2013年04月29日

第586回 関西ヲタク(!?)紀行 風雲ひこにゃん城(ヲイマテ)編

 前回からの続きだじぇ。

 彦根駅西口ロータリーを見回し、食事処を探すのだが、パッと見では分からん…なので、目に入ったマックへ直行。この時の判断が少々甘かった。
 食後、何となくお城へ行きたくなってきて、予定を1つ潰す覚悟でお城へ行く。この時潰れたのが、京阪大津線です。まあ次回に持ち越しも手かなぁ…次回があるかは不明だが。
 徒歩でお城へ向かう途中、彦根新名物の丼物を発見してしまい、ここでチョット後悔…なおも歩くと、こんな看板発見。
パッと見普通の看板 謳い文句が横側って…
 で、気になって見に行ってみた。
確かに小さなお寺だった
 一番に参るかは不明だが、確かにお寺にしては小さい。これが檀家制度前のお寺なんだろうか。寄り道から戻り、再度城へ向かうのだが、またもや変わった石屋を発見。
ひこにゃん地蔵(違っ!) 小型ひこにゃん地蔵の山(だから違う!)
 うむ、この石屋のセンス、なかなか面白い。結構難しそうな形してるのに、よく作ったものだと感心する。
 で、てくてく歩いていくと、やっとお城っぽい所に出る。
彦根城のお堀端
 石垣に桜と、和風とはこれの事だと言わんばかりの画だが、桜が散っちゃったので、写真的には少々残念な結果に。まあ今年の桜は結構早かったからなぁ…でも所々に八重桜が咲いてましたけどね。
 すぐ近くには最初の城壁である、佐和口多聞櫓(帰ってきてから知る残念な吾輩)に到着。
佐和口多聞櫓
 その後は入場口まで行き、表門より城内へ入る。で、この時ひこにゃんは休憩中で、時間的に会えない訳でして…まあ仕方ない。階段を登り天秤櫓へ。
天秤櫓を見上げる 天秤櫓にかかる廊下橋から
 いざ戦になった時、防御の為に橋を落とすんだろうなぁ…廊下橋を渡る途中で、市街地を撮影。
隙間から市街地がチラッと
 結構登ったなぁ…橋を渡り、櫓の門をくぐると…
太鼓門櫓
 未だ門(正式には太鼓門櫓)があった。前に行った松本城がわりと大人しく見えるぐらい、本格的な城塞だと実感。まあ松本城は天守閣と、ごく一部の建物しか残ってないのが原因ですが。
 で、やっとこさ天守閣が見える位置に到着。
東側の広場から彦根城天守閣
 松本城から比べると、コンパクトに出来てる感じです。つーかコンパクト。でもカッコイイですねぇ。近くに見晴台(正式名称を忘れた…)に登り、市街地を見下ろす。
チョットした山の頂上的な画
 流石は平山城、結構な高台にあるぜ…無論天守閣に上るのだが、やはり戦国時代〜江戸時代初期に出来た城で、階段の所が急勾配&天井が低い…一番上まで上ると、見晴らしの良い場所なので、琵琶湖が…
琵琶湖がある方角
 ガスってて境がボヤけてる…で、駅から写真を撮ったので、逆をやってみるのだが…
駅を見つけた貴方はエライ(ヲイ)
 何だかよく分からない写真に…天守閣を下りて、特別展示場を覘くと、横でガイドらしき方が、結構熱心な講義をしていた。その場所の写真がこれ。
引き手が右利きだと撃ち易いアングル
 どうも弓矢の打ちやすさの事を言っていたのだが、この写真じゃ分かり辛いし、まさかガイドが弓矢を撃ってる真似をする画を撮る訳にもいかず…まあ吾輩の頭の片隅においておこう。
 その後は天守閣を一周する様に撮影していく。
何となく映画チックに撮る 要塞って感じがする画
 ここから引き返すなり、大手門まで行くのも大変なので、このまま黒門の方へ向かう。道中は…
天守閣真下辺りの階段 黒門付近から撮った画
 はっきり言って登山道レベルなデコボコ道…流石は江戸時代の残りをはっきり残してるだけある。ここで結構なダメージを食らい、後の行動に少々影響が出まくる。駅まで戻る途中、市長選挙の候補者が2名も通過。どうやらこの週が選挙の投票日だったようだ。タイミングが悪いなぁ…
 その後は駅前の商業ビルで、お土産を買い、彦根駅から電車に乗る事にする。
姫路方面行新快速列車
 新快速がやってきて、乗って席に座ったら、途中で寝落ちた。

 今回はこれまで。次回に続くだべ。
posted by 島々な人 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

第585回 関西ヲタク(!?)紀行 近江鉄道彦根工場編

 前回からの続きぜよ。

 豊郷駅より彦根行電車に乗り、終点の彦根に到着。降りるなり写真を撮りまくる吾輩。まずは近江鉄道最凶と名高い220形
近江鉄道220形
 その近くには、譲渡されて改造前の西武新101系がゴロゴロと。
新101系がゴロゴロと…
 そして800系もウヨウヨと。
留置線に800系がお昼寝中
 改札を出るのだが、トイレに行くついでに撮影しまくる。まずは半分朽ちかけてるED31形電気機関車。
ED31形電気機関車
 車庫と機関車の間には、何に使うのかが分からない台車がゴロゴロと。
模型で再現出来そうで出来ない画
 トイレ後階段を上り、上から構内を撮影する。
黄色い電車尽くし
 しかし「何処の西武車両管理所?」な感じがするなぁ…反対側にはこれまた古典電気機関車がウヨウヨと。
古典電気機関車の楽園
 看板のせいで隠れていた、近江お得意の魔改造電車こと、700系あかね号がいた。これが元を糺せば800系と同じ車体って…
700系あかね号
 一旦東口側に出て、機関車の方へと寄って行く。
ED14の茶色&水色 ミュージアムに相応しい画
 しかしこれでも全盛期より減ってるんだから、オソロシイ…一応ミュージアムになっているのだが、開催日が月一なので、まあ無理。機関車と反対側を写してみると…
黄色い電車の巣窟
 「何処の西武鉄道車両管理所?」(重要なので2度書きました(ヲイ))としか思えない按配…流石親会社が西武グループ…で、機関車側の奥には…
近江500系電車
 これまた近江鉄道の作品たる、500系電車が鎮座しております。つーか相方が居ねーぞ!?その相方の代わりに置いてあったのが…
色褪せた西武新101系先頭車
 随分と色褪せた新101系の先頭車。パンタグラフが無いので、多分部品取り用なんだろうなぁ。何気に中間連結器が付いてるし。
 車庫内を見て気付いたのだが、近江鉄道には必要なさそうな中間電動車が何両か居た。多分部品取り用なのだろうが、この会社の事だから、多分解体せずに残ってそうな予感ががが…証拠写真はこちら。
黄色い電車の塊
 しかし本当に西武の車庫にしか見えねー!
 東口には食事処が無さそうなので、西口に向かうのだが、途中でこんな画が撮れます。
結構離れた位置に彦根城が
 チョイと遠いねぇ…

 わお!近江鉄道の車庫だけでページが埋まった!!1日目の終わりが見えてこないよ〜!近江鉄道彦根工場恐ろしい子…なので次回に続いてしまう。
posted by 島々な人 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

第584回 関西ヲタク(!?)紀行 「けいおん!」編

 前回からの続きなのだ。

 駅から歩く事数分、目的地の旧豊郷小学校校舎に到着。
正門より桜高(違っ!)校舎を望む
 しかしカッコイイ校舎ですなぁ…吾輩の母校(学校の歴史とか)も古いが、校舎は別の意味(全部高度成長期辺りにできた校舎)でボロかったしなぁ。近寄って撮影する。
校舎表玄関 校舎右側 校舎左側
 玄関にはこんなポスターが。
映画「だいじょうぶ3組」のポスター
 新たなる目玉にする気なのでしょうか?で、校舎内に入ってみる。
明るい廊下
 明るい感じがまた良い。廊下が結構長いので、雑巾がけ競争なぞしたら、結構大変そうな感じが。階段を上る最中もイロイロと楽しめる。
階段のウサギさん 階段のカメさん
 そしてまずは「だいじょうぶ3組」の教室に入ってみる。
使い込まれた黒板
 この黒板の古さが、この校舎の歴史を物語っており、そうなかなかお目にかかるものではない。で、撮影後に書いたとおもわれる黒板の落書きですが…
打ち上げ時で止まった黒板
 丁重にビニールで保護しております。あれ?チョークって、ほっとくと消えてかない?
 さて、ここで「だいじょうぶ3組」から、この校舎の出世作たる「けいおん!」のゾーンへ。場所が3階と、普通なら校長室あたりになってもおかしくない条件に、音楽室があります。まずはこんな看板からお出迎え。
豊郷桜高軽音部
 訪ねたのが平日なので、演奏はおろか、楽器の使用も禁止です。どうもマナーの悪いど阿呆はいるものですなぁ…で、楽器置き場にもイタズラが仕込んであって…
軽音部部員募集中 厨二病が混じってる〜!!
 え〜と、一つ何かが混じってるぞ!?で、隣の部屋はもう…
軽音部部室全体
 煩悩・欲望の全力全開たぁ、この事なんだろうなぁ…と言う訳(如何いう訳だ?)で、この後は写真をお楽しみ下さい。
萌えで埋め尽くされるホワイトボード ティータイム中 ヲタ部屋と大差が無いような…

古いラジカセと痛タオル 別の意味で大暴走な黒板
 でも結構写真がぶれてて、使い物にならない物が結構あった…orz前のカメラなら、この程度なら如何とでもなったのだが、なんでこんなにクセがきついんだ?このカメラは?次壊れたら買い替えようかねぇ…
 電車の都合で、豊郷滞在時間は1時間位だったので、移動開始する。帰り道はあえて別ルートにして、飛び出し坊やの撮影大会と化す。
飛び出し坊や・形状その2 飛び出しお嬢
 似た系統の男の子・女の子とか…
飛び出し和 飛び出し紬
 和とか紬はいましたが、結局律とあずにゃんは見つからず。今を思えば、もう1時間位いた方が良かったかなぁ…まあ食事処の観点から、1時間ほどの滞在になった経緯があったのだが、現地に行ったら、食事に関しては、何とかなりそうだった感じががが…
 で、豊郷駅で電車を待ちつつ、給水してると…
再び900系試運転電車!
 再び現れる試運転電車@900系。でもすぐに発車していったので、構内を撮って回る。
近江鉄道オリジナル?
 まあ当たり前の様に萌え痛看板がある訳でして…
豊郷駅米原方 豊郷駅八日市方
 駅の配線自体は、一線スルーの交換駅で、何かモジュールなんかで駅を作るには面白そうな按配。すると間もなく電車が到着。
豊郷駅に進入してくる800系
 彦根行電車で彦根方面へ向かいます。

 今回はこれまで。次回に続くだに。
posted by 島々な人 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

第583回 関西ヲタク(!?)紀行 豊郷へ至る編

 前回からの続きですよ〜。

 18日(木)は6時半頃起床。朝風呂に入って、着替えて朝食。食ったらすぐに出発。途中でカメラ撮影の朝錬をしたが、上手く行ったのが…
南方駅停車中の2300系普通電車
 コレだけ。う〜む、デジタル一眼レフが欲しい…その後南方駅で阪急京都線に乗り込む。
梅田行2300系普通電車
 そして梅田・大阪へ向かい、大阪でJR線に乗換る。御堂筋線を使えば、隣が新大阪なので、近くて良いのだが、運賃が高いのが難で、JR線の運賃が変わらないのなら、梅田に出た方が安く済む寸法。移動中大阪駅を撮影。
ヨーロッパ調のデカイ屋根が駅を覆う
 大阪から滋賀方面に向かう列車に乗るのだが、予定より少々早かったので、写真撮影して時間を潰す。
草津線方面行新快速
 先行の新快速だと、違う所(草津線直行)へ行ってしまうので乗らず、その後の近江塩津行快速列車が到着。
近江塩津行快速列車
 結構な所までこの列車が先行なので、これに乗って向かう。高槻までは快速だったのだが、その先からは各駅停車になってしまう。
 道中は先頭で風景を見ており、途中で補助席が空いたので、座りながら見ていたのだが、結構座り心地が良くなく、座布団の硬さはE4系の補助席並。でも変な引っ込みがあるから、腰には良くない…
 列車は野洲駅で新快速に追い抜かれるので、停車する。乗換の為ホームで待つ。新快速がやって来たので、写真を1枚。
敦賀行新快速列車
 新快速に乗換ると、次が近江八幡なので実質1駅隣。
近江八幡駅
 JRの改札を出て、隣の駅舎に向かうと、ついにあの魔改造な車両がお出迎え。
フジテック塗装な800系
 しかしクセのある前面ですねぇ。流石ガチャコンと渾名されるわな。(ヲイマテ)電車は定時に出発する。でもこの電車、八日市止まりの短い便だった。なので終点も早かった。
八日市駅
 電車はしばらく来ないので、留置してあった車両を撮影する。
中線に留置中の800系コカコーラ塗装 引上線に留置中の800系
 すると米原方から電車が到着したので、構えてたら…
近江鉄道の新車・901
 まさかの新車登場!!前面に「901」と書かれた電車は、その色合いが衝撃的…mixiにつぶやいたら、伽君が「何この架(空)鉄(道)?」と返す始末。流石近江鉄道の匠達。一筋縄ではいかぬ仕上がりに、畏敬の念にかられる。
 その新車は試運転なので、しばらく停車していたから、おもわず写真を撮ってました。
900系編成写真 切り欠きが無い中間
 すると、米原行が到着。
米原行800系電車一般塗装
 米原行に乗ると即発車。しばらくすると、電車は東海道新幹線と併走区間に入り、目的地の豊郷に到着。
豊郷駅を発車する800系 豊郷駅
 東海道新幹線の橋脚見える位置だったので、マジマジと見るのだが、なんか細いなぁ…上越新幹線の橋脚を見慣れると、細く感じる。で、駅舎に入ったら、いきなり先制攻撃を食らう。
痛地図観光案内編 痛地図通学路編
 いきなりトップギアたぁ、気合の入り方が違うのぅ。無論駅舎の外に出ても…
何となくモチーフがわかる痛ノボリ
 痛いノボリにこの街の変態度本気度を思い知らされる。そりゃ駅を出てすぐにこんなのがあればねぇ…
飛び出し唯 飛び出し澪
 まさに「けいおん!」な町。無論舞台になったあの場所へ向かうのだが、道中も多数あり。
飛び出しこなた
 でもって、名前が分からないキャラも…(判明したら書き直しますので、知ってる方はコメントプリーズ)
名前が分からないよ〜…
 無論普通のもありますよ。
年季の違う飛び出し坊や
 豊郷幼稚園の角にある、交差点を曲がろうとしたら、こんな良いアングルの場所を発見。
近江鉄道の踏切と新幹線高架橋
 すると新幹線電車が通過していく。
爆走する東海道新幹線
 早すぎて先頭が撮れません!!すると今度は近江鉄道の踏切が鳴り始める。今後は何とか…
なんかほのぼのする組合せ
 来たのが近江鉄道最凶の呼び声高い、220形が通過していった…う〜む、勿体無いような…
 で、上の写真にもあるように、子供が見えたので、撮らなかった交差点の飛び出し坊や初音ミク版を撮影。
飛び出し初音ミク
 さらに進むと別の意味で痛い状況が入ってきた。
あああああ!!
 壊した下手人は、早急に同じものを100枚用意するように!そしてやっと目的地に到着する…

 って、あああ!結構行数がぁ!!なので次回に続いてしまうのだ。つーかこの調子じゃ、何回に分割すれば収まるのやら…
posted by 島々な人 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

第582回 関西ヲタク(!?)紀行 東海道爆走編

 20・21日(土・日)に、兵庫県西宮市にある、阪神タイガース2軍球場横(ヲイマテ)の「兵庫県立総合体育館」にて、「第14回関西Nゲージ合同運転会」が開催されました。
 それで4月の勤務配分上、18日(木)から年休を取ったので、ほぼ自動的かつ必然的に関西方面を巡る事になる。今回から暫くの間、関西方面での出来事をまあ適当に(マテコラ)挙げて行く所存です。

 話は17日(水)から始まる。前回より日程が短いので、今回は夜勤明け後に関西へ向かう事になった。で、やっと交代要員1号が来て、引き上げの為電車に乗ったら、「支所構内で電車が故障」なんて無線が…一歩引き上げが遅ければ居残り、しかも内容から1時間ぐらいの残業確定だった…

 ちなみに、この日の朝の占いで、「たのしいハプニングが満載」ってあったのだが、たのしくねー!!

 職場から自宅に戻り、出発の準備をする。昼飯を食った後、全荷造りが完了。この時点で13時前で、13時半過ぎのバスに乗るには少々早い。が、言い方が悪かったせいで、母親に「未だ行かないの?」と言われてしまい、仕方なく少々早いが出発。
 最寄のバス停からバスに乗り、最寄の駅まで向かう。途中のバス停で、止まった瞬間に、荷物が横転する。そんなに急ブレーキをしたふうには感じなかったのだが…バスは終点である、最寄の駅に到着。この旅行最初の電車は…
前面字幕が故障中な107系
 日常」で有名な車両!何かこの先を暗示する様な車両だった。短い編成だったが、始発列車だったせいもあり、余裕で席に座れた。
 高崎で新幹線に乗換るのだが、予定(「あさま」530号)より1本早い電車に乗れた。まあ予定だとこの電車の40分位後だったので、この判断は結構良かった。でも「Maxたにがわ」416号だったので、荷物運搬の事を考え、補助席に座ってました。
 東京駅で東海道新幹線に乗換るのだが、この時点で3本の「のぞみ」号が選択できた。順序は広島行(117号)・新大阪行(237号)・博多行(47号)で、発車番線は異なるが、同じホームから発車する。
 当初予定は博多行だったのだが、その番線には広島行が止まっていた。とりあえず新大阪行の列に並び、広島行の車内を見るが、良い席がないので、そのまま新大阪行に乗る事にする。広島行が出発した後、新大阪行が入線する。
N700系回送列車入線
 しかしフェンスが邪魔して写真が撮り辛いねぇ…その後結構間が開いて、やっとドアが開く。荷物を席に置き、飲み物購入と写真撮影。
折返「のぞみ」237号新大阪行 2大スターの鼻先
 何気にこのE5系N700系の並びって、撮ったのが初だったりする。
 「のぞみ」237号は定時に東京を出発。この時点では、そんなに乗ってはいなかったのだが、品川で、ほぼ席が埋まりかけ、新横浜からは座れないほど乗ってきた。
 道中はウトウトしたり、携帯をいじったりで、まあノンビリ。海側の席だったので、富士山は拝めず…名古屋で結構乗換があり、少々席に余裕がある程度になる。京都を過ぎて、無事に新大阪に到着。で、奥の方にはこんなのが…
N700A系側面ロゴ
 まさかのJR東海最新鋭車両・N700A系ががが…まあ先頭が隠れてて見辛かったですが…ここで地下鉄に乗換るのだが、ウッカリ切符を落とすハプニングが…なんだかなぁ…
 御堂筋線に乗換え、隣の西中島南方駅に到着。今回の宿は前回泊まった所である、「ホテルクライトン新大阪」で、まあ前回とほぼ似たような位置にある部屋に案内される。荷物を置いて、夕飯を食いに出かけ、これまた前回同様、「餃子の王将」で飯を食う。
 ホテルに戻り、持ってきたノートPCで明日の作戦を…と、おもったら、アップデートしてなかったのに気付き、アップデート作業になってしまい、時間がかかるから、先に入浴。戻ってきて、明日の予定を練った後、就寝となりました。

 本日はコレまで。次回に続くぜよ。
posted by 島々な人 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

第581回 三度京王鉄コレ祭

 6日(土)に再度京王電鉄が、「京王帝都電鉄2700系」の色違い…前回が通称グリーン車(車体色がグリーンが由来)だったのだが、今回はクリーム車体に臙脂帯の京王色。なのでまた多摩動物公園駅まで行ってきました。
 でもこの時爆弾双子低気圧が日本に接近しており、しかも6日から天気が下り坂…果たしてどうなるのやら…

 当日は4時15分頃起床。前回と違い、ダイヤ改正で列車が早くなり、起床も若干早くなっちまった…今回も始発列車が出る駅まで向かい、始発列車に乗るのだが、これまたダイヤ改正で車両が、1本しか運用がない211系…写真を撮ろうとおもったら、カバンの中にあったのがデジカメのケースだけ…本体忘れた〜!…なので今回写真がありません。
 とはいえ、211系の普通車は、長時間の着座に耐えられるので、グリーン車代が浮いた分、良かったかと。発車間際に寝台特急「あけぼの」号が停車していた。この後高崎駅でも似た様な構図が繰り返される。
 記憶が飛んで、宮原で気が付く。大宮で結構降りるのだが、ドア横に居たオッサンが何故か「人に当たりやがって」等々キレていた。そりゃアンタがいる場所が悪いのであって、他のお客さんが悪い訳ではない。
 前回同様浦和で京浜東北線に乗換え、隣の南浦和で再度武蔵野線に乗り換える。その後新座あたりで座れたので、ここで朝食のパンを食う。
 西国分寺で中央線に乗換、立川で多摩都市モノレールに乗換と、前回と同じルートで現地入り。でも現地は前回と変わり、京王駅舎横の博物館建設現場で、京王の名車が搬入されていた。嗚呼カメラ忘れた吾輩の馬鹿…
 行列は前回とほぼ大差のない位置だった。後は時間まで並んでるのだが、今回はDSが無いので、iPhoneでネット見て時間を過ごす。行列の方は、前回より長い様な…
 今回は天候と人数の影響か、9時10分に販売開始。行列が動き出すのだが、列の長さが縮まない…SOS電文も無かったので、2度並ぶのは止める。余りの列の長さに、心の何かが折れたよ…
 買い終わると、T−Trak Network関係者が集まってきた。先程車両の据付けがあったらしく、その状況を撮影していた模様。チクショウいいなぁ…
 その後は「京王れーるらんど」の内外をウヨウヨし、2度並んだ人を待つ事にする。この時点(11時前後)では、風が出てきた位で、雨は未だ降ってこなかった。途中でポンタ君から電話を貰うが、吾輩も出られなかったし、ポンタ君も出なかった。タイミング悪いね。
 2周目に行った人が無事に戻り、その後移動開始。天候的な観点から、高幡不動で別れ、一路秋葉原へ向かう吾輩。慌てて乗った電車が準特急で、笹塚駅を通過するので、手前の明大前駅で都営新宿線経由の電車に乗換る。
 しかしだ、この電車は都営新宿線内急行で、秋葉原最寄の岩本町駅には止まらないので、再度手前の神保町駅で乗換え…なんか効率が悪い様な…
 岩本町に着いたら、まず昼飯を食べ、「GMストア」に直行。タイミングよく欲しい物があったので、買いまくったら、5k円突破…チョット買い過ぎな気がしたので、このまま地元へ戻る事にする。
 上野駅から普通高崎行に乗るのだが、E231系だったので、即刻グリーン車に乗る。上野を発車して間もなく記憶が飛び、気が付いたら埼玉と群馬の県境近くで、しかも雨が降り始めていた。
 高崎から車を止めた駅までの列車に乗換、地元駅に到着したら、雨は小康状態になっていた。車に乗って、家に帰る途中で雨が再度降り始め、しかも風が結構出てきた。家に到着し、傘を差そうとしたら、強風で傘がぶっ壊れた…まあ幸いボロイから良いんだが、何か今日の出来事が凝縮されたような…

 と言う訳で、久しぶりに写真がない旅行記でした。
posted by 島々な人 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

第580回 東横線渋谷駅地上駅舎が公園になった3日目

 つー訳で前回からの続きですよ。

 24日(日)は7時起床する。前日のmixiで、残数があるとの情報もあり、まあノンビリと行くことに…と思った、「渋谷へ行こうと駅まで♪出かけたら♪切符を忘れて♪陽気な島々♪」(サザ○さんの替え歌で)になってしまった…orz
 ここでしょうがなく母親に届けてもらい、ここで30分位のロス…仕方なく新幹線で上京となる。ダイヤ改正から上越新幹線の主である200系が引退し、E2系J編成が新たなる主となったので、記念に一枚撮影。
新しい上越新幹線の主・E2
 その後同じE2の「あさま」号で東京に向かい、東京駅からは丸ノ内線→銀座線で渋谷に到着。するとヒカリエ入口付近まで行列が伸びていた。あまり捌けてないようだ。行列に並び、彼方此方撮影。
多分最初で最後の東横線渋谷駅撮影
 反対側には銀座線があるので、コレも撮影。
ノオオっ!被った!!
 …チクショウ!カブった!リベンジしよう。そうこうしてる内に、やっと入場する。まずは会場内を一回りして、場所の把握。
 鉄道コレクションの売り場を覗くと…エライ残り様で、陳列台の上に結構あるし、陳列台の後ろではダンボールから新しいのを紙袋に詰めて渡してたし。その後ばっふぁ氏と電話でやり取りして、余剰枠全部引取りした上で、追加で2つ会場で購入。
 その後は構内を撮影していく。まずは先日最後に乗った場所を撮影。
強者共が夢の後
 さらに駅構内の彼方此方を撮影していく。
東横線の車止め 実は今までよく見てなかった屋根の模様
 この時一番行列ができていたのは、バラスト詰め放題…うん、吾輩は要らない。とりあえず全てを見た後、会場を後にするが、出口で一枚。
さようなら東横線さようなら東横店東館
 うん本当に最後だろうなぁ。吾輩的に。会場を後にし、銀座線リベンジ。
銀座線01系 渋谷駅に滑りこむ01系
 その後副都心線で池袋へ向かう事にする。しかし地下まで少々遠いなぁ…ホームに着いたら、電話があって、ばっふぁ氏が余剰が減ったため、別件の用事を兼ねて出てくるとの事。何か悪い様な…電話後駅名表示板を撮影。
新・東横線&副都心線渋谷駅
 電車が来たので乗り込むのだが、急行なので割りと早く池袋到着。
副都心線池袋駅
 地上へ出ると、まずは昼飯を食い、近くの「IMON」で探し物をする。その後ばっふぁ氏が家を出たとの電話があったし、探し物が無かったので、池袋駅の「東武百貨店」へ。
 東武百貨店で本屋コーナーへ向かうのだが、コレが遠かった…店に入ったのは1番街で、本屋があったのが8番街。目的の物があったのが11番街…ほぼ端から端まで歩いてるじゃねーかよ!まあこれで目的の物が無かったら、キレてましたけど。
 その後コンコースで革製品を売ってる出店にて、定期入れを探すのだが、ナカナカ吾輩の条件にあう製品が無い。すると便意を催すのだが、トイレが遠い…仕方なく中央改札を通り、構内のトイレで用を済ます。するとばっふぁ氏が駅に着いたというので、トイレ近くで引渡しとなる。大変ご迷惑をおかけしました…
 少々歓談後、再度池袋の街中で探し物をし、帰る事にしたのだが、湘南新宿ラインに丁度良い列車が無い…仕方ないので、とりあえず赤羽へ出て、乗換を算段するが、赤羽でも丁度良い列車が無い…つーか湘南新宿ライン込みで3連続籠原行って…
 結局大宮から新幹線に乗って帰りました。
posted by 島々な人 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

第579回 激痛?轟沈?腰痛再発

 前回からの続きなのだが、よりによってウッカリデータがすっ飛んだわ、愚弟がまた人の部屋に来て、「KATO」のE6系に照明を入れてたわ、挙句に文章データを入れたSDカードを会社に忘れる(完全に個人用なので、会社のPCには使ってません)わで、更新が出来なかった訳で…

 とまあ、3月22日(金)から24日(日)の間、東急東横線渋谷駅の地上駅舎で、「TOYOKOLINESHIBUYAStationPark 〜『ありがとう』と『さよなら』の 3日間〜」が開催された。その目玉の一つに、「鉄道コレクション・東急7200系セット」がありまして、それが23日発売だった。
 今回それを買いに行くのが主目的なのですが、ここで少々問題発生。朝4時半頃起床しようとしたのだが、その時昨日のツケがやってきた。両腕筋肉痛と腰痛再発だった。

 吾輩の腰痛歴は長く、中学の頃、某学校の推薦入試の為、電車に乗ったのだが、この時変な乗り方(今風で言うとイナバウアー・昔風だとブリッジ)をしたため、腰を痛める。その後あまり悪化せずにいたのだが、入社してデスクワークになった頃、腰痛が悪化。痛い中ボウリングをしたせいで、トドメを差す。
 慌てて整形外科に駆け込んだのですが、レントゲンを取った後、医師に「骨が人一倍太くてデカイから、筋肉のバランスが崩れると即神経に当たる」と診断される。骨が太いのは良いのだが、デカイは良いのか悪いのか…
 その後暫くの間、電気治療(低周波で筋肉のコリをほぐす)と、湿布&投薬で治療をする。なのでこの時期酒が飲めなかったのですよ。

 腰痛が痛み出すのは、筋肉のバランスが悪い状態で、実は長時間立ってると結構辛いのだ。それが寝てる状態で腰痛が出るというのは、ある意味最悪。腕の筋肉痛も握力が落ちる位だったので、仕方ないけど24日に行くのを断念し、再度寝こむ。
 その後8時頃起床する。この時両親は親戚の七回忌に行き、愚弟は何処かへ出かけていない。なので昼飯を1人で食いに行かなければならない。幸い腰痛の痛みがほぼ緩和され、大丈夫だろうと思ったが、今度は太腿内側の筋肉痛が発生。車に乗る瞬間が一番痛い状態で、乗ってしまえば痛くない…自転車の反転って、下手なスクワットより来るのか?
 その後ココイチに行って、カレーを食べる。その後本屋へ用事があったので、車に乗って移動を開始した瞬間、携帯電話が鳴る。慌てて近くのコンビニに突入し、電話のやり取り。電話の主はばっふぁ氏で、心配になって電話をかけた模様。何か悪い事をした様な…
 ばっふぁ氏とのやり取り後、ついでなのでコンビニで買い物…と思ったら、今度は伽君より電話。タイミング悪いな今日は…
 その後電話でやり取り後、コンビニ・本屋で買い物を終え帰宅する。

 チョット短いのですが、次回分の原稿が案外多いので、次回に続きます。
posted by 島々な人 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする