2014年08月31日

第665回 第15回JAM・その1

 まあ結構間が開きまくった挙句、危うく8月無投稿になる所(申し開きは後にでも…)でしたが、今回からJAM(第15回国際鉄道模型コンベンション)のレポートをしますよ。

 さて、JAMの場合、前売り入場引換券を買うのですが、今年は値上げしてました。それまでの3日間で1500円でしたが、今年は1日1500円…値上げ幅ヒデェ…3日間共通で3000とか、1日1000だったら納得するけど、これはなぁ…買ったのが秋葉原の「Models IMON」で、たまたま隣の「MONTA」にいたマイミクのくまら氏に「参った」と漏らす訳でして。

 22日(金)は朝一からの行動で、在来線で行くか、新幹線で行くかを考えましたが、結局新幹線の始発を使う事にする。地元の駅で切符を買おうとしたら、自動券売機がエラーを起こし、何だかんだで手間取って、結局新幹線乗換ギリギリの列車に飛び乗る始末。
 さて、その新幹線の始発ですが、既に結構乗ってました。車内で朝飯を食って、その後撃沈したのですが、気がついたのが東京到着前と、久しぶりに相当寝込んでました。
 新橋からゆりかもめに乗換、国際展示場正門駅に到着。「そういえば、いつも飲んでるコーヒー飲んでないや」と、列に並ばずコンビニに行くが、売ってなかったので断念。で、毎度お馴染みの入口案内撮影。
第15回JAM看板
 その後行列に並ぶのですが、その前に多摩温泉電鉄氏と会って、ご挨拶する。この時点で行列が…
1日目朝8時の時点での行列
 この様です。しかし今年JAMの掲示板に、「8時前から並ぶんじゃない!(意訳)」って案内があったのに、先頭の人はどうも7時頃には並んでいたらしい。(たまたま吾輩の近くに挨拶しに来た、行列頭らへんの人曰く)
 行列が会場前に移動し、しばらくは待ち時間。9時過ぎに入場引換券から、入場券への引換えが始まる。3日共通じゃないので、券のデザインもこんな感じ。
1日目の入場券・表? 1日目の入場券・裏?
 その後会場限定品の整理券を配ってましたが、「ジェイアール西日本商事」の加古川線キハ40が手前で撃沈。結局毎年買ってる、「Tomix」のJAM限定コンテナ貨車引換券だけは何とか確保。
TomixのJAMコンテナ貨車引換券
 引換券を貰った後、コンビニに行ったら、ここでは何故かいつも飲んでるコーヒーが、無糖だけど売ってたので、買って飲む。
 10時前に敷いていた新聞を片付け、開場時間になったので、移動開始する。会場内に入ると、まずは挨拶回り。行ったのは「ワールド工芸」の化け猫おり氏と、「ポッポ屋」のKouChan氏の所。
 その後まずは企業ブース回り。まずは「TOMYTEC」で、HOゲージで小さいけど大きな目玉な車両を発見。
箱根登山鉄道3000形のテスト版
 箱根登山鉄道の3000形です。そして次に見つけたのは…
夢の超特急
 今年は新幹線0系登場50周年なので、限定品の車両もありました。なんかBlack Junk氏が持ってそうな…
国鉄167系直流電車
 まさかの167系修学旅行色です。次に気に入ったのが…
大糸線の「ぬーな」と「ジオマル」
 JR西日本キハ120形のラッピングトレインです。そして「鉄道コレクション」からは…
鉄道コレクション第20弾サンプル
 通常版の第20弾のサンプルが出てました。吾輩の記憶が確かなら、史上2回目の電気機関車となる、東武ED5060形と、三峡ED45形が出てました。
東武ED5060形と動力ユニット
 そして今後の予定品も続々と。
JAM後の展開その1 JAM後の展開その2
 そして第20弾には、まさかの無蓋電車用の動力ユニットまで用意。
ワンドライブユニット
 しかも後で判明したのですが、これ「はこてつ」の動力と兼用らしいです。
 続いて「マイクロエース」へ。まずは國鉄廣島…じゃなかった、JR西日本の113115系のサンプル。
國鉄広島3兄弟
 都営大江戸線の12−000形や…
都営12−000形サンプル
 山陽電鉄の車両に…
山陽電鉄サンプル
 京王9000系と…
京王9000系塗装テスト
 小田急MSEが並んでました。
小田急MSE塗装テスト
 次に「KATO」ブースですが、この時は未だ新製品発表前だったのですよ。まずはある意味シュールな画から。
最小半径が小さいから出来る画
 いくら最小半径が小さいからとはいえ、これはねぇ…そして次は…
サウンドサンプル 何か前他社で出てた奴とは違う様だ
 サウンドが出ます。しかもカートリッジで音が変えられます。ちなみにこの後小田急NSEが発表され、一部関係者からは、阿鼻叫喚な発言ががが…


 自主規制分の写真をだしたので、今回はコレまで。次回に続くぜよ。
posted by 島々な人 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | JAMコンベンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする