2007年11月29日

第231回 岩手・鉄道フェスタ2007 その4

 前回からの続きでがんす。

 3次会まで行ったので、寝たのが1時過ぎ。起床は6時半であった。前日電池切れで止まってた携帯が、突如動いた為で、よりによって夜勤日の起床時間にセットしたままだった。携帯を止めて再度寝るも、今度は猛烈な便意を催し、結局6時50分位に完全に目が覚める。トイレ後に入浴するが、やはり風呂場が狭い。入浴後着替えて朝食へ。このホテルはバイキング方式で、やはりパンを取る。ハンバーグがあったので、パンに挟んで食す。丁度Y氏が来たので「朝からメタボ食〜」と言ったら笑った。
 朝食後帰り支度をしてたら、ネタ帖がないので、慌てて昨日行った部屋に行くと、やはり忘れていた。その後ロビーに向かう。地元新聞の朝刊を見ると、路面モジュールが記事になっていた。昨日の夕刊がO1氏と岩鉄新会員のM氏だったから、ある意味岩鉄会員がほぼ載ってなかったというオチに。ほぼ全員が揃うも、王様とO1氏がこない。しばらく経って王様が来るも、O1氏がやはり来ない。慌てて「スハの会」関係者が携帯に電話を入れたら、完全に寝坊してたそうな。全員揃ったので、会場に移動開始した。
 会場につくと、裏口が閉まったままだった。しばらく外で待たされる。会場に入り早速レール磨きするが、綿棒が少なかったので、慌ててCOOPアテルイに向かう。綿棒を買うついでに、南部煎餅とお酒を買っておく。買い物後会場に戻り、荷物を箱に詰める。その後自販機に向かうと、本日はいやに年寄りが多かった。演歌歌手のコンサートがあったようだ。
 開場時間になり、人が入ってくる。11時頃にはスゴイ混雑になる。
大賑いな会場内
 無論これに比例してお触りするお子様が出てき始め、脱線も増えてきた。さらに夜間運転(照明を落としてやる)をする為、慌てて車両交換もしていた。
 早めの昼飯を食す。出てきたのはハンバーグ弁当。朝ハンバーグ食ったベーじゃん!結局残さず食す。やはり足らないので、エントランスの売店でパンを買い、それを食って腹を満たす。
 食後合間を見てデジカメでビデオ撮影する。その間にも怪しい自走コンテナに「これ何?」と聞いてくるお子様が多数あり。無論真面目に答えず、「小人さんが動かしてるんだよ」とか、「自衛隊員がハリボテ着て走ってる」とか言ってみる。
 とりあえず撮ったビデオを「YouTube」にUPしてみました。クリックすると行けますよ。
 時間も閉場まで後1〜2時間という時に、突如「さんてつくん」が暴走し始め、音楽に合わせて踊りだす。「ビデオに撮ってくれ」と言わんばかりに。無論この様な面白映像を放って置く訳も無く、ばっちり撮影しました。聞いた話だと、吉田電車氏がそれを見て、凄い顔をしてたそうな。
 15時に最後の夜間運転をして閉幕した。その後一斉に片付け始める。荷物を箱に詰めていくと、結構早い時間にカーゴに載せきる。が、上手くいく時に限って、入れ忘れが多発するのがお約束。結局2〜3度梱包を解く始末に。
 その後他の作業をお手伝い。その間に買ってきたお酒を写真のように冷やしておく。
雪に埋まる酒(ビニール袋)
 その後作業がほぼ終了した為、18時51分発の「やまびこ66号」に乗るべく会場を後にする。水沢江刺駅で天ぷら付山菜蕎麦を食い、お土産とおつまみを買ってホームへ。車両に乗り込み、お酒を飲み始める。くりこま高原駅辺りでY氏が車内限定の「チョロQ200系新幹線」を買ったのだが、デザインのギャップがあまりにもあったせいで、狂ったように笑い出す吾輩。酒を飲んでいたせいもあるが、その破壊力に完全にツボにはまってしまい、完全に笑い狂ってた。結局1〜2駅間ずっと笑ってた。その後「あさま」の車内で買ってしまったのは言うまでも無い。
 仙台にて2名降り、大宮にて残りの5名と別れ、吾輩1人で高崎まで向かう。高崎で降り、乗換えの為在来線ホームに行くと、列車が遅れてた。まあ新幹線車内で「高崎線人身事故発生」の報を知っていたが、その遅れ1時間以上。22時なのに何故21時発の列車に乗らにゃならんのよ?最後に大きなトバッチリを受ける羽目になった。

 これで岩手行きのお話が終わる。さて、しばらくはネタに困るかも。(半分嘘じゃ)
posted by 島々な人 at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

第230回 岩手・鉄道フェスタ2007 その3

 さあ今回も続きザマスよ。

 会場に戻り、早速修理開始。併用軌道の部分が剥がれかけてたので、ゴム系接着剤で接着する。「サラッとした使いやすい接着剤」と書いてあるように、ゴム系としては滅茶苦茶流れやすく、その威力は残っていた接着剤のカスを解かした位だ。
 修繕後、一息つけに缶コーヒーを買いに行く。「ジョージア」の「エメラルドマウンテンブレンド」を買ったのだが、そのサイズが…
ロングエメラルドマウンテン
 ロング缶じゃん!味は変わらないのだが、凄く微妙な気分になる。
 昼前に三陸鉄道のマスコット、「さんてつくん」が登場し、おもわず1枚押さえる。
さんてつくん入場
 周りの人たちが皆「バ○ちゃん」と言ったのは内緒だ。(バレバレやん!)
 12時を過ぎたので、裏手に回ってお食事タイム。木曜の晩飯以来食ってないお米を食す。その横で外人さんが1名いて、岩鉄関係者とおしゃべりしてた。全て完食したが、少々足らないので、たまたま持参したお菓子を食ってごまかす。
 この間何度か会場外の自販機に行くが、そのたびに農協系記念行事関係の売り場で売られてる品が、だんだんと種類が増えていった。終いには股引まで売ってたよ。
 途中小エンドレスで走行してた、都電旧7000形が急に調子が悪くなり、たまたま相原氏がその場で仕込んだコンテナを走行させる。
自走コンテナ
 極普通のコンテナに、「PRO−HOBBY」製の「キャラメルN動車」の台枠を、極限まで削ったやつを組み込んだ代物。当初路面モジュール等で走行させたが、チョットした段差ですぐ脱線し、たまたま小エンドレス近くに置いてあったので、試しに走行させたら、安定した走行を見せたので、しばらくの間走らせてた。
 信号長Y氏より、車両の調子が悪いと言われたので、「宝島模型」さんのレイアウトで「闘魂注入」する。何てことは無い、ただフルスロットルで走行させるだけ。走らせた後、Y氏に渡すと、「車輪が汚れてるんだけど」と言われる。レールを見たら、光沢が全く無い位汚れてた。早速レールクリーナーで磨いていくと、あっという間にドス黒い汚れで磨き棒が汚れる。その様子を見たO1氏より「このレールはTOMIX初期型のステンレス製だから、砂消しゴムでやった方がいいよ」と言われ、その後は砂消しで磨いてく。あまりのレール光沢の落差に、磨いてて「楽しい」とおもう位だった。無論使用した砂消しがドス黒く汚れたのは言うまでも無い。
 17時過ぎに閉場。帰り支度をして、吉田電車氏の自動車でホテルに戻り、駅前の居酒屋へ行って宴会を始める。そしたら昼頃見た外人さんがいた。話を聞くとM氏と言い、岩鉄新会員だそうな。その後遅れて王様と呼ばれる人が登場し、変に盛り上がる。しばらく経ってから、参加者の自己紹介があり、吾輩の番になり、とりあえず笑わす。さらに怪しい顔芸をして笑いを取り、挙句に写真を撮られる。
 2時間位経った頃中締め。2次会会場のカラオケバーに行く。早速吉田電車氏により、「103系の歌」が熱唱された。さらに岩鉄新会員M氏が「イエローサブマリン」を歌ったのだが、「イエローサブマリン」と歌う所を「ドクターイエロー」と歌いだす。O1氏悶絶しながら笑っており、M氏が帰宅後「頭の中で回ってる〜」と、まだ悶絶してた。
 2次会も2時間位やり、その後岩鉄会長と王様に蕨勤務の岩鉄会員、Y氏とO1氏に吾輩がラーメン屋で3次会突入。王様とO1氏が模型について熱く語る。それを横でラーメンをすすりながら聞く吾輩とY氏。王様の強烈な秋田訛りに、少々言葉の判別に苦労する。
 3次会が終わった頃、既に日を跨いでいた。ホテルに戻り、岩鉄会員の部屋で「鉄道コレクション」等を物色、結局1両買っただけで終わる。その後就寝した。

 本日はこれまで。次回に続くですよ。
posted by 島々な人 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

第229回 岩手・鉄道フェスタ2007 その2

 本日も前回の続きじゃ。

 9時頃設営が終わり、自動車に分乗(吉田電車氏の自動車)し、宿泊先の「みずさわ北ホテル」に向かう。チェックイン後部屋に荷物を置き、宿泊組12名(吾輩含む)で晩飯兼宴会。会場はホテルの地下にある居酒屋。ネタがネタをよび、長々と飲んでいて、気付いたら既に12時近く。宴会が終わり、ホテルに戻るが、エレベーターの定員が3名(200kg)と小さく、しかも他のエレベーターは乗り口が閉まっていた。エスカレーターもあったのだが、これまた閉まっているので、しばらく待つ事に。一緒に乗ったO1氏に「伽枕流君(自重3ケタらしい)と一緒に乗れないね」と言ったら、「うん絶対無理」と言われる。結局寝たのが12時過ぎだった。
 翌朝7時起床…の筈だが、時計が微妙にずれてて、TVで確認すると、3分位進んでいた。起床するなりお風呂に入る。ユニットバスなので、体を洗うのに一苦労。お湯を湯船に張るも、オーバーフロー防止口のせいで全身お湯につかれず。何とか入浴後、着替えてから朝食へ。その際パンを食ったのだが、考えなおせば前日の朝からご飯を食ってない事(朝うどん・昼マック・夜は酒)を思い出す。
 朝食後身支度をしてロビーに行く。途中外の様子を撮影した。
去年のデジャブ?
 ロビーに一旦集まってから移動開始しようとしたのだが、路モジ隊の移動手段がその時なく(吉田電車氏は自宅へ戻った)、宿泊組で協議の結果、吉田電車氏に来て貰う事にする。その為相原氏とY氏、それに吾輩が居残る。吉田電車氏が来るまでの間、Y氏は昨日仕入れた「鉄道コレクション第5弾」の長野電鉄2000系に動力を入れた。吾輩はスポーツ紙を読んでて、相原氏は携帯をいじってた。動力組み込み後、Y氏が「Bトレインショーティー」のシールを使い、ヘッドマークと行先字幕を貼り付けていた。
 9時半頃吉田電車氏到着。自動車に乗り込んで会場へ。会場到着後軽く点検し、模型の運行を開始する。開場前に何枚か撮影する。
07岩鉄・会場内 宝島模型の作品
 開場後、修理用のゴム系接着剤を買いに、近くのCOOPアテルイに向かう。戻る時隣の大ホール(運転会場は隣の中ホール)を覗くと、全員スーツネクタイ姿。農協系の記念行事だったようで、エントランスに農産物が大量に置いてあった。

 今回はこれまで。次回に続くアルよ。
posted by 島々な人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

第228回 岩手・鉄道フェスタ2007 その1

 今年最後の公開イベントである、岩手鉄道模型仲間の会主催の「鉄道フェスタ2007」が11月24・25日にありまして、今回も参戦してまいりました。そのレポみたいなものを載せます。

 今回は開催前日(23日・祝金)が夜勤明けで、組合用事がない為、前日に行く事にしました。夜勤明け後、うっかり給料日を間違え(25日が休日だとその前に支給)たので、郵便局に行って貯金を下ろす。その方が手数料がかからないから。家に帰宅後、慌てて荷支度をする。バスに乗る予定だったが、時間がないので、愚弟に駅まで送って貰う。
 駅に到着後、足らないものを買い足した後、切符を買って改札に行く。両毛線の列車が遅れており、8分程待たされる。遅れて到着した列車に乗り、高崎で一旦途中下車をし、昼食を食す。その後早めの新幹線に乗り、大宮へ向かう。
 大宮にて乗換えで、予定より早い新幹線で仙台に向かう。出発前に「岩手行くよ」と職場の人に行ったのだが、お土産のリクエストが
 先輩その1「牛タンスモークな」
 先輩その2「萩の月がいい」
 先輩その3「笹かまぼこ」
 …全部宮城土産ぢゃねーかよ!!さらに先輩その4から「萩の月買って来て」と費用と選別を頂いたので、仕方なく仙台で調達する事になった。その日は3連休の初日とあって、車内は自由席はおろか、指定席もラッシュだったので、仙台まで立って乗っていました。
 途中福島付近で
雪の風景
 雪を見て、福島出て数分後
雪がない
 雪ないじゃん!と日本列島の奥深さを知る。
 仙台到着後、コンコースのお土産物屋にてリサーチ。結果生物の「牛タンスモーク」と「笹かまぼこ」の調達を断念。「萩の月」は価格が高く、結局ギリギリの人数分しか買わない方向に。
 購入後、「やまびこ55号」に乗り込む。たまたま「スハの会」メンバー1名と遭遇し、まだ連絡をしてないと言うので、携帯で連絡を入れた後、横の席に座り水沢江刺駅へ。
 水沢江刺駅に到着。雪は降ってないが、残雪が彼方此方に残っている。地元の吉田電車氏がお出迎えに来てくれた。荷物を自動車に積載し、会場のZホール(奥州市文化会館)に向かう。会場には既に今回参加のメンバーが揃っていた。メンバーは地元の吉田電車氏・仙台の相原秋海氏・実家が盛岡のS1氏・業務用新幹線の鬼O1氏・信号長Y氏と、後吾輩の計6名。
 既に会場には机・舞台の設置が完了しており、早速路面モジュールの設営に入る。周りと談笑しつつ、モジュールを設置していく。
 その頃、既にO1氏は新幹線の設営に励む。
 モジュールが全て出た頃、机の位置合わせを行う。都合で若干変則的な形になる。その後モジュールを接続し、水平になるようアジャスターを調整。並行してY氏がモジュールに信号線を敷設していく。
 その頃O1氏はポイントの修繕に勤しむ。
 モジュール同士の水平が出たところで、試運転開始。その後何度か調整をして、そのままガンガン動かしだす。
 その後N本線系付近に
生ドラの山
 生ドラがあったので、1個頂く。その後設営は8時過ぎ位まで続いた。

 今回はこれまで。次回へ続く。
posted by 島々な人 at 23:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

第227回 幾徳祭に行っとく?

 駄洒落で始まってドーモすみません。
 17・18日にかけて神奈川工科大学にて「幾徳祭」が開催された。ここ数年毎年のように行ってますので、今回も行ってきました。
 17日は夜勤だったので、18日の終業後、特急「あかぎ」号に飛び乗る…と、言いたいところだが、よりによって両毛線内で遅れが発生し、3分遅れてた。いつもよりノンビリと乗り込む。
 赤羽で埼京線に乗換え新宿へ。新宿の金券ショップで図書カードとパスネットを購入。PASMO普及の影響で、パスネットの価格(5k円券)が原価販売に。次回からは券売機で買った方がいいかも。
 新宿より小田急に乗り、急行で1時間弱、最寄の本厚木駅に到着。到着後厠で用を足してると、ロマンスカーが轟音を立てて過ぎ去る。嗚呼勿体無い…
 駅前のロータリーでバスの待ち合わせ中に、前日の惣菜パンを食す。無料送迎バスが来たので、バスに乗り込む。バスに揺られること数十分、神奈川工科大学に到着。
 早速昼飯の続き。(ゑ?)先ずは焼ソバを買うのだが、その出店の看板に呆れる。
ツッコミ所満載なメタボ焼ソバ
 メタボって…なお盛り方が3種類あって、並盛・大盛・男盛。マヨネーズありなしと、青海苔あるなしが選べたので、並盛マヨなし・青海苔ありを頼む。並でも結構量があったよ。
 その後いろいろ回る。「特撮模型研究部」に行くと、「パトレイバー」と「なのは」が展示してあり、アンケートにきっちり「良い作品」の欄に書いておいた。
 その後真打の「鉄道研究部」に向かう。北海氏がいたので、挨拶もそこそこ談笑しだす。途中目玉の可道橋を見たり、列車砲を見たりと、ダラダラ過ごす。
 「そろそろ行こうかな?」とおもった矢先、北海氏の携帯が鳴る。「KouChan氏が来るよ」と言う事なので、少々待つ事に。数十分後到着。その後1時間近く談笑してた。
 4時前頃に神奈川工科大学を出て、無料送迎バスで駅に向かう。小田急に乗り、新宿経由で秋葉原へ。壊れた車両のパーツを買い、その後自宅に帰還した。
posted by 島々な人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

第226回 祭の後の大惨事

 今は昔、「地本文化祭」翌日の月曜日(12日)の事。その日は伊勢崎の「エルホビー」に行って、修繕用のフレキシブルレールを買って自宅に帰ってきたのだ。その時たまたま前日の荷物に目が行き、フレキレールとその荷物を一緒に持って2階の自室へ向かう事にした。階段前に立っていたつい立の横を通ったその時、フレキレールがバランスを崩し、それに気がいったら今度は前日の荷物の方が落ちてしまった。
 その前日の荷物とは、車両を収容していた箱だった…「うぎゃ〜!」悲鳴を上げても遅い。慌てて中身を確認すると、見るも無残な状況に…
 慌てて自室に戻り、急いで車両の確認をした。車両は全てグリーンマックス製を組み立てた旧型客車群で、案の定色々と破損していた。その内の1両は…
連結面木っ端微塵
 ご臨終です。ち〜ん。
 細部検証をしたところ、屋根がキレイに外れているので、これは再生使用する。次に床板。
外れかけた床板
 プラ用接着剤で接着してたのだが、ちょっと力を入れてみると。
キレイに剥がれる
 キレイに剥がれた。床下機器類は無事なので、これまた再生使用する。そのため、ボディー部のみ購入すればよく、GMストアへ行けば何となかる模様。
 他の車両も確認する。一部の車両に多かったのが下の写真みたいな壊れ方。
カプラー破損
 カトーカプラーが壊れるのって始めて見たよ。幸い在庫を大量に所持してるので、早速修繕開始。吾輩の車両はカトーカプラーとTNカプラーが連結できるように、Nゲージマガジン23号に載ってた工法を採用してます。
 都合修繕を必要とする被災車両は16両。大破した1両を含んでいる。さらに昔破損した車両6両も引っ張り出し、チェックを開始する。
床下機器外れ
 内床下パーツが取れたのが8両で、これらは床下パーツの再接着で修理する。これで修理完了。変なショックを加えなきゃ大丈夫…のはず…
 問題なのが下の写真みたいな車両。
窓ガラス外れ
 窓がショックで外れたもの。何が問題って、製造時期によっては床板をプラ用接着剤でつけたやつだから。その製造時期は、窓ガラスもプラ用接着剤でつけてるから問題だ。
 何とか車両を分解していくが、妙な外れ方をする車両もある。
屋根分離・床分離
 製造時期によっては、3分割で組み立て・塗装したのがあって、こんな屋根だけ外れたやつもある訳だ。その為、中にはこんな外れ方も。
車両の3枚おろし
 完全に魚の3枚おろし状態に、ある意味清々しさすら感じる。さらに酷いやつがあり。
バラバラにも程がある
 ここまで壊れりゃ、もうアホらしくなる。ちなみにこの車両、前面が剥がれかけていたので、急遽タミヤの流し込み型接着剤(通称・緑キャップ)を流し、補強した。
 こんな車両が計10両。さて、修理していこうかな?しかし気が重い…後、修理方針に難がある車両が3両あり、これらも頭が痛い問題だ。
posted by 島々な人 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

第225回 第9回地本文化祭 その2

 本日は地本文化祭2日目。

 前日ブログを載せた後、瀕死の重症を負ったドクターイエローを緊急修繕に着手する。さらに踏面研磨を施したら、1時を超えてしまった。
 朝7時起床し、朝食後身支度をして出発。車のガソリンが少なくなったので、途中給油をするのだが、東海村運用のおかげで、燃費が良かった。その走行距離は…
500.9km
 今までどんなに頑張っても、450kmの壁を越えられなかったが、今回は頑張った!
 給油後会場へ向かい、9時前に到着。早速レール清掃を…とおもったら、同僚1号が来てた。会うなり早速吾輩が仕掛けた悪戯に気付く。パッと見普通の「立ち入り禁止」の張り紙なのだが、その下に「SOS団」と書いたんだな。おかげで最近「ハルヒ」にはまってる同僚1号の食い付きが良かったよ。
 レール清掃作業中に、名古屋遠征に出かけた人達に電話を入れる。名古屋は雨で、限定品の行列はこの時点でまあまあだったそうな。H1将軍が完全に出遅れ(ある意味毎度お馴染みに…)で、吾輩的に戦力外な状況。ひろすけ氏にほぼ全てを委ねるしか道無し。
 10時に開場する。本線に車両を走らせ始めると、同僚1号に監視を頼み、吾輩は最寄の郵便局に行き、ひろすけ氏宛に現金を送る。その後名古屋在住のあうし女史より連絡、とりあえず状況は悪化の一途を辿ってるようで、行列が伸び始めてる模様。
 11時頃お子様が急激に増え始める。しかも親が付いてないお子様が多い事。そんな中NSEがポイントかち割って脱線する。これが何度か続いたので、車両交換する。まあ脱線したポイントは、TOMIX製で1つ前の構造をしてるから、たまに起きるんだよね。
 12時前より休憩。会場の外に出て、模擬店の売り物で腹を満たす。2日連続で豚丼を食したが、本日のほうが汁だく。つーか煮汁多く入れ過ぎ。携帯のバッテリー残量が怪しいので、会場隣の建物内の公衆電話で電話をかける。母親より長ネギを所望され、模擬店にて購入する。1束4〜5本で100円で、それを2束買う。
 名古屋遠征軍より入電。状況さらに悪化。ひろすけ氏の他にO4氏も参戦し、3週目に突入するも、確保は難しいとの事。こちらはもう祈るしか他無し。
 13時過ぎから脱線が頻発しだす。最初Max(E1系)が高架コーナーで脱線。その後お子様アタックで貨物列車が高架コーナーで脱線する。その後狙われるように貨物列車の脱線が頻発する。
 さらに「展示品に触れるな」と書いた(ヘタレな)絵入りのポスターが、お子様によって振り回される。母親が必至に止めてるが、ポスターの意味が全くを持って無い状況に。近年稀に見るカオスっぷりに、吾輩呆れる。
 中京攻略軍より入電。吾輩所望の数の調達に成功すとの事。万歳!ひろすけ氏・あうし女史・O4氏には大変お世話になりました。
 14時頃に余剰車両の収容開始。その時後輩1号からドーナツの差し入れがあり、とりあえず片付けが忙しいので、机に置いておく。14時半頃にはヤード部のレール撤去およびレール清掃開始。14時40分頃Maxがお子様アタックの影響で脱線。そのままケースに収容して、レールクリーニングカーを投入する。
 15時閉場となり、後輩の職場青年部長が来た。ドーナツの差し入れを見てと言うので、見たらホンジャマカの石塚的なサイズのドーナツが1つ鎮座してあった。阿呆な事してるなぁ…その後、青年部長をこき使い、片付け作業に入る。大体例年通りの時間(16時頃)に撤去終了する。
 その後来年に向けての軽い打ち合わせ後、会場を後にし、職場の組合事務所に向かい、レール等を棚に収容する。その後本屋に寄った後、帰宅しました。

 これで3週連続のイベントが終わる。さて、次回は岩手行きか。遠いなぁ。
posted by 島々な人 at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 組合文化祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

第224回 第9回地本文化祭 その1

 さあ今年も「地本文化祭」がやってきました。今回はタイムラグが少ない(大抵の場合1〜2日位遅れるし、伸びる)から、写真が完全に間に合わない(最近遅れ気味なのに何をほざいてんだか)です。
 本日は7時に起床し、8時頃家を出発、8時40分頃会場入り。朝から雨天なので、車両の搬入に気を使うのだが、搬入口に横たわる1BOX車のせいで、結局はチョット濡れてしまう。
 前日設営でやってなかった、ポイント制御用電源の設営をし、動作確認を行う。一部ギクシャクしてたが、何度か動作させたら良くなりました。次に留置線部分の組み立てにかかり、その後複線間隔の修正をして終わる。前日本線走行をしたので、本日はクリーニング車を走らせ、レールの掃除をする。それが終わって、やっと一息つける。この時点で9時半頃で、一息つけた後、車両の組成にかかる。組成後駅部分に転線し、本番を待つ。
 10時丁度で開場し、早速走行開始。とりあえず異常は無いようだ。続いて貨物列車を動かし始める。1〜2周すると何故か脱線する。おかしい。仕方なくよく脱線する車両を抜いて、車輪を見てみると、汚れがビッシリ。「こりゃ脱線もするよな」と言って、車輪を磨き、最後部に連結して様子を見る。異常が無くなり、ほっとする。
 机をガムテープ補強したので、お子様がいくら机に押し寄せても、あまりビクともしない。こりゃ正解だな。午前中は貨物の脱線以外は至って平和で、結構気楽に監視する。
 12時頃休憩の為、模型の運転を止める。監視する人が他にいないので、場所を離れる時は運休が基本。外はまだ降ってるが、霧雨っぽいので、あまり濡れる心配が無い。たこやきを食っていたら、いとこの姉さんがきたので、慌てて昼飯を食べて、持ち場に戻る。
 13時頃ドクターイエローを投入。それまで走ってた新幹線300系の車輪清掃をするので、本線から目を離したら、お子様のアタックによりドクターイエロー脱線。緊急防護の為スイッチを切り、脱線復旧作業に入る。脱線個所が高架部分の為、復旧に時間を要した。仮復旧後小移動させてみると、まだ脱輪してる。平地に戻してから気付いたのだが、進行方向が逆(内側が反時計回りのはずが時計回り)だった…
 状況は少々悪く、ドクターイエローの方は、もともと走らせすぎから来る具合の悪いモーターで、以前からガリガリと音が出ていた。走り始めは良かったのだが、お子様アタックの影響で、モーターがぐずりだし、動きがギクシャクしてた。外回りを走ってた貨物列車は、スイッチを切った(急に止まった)せいで、編成(20両編成)の一部(中間部分)が脱線してた。貨物列車を先に復旧させ、ドクターイエローの方は応急処置を施す。ドクターイエローを復旧させたが、中間速度帯での音が酷く、聞くに耐えない情況に。
 慌てて300系の車輪清掃をしたら、今度は清掃の為外したM車の台車より、集電スプリングが1つぶっ飛んでしまった。探してみるも見つからない。仕方なく新幹線を全て収容し、代わりにトワイライトエキスプレスを走行させる。
 が、客車に使用してる新集電システムの影響か、坂の途中で空転を始める。慌てて車輪清掃の応急処置を施す。遅いながらも登りきるので、このまま様子見をする。
 14時半頃から、KATOTOMIXのDD51を使用しての牽引力試験を始める。牽引両数はコキ20両(TOMIX製)+旧客7両(GM製組み立て品)の計27両。KATOは登りきったが、TOMIXは坂の途中で止まってしまう。TOMIXの方に付属していた死重をつみ忘れたので、この試験は参考記録になりました。
 15時に閉場したので、車両を留置線に収容し、クリーニング車を走行させ、レールの汚れを取る。その後電源を落として終了した。会場を出たのが15時半頃だった。
 その後フジ模型に行って、集電スプリングを買いに行ったが、在庫が無く、さらにKATOのフレキシブルレールも在庫無しだった。出されたお茶を飲んで、集電スプリングを発注後お店を出る。その後カインズホームにより、路面モジュールの足(アジャスター)の材料を買う。さらに百均に行って両面テープを買い、帰宅した。
 本日はこれまで。明日も続く。
posted by 島々な人 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 組合文化祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

第223回 本日が山田

 本日は夜勤明けで、明日から始まる「結成20周年記念・第9回地本文化祭」の仕込みで、本日は午後より「高崎問屋町センター」でレールを組み立ててました。
 今回から組み立てを容易にする為、高架部分の完全複線レール化を目論みましたが、ここ最近多忙で、購入部品の見積もり誤りもあり、目論見通りにいきませんでした。
 さらにカーブ半径の大型化(本線最小Rが317から354へ)も並行してやったので、組み立て設計図を作り直しました。その為、組み立て途中に悩む時間が減り、大幅な作業効率向上につながりました。
 が、カーブ大型化に伴い、今まで余裕のあったバックストレート部分の間隔が狭くなったので、お子様対策で机をガムテープで固定しました。さて、効果は如何であろうか?答えは明日になれば判るさ。
 今週は名古屋でイベントがあるのだが、行けないのはしょうがない。が、そこで販売される限定品が欲しいんじゃ〜!…一応同志に希望を託すしかなく、最悪ヤフオクで高価落札しか道が無い。
 さて、これから明日の仕込みをしますか。
posted by 島々な人 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

第222回 ´07東海村文化祭 その3

 さあ今回も前回からの続きぜよ。

 朝7時頃起床し、何故か日テレの「所さんの目がテン」を見出す。予定では東海駅付近で、軽く鉄道撮影を考えてたのだが…結局最後まで見て、それから洗顔をする。その後ロビーで新聞を閲覧、「武豊騎手3000勝」と日刊スポーツの1面を見る。その後行く準備が出来たので、ホテルを出発。コンビニによって朝食を確保する。
 会場に着くなり、前日伽枕流君のモジュールを外した後処理を考える。本日(4日)はのがわ氏が来る予定だったが、この時点ではまだ到着してない。とりあえず幅を詰めて、閉塞区間を短く取る作業に入る。絶縁個所も大幅変更になり、ギャップを外しては付け、モジュールを外しては付けを繰り返す。その後のがわ氏が到着し、直線モジュールを1ヶ所交換する。外線の試運転を始めるも、吾輩のコーナーで引っかかる。電気が通ってなく、どうやら通電部があの世へ逝ったようだ。O1氏の判断で、長期に渡って封印してた個所を加工し、通電を復活させる。
 遅れてひろすけ氏が到着し、O2氏とのトレード品を受領する。その頃になると、外線が動き出してて、内線も動かせる状態になっていた。2日目のモジュールはこんな感じの配列。あまり大差ないよ。
DSCN3292.JPG
 動き出したら初日と同じで、ユルユルと監視しつつ、モジュールの話をする。O1氏が2つ目のドックボーンモジュールに塗装を始める。途中O1氏のアクリル絵具が当たってしまい、服に色がつく。慌ててレールクリーナー用の洗剤で色を落とすが、色が残ってしまう。オマケに洗剤に付いてるオレンジの匂いがきつい事。この匂いは家に着くまで残ってました。
 これと言った大騒ぎも無く、14時に閉場。お片づけに入る。一番手間をくったのが吾輩のモジュールで、一番バラバラにできる物だから、片付けるのに一苦労する。それでも30分位で、ほぼ全ての作業が終わるのだから、早いものだ。その後HOゲージの片付けと、Nゲージ本線の片付けを手伝い、15時半頃には会場はキレイになっていた。
 その後O1氏とひろすけ氏が東京へと帰途に付き、吾輩とのがわ氏でO2氏宅へ襲撃…もとい、訪問する。途中道に迷うが、何とかO2氏宅に到着する。ここで茨城の地図を見せてもらい、帰宅のルートを検討する。さらにモジュールやら箱になった車両やらを閲覧し、その後いろいろとお話をして過ごす。17時を過ぎた辺りで、帰る為にO2氏宅を後にする。
 のがわ氏を東海駅に送ってから、教わった道を通りながら、帰宅の途へつく。途中暗い森のトンネルに少々ビビリながら走行する。さらに2ヶ所で道に迷う。1ヶ所目は国道と、2ヶ所目は県道の重複区間だった。特に2ヶ所目は番号が似てる(61号と51号)ので、尚更迷った。
 無事に国道50号にでて、近くのマクドナルドで夕食を取る。店内は妙に混んでいる。子供の団体がお持ち帰り袋を持って待っている。吾輩が注文後待っている時に、横を見るとさっきの団体が席に座って食ってるではないか。
 てめーら!店内で食うのにお持ち帰りにするなっ!環境破壊の元じゃ〜!
 と、キレかかったが、近所に笠間警察署があり、面倒な事になる事必至故、ここは耐え忍ぶ。食後、店を出て自動車に乗ると、さっきの団体が出てきた。出口付近で広がっていた。さっきの事で頭来てるので、「轢いちまおうか?」とおもったが、近所に笠間警察署があり、やったらやったでクサイ飯を食う事必至故、ここも耐え忍ぶ。道中運転が荒くなったのは言うまでも無い。23時半頃、自宅に無事帰還した。

 これで東海村文化祭のお話がおわる。今週末には「地本文化祭」があります。
posted by 島々な人 at 00:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

第221回 ´07東海村文化祭 その2

 と言う訳(どう言う訳だ?)で、前回からの続き。

 O1氏とひろすけ氏が「アレ?」「あれ?」と悩みながらの末、やっと外線の自動運転が可能となり、吾輩所有の車両と、ひろすけ氏所有の車両が次々と走り出す…筈だったが、どうも吾輩所有の車両が軒並み機嫌が悪い。結構な量を持って行ったので、調子のいい車両を見極めながら走行させる。外線が走り出したので、今度は内線をやり始めたが、こっちはさらに悪いらしく、1両しか走らせられない。
 合間を見て試験走行をしに、隣の部屋で展開中のN本線部屋にて試運転。一気にフル電圧をかけてやると、動き出す。どうやら軸の油が固まっていたようだ。試しに路面モジュールに戻してみると、まだ少々ぎこちないが動いた。よかったよかった。
 動き始めれば後は楽で、お子様がモジュール等に触れないか等の監視位で、O1氏は作りたてのドックボーンモジュールに色を塗っていた。吾輩とひろすけ氏、それに伽枕流君と世間話しつつ、モジュールの方も監視してる。
 合間を見て家より持参した「鉄道コレクション第3弾」の、新潟交通2220系を加工しだす。排障器をつけ、動力を組み込む。組み込み後しばらく開いた後、モジュールに載せて走り始める。走ってる姿を見てO1氏が「建物の隙間から見えるのって似合うねぇ」とか、「併用軌道と専用軌道の境目がいい」と言う。周りの人達皆同意見。
 慌てて携帯のデジカメで撮影する。
新潟2220系と駅
 ついでに本日のモジュール配置を撮影する。
07東海村文化祭初日
 17時頃初日の運転が終了。日帰りの伽枕流君が持って来たモジュールを切り離し、帰る用意をする。懇親会に行かず、O2氏宅へ向かうひろすけ氏にトレード用の車両を持たせてから、自動車で東海駅に向かう。ひろすけ氏と伽枕流君を駅で見送った後、吾輩とO1氏が宿に向かう。
 本日の宿は「ビジネスホテル東海」で、中はガラ〜ンとしてた。宿の人曰く「泊まる人のほとんどが原子力関係」と、平日満室・休日空室を地で行く名前(ビジネスホテル)に偽りなきホテルだった。実際泊まってるのって吾輩とO1氏のみで、まさに貸切状態。この後宿の人がいろいろと話してくれるのだが、内容がヤバイを通り越してるので、載せられない…素泊まり4000円位と、めちゃリーズナブル。
 荷物を置き、一休み後東海駅に向かう。列車が来るまで時間があったので、ここでお土産を物色し購入する。東海駅から2駅先の勝田駅に向かい、懇親会会場に行く。懇親会で飲みまくり、いろいろと話を聞きまくった。
 その後東海駅まで戻り、宿まで向かう。いったん宿に戻った後、本屋に行って本を物色。良いのが無かったので、いつも買ってる雑誌を買って宿に戻り、入浴後24時前に就寝した。

 今回はコレまで。まだまだ続くよ。
posted by 島々な人 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

第220回 ´07東海村文化祭 その1

 例年必ずかぶる予定があり、それが3つある。一つ目は蒲田の「日本鉄道模型ショウ」、二つ目は組合の「地本文化祭」、三つ目が今回行った茨城に「東海村文化祭」である。
 大抵の場合は「地本文化祭」と「東海村文化祭」がかぶってしまい、人員の都合(つーか吾輩1人でほぼ全部やる)で「地本文化祭」に出る。「地本文化祭」と「日本鉄道模型ショウ」の場合も同じ。だからこの時期2つしか予定が組めないのだ。
 今年は「鉄道模型ミーティング」の頃より、ある情報がなれた。「どうも今年の(地本)文化祭は1週遅くなる」というものだった。裏を取ったら、まあ単純な事で遅れたのだ。「会場(高崎の問屋町センター)が予定日(3・4日)に取れなかった」そうな。お馬鹿な…
 と言う訳で、今年は2年ぶり2度目の「東海村文化祭」への参戦をした。
 3日朝(朝か?)4時ごろ起床し、地元を4時半頃出発する。某メリケンの偉い人のせいで、燃料費が上がっているが、幸いにも値上げ前に満タンにしたので、とりあえず気分的に楽である。東海村方面に行く時、必ず止まる所があって、今回も同じ所で止まりつつ、東へ向かう。珍しく邪魔者(重量級トラック等)があまり無く、予定より30分位早着した。
 会場には既にO1氏がいて、机を並び始めていたので、まずはそれから準備を始める。その後モジュールを出し始めるが、吾輩所有のモジュール用アジャスターが足らない…急遽1個製造し、さらにたまたま「日本鉄道模型ショウ」用に積んでいた、「スハの会」モジュールに使用してた不良品の足を出して頂き、それを切断の上で使用する。切断中にひろすけ氏と伽枕流君が到着。切断した足(アジャスター)を使ってもまだ足らないので、ひろすけ氏より急遽アジャスターを頂く。すみませんです。
 やっと足を調達したので、モジュールを組み立て始める。組み立て後接続を始めるのだが、自動運転用のATS設置(大半がO1氏、補助にひろすけ氏が施工)に手間がかかり、結局開場からしばらくは運転できなかった。

 本日はこれまで。次回へ続く〜。
posted by 島々な人 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

第219回 第28回日本鉄道模型ショウ その3

 今回も前回からの続き。
 翌朝7時位に起床し、友人宅を出る。途中で朝食を購入後、電車に乗り込み、池袋で乗換える。少々早かったので、御徒町駅へいったん向かい、銭湯で体を洗う。その後再度山手線にのり、品川へ向かう。途中で完全に落ちたみたいで、京急品川駅で行き先案内で10時を超えていたのを見て、ビックリする。さらにイザ京急に乗ろうとしたら、今度はパスネットが無い。多分東武池袋駅で取り忘れたか…3000円程あったのに…仕方なく切符を買って京急蒲田へ向かう。
 会場に到着後、また5インチの乗務員をやる。途中でJMRAのスタッフに連れられてきた子を2名運転教導する。さらに女性スタッフも運転教導した。とまあ、ここまでは順調だったのだが、吾輩が荷物小屋に行った時に、大きな音がした。脱線したらしい。
 再度運転業務をしてると、妙に騒がしい子供が3名きた。O1氏より「気をつけてね」と言われ、やや減速気味で運転開始。何度か後部注視をするが、バックストレートに入り、前方を注視し始めた瞬間、「ガターン」と大きな音がした。騒がしい子供の内1人が落ちて、さらにその衝撃で客車が脱線したのである。どうやらその子が後ろを振り向こうとした時、バランスを崩して脱線転覆したのだ。その後車掌または死重代用の大人が付く事になった。
 合間を見てお買い物へ行く。買ったのは下記の品々。
 *リアル・ライン D51413 ギースル装備(会場限定)
 *Bトレインショーティー 名鉄7000系
 *鉄道コレクション第5弾 阪神系列多数
 *ワンマイル キハ04一般色と鉄道博物館展示車両
 とまあ、前回よりは品数は控えめだが、リアル・ラインのD51が高かった(定価16k円!)ので、前回より使用金額が高かった。実際周りの人に見せたら、「スゲー、よく買ったよな」と言われる程。
 さっそく買ったD51を「スハの会」モジュールで試走する。前進は異常ないが、後進すると一部ポイントでポイント割りだし(行かせる方向と行った方向が異なる事)が起きる。なんでだろ〜?
 そして17時で無事終了。即撤収開始。今回は5インチの解体もやったので、作業がかなり輻輳し、結局18時半過ぎにやっと片付く。その後帰宅の途についた。
 さて、今週末は東海村文化祭だ。製作中の車両は間に合わないので、キハ04を動力化してお茶を濁すか…
posted by 島々な人 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする