2007年09月28日

第205回 模型絡みのネタ多数

 やる気が行ったり来たりな状態で、少々製作に不安を覚えるのですが、とりあえず2両を箱状に組み立てる。後2両箱状にしたら、構造補強時にはみ出した瞬間接着剤を削り、サーフェイサーを吹き付けて、前面オデコの削り出しを行う予定。
 引越し前に載せた、「鉄コレ改造中 その1」の続きもしないといけないのだが、何分製作用の机が小さいガラス机なので、どうしても材料の展開量に差が出てしまう。前の机(学習机)並みの机がなかなか売ってない以上、現行の設備で何とかこなさないとねぇ。
 さて、後数日で10月に突入する。10月中旬から11月下旬まで、イベントと文化祭で休日が消える進行に突入する。が、まだ2つ分の文化祭情報が流れてこない。はたして大丈夫なのか?
 路面モジュールの点灯化工事に使用する、白色LEDが行方知らずに。「あれ高いんだよね、ヤバイよね」と探すが、ここ最近部屋が微妙にカオスになりかかってるので、探すのに一苦労しそう。つーかニッパーとデザインナイフの捜索、今だ継続中だし。
 そんな中、通販サイトの「テックステーション」より、商品が届く。頼んだ品はオリジナルコンテナ貨車2種類と、鉄道むすめ・外川つくし「たいやきバージョン」の計3つ。JAMのオリジナルコンテナ貨車を含めりゃ、もう立派な貨物列車が組成できます。
 今の気分は「車両走らせたい」なのですが、レールを展開するにゃ少々整理しないと…
posted by 島々な人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

第204回 腕が少々落ちてショックだった日

 昨日(22日・土)工作道具紛失で出来なかったので、本日最寄の模型屋にて道具を購入しました。
 1つ目はデザインナイフで、メーカーは田宮模型の物。これで3代目のデザインナイフです。初代もタミヤ製だったが、何でもかんでもデザインナイフで切る(1mmのプラ板も)ものだから、ネジ部の根元より破損、そのまま廃棄処分になりました。2代目はオルファ製で、タミヤ製より安いです。現在行方不明で、鋭意捜索中。見つかるかな?3代目を見ると口金が変わってて、ストッパーが付いてて、回す時口金とネジ部が一体となって回ります。
 2つ目はピンバイスで、これまた田宮模型製。初代もタミヤ製で、常時1.0mmのドリル刃が刺さってました。これもドリル刃もろとも現在行方不明。1.0mmのドリル刃は在庫があったのでいいのだが、本体は無いとチョットねぇ…不便以外の何物でもない。
 3つ目はプラニッパーで、これだけミネシマ製。タミヤ製は高くてねぇ…これで一体何個買ったのやら?本人ですら把握できない位買ってるなぁ…今使用中のやつは、100均で買ったもの。金属もそれなりに切れる(1.1mm位)のですが、刃の部分が妙に厚く、ランナーの状況によっては切り辛かったので、専用の物を買いました。
 とりあえずこれだけ買えば、大抵の作業に支障は出ないので、早速工作開始する。組み立てるのに必要な接着剤を引きずり出し、ペタペタと塗っては貼り、塗っては貼りを繰り返す。途中瞬間接着剤を取り出し、強度補強の為塗ろうとしたところ、蓋が開かないどころか、2重構造の中身が出てきてしまい、そのまま廃棄処分に。新しく下ろしたやつ(コニシ製低粘度プロ用20g)がまぁ、容器が大きいのも相まって、チョット出したつもりがドバッと出てしまう位反応がよく、量の出し過ぎになる事。
 何とか1両を形にしましたが、所要時間が3時間と、少々工作速度が遅い事。腕が戻るまでに少々時間がかかりそうです。
posted by 島々な人 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

第203回 道具行方知らずで作れない阿呆な状況

 昨日(21日・金)の事、RMMが発売されたので買いに行った。今回の特集は「ペーパーモデル最新事情」でした。

 吾輩も何両かペーパーで作成したが、その全てを買うか貰うかで賄っていた。まあPC環境(特にソフトウエアが主)の都合で、設計が一切出来ないのです。建物は結構自作してますが、その全てを手書き切り出しと、計算以外は全て手作業。ある意味漢らしい工作だが、組み立てるのが大変で、窓の切抜きだけで2〜3日はかかる…やっぱアドビ製のイラストレーターを買った方が良いのかな?
 ペーパー製車両で完成したのが、日立電鉄3000形のBトレタイプ。
日立電鉄3000形Bトレ
 信号長Y氏より頂いたキットを、ヒーヒー言いながら作った物。なにせ前面オデコの削り出しに、3両合計1ヶ月以上の時間を投入したのにも関わらず、その出来に納得できない始末。が、Y氏に見せると、「自分のより出来がいい」と言われ、かなり報われたものです。実際に完成と言えないもので、窓ガラスを貼ってないです。材料がなかったので、調達したのですが、調達したら今度は「たまでん物語�」の作りこみに時間がかかり、やっと手が空いたとおもったら、今度は引越しと、後回しし過ぎ(放置プレイとも言う)で現在に至る。
 初期譲渡3両の内、2両が旧日立電鉄色に塗ったのだが、残り1両はまだ塗装してません。なのに4両分のキットを追加譲渡してもらう始末。まあ「構造上3両目がT車にしか出来ないように加工したので、M車分の車両を確保した」というだけの話ですが…3両目は現行日立電鉄色(赤基本の白・グレー帯ってやつ)に塗装する予定。しかし「現行日立電鉄色」って、打ってて凄い違和感が…路線自体が廃止になったせいかなぁ…

 さて、RMMでY氏の記事を見て、「貰ったの作り出さないとなぁ…」とおもって、キットを引っ張り出す。続いて道具を探し出すが、デザインナイフとピンバイスが見つからない。ピンバイスはとりあえずイイとして、デザインナイフがないと困る。何故なら前面オデコ加工の時に、デザインナイフで大雑把に削るからだ。
 つー訳で、明日デザインナイフを買いに行くことが決定した。また出費だよ〜!これでデザインナイフが出てきたら、イベント用工具箱に突っ込んでおこう。
posted by 島々な人 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

第202回 秋刀魚と軽便、オマケに秋葉原 その2

 本日は前回からの続きです。
 ただ「見てるだけ〜」な会場を離れ、再度目黒駅へ。のがわ氏がまだ来てないので、目黒駅前で版権的なお話をする。しばらくするとのがわ氏到着。そして本題の軽便鉄道祭の会場へ向かう。途中メリケン臭漂う建物を見つけ、「友近がいりゃぁなぁ」と吾輩が言うと、「ビバリーヒルズ調なコントね」と帰ってくる。(なだぎ武がでてこないのが吾輩らしい)
 会場に着き、入場料を払って入場すると、もう軽便鉄道な雰囲気がプンプンと。走るちっこい機関車は、もう「はうぅ〜お持ち帰り〜」と言い出しかねない事態に。メーカーブースでいい製品が並べられ、何度か買おうかと算段するが、いくら下ろしたとは言え、慢性的に財政事情が危うい上、後々の事を考えると少々キツイので、断念する。お金があったら買いまくってたかも…違う会場は、所狭しとモジュールが並べられ、そこをゴトゴトと走る機関車、気動車。見てると創作意欲が湧いてくる。資料用としてデジカメでバンバン撮影する。
 が、体は正直だった。さんまお預けの影響で、腹が減って仕方ない。H1氏にひろすけ氏、ロシヤの脱走兵氏も昼飯を食べてないので、会場を出る。目黒駅近くのケンタへ行き、遅い昼飯を食す。食事中から模型の話やら、実物の話で盛り上がる。
 が、体は正直だった。夜勤明けの疲労が襲って来て、何度か落ちかける。ロシヤの脱走兵氏に至っては、2〜3度落ちてました。14時頃入店して、店を出たのは17時過ぎと、まあ長居し過ぎですな。
 「さてどうする?」等と相談の結果、神保町へ向かうことにした。目黒駅でメトロ南北線に乗り、白金高輪駅で都営三田線に乗換えて、神保町に向かう。神保町駅に着くと、既に日が暮れていた。「書泉グランデ」にていろいろな書物を読み漁る。そのまま「蛍の光」が流れるまでいた。
 店を出た後、歩いて秋葉原へ向かう。聖橋を渡り湯島聖堂横を通って行く。秋葉原の雰囲気が出てきた辺りで、警察バス2台と遭遇する。
 「ポポンデッタ」に着くと、Bトレインショーティーの「EF63」を発見し、そのままお買上となった。その後「タムタム」にも行って、マイクロエースの「キハ07」を見て、皆で苦悩大会の様相に…そして「やっぱ2両がいい」と意見の一致をみる。
 「タムタム」を出た後、ひろすけ氏が離脱し、残りの4名(吾輩含む)でケバブ屋に入る。が、メニューの大半が品切れを起こし、残ってたのがケバブのみ。仕方なくケバブを注文するが、他のものを食ってみたかったので、実に惜しい。リベンジ確定である。食後家電屋にて携帯見本をいじった後、秋葉原駅でH1氏が離脱、その後上野駅にてのがわ氏とロシヤの脱走兵氏と別れる。新幹線に乗って地元へ帰還しました。
posted by 島々な人 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

第201回 秋刀魚と軽便、オマケに秋葉原 その1

 この前の日曜日(16日)の事、目黒にてイベントが2つあった。その情報が土曜日(15日)に、H1氏よりmixi経由で入ってきた。それを職場の休養室のベットの上(休憩時間で寝れる時間)にて閲覧し、悶絶する吾輩。2〜3分考えた末、参加する旨のコメントをmixiに入力し、そのまま寝たのだ。そのイベントとは、「第12回目黒のさんま祭」と「第3回軽便鉄道祭」で、今回はその顛末を…
 翌朝勤務終了後、愚弟にバックを持って来てもらい、急いで特急「あかぎ」に乗り込む。赤羽で埼京線に乗換え、池袋で途中下車する。ここで心許ない現金の補給する為、丸の内線改札近くの郵便貯金ATMに駆け込む。現金の補給後、山手線で目黒まで行く。
 11時15分前位に目黒に到着するが、誰も来てない…また一番乗りだった。その後ロシヤの脱走兵氏らしき人を一瞬見るが、夜勤明けで少々ヘタレてる脳味噌では確証が持てなかった。その後言い出しっぺのH1氏が到着し、H1氏が「他の人来てる?」と訊ねてきたので、「ロシヤの脱走兵氏らしき人をチラッと見たけど…」と曖昧な回答をすると、「あの人見間違える訳がない」と言われる。そりゃそうだったなぁ、あの人常に社会主義的軍服or社会主義的鉄道制服だもの。つーか軍服以外の服装を見た事がない。案の定、次に来たのがロシヤの脱走兵氏だった。
 その後広見氏(mixi的に)改めひろすけ氏が来て、計4人。H1氏曰く、「後のがわさんが来るんだけど、1時間程遅れる」と言うので、4人で目黒さんま祭の会場へ向かう。途中にある学校にて、校内にある丸の内線車両を覗き込んだりしながら会場へ。
 会場に着くと、非常に長い列ができていた。途中係員に最後尾の位置を聞くと、橋と橋の間を1週するとの事。待ち時間は3時間以上で、用意された秋刀魚の量(4500と言っていたが、後の調査で5000)から推測すると、ありつけない可能性が大なので、全員で協議の上、行列に並ぶのを断念する。
 焼いてる所位見ようと会場へ向かう。会場近くから異常な量の煙と、そこから漂う秋刀魚と大根おろしと醤油の匂い。
煙が凄い 焼かれる大量の秋刀魚
 見ててH1氏と一言。「猫の大群を放ちたい」変なテロ行為(もしくはサ○エさん的な行為)をしようとしてる自分がいる…会場には地方からの出店もあり、鹿児島から来た出店に西郷さんの像が飾ってあったので、吾輩がその横に並ぶ。H1氏とひろすけ氏が面白がって撮影する。毎度お馴染みのアホ写真撮影会に。
 今回はこれまで。次回へ続く。(なんか久しぶりだなぁ…)
posted by 島々な人 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

祝200回特別記念・吾輩新幹線200系を語る

 おかげさまでこのブログもやっと200回に到達しました。まあ途中で修羅場に2度(たまでん物語�と引越し)突入し、穴を開けまくったせいで、当初予定より随分と遅くなりましたが…
 さて、今回は200回記念と言う事で、「吾輩×××系を語る」シリーズ特別編として、新幹線200系について吾輩視点で語ろう。
 初めて新幹線に乗ったのは、小学の頃だった。たしか未だ「日本国有鉄道」時代だったのは憶えてる。当時愚弟が新幹線に乗り、東京ディズニーランドへ行ったのに、吾輩だけは行ってないので、親戚のおじさんに連れられて行った覚えがある。乗った時間のせい(確か夜中)か、あまり記憶がないのだ。
 その後修学旅行で何度か乗ったが、その頃もまだまだ200系の天下だった。吾輩が入社した頃、E1系があるものの、大半の列車が200系(あと山形新幹線用の400系が連結)だったのだが、入社した年に長野新幹線が開業し、E2系が登場してきた。
 入社した頃、新潟新幹線第一運転所(現・新潟新幹線車両センター)へ見学に行った。ピット下から見た200系は、妙に図太く見えた。
 入社後研修センター(当時は大宮にあった)に行くときや、社員旅行等での利用が多かった。個人的の利用は極稀であった。その後T−TrakNetworkに参加してから、急に個人的な新幹線の利用が増えた。その頃から200系は急激に数を減らしていった。E2系やE4系の増備が進み、車両更新工事をしてない車両から廃車になっていった。
 200系の営業列車がほぼリニューアル車になった平成16年10月23日の事、組合行事が終わり、足利駅から地元へ帰ろうと、ホームに進入してきた列車を待っていた時、「山前駅付近で人身事故が発生しました」とアナウンスが流て、「こりゃ遅れるな」とおもった瞬間だった。急に大きな揺れを感じた。そう、あの新潟県中越地震が発生したのだ。家に電話すると、「新潟の方で地震があった」と聞く。人身事故と地震の影響で、所定より遅れて職場に着き、TVをつけたら、200系が横にコケていた。その映像は未だに忘れられない位衝撃的だった。なぜなら、その翌日には佐渡島へ旅行に行く為、使用する予定だったからだ。
 その後、あの時の車両状況を写した写真を見たが、それはそれは見るに耐えない写真ばかりだった。車体の傷が生々しかったし、車輪のフランジはものの見事に無くなってた。
 今年新幹線開業25周年を迎えた。開業当時の200系がまだ現役なのは、その頑丈なボディーのおかげで、リニューアルした為だろう。でも昔の塗装をした編成が1編成しかないのが残念である。後どれ位走っていられるのか判らないけど、引退するまで無事に走って頂きたいものだ。
posted by 島々な人 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

第199回 製作ライン復旧

 前回やっと製作ラインの復旧までこぎつけ、本日より操業を再開する。リハビリ的に「Bトレインショーティー」の組み立てに専念する。
 ところがだ、工作道具の大半が行方知らずに。あったのが普通のカッターにヤスリの山、それにプラ用鋏しか出てこない。「デザインナイフは?ニッパーは?」と探すも、出てこない…あーこりゃ何処かに紛れ込んでしまったな。参った、一番最寄の100均はおろか、遅くまでやってる100均すら閉まってるぞ。(この時9時10分前で、遅くまでやってる店まで片道20分)仕方ないので、普通のカッターと、プラ用鋏で何とかする。ヤスリは使わなくても何とかなる。
 組み立てた車両を入れる箱を引きずり出し、スペースの空いてる箱を探すが、色々ごちゃ混ぜになっており、何故かそれの整理をし始める。ついでに箱の引っかかる部分を削る作業まで始めてしまう。やっと終わると、気が抜けて横になってしまう。集中力が完全に衰えてる。ヤバイ。
 模型をいじってる時は、大抵BGMを流してるのだが、曲が良くないとして、最近買ったケツメイシの「トレイン」を流し始める。ノリのイイ曲なので、いきなりやる気が復活、妙に単純な吾輩。
 でまあ、10時頃に風呂に入ったのだが、その前に5両のBトレインが完成した…と、言いたいのだが、Nゲージ用の台車を組み込んでないので、半完成と言った方が正しい。台車の在庫量や、自作台車作成等の絡みがあるので、仕方がない。自作台車の製作は時間がかかるので、本格稼動時に合間見てやる予定だ。
 本格稼動前に少々準備が必要で、床がフローリングなので、塗料及び接着剤落下対策として、パネルカーペットの購入をしないとなぁ。
posted by 島々な人 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 鉄道模型制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

第198回 大雑把に引越し作業終了

 本日は休日なので、気合を入れて荷物の整理をする。阿呆な位山積みだった段ボールの山は、連日の作業の結果、見る見る減っていき、残りわずかとなったが、それでも段ボール2ケタ位は残ってる…今まで処理した段ボールは、遂に91箱と、3桁までのマジックナンバーは、後9箱となった。実際道具入れ代用等でカウントしてないモノや、「Bトレインショーティー」の箱(24個入り)が7箱もあるので、実際運んだ量は3桁と、「一体なんでこんなにあるんだ?」と、自問自答。やはり趣味の荷物って凄いわ…
 やっと模型をいじっても「片付けれー!」と言われなさそうな位、荷物が減ったので、スペースを確保した上で、明日辺りから模型製作を再開できそう。もっともいの1番にやらなきゃならねーのが、Bトレインの組み立てです。つーか、BトレインだけでA4ラック1つ潰してるもの。組み立てりゃ、相当圧縮が可能なんですな。それが終われば、路面モジュールの改修工事と、鉄道コレクション改造工事をやらなきゃなぁ。やる事は阿呆な程あるので、休んでるヒマが無いなぁ…それ以前に、かつての作業机(小学から使用していた学習机)が、老朽化&大穴が開いてたので、廃棄処分してあるんだなぁ。おニューな作業机を買おうかとおもったのだが、なかなか良い物が見つからず、暫くはガラス机での作業になりそうです。
 それと並行して、ヤフオク出品をやる。つーか既にやってます。引越しの都合で、オークションに流す予定の品まで持って来たので、その予定品の処分と、引越し後に買ってダブったフィギュアと一緒に、オークション出品を再開する。さて、いくらで売れるやら。あまり期待してないです。
posted by 島々な人 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

第197回 ラックと酒とタクシーと

 本日は休日だったので、カラーボックスを買いに「カインズホーム」へ行く。正式にはカラーボックスでなく、A4ラックなんですがね。カラーボックスだと、鉄道模型のブックケースがサイズ的に収まらないので、A4ラックなのです。逆に同人誌だと、A4ラックだと縦方向に余りすぎるので、カラーボックスの方が良いのだ。
 でだ、A4ラックを買って家に戻ると、父親より「またそんな物買ってきて」等と言われるが、コレがないと逆に収まりきれない位、荷物があるのだ。A4ラックを組み立てた後、双輪キャスターを取り付けて可動式にする。これをつけると、クローゼットへの出し入れが楽になる。最近ラックをほぼ毎週の如く作ってるので、結構早く製作できるようになってしまった…
 本日18時頃より宴会の為、バスで前橋市内へ向かう。バスの本数が少ないので、乗り遅れが無い様、早めに家を出たが、最寄のバス停に10分以上早く着いてしまった。そして暇つぶしと運動の為、隣のバス停まで歩いて行く。それでも到着時刻より10分以上早かった…その後バスは2〜3分遅れで到着した…早く出た意味は無いなぁ…
 バスの中は途中まで吾輩と、同じ停留所から乗った人しかおらず、バスのサイズ(中型・中尺車)からすりゃ輸送力過剰な感じ。もっとも自転車搭載可能なので、それを考えりゃ妥当なサイズなんですなぁ。途中から何人か乗ってきたが、2人ほど途中で降りたので、終点まで乗ったのは10人位かな?前橋駅前まで420円と、東京都内の均一料金が羨ましくなる値段であった。まあ仕方ないか。
 宴会後タクシーで帰宅する。この時間になると、バスはもうなくて、家の人かタクシーかの二者択一である。で、今回はタクシーを使って、一体いくらかかるか試してみた。でだ、結果は約2600円位と、予想より少々安かった。まあ予想基準が高崎→前橋(約13km)だったので、それよりは安くなる(約10km)のは当たり前なんだろうな。
 この結果、東京から最終の新前橋行き(上野発最終の4本前)に乗れなきゃ、大人しく何処かのカプセルホテル等に宿泊した方が、断然安く済む事になる。こりゃ次回の運転会から宿を取った方が良さそうだなぁ。

*追記
 新前橋行き最終って、上野発最終の4本前だった…訂正しときました。
posted by 島々な人 at 23:20| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

第196回 猫なお話

 先日ヒマを見て「mixi」の写真を変えました。下のがその写真。
寝てる猫
 「誰か反応するかな?」等とおもってたら、T−TrakNetworkのしまみんさんが「萌え死にしそう」と、おもった通りを通り越してしまい、相当な過剰反応が発生しました。で、本日は猫にまつわるお話を…
 さて、この写真は随分前に撮影したもので、某温泉施設隣接している、野菜直売店のベンチで撮影したもの。あまりの可愛らしさに、おもわず携帯のカメラで撮影したのだ。
 最近職場付近にて、野良猫らしき猫(首付近をよく見てないから断言できん)がよく出没している。どうやら隣のタクシー会社の人達が餌をやっている。たまに職場にも来て、先輩が餌を与えてみたが、食わなかった。どうやらタクシー屋の餌がイイらしいようだ。
 吾輩がたまに行く店に「カスタムモデル」というのがありますが、その店には猫(写真の猫と似てる)がいて、吾輩が行くと何故か近寄り、品定めやら探し物の邪魔をします。吾輩も応戦して撫でまくりますが、全然退いてくれません。常連さん(ラジコンの方が多い)らしき人が来ると去りますが、それ以外は結構ついて回ります。
 吾輩の愚弟は猫が好き。吾輩の母親は猫が嫌い(夜中の目が特に嫌いらしい)と、ある意味よくありがちなパターンである。引越し前から「猫飼いたい」「嫌じゃ」の喧嘩をしてるのだが、何故かその現場は外食先である。そんな喧嘩、家でやれよ…ちなみに父親は嫌いではないらしい。ちなみに引越し先の近所には、猫を飼っている家がある。大丈夫か?母親。
 ちなみに、引越し前までは「金魚を飼おうかな」とおもってまして、家の中を見回すが、水槽の置き場がない。「池を作って金魚飼おうかな?」とおもっていたが、近所に猫がいる事が判明し、即刻断念した。食われる危険性があるから、仕方ない。
 吾輩の好みの猫は、写真みたいな柄の猫です。ある意味オーソドックスです。
posted by 島々な人 at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする