市電の1900形が来たので、慌てて乗り込む吾輩。まあ結果的に後で何度も乗れたので、これは慌てすぎだったよ…
元宇品口電停付近
 その後海岸通電停あたりで、回送の1900形が前方を走っており…
続行運転中
 そのまま続行運転となる。
回送車が字幕変換済み C号線から電車出発
 電停手前で信号待ちしてから、広島港(宇品)電停に到着する。
1900形の車内
 降りる前に車内を撮影して…
昼寝中の3951編成 昼寝中の805号車 昼寝中の1904号車
 昼寝中の電車を撮影して周ってから…
3号系統の1004編成
 折返し二代目1000形で再度広電本社前電停まで戻る。
チンタイガーな3000形
 広電本社前電停には3000形が停車してました。そして本社直近の千田車庫を外から見学する。
入出区線から千田車庫を一望
 ホンのちょっとだけ、元大阪市電1651形750形762号車が見えた。その後は営業所内でお買い物と、スタンプを押してから移動する。
古豪路面電車と新鋭LRV
 1900形に乗り、着いたのが…
広大附属学校前電停
 広大附属学校前電停です。まあ皆実町六丁目電停で乗り換えても良かったのですが、たまたまコンビニがあったので、水分補給を兼ねてここで降りる。
広島港(宇品)へ送り込み回送中
 何気に3000形が続行で後を走ってたりする…
広大附属学校前の広島駅方面側 広大附属学校前の宇品方面側を見る
 この電停は珍しく互い違いな構造してます。
この時間の単行車は車内キツキツだった
 そして広島駅前行に乗るのだが、車内はギュウギュウ詰め…さっきの電車と交換してもらいたい位の乗車率だった。そして的場町電停で乗り換えても良かったのだが…
猿猴橋町電停
 駅前大橋に路線新設した際には廃止予定である、猿猴橋町電停で乗り換える。

 今回はコレまで。次回やっと2日目が終わるかも!?
posted by 島々な人 at 21:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

第1128回 島々な人山陽路を往く旅・衝撃の江波の巻

 「前回吾輩が見た光景とは一体!?」そんな前回からの続き。

 江波電停から見た江波車庫内では…
脱線事故現場! 1台車完全脱線
 何と1900形が脱線してるじゃないか!!とりあえず落ち着いて江波車庫内を撮影する。
ベージュにエンジが600形
 奥には元西鉄福岡市内線500形で、二代目600形では唯一の実働車である602号車が居た。
パッと見違和感を感じたら鉄道員です(ヲイ)
 とはいえ、脱線が気になって仕方ない。まあ吾輩なりに観察してみると…
入出区線を塞いでるの図
 どうも完全に入出区線を塞いでるので、車庫から電車が出せない状況である。
 さっきから係員が必死にポイントを見てたので、原因はどうやら何かのきっかけで、ポイント部で台車が片方づつ行先が別れる、俗に言う「泣き別れ脱線」をした模様。
 なにせさっきから広島県警の実況見分やってるし、次から次へと係員が来てる感じでしたし。
全長18.6mは江波車庫一長い
 脱線を観察してたら、ここで一番車両長が長い二代目1000形が到着する。
遠いけど支障が無いのが分かる画
 どうやら幸い折返しには支障がない位、引き上げ線のポイントと脱線現場から離れてる模様。
横川駅前行据え付け完了
 しばらく見てたのだが、時間的なのもあって、そのまま二代目1000形に乗って、今度は横川駅前まで向かう。
この日最後の900形
 道中913号車を見つつ、結局一気に横川駅前電停に到着する。
安芸の横川駅 横川駅前電停
 ここは平成15年にJRの駅舎近くに延伸してるのだが、折返し用のクロスポイントが…
ココらへんにポイント有り
 結構離れてます。折返しは7号系統に乗るので、しばらく待ってると…
折返し7号系統広電本社前行
 700形の前期形である、705号車が到着する。コレに乗って移動開始し…
広電本社前電停
 一気に終点の広電本社前電停まで向かう。ここでの電車の折返しがまた…
7号系統引き上げ先 折返して来た図 やっと据え付け完了
 ほぼ隣の電停(御幸橋)近くまで引き上げてから据え付け…折返しが長くない?

 今回はコレまで。次回に続くわい。
posted by 島々な人 at 21:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

第1127回 島々な人山陽路を往く旅・洋上ランチと江波線の巻

 ある程度ブログを書き溜めてないと、別の作業に影響が出まくる、そんな前回からの続き。

 乗船後一番上の甲板に向かい、海風に当たりつつ、海を見ながらランチタイムと洒落込む。
「BIG SET宮島本店」の牡蠣カレーパン
 先ずは「BIG SET宮島本店」のカレーパンで…
見辛いけど牡蠣がドーン
 牡蠣がゴロっと入ってます。カリカリの外と、中のカレーと牡蠣が絶妙で美味い。これは2個買っとけば良かったと反省するレベルです。
「勝谷菓子パン舗」の広島風お好み焼きサンド
 続いて「勝谷菓子パン舗 コッペパン専門店」より、広島お好み焼きサンド。お好み焼きというより、お好み焼き風目玉焼きに近い食感。
「勝谷菓子パン舗」の牡蠣フライサンド
 さらには牡蠣フライサンド。こちらは大粒の牡蠣フライが3つも入ってます。注文してから揚げるので、フライの衣がサクサク中ジューシー。これは当たりです。
宮島口桟橋接岸中
 ランチも終えて、しばらくすると宮島口桟橋に到着する。
広島駅前行3900形
 一旦トイレによってから、ふたたび広島電鉄で移動開始する。
最高速度の差が出ますな…
 道中は227系に追い抜かれたり…
広島電鉄唯一のトンネル
 宮島線唯一のトンネルを通ったりして…
新己斐橋工事現場徐行中
 新己斐橋の工事区間を徐行で通過すると…
本線と江波線の連絡停留所・土橋
 土橋電停に到着し、ここで江波方面へ乗り換える。江波方面は6・8号系統に乗るので…
土橋電停に停車中の806号車 土橋の分岐をカーブする810号車 土橋電停に接近する1908号車
土橋の分岐を曲がる5006編成 土橋電停を本線方向へ向かう1908号車
 来るまで土橋電停で撮影タイム。
先行・8号系統の804号車 後続・6号系統の713号車
 すると8号系統と6号系統がほぼ同時に接近するが、電停の都合で1両づつの到着なので、8号系統の二代目800形に乗車する。
元大阪市電2601形の900形
 しばらくすると、元大阪市電2601形900形913号車が通過する。この時はまさかコレがこの日唯一の可動車とは思わなかった…
 江波車庫手前には、終点の江波電停がある。そして江波電停の手前にはカーブがあって、そのカーブを曲がった時、吾輩に電流が走る…!

 次回島々な人が見た衝撃の事実が明らかに!!(ココだけ「ガ○ンコ」の垂木さん調に)
posted by 島々な人 at 22:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

第1126回 島々な人山陽路を往く旅・宮島散策の巻

 既に原稿は最終日まで入ってますが、こちらは未だに2日目な、そんな前回からの続き。

 別の橋を渡ると、厳島神社境内を出た事になり、すぐそばにあったのが…
厳島弁財天・大願寺山門 大願寺本堂
 厳島弁財天である大願寺境内となる。
ここでも平清盛公のモノが…
 ここにも顔出し看板があり、先程までこの写真に写ってる子が親に撮影してもらってました。
柳小路を歩く
 さて、ここから桟橋まで戻るのですが、単に厳島神社の外縁を通るのも何なので、柳小路を通ります。
もみじ饅頭製造機@岩村もみじ屋 焼き立てもみじ饅頭@岩村もみじ屋
 道中にあった、「岩村もみじ屋」にてもみじ饅頭を購入する。焼きたてホヤホヤは柔らかくて美味い。
小川と鹿の群れ
 途中の小川には、鹿が寝そべってました。
廿日市消防本部宮島消防署 指揮車が見辛い位置に…
 小川を渡りしばらくすると、消防署を見つけました。消防署の名前な「廿日市消防本部・宮島消防署」で、陣容は救急車2台・ポンプ車2台・指揮車1台と、吾輩の地元分署より消防車が1台多い。
 救急車が多いのは、多分他所からの応援が事実上無理で、消火活動だけなら消防団もあるので、救急車が多めの配置なんでしょうな。
短いトンネル
 そしていきなりトンネル。まあ宮島は案外山が近いので、トンネルも土地の有効活用上必要なんでしょうな。
急勾配なので手すり付き
 トンネル内は案外勾配があるので、ご丁寧に手すりがついてます。
「塩バターもみじ」
 トンネルの先にちょっとした変わり種のもみじ饅頭がありました。「塩バターもみじ」で、「坂本菓子舗」の商品です。中身は溶けてましたが、まあ甘じょっぱいのがなかなか良い物でした。まあ饅頭っていうより、カステラですが。
 厳島神社の表参道である、清盛通りを歩いてると、なかなか目に悪い物がガンガン入ってくる。「まあそろそろ昼時だし…」と思ったら、こんなものが目に入る。
「勝谷菓子パン舗」全景
 「勝谷菓子パン舗」です。ここで「菓子パンか…一応買っておくか」と思い立つ。その後も違う場所で買い物をして、桟橋に向かってると…
鹿と親父の無言の戦い(?)
 鹿が店内に入りそうなのに、何もしない店員らしきオッサン…
 宮島桟橋に到着し、出港時間を確認すると、未だ宮島松大汽船の方は接岸はおろか、受付もしてないので、受付開始までに何か飲み物でも探すが、いいのがなかった…
 しばらくすると船が着岸したので、乗船開始となる。最近は船もICカードで決済可能なので、実に便利である。乗船する船はこちら。
最新鋭船「安芸」号
 宮島松大汽船最新鋭の「安芸」号です。写真を撮ってたら…
自動車積載中
 車が積載されてました。

 今回はコレまで。次回に続くんだじょー。
posted by 島々な人 at 22:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

第1125回 島々な人山陽路を往く旅・世界遺産厳島神社の巻

 ちとココ数日の移動距離が、通勤を除いても200km位と動き回り過ぎてる、そんな前回からの続き。

 大鳥居がでかく見えてきたという事は…
厳島神社全景
 厳島神社がやっと大きく見えてきます。海の上に社殿がある、厳島神社の特徴ですな。
厳島神社入口
 昇殿料を支払い、早速社内を見学します。
柱の色が違う所が満潮時の位置
 吾輩が昇殿時には、そこそこ潮が引き始めてますが、完全に引くまで時間がかかりそうですな…
四月五月の祭事案内
 そして祭事の案内があったのですが…
平成が無事終わる様祈願するようです
 まあ時事ネタですわな。
「鏡の池」の案内板
 「鏡の池」と呼ばれる場所に来ました。由来は湧き水のある場所らしいのですが…
潮が引くまで時間がかかる…
 まあ未だ海水が引いてないから、如何なっているかは分からず仕舞い。
迂回路設置ゾーン
 さて、途中でこんな仮設のものがありましたが…
修復作業現場 床板まで外されてる所
 原因判明。まあ海上の上に建ってるから、しょっちゅう修繕せねばなりませんわな。
 ちなみに粉塵対策なのか、シートで覆われてますが、隙間にカメラを突っ込んで撮影した結果が、このような写真になるのですよ。
 なおシート越しでも薄っすら見えますが、ここまでクッキリとはいきませんです。
正殿を離れた場所から
 正殿を参拝後は大鳥居の方へ向かいます。
狛犬も海の上
 狛犬まで海の上とは…
かえって遠くなった大鳥居
 やっと大鳥居の正面を撮りました。そして反対方向へ向かうのですが…
奉納の舞・能
 奉納の能をやってました。まあ最初から見てないし、「撮影するんじゃねーぞゴルァ!(超意訳)」なんてポスターがあったので、「能をやってましたよ」程度に。
太鼓橋と潮が引いてる場所
 太鼓橋みたいなのがありますが、順路上では無いので渡れません…残念。

 今回はコレまで。次回に続くぜよ。
posted by 島々な人 at 22:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

第1124回 島々な人山陽路を往く旅・人生初離島宮島の巻

 そろそろ関西旅行系とその他旅行系と分離しようかねぇ…と考えてる、そんな前回からの続き。

 宮島口から出港してしばらくすると…
遠くに大鳥居が見えてきた
 宮島の目印である、厳島神社の大鳥居が見えてきました。
3代目「ななうら丸」とすれ違い 離れすぎてるけどJRと宮島松大の船
 さらには戻り便の撮影やら、松大宮島汽船の船も撮影する。松大宮島汽船の船の形状も、この「みせん丸」と変わらない模様。
宮島大鳥居手前でターン
 大鳥居が大きくなって来て、そして右に旋回したので…
IMG_7313-1.jpg
 外国人が右舷側に寄っていきました。
宮島桟橋接岸中 宮島桟橋に下船後の「みせん丸」
 そして宮島の桟橋に接近し、接岸完了して下船する。
宮島桟橋外観
 こうして人生初の離島である、宮島の地に足を踏み入れた。

 さて、吾輩今まで離島ってのに縁がなくて、精々埋立地位しか離島に行った事が無い。
 実は過去に1度だけ行く予定があった。その離島へ行く前日、その時組合のイベントで足利にいたのだが、大きな地震が発生した。
 この地震の影響と、その前に発生した人身事故で、しばらく列車が動かなかった。まあ震度自体が規制に引っかからなかったし、ほとんどが人身事故の影響だったけど、結構な揺れだったので、結構不安になる。
 やっと動いた列車に乗って、職場に戻って早々にTVを付けたら…新幹線が脱線してた…その場で社員旅行の中止を決断したのだ。
 そう、この年は中越地震発生した年で、行く予定だったのが、新幹線じゃなきゃまず港にも行けない、新潟県の佐渡島でした。結局その後離島に縁がホント無かった…

 安芸の宮島は日本三景の1つで、吾輩的には前々から行った事のある、松島に続いて2ヶ所目となる。
太政大臣平清盛公立像
 その宮島の原型を作ったのが、銅像にもなってる平清盛公である。つーかよくまあ銅像があったものだと、ちと関心する。多分大河ドラマかな?
安芸の宮島の鹿
 奈良との共通事項として、鹿が結構います。大本は春日神社の神鹿(しんろく)思想の影響らしい。
目出度い会場入口
 道中大きめな料亭っぽい場所では、結婚披露宴がありました。まあ神社近いしね。
同じ建物です
 途中に「スターバックス」があったのですが…
合成にしちゃ上手いなぁ
 へんなポスター貼ってます。ちなみにこのポスター、昨日飲んだビールのポスターでした。
陸地にあった鳥居
 やっと陸地側の鳥居を通過。その先には…
公衆トイレにしては物騒な感じ
 へんてこなトイレ発見。何故トイレに扉が付いてるんだ?
鹿対策の模様
 原因判明。多分鹿が水分補給したがってるんだろうなぁ…そしてついに…
大鳥居最接近の図
 大鳥居が目の前に鎮座してます。やっと厳島神社に近づきました。

 今回はコレまで。次回に続くゲス。
posted by 島々な人 at 21:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

第1123回 島々な人山陽路を往く旅・いざ宮島への巻

 何気に広島電鉄本線だけで1回分になった、そんな前回からの続き。 

 吾輩が乗った電車は広電西広島(己斐)駅に到着し、ここから先が宮島線になります。この宮島線は鉄道路線なのに、全列車が路面電車(連接車)の路線です。
 昔は普通の電車も走ってましたが、平成3年に専用線車両の運用が終了し、現在のトラムトレイン(路面電車が普通の電車を兼ねる)な運行体制になった訳です。
荒手車庫の裏側
 商工センター入口駅手前には、荒手車庫があります。ここの留置線には、休車となった2000形や、部品調達に苦労した故に部品取りに指定された5007編成がいます。
山陽本線と並走区間 貨物列車とすれ違い
 商工センター入口駅を出た辺りで、山陽本線と並行して走る区間となり、たまたま貨物列車が来たので、うまく撮影できました。
通路代用の高床式ホーム 使ってない高床式ホーム
 駅によっては、昔の高床式電車(普通の電車とも)時代の名残である、床面の高いホームがありまして、駅によっては通路になってたり、全然使われてなかったり。
臨時駅宮島ボートレース場駅
 そして臨時駅なのに1年に300日も開設され、駅間距離の短さ(隣から200m位)から通年営業をしない、宮島ボートレース場駅に到着。
高床式ホーム端付近から隣の駅まで
 高床式ホームの端から、隣の終着駅広電宮島口までが、本当に目と鼻の先ですな。こりゃ通年営業しても意味が少ないですな。
ボートレース宮島
 その本日は本場開催があるようで、選手がエンジンの調整を兼ねての練習をしてました。ちなみにここの実況のお姉さん、フライング時の叫び声がセクシーです。
広電宮島口駅駅舎
 宮島ボートレース場駅からちょっとで広電宮島口駅に到着し、そのまま宮島へ向かう事にする。
 さて、宮島まで向かうのだが、方法が広島電鉄系の宮島松大汽船か、JR西日本系のJR西日本宮島フェリーの二択。
 実は広島電鉄の1日乗車券には、宮島松大汽船にも乗り放題な券(一日乗車乗船券)もあるのですが、「最後の鉄道連絡船があるのに使わないとは何事だ?」という発想から…
JR宮島フェリー乗り場
 日本唯一かつ最後の鉄道連絡船である、宮島連絡船から乗る。まずは桟橋へ向かうのだが…
工事の為の迂回路
 桟橋改良工事の真っ最中なので、ちと遠回りしてます。桟橋に近づくと…
出港済みの図
 ありゃ〜…出ちまったか…まあ仕方ない。なので桟橋でしばらく写真でも撮って待つ事にする。
JR側桟橋改良工事現場
 という訳で、工事真っ最中な現場を撮って待ってると…
接近する宮島連絡船 機関逆推進中 接岸完了
 船首から突っ込む形で停船し…
船首ランプウェイ展開中
 船首ランプウェイが降ろされ、下船から先行する。来た船の名は…
4代目「みせん丸」
 名前は4代目「みせん丸」で、現在宮島連絡船では一番の古参船。最初はバックして旋回してから行くのかと思ったが、どうやらバックのままだった。
 後で知ったのだが、ここの連絡船は全部両頭式の船で、操舵室が前後にあって、それで前後進せずに進む事が出来る船でした。

 今回はコレまで。次回に続くのよね。
posted by 島々な人 at 21:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

第1122回 島々な人山陽路を往く旅・広島電鉄本線を往くの巻

 「1日目で14回費やすって何?」と自問しつつ、本日より2日目に入る、そんな前回からの続き。

 18日(木)は7時頃起床し、先ずは朝ごはんを食う。その後荷造りを軽くしてから、チェックアウトをする。
 広島駅まで向かい、一旦荷物をコインロッカーに預け、広島駅前電停まで向かい、1日乗車券を買ってから写真撮影タイム。
3950形と800形の並び 最後の「Green Liner」3950形
 この時いたのが、3950形が2編成と、2代目800形と写ってないけど2代目700形が各1両でした。その後も…
3800形と5100形 3800形と1000形 5000形とすれ違う800形
 3800形5100形二代目1000形5000形が到着と発車をしていく。結局乗ったのが…
5000形「GREEN MOVER」
 5000形で、これで一気に広電宮島口まで向かう算段です。一番まえに乗ったので、すれ違い電車を撮影してました。
3700形「ぐりーんらいなー」 3900形「ぐりーんらいなー」
 3700形3900形と、広島電鉄の特徴でもある、連接車が結構撮影出来た。
 乗った系統的に本線を走っていくのだが、まあ併用軌道でよくある揺れがなくて、乗り心地が結構良かった。その後原爆ドーム前電停を通過したので…
申し訳程度の原爆ドーム
 広島の負の世界遺産、原爆ドームを撮影する。この時まさか原爆ドームがコレだけになるとは知るよしも無かった。その後は…
全車健在の1900形 最新鋭5200形「Green mover APEX」
 元京都市電の1900形に、広島電鉄最新鋭電車である5200形とすれ違い。しかし5200形の前面、なんか顔っぽく見えるなぁ…その後土橋電停を右折すると…
緑の場所が小網町電停
 広島電鉄唯一安全地帯(ホーム)の無い、小網町電停に到着する。この前後あたりが一番乗り心地が悪く、「やはり車の影響ってのがあるのかも?」と感じた次第です。
広電天満橋を通過中
 広島電鉄市内線唯一の専用軌道橋梁である、広電天満橋を通過する。今までいろんな資料を見たりしてますが、何故かこの手の専用軌道橋梁って、橋の中央が山の様になってるのは謎。
路面電車っぽい通り@広島電鉄
 土橋電停右折後から観音町電停先の左折前までの間が、個人的にはなんとなく路面電車っぽい線形をしてる感じをうけます。
広島電鉄の生え抜き・350形
 ここで0号系統…すなわち臨時系統である、日赤病院前行電車が来た。車両は広島電鉄のオリジナル、350形です。しかしトップナンバーとは運が良い。
軌道工事真っ最中の新己斐橋
 新己斐橋では軌道工事の真っ最中らしく、片側のレールが半分以上むき出しになってます。そして橋を渡ってから右に大きく曲がると…
広電西広島(己斐)に進入中
 広電西広島(己斐)電停に到着。

 今回はコレまで。次回に続くらしいっす。
posted by 島々な人 at 21:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

第1121回 島々な人山陽路を往く旅・いきなり広島電鉄の巻

 やっとこさ1日目が終わる、そんな前回からの続き。

 さて、本当なら駅近くの模型屋でも覗こうかと思ったが、本日は定休日…違う模型屋はほぼ街中だし…さて如何する?なんのことはない。
広島電鉄広島駅前電停
 本当なら明日初乗車予定だが、行先的に乗らずには行けない場所なので、乗っちまったよ広島電鉄
 広島市は歴史的に路面電車が強く、幾度となく上がったアストラムライン延伸や、市営地下鉄構想も退けた事もある、日本でも数少ない黒字経営の路面電車。
 かつては関西三都市(京都市電大阪市電神戸市電)から車両を購入し、そのままの塗装で走らせた事から、付いた二つ名は「路面電車の博物館」と。
 現在では超低床電車(LRV)の導入に伴う、旧型車廃車が行われてるが、未だ旧型車が残存しており、「動く電車の博物館」は健在でもある。
到着したての3700形
 乗る予定の便は未だ発車前なので、撮影タイムとなる。先ずは3700形で、軽快電車の2代目「ぐりーんらいなー」である。
発車間際の2代目1000形
 続いて今広島電鉄で増備が進むLRVである、2代目1000形「GREEN MOVER LEX」です。
今回乗った713号車
 そして最後は今回乗った2代目700形電車です。コイツはカルダン駆動ですが、番号によっては吊り掛け駆動がある。
紙屋町西電停
 713号車に揺られること9ヶ所めの電停、紙屋町西電停に到着。ここから歩いて数分の所にある、「ポポンデッタ」まで向かう。
 「SUNMALL サンモール」の中に入り、4階まであがると、「ポポンデッタ」広島サンモール店に到着。早速イロイロと探すも、御眼鏡に適う物が無かった…残念。
 その後同じフロアにあった、「ボークス」を少し見てから、下の階(3階)の「ダイソー」に寄って、水分を買ってからお店を後にする。
 店を後にしたら、来た道を戻らず、直近にあった本通電停へ向かい、そこで広島駅前行を待つのだが、まあちと時間があって…
本通の2代目1000形 旧型車初お目見えは元京都市電1900形
 横川駅行の2代目1000形と、広電西広島行の元京都市電・1900形を撮影する。その後来たのが…
広島駅前行5100形
 5100形「green mover max」の広島駅前行でした。これに乗って広島駅前まで向かい、そのまま駅ビル内に入る。
 駅ビル内のレストラン街にて、本日の晩飯を食う事にする。以前がんちゃん氏に美味い店を聞いたのだが、聞いたのが相当前だったので、記憶から完全に消えた…なのでここは妥協する。
 相当悩んだ挙げ句、「広島風お好み焼き・貴屋。」にする。まずは…
宮島ビール・ペールエール瓶
 ご当地ビールな「宮島ビール」を頂く。これが結構吾輩好みで、苦味が程よくて飲みやすかった。そしてメインディッシュ登場。
本場の広島風お好み焼き
 どノーマルな「肉玉そば」です。麺がパリパリで結構美味しかったです。
 その後コンビニとお土産屋で買い物をし、さらに「ビックカメラ」で歯磨き粉と歯ブラシを買う。毎度毎度出先で歯磨き粉と歯ブラシを買うのは如何かと…
 そしてやっとホテルへ戻り、一旦荷物整理をしてから一休み。しばらくたったら、シャワーを浴びて、就寝となりました。

 今回はコレまで。次回やっと2日目突入しますよ〜。
posted by 島々な人 at 21:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

第1120回 島々な人山陽路を往く旅・さらば「大和ミュージアム」の巻

 そろそろ1日目の目処がたった、そんな前回からの続き。

 実物等の展示室から順路通りだと、緩やかなスロープを登っていくのですが…
なかなか無い上から見る零戦 その存在感は変わらず
 このスロープから「大和」やら零戦の上を見られるのです。そのスロープを登った先にあるのが、「船をつくる」という展示室になるのですが…
「大和」と同じ規模・スケールだが…
 300m級タンカーの1/10でこのサイズ…船って大きいですな…ちなみに「大和」とほぼ同じ規模だし、同じスケールですが、タンカーの方が図太いのが特徴。
漫画家と宇宙工学者 小説家とモデ…俳優
 最後の方には、「大和ミュージアム」の名誉館長である、松本零士的川泰宣半藤一利石坂浩二各氏のお言葉がありました。
 この四氏に共通して言えるのが、全く戦争を賛辞せず、本物や過去の事例を見ることにより、技術の進歩や未来の平和を考えるべき…という感じでした。
 兵器として使われず艦歴を終えるのが、その艦の幸せなのかもしれませんな。その典型例が隣の「てつのくじら館」にあった、「あきしお」なんだと。
ラジコン船のメッカ・通称「大和池」
 「大和ミュージアム」の海側には、小さな池がありまして、通称「大和池」と言われ、ラジコン船舶の聖地と化してます。
 こうしてラジコンの元になって、遊んでた方が平和なのだと実感する次第です。
第二主砲塔付近から艦首が…見づらい… 実物大機銃座のタイル
 最後に大和波止場と言われるゾーンを見る。タイルで「大和」の主砲塔やら機銃座が再現され、その大きさを実感…つーかデカすぎて実感沸かねーぞコレ!
 全部を見終わったら、駅まで戻るのだが、実は来る途中で模型屋を発見したので、ついでに立ち寄って中を覗いておく。
マルタ・ホビー外観
 店名を「マルタ・ホビー」と言い、中はまあゴッチャゴチャな模型屋でした。一応いろいろありましたが、どちらかと言えば、ラジコン模型よりな塩梅でした。
 呉駅に戻り、広島へ向かう電車を待ってたのですが、流れる曲が「宇宙戦艦ヤマト」だし、駅名標も…
呉駅駅名標 「戦艦「大和」生誕の地」と書いてある
 やはり「大和」から離れられない…まあ事実だしなぁ…暫く待つと…
快速新岩国行の227系
 快速列車が到着し、乗って座席に座ったら、疲労で即刻オチた…気付いたら…
気付いたら広島駅
 広島駅だった。未だ多少陽があるし、先ずは駅近くにある模型屋でも…と思って調べたら、本日定休日…なので違う方面へ向かう事にする。

 今回はコレまで。次回に続くっぽい。
posted by 島々な人 at 21:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

第1119回 島々な人山陽路を往く旅・海事と海上兵器の巻

 原稿はもう3日目に入ってるのに、こちらは未だ1日目という、そんな前回からの続き。

 この巨大「大和」模型の隣には、そして呉とは切っても切れない、帝国海軍時代からの展示があり…
実物のヤーロー式水管ボイラ
 早速巡洋戦艦時代の「金剛」由来のボイラーが出てきました。これはヤーロー式ボイラーで、ビッカース社製の石炭と重油の併燃式水管ボイラです。
 近代化改装で「金剛」から外され、科学技術庁の研究所で暖房用ボイラーとして余生を…と書きたいが、なんと平成5年まで使ってたというから驚き。
 つーか地上時代の方が長いって何?流石物持ちのいいお上(お役所)だ事…
比較的末期の金剛型戦艦
 そんな金剛型戦艦の模型。これだって魔改造の果てに、建造時の面影があまり無い謎仕様…もっとも個人的にはこっちの方がカッコいいですが。
海軍休日の七大戦艦・長門型戦艦
 近くには長門型戦艦の模型があります。これも改造に次ぐ改造で、やはり原型からかけ離れた姿に…
改造正規空母「赤城」 航空巡洋艦時代の「最上」
 さらには航空母艦「赤城」の模型や、航空巡洋艦時代の「最上」とか…
重巡洋艦と潜水・潜水母艦
 重巡洋艦と潜水艦などの展示もありました。しかし下段の高雄型重巡洋艦、一発で「これは高雄型重巡洋艦です」と分かる艦橋ですな。
日本最大のタンカー・日精丸
 そして建造時世界最大で、現在でも日本籍だった船では一番大きなタンカー、「日精丸」が展示してました。
魚雷艇用二式魚雷
 反対側の展示室には、実物大の展示コーナーで、まず目に入るのが魚雷です。
特攻兵器「回天」十型
 その隣にあるのが、特攻用魚雷「回天」です。ここらへんダーティーな物ですが、「ありのままを展示する」ってのも、戦争を知るのに必要な事です。
零式艦上戦闘機六二型
 さらには零式艦上戦闘機や…
特殊潜航艇「海龍」
 特殊潜航艇「海龍」があります。こちらは設計段階では一応魚雷打ったら帰ってくる事を念頭に置いたものの、結局は特攻用になったもの。
主砲弾のレプリカ 46cm弾が3種類 41cm徹甲弾と36cm弾
 そして46cm砲弾やら、40cm砲弾等、艦船用砲弾のレプリカが鎮座してました。しかし…
20.3cm弾と12.7cm弾
 46cm砲弾を見た後、重巡洋艦用の20cmや12.7cm砲弾を見ると、こっちの方が本当に小さく見えるんですな。実際には相当大きいのにも関わらず。
栄三一甲型エンジン 火星二一型エンジン
 さらに零戦用の栄三一甲エンジンや、一式陸上攻撃機用の火星一二型エンジンがあり、コレは実物です。よくまあ実物があったものだ。
XJ3ターボジェットエンジン
 でもって一気に近代になり、XJ3エンジンです。これはターボジェットエンジンなので、実物が動作してると、喧しい事請け合い。(ヲイ)

 今回はコレまで。次回に続くにゃしぃ。
posted by 島々な人 at 21:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

第1118回 島々な人山陽路を往く旅・圧巻の戦艦「大和」の巻

 原稿的には既に2日目が終わったのに、こっちの進行的には未だ1日目という、そんな前回からの続き。

 「てつのくじら館」を出たら、次はこっちに決まっておろう。
「大和ミュージアム」
 「大和ミュージアム」は正式には「呉市海事歴史科学館」と言うのだが、まあほとんどの人が「大和ミュージアム」と言う位、愛称が通じる場所でもある。
 つーか公式サイトも「大和ミュージアム」になってるし、申し訳程度に「呉市海事歴史科学館」ってある訳で。
今回一シュールな物
 そして一番シュールなのが、呉市のキャラクターである、「呉氏」の顔出し看板。しかし誰がこんなキャラクターを考えたんだか…
そろそろかわぐちかいじ先生を名誉館長に
 その隣には、これぞ正統派とも言える、かわぐちかいじ先生の「ジパング」の顔出し看板がありました。こっちの方が良いよね。
今ミュージアム的には一番の話題作
 ちなみにこの近くには、同じくかわぐちかいじ先生の作品で、最近映画化された、「空母いぶき」のポスターがありました。
自動券売機なので曲がってます
 早速館内に入り、入館券を買ってから展示場へ。入館券自体がもうカッコいい。早速目玉が登場する。
戦艦「大和」推参!
 「大和ミュージアム」の代名詞である、1/10スケールの戦艦「大和」です。まさに「デカァァァァァいッ説明不要!!」
三連装機銃増設後の姿
 製作当時の最新情報を元に作られた、坊ノ岬沖海戦時そのままを作っただけあって、正確性は抜群。
右舷艦尾側 艦尾と軍艦旗 左舷艦尾側
 「男たちの大和/YAMATO」でCGの合成用素材にも使われた、そんな説得力は極上の作品であろう。
1/10サイズの士官ですらこのサイズ…
 1/10スケールの「大和」だけでも、実物の小型漁船より大きいのだから、実物大なぞ想像つかないですな。しかも対比となる人物模型がコレだから、想像を絶するよね。
最強の艦砲・46cm三連装砲塔
 そして大和型戦艦最大の特徴にして、世界最大の艦砲である、46cm45口径三連装砲塔…これは正に漢の浪漫満載。
帝国海軍軍艦の証・菊花紋章
 艦首には帝国海軍の象徴である、菊花紋章が付いてあるのがまた良い。
大和型の特徴の一つである主舵と副舵 直線配置なので艦尾はスッキリ
 単体だとあまり効かなかったと有名な副舵と、主舵の直列配置。
大和型の特徴の一つ・球状艦首(バルバス・バウ)
 大和型の特徴の一つである、球状艦首(バルバス・バウ)がまた凄い事…
 この模型を見て思うこと…ハッキリ言って、コレは美術品です。それ以外言葉が見つからない…

 なんかコレを載せる準備してたら、無駄に興奮してきた。作業のBGMが「機動戦士ガンダムUC」の「On Your Mark」だから、なおさらだZE!

 今回はコレまで。次回に続くで候。
posted by 島々な人 at 19:00| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする