2006年02月28日

第26回 1泊2日ドタバタ話・その2

 今日は前回からの続き。
 銭湯から出て御徒町駅より御茶ノ水駅に移動する。この時点で集合までまだ1時間弱あったので、御茶ノ水駅から「書泉グランデ」へ向かう。途中明治大学前を通ると変な立て看板があり、覗くと「下記の者は入構禁止」とあった。前にも通った事があるが、名前が変わってただけである意味変化が無い。なにが起きてるのだか知らんが、もうチョイ奥の方に立て看板を置いていただきたい。吾輩気になっちゃうから。(ロクでもない事に興味を持つ男)
 「書泉グランデ」に到着すると、集合まで後40分位となった。20分ほど店内で資料探しをする。車両の設計図集みたいな本があればいいが、ここには無く、別の本を1冊購入する。店を出ると集合20分前といい時間になったので、神保町駅北改札に向かう。
 改札前には誰もいなかった。しかし2〜3分後S氏が来て、その後K氏も来たので少々雑談。その後N氏が来た時、N氏から主催のH1氏からの伝言を聞く。「10分ほど遅れる」との事。まあH1氏が遅れて来るのは毎度の事、その為集合時間が自動的に遅れる事になる。集合10分前位には結構な人数になった。
 その時O1氏の携帯に「はぐるまや」の店主から「いらないNのレールが出たから欲しけりゃ取りに来て」と連絡が入る。その場にいた全員で店に押しかける。店内が狭いのである意味営業妨害である。店主から「そこにあるレールだよ」と言われ、置いてあったダンボールを覗くとTomix製の茶色道床レールが大量に入っており、ものの見事に争奪戦になる。吾輩はその中から電動ポイントを左右1式頂く。
 寄り道後やっと宴会場に到着。中にはO2氏やY氏、グリスタ氏等5〜6名先着しており、グリスタ氏に会うなりメールで頼んでおいた先日発売の「ザ・バスコレクション
都バスオリジナル2」を受け取る。それが合図になったのか酒も来てないうちにアッチャコッチャで模型のご開帳が始まってしまい、O1氏が「早い早い!」と制止していた。
 乾杯後既にハイテンション、模型が出てくるのはもちろんの事、それを並べ始めたり、出たてホヤホヤの「ワーキングビーグル」の中身を確認する人も出た。その一方でO1氏がS氏に仕事の話を熱心にしていた。途中で馬刺しが出てきたが、グリスタ氏が「宗教上の理由」で拒否。吾輩が「ウインズは後楽園ですか?浅草ですか?」と問うと、「つくばエクスプレスできてから浅草が近くなった」とグリスタ氏がうれしそうに言うものだから、吾輩笑う。
 9時前に店員より「終わりにしてくれ」と催促され宴会は終了、会計を任されたのでレジに行きお金を払う。出てきたレシートがまたスゴイ長さに…ギャクで裁判所の判決を持って走る人のマネをする。少し受ける。その後吾輩とY氏が抜け、他の人は2次会へ向かう。Y氏と一緒に水道橋駅に行き、新宿で別れた後池袋に向かい東武東上線に乗り友人宅へ向かった。
 今日は疲れたのでこれまで。次回へ続く。
posted by 島々な人 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

第25回 1泊2日ドタバタ話・その1

 「模型と物欲の日々」にも少々載せたのだが、土曜日は買出しの他に酒宴があった。主催はT−TrakNetworkのH1氏。場所は神保町駅と水道橋駅の中間辺りで、19時頃開始で2時間の予定。事前に東京在住の友人に「泊まれる?」と訊ねると前日に「OK」となったので、気兼ねなく飲める事になる。ついでに東京の銭湯に久しぶりに入る事にもした。
 当日は9時半頃御徒町駅に到着。銭湯の位置が全く分からんので、先もって調べておく事にした。駅前にて地図で地名を確認後、タウンページにて周辺の銭湯を調べ、また地図を見て確認した所、「燕湯」なる銭湯が近い事が判明。確認をしに行くとちゃんと営業していた。時間は20時までと地元の銭湯より営業時間が短いが、その前に入ってるのでOKとす。
 探した後、徒歩で末広町駅近くの「タムタム」へ行く。いつもなら秋葉原駅から行くのだが、御徒町駅からでもあまり距離に大差ない。「今後御徒町駅からスタートしようか」とおもわず考え込む。その後フラフラと店をはしごする。「モデルスIMON」で「ワーキングビーグル」を3つに「トレーラーコレクション」を2つバラで購入。
 秋葉原から新宿へ向かい、「さくらや」にて「トレーラーコレクション」を1箱と2つバラで購入し、買った品物は友人宅へ行く途中にある池袋のコインロッカーにぶち込んでおく。これで少しは荷が軽くなる。「何でこんな事したの?泊まれるのに」と言われそうだが、翌日13時より組合の集会があり、出にゃならんので先に物を確保しておく事になったせいでもある。
 池袋を出た時点でもまだ16時頃と早いので、上野で降り、アメ横を散策する。年末のコミケ後に行った時は「オシクラまんじゅう」のオンパレードだったが、さすがにあの時よりは空いていた。
 アメ横を通り過ぎてそのまま銭湯に向かう。入湯料を払うが、いつの間にやら400円に値上がっていた。前は380円じゃなかったけ?とおもったが、まあ10年近く前の話だから仕方ない。軽く体を洗い、湯船につかる。温度は推定40℃位と江戸っ子にしてみりゃ「ぬるい」のだろうが、群馬県民の吾輩にはちょうど良い湯であった。珍しく長湯(普段20分位のところ40分位)だったので、湯上りから暫くの間はジャンパー無しで外を歩ける位体がポカポカしてた。
 今日は疲れたのでこれまで。次回へ続く。
posted by 島々な人 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

第24回 鶴見臨港を自由形に改造・その3

 ここ最近忙しさの為全然進んでいなかった。
 水上行きが毎週あった為、正直体の疲れが出てしまい、気力が低下したのも一因です。でもチビチビとやってたので、中間報告を…
 正面の加工を終え、貫通戸の取付ける。まず貫通戸を取付ける為に穴を開ける作業をする。サイズは横のドアを参考にし、慎重にデザインナイフで少しずつ削りながら開けていき、ある程度開いたらヤスリで削って仕上げる。
 その後0.3と0.5のプラ板で開けた穴に合うように切り出して、重ねて流し込みタイプの接着剤を流し接着。その板を開けた穴にはめ、裏から瞬間接着剤を流し込んで接着する。接着後ドアの窓を開ける。大体の位置をドリルで穴を開け、貫通戸と同じ要領で開ける。その作業中、1ヶ所だけきつ過ぎたのか連結器付近に亀裂が入り割れる。慌てて接着するが、慌てたせいか少しずれて接着してしまい、少々目立つ。
 ドアを完成させたら次はベンチレーターの除去をする。製品に付いているベンチレーターはボディーに一体となってるので、ニッパーで大まかに切った後カッターやヤスリで削って型を整える。製品の成型上で出来たベンチレーターの穴をゼリー状の瞬間接着剤で埋め、埋めた際に屋根に出てきた接着剤を取り除いて終了。1両は刈り上げ屋根にする為、正面の雨樋を削り形を整える。
 で、ここまで来たら一度サーフェイサーを吹き傷をチェックし、微修正を加える。この後は塗装なのだが、とりあえず今のところはここでストップ。
 塗装は旧上毛電鉄色(黄色のみ)か300形みたいな塗り分けを考えているが、今のところ黄色1色の方しか調色出来てないので、2両ともこの色にする。
 とりあえず今月中に仕上げないとなぁ…やる事山盛りでちっとも部屋が片付かない。
posted by 島々な人 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

第23回 模型と物欲の日々

 休み時間中の事、吾輩がいるOA室に元電車区鉄道模型部部長が来た。話によると今度の土曜運転会をやるから暇なら来なよとの事。いつもなら「行きます」と即答するのだが、その日は東京へ買い出しに行く事になってる上、そのまま別の所で酒宴に参加する事になっていた。久しぶりにタイミングの悪いお話だった。
 吾輩の職場は去年のダイヤ改正と同時に車両管理と乗務員が分離した為、何もかも分ける必要が出てきた。で、模型部も分離する事になったが、もともと乗務員の比率が大きく、20人近くいた部員の内車両管理の方に残ったのは何と3名。慌てた先代の部長が1人説得(と言う名の脅しか?)して、4名での再スタートになったが、人数が少なすぎる。今考え直せば未だに(結成)総会しとらん。ああ駄目じゃん!
 運転会で思い出したが、最近家で模型を動かしてない。レール敷くスペースがなくなった為だが、それ以上に近年の大増備にやる気が…多分やるとすれば全部の車両を動かすのだから、最低2日はかかる可能性が…増備計画を見直してるが、M社がガンガン出すものだから計画があっても無いに等しいからなぁ。昔なら3ヶ月に1セットのペースだったが、今では毎月2〜3セット買う事があるし、Bトレ・バスコレ等魅力ある製品が次々と…物欲に完全に負けてる。この状況がもうチョイ落ち着く事を祈る。
posted by 島々な人 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

第22回 吾輩ワンフェスに行く

 今年初めて行くイベント、ワンダーフェスティバル。実はこれが始めてのワンフェスだったりする。夏はJAM(国際鉄道模型コンベンション)の前後にコミケとワンフェスがある。大抵JAMでアホな位鉄道模型を買い込む為、最後に開催されるワンフェスに行く軍資金が無くなってしまうからだ。冬は冬で仕事の都合行けなかったが、今回行く事になった。理由は知り合いであるロシヤの脱走兵氏が出た為で、ついでにモジュールに使えそうな物やら好みの物を見たり発掘したりする事にした。
 地元から新幹線を使い東京へ着き、新交通ゆりかもめにて国際展示場正門駅へ。現地に9時頃到着。駅から入り口辺りに行くと長蛇の列が延々と延びていた。後ろの方へと向かうが、なかなか最後尾が見えない。やっと最後尾が見えたが、場所は隣の青海駅の方が近い所にあった。うーむ油断した。以後入場まで時間がかかり、入場した時刻は10時半頃であった。
 イベント限定品を買う余裕が全く無いので、直にロシヤの脱走兵氏がいる「エネルギア鉄道総局」へ。陳列してあったのは独逸帝国戦時型路面電車で、ベルリンにて実際造られた車両。何故かハノーバー市電に似てるのはドイツ系の車体らしさなのであろう。日本で例えるなら都電6000形に似た車体が各地で見られた感じ。車体の色がクリームと青のツートンとクリームに茶色の帯の2種類があった。好みから言えばツートンの方だが、ロシヤの脱走兵氏曰く「チビ客動力入れるのに無理がある」との事。残念〜(ギター侍調に言ってくれ)全部で6両有ったらしいのだが、既に1両売れていた。見てると欲しくなるのが吾輩の性、動力化できる方を1両購入した。
 その後他のブースを見てみる事にする。1/144スケールのF14戦闘機(トムキャット)用のデカールを売るブースを発見、よく見ると「サンダウナーズ」やらいろいろとあった。また企業ブースの一画では自衛隊の救助ヘリが売っていたが、共に財源不足から断念。企業展示ブースにはプロペラが回る零戦があったり、新谷かおる先生の「ファントム無頼」に出てくるF4EJ戦闘機があったりして、吾輩の物欲を刺激する物ばかり…あああお金が足らん…目に毒な会場を後にし、秋葉原でBトレインショーティーの路面版第3弾を購入して本日の行動は終了した。
 家に帰り早速買った物を確認する。午前5時まで作ってたせいなのか何故かサーフェイサーの匂いが残ってる。匂いが抜けるまで暫く放置した方が良さそうだ。なおこの商品動力化してないので、後日動力を組み込む予定也。
posted by 島々な人 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

第21回 物事がかぶる日々

 昨日晩御飯を何にしようかと考えていたら、愚弟が「冷麺が食いてぇ」と言うので、焼肉屋へ行く事にした。その日は親父が仕事の都合で家にいなかった。大抵そういう日の場合、吾輩の家は外食に行く事になる場合が多い。親父が仕事の都合上外食が多く、あまり行きたがらないからだ。焼肉屋で冷麺やらカルビやらいろいろ食す。
 本日は母親の軽自動車のタイヤから地のワイヤーが見えるので、中古タイヤ屋に行きタイヤを交換する。ついでにいろいろな店へ買物へ行く。スーパーで今晩の晩飯用のマグロを買い、鉄火丼にしようとマグロを買ったのである。その後一旦家に帰った後、吾輩が塗料を買い忘れたので出かけ、帰ってくると親父がいた。
 母親が晩御飯の仕度を始めようとするといきなり親父が「ホルモン焼が食いてぇ」を言ったらしい。親父がホルモン焼を食いたいと言うと、大抵は親戚の家がやってるホルモン焼屋に行き食う事を差すのだ。
 慌てる吾輩たち。何せ昨日焼肉食ったばかりだからだ。しかも親父が外食に自ら「行きたい」と言うのは年に数回あるかないかの話、ある意味珍しい事なのだ。結局何も言えない吾輩達は2日連続で焼肉系の晩御飯を食う事になった。
 吾輩の地元ではホルモンを一旦下ゆでしたものを焼くので、あまりくどくないため連続して食っても平気だが、もし他の地区だったら…いくら大飯食らいの吾輩でも食欲落ちるな…
 物事続く時は続くものである。先月携帯電話を酔って居酒屋に忘れたのだが、今回愚弟に貸したらおもいっきり親戚の店に忘れたのである。吾輩慌てて親戚の家にすっ飛んでく。幸い親戚の店だからあまり気兼ねせずに済んだが、これが他の店だったら…どうなった事やら。
posted by 島々な人 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第20回 仕事仕事仕事〜

 今シーズンの水上は例年に無く大雪で、比較的晴れ男な吾輩が今シーズン4勝(晴れ)4敗(雪)と不調。水曜にまた水上へ夜勤に行く。この時は雨であった。着いても雨で、寝て起きても雨は止む気配が無い。今回は引き分けと言う方向で…気温が1℃と前回より高く、比較的作業がしやすかった…と、言いたいが、今まで降った雪の上に雨が降るものだから雪のある所はもうグチャグチャ、足が雪にめり込む事めり込む事。また今シーズン初めて雪の無い通路を見たが、通路と雪上にある人が踏み固めた道の位置がかなりずれていた。
 水上から職場に戻ると「赤羽駅で人身事故発生〜」と無線が流れていた。「嗚呼明日の仕事が増える」と気落ちする。その後家に帰り昼食後、都合で高崎に買物に行く為新前橋駅に行くと、まだダイヤが乱れていた。まあ朝のラッシュ時に起きたもの時間はかかるよな、でも回復遅すぎ…
 昨日は職場でパソコンの一部機能を変更した為、データの確認をする。そしたら外字で作っておいた文字が消えていたので、外字を製作する事になった。嗚呼今日只でさえやる事多いのに…嘆いていても仕方ないのでセッセと外字を製作していく。が、量が結構多いので苦戦する。始業から終業まで入力し、やっと1台分のデータが完成。他のパソコンにコピーをしようとしたが、やり方が解らなく頓挫。1日中パソコンをいじってたので、最後の方になってくると目がぼやけて画面が見ずらくなった。今考えると、もう少し気楽にやればよかったかな?
posted by 島々な人 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

第19回 タイヤにヒビが入れば…

 本日吾輩が自分の部屋にいると愚弟が「親父の車動かして」と言ってきた。
 吾輩の家の駐車場狭いのに軽3台に普通車1台もあり、普段通勤に使わない吾輩と愚弟の軽が奥の方に押し込められるように駐車しており、使う時は親父の普通車をどかさないと出れないのだ。
 親父の車を動かし、愚弟の軽がバックして出てきた後、親父の車を元に戻しておく。親父の勤務が早い(2時位)ので、愚弟が来たらまた入換をしないとだからだ。親父の車を元の位置に戻した後、家の中に入ろうとすると愚弟の車が家の前に止まって降りてきた。止まる寸前にタイヤから変な音が聞こえた。「ベコベコベコ…」そうパンクである。
 降りるなり「何処だー」と叫ぶ愚弟。確認すると助士側後輪のタイヤが逝ってたのだ。慌ててスペアタイヤに履き替えるが、そのスペアも長い間使用してない為、空気圧が全然無い。それ以前に愚弟の車にはジャッキが乗ってない。
 仕方なく吾輩も手伝う。空気入れでスペアタイヤに空気を入れ、吾輩の車からジャッキを出して貸す。かつて愚弟は自動車整備工として働いていたので、なれた手つきでスペアタイヤを取り付ける。
 スペアタイヤに空を入れた際、空気入れで100回以上ピストンを上下したので、しばらく経ってから腕が張ってきた。まあフレン○パークのフラッ○ュザウ○スで超低速を狙ってるかの如くの勢いでやったもんだから、空気入れの本体が熱もったよ。
 その時親父が出てきて「俺のか?」と聞いてきたので、「違うよ愚弟のだ」と答えたら何事も無かったかのように部屋に戻る。自分の車気にしただけかい!
posted by 島々な人 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

第18回 寒さと「萌え」

 後輩がかつて負傷した足に埋めていたボルトを除去したのだが、その除去手術後で足が不安だからと言って吾輩に回ってきた水上夜勤。今回は「本日晴天なれど波高し」…じゃなかった「本日晴天なれど風強し」だった。3時半頃起きて外の温度計を見ると−7℃!随分前に行った時よりもはるかに寒い。仕事後また見ると−8℃と下がっていく…書類に外気温を書く(6時時点の温度を記入する)為にまた見ると−9℃へ…この間約1時間おきに見たので、並の下がり方ではない。しかも外はかなりの強風。体感温度−15℃な気が…こんな日は仕事を終えてすぐに暖かい所にいたいのだが、通常1回で済むところが故障などにより3回も行く羽目に…寒さに強い吾輩ですらきつかった。
 散々寒い思いをしたのち家に帰る。家のコタツで無料情報誌を見てると、隣の市で遂に「メイドカフェ」が開店したという項目があった。それを見た瞬間、吾輩の思考能力が凍りついた。むうう、ついに群馬にも「萌え」が上陸したか…しかし、なんだかなぁ…需要あるのかねぇ?
 昼過ぎに高崎まで買物に行く。欲しいマンガ本が地元での確保が難しい為、「アニメ○ト」やら「メ○ンブックス」というヲタ御用達の店がある高崎駅周辺へ向かったのである。「メ○ンブックス」の場合、大体7割方同人グッズな為、案の定無かった。「アニメ○ト」へ行くと欲しいのが1つだけあったのでココで購入。他にいいマンガが無いかと探していると、棚に株を「萌え」と絡めた本(本の題名忘れた)を発掘する…ヲイヲイヲイ遂にココまで来ちまったか…「萌え」の増殖がココまで来るとアホくさくなる。誰かこのブーム止めてやれよ…
posted by 島々な人 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

第17回 自爆した吾輩

 本日せっせとブログの原稿を入力していると、誤ってURLを付ける所にアドレスを付けてしまった。慌てて元に戻そうとしたら、うっかりツールバーの「戻る」をクリック。気が付き慌てて「進む」をクリックしたが、後の祭りでものの見事に原稿がパー。あああ吾輩の30分(原稿を入力していた時間)がーーー…ああ間抜けな吾輩…
 これで3度目の原稿パー。1度目は用ができ慌てて消した。まあこの時はたいした文では無かったのでよかったのだが。2度目は愚弟にやられた(詳細はこちら)ので、自爆は今回始めて。
 で、自爆したやつは再度書く予定は…気分次第としておく。(やらない率が高いな…)
posted by 島々な人 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

第16回 立春なのに…

 またまた水上の夜勤に行く。前回からまだ1週も経っておらんので、あまり変わりばえが…してた。着いた時軽く降っていた。いや、月が見えたので多分地吹雪か…休憩時間に入り、寝て起きたら案の定降っていた。まあ出かけ間際に見た天気予報は降雪確率50%だったから、腹くくっていたのでショックはない。外気温−6℃、風はあまり無く前回より気温の面においては多少マシな方。
 水上駅辺りで降る雪は、この時期だとドカ雪でなく粉雪で軽い。その為除雪作業は(ドカ雪に比べて)比較的楽で、さらに駅が谷間にあるので風が強く、積もった雪が風に飛ばされ、除雪しなくても済んでしまう時すらある。でも今回は風があまり無かった為、雪が積もっていた。しかしあまり雪が積もっていなかったので、突っついたり煽ったりするだけで雪が落ちた。
 勤務明け後、家に帰って自分の部屋に行くとメチャクチャ寒い。「なんじゃコリャ?」とおもい温度計を見ると何と温度計は0℃を差してた…おもいっきり冷蔵庫並…かつて吾輩の母親が吾輩の部屋でケーキを保管してたが、この温度じゃ保管出来るな…
 その後晩飯のおかずを買いに行く。その店はシンボルとして水車があるのだが、おもいっきり氷とツララが固まっていた。そして回らない。融けない位寒いんだね今日は…
posted by 島々な人 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

第15回 意味の解らん行動をする愚弟

 先日せっせとブログの原稿を打っていると愚弟が「プリントしろや」と吾輩の部屋に来る。有無を言わさず「早くしろ!」と吾輩のプリンターの電源を入れる。プリントするデータ持って来てないじゃないかいとおもったら「メールで送ったから」だそうな。なお愚弟のパソコンN社謹製のノートパソコンなのだが、FDDが付いていないので、わざわざこんな事をしてる。
 で、印刷してると、いきなりInternet Explorerがトラブルを起こし止まる。ノーーーなんてこったーーー(ブログの入力作業してた)吾輩の1時間がーーー!
 吾輩のパソコンは自作で、OSはMeである。このMeが曲者で、前はよく機能が止まってたのである。最近治まっていたのに何故?おかげでブログの原稿データは綺麗サッパリ消えていた…
 印刷が終わり愚弟に「テメーの所にもプリンターあるのに何故ココでやるんだ?」と問うと「インクが切れててセットするのに面倒だから」と回答。無論吾輩頭に来て「テメーのせいで入力してたのパーになっただろうがこの馬鹿チンがー!」と言ったが、愚弟反省の色見せず。
 冷静に考えると普通ならイチイチ吾輩のパソコンにメールを送ってまで印刷するのなら、自分の部屋でやる筈だ。愚弟が所持するプリンターは吾輩のプリンターより若干古い(確か2〜3モデル分古い)だけで性能はあまり劣らないのである。インクだってリサイクル品で吾輩のよりグッと安いのに。
 たまに意味の解らん事をしでかす我が愚弟。無駄な行動が多い我が愚弟。もっと冷静に考えろや。
 なおその消えたブログの内容はまた後日…多分しばらく先になりそうだが…
posted by 島々な人 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする