2009年12月31日

第421回 C77と最後の自爆(ゑ?)

 さて、歳末の風物詩である、第77回コミックマーケットへ行きました。
 今回は目当てのものが2日目の鉄道関係(通称・鉄道島)の西館のみだが、よりによって東館では、前回大事になった東方関係が…おまけに今年最後の夜勤なので、慌てずノンビリ秋葉原経由で行く事に。
 勤務終了後、特急「あかぎ」6号で上京。諸都合により赤羽で乗り換えて、御徒町へ向かう。御徒町より秋葉原へ行き、ここで今年最後の模型用品探しをする。でも不発…
 昼食をいつものケバブ屋で…と思ったら、開店時間が遅くて、仕方なくカレー屋にて昼食を食す。食後秋葉原を出発し、新橋にてゆりかもめに乗り換えて、ビックサイトへ向かう。
 国際展示場正門駅に到着すると、思いの他混んでいない。結構すんなり会場入りし、西館へ向かう。西館に着くなり「相原秋海の道楽だ!」でグリスタ氏と談笑。相原秋海氏が戻ってくると、今度は隣の「野鉄工機」で使っていなかった椅子を借りて、座って談笑。そりゃ未だ治らぬ踵の痛みがねぇ…
 その後鉄道島ブースをチェック。途中でys君に会うのだが…一歩間違えれば、(いろんな意味で)大事確定な姿だった。まだ許せる範囲だったけどね。
 後は「野鉄工機」で談笑したり、ブースをウロウロして、16時閉場を迎える。ここで鉄道島恒例の337拍子と、ミリタリー島恒例の万歳三唱を、初めてする。
 その後サークル参加の片付けを待ってから、水上バスで離脱する。乗船券を買うのだが、日の出埠頭まで400円と、思いのほか安かった。次回用があったら是非乗ってみよう。
 当初出航時間をチョット過ぎたので、船乗り場横の痛車展示会(ゑ?)を見ようかとしていたが、待ってくれていた様なので、少し慌てて乗船する。
 日の出埠頭に着くと、浜松町駅まで歩いて向かう。浜松町駅にはばっふぁ氏が待っていて、遅れてきた人と合流後、宴会会場へ向かう。
 その後は毎度おなじみのグデグデ宴会に突入。周りもコミケ帰りの人達なので、そりゃもう店内がグデグデ。何気なく地元から南下して来たおりさん氏も合流し、他のお客さんがほとんどいなくなるまで居た。
 終了後、地元へ戻る為に上野へ出るが、3本連続で籠原行…なんだかなぁ…結局自宅に戻ったのは0時過ぎだった…

 で、本日はいろいろと動き回ったのだが、床屋で髪を切った後、悲劇が起きた。駐車場からバックで出ようとしたら、うっかり駐車場の柱と喧嘩をし、運転席側前方の一部破損する…嗚呼なんてこった…
 なので来年早々に入場確定。嗚呼お金が〜!
posted by 島々な人 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

第420回 とりあえず今年の総括´09

 今年も後もう少しで終わる。
 今年は激動の1年だった…まさか一月に2度も火葬場へ行くとはおもってなかったし、親父が強制リタイアするとはおもわなかったしで、私用関係はもう波乱万丈。
 模型の車両工作はもう…進まな過ぎ…なんとか2両に塗装をしましたが、ダブルアクションのエアブラシが、崩御するとは思わなかった…幸い前より所持してるシングルアクションのエアブラシがあるので、来年こそは車両を完成させたいです。
 今年は新潟・柏崎に初参戦したり、引越の手伝いで関東を1周したりで、割と自動車で動き回った年でした。多分来年は反動で自動車を使わなそうですが…
 今年は模型の照明用に、久しぶりに電子工作に手を出しました。まあホンのチョットした工作ですが、これからは結構な量を作らなければならないので、いろいろと試したいものです。
 さて、来年は今年よりも良い年になりますように。
posted by 島々な人 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

第419回 修理結果と手術

 前々回載せたカメラの件。本日修理に出した某東が西武で西が東武なカメラ店(何だそりゃ?)よりご連絡。
 修理担当曰く、「メーカーに部品の在庫がないけのぅ、修理が出来ませんじゃったんじゃ。修理依頼品が戻ったのうけぇ、引取りに来てくれんかのぅ」(本当は標準語ですが、広島弁調にしてみました)
 マジっすか?という訳で、新品買換え決定〜。ぬうぅ、お金が…しかし、ヤフオクをやる手前、非常に不便この上ないので、早急に新機材を検討し、購入をする。条件は下記の通り。

 1.電池が単三電池の物(現在使用中の充電池が使える)
 2.記憶媒体がSDカード(これまた現在使用中のが使える)
 3.接写が現行(4cm)並み以上(模型撮影等で使用頻度大)
 4.操作性が現行と似てる物(ある意味重要?)

 明日にでも某喧嘩番長な電器店に行って、カタログ等貰ってくる予定。出来れば今年中に買えれば…

 と、カメラの話はほっといて、一昨日手術しました。「手術」とは言え、そんなに大層な物ではなく、単に「ネズミの足跡」を取る手術。
 やり方は簡単。麻酔を患部に打って、電気メスっぽいモノで焼き切る。ただ患部が多いので、何度かに分けてやる事に。
 麻酔を打つ時が一番痛く、焼き切る時の場合は、麻酔が効いてる所はそんなに痛くないのだが、効いてない所は結構痛い。そして焼ける皮膚の臭いが非常に臭い。
 術後はその臭いが皮膚にこびり付いてて、風呂に入るまで臭ってました。
 ちなみに皮膚科の先生曰く、この「ネズミの足跡」は、年を取ると出来やすいそうです。はぁ…吾輩も年を取ったなぁ…
posted by 島々な人 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

第418回 西武線乗り潰し旅

 まあ話は前後するが、6日(日)の事、愚弟が「東村山まで連れてけ」と言う。何でも面接を受けに行くのだが、肝心の東村山の位置を知らない。なので案内役で行く羽目になった。

 当日は朝6時に起床し、9時半頃には東村山に到着する。で、こっからが大変で、愚弟は面接を受けに行くから良いが、吾輩はそれまでヒマ。なので西武線の乗り潰しを行う。東村山駅からスタートする。
西武東村山駅
 で、ホームの自販機には、こんな事をやってるポスターが貼ってあった。早速買う。
999キャンペーン実施中
 最初の乗り潰しは国分寺線。2000系6両編成がやってきた。
国分寺行2000系電車
 運転操作を見て気付いたのだが、2000系のブレーキって、電気指令式だったんだ。抜き取りハンドルを使ってるから、てっきり電磁直通式かとおもった。
 そうこうしてる内に国分寺に到着。続いて多摩湖線に乗るのだが、来た電車は…
101系リバイバル塗装
 懐かしすぎる!吾輩が幼少の頃、池袋線沿線に親戚がいて、馴染みが深い車両だが、当時前面が既に黒になっていたので、「吾輩の思い出の電車」にならない…
 とはいえ、折り返しが早かったので、慌てて乗り込む。萩山にて乗り換えなので、再度撮影。
101系リバイバルカラーIN萩山
 電車が来るまで間があったので、反対の電車を撮る。
西武新宿行N2000系(列車種別不明)
 その後本命の西武遊園地行きが到着。
西武遊園地行N2000系
 西武遊園地行きに乗り、終点まで乗る。終点の西武遊園地に着くと、山口線のレオライナーが発車寸前。慌てて乗り込み、先頭に移動する。
 レオライナー乗車中、前方には西武ドームが見えてきた。
車窓より西武ドーム
 列車は終点の西武球場前駅に到着。やっと車両の撮影が出来た。
8500系レオライナー
 西武球場前では、シーズンでもないのに、人がいっぱい。ナンだろうとおもったら…
西武球場前でシティマラソン
 シティマラソンでしたか。どうりで狭山線の電車が混んでいる訳だ。
 ここで愚弟から電話。何でも面接先が来ないと言うので、慌てて引換す事になる。しかし山口線経由では少々時間がかかる。早く移動するには、狭山線経由が一番手っ取り早い。でも電車が来ないので、駅施設を撮って回る。待つ事数分、電車が来た。
西所沢行101系
 マラソンの人手のせいで、電車は満員。西所沢で池袋線に乗り換え、所沢で新宿線に乗り換え、東村山へ戻る。でも東村山の改札で、Suicaを使ってから、一度も改札を通ってないから、当たり前の様にエラーがでる。駅員に事情を説明し、データの処理してもらう。
 愚弟に会うなり事情を聞き、時刻を確認すると、約束の時間より2時間も経過。仕方なく面接の話は無かった事にして、東村山で昼食をとる。
 その後愚弟の要望で、銀河鉄道の車掌さんを撮りに向かう。所沢から池袋線に乗り、大泉学園駅に到着。設置場所を知らなかったが、割とアッサリ見つかった。
大泉学園駅名誉駅長乃像
 その後、ラッピング電車を狙ったが、どうも走っていなかった様で、1時間ほど粘った後、買い物用があったので、秋葉原へ向かい、その後新幹線で地元に戻った。

 まあ今回の乗り潰しで、結構乗り回したけど、肝心の池袋線と秩父線、それに新宿線と拝島線、後西武園線を全線制覇してないんだよね。機会があったら是非制覇したいものです。
posted by 島々な人 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

第417回 悲劇は突然やって来る

 本当なら所用で東村山へ行った事なんぞ載せようかなぁ…と、考えていたら、本日悲劇発生。
 ホンの1時間位前の事、荷物整理で出た「鉄道むすめ」の余剰在庫等を、ヤフオクで売ろうとデジカメを取り出した。

 吾輩所有のデジカメは、ニコンクールピクス3200で、当時たまたま買った宝くじで、たまたま当たったお金(13600円で、今だ宝くじの収益が黒字の元)を元手に買ったもの。確か33k円位した。
 同僚1号のお勧めを買ったのだが、使いたいモードにすぐに変えられるし、マクロ(接写)モードは結構寄れる(カタログスペックで4cm)しで、望遠ズームが少々物足りないのだが、それ以外は使い勝手が結構良い。

 その後たまたま吾輩の部屋に愚弟の荷物があったので、それを見せに行った後だった。

 ボトッ!

 デジカメをうっかり落としてしまう。まあ一応ケースに入ってる訳だし、大丈夫だろう…その時の考えは甘かった。
 ケースからデジカメを出すと、電池がボロッと勝手に出てくる。「落下の衝撃で蓋が外れたかな?」とおもいつつ、電池を入れなおすが、蓋がちゃんとかからない。

 アレ?

 「おかしいなぁ…」とおもい、電池の蓋を確認すると…

 うぎゃ〜〜〜!!!

 電池ケースと蓋を止める爪が欠けていた。こうなると修理以外の手段が無い。
 「そういえば(デジカメを)買った時に長期保障を付けたよなぁ」と、慌てて確認すると…

 有効期限2009年3月

 Noooooooo!!

 参ったねぇこりゃ…とりあえず修理に出してみるけど、型が5年オチなので、部品があるかどうか…あったとしても、修理代金がどうなる事やら…
 ちなみに、現在プリンターも入場中で、この調子だと、修理代だけで福沢さんが1人消えそうです…
posted by 島々な人 at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

第416回 祭りの後で ‘09

 まあ(諸都合により大穴を開けたやつもあるが…)無事に今年の鉄道模型的イベントが終わり、本日その後始末をしておりました。

 組合文化祭で使用したコキのうち、2両の爪が折れており、内1両はその爪すら無くなっている。幸い他の爪が顕在なので、31フィート級のコンテナを積めば誤魔化せる。
 またイベントの度にコンテナを出して付けたり、コキを別の箱に入れて、運搬したりと、非効率この上ないので、コンテナ用の車両ケースを調達する予定。

 問題なのはモジュールの方。吾輩所有でベース的(レールとかパネルとか)には2番目に古い、「バス営業所前電停」の、唯一無二の建物、バス営業所庁舎兼バス整備場が、ひびが入っていた。
 この建物、初出が7年位前で、当時は未だ「建物コレクション」が出てなかった頃の作品。GREEN MAXの3階建てビルに、商店キットの余り板と、エバーグリーンのプラ板等で組んだ代物。
 何度かの改修で唯一…というか、照明装置を組み込んだ以外、いじってないのだが、今まで一番使用しているものだから、ひびが出ない方が謎だわな。照明を組み込んだ頃から、照明の明かりが屋根を透けるという、ちょっと残念な状況続いた。
 コレを気に、バス営業所を新規作成なぞ考えている。もともとバスを数多く置くには、チョット狭い(幅210mm)ので、ジャケット版サイズ(幅約310mm)に大きくする。
 余剰となったベースは、最近消防車とか、パトカーが気軽に入手できるから、消防署か警察署に組み替える予定。
 となると、バス営業所の建物を如何するか。新規製作するとなると、古い建物のは如何しよう?

 まあ焦るモノ(最低でも柏崎のイベントあたりまでに出来れば…)じゃないので、じっくりと考えていこうかと。
posted by 島々な人 at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

第415回 岩手・鉄道フェスタ2009 その5

 前回からの続きであ〜る。

 23日(月)も7時に起床し、氷水を取りに部屋を出たら、鍵を忘れる阿呆な吾輩。しょうがなくフロントへ行き、鍵を開けて貰う。水を飲んだ後、シャワーを浴びるが、足に貼った湿布を剥がし忘れる残念な吾輩。朝からボケがフルスロットルなもんだから、少々げんなり。
 朝食を食べた後、部屋の荷物を整理して、ロビーに行く。新聞を見ると、「松方2年連続で大物マグロ」とか、「菊池雄星の背番号19」とか載ってるスポーツ紙を見る。「菊池」の欄を見て、信号長Y氏が妹ネタを披露。妹さん的には工藤公康は、「横浜ベイスターズ」のイメージで固まってるらしい。
 全員集まった事を確認し、ホテルを出る。会場に着くと、将軍様(ひぐらし氏)と多摩温泉電鉄氏がいない事に気付く一同。
 多摩温泉電鉄氏はバイクで来たから良いが、ひぐらし氏は交通手段がない。吉田電車氏の携帯に番号が無く、代わりに吾輩が掛けるのだが、つながったのは知らないオババ。
 「ゑ〜?」とおもい、Black Junk氏の携帯で番号照合。変わってるやん!その後無事につながって、苦情を申したのは言うまでもない。
 椅子の量が少々足らないので、ステージ脇の倉庫へ探しに行くが、暗いので場所が分らない。照明器具を借りて、場所を確認。何とか椅子を確保した。
 10時になり開場。早速リハーサル室へ行き、「Bトレインショーティー」の和歌山電鉄を、3種類(いちご電車・おもちゃ電車・たま電車)全部買う。
 前日より人の入りが良く、リハーサル室の駅弁売り場では、駅弁が1度売り切れる始末。
 12時になり、昼食を食べた後、弁当だけでは足りないので、近所の「COOPアテルイ」へ行き、パンを買って食う。さらにお土産を買った後、前日と同じく隣の「WonderGOO」へ雑誌(RM MODELS)の確認をすると、売っていたのだが、1冊だけだったので、断念する。
 駅弁の追加が行われたが、再度売り切れとなり、前日「売れなかったよ〜」と言ったのがウソの様。まあ入場者数を考えれば、前日より入ってる訳で…
 15時を過ぎ、最後の夜間運転タイム。ここで今年投入した、自作照明の写真を撮る。
照明装置を組み込んだ家
 まあ暫定的に投入しただけあって、建物の粗が目立つ事。明るさ自体は良いので、建物の改良と、モジュールの改良が今後の課題(来年の宿題とも)ですな。
 16時になり閉場し、撤収開始。設営は鈍いが撤収は早いのが世の常であって、吾輩の荷物もほぼ30分位で撤収完了。その後は資材の撤収や、リハーサル室の撤収とかをする。
 17時過ぎになり、まずは相原秋海氏が離脱。その後、新幹線の指定席券を持った人がいたので、それに合わせて会場を離脱する。
 水沢江刺駅に到着し、乗り方について作戦会議。丁度いい時間の新幹線には、「こまち」編成が付いてないので、自由席が少ない(1〜3号車しかない)のは目に見えてる。
 協議の結果、指定席を取る事になり、早速窓口へ。KouChan氏は東京までの切符を買い、鉄火巻氏は「3連休パス」を利用して、大宮までの指定席を確保。吾輩は自由席券を持ってるので、大宮までの指定席券へ変更と、三者三様の確保の仕方。
 切符を確保後、急いでかき揚天そばを食い、慌てておつまみやらを買う。会計後、列車入線の放送が流れたので、慌ててホームへ向かう。
 新幹線に乗り、その後は談笑しっぱなし。結局大宮まで喋り通していた。大宮でKouChan氏と鉄火巻氏と別れ、「あさま」号に乗ったら、緊張の糸が切れたようで、急に寒気がした。自宅に帰って、体温を測ったら、微熱だったのでインフルエンザでは無かった。でも風邪引いたようなので、翌日医者に見てもらい、薬を頂いた。
 今回は5回に渡って連載してきた「岩手・鉄道フェスタ2009」シリーズも今回で終わりである。これで鉄道模型的には、今年のイベントは終了です。来年はどうなる事やら?
posted by 島々な人 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

第414回 岩手・鉄道フェスタ2009 その4

 前回からの続きである。
 ホテルに到着し、部屋の鍵を受け取り、部屋に荷物を置いてから、ロビーに戻る。ある程度集まったら、宴会場へ移動開始。
 居酒屋に着くと、2階の大宴会場へ案内される。その広さ、2部屋をつなげてるので、過去最大の広さ。席に着くと、吾輩の後ろには将軍様(ひぐらし氏)と王様が対面に座っていた。こんなオイシイ絵なのに、携帯のカメラで撮るのを忘れていた…
 宴会が始まり、もつ鍋に火を入れる。しばらくすると、キャンセル分のツマミが来たので、前日より食う物が多い事。なので結構な量を食う事になる。
 人数が多いせいもあり、参加者の自己紹介は今回無く、比較的平穏に宴会終了。
 その後2次会会場へ向かうのだが、ここで王様が「ラーメンが食いたい」と、ラーメン屋に入る。「本懐を遂げさせよう」と、他のメンバー共々、先に2次会会場へ行く。
 2次会会場はカラオケパブで、飲み放題コースとなる。ここで多摩温泉電鉄氏の本性がでて、おねーちゃんにセクハラ攻撃をする。
 歌い始めは、何故か牽制合戦になっちゃって、結局Black Junk氏が、恒例の「勇気のしるし」の替え歌から始まった。歌い終わると、点数が出るのだが、何故かエロい写真がでる仕様。目のやり場に困る。その後は替え歌やらアニソンやら歌うが、何故か方向性は全部鉄道モノ。
 他の人が歌ってる最中に、王様が到着。本懐を遂げたようで、妙にご機嫌がいい。さらに多摩温泉電鉄氏の離婚の原因判明。一同「そりゃ無理だ」と同情する。
 で、結局喉の調子が悪いのに、3曲も歌う吾輩。でも全員100点が出ない。最後に岩鉄会員の人が、「マニ★ラバ」の「青森駅」を歌う。結果99点と、1点足りずに全員「え〜?」と残念がる。
 2次会会場を後にし、ホテルへ戻る。ホテルでは、これまた毎年恒例の、岩鉄会員の部屋で「鉄道コレクション」等の即売会。部屋には3〜4人来ていて、その様子は、何かを漁る山賊のような勢い。結局4つほどお買い上げ。その後部屋に戻ると、既に24時を超えていたので、すぐに就寝する。
 本日はコレまで。次回に続く。
posted by 島々な人 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする