2011年11月30日

第516回 岩手・鉄道フェスタ2011 その1

 26・27日(土・日)に「奥州市文化会館(Zホール)」にて、本年最後の大型鉄道模型イベント、「岩手鉄道模型仲間の会」主催の「鉄道フェスタ2011inZホール」に参加してきました。しばらくの間お付き合いを。

 25日(金)は設営日。朝6時頃起床し、母親に駅まで送ってもらう。地元から一旦大宮へ出て、「はやて」103号に乗る。その大宮で、E5+E3こまち編成を見て、別の意味でテンションがあがる。
 郡山あたりまで起きてはいたが、その後はほぼ轟沈。気がついたら古川で、「はやぶさ」に抜かされる。10時半過ぎに水沢江刺駅に到着し、タクシーに乗って会場へ向かう。
 会場には鉄火巻氏と、多摩温泉電鉄氏が既に到着しており、何故かその後すぐに近くの「かっぱ寿司」に行ってしまう。その直後から、土台のパネル運搬が始まり、一番大きいパネルを隣の大ホールから運搬しだしたので、これに参加する。
 パネルを大まかに配置した頃、2人が戻ってきたので、吾輩も昼食に行く。近くのラーメン屋「菊亭」で、ラーメンは薄味でよかったのだが、妙にうきみのネギが多かった…
 食後は信号長Y氏待ちとなり、1時間位待ちぼうけ。多摩温泉電鉄氏にいたっては、設置したパネルの上で寝てるし。
 信号長Y氏が到着するなり、パネルの配置が異なる事が判明。どうも前年の配置のままだったらしく、今年の配置図を見ながら思案する事数分、中パネル1枚抜き、小パネル2枚追加で何とか入ると結論。パネルを再配置し、何とか土台の準備が完了する。
 その後はモジュールの配置なのだが、大地主な北海氏とポンタ君が来ない。北海氏はしばらくすると来たので、早速設置開始。北海氏のモジュールが基準となるので、なるべく位置をずらさない様にするのだが、結局後で2度ずらす羽目に…
 その後KouChan氏・伽枕流君・相原秋海氏・吉田電車氏と続々到着。Black Junk氏がかなり遅れて到着するのだが、どうも途中でガイガーカウンター計測しつつ来たそうです。会場周辺の数値は、現場の普段の測定値が分からないのだが、ほぼ正常値でした。
 この時点で、前日設営予定で着ていないのは、荷物を北海氏に預けたアキサ君と、フェリーで来る筈のポンタ君のみ。
 ここからが長かった。
 実家に帰る鉄火巻氏と、妹さん宅へ行く信号長Y氏が離脱。それを送った吉田電車氏離脱する。
 でも未だポンタ君は来ない。多摩温泉電鉄氏の電話でやり取りするけど、何故か「仙台のTamTam何処?」とか、多摩温泉電鉄氏も「焼きそばパン人数分買って来い」とか、「時間考えて言え!」ツッコミいれたくなる言動のオンパレード。
 「そろそろ会場が閉まるぞ」な時間が見えてきた頃、やっとポンタ君が到着するのだが、何故かまた足のボルトが足らない始末。大丈夫かコイツ?しかも本当に「TamTam」行ったようです。殴っていい?
 何とか大まかな設営が完了して、本日泊まる宿までの送迎バスに乗る。途中踏切にて、貨物列車の通過待ちと、何気に初の金太郎(EH500の愛称)走行を見る次第。寝てたのは一度地元で見たけどね。
 今年の宿は「水沢サンパレスホテル」で、建物の構造からいって、宴会場に宿施設がある感じで、何故か多摩温泉電鉄氏と相部屋…たまに氏の自宅へ泊まるけど、コレはある意味困った…LANが設置してある部屋も限りがあり、無論泊まった部屋にはLANは無かった。個人的にはいつものホテルの方が良かったです…
 荷物を置いた後、遅い晩飯を食べに行き、近くの居酒屋で宴会開始。人に質問を振ったクセに、答えを聞かずに場を立つポンタ君。北上川に沈めたい衝動に駆られる。さらに頼んだマンゴーサワーが、果てし無くシロップ的な風邪薬風味で、即飲む気がなくなる。
 部屋に戻り、即撃沈となりました。

 本日はコレまで。次回に続くぜよ。
posted by 島々な人 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

第515回 第13回組合文化祭

 てな訳で、前回の予告通りっすよ。

 5・6日(土・日)に、「第13回組合文化祭」が開催されました。ちなみに今回はサブタイトル付で、「東日本大震災復興支援」と付きました。後何故か5日は職場の公開イベントなぞやっており、「何かの嫌がらせか?」とおもう次第。個人的にはC61を撮りに行きたかったのに…

 前日の4日(金)は夜勤明けなのだが、既に駐車場の制限が行われたので、帰宅前に組合事務所から荷物を運び、わが愛車に載せてしまう。
 一旦帰宅し、服を着替えてから、昼食をとりつつ会場へ向かう。今年も会場は「高崎市労使会館」で、既に数名待機中。今回の運搬には、折りたたみ式台車(結構高い)を使用した為、一発で荷物の搬入完了。やはり道具は使うものです。
 今回も会議机を使用したので、やはりガムテープで強制水平処置。机を配置後即敷設。でも時間がかかり、結局17時過ぎに大まかな設営が完了。この時点でヤードを敷設してないとか、電源の接続をしてないとか、結構大雑把。

 翌5日は8時前に会場到着。最後の設営をして、動き出したのが9時過ぎと、結構時間がかかる。レールを磨いて、流れで本番となりました。
 今回も鉄道模型コーナーが2部屋あるので、奥にある吾輩のコーナーは基本的に少なめ。かえって監視がし易いし、ある意味お気楽。
 今回も愚弟所有のE4系を投入するが、フル加速するとコーナーで脱線する。やはり2階建てに照明を組み込むと、重心がトップヘビー気味になる模様。ムムム。
 12時頃になり、昼食の為外に出る。何か年々出店の数が増えてるんだが、気のせい?所属支部では、お好み焼きを作ってるのだが、妙に量がヘビー…どうも粉の比率が多いのと、ひっくり返して押し込んでいるのが原因っぽい。
 15時となり、割と平和に1日目は終了。

 6日は9時前に会場到着。この時点で若干雨が降っており、記憶が確かなら、雨に降られたのは今回が初かと…
 早速レールを磨き、クリーニングカーでレールを磨いた後、2日目が開場する。会場早々後輩がお好み焼きを持って来る。早いって!
 2日目は吾輩所有の400系と、E4系の併結運転をするも、どうもモーターやらなにやらの都合で、途中で脱線する…結局単体運転でお茶を濁す。
 12時前に食事の為外に出ると、一応雨は止んでいた。支部の出店前を通ると、何故か2枚目のお好み焼きを進呈される。
 普段なら、14時辺りで人がいなくなり、ドサクサに紛れてヤードの撤収を行うのだが、今回は15時ギリギリまで人がいた。しかも外は雨なので、パフォーマンスもなく終了。
 撤収は早いもので、1時間半位で全撤収作業完了。台車で2往復で済むのは、かなり効率がいい証拠。通常なら組合事務所によって、荷物を降ろすのだが、今回は雨なので直接自宅へ帰りました。

 今回の反省…カメラを忘れた。以上!(マテコラ)
posted by 島々な人 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 組合文化祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

第514回 第32回日本鉄道模型ショウ・その3

 間隔が開いちまったが、前回からの続きアルね。

 話はチョット遡る。前日EB58を買った後、Black Junk氏に、「ディーゼルが売り切れてましたよ」「やられた」なんて会話をしておりました。
 で、受付誘導前に、Black Junk氏と共に事務局へ行く筈が、まっすぐ「松本商事」のブースへ向かう我々2人。Black Junk氏が散々悩んだ挙句、EB55を買う。

 11時から30分毎に誘導やら何やらやってたので、この間はほぼ立ちっ放し。昼食も11時半過ぎにサッサと食ってしまう。
 その間に、前日撮り損ねた会場内を撮影。
ほぼ都電な島・その1 ほぼ都電な島・その2

2大タワーが目立つ単線ゾーン コタツみたいな照明のある島

何処の空港?
 その一方で、Oゲージを展開していた。
勝手にOゲージ展開中
 さらに12時半からは、HOの手伝いに行く。会場名物本物の運転台で、HO車両を動かすコーナーで、監視兼指導役。一緒だったポンタ君が、運転をやった時は、ほぼ鬼教官チックに。「ホント手伝ってるのか?」的な按配で、当初は1時間の予定だったのだが、「人が集まったから良いよ」と13時に釈放。
 その後も会場を行ったり来たりで、15時過ぎた辺りでヘトヘトに…後はOゲージで遊んでいるか、大展示場をうろつくかな感じに。ちなみにOゲージは自前のEB58ではなく、Black Junk氏の車両で遊んでました。
 16時頃に一部の荷物を整理しだし、撤収の準備をしだす。17時になり、無事に閉場時間となる。ここから撤収が始まるのだが、結構早く進み、ほぼ1時間位で大雑把な撤収完了。その後N本線のコンテナ運搬やら、机等の運搬等、体力仕事をして、やっと解散…
 とおもったら、Black Junk氏の荷物が大量に残っているので、これの運搬手伝い。その荷物量たるや、下手な業者並で、思わず苦笑いする一同。
 運搬が終わり、やっと帰宅の徒へ就くのだが、足取りが非常に重い…疲労のピークが来てしまう。晩飯にマックへより、その後京浜東北線で東京へ向かい、ここでお土産を買った後、地元行の新幹線で帰宅しました。
 帰宅して気がついたのだが、2日間合計で4万5千歩オーバー…仕事で構内を歩き回った頃より歩いてました。そりゃ疲れない方が変だよね…

 これでこのお話は終わり。次回「第13回地本文化祭」に続くのだ。
posted by 島々な人 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

第513回 第32回日本鉄道模型ショウ・その2

 前回からの続きだ。

 さて、前回何を買ったかといえば…
EB58形
 EB58。生まれは武州目黒の「カツミ」で製造、その後とある倉庫で長い眠りに…40年ぶりに倉庫から出され、縁あって吾輩が買った次第である。いきなりN(9mm)からO(32mm)とデカくなるとこんな按配に。
Oゲージの動輪より小さなNゲージ
 Nゲージが子供みたい…キッカケはまあ前々よりBlack Junk氏が遊んでて、「いいかも」と思ってたら、「松本商事」のブースで15k円で売っていて、その前段でお金を下ろしたのが運のつき。目出度く吾輩の手元へやってきました。
 ちなみにBlack Junk氏も、「松本商事」で自由形電車をお買い上げ。この日はOゲージが10両もあったのだ。
 さて、時間は18時となり、1日目は終了。その後は懇親会会場へ移動する。今年はがんちゃん氏主催の即売会は、既に希望者全員に配布済みなので無し。
 乾杯後はノンビリ歓談…のはずが、友人群馬王君より「20時集合」とメールを食らい、時刻確認したら、結構ギリギリな時間(19時チョット過ぎ)なので、ここで離脱。
 慌てて京急蒲田駅へ向かい、時間を確認してると、「20時半に変更」ってマタンカイコラ。結局池袋に20時チョット過ぎに到着。幸いもりそば君がいたので、少々歓談。その後群馬王君が着たので、居酒屋へ行く。
 居酒屋で1次会後、別のお店で飲みなおし。その店は肉も美味けりゃ、タレまで美味い店で、タレだけでご飯は1杯いけるし、酒も飲める。
 23時位で宴会はお開き。この後もりそば君と別れ、群馬王君宅へ向かい、歓談後1時過ぎに就寝する。

 30日は7時に起床し、身支度をして出発する。毎度朝の吾輩の行動に、群馬王君が「スゲェなぁ」と驚嘆させるレベル。駅前のコンビニで、朝飯を買い、池袋へ向かう車中で食事を済ます。
 会場に8時半頃到着してしまい、物凄く早く来てしまった…何処かで朝風呂でも入ってくりゃ良かったか?
 9時に会場が開き、昨日同様受付人員等の確保に右往左往する。でも人員が昨日より解っていたので、頭悩ます事があっても、パニックにはならなかった。
 本日も10時20分前に大展示場開場。フライング過ぎ!11時になり、最初の受付担当を誘導し、その後合間を見て限定品を買う。買った後、HO担当を誘導し、限定品をORIHIRO氏に引き渡す。結構忙しい午前であった。

 本日はコレまでじゃ。次回に続くぞ。
posted by 島々な人 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする