2013年05月22日

第595回 港町ヨコハマまでお買い物・2日目

 前回からの続きだで。

 朝5時前に目が覚めてしまう。原因は寝違えからくる背中の筋の痛みで、この後ほぼ1日中痛みに悩まされる羽目になる。でもって、時間的に微妙だったのだが、出発する事した。今思えば、この時の判断は正しかった。
 京急蒲田駅まで向かう途中、コンビニによって、朝飯用のパンを買っておく。これは結局昼飯に化けましたが。京急蒲田で旧地上線を覗くと…
かつての本線跡
 道床がほぼ撤去済みで、バラストが若干残っていた程度でした。改札を通り、3階ホームへ向かうと、先発が普通電車で、次発が特急電車と、1本待たされる事に。来た特急電車は…
京急久里浜行特急1081
 新1000形ステンレス車でした。これで上大岡までは結構早く、20分位で到着。そして慌てて改札を通り、行列を探すと目の前にあったので、列を追って行くと、最後尾に着く。ここで大体の位置を撮影したのだが…
京急百貨店
 判る方は立派な京急沿線の方です。(ヲイマテ)後は待つだけなのだが、これが結構長い…つーか天気が微妙で、「雨降るなよ…」と少々心配に。
 待ってる最中は、携帯を弄ったり、バスの観察をしたりと、まあノンビリしつつ、天気の心配もしつつといった按配。列も見えない辺りまで伸びてて、後ろの按配がよく分からん!
 7時位に上大岡駅3階改札フロア&京急百貨店正面玄関前まで移動開始。途中電灯が点いていなかったから、何か変な感じであった。
 正面玄関前で並んでいると、列からはぐれてしまったばっふぁ氏を目撃。まあタダでさえ目の調子がイマイチなのに、あの暗さと移動速度じゃねぇ…ばっふぁ氏はその後何とか無事に並べました。あの時声をかけとけば良かったかなぁ?後はひたすら時が過ぎるのを待つばかり。
 8時前になり整理券配布開始。途中でばっふぁ氏とすれ違ったので、挨拶と待ち合わせ場所を言っておく。やっと自分の番になり、番号を見ると300番台の頭…予定は6時半出発だったから、この流れだとチョット怪しいレベルだった…危ねー!
 その後ばっふぁ氏と合流し、状況を聞いたら、どうも京急百貨店で480個なのは、関東で売ってるもう一方の百貨店(さいか屋横須賀店)が120個の少量で、関東合計が600って話だった…これまたハシゴ不可能じゃねーか!
 会話をしてたら、アキサ君も来たので、番号を聞いたら、400番台…こりゃ先頭付近じゃねーと、2回転は不能だったようだ。
 その後近くのファミレスで、朝飯を食って、時間を潰す事にする。そしたらくまら氏からメールが来て、「今日鉄道コレクション第17弾を引き取りに来ます?」って内容だった。こりゃ帰りに秋葉原に寄るのケテーイ。
 朝飯を食いつつ、後は次期製品の予想等、他愛のない話を2時間位する。こういう時はドリンクバーって結構便利で、結構粘れるんだよね。10時半を過ぎたので、朝飯の会計をしたら京急百貨店へ。
 京急百貨店内では、チョット並んでいたが、まあ想定の範囲内だった。引換券を渡して、商品を受け取ると、3人で店内を見て回る。
 しばらく見て回ったら、移動開始する。上大岡から快特電車の2100形に乗り、一気に品川へ行き、ここで京浜急行線に乗換る。ばっふぁ氏は新宿に用があるので、東京駅でお別れ。
 秋葉原へ向かう途中、代金を入れる物を探していたら、アキサ君が封筒を持っていたので、ありがたく頂く。秋葉原でアキサ君を別れ、一路くまら氏の場所へ向かい、無事引き取り。
 その後はやる事も買う物も無く、行きたい所はあったけど、背中のスジが未だ痛いので、そのまま帰る事にした。まずは上野駅まで向かい、上野駅で列車を待ってる途中で、おにぎりを2個買い、朝飯用のパンと併せて昼飯とする。
 買った後待っていたら、来たのがE233系だったので、普通車で帰る事にする。グリーン車でも良かったが、お金ががが…
 昼飯を車中で食った後は、もう撃沈。気がついたら熊谷で、再度撃沈したら、今度は倉賀野だった…うわー、過去に1度あったかどうかなレベルの撃沈っぷりだわ…
 地元に着くと、雨が降っていて、結局バスで帰る事になったのだが、そのバスが列車到着の5分前に出発って…次が約50分後って…結局駅前で強制暇潰しをした後、バスで自宅へ帰りました。

 しかし今回は結構ゴタゴタ後手後手な感じですなぁ。まあ半分行き当たりバッタリだったし。
posted by 島々な人 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

第594回 港町ヨコハマまでお買い物・1日目

 話は11日(土)の事。この日「鉄道コレクション」の事業者限定モデルである、「京阪電車大津線600型1次車特急色セット」が発売となった。何分4月下旬に同型2次車が出たのもあって、「これは是非欲しい」となって、買いに行った話である。

 前日の10日(金)は夜勤明けで、実は組合の前委員長(吾輩のボケネタ話を支社中に広めた極悪人(ゑ?))の葬式があった。が、勤務明けの時間と開式の時間の間があまり無く、葬式場の場所と喪服の都合(一旦家に帰らないと駄目)が悪い方向に重なる。
 さらにはこの日の通勤手段が原付で、帰り道の時間が延びる(往きは下り坂30分弱で、帰りは上り坂40分強)事もあり、行けない事に…車だったら何とかなる(往き帰り共25分前後)範囲だったが、今職場は改修工事中の為、駐車場が減車&代替場所がチョット離れてるってオチが…タイミング悪いなぁ…
 仕事明け後一旦自宅へ帰り、何だかんだで上京の支度をして、昼飯を食った後、自宅を出発する。この時ウッカリ下着や靴下の替えやら、傘や洗面道具を忘れる始末。何だかなぁ…
 時間的に夕方でも良かったのだが、探し物があったので、ついでに探そうと算段したため、昼過ぎの出発となった。でもって、車中は完全に撃沈してました。
 気がついたら宮原付近だった。その後赤羽で下車し、まずは「ヤマナカ模型」へ行く。ここは結構いろんな物があって、割と穴場的なお店なのだが、流石に今回目的の鉄道コレクション第17弾のケースは無かった。まあしょうがない。
 その後赤羽より京浜東北線に乗り、王子駅に到着し、ここで都電荒川線に乗換る。来た電車は…
幸せの黄色い7022
 黄色い7000形来たー!狙っちゃいないのに、この運の良さは、後々にとっておきたかったなぁ…これで熊野前電停まで向かう。
 熊野前電停で下車して、歩いて数分の所にある、「Train Bleu」へ行く。ここは行く度に他所では在庫の無い物があったりと、結構穴場だったのだが、やはり無かった。つーか店内が少々変わってたのがビックリした。
 再度熊野前電停から都電荒川線に乗るべく、待っていたら…
町屋駅前行8503
 まさかの町屋駅前行が到着。これでは手前の町屋駅前で降ろされちゃうので、次の電車を待つ事に。来た三ノ輪前行は…
すれ違う7000形と8800形 三ノ輪前行8808
 オレンジの8800形でした。これに揺られて十数分で、三ノ輪前に到着する。
折り返し早稲田行8808
 ここから歩いて数分の所にある、メトロ日比谷線の三ノ輪駅へ向かい、上野で銀座線乗換で末広町へ。末広町を降りて近くにある「TamTam」へ行くが、無論ある訳がない。
 その後同人誌屋によって、ゆうちょのATMに寄った後、秋葉原から京浜東北線に乗って、蒲田まで向かう。
 蒲田で下車したら、雨が降り始めていた。時は既に18時を過ぎたので、とりあえず晩飯を食う為、久しぶりの「日高屋」へ行き、つけめんと餃子、それにレバニラをいただく。
 食後何となく近くの「ユザワヤ」へ行ってみたら…定価だけどケースがあった!無論有無もなく即お買い上げ。
 その後傘を買い、本日のお宿を探した結果、蒲田駅近くのネットカフェとなりました。まあお金があったらホテルに泊まったのだが、今回はお金がそんなになかったので、チョットケチりました。
 行ったのが「MANBOO!ネットルーム蒲田店」で、実はネットカフェではない!ネットルームだ!!なので飲み物は、近くのコンビニで確保しないと駄目である。
 とはいえ、ネットが出来て、寝れればいいので、ここになった。チョット歩けば、もっと良い所があったけど、今回はこれで妥協。
 シャワーを浴びて、ネットを見て、その後寝たのはいいけど、冷房の風が寒い…結局送風口が閉められたので、閉めて寝ました。

 今回はこれまで。次回に続いてしまう。
posted by 島々な人 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

第593回 第14回関西Nゲージ合同運転会・2日目

 やっとこさ、このシリーズ(関西ヲタク紀行と関西N合運)も終わりますよ…ああ、今回は長すぎた気がする…

 翌朝(21日・日)は7時位に起床。まずは身支度と寝床整理をしつつ、外を見ると、例年通りの団体様。たしかコナミ系の体操大会だったよなぁ。朝から元気に体を動かしているのは、ある意味うらやましいし、「あんなに動けないよね」と、Black Junk氏とつぶやき、自分がジジィになった感じががが…
 その後朝食を食い、部屋を片付けたら撤収。Black Junk氏の車に荷物の一部を突っ込み、会場に戻ると、9時頃に会場が開き、2日目がスタート。
 2日目もダラダラグデグデとしておりました。でもラジコンの方が大盛況なので、どんな按配かを写真で…
ラジコン実演中な写真
 ラジコンのコントローラーは飛行機用で、自動車用ではコントロールのチャンネルが足らないそうだ。
 動いていたのは「はとバス」とトラックで…
道路上にいる2台がラジコン仕様
 トラックのほうを追っていく。
バス車庫に入るトラック
 隣の吾輩所有のバス車庫に進入。
一回切り返し中 2回目の切り返しで整備庫入庫中
 何度か切り替えして…
整備庫にトラック入庫
 整備庫に入庫しました。本当は動画の方がよかったのですが、相変わらず動画サイトのログイン名変えてないからなぁ…早く変えないとか?
 その後は他の所を見学。まずは痛トレインの進化系?それとも冗談系?
AKB48な列車 WANDAのオマケ?
 DD54に引っ張られるAKB48な痛タンク(というか缶コーヒーのおもちゃ)列車。別の所でも走っていたので、下回りを確認すると…
AKB缶の足回り
 Bトレイン用の台車を履いてました。別の場所では、Zゲージを使った、狭軌化改造をした車両がお出迎え。
6.5mmに改軌してある車両 9mmのままな車両
 アップだとチョット分かり辛いかな?で、今回企画展示では、「プラキットを組む」ってのがあったのですが…
確かにキット組立だが何かが大幅に違う
 何かキットが違う〜!で、今回吾輩のグループより和室の使用を強奪(ヲイマテ)したと思われるクラブの展示を見ると…
何か今までの和室組で一番デカイ気が…
 うん。こりゃ引き渡さないと無理だわ。
 12時頃昼飯を食べに食堂へ行く。パンがあったので、単なるカレーで済ませ、足らない分はパンを食って済ます。
 12時以降は、ほぼ部屋にいて、本を読んだり、隣でBlackJunk氏が「みにちゅあーと」の「不思議な町‐1」の肉屋を組んでいるので、それを見ながら時間を過ごす。
 しかしこの「みにちゅあーと」は出来がすごく良く、組んでる横で欲しくなっていく罠。(ヲイマテ)でも財政が少々怪しいので、チョットガマン…何せ組んでるBlackJunk氏本人も、「追加で買おうかなぁ」と言い出す位だしなぁ。
 ちなみにこの日の阪神2軍鳴尾浜球場は、ウェスタンリーグ戦が行われていました。でもこの日は、阪神1軍の甲子園球場でも試合があるので、「ららぽーと甲子園」と絡んで、帰りが少々不安に…
 15時になり、関西Nゲージ合同運転会もお開きとなる。ちなみに来年のテーマが「15」なのだが、まあ多分持っていけないでしょう。(ゑ?)
 閉会式後、荷物片付けと荷造り、それにテーブルの整理や清掃を行い、16時位にはもう撤収準備完了な状態になる。そして駅までの交通手段として、BlackJunk氏が車で送ってくれると言うので、吾輩とばっふぁ氏、それにばっふぁ氏の友人の3人で、BlackJunk氏の厚意に甘える。
 車に乗り、カーナビをセットするのだが、行先を少々悩む。そして移動の流れからして阪神尼崎に決定。途中いらちな関西人に、右折レーンで抜かされるという、警察がいたら面白い展開が。
 阪神尼崎駅でBlackJunk氏と別れ、ここから3人で梅田に向かう。来た電車は…
尼崎駅に進入中の8247
 伝統的な阪神カラーをまとった8000系でした。これで梅田に向かい、ここでばっふぁ氏とその友人氏とお別れ。吾輩はここから新大阪に向かい、新大阪から「のぞみ」242号に乗り込む。
安定のN700「のぞみ」号
 この時座ったのが、2人がけで、上手くいけば阪急電車や、富士山が見える方です。「のぞみ」242号は定時に新大阪を出発し、早速阪急京都線との併走区間に。
阪急京都線併走区間
 でもガラスが青っぽいので、変な感じに…阪急電車に至っては、上手く撮れなかった…でも速度の影響か、梅小路運転区に留置中の電車は、割と上手く撮れました。
新幹線より221系を撮る
 このカメラじゃ、これが限界だなぁ…「のぞみ」242号は順調に運転していたが、何故か名古屋駅前で2度停車…ここで5分位遅れが発生。
 名古屋を出発後、暫くすると車内販売が来たので、前TVに出た商品を買ってみる。
今回のオススメ商品
 「マカダミアナッツ&さくさくチーズ」と言いまして、これがまた結構美味い。通販可能なので、お金に余裕があったら通販したい代物。
 その後富士山を見たかったのですが、天候や時間の都合もあり、結局見れませんでした…orz
 「のぞみ」242号は小田原辺りで遅れを取り戻し、結局東京駅前で停車したせいもあり、多分若干の遅れで東京駅に到着。一旦改札外に出て、八重洲口南にあるマクドナルドで晩飯となる。
 晩飯後は地元行新幹線に乗り、何とか地元へ着くと、愚弟に迎えに来てもらい、自宅へ帰還しました。

 やっと関西への旅行記を仕上げましたが、しかし相変わらず本題の鉄道模型の方が…反省はするが後悔はしない!(ヲイマテ)
posted by 島々な人 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西N合運 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

第592回 第14回関西Nゲージ合同運転会・1日目

 前回からの続きであって、今シリーズの本題だが、内容が薄いのでご容赦。だって本当に無かったんだもの。

 さて、20日(土)は関西へ来た本当の目的である、「第14回関西Nゲージ合同運転会」の当日である。荷物整理後、朝食をとるため、1階まで荷物を下し、ロビー前に荷物を置いたら、朝食を頂く。
 朝食後、ロビーで鍵を返納し、ホテルを出発。途中のコンビニで、パンを2個買っておき、8時半位に南方駅に着いて、早速写真撮影。
快速急行の9309 HM付準急電車梅田行
 その後来た準急電車で梅田へ向かう。梅田から阪神電車に乗換える。
山陽電鉄直通特急な8215
 今回はジャイアンツカラーな8000系電車。電車に乗る途中で、おばあさんに「尼崎に止まる?」と訪ねられるオマケつき。吾輩地元民じゃないけどなぁ…まあ親切に教えましたけどね。幸い停車駅一覧が近かったし。
 電車は梅田を出発後、隣の尼崎に到着。何度か試して、撮影失敗続きだった車庫の様子が…
ジェットカーと近鉄乗入型
 まあまあな写真が撮れました。電車は甲子園駅に到着し、ここから阪神バスの鳴尾浜線に乗る。で、うっかりバスの写真を撮り忘れる残念な吾輩…
 で、この時乗ったバスが、珍しく阪神鳴尾駅経由便で、4本に1本しかないレアなもの。つーか通常ルートだと時間によっては、「ららぽーと甲子園」渋滞があるから、こっちの方が時間が読めて楽なんだが…ちなみに阪神高速の高架下を併走するルートで、結構長い距離を併走してました。
 現地である、「兵庫県立総合体育館」に到着。会場へ入ると、ここで驚愕の事実が判明。人が少なすぎ!どれ位かと言えば、この時いたメンバーが吾輩とばっふぁ氏、それに幹事役のBOSS君と相方ポンタ君、それにBOSS君の連れが1名(名前不明なので仮にA氏としておく)だけ…ちなみにあと一人はBlackJunk氏で、無論この日も遅刻確定。
 しかもポンタ君は当日…すなわち20日だけしかいないという、多分記憶が確かなら、T−TrakNetwork関係で参加したイベント史上、最少人数かも…如何考えても「BOSSテメー何してんだ?」レベル。まあ応募方法が悪いわ、第一募集が遅いわ…
 こんな体たらくなので、準備もグデグデ。途中モジュールをつなげるジョイナーが無くて、結局買い出しに行った事もあり、モジュールが動き出したのが、12時過ぎだった気が…
 しかも車両が少ないを通り越しかけた。通常動力がばっふぁ氏の「びわこ」号とアイトラムだけ…しかし、今回はA氏が持ってきた、「電源内蔵・配線無用」のラジコン車両が大活躍。でもこれを足しても電車が4両とは…もっとも今回大票田ならぬ、車両主である多摩温泉電鉄氏が欠席ってのが痛かった。
 12時頃に食堂でご飯を食う。毎度お馴染み日替わり揚げ物定食か、カレーかうどんって…相変わらずの変わらなさっぷり。で、日替わり定食を食ったのだが、シチューが付いてきたので驚いた。
 まあグデグデしながら、時間だけが流れていき、やっとBlackJunk氏が到着。来て始めて見たのが、Nサイズラジコンバスで、本人曰く「これ(を見る)だけで関西へ来た甲斐があった」と、多分今回ラジコンが無かったら、BOSS君の火祭り確定?
 ほぼ出揃った辺りで、フリーマーケットの方へ行くと、今年は大当たりで、鉄道コレクション第8弾の銚子・日立が各200円って…関東なら確実にこの数倍〜十倍近くに跳ね上がるのに…無論買い占めましたよ、ええ。つーか「買え!」と言わんばかりの価格帯だもの。
 後はグデグデダラダラと時間が流れ、夕食タイムとなる。夕食後もグデグデダラダラと、大差なく時間が進み、1日目が終了。
 宿泊室に行き、早急に風呂へ向かう。何せ一斉に風呂に入るものだから、お湯の出が悲惨になるのが、例年のお約束なので、その前に行ってしまう。この読みは当たり、大混雑前には部屋でくつろいでました。
 その後は隣のクラブとお茶飲み談話しつつ、ほぼBOSS君の苦言・弾劾その他諸々のメシウマタイムに。どれだけ悪行をふりまいてる?
 日を跨いだあたりで、お開きとなりました。

 1日目はこれまで。次回に続くべ。
posted by 島々な人 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西N合運 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

第591回 関西ヲタク(!?)紀行 西の趣都・日本橋でんでんタウン編

 前回からの続きだべ。しかし2日目も4回って…

 弁天町から再度大阪環状線に乗るのだが、反対側のホームには、やはり103系がおりまして…
魔改造103系再び
 今回も103系に縁がないです。確率的には当たるはずなんだが…そして来た電車はこちら。
中央線じゃない201系バーミリオン
 201系です。こちらは結構乗ってるし…そして天王寺方面行に乗り、4つ目の新今宮駅に到着。無論今回もこれに乗るのだ。
阪堺電軌南霞町駅
 阪堺電軌です。大阪に来る度に乗ってるのだから、結構重症です。でも今回は恵美須町までですよ。我孫子道行が反対のホームに来たので、撮影していく。
踏切を行く501形
 暫く待ってたら、踏切より警報音が鳴る。カメラを構えてたら…
モ170キター!(゚∀゚)
 まさかのモ161形キター!!!実は今回を含めて4回も訪問してるのに、これだけは乗っていなかったので、この時はもう嬉しいやら、一区間しか乗れない事に対する悲しさやらで、もうテンション上がりまくり。
 日本現役最古参の定期運用車両で、隣の恵美須町へ向かう。薄緑色に塗り潰されてるが、車内にある木でできた肘掛等の装飾と、床下から流れるサウンドは吊り掛け駆動…ああ、至福の時とはこの事よ…(言い過ぎな感じもするが、こんな感じだった)
 でもこの時間も長くはなかった。モ170号は恵美須町に到着。降りたら降りたで写真を撮りまくり。
昭和1桁生まれな車両 モ170号 恵美須町に佇むモ161形
 そして名残惜しいが、次の目的地に向かう。世界の趣都たる秋葉原に双肩する街、日本橋の散策です。
西の趣都・日本橋
 秋葉原との一番の違いは、表通りに痛い看板が無く、しかも結構縦長な感じなので、秋葉原に慣れてる身には違和感を感じる。
 でも裏通りに入ると、やはりこの手の街特有のコテコテした所もあり、1時間チョイとではココは攻め切れん…しかもこの時点で足の爆弾がもうねぇ…寄り道しつつ、何とか日本橋駅に到着。
日本橋駅入口
 ここから梅田まで向かうのだが、単純なら千日前線〜御堂筋線なのだが、へそを曲げてこの駅で乗換え。
堺筋線堺筋本町駅
 この写真を見て、ピンときた方、そうです、この時取ったルートは、堺筋線〜中央線〜御堂筋線と、数を乗るコースに。でもまあ、堺筋線で今まで乗った事の無い、66系に乗れたりしたからいいや。
 堺筋本町から隣の本町駅までは、中央線なのだが、今回(2度目の乗車)も近鉄7000系だったので、ちょっと残念。20系乗りたかった…そして御堂筋線に乗換える。
御堂筋線本町駅
 来たのが21系で、やはりショボ〜ン。8000形電車に乗りたかったなぁ…まあ確率から言えば、当たる方が少ないですけど。
 梅田で下車して、阪急に乗換え…と言いたいところだが、荷物運搬の観点から、「今のうちにお土産を買おう」って判断をし、まずは近くの阪神百貨店へ。
 「阪神百貨店」では、「ガトーフェスタ原田」の行列を見て、「地元に行けば、そんな並ばすに買えるんだけどなぁ…」と思う。それ位酷い長蛇の列を横目に、京都で買えなかった八つ橋を買う。
 さらに大阪土産を大阪駅の土産物店で買い、阪急線でホテルへ戻る。ホテルで荷物整理後、晩飯を食いに出かけ、この日はお好み焼きを頂く。でも量的に微妙だった…大盛り1枚で足りそうな、でも足らなそうな…変な按配に。こりゃご飯を食っておけば良かったか?
 食後ホテルへ戻る最中に、湿布薬を買い、入浴後ペタペタと足の裏に貼っていく。その後はネット映像を見てくつろぎ、眠気が酷くなったので就寝しました。

 やっと2日目が終わったよ〜。何でこんなに長くなった!次回やっと本編である「関西Nゲージ合同運転会」に突入しますよ。すごく短いから超ご期待。(ヲイマテ)
posted by 島々な人 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

第590回 関西ヲタク(!?)紀行 栄光の交通科学博物館編

 前回からの続き也。

 阪神尼崎から、次の場所へ移動するルートを考えてた。最初は梅田へ戻り、大阪環状線に乗換える予定だったが、路線図を見てたら、「ああっ!阪神なんば線があったの忘れてた!!」てな按配でして…と言う訳で、旧西大阪線である、西九条まで乗る事になる。
 で、ホームに行ったら、接続便なのか、阪神が誇るジェットカーで、個人的に好みの車両である、5500系が止まっていたので、撮影する。
ジェットカー5500系
 その後阪神なんば線の電車が到着。
ある意味よく見る1000系
 本当は近鉄車両に乗りたかったのは内緒だ。(ヲイマテ)これに乗って、西九条まで向かう。
 で、後日よくよく考えたら、隣の九条駅まで行って、大阪市営中央線に乗換えってのもあったんだよなぁ…まあ地下鉄は初乗りが高いからいいか。(ヲイ)
 西九条から、大阪環状線に乗換えるのだが、ここで関東では消えてもう数年以上は経つ、国鉄通勤型103系がお出迎え。
JR西日本40N魔改造型103系
 でもこれは桜島線なので、乗れませんです。乗ったのはこれ。
最近体質改善車が出た221系
 221系でした。これで隣の弁天町駅に向かい、目的地に到着。
交通科学博物館の野外展示場を望む
 この写真を見て、気付くのは立派な鉄っちゃんです。(ヲイ)そう、「交通科学博物館」です。早速中に入ると…

 宮崎実験線のリニアモーターカーが(実物大の模型ですが)お出迎え。そーいや昔BlackJunk氏が、これのNゲージ模型を持ってて、たまたまお寿司皿の上に載せたり、吾輩が変な格好で食うような写真を撮ったりして、遊んだ記憶が…
 無論交通博物館やら、鉄道博物館に無い物も展示してあり、結構新鮮です。たとえば超電導磁石とか…
パッと見単なる金属管だなコリャ…
 1800形蒸気機関車とかもそうです。
英吉利形蒸気機関車
 何かイギリス型って感じが良いですな。つーかKATOチビロコに見えた、吾輩の発想が相当変?(ヲイマテコラ)そして気動車の動力伝達がよく分かる物や、密着自動連結器が連結してある物も。
プロペラシャフトと変速機 連結完了
 大型模型コーナーには、何故か関西私鉄の車両たちが…
関西私鉄揃い踏み
 そして夢の超特急たる0系新幹線電車も4両鎮座。
タイプ0 客室窓は広窓
 でも中間車には乗れません…残念〜!(ネタ古っ!)そして古豪の電気機関車EF52形も鎮座。
EF52形電気機関車
 無論交通科学と付く位なので、鉄道車両以外にも展示してあり…
三丁○の夕日的な画 スバル360
 オート3輪やスバル360もあります。スバル360の隣には…
サンフランシスコケーブルカー
 サンフランシスコのケーブルカーがありました。そして第2展示場へ向かうのだが、これが歩道橋で繋がっていて、エスカレーターは勿論の事、エレベーターまで無い。バリアありまくり。第2展示場には…
ディーゼル機関車達
 ディーゼル機関車がお出迎え。個人的に好みなDF50形とか…
DF5018号機
 臨海鉄道に派生形が多数あるのに、本家たるJR(国鉄)に1両も残ってないDD13形
DD13638号機
 そして「鉄道文化映画集鐵道信號」(映像が2分割されてるので、リンクも2つありますよ)に出てるのと同系統な、旧型の連動装置も。
古典的な連動装置
 ちなみにリンク先の映像、このコーナーのTVで流れてました。
 そして「悲運の機関車」とか、「ゴーヨン(54)のジンクス」といわれた車両、DD54形がありました。
栄光の寝台特急牽引機・DD5433号機
 で、これは車内に入れるので、入ってみた。
思いの外コンパクトなDD54形の運転台
 座ってみたら、狭すぎて運転操作の真似が無理でした…orzデカブツ殺しな車両だなぁ…第1展示場へ戻り、屋外展示場へ向かう。
野外メイン展示場 ガラス張りな車庫IN義経号
 ガラス張りの車庫には、「義経」こと7100形蒸気機関車が鎮座。ある意味展示が模型っぽい感じです。
 後は形式別にチマチマ写真を撮っていく。
ブルドック・キハ81 C6226号機 ナメクジ形D512号機

唯一無二の80系電車 古典蒸気機関車・233号機 今も現役?食堂車・ナシ20
 ここでC62形の運転台に乗ったのだが、やはり頭はぶつからない…D52だけ屋根が低いのか?
 さて、この交通科学博物館、老朽化並びに狭小で梅小路に大半を移転するってお話ですが、確かに昔の交通博物館に比べて、建物内は狭いです。でもここも改修して、鉄道以外の展示物を拡充すれば、結構良いかもしれないと思うのは吾輩だけか?
 その後は休憩室で一休み後、次の目的地へ向かう…っと、その前にお土産を買いました。何故か阪急の商品ですが…

 今回はこれまでっす。次回に続くのだが何か?(ヲイ)
posted by 島々な人 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

第589回 関西ヲタク(!?)紀行 尼崎脱線事故現場編

 前回からの続きなのだが、本日の記事は読む人によって、精神的苦痛や不快を感じる可能性があると思われる写真がありますので、ご注意の上でお読み下さい。(まあそんなにいないとは思いますが念の為)

 夙川から特急に乗り、西宮北口駅で普通電車に乗換え、阪急塚口駅に到着。ここで阪急バス57系統阪神尼崎行が発車間際だったので、慌ててバスに乗り、そしてあの大事故の現場へ向かいます。

 さて、前回は事前に調べてなく、歩いて行って大変(思いの外遠かった…)な目にあったので、今回はかなり調べました。
 最寄が「尼崎公共職業安定所」というバス停で、阪急塚口駅からそこへ至るには、尼崎市交通局・阪急バス共通の58系統JR尼崎行か、阪急バス単独の57系統・55系統阪神尼崎行の実質2択。
 バスの本数は58系統が30分毎で、57・55系統は10分毎と、案外本数があります。まあ場所柄私鉄王国で、その私鉄系バス会社が幅を利かす土地柄なので、JR発着が少ないですねぇ。

 バスは「尼崎公共職業安定所」バス停に到着。降りたら来た道(北向き)をチョット戻り、信号機のある交差点を東に曲がります。後は道なりに歩くと、現場近くの踏切に到着。
 その踏切近くには、相変わらずあのマンションが建っておりました。歩いて現場へ向かう途中、このようなポスターがありました。
あの日は忘れてはならない
 未だ心の傷は癒えておらず…そりゃあんな大事故から、すぐに立ち直れる事なぞ、出来ようが無いでしょう。

 2005年4月25日、あの日はたまたま沖縄で行われた、組合の平和研修から帰ってきた翌日で、たまたま休日を入れていた。たまたま給料日だったので、給料を引き落としに行って、帰ってきたら、あの衝撃的な映像が目に入った。

 あれから8年、あの映像は未だ忘れられず、頭の片隅に焼き付いたままだ。吾輩がこの業界で生きていく限り、忘れちゃいけない事故です。いや、忘れそうにもない。あの現場は、未だ当時の傷跡を残していた。
事故現場だった場所
 不自然な形の架線ビームと、傷跡が消えないまま、誰も居ないマンションと…107人の冥福を祈り、この場を後にする。

 帰りの選択肢は、往きよりも増えて、阪急塚口駅へ戻るのと、阪神尼崎駅に向かうか、JR尼崎駅に向かう便の他、阪急園田駅へ向かう尼崎市交通局の22系統(1時間に1本位しかない)と、川西能勢口駅近くの川西バスターミナル行(阪急バス56系統で阪急塚口駅は寄らない)のバスもある。

 この後の予定を考え、この時選んだのが、阪神尼崎行のバスに乗る事となった。来たのは56系統で、尼崎市内完結でない、乗車券制のバスだった。ウッカリ乗車券を取り忘れ、仕方なく下車の際、運転手(バスとしては珍しく女性の運転手だった)にその旨を申し出て、市内料金で降りる。そしてバスを撮っていなかったので、ここで撮影。
阪急バス56系統阪神尼崎行
 この時点で、12時近くだったので、駅構内でうどんを食うのだが、頼んだちくわ天うどんのてんぷらが間に合わないのか、「値段はそのままでいいから、別のに変えてもらいませんか?」と言われる。遠慮なくかき揚天うどん(数十円高い)やつに変えました。
 汁は関西なので、薄めな色合い。まあはな○うどんとか、○亀製麺で慣れた色だしなぁ。でも結構美味かったですよ。

 今回はこれまで。次回に続くのさ。
posted by 島々な人 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

第588回 関西ヲタク(!?)紀行 「涼宮ハルヒの憂鬱」編

 やっと2日目に突入っすよ、奥さん。(誰が奥さんだ!?)

 朝は7時位に起床。そして朝風呂・朝食後に身支度し、2日目行動開始。まずは南方駅付近で鉄道写真の朝練をする。まずは京都方踏切で撮影。
南方駅に停車中の電車 南方駅を出発する3361
 その後京都方にあった、歩道橋で撮影。
曲線外側で撮る7400 曲線内側で撮る3359 曲線内側で撮る古豪・2372
 ナカナカ良い場所だったのだが、カメラがコンデジなので、流石にキツイ…デジ一が欲しくなった、大阪での出来事…そして撮影したら、移動開始。まずは梅田行に乗る。
梅田行準急電車・HM付
 そして隣の十三駅で神戸線に乗り換えるのだが、最初に来たのが…
黄色い線の内側までお下がり下さい 回送電車通過
 回送電車だった。次の電車が来た。
新開地行通勤特急・7109
 これに乗って、夙川で甲陽線に乗り換える。
甲陽線のりばと進入してくる電車 朝ラッシュの降車中
 タイミングよく電車が到着し、朝ラッシュなので、結構乗ってる事。先頭に向かい、写真を撮る。
甲陽園行・6023
 その後車内で検査暦が書いてあるので、写真を撮る。
検査年が西暦
 JRだと、車体妻面に書いてあるのですが、阪急ってこれが主流?電車が夙川を出発し、隣の苦楽園口駅に到着し、ここで下車する。
甲陽線苦楽園口駅
 ここから歩いて夙川公園に出ると、後は川沿いをてくてくと上流に向かう。そうすると川を渡る飛び石を発見。
橋の代わりの飛び石
 これより鉄道ファンだと「私鉄の車両」シリーズに出てくる場所であり、「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズ(リンク先は京都アニメーションです)の舞台の場所です。
夙川鉄橋
 この公園、桜で有名ですが、もうほとんどが葉桜。でもチョットだけある、八重桜は辛うじて咲いていたので、電車と一緒に撮影。
八重桜と鉄橋と阪急電車
 涼宮ハルヒに出てくる、撮影現場を押さえておく。
夙川鉄橋下付近から望む
 駅近くで、踏切も近いので、電車が来るのがよく分かる位置なので、橋を渡る電車を撮影も楽です。
北側から夙川鉄橋を撮る・6010 南側から夙川鉄橋を撮る・6110
 そしたら近くの踏切へ。T−Trak Networkの信号長Y氏が作った、モジュールにある踏切です。
夙川公園横の踏切
 再度涼宮ハルヒの撮影現場に行き、何となく撮影。
撮影現場から鉄橋を望む 桜を撮るならコレが良いかも
 桜が咲いてる時に来たら、良い写真が撮れそうだなぁ…しかし今年の桜前線、北上が早すぎるぜ。そして再度踏切に出て、写真を撮る。
夙川公園横の踏切を通過中・6010
 住宅街だけあって、車の往来が結構あるんだよな、この辺り。その後は甲陽園駅方面へ歩いて向かう。途中で線路脇の写真を撮るのだが…
甲陽線苦楽園口〜甲陽園間
 金網って、写真を撮る時に味気ないよね。電車の間隔が10分ヘッドなので、実質5分間隔で電車が行き来するので、写真を撮るには楽で、途中で電車が来たので撮影。
速度制限区間を通過中の6123
 そしてやはり涼宮ハルヒに出てくる踏切に着く。
涼宮ハルヒな踏切
 でもここって、踏切の反対側(撮影側だと背面)に斎場ががが…でもって、電車を撮ろうとすると…
赤いフィットが邪魔をする…
 タイミング悪いなぁ、おい!この時点で昨日のダメージが残りまくってるので、アッサリ移動開始。もうチョイ粘れれば、良い写真が撮れそうな感じです。こうして歩いて甲陽園駅に到着。
甲陽線甲陽園駅
 で、前に来た時のリベンジ写真。
前回のリベンジ写真
 うむ、水が美味い。(ヲイ)撮影後に改札を通り、甲陽線で夙川へ戻り、神戸線に乗り換える。

 本日はこれまで。次回に続くけど、この調子じゃ、ネタが消費できるかどうか…11日(土)にあるのになぁ…
posted by 島々な人 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

第587回 関西ヲタク(!?)紀行 SLの聖地・梅小路蒸気機関車館編

 前回からの続きっす。

 列車で寝落ちて、気が付いたら大津駅あたり…結構寝たなぁ…その後は何とか起きて、京都駅に到着。
京都駅
 しかしデカイなぁ…高さが無いのに、横幅がでかいと大きく感じる。ここでその筋で「東の関東バス・西の京都市営」とか、「トロピカル連合近畿支部長」とか、「京都一の暴走族」とネタにされる、京都市営バスに乗る。
京都市営バス205系統
 しかし、ウッカリ系統を間違えた(203系統と205系統)ので、慌てて降りて、結局目的地まで歩いて向かう羽目に…この時点で足はもう大変な状況で、足に抱えていた爆弾(足裏の筋が一部骨化して炎症しやすい)が爆破して痛い…
 何とか歩いて本日最後の目的地に到着。
梅小路蒸気機関車館兼梅小路運転区
 SLの聖地たる「梅小路蒸気機関車館」です。でも閉館1時間前だったのは内緒だ。(ヲイ)早速中に入ると、旧二条駅舎が目に入る。
旧二条駅駅舎
 そして中に入って、転車台を中心とした、機関庫正面に出る。
扇形修繕庫 扇形車庫
 時間的に逆光が酷いのですが、可能な限り撮影しましたよ。その後は形式別に撮影。
C51239 C5345

C59164 D52468 D50140

菊花御紋付C581 なめくじD511
 動態保存機で、梅小路専用は外で待機中。
動態保存機一同
 再度静態保存機を撮影していく。
B2010 9633
 最後のC11だけ写真がブレて使えない…orz検修区画では、2両の蒸気機関車が修繕中。
機関部分だけのC56160 検査中のC571
 C56は炭水車と機関部が分離中。よく見ると、機関部の車輪が無かったような。もう1両はC57で、検査用の圧縮空気補充の為か、DE10が連結している。
ブレーキ試験中のDE101156
 他方で若い社員が、ヲタクと思われる男3人に質問攻め中。吾輩は一旦展示庫内をうろつく。途中で1070形機関車を撮影。
栃木より来た1080
 その後はキャブ(運転台)に乗れる機関車に乗るのだが、何故かD52だけ頭をぶつけそうな位の低さ…他は平気だったのに…何故だ?
 その後検査の様子を見ていたら、検査が終わったようで、DE10が転線を開始。
転車台移動中 DE10誘導中 転車台に載るDE10
 転車台に載っかって…
回転開始 回転なう
 回転して…
収容線に移動開始 収容線に収容完了
 収容される。そしてC57をすかさず撮影。
C571 C571とC56の炭水車
 本来ならこの先にも展示があるらしいのだが、拡張工事に伴う文化財発掘調査があって、行けませんでした。本来ならD51とか、C55にC58等もいたのですが、工事フェンスの先に…
 気を取り直して、群馬では縁の無かった50系客車の車内を撮影しまくる。
トイレ出入口はデッキ向き 広幅仕切り戸 オハフ50の車内
 この時点で閉館まで30分を切ってしまい、疲労の事もあり梅小路蒸気機関車館を後にする。その後京都市電の運転コースがある。
京都市電の動態保存運転線
 車両が無いかと線路の末端まで行きましたが、車庫に隠れてて見えませんでした。この時点で17時半を回り、他へ行く気力も無いので、ホテルへ戻る事にする。
 まずはバスが通る道まで出る。京都駅方面に行っても良かったが、乗換の事を考えると、阪急線の駅方面が良いので、バス停で行先を確認する。すると丁度阪急桂駅へ向かうバスがあり、時間も丁度良かったので、このバスに乗る。
 バスは再度京都市営バスで、今度は均一区間を外れる系統なので、バス車内が他のバスと少々違う感じがする。バスは桂駅東口に到着し、ここで写真撮影。
京都市営バス33系統
 桂駅から電車に乗るのだが、電車が未だ来ないので、写真を撮影しまくる。
準急と快速急行 梅田行準急電車 実は乗務員交代済
 その後梅田行快速急行が到着。
梅田行快速急行8300系トップ編成
 これに乗り、淡路駅に向かい、淡路駅から普通電車に乗換え、南方に到着。その後は近くの串カツ居酒屋により、晩飯を食ってからホテルへ戻りました。

 やっと1日目が終わったよ〜。長かったよ〜。2日目が怖いよ〜。でも次回に続くんだよねぇ。じゃなきゃ終わらん!(ヲイ)
posted by 島々な人 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする