2006年11月28日

第118回 ヘロヘロな日々

 最近どうもやる気が湧かない…
 「何のやる気」かって?模型制作です。机に向かってもやる気が湧かない。
 なんでだろうか?答えは精神的な疲労が大きいから。研修の疲れが抜けてない。
 しかしだ、模型制作をやらないと、未組立品が増加する。さらに置く場所にも困る。組み立てれば、かなりスペースが圧縮される。特にBトレインは滅茶苦茶圧縮可能。
 とりあえず気分がノリノリになる歌でも探すか。最近サザンオールスターズの聞き過ぎで、飽きが来た模様。流石に同じCDを毎日2〜3回も聞けば飽きる。
 キッカケさえあればトントン拍子で進む。今はそれが無いのでヘロヘロに…
posted by 島々な人 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

第117回 関東横断お祭りな旅 その2

 やっと釈放…もとい、研修が終わったので、前回からの続きを再開します。

 販売開始数十分前に、ロッド�1〜30の優先購入権が当たるくじ引き大会が始まる。くじは先着150名までで、余裕で吾輩まで回ってきた。くじを引いたが、残念ながらハズレであった。その後メーカーや浅草駅より来たアテンダントより挨拶があり、10時より販売開始となる。くじ引きの確認等で列の進みが遅く、吾輩が買うのに10分位かかった。カードの柄は2種類あり、1人の上限が各3セットで、吾輩は2セットずつ購入した。カードを売っている横には「バスコレクション」や、「鉄道むすめ」とそのグッズが販売しており、バスコレクションは第7弾の東武バスのみの販売だった。何を引こうが東武バスなので、5個購入した。所定の買物を済ますと、他の場所にある商品を確認して回るが、財政等の都合で購入はしなかった。
 その後、同業他社の車両検修場なので、どの様なラインなのかを見学する。流石に稼動開始から2年位と新しい設備とあって、建物自体がきれい。中には30000系が鎮座しており、制御装置等のカバーが外れていたので、何枚か撮影する。
30000系の電気遮断器 つり掛け式モーター
 その後工場のラインに沿って見学、マスコン(自動車で言うところのアクセルとブレーキ)が置いてあり、それらをいじれるコーナーがあった。中には目の前に主制御器が動いたり、30000系の運転台ユニットが丸々置いてあったりと、時間があればいじりたい物が山盛り。
 次の場所への移動の為、11時半頃無料バスで南栗橋駅へ向かう。無料バスの字幕がチャンと「会場直通」とLEDで表示してあった。
チャンと「東武ファンフェスタ」と流れていた
 南栗橋駅から一駅隣の栗橋駅へ向かい、そこから宇都宮線に乗り換える。途中駅で特急に追い抜かれるので、停車したのだが、特急が3分遅れで通過、あおりを受けて遅れて発車した。大宮駅で湘南新宿ラインに乗り換えて、新宿へ行き、新宿から小田急に乗り換えて本厚木へ向かう。
 本厚木駅に着くと、雨が本降りになっていた。傘を持参してないので、急遽傘を買う。その後無料バスに乗り、神奈川工科大学へ向かう。無料バスは満員で、吾輩は出入り口のステップで立っていた。到着後すぐさま「鉄道研究部」の会場へ向かう。会場にはT−TrakNetworkでお世話になっている北海氏がおり、会場内で少々談笑する。その時先日富士急で発売した限定品を、惜しげもなく上田丸子電鉄(現在の上田電鉄)色に塗り替えていた。
 会場にはNゲージのモジュールがあり、コレが又デカイ事。
DSCN2849.JPG
 中にはかなり急坂があり、北海氏曰く「塩狩峠(昔、坂の途中で列車が分離した場所)やっちゃった」との事。タイミング良く、その急坂の横にある普通の坂で、列車分離をして逆走してるところを目撃してしまった。
 「鉄道研究部」を見た後、上の階(3F)にある「特撮模型研究部」を見に行こうとエレベーター前で待っていると…
DSCN2853.JPG
 スゲェ…よくまあこんなのやるよな…
 「特撮模型研究部」を見学後、無料バスにて本厚木駅へ向かう。その後小田急→湘南新宿ライン→高崎線と乗り継ぎ地元へ帰った。しかし疲れた…移動距離が長いくせに新幹線を全く使わなかったから、余計に疲れたよ…
posted by 島々な人 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

第116回 関東横断お祭りな旅 その1

 19日埼玉県栗橋町にある、東武鉄道南栗橋車両管理区にて「東武ファンフェスタ」が開催された。またその前日の18日から、神奈川県厚木市の神奈川工科大学にて学園祭「幾徳祭」が開催された。
 その両方を19日中に行こうというのが本日の目的。考えた当初、移動距離の事をすっかり考えてなかったのだ。で、その阿呆な行動の顛末を…

 朝6時頃、地元の駅より出発する。その時乗った電車、手前の桐生駅行きで、桐生にて桐生発小山行きの電車に乗り換える。小俣駅を出た辺りで、吾輩落ちる。気が付いたら佐野駅に着いていた。
 その後栃木駅で東武日光線に乗換えの為下車。ポケットティッシュを持参するのを忘れたので、ここのキオスクにて購入する。購入後東武線の改札を通り、ホームへ向かうと30000系が反対のホームに止まっていた。
2番線入線中
 しばらくすると、区間急行浅草行きが到着、8000系だった。途中特急列車に追い抜かれ、各駅に止まりながら南下すると、進行方向右手に車両が留置されている所が見えて来た。その後南栗橋駅に到着、会場へ向かう。その道中はある意味競歩大会で、1km位離れた南栗橋車両管理区まで競争となった。
 会場前の列に並び、しばらく暇を潰していると、列が動き出した。会場の門をくぐると、列が6列に分かれた。吾輩はパスネットの列に並ぶ。その列はそのまま販売場所まで移動し、そこで整列をして待つ。ちょうど撮影会場の近くで、かつ業務用の自動車が展示してあり、暇が潰せた。
 並んでいる場所からチョッと奥に展示用の車両が留置してあった。
留置中の30000系
 でもコレが留置してる所って…
DSCN2825.JPG
 ゑ?「工事解体線」?

 今日はコレまで。20日より3日間研修に行くので、次回は3日後予定です。
posted by 島々な人 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

115回記念・吾輩から見た115系

 電車形式シリーズ第1弾として、吾輩の職場にもある115系を、吾輩の視点から語ろう。
 入社した当時、高崎・宇都宮線は115系の天下だった。職場の115系も上野方面の増結用として、またローカル運用として大活躍していた。当時は4両編成・3両編成合わせて31編成あった。(訓練車編成含む)当時は結構な確率で115系の検修にあたり、入社したての吾輩にとっては、いろいろと勉強になった。
 当時の職場にいた115系を大雑把に分けると、0番代・300番代・1000番代の3種類に分けられた。
 その後長野総合車両所から3両編成1本転入してきた。それの転入で当時最多の32編成に増えたのだ。その後小山電車区の211系とトレードで、4両編成8本と0番代の付随車が転出し、300番台がいなくなった。その後、訓練車が廃車となり、0番代がいなくなった。更に余剰で4両編成が1本廃車となり、現在の22編成となった。
 現在1000番代オンリーになったが、1両だけ変わったのがある。長野から来た編成のうち、1両が先頭車改造をした車両である。
 3両編成の大半がリニューアル改造をしており、主制御器のカムモーター(自動車で言うならミッションを動かす動力)の交流化や、補助電源のSIV(静止形インバータ)化、コンプレッサーをスクリュー式に交換等、大掛りな改造をしている。
 リニューアル車を検査してると、評価が真っ二つに分かれる。電気関係担当は結構楽できる。それまで付いていた電動発電機は、直流駆動の為、ブラシが付いていた。それがSIV化により無くなったので、ブラシの交換と、ブラシから出る粉塵除去の作業が無くなったから。
 逆にブレーキ関係担当はイライラしてしまう。空気圧が溜まるのに時間がかかるからだ。スクリュー式が毎分1500ccで、ピストン式コンプレッサーが毎分2000cc。4両編成も同じコンプレッサー(2000の方)を使っているのを考えると、あまり差は無い。
 じつはリニューアル車には除湿装置が付いており、それが遅い原因なのだ。その除湿装置の構造は、連続して水分を吐き出す為、常に150cc〜300cc位のエアが漏れている。つまり条件が悪いと、毎分1200cc以下になるのだ。コレでは遅い。実際走行中ならこれでもいいのだが、検査時はガンガンエアを使うので、コレでは足らないのだ。
 まあ旧型のコンプレッサーは、溜まりは良いがやかましいので、お客さまサイドからすればスクリュー式の方がいいのだ。
 ディスクブレーキやらレジンブレーキ(車輪を押えるブレーキ)の数が多いので、検査の度に交換やら振替が発生する。台車がコイルバネで、乗り心地がエアバネより悪い。しかし、何故かエアバネ付きの107系より評判がよい。
 まあ107系の評判は悪いので、多分107系より先に廃車になる事は無いかも。(希望的観測)
posted by 島々な人 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

第114回 仕事と趣味と時々組合

 検修現場へ戻ってから早2ヶ月、ボチボチ1人で検査をしてる。全車種を憶え直すのには、もう少し時間がかかる。なにせ車種によっては月平均3〜5編成しか検査がないのがあるからだ。
 そんな中、検修助役より「お前研修ね」と書類を渡される。行先は…なぬ?新白河?あの監禁所…もとい研修センター?またヤナ時期に行くナー。
 何故ヤナ時期か。それはこの時期は大抵乗務員養成の研修があり、大体2〜300名位はいる。食事時なぞ人数が多すぎて、並んで待つ羽目になるし、風呂場は大騒ぎになる。もっとも新入社員研修よりは幾分マシで、新入社員研修だと1000名位いる。案の定電車運転手の研修と重なっているみたいで、混雑は必至の模様。幸い2泊3日の短い研修なので、それほど苦痛にはならないであろう。多分…
 来月岩手県奥州市まで出かけ用がある。「鉄道フェスタ2006」に参戦するからだ。かなり前から検討してたのだが、予定の目処がやっと目に見えてきたからだ。
 12月からまた夜間勤務が発生するのだが、それに関わる人員の調整等が、11月頃にならないと表になって出ないからだ。既に2度も変更があり、何故か吾輩が夜勤から外れていた。検修助役に尋ねると、「あ、忘れてた」だとさ。なんだかなぁ…
 1日に集会があって、その集会が18時半開始なのだ。予想だと2時間半位に終了するのだが、そうなるとその日のうちに現地に着くのは100%無理。しかもこの集会を欠席する事は100%不可能。さてどう行こうかと検討すると、以下のパターンになる。
  �朝一の急行「能登号」→大宮で「やまびこ」乗換え
  �仙台まで夜行バス→仙台から新幹線乗車
 他も考えたが、どうもコレしか無さそうだ。
 �のパターンだと、朝4時47分高崎発なんだが、高崎までの交通手段がタクシーしかない。大体地元から高崎駅まで約3.5k円位かかる。起床時間は3時半位で、睡眠時間が5時間を切る可能性が…
 �だと22時頃前橋駅南口発車で、6時に仙台到着で、運賃は6.5k円也。いろいろ考えるとコレが一番楽なんだろうが、あまり夜行バスには乗りたくないのだが…贅沢は言えないか。
 何故夜行バスに乗りたがらないかって?昔高校生の時、甲子園の応援へ行った時、バスだったから。横になって寝れないって、吾輩にとっては苦痛です。だから大阪行った時、わざわざ寝台急行に乗った訳だ。
 まあ「往路」だけだし、仕方ないか。
posted by 島々な人 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

第113回 吾輩的に「萌え」を語る

 まあコレといってネタが無いので、「萌え」ネタについて吾輩目線で述べよう。
 「メイド」
 吾輩的に一番ピンとこない「萌え」ネタ。何分「メイド=家政婦=市○悦子」と言う、変な方程式が吾輩の中にあり、それから頭が離れないのだ。
 多分一番身近でない人達だろう。一応秋葉原駅前でメイド喫茶等メイドさん達を見てますが、それでもやっぱしピンとこない…
 一応可愛いものに目が無いのですが、コレだけはどうも…メイド好きには悪いけど、ピンとこないものはこないのじゃ。
 「鉄道擬人化娘」
 最近結構見るようになったな。「同じ車両なのに、どうしてこうも変わるの」とおもうのもあれば、「やっぱこれないとらしくないな」などともおもう。一番現実から離れているジャンルですな。
 で、ふとおもったのだが、車両を女性に見立てると、車両検修をしてる人ってエロ助か?まあこの手のは深く考えてはいけないのであろうが、どうも気になるなぁ。
 「鉄道むすめ」
 ようは「鉄道に勤める女性」もしくは「鉄道に関連する業務に勤める女性」をモデルにしてるのだから、一番現実に近いわけだ。吾輩これを第1弾から買ってます。吾輩の好みにピンと来た訳で、多分しばらくは買い続けそう…
 番外編「看護士」
 かつて3週間ほど肺炎で入院してましたが、漫画で出てくるほど美人なぞおらん。それ以上に野郎率が高かった…1週間のうち、3回位は野郎だった…
 一度でいいから美人の看護士見たいのー。入院した病院にはいなかったけど。
 このネタ次回ないな。
posted by 島々な人 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

第112回 祭りの後で リバース

 先日「祭りの後で」でも載せたのだが、未だきれいになっていない吾輩の部屋。本日大整理大会を挙行しました。
 まあ本当の理由は、現在製作中の東武8000系のパーツが行方知らずだったので、それの捜索と出てる荷物の収容を兼ねたのよ。
 車両ケースに入っている車両群を、メーカー別に収容していく。よく見ると、Tomixが一番多く、次いでマイクロエースで、KATOが3番手だった。なおグリーンマックスは、収容がケースに入っていたり、元の箱に入っていたりと、バラバラな為把握不可能。そろそろケースでも買ってきて収容しないとかな?
 案外KATOのセット買ってないなー。バラでは一番買ってるんですけどね。Tomixの増結セットと基本セットをまとめたものが少々あるのだが、全部ではないので、余計な箱が少々あるのも事実。とりあえずこの作業は余裕のある時にやろうと思案中。
 大体収容が終わると、次は荷物の整理をする。今までいろいろ買ってきたものだから、何処に何が入っているかを忘れかけるよ。大雑把に仕分けしておくが、それにしても多いなー。買った本人がおもっているんだから、家族から見れば吾輩の部屋は倉庫なんですな、コレが。
 実作業の開始が午後の1時(午前中は買物に行っていた)だったので、一部を残して10時頃作業が終了した。未だ手付かずの荷物があるので、続きは来週の予定。
 とりあえずパーツが見つかったので、引き続き模型の修繕と作製に時間を費やす予定。
posted by 島々な人 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

第111回 祭りの後で

 やっと全てのイベントをこなしたはいいが、その後片付けが終わっていない。路面モジュールだけなら無問題だが、車両だけはどうにもならない。
 何分収容スペースに収容するだけで時間がかかる。一応メーカー別に仕分けしてあるので、仕分けして入れればいいが、中には修理しないといけない物がある。
 まずはTomixの400系。モーターから異音しており、集電も不良気味。これは一旦ばらして、各部給油と清掃をして再度組み立てる。大体治まるが、集電がまだ微妙に悪い。車輪の交換を検討しないとか…
 次もTomixの新幹線E1系Max。これは新塗装と、旧塗装が配属してあり、両方とも異音だけなので分解し、給油する。新塗装は分解してみると、油がない所があった。ちなみに給油はタミヤのグリスを使用してみた。
 問題はマイクロエースの東武5070系。これは推進シャフトの継ぎ手が、どっかへすっ飛んで動かない。これはもうメーカー入場でないと無理っぽい。他のメーカーだと、修理用のパーツがそれなりに出ているが、このメーカーは出てないのだ。比較的簡単な修理項目なんですが、パーツが無ければどうにもならない…
 大体修理が出来たら、後は収容すればいいのだが、今現在吾輩の部屋は、倉庫と言っても過言ではない状況に…収容箇所に入れるのも1日仕事確定なので、休日にやる事にする。
 他にもパーツの付けてない車両があり、一応MODEMOの小田急RSEだけは整備が済んだが、マイコロエースのJR東海371系は手を出していない。TNカプラーのパーツが無いから。他にもいろいろいじってない車両があり、それらの整備もしないといけない。
 しばらくは模型の修繕と作製に時間を費やす予定です。
posted by 島々な人 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

第110回 第8回地本文化祭 その3

 本日は前回からの続き。

 前日(4日)発生した修理品は、とりあえず別のパーツ流用と、車輪研磨で修理完了した。車輪研磨は大抵コンパウンド研磨程度で済むのだが、今回だけはどうにもならず、やむを得ず1500番の紙やすり研磨を施工した。
 5日(日)は前日と同じ時間に起きたものの、開場時間が前日より30分遅い8時半なので、職場によってから会場へ向かった。会場に着くと、朝礼の真っ最中。タイミング悪いな…朝礼が終わると、すぐに入場する。前日デジカメを忘れたので、本日の撮影となった。
レイアウト全景 駅・ヤード部
 撮影後、修理品の試運転をする。昨日までのガタガタ走行が無く、経過は良好である。次に線路清掃兼試運転列車を走行させる。職場からペンチと針金を持ってきたので、線路清掃車に取り付ける金具を製作する。清掃車の金具が無かったので、前日全く清掃をやってなかった。やってみたら、2週で凄い汚れがついた。各々4週回らせると、汚れが取れたので、ここで試運転終了。前日と違い、準備に時間をかけないで済むので、試運転が終わると一休み、缶コーヒーを飲む。
 10時に2日目が開場、お客さんが次から次へとやってくる。最初は客車列車とお座敷列車を運転してたのだが、偉い人がやって来て、「貨物列車はどうした?動かさんのか?」と言い出す。仕方なく貨物列車を走らせた。前日とは反対周りにしたのだが、機関車と貨車の連結器の相性が悪いのか、すぐ列車分離する。仕方ないので、別の機関車と交代させると治まった。
 この日は同僚壱号と弐号がやってきた。差し入れにじゃがバタを持ってきた。食いながら看視していると、目の前で偉い人が機関車に触り、脱線させてた。今年は大人が原因の脱線が多い事…
 しばらく経つと、先輩が差し入れを持ってきた。またじゃがバタである。先輩の面前もあり、黙々と食す。
 本日の昼食も引換券なので、仕方なく食事に出てる間は運休にする。たこ焼き屋があったので、並んでいたら時間がかかる事。よく見ると作るのが遅いのだ。
 午後は何事も無く運行ができ、15時に文化祭の全日程が終了した。本当はここから撤収なのだが、時間がかかるので、15時になる前から走行してない車両や、本線に関係の無いヤードをばらし始める。閉場してしばらくしてから、別の場所に置いてあった自動車を、会場横の駐車場に移動させた。収容できた物から次々と自動車に載せていく。それと同時に線路の解体を進める。人手が足りないので、机の解体を会場スタッフに押し付け、線路の解体を急ぐ。15時45分頃全作業終了した。多分今までで一番早く作業出来たかも。
 本日も打ち上げに参加するが、会場が前日と同じ「ステーキのどん」だった。まあ前日から参加してるのって、吾輩だけだしな…2日連続でステーキを食す。その後一旦家に帰り、駅前の温泉に行って入浴後、ビールを1杯。嗚呼上手いのう…

 これで全イベントが終わった。来年はどうなるのやら…
posted by 島々な人 at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 組合文化祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

第109回 第8回地本文化祭 その2

 本日も前回からの続きアルヨ。
 4日(土)は朝8時頃会場が開くので、その前の7時頃起床。走行させるNゲージ車両を愛車のムーブに乗せ、7時半頃家を出たが、道が比較的空いていたので、7時45分頃会場近くのコンビニに到着。コンビニで少々時間を潰し、8時一寸過ぎに会場入りする。
 会場に着くと、車から車両を降ろし、車を別の場所にあるスタッフ用の駐車場に回送する。前日やり残した電気配線工事と、ヤード部分の組み立てをする。延長コードを借用し、パワーパック(電源)に電気を通す。ポイントの動作状態を確認するが、ポイントスイッチが1つお釈迦になっていた。仕方なく予備品と変えるが、今度はポイント自体がおかしい動きをしだす。曲線から直線には変換するが、直線から曲線に変換しない。しかもスイッチ操作が逆になっていた。ヤード用だったので、なるべく制御スペースに近い方に設営し、手動で操作する。
 ポイント関係の電気配線が終わり、走行用の電気配線を確認する為に、車両をレールに乗せて走行させようとしたら、おもいっきりショートしてた。レイアウトの長さの都合上、電源コードをY字分岐にして、電圧降下を防いでいるのだが、どうやら互い違いにコードを差していたようだ。レールに差すフィーダー(電源をつなぐ部品)を前後逆に差し替えて解消。でもパワーパックの走行方向矢印と、実際の走行方向とが逆になっていたのは、内緒だ。
 どうにか走行可能なレベルになり、一息つける。開場1時間前位だったので、缶コーヒーを飲む。開場30分前ごろから車両を並べ始め、開場10分前から走行開始する。
 開場後はお客さんが次から次へとやってくる。一応進入禁止地区の片側の境目に、黄色と黒のテープを貼っておいた。もう片方は出入り口にする。しかし、中にはテープを貼ってある方から進入してくるお子様がいた。
 運転中後輩やら先輩が多数訪問するが、その大半が邪魔をする人達で、空のケースでトンネルを作り出すわ、電源のボリュームをいじりだすわで、下手なお子様よりたちが悪いです。
 昼食は引換券が発行されており、外の出店で食べたい物と引換えて食うのだが、吾輩1人でやってるので、仕方なく食事に出てる間は運休にする。幸い隣のHOゲージは運転してるので、運休してもあまり影響が無いのだ。
 食後に運転再開。しばらく動かしていたが、どうしてもトイレに行きたくなった。しかし、お客さんが途切れない。で、タイミング良く後輩が来たので、看視を押し付けてトイレにGO!帰ってくると先輩が来ており、電源のボリュームをいじくっていた。
 今年は脱線が少なかった。コンテナ列車が何度か脱線したので、原因を調べたら、汚れが車輪にビッシリ。車輪がボコボコになっていたのだ。清掃をして一件落着…と、おもったら、今度は列車分離が発生した。連結器の相性が悪いようなので、車両を前後逆にしてみた。大体治まったのだが、それでも坂の途中で止まると、どうしても脱線する。まあこれは坂の中で止めなきゃいい話で、その後は安定した。
 15時頃閉場する。電源を切って周りを少々整理し、3時半頃会場を後にする。一旦家に帰り修理品を置いて、修理品のパーツを買いに行ったのだが、パーツの在庫がなかった。また家に帰った後、打ち上げ会場へ向かう。場所は「ステーキのどん」で、何故か17時開始とメチャ早い。注文は一律で、カットステーキ250gが出た。吾輩が食い終わると、別の所から肉のおすそ分けが来た。まあ2〜3切れ位かなとおもったんですが、来た皿を見てビックリ。どう見ても一皿分の量はあるんです…前段でサラダしか食べてないので、全部平らげましたけどね。
 その後18時頃解散し、吾輩は修理用のパーツを求め別の模型店へ行った。そこの店も無かったので、本屋によってから家に帰ったのだ。
 本日はコレまで。次回へ続く也。
posted by 島々な人 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 組合文化祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

第108回 第8回地本文化祭 その1

 怒涛のイベント月間シリーズは、ついに最終戦(週)の「第8回地本文化祭」が開催された。やっと終わりですよ、長かった…

 時同じくして茨城県東海村では「東海村文化祭」がある。これに前回の「鉄道模型ショウ」とあわせて、3つのイベントの内どれか出れないのだ。ちなみに昨年は「地本文化祭」と「鉄道模型ショウ」がかぶった。
 他のイベントとの違いがあり、それは吾輩1人で切り盛りしないと駄目な事。他のイベントは必ずスタッフが数人はおり、看視等の作業の交代が可能だが、「地本文化祭」は誰もいないのだ。一応鉄道模型部があり、一応5人の部員がいるが、実際活動しているのは吾輩含めて2名だけ。しかも残りの1名はHOゲージ担当の為、結局吾輩だけになる。一応昨年までは運転士の人達が所属しており、これらを足せば部員が20名近くいるのだが、ここ2〜3年は本当に吾輩だけでやってます…
 前段の準備も忙しいのに、愚弟の願い事なぞを聞き入れてしまい、こんな写真を撮っていた。
90式先輩に踏まれるやわらか戦車 90式先輩呆れる
 3日(文化の日)は13時頃会場となる高崎問屋町センターに集合、設営作業が始まる。最近改修工事をした様で、かつてあったステージが無くなり、机がきれいになっていた。おかげで段差確認作業が格段に減ったのだ。
 一昨年は酷かった…何せ机がボロボロで、何とか段差を減らす作業をしてみたが、それでも駄目で、運転中は脱線祭に…200系リニューアル編成が高架線で脱線した時は、中越地震の後だけに冗談じゃ済まない事に…
 机を並べたら、レールを設営していく。トミックスのバラレールを組み立てていくのだが、よりによって設計図を持ってくるのを忘れる。設計図を書いたのは吾輩なので、仕方なく思い出しつつ作業をする。最初は高架の設置をする。ここは必要最低限の資材しかなく、大体高架の設置が決まれば、大体の配置が決まる。
 しかし、それでも設営は3時間以上はかかる。何せレイアウトがデカイ。駅部分の長さが5600mmで、模型の20m車換算で22両分ある。バックストレートはもっと悲惨、高架線で7m位あるから、橋脚を取り付ける作業だけで時間がかかる。
 何でこんな長さになったのか。電車区時代の部長が、「水上駅に止まる貨物列車が再現できる長さ」と言った為。その長さを決めた本人、ここ数年文化祭に顔を出してない気が…
 大体線路が引き終えたら、次は電気配線工事をする。ポイントもバラレールだったから、確認をしつつ配線をしていく。が、ここで前日設営の作業時間が終了してしまう。おまけに電源用の延長コードが無いので、電気関係の確認は明日にお預けとなった。

 本日はこれまで。次回へ続く。
posted by 島々な人 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 組合文化祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

第107回 第27回日本鉄道模型ショウ その4

 本日も前回からの続きアルヨ。

 29日(日)は組合の都合で、昼頃まで地元にいた。集会が終わり、先輩の自動車に乗せてもらい、高崎駅まで送ってもらった。高崎駅で昼食を買い、新幹線車中で食べる。上野で乗換え、隣の御徒町駅で下車。秋葉原で車両作製に必要な材料を購入する。何故御徒町駅か?答えは「TamTam行くのに、御徒町駅から行っても距離的にたいして変わらないから」である。結局TamTamには無く、GMストアモデルスIMONで購入した。
 秋葉原での買物を終え、慌てて京急蒲田へ向かう。会場前の広場でやっていた5インチの乗り場に、伽枕流君が立っていた。どうやら乗客誘導係をやっていたみたい。上の会場に行ってみると…
DSCN2799.JPG
 何か凄い事に…
 会場内の荷物置場に設置してあった机の上に、何故か「究極超人あ〜る」の単行本が転がっていた。しかも何故か1〜3巻と7〜9巻があるのに、4〜6巻が無かった。
 下の会場へ行ってみる。プラッツのブースで、1/144のT−4ブルーインパルスが売っていたので、3箱購入する。ついでにコンテナも購入した。他も覗いたが、いい物が無いのでこれで打ち止め。
 上の会場に戻り、S1氏所有のモジュールで撮影開始。
トンネルへ 下町を行く
 撮影後、そのままモジュールで走らせる。Y氏「すげー」と言った。
 しばらくすると、「第27回日本鉄道模型ショウ」全日程が終了した。電源を止め、撤収開始。モジュールをばらした後、各自収容する。空いた机から畳んで、1ケ所にまとめていく。その最中、I氏救済大売出し…じゃなかった、鉄道コレクション大放出大会が開かれた。吾輩は3両1k円を2セット購入した。
 しばらくすると、下の会場からの荷物が上がって来たので、これを収容する作業を手伝い、18時半頃開放となった。吾輩とロシヤの脱走兵氏、Y氏とS1氏にKouChan氏でJR蒲田駅へ徒歩で向かう。蒲田駅でKouChan氏と別れ、東京駅へ向かう。談笑しながら東京へ向かい、東京駅で脱走兵氏と別れる。
 東京駅で新幹線に乗り換えるのだが、Y氏が乗る予定の列車には1時間位間があった。ここへ来る前に、「荷物を川崎に置いて行ったほうが良いかな?」と吾輩に尋ねられ、群馬的な発想で「そのまま行った方が良いよ」と答えてしまった。群馬だと「乗り遅れ=ヤバイ」なんですよね。ここは大都会だと言うのを忘れてました。スミマセンねY氏殿。
 その後吾輩が先に新幹線に乗るので、ここでY氏とS1氏と別れ、新幹線に乗り込む。「あさま号」の自由席は、大抵混んでいるのだが、時間的な事もあり、結構空いてました。

 これで第3週目は終わる。来週は最終週(戦)の「2006ユニオンフェスティバル高崎」がある。毎年「東海村文化祭」と被るので、吾輩1人で切り盛りせにゃならないのよね…
posted by 島々な人 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする