2014年05月31日

第660回 第15回関西Nゲージ合同運転会・その2

 諸都合で間隔が開いてしまいましたが、前回からの続きなのですよ。

 さて、今回の運転会でのお題は、「15に関わる何か」だったので、吾輩も作ってはいたのですが、結局間に合わなかったのがコレ。
アンデコ一畑電車
 一畑の単行電車です。主電動機がMT15だからね。ちなみに先ほどのBlack Junk氏が持ってきたホビートレイン、「3月15日に運行開始」と言って、展示担当に通してました。
 さて、コレを見ていたF氏、先ほどのお重レイアウトを何とか出展展示しようと算段する。んが、なかなか「15」に当たらない…
 すると吾輩が何となく「直径ってどれ位?」と思い、測ってみたら…内側のレール直径が15cm…思わず笑い出す吾輩と、心の中でガッツポーズしてそうなF氏。まさかまさかの基準突破に、喜び勇んで展示担当の元へ行きました。
 その一方で、こんな物が出てきた。
何か怪しい物体
 ぱっと見、何だか分かりませんが…
飛んでいるのでブレブレな写真
 飛んでました。飛行型カメラで、結構面白いのが撮れたようですが、吾輩映像見てないので分かりません。で、この後…
怪奇!ソ連の飛行場!!
 Black Junk氏の駐機場モジュールがシュールになってました。
 今回15回記念って事で、参加記念としてロゴ入りタオルが配られたのですが、その他にもこんなのがありまして…
第15回記念タオル
 まさかのドクターイエローに、Black Junk氏興奮。有料だったので、1つしか買ってませんが、タダならBlack Junk氏が、ダンボール1箱分位持って行きそうな勢いでした。
 ホビートレインが一時的に戻ってきたので、悪戯タイム。
0系とホビートレインの並び 絶対にありえないシチュエーション
 もうシュール以外の何物でもない絵面に、一同撮影し捲くる。
 時間的に宿泊者のミーティングがあって、その後夕飯となるのだが、夕飯を持ってきた人が何だか血気盛んな状態に…この後大変な事になりそうな悪寒。
 晩飯を食ってしまい、その後風呂が混むのが嫌な吾輩と、Black Junk氏が先に宿泊室へ行き、荷物を置いたらそそくさと風呂へ直行する。
 相変わらずお湯の出が悪いし、風のせいかすごく寒いです。Black Junk氏が「寒い〜!」と言って、湯船に浸かってました。
 入浴後、部屋に戻ると、Black Junk氏が「明後日休みだし」と、大阪市内のホテルを予約し、阪堺電気軌道を堪能する事にしたらしく、吾輩に阪堺電軌の情報を聞いてきた。
 しかしその大半が、沿線にある、大阪…いや、日本で一番ヤバイと言える街、あいりん(釜ヶ崎)地区の情報でした。

 実は吾輩も結構あの辺りを行き来してますが、危険と感じた事が無かったです。とはいえ、前情報が無かった最初の時ですら、危なそうな地区だけ見事に(写真撮影等々の行為を)外してた様な…

 そのときのアドバイスが、「流石にいくらボロい(十数年落ちのボルボ)とはいえ、一応は外国車だから、あの近くには駐車しない方がいい」とか、電車の話そっちのけだったような…
 そうこうしてると、全員がそろったので、夜のお楽しみタイムへ…と言いたいが、何故か公開裁判状態に突入。原因はまあねぇ…

 事の発端は、「バラレールでいちいち本線を作るのは面倒だから、モジュール化しない?」って話だったのだが、まあ拗れ拗れて一歩間違えれば、流血沙汰寸前な勢いだった。
 まあBOSS君も口頭のみで、文章化すらしてないし、相手も思い込みが激しいしで、お互い悪い状況だった訳ですよ。お互い無駄に記憶力が良いから、下らない事まで覚えてるし。しかもお互い引かないし…

 結局真夜中のお楽しみタイムは、2年連続でBOSS君がネタになる訳でして…まあ彼に足らないのは、事務方の事が出来る人を見つけるのと、早急にメール等の返事をする事、それに謝る事はすぐ謝ると思った。
 お楽しみタイムは1時過ぎまで続いて、その後就寝となりました。

 今回はこれまで。次回に続く。m
posted by 島々な人 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西N合運 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

第659回 第15回関西Nゲージ合同運転会・その1

 前回からの続きであって、やっと4日目突入であり、本題の関西N合運ですよ。

 19日(日)は7時位に起床。時間的に遅いので、朝風呂に入れず。まあ仕方ない。そのまま朝飯に行って、部屋の荷物を整理してから、チェックアウト。
 そのまま南方駅に行って、そのまま電車に乗るけど、電車が来るまで写真撮影。
北千里行3300系
 そして梅田行の電車が到着。
梅田行2300系普通電車
 次関西に来た時に、多分乗れなくなるであろう、2300系でした。多分2300系乗り収めとなるが、考え直すと、座席に座った事無いような…
 梅田駅で阪神に乗換えるのだが、今回は甲子園からバスではなく、武庫川線に乗って、歩いて会場へ向かう事にする。なので乗るのはコレ。
尼崎行8000系急行電車
 尼崎行急行電車です。そして尼崎に着くと、自動的に乗換え。来たのがコレ。
高速神戸行5500系普通電車
 2駅で武庫川に到着する。
乗換駅・武庫川
 で、この駅字で字の如く、橋の上に本線の駅があります。
川の上の駅
 なので少々川風が寒いです。武庫川線乗り場に行くと、丁度電車が到着。
武庫川団地前より接近中 武庫川駅に到着する7861形
 阪神最古参の7861形です。コレに乗って、終点まで向かうのですが、まさか 駅で交換するとは思っておらず、写真を撮り逃した…そして終点の武庫川団地前駅に到着。
武庫川団地前駅
 この駅から会場までは、1本道なのだが、途中で公園を横切らねばならず、事前に調べていなければ、チョット迷うかと。
 そして会場の兵庫県立総合体育館に到着。すでに多摩温泉電鉄氏が出来上がってました。もう飲んでるんかい!少々談笑後、会場へ移動する。
 会場でモジュールの展開をするのだが、メンバーが未だ着てないので、チンタラチンタラ…とおもったら、45k・あうし夫婦が着たので、妙に忙しくなる。
 そして今回も変り種がやって参りました。まずはF氏のパイクレイアウト。
チョット洋風なパイクレイアウト
 しかしこれは序の口。次のが衝撃的だった。
お重パイクレイアウト
 まさかのお重です。しかも食品サンプルにあわせた「アルナイン」の「とても簡単LRV」が、まあ結構良いんですよ。そしてお重パイクを展開中に、こんな物が現れた。
Yak−40
 ソ連製の変態旅客機Yak−40です。何が変態って、ターボファン3発なのに、時速が500km/h位だし、第一旅客数が最大32名なんだぜ。しかも同時期の同格西側機体って、ターボプロップ2発ですよ。
 この飛行機を展示しようにも、駐機場モジュールを持ってるBlack Junk氏は、この時中央道の真ん中らへんだったんですよね。
 モジュールもセットできたので、先に昼飯を食う。多摩温泉電鉄氏が大盛りのカツカレーを頼むのだが、なんだかえらい事に…写真を撮りゃ良かったが、カメラを忘れた。
 吾輩は日替り定食ですが、毎度お馴染みの揚げ物(トンカツ)定食でした。つーか相変わらずレパートリーがねぇ…近くにコンビニできないかなぁ…
 食後にこの日のレイアウトを撮影する。
第15回関西N合運1日目
 そして今回のラジコンバス走行レイアウトは…
バスがメインなレイアウト
 田舎路線風な感じで結構いいですな。そしてしばらくダラけてると、Black Junk氏が到着する。早速ネタ披露する。
キハ32−3号車
 衝撃の「世界一遅い新幹線」こと、「ホビートレイン」キハ32です。そういえば、前回の非公開運転会の時、整形していたけど、間に合ったようです。

 今回はこれまで。次回に続くクマー。
posted by 島々な人 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西N合運 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

第658回 関西・北陸を行く島々な人的大人の修学旅行 阪堺電気軌道堪能編

 前回からの続きなんだが、今月中に終わる様相がない…(呆れ)

 法隆寺駅から乗った列車(大和路快速)は、その後は王寺より快速運転となり、天王寺へ到着する。到着後やっと列車撮影する。
天王寺駅で221系快速列車と103系普通列車
 さて、天王寺なので、最後の103系天国な阪和線で、写真でも撮ろうかと算段し、待っていたら…
阪和線の205系
 205系だった…まあコレでも貴重っちゃ貴重だけど、「違う!そうじゃない!」って気分。時刻を確認すると、どうも次が長い…仕方なく103系は断念する。
 そして関西に来たらまず乗る、阪堺電気軌道へ向かう。本当なら南巽町から恵美須町の予定だったが、考え直したら、阪堺にも新車が来たから、撮影しないと。
 現在大阪府道拡張工事で、歩道橋は出来たけど、未だ阪堺軌道へのアプローチが出来てませんので、地下から改札へ行くことになる。改札を出ると…
発車間際の我孫子道行デ704号車
 相変わらずの阪堺天王寺駅前電停でした。拡張工事が終わった暁には、この風景も過去のものになるんだよなぁ…1本見送って、次の電車に乗る。
到着したデ705号車
 これに揺られて住吉方面へ向かう。途中でお目当ての1001形とすれ違うので、住吉電停で下車する。やはりここの交差点が、一番写真を撮るのにいい場所だと、個人的におもってます。
住吉交差点を行くデ604号車
 んが、やはり時の流れは無常だったし、思いもよらぬ事があった。
な…なんだってー!!
 先日(H26.3.1)のダイヤ改正で、住吉公園行が激減して、朝のみとなる。さらに恵美須町行も1時間5本ヘッドから3本ヘッドと、減少してます。まあ確かにこの両者、少ないかも知れませんが、恵美須町行に関しては、少なすぎる気がします。
住吉交差点を曲がるデ601号車
 なので、ある意味この写真が多くなる…と思ったら…
住吉交差点を直進するデ711号車
 案外別のも撮れたので、ちょっと安心。そしてお目当ての車両が到着。
1001号車住吉電停到着 住吉交差点に進入する1001号車 住吉交差点を曲がる1001号車
 新車を撮ったので、さあ移動…とおもったら、ここでダイヤ改正の洗礼を受ける。恵美須町行が12分位経たないと来ない…その間も写真を撮っていく。
住吉電停を出発するデ704号車 住吉交差点を曲がるデ603号車 恵美須町から来たデ709号車

住吉交差点を曲がるデ503号車 IMG_0678.JPG
 恵美須町行が来るまでに、結構撮れる訳で。しかし並べてみたら、結構色彩豊富ですなぁ。ほとんど全面広告車ですが。そしてやっと恵美須町行が到着。
恵美須町行デ601号車
 乗ってみたのだが、まああんまり乗ってない。こりゃ減るのも分かるけど、チョット減らしすぎな感じがする。南巽町から恵美須町の間は、確かに地下鉄があるけど、昇り降りを考えると、路面電車にも長所があるんですがねぇ…そうこう考えてると、終点の恵美須町に到着。
恵美須町inデ601号車
 何か年々寂れっぷりに磨きががが…ここから日本橋で探し物タイム。まずは「ジーエムストア」へ行ってみたら、顔見知りがいるでやんの。どうもこの後BOSS君と飲むので、誘われたのだが、一緒だと確実に絡み酒確定なので断念…つーか止めておく。
 「ジーエムストア」自体に、欲しい物があまりなく、品揃えは流石に秋葉原に分があるようだ。その後「ジョーシンスーパーキッズランド」へ行ってみたら、有るにはあるが、ちょっと悩んだ末に、買わなかった。まあ荷物量を考えると、チョットギリギリ…
 その後いろいろ見て回るが、あまりにも無かったので、まあ断念。もうチョット下調べすりゃ良かったか?そして日本橋駅から地下鉄に乗る。ルートはいろいろあるが、ここはスタンダードに千日前線→御堂筋線で行く。まずは千日前線に乗る。
千日前線の25系電車
 そして1駅で御堂筋線に乗って、そのまま西中島南方駅に到着。
西中島南方を出発する10系電車
 その足で晩飯を食う。場所は駅近くの串カツ居酒屋で、お通しを考えずにサラダを頼んだら、お通しがキャベツのざく切りだったので、少々早まった感ががが…
 しかもこのお通し、食いきったらおかわり来ました。意地で食いきったけど、流石に生野菜尽くしはねぇ…
 その後ホテルへ戻り、風呂に入って、24時位に就寝となりました。

 やっと3日目が終わったところで、今回はこれまで。次回ついに関西N合運ですよ。
posted by 島々な人 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

第657回 関西・北陸を行く島々な人的大人の修学旅行 飛鳥時代からの宝・法隆寺編

 前回からの続きであって、まだ3日目も昼過ぎになったばかり…どうしてこうなった?

 中学の修学旅行以来の法隆寺へ、いざ参拝。まずは南大門。
国宝・法隆寺南大門
 そして世界最古の木造建築物である、中門と五重塔が見えてきた。
国宝・法隆寺中門 中門近接写真
 中に入りたいのだが、間違って妻室(大宝蔵院入口)に行ってしまう。ついでなので、隣の聖霊院を撮影しておく。
国宝・法隆寺聖霊院
 何分二十数年ぶりの法隆寺なので、まあ後手後手。記憶が確かなら、最初夢殿だった気もする…何とか西院伽藍の境内に入り、五重塔・金堂・大講堂を見る。
国宝・法隆寺五重塔 国宝・法隆寺金堂 国宝・法隆寺大講堂
 しかし1500年近く前にこんな建物が建つなんて、凄いですよね…そして正岡子規の句(柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺)でもお馴染みの…
国宝・法隆寺鐘楼
 鐘楼です。鳴らしてるのかなぁ?その後はいろんな角度から五重塔を…
金堂・中門・五重塔 金堂と五重塔
 あまり変わらない構図ですなぁ…まあ建物自体左右対称だしなぁ。その後は法隆寺大宝蔵院を見学。まあ写真お断りなので、撮影しませんでしたが、本気になった日本人の物持ちの長さを痛感する。

 「日本の車両保存がどーたらこーたら」と、よく言う人がいますが、維持保存ってのは、人々の熱意と英知の塊であると、法隆寺を見て実感する。
 結局熱意がなければ、単なる箱だし、日本の気候ってのを考えると、朽ちてしまうのは自然の摂理だし、その気候を逆らう事無く現存できるのは、人々の研鑽と知恵なんだなぁと思いますよ。
 最後にモノを言うのは、後世に物を伝える覚悟ってのでしょう。覚悟がなければ、続かない。ある意味当たり前だが、それが難しいと感じる今日この頃。

 宝物殿を後にし、東院伽藍へ向かう。
法隆寺東院伽藍
 そして中にある夢殿に。
国宝・法隆寺夢殿
 丁度秘仏の特別公開をしてまして、ありがたく見学しましたが、まあ小さいです。秘仏ってのは、小さいのが条件なんでしょか?その後は夢殿を写真撮影していく。
夢殿全体図
 夢殿を見学後、法隆寺山門前バス停まで戻り、法隆寺駅へ戻ることにする。ただバスがチョット遅れて到着。
法隆寺駅行奈良交通バス
 慌てて出発していくのだが、たまたま外国人のお客さんと格闘するバス運転手。やはり世界遺産の影響で、外国人観光客が増えてるんだなぁ…と実感する。
 法隆寺駅にバスが着くと、大阪方面行の列車が接近中だったので、慌ててホームまでダッシュする。しかしタイミング悪いなぁ…

 今回はこれまで。次回に続くね。
posted by 島々な人 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

第656回 関西・北陸を行く島々な人的大人の修学旅行 平安京から飛鳥・法隆寺へ編

 前回からの続きなのだが、実は話はまだ3日目の12時前なんだぜ…

 東大寺前のバス停で待ってると、JR奈良駅行バスが来たので乗車する。結構の人が近鉄奈良駅で下車して、JR奈良駅はそんなにいなかった。降りた所でバス撮影。
奈良交通120系統奈良駅行
 そしてJR奈良駅へ。
JR奈良駅全貌 土木学会選奨遺産・旧奈良驛舎
 旧駅舎が観光案内所になってました。改札を通り、ここで列車を撮影していく。まずは221系
221系電車
 模型を作っている都合、気になる車両である105系が到着。折り返し時間が短いので、あわてて撮影。
奈良駅に進入して来る105系 折返し途中の105系
 資料写真なので、実は結構撮影してますが、載せても素人には「何これ?」なので、載せませんので悪しからず…でもって、本当なら車内を撮影したかった、103系も押さえる。
221系と並んでいる103系 奈良駅を出発する103系
 103系の隣に写っている、221系に乗って関西本線を行く。そして法隆寺駅に到着。
JR法隆寺駅
 ここから法隆寺へ行くには、シャトルバスっぽい路線バス(途中でバス停が3つあるから完全にシャトルじゃないよね?)に乗る。20分ヘッドと、まあまあな間隔だが、たまたま出た後らしく、20分近く待たされる。
 仕方ないので、写真でも撮ろうかと算段したはいいが、今度は電池切れを起こし、電池を変えてたら、列車がいなくなってしまった…タイミング悪いなぁ…でも何とか撮れたのがあったので、あげておきます。
JR法隆寺駅と221系
 いろいろと後手後手だったけど、バスが到着したので、撮影する。
法隆寺山門前行奈良交通バス
 バスに揺られて10分位で、法隆寺山門前バス停に到着。この時点でお昼過ぎなので、バス停最寄の「芳庵」で昼飯。蕎麦と柿の葉寿司を頂くが、蕎麦がなぁ…チョット失敗?
 そしていよいよ法隆寺の中へ行く。

 今回はコレまで。次回に続くのでヨロシク。
posted by 島々な人 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

第655回 関西・北陸を行く島々な人的大人の修学旅行 悠久の都・奈良春日大社編

 前回からの続きなんだよね。

 二月堂へ行く途中にお土産物屋があって、自動販売機があったので、水を買って飲み、階段を登っていく。
二月堂・法華堂への階段
 結構登りやすい階段ですよ。そして二月堂に到着。
国宝・東大寺二月堂
 近くには法華堂(三月堂)があります。
国宝・東大寺法華堂(三月堂)
 これを見た後、東大寺を後にし、春日大社へ向かう。道中に若草山がありまして…
若草山全景
 何かスッキリした山ですな。後でわかった事ですが、この芝ってのがノシバって品種で、若草山が唯一の自生地との事。この近くのお土産屋さんがまた…
若草山前のお土産物屋街
 結構いい味出してます。途中でお土産屋の店員が、携帯電話で話をしているのですが、何故か鹿がそれを見てるという、面白い画がありましたが、写真を撮る前に店員が先に動いてしまった。チョット勿体無い…そして坂を登りきったら…
春日大社へ至る階段
 階段で下るんかい!?何か奈良も案外起伏が富んでいる場所ですなぁ…とはいえ階段を下ると…
「鹿が歩いたって、ここは天下の公道だぜ」
 鹿が公道を闊歩してます。ある意味奈良の日常なんでしょうなぁ…で、公道を渡った先には…
春日大社へ至る参道入口
 春日大社への入口です。道中にこんな小さな社がありまして…
春日大社の摂末社の1つ・水谷神社
 名を水谷神社と言って、病気平癒と子宝成就の守り神との事。なのでここを(腰痛平癒とかの)お参りして、春日大社本殿へ向かう。道を曲がった先にやっと本殿が…
春日大社はまだ先の方だ
 見えなかった。結構複雑な境内ですなぁ…この階段を登っていくと…
春日大社内侍門
 境内が見えました。でもこの写真の門(内侍門と言う)、入口じゃないので、軒下を歩くのだが…
春日大社西回廊
 何かCMの1シーンっぽい感じが。入口の門(慶賀門と言う)から境内に入り、すぐ横の休憩所で一休み。その後参拝して写真を撮る。
春日大社中門・御廊
 実は後で調べた結果、この時本殿と思って撮った場所が、実は中門と御廊ってものだった…でもって、本殿が撮れる位置がありますが、有料参拝ゾーンなので断念する。その後別の門(南門)から出る。
春日大社・南門
 参道を歩いていると、鹿がいたので、鹿煎餅でも買って戯れようかと思ったのですが、鹿煎餅を売ってる場所が、何か良く分からない状況になっていたので、断念する。
 さて駅まで如何しようかと、春日大社本殿バス停で時刻確認…いいバスが無いや…近くにはその路線バスが止まっていたので、写真を撮ってやった。
奈良交通70系統春日大社本殿行
 結局最初に降りたバス停へ向かうのだが、どうも歩道が片側しかない道で、何故かその歩道を使用しないという、漢らしい状況に…しかも道路標識が…
鹿の飛び出し注意
 もう奈良らしい事。東大寺入口には…
東大寺入口にあった人力車
 来た時には見なかった、人力車がスタンバイ中。まあ東大寺に来た時間、早かったしなぁ。バス停でバス時刻を確認する。どうも東大寺から法隆寺へ、バス1本で行けるのですが、その間隔がねぇ…

 今回はコレまで。次回に続くんです。
posted by 島々な人 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

第654回 関西・北陸を行く島々な人的大人の修学旅行 悠久の都・奈良東大寺編

 前回からの続きであって、3日目に突入である。

 18日(金)は7時位に起床する。今日はちょっと遠いし、長いので朝風呂省略する。朝食を食った後、早々に出発する。しかし天気が微妙で、霧雨に近い状態…傘を買うか悩んだが、買わない方向で。
 朝錬と称して、地下鉄でも撮影しようかとおもったが…
天王寺行10系電車
 これだけ撮って終了。だっておもいの他、混んでいるんだもの。ちなみに撮った車両で移動開始となりました。一番混んでいたのが、梅田駅から隣の淀屋橋駅間でした。そして乗換駅に到着。
御堂筋線なんば駅
 ここから記憶が確かなら、中学以来の近鉄乗車となります。
阪神・近鉄大阪難波駅
 さあ、久しぶりの近鉄は…何故か阪神の車両でした。まあ仕方ないか…割と発車が早かったので、大阪難波駅での撮影できませんでした。
 電車は一路奈良へ向かい、トンネル抜けたら奈良県でした。その後は何ら変哲もなく、近鉄奈良駅に到着。思ったより早かったのは、快速急行だったからです。やっと乗った電車を撮影する。
快速急行だった阪神1000系
 本当は近鉄の車両に乗りたかったんだがなぁ…近鉄奈良駅を出たら、バスに乗って東大寺へ向かう。そして早速神の使いがお出迎え。
ニホンジカ
 この時やはり霧雨で、その前段の雨もあって、鹿の糞が溶けてますし、案外多いので、ある意味地雷原を歩いている気分に…当のシカたちは…
「雨は嫌いだ」
 集団で休んでいたり…
「ヒャッハー!煎餅よこせー!」
 鹿煎餅屋前で群れてたり…フリーダムだなぁ。そうこうしている内に山門に到着。
国宝・東大寺南大門
 そして阿吽の呼吸で知られる、金剛力士立像阿形吽形を見る。
国宝・金剛力士立像吽形像 国宝・金剛力士立像阿形像
 写真だと結構写りが良いのですが、天気的にちょっと見辛かったよ…そして山門からは…
中門と大仏殿
 大仏殿が見えてきました。そして大仏殿前の門へ。
国宝・東大寺中堂(大仏殿) 大仏殿正面
 大仏殿参拝口へ移動中、フランス語と思われるガイドと、フランス人と思われる人達と一緒になってしまった。でもフランス人たちは、結構写真を撮るのに忙しそうでした。
 参拝口から入って、大仏殿を撮っていく。
国宝・東大寺中堂(大仏殿) 大仏殿正面
 中学の修学旅行でも行かなかった、大仏殿の中に入る。
国宝・盧舎那仏坐像 盧舎那仏像
 とにかくデカイ…昔鎌倉の大仏を見た事がありますが、それ以上のサイズ。当たり前なんだろうが、やはり百聞は一見に如かずとは良く言ったものですよ。途中で修学旅行のガイドさんの説明を聞いてました。
 そして有名な大仏の鼻の穴と、同じサイズの柱の穴を見る。
大仏殿の柱くぐり
 この時中学生と思われる女子がくぐってましたが、流石にコレを撮影する訳にもいかず、どんなサイズかを、自前のiPhone5を置いてみた。
柱の穴とiPhone対比・縦編 柱の穴とiPhone対比・横編
 如何考えても、コレをくぐれる人って、Black Junk氏以外思い浮かばん位小さいです。大仏を一周すると、御土産屋があって、くだらないクリアファイルを購入。
 その後、外に出て二月堂方面へ向かう。道中奈良市のごみ収集車が通ったので、ちょっと撮影。
奈良市のゴミ収集車
 案外鮮やかな色使いですな。

 今回はこれまで。次回に続くんだじょー。
posted by 島々な人 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

第653回 関西・北陸を行く島々な人的大人の修学旅行 北野異人街その2と六甲道編

 前回からの続きデス。

 良い写真を撮ったので、北野天満神宮を後にし、再度坂を登る。
名も無き急坂その3
 デンマーク館から先は道がないので、ウィーン・オーストリアの家を通り抜ける。
デンマーク館 通過途中のウィーン・オーストリアの家 矢印だけは結構ある入口
 一応矢印があるけど、ぱっと見だと「ホントにこの道あってるの?」な感じ。そしてさらに坂を登る。
名も無き急坂その4
 この時期だから良かったし、風も結構気持ちよかったのだが、結構汗かいてます。山手八番館や…
山手八番館
 北野外国人倶楽部がありましたが、外からだと見辛い…ここで折り返し。
北野外国人倶楽部
 後は結構急な上、割と長い下り坂を下っていく。
名も無き急坂その5
 しかしこのあたりに住んでいると、バイクやら自動車が欠かせない感じですな。何故か交差点で警官に説教なのか、切符を切られたかは分からないけど、バイク乗りを見てそう感じた。
 バス停の方を見たら、タイミングよくバスが来たので、乗って三ノ宮駅まで戻る。
シティー・ループバス三宮方面行
 ルート的に一旦新神戸駅へ行くので、ついでに新神戸駅を車中より撮影する。
山の中の新神戸駅
 しかし六甲山系が案外近くてビックリだ。三ノ宮に戻って、普通列車に乗る。
松井山手行207系普通列車
 そして六甲道駅へ到着。
六甲道駅
 ここから歩いて10分位の所に、「れーるぎゃらりーろっこう」があります。
れーるぎゃらりーろっこう
 中はもう一杯有り過ぎて、逆に困った事態に。とはいえ、一番欲しい物がなかったので、ある意味良かったのかも?
 店を後にし、駅まで戻るのですが、懐かしいものを発見する。
懐かしの「ドムドムハンバーガー」
 一昔前に、職場近くにあった「DOMDOMハンバーガー」です。もう群馬から撤収して久しいですなぁ…久しぶりに食ってみたい気も有りましたが、またの機会に…
 駅で列車を待ってる間に、写真を撮っているのですが…
下り西明石行207系 上り京都行207系
 207系だけだった…普通列車に乗って、芦屋で新快速に乗換える。
乗換の芦屋駅 乗換の新快速223系
 そして一気に大阪へ。
乗ってきた新快速野洲行 東海道本線全線制覇
 これで東海道本線全線制覇となりました。東海道線で後残ってるのは、支線の一部位ですか…岐阜の支線は機会あるかなぁ?
 大阪駅構内でお土産を買う。早々に買って、ダンボールに詰めておけば、後は気楽ってものですよ。お土産を買った後、阪急で南方へ。
河原町行普通電車5300系
 南方駅を降りたら、そのまま夕飯を食いに行く。大阪らしく、お好み焼き屋に行って、モダン焼きを頂く。その後ホテルへ戻り、風呂に入ったら、24時位に就寝となりました。

 今日はここまで。次回やっと3日目に突入だでの。t
posted by 島々な人 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

第652回 関西・北陸を行く島々な人的大人の修学旅行 北野異人街その1編

 前回からの続きであーる!

 さて、せっかく神戸へ来たのに、観光スポット的な場所へ行ってないので、北野異人館街に行ってみる。幸い異人館街方面行のバスが有った。
北野異人館街行バス停
 バスが来るまで神戸市営バスでも撮影する。
神戸市交通局バス
 しばらくすると、シティー・ループバスが到着。
シティー・ループバス北野異人館方面行
 このバスは今時珍しい、ツーマンバスと言っていいバスで、アテンダント兼車掌が料金を徴収するのだ。これで北野異人館街へ。
北野異人館バス停
 止まった所の反対側には、洋館長屋(仏蘭西館)がありました。
洋館長屋(仏蘭西館)
 その次が英国館で、ここも有料なのでパス。
英国館
 まあ共通の入場チケット(「うろこの家」系列だと複数入館料チケットなぞある)を買えば、安くなって良いのですが、ちょっとお金がねぇ…なので今回は外観を愛でる方向で。続いて…
元パナマ領事館 伽君なら確実にこっちで書くな
 旧巴奈馬領事館です。漢字で書くとイマイチ分からんが、これで「パナマ」と読む。てくてく歩いていると…
名も無き急坂その1 名も無き急坂その2
 伽君なら即刻根を上げそうな急坂2連発。無論吾輩も…と言いたいが、案外登れた。まあ変則的な階段が多かった、彦根城よか負担が少ないよね。何度か坂を上った先にあるのが…
北野天満神社入口
 北野天満神社と…
風見鶏の館
 風見鳥の館です。想いの外風見鳥が小さいのがなぁ…ちなみにこの近くでは…
風景画を描いてる婦人
 結構な数の人が、風景画を書いていました。そして北野天満神社の本殿へ。
北野天満神社への階段その1
 この日一番の足腰いじめ。階段って楽な時と、歩き辛い時があるけど、ここの階段はそんなに歩き辛くはなかった。でもって本殿。
北野天満神社本殿と階段その2
 その奥にある、梅園へ行って見た。
梅園への入口 新緑の梅園
 でも季節を通り越していたので、まあ葉っぱだけだった。唯一花が咲いていた木と、風見鶏を合わせてみた。
ここまで登ったかいのある画
 うむ、いい画だ。できれば花が咲き乱れてる時に、来てみたいものです。

 今回はコレまで。次回にツヅクー。。
posted by 島々な人 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

第651回 関西・北陸を行く島々な人的大人の修学旅行 港町神戸編

 前回からの続きNE。

 神戸三宮で昼飯とするのだが、せっかく神戸に来たのだから、日本3大牛肉の一角である、神戸ビーフを頂きたい。
 最初に行った「さんちか」に牛肉を扱ってそうな店が無い。その隣にある、「神戸そごう」はレストランがあまり無く、「神戸マルイ」は論外。
 いったん表に出て、商店街の中を歩いてみたら、「さんプラザ」って場所を発見。再度地下にもぐる。何か牛肉を扱ってる店があるっぽいので、その方向へ行く。
 んが、この時ちょっと行き過ぎたみたいで、隣の「センタープラザ」(経営母体が一緒なのでHP略)に行ってた。すると店舗案内で、おもいっきり「神戸牛専門」と書いてある店を見つける。有無を言わずに行ってみたら有りました。
吉祥吉三宮店
 「神戸牛 吉祥吉 三宮店」というお店です。早速肉にありつくのだが、流石世にその名を轟かす肉とあって、高いんだよねぇ…一番安いサービスステーキが1500円也。しかも80gと、伽君なら確実に頼まない様なグラム数。
 店員曰く、「硬いモモ肉使ってるから、あまりお勧めできないよ」と言ってました。
 が、来たステーキは、今まで食ってきた肉でも、上位に入る位の柔らかさ…これで「硬い肉」って、一体一番柔らかい肉ってどんだけなんだ?
 量的には少ないのですが、何かこれ以外のモノを腹に入れる事が、非常にもったいない気がしたので、結局追加は無し。
 その後はいったん神戸駅方面へ向かうので、再度阪神神戸三宮駅に戻って、丁度来たのがコレ。
高速神戸行普通電車5500系
 後で気がついたけど、5500系のトップナンバーだった…とりあえず一路高速神戸へ。高速神戸で降りた後、早速写真撮影。
直通特急の山陽5000系
 何気に若番車に好かれてる様な…ここで表に出てみる。
神戸駅北口駅舎
 案外シックな神戸駅。反対側へ行くので、再度地下街を通り、地上に出ると…
ア…アンパンマン師匠!(くもじい調で)
 何故アンパンマン?地図を見たら納得。だって「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」があるんだから。続いての「何故ここに?」ネタは…
エルヴィス・プレスビー像
 エルヴィス・プレスビーですよ。発起人が無駄に豪華で…
有名人ずらりな発起人一覧
 亡くなってる人も混ざってるあたり、結構古い銅像だった。この銅像近くには跳ね橋がありまして…
はねっこ橋
 個人的には信号長Y氏が所属している、ヨーロピアンモジュールの跳ね橋を思い出した次第。毒されてますなぁ…この近くには港町らしい建物があり…
煉瓦倉庫レストラン街 旧神戸港信号所
 神戸のシンボルも見えてきました。
ポートタワーと海洋博物館にホテルオークラ
 とまあ、今はきれいになっているが、吾輩が高校の頃、大震災で被害があったのに、ここまで復興がすすんだんだなぁ…と感傷に耽りたいんだが、近くのアンパンマンミュージアムから、アンパンマンの曲がタダ漏れで、雰囲気ぶち壊しまくり。コレが音害って奴なのか…
 とまあ、あまりにも雰囲気ぶち壊しまくりなので、そそくさと神戸駅に戻る。
東海道本線終点・山陽本線起点神戸駅
 神戸駅から東海道線を逆から乗りつぶして大阪へ…と言いたいところだが、再び三ノ宮駅で下車。
港町神戸の基幹・三ノ宮駅
 ホームの反対側には、阪急神戸線の神戸三宮駅が見えます。
阪急神戸三宮駅 入換中の山陽3050系
 阪神大震災前の、あの阪急電車が出てくるビルを生で見たかったなぁ…

 今回はこれまで、次回に続くっぺよ。
posted by 島々な人 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

第650回 関西・北陸を行く島々な人的大人の修学旅行 阪神を堪能する編

 前回からの続きにょろ。

 尼崎脱線事故の慰霊後、再度バスに乗る。行先は同じ阪神尼崎行で、バスに揺られて阪神尼崎に到着。
阪神尼崎駅北口
 ここで電車に乗るのだが…
発車する急行甲子園行9300系
 急行に乗りそびれた。仕方なく次の電車を待つと…
ジェットカー5001形
 ジェットカー到着。しかも5001形のトップナンバー…なんだか奇遇だなぁ。そのジェットカーから、武庫川線専用で、阪神一のご老体を撮影。
昼寝中の7890形
 さて、ジェットカーと言うだけあり、加速力が早いのですが、乗った位置(一番後ろ)的な都合なのか、あまり加速力を実感できなかった…やはりジェットカーは先頭じゃないと駄目かも。
 途中で退避駅である尼崎センタープール駅に到着すると、1本退避する。
通過列車に合図を送る車掌の手 尼崎センタープール通過の8000系
 特急でした。次の退避駅である、西宮駅では2本退避となる。
快速急行の近鉄9820系 直通特急の山陽5000系
 近鉄と山陽ってのが、一昔前だったら、確実に夢のまた夢。もしくは模型以外ありえない状況ですな。そしてやっと目的地に到着。
高架工事中の青木駅
 青木駅です。ここから住宅街を歩き、国道を渡るのだが、上が阪神高速で、下が一般国道が通る歩道橋ってのがまあ怖い事。
 国道を渡りきると、今度は工場があるのだが、この工場、妙に酒臭い…とおもったら、清酒メーカーの「宝酒造」でした。そりゃ酒の匂いがするわな。
 そして「サンシャインワーフ神戸」に到着。この中にある、「TamTam」に用があった。
 それは関西行前の事、職場の先輩から、「TamTamでフタバのサーボが1k円だから買ってきてくんない?」なんて無茶振りを食らう。
 はっきり行って、秋葉原もしくは大宮の「TamTam」へ行く予定なんて、ちょっと無かったもんだから、たまたま関西唯一の「TamTam」が神戸にあったから、ついでに行ってみた訳ですよ。
 さて、その目的の物が…ねーぞ?店員に聞いてみたら、「メーカー在庫も無い」って言う…確かこれ、80%オーバーでしたっけ?値引率…そりゃ冷静に考えたら、売り出し初日で消えるよなぁ…
 とまあ、少々ガックリきたところで、駅に戻る。途中で横断歩道を再度渡るのだが、下の交差点に横断歩道がある事が分かり、少々損した気分…
 そして青木駅で電車待ち。来るまでに写真撮影。
直通特急の9300系 普通の5500系
 その後、乗る電車が到着。
再び5001形高速神戸行
 そして三度退避駅である阪神御影駅に到着し、2本退避。
通過の快速急行近鉄1020系
 1本目は、隣の駅で乗換えれば良かった電車だったりする…後で判明した事だが、御影駅の構造上、近鉄の車両が停車不能らしい。
御影に到着する特急1000系
 2本目は阪神のステンレス車と、今日だけで全種類見た様な…この特急はこの駅に停車したので、ここで乗換える。電車はすぐ神戸三宮駅に到着。
神戸の中心地・神戸三宮
 すでに昼飯時なので、お昼はここで。

 今回はコレまで。次回に続くー。
posted by 島々な人 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

第649回 関西・北陸を行く島々な人的大人の修学旅行 阪急と時々全日空編

 前回からの続きなのですよ。2日目に突入だ。

 17日(木)は6時半位に起床してしまう。予定だと7時過ぎだったんだがなぁ…まあ仕方ないので、そのまま風呂場に直行し、久しぶりの朝風呂。
 入浴後部屋に戻って、着替えてから朝食。朝食後は一旦部屋に戻って、やはり同じ角度から写真撮影。
ブレてるが9300系
 今度は早すぎてブレてます。荷物を整えたら、出発する。とはいえ、まだ少々早い気がしたので、朝錬と称して、毎度おなじみの写真撮影大会。場所は南方駅京都寄りの踏切。
南方駅を通過する通勤特急9300系 南方駅を通過した9300系
 よく見たら、実は9300系のトップナンバーだった。これが今日の伏線だったとは、この時全くきがつかなかった。9300系を撮ったら、上空を伊丹空港アプローチ中な飛行機を発見し、写真撮影。
ITMアプローチナウ@NH DHC8
 この時点ではよく見えなかったのですが、アップしてみたら、どうやら全日空DHC−8−Q400でした。再度阪急を撮影する。
南方駅進入中の普通7300系 ヘッドマークをつけた3300系準急 ヘッドマークつき5300系

京都線の古参2300系 南方駅を通過する快速急行83」00系 8300系と連結している7300系
 結構撮影したので、神戸方面へ向かうべく、南方駅の改札を通る。すると最初の電車が…
ラッピングトレイン9300系
 ラッピング(「西山天王山駅開業記念号」ラッピング車)な通過電車でした。するとまたもや伊丹アプローチ機が見えたので、撮影する。
ITMアプローチナウ@NH B737
 これは全日空のB737−800ですな。700かもしれんが…今度は反対側の通過電車が来たので撮影。
南方駅を通過する通勤特急
 するとやっと梅田行が来た。
南方駅に到着する5300系梅田行
 これで隣の十三駅で神戸線に乗換えるのだが、西口改札がなんだか怪しい…
火災で使えなくなった十三駅西口
 どうやら近所の火事で、改札が使えない状態に…火事って恐ろしいですなぁ…こんな写真を撮影していたから、電車に乗りそびれる。まあしょうがないので、乗るべき電車を待つ間に、写真撮影となる。
発車する普通神戸三宮行7000系 梅田行通勤特急7000系 回送で通過する5000系

急行神戸三宮行8000系
 3本目に急行神戸三宮行が来たので、これに乗って、次の塚口駅へ向かう。
三度阪急塚口駅
 塚口駅から阪神尼崎行バスに乗り、尼崎労働公安前で下車する。そして今年もまたこの場所へ来た。
時間の止まりし場所
 あれからもう9年ですか…長い様で短い様な…3年前から変わらぬ現場に、少々違和感を感じつつ、今年も手を合わせてきました。
 亡くなられた御霊に合掌。我々鉄道員は安全輸送に鋭意努力をして参ります。

 今回はこれまで。次回に続くよ。
posted by 島々な人 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする