2013年11月30日

第623回 第15回組合文化祭・前日設営日編

 9・10日(土・日)に、「高崎市労使会館」にて、「第15回地本文化祭」が行われました。今回はそれのレポート的何か(なんじゃそりゃ?)をお送りいたします。

 さて、毎度おなじみ8日(金)は前日設営日ですが、今年は少々困った。まず最初は先輩の親がお亡くなりになり、葬式が8日11時からみどり市と、参列すると設営にチョット無理げな時間に…
 設営は13時からと、場所によっては何とかなるのだが、よりによって式場が高速道路や、鉄道駅が近くにない上、車だと確実に混む道を通らなければならない場所に…なので仕方なく後輩に香典を頼む羽目に…
 とはいえ、13時からなので、午前中は医者に行こうと考え、医者に行ったら、その医者が「葬儀参列の為、午前中は診療は出来ません」ってオチが…なんだかなぁ…
 仕方なくフジ模型に行ったら、女将に「この前予約品が来て、電話したんだけど聞いてる?」と言う。聞いてないよー!原因は親父だった…なんだかなぁ…
 まあフジ模型で時間をつぶすにも、限度ってのがあるので、床屋に行って髪型を整えてもらう。これで何とか時間が潰れたのだが、しかし朝からこうもゴタゴタだとはなぁ…
 床屋で髪が整ったところで、荷物を取りに組合支部へ。チョット前に組合支部が引越して、面積が割りと狭くなっていた。
 でだ、荷物を物置に入れてあるのだが、ココがまた狭い…巨漢な吾輩だと少々困る位置に荷物があったので、しょうがなくタマタマ事務所にいた後輩に頼んで取ってもらう。
 荷物を車に載せようと、リアの椅子を倒そうとしたら、倒すためのレバーが壊れる…何でこんな時に…仕方なく倒すのを諦め、何とか荷物を載せる。もう吾輩が何をしたって言うんだ?
 荷物を載せて出発。丁度昼飯時なので、久方ぶりに「すたみな太郎」へ行く。つーかある意味文化祭前の恒例パターンだが。
 食後に会場となる「高崎市労使会館」へ。既に業者がやって来て、大きいサイズの机や、テントの道具を荷おろししていた。
 早速設営場所である、レクリエーション室(事実上の卓球室)へ行くのだが、鍵が開いてない…仕方なく外でチョット地本からの荷物をおろす作業を手伝い、部屋が開くのを待つ。
 部屋が開いたので、まずは卓球台を移動させ、その後隣の会議室から机を勝手に持って行く。勝手って言うけど、まあ一応申請してあるので、文句は出ませんが。
 机を配置して、ガムテープで一部を補強し、後は延々とレールを敷いていく。一応基本図面ってのがあるのだが、持って来るのを忘れるし、一応頭のなかに結構入っているのですが、組む度に微妙に形が変わるのが毎度の事でして…
 途中何度か休憩をはさみ、何とか本線の配置が終わる。ヤードは毎年明日に後回しだし、第一本線が動かなかれば、意味が無いですし。さて試運転…と、おもったら、車両がなかった…それ以前にウッカリ車から延長コードをおろすの忘れてた…なので明日に持ち越しケテーイ。
 運搬用台車を折りたたみ、車に載せて帰宅する。この時18時を過ぎており、ディーラーに行こうにも、最寄りにダイハツのディーラーがないので、今日は諦めた。
 帰宅後は荷物を準備し、就寝する。

 都合がいいので、次回に回しますよ。
posted by 島々な人 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 組合文化祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

第622回 第34回日本鉄道模型ショウ・その4

 前回からの続きなのね。

 さて、京急蒲田へ着いたはいいが、チョット早すぎなので、京急蒲田要塞駅構内をチョット撮影。
ドア閉扉中前方よし
 駅がチョットカーブしてるので、運転士も身を窓から出し、視差確認してます。
第二場内と第一出発が近い
 そして発車していくのだが、出発信号が2ヶ所で、普通電車用ホームもあるから、まあ先が見えねー!
 会場のPiOに到着するが、まあ相変わらずポール・ポジション争いをやってる訳でして…開場が9時なのに、着いたのが8時10分位って…
 まあスグにメンバーが来たので、後は談笑しつつ開場時間を待つ。9時になり開場し、早速本日の組替&整備&撮影大会(ゑ?)にとりかかる。
手前写真・奥整備?
 一方では、Black Junk氏が、今回最年少のK君に旧型の踏切装置を贈呈していた。「彼なら何かに加工できるだろうから」と言ってたから、その最中の画がこちら。
只今受講中
 何か講義を聞いてる感じがする、K君が正座して聞き入ってるのが、なんとも言えない画になっていた。さて、K君も今年で高校生なので、容赦なく入口担当にする吾輩であった。(ゑ?)
 本日の入口・HO担当の配分も、人が少し増えたし、予定人数が少なくなった事もあり、案外スンナリと入った。が、この後、配分のせいでエライ目にあったのは、この後のお話。
 前日は朝礼が省略されたけど、本日は時刻通りの開場なので、朝礼が行われた。その後入口担当を配置し、2日目がスタートする。
 後はほとんど前日と同じだが、流石に疲労がエライ事になってるので、裏の部屋(食事場所用に会議室があるのだが、その入口ロビーにある長椅子の方が多かった)で休んでいる率が上がってました。
 余裕が出来たこともあり、買い物をし出す。「DDF」で無地の12ftコンテナを買うのだが、中身は「KATO」製でした。続いて「ネコ・パブリッシング」の「RMライブラリー」から、名古屋市電の上巻と中巻を買う。でも未だ下巻が出てないので、如何確保しようかねぇ…後「アルナイン」の「京阪80形用動力」買って終わり。
 例年なら、三線式Oゲージを買うのだが、今年はパソコン買い替え予算捻出のため、断念する。
 昼飯を食った後、やはり会場内をウロウロしたり、人員配置の仕事をしていたのだが、14時過ぎに何故か携帯に着信が。見るとBlack Junk氏で、出ると「何処に居るの?」と聞いてきた。
 何か嫌な予感しかしなかった。早速Black Junk氏と合流すると一言。それを聞いて吾輩呆れる。原因はHO担当にしたポンタ君が、あまりにも残念だった事だった。この男、駄目だこりゃ…
 頭痛ネタが増えてしまったところへ、15時からの入口担当を差配してたら、たまたま担当のげじまゆ君がいなかった。たまたま頭にきていたせいもあり、ポンタ君をとっ捕まえて、「テメー1時間ここで立ってろ!」と、強制的に入口担当にした。
 その後はBlack Junk氏と協議して、げじまゆ君に経緯を説明してたら、頭が痛くなってきた。外で飲み物を飲んでいたら、他のメンバーに愚痴タダ漏れ。
 16時になり、最後の入口担当として、吾輩が入口に立つ。流石に出入りは関係者か、トイレに行ったお客さんかなので、まあ気楽…と言いたかったが、何人かチケットを買わずに入ろうとした人が…
 17時になり、イベント終了。まずはモジュールをしまい、敷いてあった布を片付け、机の撤収を行う。後は机やイス等をラックに収容して、エレベーターで倉庫にしまうのだが、ここで半分エレベーターボーイ状態になる吾輩。
 大ホールのみの利点って、しょっちゅう混ざっていた机の収容で、枚数の異なる積み方や、幕板付きや幕板なしの混載が無かった。そりゃウチのメンバーがきっちりと仕事をした証拠です。
 そして18時半位でここまでサッパリ。
さっぱりスッキリ
 その後は解散となり、吾輩とひぐらし氏でJR蒲田駅に向かう。JR蒲田駅でひぐらし氏と別れ、毎度おなじみになってる、西口のマックで夕飯を食う。
 食後はノンビリと帰宅し、これまたイベント後では恒例の、風呂に直行しました。

 結構長くなったけど、鉄模連ショウのお話は終わり。次回は地本文化祭ですよ。
posted by 島々な人 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

第621回 第34回日本鉄道模型ショウ・その3

 前回からの続きっス。

 3日(日)も4時半に起床するが、流石に疲労の度合が酷く、「カプセルホテルでもいいから、都内に泊まっておけば良かった」と、心の底から思った位ひどかった。
 疲れた体を無理矢理動かし、昨日と同じ列車に乗るわけですが、今度の車両は…
「日常」そのものな107系前期型
 完全に「日常」に出てくる車両です。ありがとうございました。まあこの後の流れは前日とほぼ同じなのですが、今日は品川で京急線に乗換える。まずは京浜東北線のE233系を撮影。
チョットブレがきになるE233系京浜東北仕様
 やはりシャッター速度が1/60じゃねぇ…京急線ホームに行くと、丁度エアポート急行(withブルースカイトレイン)が発車してしまった。まあゆっくり写真撮影できていいや。まずは浦賀行のダルマさんこと800形
普通浦賀行京急800形
 信号を見たら…
1番出発進行・普通
 列車種別が信号に表示されるんだなぁ。次に来たエアポート急行は「都交通局の白い悪魔」こと都営5300形
エアポート急行羽田空港行都営5300形
 急行だと、信号に列車種別が表示されないようだ。でもって、反対のホームには2100形が到着。
京急2100形と都営5300形
 まあエアポート急行に乗ってもいいけど、快特の速さをあじわうべく、次の電車を待ってる最中に、こんなポスターを発見。
確かにダルマさんは赤いけど黒顔って…
 これさあ、普通1500形じゃなくて、800形の方がいいんじゃない?そして快特が到着。
快特三崎口行1000形
 撮影後に電車に乗ったら、外で何か騒いでる。外を見たら、残念な人が何故かキレていた。多分近くに人がいて、撮影の邪魔だと勘違いしたか…でも言葉不明瞭で騒いでいたから、多分残念な人だろうなぁ…そんな中、何事もなかったように、窓を洗ってる運転士がある意味シュールだった。
 さてこの1000形今や絶滅危惧種なドレミファインバータで、久しぶりに当たりを引いた気がする。でもって、速さの方は…相変わらず早いです。そうこうしている内に京急蒲田要塞に到着。撮影しようとしたら…
お客さまご案内中
 運転士が電車案内していた。

 ほとんどイベントじゃないのに、尺を使いすぎてチョット長くなったので、ここで分割しますだ。なので次回に続くのです。
posted by 島々な人 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

第620回 第34回日本鉄道模型ショウ・その2

 前回からの続きであ〜る。

 18時になり閉場時間となる。大雑把な整理をして、宴会場へ向かう。今回はどうもいつもの場所(4階のコンベンションホール)が取れなくて、JMRAの懇親会が無い。ので、代わりに身内で宴会となりました。
 場所は「金春本館」で、北京ダック付き飲み放題で4000円と、何か間違ってる気がする位リーズナブルな値段。
確実に愚弟が食えない辛さ
 写真は「苗豆炒め」で、コレが結構辛くて美味い。ご飯があったら、2杯はいけますし、ビールも進む美味しさ。でもって、コレを食おうと、吸い込んだら、喉チンコに唐辛子がストライク。酷い勢いで咳き込み、危うく死にかける始末。ジジイになったもんだなぁ…
 こうして体を張って、ネタを作った後、待望の「北京ダック」登場。
ベイジンカオヤー
 早速具材を載せていく。
具材を皮に乗せる
 でも吾輩が座ってる机には、本当は長ネギ(Black Junk氏の天敵)が無く、ひぐらし氏が隣の机からかっさらって来たやつだったりする。そして巻く。
巻き巻き中byひぐらし氏
 人生初の「北京ダック」、大変美味しゅうございました。でもって、机の上は大変な事になっており…
これでも何皿かは持って行ったのにこの多さ
 でもよくよく考えたら、中華料理って、こんな感じだよね?あまりの料理量に、Black Junk氏が周りの満足そうな顔を見て曰く、「ココは正解だった、これで伽君が来ても大丈夫だ」と申しておりました。
 ちなみにこの時伽君は、仕事で秋田へ行ってましたとさ。
 ボリュームが結構あって、結構アップアップだったのだが、何とか食い切ったら、隣のtominubian君が何かをやりだす。
Nゲージ向けショベルカー組立中
 なんだか毎度おなじみの風景だなぁ…Black Junk氏が変な所で屈んでいるので、何をしているのかとおもったら…
実は2匹いる
 亀と戯れてました。この亀、結構リアクションがあって可愛いなぁ。自称亀好きと言ってるBlack Junk氏が結構ニヤけてたもの。
 2時間が経ち、酒乱ポンタ君の暴走(したらしたで羽田沖に沈めたくなる位酷いのだが)も無く、宴会は無事に終了。このまま普通にJR蒲田駅に向かい、新幹線で高崎へ。到着すると、まあ時間的にコレを見るわけでして…
何かデジャブ感があるんだが…
 来年のダイヤ改正で無くなるとの情報が流れた、寝台特急「あけぼの」号です。無論吾輩の乗る列車まで時間があったので、即刻写真撮影。
寝台特急「あけぼの」号青森行 「あけぼの」マーク 「2021列車発車」
 フラッシュを焚かずにコレだけいい写真が撮れるとは、現在所有のデジカメは性能が良すぎ。
 その後は真っ直ぐ自宅へ帰りました。

 宴会だけになってしまったが、まあ仕方ない。次回は2日目になるよ。
posted by 島々な人 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

第619回 第34回日本鉄道模型ショウ・その1

 前回からの続きデース。

 2日(土)も朝4時半に起床し、駅まで自動車で向かう。途中コンビニにより、朝飯を調達する。職場に自動車を止めて、駅に行くと…
臨回「リゾートやまどり」
 珍しいのが止まってやんの。ちなみに2番列車は…
三つ窓の107系
 「日常」でお馴染みの107系です。
 高崎から上野行に乗換えるのだが、平日も土休日も同じ時刻に発車する列車なのに、土休日は車両がE231系になるので、無慈悲にグリーン車確定。
 でもグリーン車は朝飯を食うには、机がある等で都合が良くて、前日の反省点をココで活かす。しかも普段7時位に朝飯を食うので、普段通りに近い時間に食える。
 上野から京浜東北線に乗換、JR蒲田駅に到着。時間が早過ぎたので、時間つぶしを兼ねて、歩いて会場へ向かう。京急蒲田駅西口はこの様になってた。
消えた修悦体 西口脇の道路が閉鎖中
 修悦体が消えてるのが、チョット時の流れを感じたりする。そして京急蒲田駅自体も…
未だ残る橋上駅舎跡 消える路盤に増える資材&機材
 レール・枕木が撤去され、バラストがあらかた片付いていて、「そろそろ高架下の開発も始まるんだろうなぁ」と思わせる塩梅に。
 会場に着くと、結構並んでいる人がいるのだが、どうも違和感がある人達もいて、腑に落ちない感じがする。案内を見たら即納得。
ぷろじぇくとD
 なんだ別のヲタがいたか。もっともこの時点では、この小ホールのイベントをてっきり、「頭文字Dオンリーだろうなぁ」と勘違いしておりました。
 さて、朝一番に会ったのが、よりによってポンタ君。この後数々の悪行を振りまき、吾輩とBlack Junk氏の頭痛の種になるとは思わなかった。この時点では。
 その後も順調に人が集まり、Black Junk氏も9時前には到着と、なんだか順調じゃないか。
 9時になり会場の扉が開き、会場内へ入場する。早々にモジュール配置と、人員配置の準備をしてまわる。割りと順調に人が集まり、9時半過ぎには大まかな配置が完了。配置が狭いとはいえ、早い展開ですよ。
 しかしだ、それ以上に会場の外が大変なことになっていて、行列が長くなっていた。結局運営事務局の判断で、開場が10分早くなる事になった。慌てて入口担当を向かわせ、開場に備える。
 9時50分開場し、路面モジュールの方も順調に動き出し、後は会場内をふらついても何とかなる状態に。でも1時間毎に受付担当の入れ替わりや、その他打ち合わせで、行ったり来たりと、案外忙しい訳ですよ。
 12時位に昼飯を食いに行き、ついでにmixiをチェックしてたら、がんちゃん氏のつぶやきで、小ホールのイベントが判明。
人生の何かを捨てると嫁は抱き枕になる
 「Dって抱き枕かよ!!」と思った。道理でヲタの質が変だとおもったら、残念な漢共の集まりだったとは…でもって、後でポンタ君が入ろうとしたら、入場料1k円だったと言ってた。(リンクを貼ろうかと考えたけど、絵がヤバイのもあるから却下とす。各自勝手にググレ)
 んでもって、この間に事件発生。下手人はポンタ君で、内容は…ああ酷くて書く気がねーや!吾輩やBlack Junk氏が呆れるし、Black Junk氏は後で運営事務局へ謝りに行くしと、後始末に追われる。でもって、当の本人は…反省の色がねーや…
 吾輩の人員配置がヘタクソだったので、人によっては偏りが生じて、HO担当があまり仕事が無いから、暇という一方で、入口担当がハードで、挙句に吾輩が3時間近く入口担当してたとか、まあ障害ありまくり…チョット反省…
 閉場時刻の18時前に、モジュールの写真を撮る。
本日の配置@34回鉄模連1日目
 閉場15分位前なのに、この人数って…と言いたいが、よく見たらウチのメンバーが3名何かやってる写真だった。

 ちょっと多いから、次回に続く。
posted by 島々な人 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

第618回 第34回日本鉄道模型ショウ・前日設営日編

 11月2・3日(土・日)に、大田区蒲田の大田区産業プラザ(PiO)にて、「第34回日本鉄道模型ショウ」が開催されました。本日からその詳細みたいな感じでレポるよ。

 今回はある意味イレギュラー乱発で、まず会場が大ホールのみで、小ホールが使えない。そして何故か東京都下はおろか、川崎・横浜地区のホテルが軒並み満室。蒲田近辺であったのが某ババアのホテルか、カプセルホテルで、しかもこのババアのホテルは1泊3万円って…T−TNet一員で、マイミクさんのがんちゃん氏曰く、「そんな金があったら、フーゾク行くわ!」とキレてた位。
 幸いがんちゃん氏は、何とか東横インのキャンセル待ちで泊まれたのですが、吾輩は早々に諦めてしまい、結局前日設営日含めて3日間、朝4時半起きという、体力勝負の極みみたいな事をする羽目に…

 という訳で、前日設営日の1日(金)は朝も早よから愛車を飛ばし、始発列車…と言うよか朝2番列車が早い地元の駅へ向かう。高崎から上野行に乗換えるのだが、平日で荷物を持って歩く都合で、普通車でも椅子が柔らかいから、長時間乗っていられるE233系だったけど、あえてグリーン車で上京する。
 上野に着いたら、朝食を確保し、品川に向かいつつ食う始末。今考えれば、JR蒲田駅近くのドーナツ屋なり、マックでも大丈夫だったような…
 品川で京急線に乗換え、京急蒲田に到着。毎度来る度に変形する京急蒲田要塞駅ですが、そろそろ地上時代の遺跡が無くなりつつある状況でした。写真は翌日に撮る予定だったので、今回は無いよ。
 大田区産業プラザ(PiO)に着いたら、やはり毎度おなじみのポール・ポジション…でもって、珍しく時間にやって来たBlack Junk氏と、「法事で鈴鹿へ行くついでに、貨物鉄道博物館に行きたい」と申してた信号長Y氏が、今回T−TNet関係者はコレだけ。後は「スハの会」関係者を含めても、4〜5人と少数ですなぁ、今回は。
 大ホールのみなので、まずは大ホールの設営がメインとなる。机を展開して並べていき、シーツを敷いたら企業ブースの出来上がり。でも結構広いし、数が多いので、汗だくだく。1時間毎くらいに1本の水を給水しても、足らない感じがした…
 次にHOのモジュールを設置をするのだが、路面モジュールの配置を考えたら、当初予定より空間があったので、急遽出入口を1ヶ所から2ヶ所へ増設すべく、会場内にいた関係各位を総動員して、HOモジュールの移動をする。
 何とか自前のスペースを設置したら、お昼になっていたので、毎度恒例の中華屋さんに…とおもったら、いつもの場所がやってない。まあ別館があるので、そっちに行ったら、やっていた。
 店内に入り、メニューを見て、日替わりランチに餃子を付けたのだが、この時ついでにご飯を大盛りにしたのだが、コレが悪かった…
 この日の日替わりランチは酢豚で、料理が来た時は、普通盛りのご飯が来ただけ…「あれ?これ普通じゃない?」と周りも全員不思議がると、一回り小さな丼に盛られたご飯が来て、「コレで大盛りネ」と…もしもしこれは大盛りじゃなくて、単なるおかわりやん!!周りにいた全員驚く。(そりゃそうだ)
 とまあ、何とか食ったは良いが、正直大盛りは失敗だった。つーかこれ、伽君だったら喜んで食ってるだろうなぁ。今の吾輩には少々キツかったよ…
 食後は会場に戻り、信号長Y氏がATS装置をつないでいって、吾輩はテキトーに準備をする。結局モジュールはこの日はコレだけ。
まさに「まっ白な」状態
 まっさらですなぁ。
 17時過ぎに作業がなくなったので、帰宅の途につく。JR蒲田駅に向かう途中で、面白い光景があった。
ヤマト&ヤマト
 この写真じゃ見辛いですが、路線バスの行先表示は「ヤマト運輸」となってます。嗚呼もう少し手前にバスが止まってたらなぁ…
 で、このまま帰る…と言いたいが、「絶縁ジョイナー(レールを絶縁する為の物で、このATS装置には欠かせないアイテム)が少ないなぁ」と、嘆いたBlack Junk氏の代わりに、近くの「ユザワヤ」で買う吾輩。
 東京駅から新幹線に乗り、地元へ帰還し、まずは晩飯を食ってから、明日から必要な名簿を作り上げ、就寝となりました。
posted by 島々な人 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする