2014年10月17日

第680回 東京〜新潟間ヲタから社員旅行までのお話・マリンピア日本海編

 前回からの続きである。

 バスは信濃川を渡り、海沿いに出る出ないあたりで、目的地の「新潟市水族館・マリンピア日本海」に到着。看板の前で記念撮影をしてから、水族館に入館する。後は順路どおりに見ていく。
河豚
 河豚がいたり…
エイ
 エイがいたり…
シュモクザメ
 鮫がいたりと、まあ普通なのですが…
マイワシの群れ
 鰯が群れを成してるのが結構面白い。とある後輩に至っては、水母を見て、「ああ…癒される…」と、「お前はどれだけストレス溜まってるんだよ!?」な発言も。
 でもって、Black Junk氏が食いつきそうなモノも。
ニホンイシガメ
 デカイ亀ですねぇ〜。「ニホンイシガメ」っていう亀です。でもって、触れるコーナーがあって、小さな鮫やら、ヒトデなんかが触れるのですが、このあたりでデジカメの電池切れ発生。
 別の電池(単三のエネループ)を換えてみたら、その電池も充電が無くて…
ビーバーはダムを作る
 ビーバー撮ったら切れました…しょうがなく電池を売ってる所を探すが、電池がまったく無かった…しょうがないので、この時点で諦める。
 アザラシとペンギンを見た後、昼飯をこの水族館内の食堂で食う事にする。結構悩んだが、天丼を食う事にする。味はまあまあだった。食後はお土産を買い、バスに乗ったら即発車。そのまま新潟駅まで行き、現地解散となる。
 新潟駅でとりあえず電池を買い、コインロッカーから荷物を出して、電車を撮影しようと企むが…前日に撮った115系しか撮れなかった…丁度いい電車があったので、このまま新幹線ホームへ行く。「Maxとき」号に乗ったら、荷物を置いて、追加でお土産を買う。
 「Maxとき」号で新潟を離れ、高崎に到着すると、次の列車がまたいいタイミングであったので、慌てて乗り込む。
 地元駅に着いたら、荷物を車に入れて、帰宅…とおもいきや、最後の悪あがき挙行。イオンモール高崎」へ向かい、「ポポンデッタ」に行ってみたが、まあ「東武ED5060形」は無かったよ…
 そしてやっと帰宅しました。

 しかし今回は日程もさることながら、結構長かったですな。次回は…どーしましょ?
posted by 島々な人 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社員旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

第679回 東京〜新潟間ヲタから社員旅行までのお話・北方文化博物館編その2

 前回からの続きじゃけぇ。

 「北方文化博物館」は元が豪農の家なので、いろんな物が飾ってあるのだが、まず目に入ったのがコレ。
ニッポニア・ニッポン
 今なら絶対手に入らない物ですな。ちなみにこの剥製、天皇皇后両陛下がご覧になっていました…大きい家なので、中庭も有ります。
中庭ですら普通の家の庭並みな気が
 でもって、結婚式の献立があるのですが…
普通の古文書並みの献立表
 長すぎ!ガイド曰く「3日3晩やった」そうだ。そりゃ長いわな。でもって、瓦には…
瓦も贅沢に
 一枚一枚家紋入り。廊下を渡り、大広間へ向かう。
ちょっとした集会場並み
 まあデカイこと。そしてその庭には…
デカイ庭と池
 錦鯉が泳ぐ大きな池のある、大きな庭園がありました。その後再度入ったところへ戻る。その隣には台所がありますが…
大きなカマドと大釜
 まあデカイねぇ…そして外に出て、中門をくぐる。
仕切りの中門
 普通の家なら、多分コレくらいが一般的な家の門なんだが、此処では中門です。そして個人客向け入口へ回るのだが…
ここも普通の家なら玄関だが勝手口
 これでもまだ勝手口なんだぜ。そして正門側へ行くのだが…
城の門並みのデカさ
 デカイなぁ…で、反対側にやっと玄関があるのだが…
表玄関
 この写真だけを見せて、「ここはお寺です」と言えば、騙せそうな大きさ。門の外を見てみると…
下手な家ならその敷地分ある前庭
 この時点でこの敷地がデカ過ぎる事を実感する。正門から来た道を戻るのだが、途中で面白いものを見つける。
水遊び中
 スイッチを入れると水が流れるのですが、ガタがきてるのか、結構水が漏れまくり…そしてくもみじゃないけど、全国千人(んな訳ねーだろ!)の三角ハウスファンの方、お待たせ致しました。
正三角形は伊達じゃない
 正三角形の建物「三楽亭」です。中も…
台形の畳
 三角形と台形で出来てます。無論調度品も三角形で、開けるのも大変面白い構造らしい(ガイド曰く)のだが、中に入れないから試しようが無いです。
 そしてバスに戻るのだが、此処の敷地がどれ位大きいのかが分かる写真がこちら。
ただ広い平地
 バスは「北方文化博物館」を後にし、次の目的地に向かう。途中でSLの形をした、幼稚園送迎バスを目撃したのだが、写真に収められなかった…

 今回はコレまで。次回に続くんだよ。
posted by 島々な人 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 社員旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

第678回 東京〜新潟間ヲタから社員旅行までのお話・北方文化博物館編その1

 前回からのつづ〜き。

 危険物を運ぶトラックと別れ、その後高速にのるのだが、まあこれがねぇ…
高速道路入口っぽい?
 単なるバイパスっぽい構造。もっとも自動車専用道なので、高速道路っちゃ高速道路…しばらく走行すると、料金所ICを通過したので、気分は何処ぞの有料道路。
 しばらく高速を走行後、新潟亀田ICで一般道に下りて、しばらく田んぼのど真ん中な道を行くと、目的地である、「北方文化博物館」に到着。早速写真を撮る。
新潟の中越交通
 違う観光バスをな。(マテコラ)駐車場の都合で、裏門から入場するのだが…
表門と勘違いした裏門
 裏門からしてチョット大きな家の門レベル。つーか案内図を見るまで、表門だと思ってたよ…その塀と堀も…
明らかに長い壁に堀
 ちょっとした刑務所…いや、城砦レベルな気が…裏門から入ったので、まずは土蔵からなのだが…
集古館
 大きいなぁ。昔県知事公舎(今は移転して更地)の土蔵を見た事があるのだが、それよかデカイ。本館へ至る途中、お土産屋やら飲食店が入ってる建物があるのだが…
サイズからして普通の邸宅より少々デカイ
 普通の家から改造したのか、後から建てたのかよく分からん。そしてメインの建物へ向かうと…
主屋のごく一部な写真
 デカイです。手前に藤棚もありますが…
青々とした藤棚
 これまた立派な藤棚です。そして団体入口から入るのですが…
主屋のやっぱり一部分
 これでも勝手口なんだぜ。藤棚の下には…
藤棚の下の池
 小さな池がありました。何故「小さい」と書いたかは、後で分かるさ。団体入口から入ると、囲炉裏があるのですが…
16人は座れる囲炉裏
 これまたデカくて、案内の人(前を行く団体付きの人)曰く、一度に16名が座れたそうな。そして住居部はいろんなものを飾ってる所と、通路っぽい感じの畳部屋があるのですが…
座敷と通路が曖昧 土間の廊下っぽい
 なんかサイズがデカ過ぎて、「ホントここ住居か?」レベル。

 今回はコレまで。次回に続くス。
posted by 島々な人 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 社員旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

第677回 東京〜新潟間ヲタから社員旅行までのお話・怒涛の瀬波温泉編

 前回からの続きザマス。

 旅館からの送迎バスが来ていたので、送迎バスに乗りこみ移動開始。そんな時間がかからず本日のお宿、「夕映えの宿 汐美荘」で、部屋からの眺めは…
オーシャンビュー@日本海
 いい日本海です。そして何故かロビーにはこんな物が…
黒ひげ危機一発
 何故「黒ひげ危機一発」が…しかも何故か宴会の挨拶を賭けて、4人でやってたし…しばらくして、部屋に案内される。
 部屋で浴衣に着替えて、一休み…つーか結構休んでたなあ…この時点で風呂へ行ってませんので。吾輩以外は風呂へ行ったので、皆が戻ってきたら、宴会場へ向かう。
 宴会場に入って、全員座ったら宴会開始。食前酒が日本酒だったので、飲まずに隣の呑んべえ同期に渡し、早々に麦焼酎水割りを飲みだす吾輩。
 コンパニオンが来て、暴走しだす先輩1号。何分これまでどえらい勢いで飲んでいたから、既にベロベロのへべれけ。「暴走しない訳が無い!」ってレベルでした。
 「カラオケがないんか?」と言い出し、急遽投入しだし、いつもの曲を歌いだす先輩1号。負けずに歌いだす先輩2号もいて、相変わらずの様相を呈していた。でもこれでもまだ控えめなんだZE!
 主力が後半組に固まっていた為、まだコレ位で済んでる訳でして、その様子は…後半組の後輩に聞いてみたところ、やはり裸族が現れたらしい…
 そして何故か「けいおん」の「ふわふわ時間」が入るという、謎以外の何物でもない状況で、後で聞いたら、どうも同期が入れたらしい…しかも何故か巻き込まれる吾輩…
 まあ例年よか多少マシな宴会が終わり、そのまま部屋に戻り、横になる吾輩。しばらく横になった後、やっと風呂へ行く。しかし夜中だから、外は真っ暗。
 部屋に戻ると、死屍累々な同部屋の人達がいた。荒熱を取ったら、そのまま就寝する。つーか1人いねーなぁ…あ、分会長が居なかったけど、もういいや…

 29日(月)は7時位に起床する。周りはまだ寝てる奴もいたので、静かに入浴へ行く。朝の日本海はデカイなぁ…風呂から出て、部屋に戻ると、全員起床していた。
 そのまま全員で朝食会場へ。バイキングなので、勝手に選んで食うのだが、うっかりいつもの癖で、パンを取ってしまう吾輩…米どころなのに…食後は部屋に戻り、朝の日本海を撮影する。
穏やかな日本海 砂浜護岸工事中
 どうも砂浜護岸工事らしく、クレーン船が停泊してました。9時前に部屋を引き払い、玄関に向かうと、観光バス祭りに。
群馬バスの高級貸切バス「スターペガサス」 福島県のオールスター観光 群馬の北関東観光
 一方我々が乗るバスはと言うと…
新潟交通小型車
 まあ短車体バスですな。コレに乗り込み、出発するのだが、早々に停車。ホテルで貰った、海苔引換券に釣られて、「岩船港鮮魚センター」に寄る。距離は1kmも無いような…
 バスを降りて、早速買い物。生物でも良いのだが、持って帰るのが大変そうなので、干物でお茶を濁す。バスに戻る途中で、違う観光バスを撮影する。
茨城の新星観光バス
 短い買い物時間後、本来の目的地に向け出発する。道中「毒」マーク付のトラックに遭遇するが、カメラを構えたら、曲がって行ってしまった…

 今回はコレまで。次回に続くのら。
posted by 島々な人 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 社員旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

第676回 東京〜新潟間ヲタから社員旅行までのお話・波乱の新潟移動編

 前回からの続きだぁ。

 秋葉原を出て東京駅に到着すると、「とき」号が発車5分前だったので、まあキオスクに寄る事は無理。つーかキオスクが近くにない…なのに写真を撮る吾輩。
慌てて撮ったE2「とき」号
 切符的には、高崎までが自由席で、高崎から指定席(7号車)なので、一番近い4号車に座る。乗った位置が6号車付近で、車販のお姉さんがいたのが5号車だったので、「車販来るの早いだろうな」と思ったら、なかなか来ない…どうも指定席から行った模様…
 結局高崎到着前まで食事にありつけない所か、高崎駅に近づき、指定席へと移動中、6号車で車販のお姉さんを見たので、まあ車販での購入が絶望的に…
 若干早めに指定席に座ると、高崎駅に到着。何故か主力が別の車両(5号車辺りか?)の待機列にいて、少々不安になったが、4名乗ってきたので安心する。
 その後は後輩が持ってきた、あたりめで腹を満たすが、まあこれで満たせる訳でもなく…結局燕三条発車しても来なかった…タイミング悪いなぁ…
 さらに問題発生。羽越本線村上〜間島間で、貨物列車で車両故障発生と、先行き不安レベルに…なんだかなぁ…
 そうこうしている内に、「とき」号は新潟へ定時に到着。
新潟駅
 ここから乗換の列車が定時だと1時間待ち…まあ酔っ払いシフトなんだが、コリャ長いよなぁ。まずはコインロッカーを確保する事から始まるのだが、改札内のロッカーは全滅…仕方なく改札外のロッカーとなる。
 ついでに駅ビル内にある、「ヨドバシカメラ」と「ビックカメラ」により、最後の悪あがきをするが、まあ「ビックカメラ」に至っては、「鉄道コレクション」すら無かった…
 時間的にフルで飯を食うと、晩の宴会に影響出捲りなので、ここでクレープやらドーナツで腹を満たし、その後ホームへ移動して、写真撮影をする。2・3番線ホームより、「北越」号とE127系を撮影する。
来春には無くなる列車と別会社に移籍する電車
 3番線には、地元じゃ当たり前の湘南色と、新新潟色の115系が停車中。
IMG_1014.JPG
 2番線のE127系が引き上げたので、「北越」号を収める。
特急「北越」号@485系上沼垂色
 新潟駅は工事の関係で、1番線ホームの先に、8・9番線があるのだが…
1番線の先にある8・9番線ホーム
 2・3番線ホームからはチョット遠いぜ。すると「いなほ」7号が入線する。
上沼垂よりE653系入線 特急「いなほ」号@E653系
 「いなほ」号を撮影後、ホームの端へ行って、撮影してみる。
新新潟色と長野色
 よく見たら、新新潟色と長野色の組み合わせだった。似た様な色合いだから、チョット気付くの遅かったぜ…すると「北越」号が発車していく。
特急「北越」号発車
 どうやら「いなほ」7号は、発車番線こそ違えど、定時に発車する見込み。何とか移動が出来そうだ。そして車内に乗り込むと、後は発車を待つばかり…
 そしたら先輩がやらかす。酒をこぼしてしまう…未だ発車もしてねー!
 無駄に波乱の中、「いなほ」7号は定時に出発。外の風景は、既にあらかた刈り終えた田んぼが、秋を感じさせます。そして何故か停車駅毎におつまみを寄こす、後輩な分会長…
 「いなほ」7号はほぼ順調に運行していたが、流石に村上駅手前の岩船町駅で信号待ち停車。近くには貨物列車が止まっていた。「いなほ」7号が動き出し、貨物列車を抜かす時、機関車を見たら…流石貨物の機関士、根性が違うなぁ…
 結局定刻より数分遅れで村上駅に到着。
村上駅
 ここから先の列車は運休なので、隣のホームには普通列車が停車中。
旧新潟色と新新潟色のキハ40系列
 幸い我々はここで下車なので、まあ影響は無いのですが、代行バスが次々と到着してきました。地図を確認すると…
案外目と鼻の先っぽい車両故障現場
 何気に結構至近距離で故障中。

 今回はこれまで。次回に続くZE。
posted by 島々な人 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社員旅行シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

第675回 東京〜新潟間ヲタから社員旅行までのお話・秋葉原買物編

 前回からの続きであって、2日目なのだ。

 28日(日)は8時位に起床。普通の「東横イン」でしたら、ロビーで朝食サービスがあるのだが、ここのロビーは狭いので、パンが3種類位あるのだが、それを自室に持って行って食うスタイル。パンのは普通の菓子パンでした。
 8時半過ぎに荷物整理して、9時前には準備完了だが、買い物先である秋葉原への移動時刻を考えると、未だ早い。なので前日の踏切で撮影しまくる。まずはこんなの。
矢口渡7号踏切と郵便自動車
 ある意味蒲田駅付近の日常の光景ですな。その後は踏切遮断機近くで撮影する。
多摩川線デハ7712号車 東急2代目7000系 蒲田に到着するクハ1023号車

多摩川線到着&池上線発車 五反田へ向かうデハ7661号車 東急蒲田駅より池上線発車

加速するデハ7101号車 多摩川へ向かうクハ1023号車
 すると数少ない編成が…
蒲田駅に進入するクハ1701号車
 一番新鋭(でも1000系なので製造時期に大差なし)が着たので、ほぼ全種類撮った…筈だった…でもまだ時間があったので、このまま撮り続ける。
古豪と新鋭のすれ違い
 するともう1つの変り種がやって来た。
数少ない1000系中央貫通戸型前面車 蒲田駅に進入するクハ1013号車
 そーいやこの珍編成忘れてたよ。でもって、多摩川・池上両線で活躍する、形式は全部押さえた訳ですよ。この一番の珍編成を撮影後、愚弟が来たので蒲田を後にする。
 秋葉原に到着後、駅前で解散。まあ余程の店じゃなきゃ、愚弟も相当来てる訳ですし、こっちもイロイロと買う物があったので、別れて行動した方が良い訳でして。
 でまあ、吾輩の場合、まずは「ぽち」に行って、「ポポンデッタ」へ行く。両店で確認後、再度「ぽち」に行って、中古の「鉄道コレクション」用動力を買う。
 その後もう1つの「ぽち」へ行くと、ここでも中古の「鉄道コレクション」用動力を買い、続いて「アソビットシティ」へ行くが、既に「東武ED5060形」が売切れ…
 さらに「ヨドバシカメラ」へ行くが、この時点で東武「ED5060形」はおろか、「107系100番代後期形」も品切れ…仕方なくそれ以外の物を買う。
 この時点で時刻は12時前。目的の新幹線発車時刻まで、残り30分を切ってしまう。ここで「Models IMON」に行き、何とか「107系後期形」と、「東武ED5060形」を1両確保するが、この「東武ED5060形」で、「Models IMON秋葉原店」のオーラスでした…
 この後の乗継時間的に、1本遅れてもいいのですが、荷物量を勘案し、ここで東京を離脱する事にする。「昼飯は新幹線の車販でいいや」と判断しましたが、コレが後で悲惨な目にあう事になる…

 今回はコレまで。次回に続くんじゃ。
posted by 島々な人 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

第674回 東京〜新潟間ヲタから社員旅行までのお話・模型ホビーショーその2

 前回からの続きですな。

 その後「デアゴスティーニ」にて大物をみる。
1/200 IJN 空母「赤城」 1/200 IJN 戦艦「大和」 1/24 JNR D51
 しかしデカイね。1/200の空母「赤城」は初めて見たし。近くの「ファインモールド」では、こんなものを発見。
IMG_0960.JPG
 「ガルパン」の戦車USBメモリーです。そして「ハセガワ」ブースでは、先日発表されたばかりの、政府専用機が出てました。
1/200 B777−300ER 日本国政府専用機(仮)
 しかし手が早い。そして「たまごひこーき」シリーズでは…
たまごひこーき オスプレイ
 オスプレイがでてました。しかしこれはかわいいのぅ。チョット離れて「アオシマ」ブースでは…
予告写真@1/45 JNR DD51
 DD51が大型スケールで出るそうです。テスト組みと値段次第では買いそうな悪寒…そしてこの裏側には…
金剛デース!
 1/350スケールの戦艦「金剛」がありました。しかし1/350でもデカイなぁ。ここで12時半を過ぎていたので、ここで一旦会場を出て、昼飯を食う事にするのだが、検討の結果、コンビニ飯となる。
 食後しばらく休んだ後、見学再開する。まずは「GSIクレオス」ブース。
Mr.ウェザリングカラー
 まさか「Mr.カラー」シリーズでウェザリング専用塗料が出るとは…でもって、その見本がこちら。
ウェザリング済み樽見鉄道TDE11
 提供が「TOMYTEC」だったりする。この後行列が減ってたので、「バンダイ」ブースに行って、限定品をお買い上げ。とはいえ、欲しいのは1つだけ(「Bトレインショーティー」のニコニコ版EB10)で、残りは「妖怪ウォッチ」関連の商品なので、事務のおねえさん(子持ち)に聞いてみる予定。
 その後彼方此方見て周り、ジャンク品コーナーを漁った後会場を出る。この時点で15時半過ぎ。ホテルのチェックインが16時なので、のんびり移動開始。
 国際展示場駅からりんかい線に乗り、大井町で京浜東北線に乗換る。そして蒲田に到着。まずは本屋へ行って、電車内の広告に載ってた本(イラストが鉄拳さんのやつ)を探すも、売り切れ…
 仕方なくホテルへ行くことにする。本日のホテルは「東横イン蒲田1号館」で、東急線の脇を歩いて向かう。ホテルに到着し、チェックインして部屋へ。
 部屋に荷物を置いて、模型屋へ行く。道中愚弟が忘れ物に気付き、慌ててホテルへ戻るので、吾輩は近くの踏切で写真撮影。
多摩川線を行くクハ7912号車 東急蒲田駅遠景
 ある程度(とはいえ、これ以上はブレまくって載せられん…)撮ったら、愚弟が戻ってきたので、移動開始。まずは鉄模連ショウ帰りで見かけた、「マグナムショップむげん東京本店」ってお店。メインがモデルガンで、中は結構いろいろありました。欲しい物もあったのですが、お金がそんなに無いのでパスする。
 そして京浜東北線に乗って、隣の川崎駅へ。ここで愚弟と別れ、吾輩は駅近くの「ヨドバシカメラ」へ行く。探し物はまあ有ったり無かったり…ここで買っときゃ良かったって物もあったけど、何故か買わなかった。何でだろう?
 その後京急で京急蒲田駅に向かい、ここから歩いてすぐの場所にある、「金春本館」にて本日の晩飯を頂くのだが、チョット選択ミスが発生。炒飯が案外ヘビーだった…回鍋肉が辛い方だった…
 食後はそのままホテルへ…とおもったが、「ユザワヤ」と「メロンブックス」に寄ってからホテルへ戻る。そして入浴して就寝する。

 本日はコレまで。次回に続くっス。
posted by 島々な人 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

第673回 東京〜新潟間ヲタから社員旅行までのお話・模型ホビーショーその1

 前回社員旅行のレポをやると言ったな。あれは半分嘘だ。
 お話は9月上旬の頃、愚弟が9月27・28日(土・日)に「東京ビックサイト」で行われる、「全日本模型ホビーショー」に行きたいと言い出す。
 でもって、27日は何処かに泊まって、翌28日は買い物をしたいと言う。この時吾輩の勤務は、27日が夜勤明けと、この時点で2泊確定
 職場で「そーいや今度の社員旅行って日程(前半・後半の2組制)どうなってるんだ?」と思い出し、メンバー表を見たら…前半が28日で、その前半組だった訳ですよ。何でだ?
 そこで職場の旅行会幹事に聞いてみると、「人数が(入社の頃と比較して、半分以上)減って、お金(旅行費は積立)が前より少なくなっている」らしく、「従来からの日程(大体10月中旬頃)だと、秋の紅葉シーズンと被って、料金が高くなるから前倒しにした」らしい。
 「まあしょうがない」と、3泊確定を覚悟していたら、今度は後輩がバイクで自爆(事故回避しようとして失敗してコケる)して、右足の骨折(多分歩けたってらしいから腓骨っぽい)で年内復帰絶望のニュースが…
 この自爆テロのおかげで、職場は上も下も大騒ぎ。タダでさえその後輩前半組で、しかも前半組は団体割引の利く15名ギリギリ…仕方なく別の先輩が、後半組からスライドする羽目になる。
 さあ、今年の旅行は波乱万丈な気がしてきたぞ…

 そして27日(土)当日は夜勤明けからスタート。荷物を車に入れてあるので、仕事用と旅行用の荷物を入れ替えたら出発する。高崎駅で新幹線に乗換。
黄色い細帯なE4系
 「Maxとき」号で、自由席は満席だった。そして吾輩の経験から、大宮駅で空席が出るので、待っていると、やはり大宮駅で空席が出たので、座る事にする。
 東京駅からは、ゆりかもめ経由で会場入りするのだが、なかなかゆりかもめの新車に当たらない…りんかい・埼京線のE233系は導入当初に一発でツモったのに、ゆりかもめはなかなか来ない…
 結局結構混んでいたので、ほぼ立ちっぱなし。席が空いたのは船の科学館駅で、珍しく先頭の席が空いた。そしてやっと逆三角形の建物が見えてきた。
聖地▼▼
 国際展示場正門駅から会場へ移動する。途中でJAMだと恒例の看板撮影。
第54回全日本模型ホビーショー
 会場に入る前に、愚弟と連絡を取るのだが、どうも「バンダイ」ブースで並んでいる。会場入口でチケットを買い、会場に入ると、割と近くに「バンダイ」ブースがあって、愚弟発見。
 どうも限定品販売の行列で、しばらくかかるので、隣の「TOMYTEC」ブースを見学する。JAMの時から変わった事といえば…
鉄道コレクション第20弾カラーショット
 「鉄道コレクション」第20弾のテストショットがカラーになりました。後…
東武のクリーム塗装
 東武8000系更新顔のクリーム単色も出てました。そして「はこてつ」の動力がでてましたが…
「はこてつ」用動力見本 なんかデジャブ感タダ漏れ
 ある意味シュールな風景がありました。ここでは限定品のコンテナ貨車と、「バスコレクション」の都営バスセットを買う。
 愚弟がやっと買い物が終わり、ここから他のブースを見て周る。まずは「艦隊これくしょん」の影響で、再び隆盛しつつある「ウォーターライン」のコーナー。
壮観な観艦式
 相変わらず壮観ですなぁ。すると「クラウンモデル」ブースで、エアガンの試射があったので、試射のため並ぶ愚弟。吾輩は隣の「東京マルイ」のブースを見学。

 M4のガスブローバックで、愚弟が欲しがっている物。でも未だ値段が出てませんでした。
 その後愚弟の試射が終わり、「童友社」ブースを通り、「ハイテックマルチプレックスジャパン」で10式戦車のラジコンを見たのですが、写真撮るのを忘れてた…orz
 そして「京商」のブースでは…
レースガール(?)付「86」 痛車レースカー
 痛車が展示してありました。でもこの車、「トヨタ」の「86」ですやん。ここで愚弟のセンサーが反応する。
可動形ネコ式戦車
 「モンスターハンター」のネコ式戦車です。無論「京商」なので、ラジコンで動きます。動く見本は無かったですが。

 本日はコレまで。次回に続くにょろ。
posted by 島々な人 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする