2008年10月29日

第314回 第5次バトン記念

 本日はダブルヘッダーで、第5回バトン大会を挙行します。元ネタはmixiで、あうし姐さんのところから。

 ルールは以下の通り。

○か×かで答える。
問題の意図が分からない、理解できない場合は×
※○1個につき、前半25問は1点 後半26問目からは3点なので注意

----

 問1:【もってけ!〇〇〇〇〇〇】 〇の中身がわかる。
 A:× セーラー服かとおもったが、どうも他人のを見てると違うっぽい。

 問2:休みと言えば家
 A:× 結構彼方此方へと出かけてる。

 問3:友達はまずインドア派
 A:× 鉄道系の友人は彼方此方(中には外国まで)行ってるし、その他の友人も結構外出してるし。

 問4:アニメを見ていて声優の声を聞くと、その声優の他作品のキャラを思い出す。
 A:○ ただし古い作品に限る。

 問5:アニメかゲームの為にトイレか食事を我慢したことがある。
 A:○ 昔「ドラえもん」で、笑い過ぎて失禁した事あり…

 問6:お気に入りのアニメ、またはゲーム系、同人誌関係、サークル関係のサイトがある。
 A:○ まあそこそこありますよ。筆頭は「やわらか戦車」ですな。

 問7:テレビ欄を見るときはいつも下から見る、見ていた。
 A:× 日によってバラバラ。基本ゴールデンで、高校野球開催時は昼間付近。

 問8:野球が延長した事により、深夜アニメ録画失敗の苦い思い出がある。
 A:× 見たい深夜アニメがあるのだが、それが多いTV埼玉が流れる地域じゃないので…

 問9:ヲタのオーラを漂わせている。
 A:○ 多分ただ漏れしまくり。

 問10:深夜アニメを1期3作以上予約したことがある、している。
 A:× だから深夜アニメは見れないと…

 問11:【ライトノベル】を【ラノベ】と略す。
 A:○ もう一般用語じゃないかい?あまり持ってないですが…

 問12:家にいる時と外にいる時のテンションが明らかに違う。
 A:× 日によって家で沈んでいたり、外で暴れたり…

 問13:人と会話している時、または後に鳥肌もしくは火照ったことがある。
 A:× この質問の意味が解らん。

 問14:リアルでヲタっぽい言葉を使ったことある。(ktkr、wktk、sneg「それ何てエロゲ?」な、、なんだってー!!など)
 A:× 業務用語なら多数あり。

 問15:【絶対領域】という単語に(・∀・)ニヤニヤする。
 A:× 言葉だけじゃねぇ…

 問16:残酷な天使の○○○
 A:○ 何故か職場じゃパチンコの話題ですが…

 問17:鬼畜王○○○
 A:○ 中身は知らぬが、名前だけは知ってる。

 問18:いわゆる【キャラソン】を買った事がある。
 A:× ないっすなぁ…

 問19:カラオケでアニソン、電波ソングを歌ったことがある。(行ったことがない人は○)
 A:○ 必ず「銀河鉄道999」を歌うなぁ。

 問20:TVでヲタが映ると、いたたまれなくなる。
 A:○ たまに「こいつぶん殴りてー」と思う事多々あり。

 問21:ここ2週間で、2次元キャラの口調、口癖を真似た事がある。
 A:○ 最近何故か「ヤックデカルチャー」と言っちゃう事あり…

 問22:漫画やアニメに影響されて購入した物がある(例:チョココロネ・メロンパン)
 A:○ かつてはカツカレーに始まり、最近はチョココロネ等、枚挙に暇がない。

 問23:男(女)の主人公で周りが女(男)だらけのシチュエーションに違和感を感じない。
 A:○ だってアンタ、鉄道職場ってそんなもんだよ。

 問24:【乙女ロード】を知っている。
 A:× じぇんじぇん。

 問25:私は変態紳士・淑女である。
 A:○ 変人でもある。(ヲイ)

----

前半は13/25 13点

----

 問26:ヲタクを名乗れるだけの資格を持っていますか?
 A:○ まあ鉄馬鹿ですが何か?

 問27:予約特典のためだけにゲームを予約した
 A:× DVD(8時だよ!全員集合)でよければ○だったのだがねぇ…

 問28:過去の名作には目を通すようにしている
 A:○ まあなるべく見るようにしてる。

 問29:絵文字よりAAを多用する
 A:○ 最近は絵文字が多いけどね。

 問30:【アホ毛】の意味がわかる。
 A:○ まあ一応はね。

 問31:コンシューマ100本以上、パソゲ50本以上?
 A:× 1本のゲームを長く遊ぶ方なので…

 問32:漫画を500冊は読んだ。
 A:○ 本屋で立ち読みしてりゃ、おのずとコレ位はいくとおもうが。

 問33:自分からは検索もせず、あれこれと質問をしてくる人に対しては、 「ググレカス」「ググれ」「グーグル先生に頼れ」などと言うことがある
 A:× そんな奴がいないし、いても知ってる範囲内だったら教えるくちだし。

 問34:キャラ物のステッカー・シールを私物に貼り付けている
 A:○ 昔はあったが、今は自重中。

 問35:ヲタのイベントに参加したことがある。
 A:○ コミケ・ワンフェス・サンクリ等大きなものから、のりもの学会・リリマジ等小さなものまで。

 問36:お金の使い道はヲタ関係ばかりである。
 A:× 食事代やら通信費、それに母親のやずやの支払等があるし。

 問37:好きなキャラの話になると、異常に熱くなる。
 A:× まあ冷静なんでそこらへんは。

 問38:お気に入りの深夜アニメのために寝ないことくらい当然。
 A:× 仕事に影響あるし、それ以前に深夜アニメが見られないし…

 問39:携帯の待ちうけか、PCのディスプレイが危ない。危険が危ない。
 A:○ 携帯が一時「ヘタリア」のヴェネチアーノだったし…(汗)

 問40:脳内嫁(旦那)が108式を凌駕する程度いる。
 A:× いないよ。

 問41:パソコンを常に付けている。
 A:× 愚弟には「いつもやってる」様には見られてるが、1日の内大半が切ってるぞ。

 問42:三次元の異性に興味なし。
 A:× 結婚したいんですがねぇ…

 問43:自分の財布の中にはヲタ系のカードか券がいっぱいある。
 A:○ メロンブックス・とらのあな・アソビット・IMON(鉄道模型)等結構ある。

 問44:コミケカタログの厚さを知っている。
 A:○ 買った事がないが、大体の厚さは知ってる。

 問45:【イベント】と聞くと、真っ先に即売会が浮かぶ。
 A:× 鉄道系イベントだと展示会系も多いよ。

 問46:他のオタクを本気でバカにしたことがある。
 A:○ 「テメエらが部品を盗むせいで、肩身が狭いだろうが!」と説教したい時もある。
 
 問47:仕事で使わないのに、印刷所の名前を知っている。
 A:○ 昔印刷所が近所にあったし、今は友人が某印刷屋に勤めてるし。

 問48:アレな店に一人で入ることに全く戸惑いがない。
 A:× 流石に少々戸惑いが…

 問49:漫画やアニメ・ラノベ・創作・ERGキャラを【さんor様】付けで呼んでしまうことがある。
 A:○ 東方不敗は師匠だしねぇ…

 問50:ヲタ全員がメイド喫茶好きだなんて思うなと言いたい。
 A:○ 一度も行った事ないし、これからもないとはおもうしね。

----

後半:14/25 3×14=42点
合計点13+42=55点

0〜9点    一般人
10点〜19点 ヌルオタ
20点〜39点 オタク
40点〜49点 オタとヲタの狭間の世界(どっちとも言える境界線
50点〜69点 ヲタク 誠に遺憾ながらこの位置
70点〜79点 キモヲタ
80点〜89点 真性
90点〜95点 末期患者
96点〜99点 超変態☆
100点    ヲタネ申

----
 まあ結果はこんなものだ。案外あうし姐さんとかぶってたなぁ…流石にこれで100点は目指したくない…
posted by 島々な人 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | バトンネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第313回 新・秋保温泉1泊二日

 前回の続きなんですが、なんか微妙にタイトルが違うのだが、深く考えないで下さい。(マテ)

 バスは松島海岸駅の下をくぐり、松島港の遊覧船乗り場へ向かう。予定より数十分近く早かったので、幹事が遊覧船の会社へ連絡して、予定より早く遊覧船に乗れる事になった。その時先輩1名が酒の酔いすぎで居残り。なんだかなぁ…バスの駐車場には中国人向けのバスがあり、おもわず撮影する。
縦横遊
 遊覧船に乗り、松島湾の遊覧をする。カモメが沢山ついてきてたのだが、ある一定の位置を越えると一羽もついて来なかった。外洋にでると、波がうねってて、船が最大速度を出してたのも相まって、上下動が激しい事。
 松島湾を一周し、出港した所とは別の位置に到着。そのまま瑞巌寺へ向かう。ここでこんなものがあったので、つい撮影する。
Suicaで拝観
 ついにペンギン帝国(マティ!)の勢力がこんな所まで来るとは…拝観料を払い、境内へ向かう。
瑞巌寺
 その後は普通に境内を回り、見終わったので参道へでる。参道沿いのお土産屋で、あまりの違和感のある並びがあったので、おもわず撮影する。
芭蕉とペンギン
 何をツッコみゃいいのやら…その後五大堂を観覧し、バスへ戻る。松島から仙台へ向かうのだが、高速を使わず、海岸沿いの道と、産業道路を使って向かう。
 次の目的地であり、食事処の蒲鉾屋(名前を忘れたが、確か七夕の展示場がある店)へ到着し、昼食を食うのだが、少々物足りない。食後蒲鉾売り場へ行き、蒲鉾の試食をしまくったら、かえって腹がきつくなった…買い物を終え、駐車場に出ると、見覚えのあるバスが4台止まってる。群馬バスだ。松島で居残ってた先輩がバスの運転手に訪ねたらしく、どうやら伊勢崎から来たようで、帰りの到着時間は20時過ぎらしい。一方吾輩達は新幹線で帰るので、到着予定時刻は18時頃…新幹線万歳!
 蒲鉾屋を出発し、一路仙台駅へ向かう。途中東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地や、宮城野貨物駅を見つつ、仙台駅に到着。予定より30分以上早かったので、駅の地下商店街で最後のお土産を買い、新幹線に乗り込んだ。

 予定より1話多くなりましたが、これにて終了。まあ文章より実際の方が過激なんですが、文章におこすだけの技量がないのがチョット心残り…
posted by 島々な人 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社員旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

第312回 続・秋保温泉1泊2日旅行

 前回の続きなんですが、なんか微妙にタイトルが違うのだが、気にしないで下さい。(ヲイ)

 20日(月)朝6時半過ぎに目が覚める。廊下では昨日マッパで暴れまわってた先輩が、既に起床しているようで、大声をあげていた。他のお客もいるのに迷惑ですなぁ…同僚2号が朝風呂から帰ってきたので、吾輩も行く事にする。入浴後朝食をとりに前日の宴会場へ。既に一部先輩方はアルコールを注入しておったらしく、ビールの空き瓶が何本か転がっていた。
 朝食後、身支度をしてバスに乗り込む。最初の観光地である秋保大滝へ向かう。秋保大滝に着き、秋保不動尊を参拝し、お目当ての秋保大滝へ向かう。
秋保大滝
 紅葉が始まったばかりなので、まだ絵的には物足りないのですが、まあ時期的な都合なんで、仕方がない。バスに戻り、今回のバスを写真に撮る。
東日本急行バス
 秋保大滝を後にして、次は名勝・松島へ向かう。途中先輩が「酒を買うからどっかよって」と言う。その後酒を売ってるコンビニを通過し、先輩激怒。運転士曰く「この先に酒屋があるんだけど」と発し、先輩納まる。酒屋でお酒を購入後、再出発するのだが、ここで吾輩最初の悲鳴。
 「長崎帰りの仙台市電1050型in秋保温泉駅跡」
 うぎゃあぁ〜!油断しておった…カメラを構えていない上、進行方向左側にあった為、右側にいたから余計に残念でならない。
 その後バスは仙台南部道路にのり、仙台東部道路へ向かい走行する。途中またしても吾輩悲鳴。
 「仙台市交通局富沢車両基地」
 うがあぁ〜!またしても油断しておった…今回もカメラを構えていない上、進行方向左側にあった為、右側にいたから余計に残念でならない。
 その後仙台東部道路にのり、更に三陸自動車道にのった後、三度吾輩悲鳴。
 「東日本旅客鉄道新幹線総合車両センター」
 ノォォ〜!なんてこった…今回もカメラを構えていない上、進行方向左側にあった為、右側にいたから余計に残念でならない。つーか呪われてるわ…
 落ち込む吾輩を他所にバスは松島へと向かった。

 本日はコレまで。本当は2話で終わらす予定だったのだが、収まりゃしない。嗚呼未熟なり…次回に続く。
posted by 島々な人 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 社員旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

第311回 秋保温泉一泊二日旅行

 前回体調を崩してから、微妙に体調が悪く、他人のサイト等へコメントするくせに、ブログの更新が滞ってました。せっかくのネタが発酵する前(ゑ?)に載せますだ。
 先日19日(日)に社員旅行がありました。当初予定だと、一週前だった筈だが、何処が如何こじれたのか、この週が第1班だった。まあ原因は旅行担当だった後輩がいい加減な奴だったっていう方向で…行先は宮城県の秋保温泉。相変わらず集合時間が12時半って如何よ?集合時点で数名が飲酒を挙行しており、毎度の事だが、この先一体どれだけ飲むのやら?
 新幹線に乗り、大宮まで行く。大宮より「はやて」号に乗る。「はやて」自体初めて乗るのだが、車両自体は何度も乗ってるE2系なので、あまりドキドキ感がない。でもノンストップってのは早いもので、2時間弱位で仙台に着いたのだが、残念ながら信号の都合で仙台駅の近くで止まった。
仙台駅
 仙台到着後、旅館のバスに乗り換えるのだが、バスが何処にいるのか判らない。北側へ移動したら、バスがいた。吾輩はそれに気付いて、近くの階段から降りたのだが、それに気が付かない10名近くの人達がデッキを一周していた。
 バスに揺られる事30分位で本日の宿「岩沼屋」に到着。この時点で宴会まで2時間も待たされる羽目に…しょうがないので、とっとと入浴しに行く。
 入浴後しばらく後に宴会場へ。体調が微妙だったので、あまりお酒を飲んでいない。まあ宴会はもう壮絶で、カラオケで3度ほど「自動車ショー歌」が流れたり、3〜4名がパンツ一丁になり、そのうち先輩1名がマッパに…別の先輩がマッパになった人に向かって一言。「2ヶ月前に痔の手術した人です」なんだかなぁ…
 2時間後終了。さっさと宴会場を離れ、部屋に戻る。部屋ではPSPで「鉄拳」の対戦をやる。最初は「クマ」もしくは「パンダ」でやっていたのだが、どうも勝てない。そこで「カンガルー」にしたら、結構勝てました。でも同僚1号にはどうしても勝てず…その後ニンテンドウDSで「クイズマジックアカデミー」をやる。ナカナカ上手くいかなかったが、面白かったので、買おうかなとおもった。その後就寝となりました。

 本日はコレまで。次回に続く。
posted by 島々な人 at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 社員旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

第310回 熱を出しても休めない

 前回「つーか体が持つかどうか…」と載せた翌日から物語が始まった。
 翌朝(12日・日)起床した際、布団が薄い掛け布団だったので、結構寒かった。体がどうもダルい。その時点では熱はなく、「ああ疲労が残ってるのかなぁ」とおもったので、原付で出社。風が寒くなってきており、夏服じゃ少々辛い。
 会社に着いて仕事をする。午前中は未だ体がダルいだけだった。午後になって仕事が増える。通常なら午前中の方が仕事量が多いのですが、この日は何故か午後からが多かった。何とか仕事をこなすのだが、体のダルさが徐々に重くなっていく。
 夜中になり、体のダルさは一層重くなり、だんだん寒気もしてきた。ヤバイとおもって、職場の風邪薬を飲み、その日の作業が終わると同時に休憩室のベットへ。
 13日(月・祝)朝起きるともう寒気が全開。何とか最後まで仕事をするも、食欲がなく、普段ならパン2個に500mlのヨーグルトを食すのだが、ヨーグルトしか食わなかった。
 仕事が終わり、家に帰るのだが、寒気が酷いのに原付で帰る吾輩。途中本屋によって暖を取りつつ帰るのだが、風が寒いので、体調はメチャ悪化。家に着くなり即寝る羽目に。
 後はもう寝てばっか。18時頃体温を測ると、39℃を超えていた。多分数年前に肺炎で入院して以来の温度にビックリする。考え直すと「水分をあまり取ってなかったなぁ」とおもい、慌ててスポーツ飲料を1L飲む。しばらくすると汗がドバーと出てきて、1時間後38℃までに体温が落ちた。
 14日(火)朝起きてすぐに検温。37℃までに落ちているが、体中おかしなところだらけ。本来なら休みたいのだが、人手不足の極みな状態になってる職場の事、まあまず休めないとおもったので、とりあえず出社。ダルダルな体を引きずりながら、何とか仕事をこなす。熱は下がったのだが、お腹がもう下り坂のまま。トイレで出すもの出すもの全てが下痢便。食欲もない。
 でだ、現在何とか体調はある程度とりもどしたのだが、お腹の調子は相変わらずで、本日は大便器しか使ってません。食欲があり、消化も異常はないのだが、吸収だけが未だ戻ってない状態です。
 明日も夜勤です。それまでに良くなってる事を祈るしかないです。
posted by 島々な人 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

第309回 小ネタ救済臨・惨事付

 ネタその1
 先日伊勢崎の模型屋で、Bトレインショーティーのポスターを見た。その中に0系新幹線があったので、「鉄道模型ミーティング2008」の時に、新幹線スキーなBlack Junk氏に「今度Bトレで0系出ますよ」と言った。案の定というか、お約束的な様に悶えてました。

 ネタその2
 川崎大師の参道で買った「とんとこ飴」を職場に持っていった。ある先輩がそれを舐めてたら、口が開かなくなったそうな。さらに別の先輩が舐めてたら、口の中で違和感を感じたそうで、慌てて飴を出してみると、銀歯が取れてたそうな。袋に書いてあった説明文をよく読んでなかったようだ。その説明文とは「この飴は粘着力が強いので、入れ歯等が外れる可能性あり」だった。

 ネタその3
 秋葉原の「GMストア」で、鉄道コレクションのシークレットを1000円で買った翌日、太田の「ペアーハンズ」へ行ったのだが、その時銚子電鉄1000系が1つだけあった。値段は1200円と、シークレットよか高いんでやんの。

 ネタその4
 愚弟と湾岸署巡りをした数日後、今度は母親が「羽田空港へ行きたい」と言い出したので、そのお供で9日(木)に東京へ。羽田では数少ない国際線である、大韓航空B747の離陸が見れたのでまあ満足。

 で、昨日の事。只でさえ9日の疲れがあるのに、人手不足(10名中2名が1ヶ月位研修へ)から10日(金)は休日買上勤務なので、疲労が結構あった。そんな中、夜勤組の後輩が電車のステップを踏み外して落ちる事故が発生。急遽吾輩が夜勤に変更する羽目になった。
 その後、後輩が医者から帰ってきたのだが、足には白い物体が…ギブスやん!医者より「靭帯が半分切れかかってるザマスよ。全治6週間ザンス」と言われたそうな。只でさえギリギリ(勤務に必要な人員が6名で、休暇を含めれば8名)な人員配置で、更に1名負傷で使えず。その後勤務が3徹(夜勤3回)確定しました。
 今後休日が如何なるか?もう解らない状態です。つーか体が持つかどうか…
posted by 島々な人 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

第308回 東京湾岸署な旅

 愚弟が今月の頭に5連休が取れた事(ある意味奇跡らしい)から始まった。「東京へ行きたいんだけど」と言って来た。愚弟は大の「踊る大捜査線」のファン(ヴァカとも言う)なので、前回行きそびれたドラマでの湾岸署へ行きたいという.前回行ったのが06年4月頃だったのだが、まさか本当に「湾岸署」ができるとはおもわず、どうせなので2ヶ所行く事にした。
 各駅で東京まで行って、東京から京葉線に乗換える。前回京葉線を使用したのが、多分10数年前。あの時は「ホームまで長げ〜」とおもった。今回行っても「あ〜、ホームまで長げ〜」と感じました。京葉線の普通電車で最初の目的地へ。
潮見駅
 駅から現場まで向かう途中、高架下にたくさんのタクシーがあったのだが、車両全てが黒塗りのプリウスだった…ある意味壮観な光景。
プリウスタクシー群その1 プリウスタクシー群その2
 駅から歩く事数分。行先を告げてなかったので、愚弟に「何処へ行くんだ?」と言われた時に、現場到着。
ドラマな湾岸署
 愚弟の顔が緩む。「ココがそうなのか?」と言い、その後はデジカメで撮影しまくる。
 撮影後駅まで戻るのだが、丁度いい電車がない。通過が3本もあったので、通過電車撮影を試みる。
特急「わかしお」 快速・蘇我行き
 4本目でやっと普通電車が来る。それに乗り、隣の新木場で臨海線に乗換えて、東雲へ。東雲でウロウロとうろついた後、再度りんかい線に乗り、東京テレポート駅へ向かう。
 東京テレポート駅で降りると、発車ベルを聞かせる。「踊る大捜査線」のテーマ曲が流れ、愚弟妙に興奮する。駅から東京湾岸署まで歩いていく。途中翌日開催のモータースポーツに関わる展示準備があり、撮影可能な所に車があったので、ちょっと撮影する。
レースカー群
 その後リヤル湾岸署こと東京湾岸署を撮影。
Tokyo Wangan
 それが終わると、隣にあった羊蹄丸を見学する。
羊蹄丸
 愚弟はエンジンルームを見たかったらしいが、エンジンルームの上から覗き込む事しか出来なかったので、少々残念がっていた。この時点で12時半と、お腹が減ってしょうがなかったので、船の科学館駅から隣の台場駅までゆりかもめを利用する。
 アクアシティお台場にて昼食後、フジテレビ本社へ行き、見学とお買い物。その後ゆりかもめで新橋まで行って、秋葉原へ向かう。
 秋葉原のGMストアへ行ってみると、鉄道コレクション第8弾の開封売りをしていた。何気なく見てみると…「マジかよ…これが1000円?どーする?買うの買わないの?」という物を発見する。悶絶後買いました。買った結果がこんな感じ。
日立旧塗装2連
 苦せずしてシークレットをそろえた吾輩であった。その後は新幹線で地元へ帰りました。
posted by 島々な人 at 00:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

第307回 鉄道模型ミーティング2008 その4

 前回からの続きである。

 会場に到着すると、信号長Y氏がせっせと設営中。吾輩は会場事務室に行って、荷物を置く。しばらくは毒書を読書後、会場内を撮影する。
08鉄道模型ミーティング 08鉄道模型ミーティング2
 その後おりさん氏が来たので、前日吾輩が買った鉄道コレクションを開封する。妙なテンションの中、カッターの使用を誤り、左手人差し指を負傷。微妙に薄皮を切ったので、血はあまり出ないが、結構痛い。川崎大師のご利益か、はたまた流血のおかげか、シークレットが当たる。
日立電鉄3023
 おもわずガッツポーズ。そんな中、おりさん氏が一言。「あれって2両ないと」ごもっともだが、負け犬の遠吠えと解釈しておく。(ヲイ)
 10時に一般公開開始。その後Y氏が鉄道コレクションを2箱買ってきたので、開封開始する。何とシークレットを2箱目で当てる。本人大喜び。
 11時頃、早めの昼食を兼ねて、薬局とコンビニへ向かう。薬局で包帯テープを探すのだが、なかなか見つからない。あっても色が肌色だった。肌色だと剥がすのを忘れるので、買わずに断念する。昼食を食った後、コンビニでコピーをしてから会場へ戻る。
 会場へ戻ると、多摩温泉電鉄氏がデジカメを買ってきてた。早速接写の実験を始めてて、何故か周りの者も接写をしだす。
群がるデジカメ
 ある意味変な光景。
 その後夜景シーンをやるので、会場内が暗くなる。会場事務室もついでに消灯。グリスタ氏微妙に落ちかける。その後は身内で投票した模型コンテストの発表があった。まあ吾輩の場合、あまり変わり映えのしないモジュールだったので、全く賞には関係ない状態だった。次回はどうにかしたいなぁ…
 15時で一般公開終了し、そのまま一斉に撤去開始。今回は荷物が少ないので、かなり早いうちに全てを収納した。そんな中、パラストン氏が風呂敷でモジュールを包んでいくので、おもわず撮影。
風呂敷に収納中 風呂敷に収納後
 机等の収容も終わり、16時頃会場を後にする。そして川崎駅から東海道線に乗り、東京まで向かう。そして新幹線に乗換えようと新幹線コンコースへ行くと、人が溢れかえっていた。
 どうも朝方の信号トラブルの影響がまだ残ってたようで、改札前には人々が駅員に状況を聞く固まりが多かった。吾輩の場合、高崎まで行けばいいので、早いだろうとおもったが、この日はどうも運がなかった。何と1本目の列車と、2本目の列車、両方とも高崎通過だった。よりによって1日10本位しかない高崎通過が、こんな時間に固まっていたとは…
 結局1時間以上待った後、各駅停車の「あさま」号に乗ったのだが、完全に通勤電車並みの混雑だった…高崎に到着したのが、予定だったら家に着いてた筈の時間となりました。

 今回はなんだか波乱万丈な事が多かった2日間でした。

posted by 島々な人 at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

第306回 鉄道模型ミーティング2008 その3

 その2からの続きである。

 翌28日(日)は朝7時頃起床。着替えてから下の食堂に行き、朝食を取る。食堂の横には南武線の205系がいて、朝なのに結構乗っていた。朝食後身支度をして、ホテルをチェックアウトする。
 今回の宿は川崎市内なので、朝は比較的時間がある。なのでチョット小旅行。「京急大師線で行く大師線全線制覇&川崎大師参拝ツアー」を挙行する。無論スタートはこの駅だ。
京急川崎駅
 この駅は本線が高架なのだが、大師線は地平ホームからの発車だ。高架と地平を結ぶ入換線の横に留置線がある。
京急川崎の留置線
 …何か変わった車両がいるが、気にしないでおこう。(見辛いですが、京急110周年の歴史ギャラリー号がいた)暫く待つと、旧1000形4両が入線して来た。
旧1000形
 写真を撮った後、先頭に乗り込む。列車は定時に発車する。最初に降りた駅は…
産業道路駅
 駅のすぐ横にはでかい踏切がある。産業道路の踏切で、後数年もすると地下化のため無くなる踏切である。そのデカイ踏切を何枚か撮影する。
フレームに収まらない踏切 18m2両あってもまだ足らない
 撮影の為、上り列車が来るのを待っていたら、何故か力士が一人ホームへ向かってるところを見た。この近くに相撲部屋ってあったっけ?撮影後、とりあえず終点まで行く。まあ次の駅ですが…小島新田駅に到着すると、一枚写真を撮る。
小島新田駅
 撮影後、折り返し電車に慌てて乗り込む。次に向かったのは…
川崎大師駅
 言わずと知れた川崎大師最寄駅。何となく駅舎まで寺院の建物っぽく見える。
川崎大師駅南口
 表参道を歩くと、門前町のお土産屋が多いのだが、時間が時間(8時半頃)なので、まだお店があまり開いてない。2度右に曲がると、山門が見えてきた。
山門が見えてきた
 両脇には名物の飴を売る店が多かったが、まだ結構閉まってたし、開店しててもあまりお客がいなかった。そのまま山門を通り境内へ。
川崎大師山門 川崎大師境内
 線香を焼香し、参拝をする。参拝後、急に便意を催し、トイレに向かったのだが、何故か地下にトイレがあった。あまりバリアフリーな施設じゃないです。車椅子用のは地上にありましたが。
 その後来た道を戻る。途中名物のとんとこ飴(よくTVに映るやつね)を2袋購入。店員さんの話だと、アンコ入りとそうでないもの、小袋入りとフィルムで包んであるものがあるそうな。結局アンコなし、梱包が2種類で購入する。
 そのまま川崎大師駅に向かい、京急川崎へ戻り、会場へと向かった。

 本日はコレまで。次回最終回。(の予定・上手く収まったらね)

posted by 島々な人 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする