2014年11月29日

第687回 第16回組合文化祭・その1

 秋のイベント月間第3弾となる、組合文化祭が8・9日(土・日)に「高崎市労使会館」で行われました。今回そのレポですよ。

 前日設営日の7日(金)は休日なので、まあノンビリ起床。11時頃に自宅を出発する。そして組合の支部庁舎へ行くと、既に多数の人がいたので、車を止める場所が無い…
 なんとか車を止めて、荷物を物置から引っ張り出し、車に積載する。そんなに荷物がないので、比較的短時間で終了する。
 そして会場へ向け移動開始する。とはいえこの時点で11時半過ぎなので、毎度恒例の「すたみな太郎」で昼飯となる。
 食後すぐに会場へ向かうのだが、まあ会場には未だ本部役員がいない…いたのは先ほど支部庁舎にいた人達…しょうがなく暇つぶし…
 しばらくして着たのが、テント貸し出しの業者さん…更に間が開いて本部役員と、タイミング違うよなぁ…
 とりあえず本部役員が着たので、準備開始。まずは部屋の確認ですが、まあ例年通りの場所だった。まずは卓球台のネットを外して、卓球台を動かして、HOゲージの場所を確保する。
 「今年はHOやってる先輩来ないのでは?」って、憶測(その先輩が籠原在勤だったから)があったのだが、まあ普通に来てましたよ。
 部屋が確定したので、荷物を運んでおき、次に机を確保するのだが、何故か隣の会議室に机が2種類(新しいやつとボロいやつ)あって、どっちを使うか悩んでいた。
 しかしだ、この部屋を使う業者さんが、勝手にボロい方を使っていったので、新しい方をそう労もなくゲットする事になる。
 次に机をテープで固定するのだが、テープが無いので確保しに行くと、何故か白いテープがあったので、それを確保する。
 机を固定していったら、レールを敷いていくのだが、基本設計図があるのに、毎年毎年微妙に変形するものだから、コレが一苦労…
 その頃本部の人が来て、レイアウトを設置していた。まあ良くカタログにある、基本パターン+アルファな感じで、何処から持ってきたかが曖昧な代物。一説には本部に飾ってあるとか、地方委員長の私物(んな訳は無い筈なんだが…)とか、ある意味憶測飛びまくり…
 結局なんとか形になったのが、18時近くとまあ手間がかかる事…でもって、例年ならテストランして終わるのだが、何故か車両が無いので、仕方なく終了となった。
 そして帰宅するのだが、ついでに近くの「ドンレミーアウトレット」へ行ってお土産を買い、給油をしてからの帰宅でした。

 8日(土)は7時前に起床し、何故か前日作っておいて、印刷しなかった注意書きを印刷してから出発する。何で印刷しなかったんだろう?
 ここ数年恒例となった、会場近くの「ロイヤルホスト」にて朝食をとり、一旦会場入り。荷物を降ろしたら、近所の貸し駐車場に止めておく。
 そして前日できなかった、電気配線をして、テストランをするのだが、何故か微妙…調整したら、うまくいったので、レールクリーニングカーを走らせて、レールをきれいにしておく。
 しかしだ、普段磨かないので、レール汚れが結構激しくて、結局結構周回させる始末に…普段なら2周を2回位で治まるのに、4回やってやっとだった…
 なんとかレールも綺麗になったので、車両を配置していき、10時開場前にはなんとか動かせる体制が整う。
 そして10時になり、1日目開始。今年は机が新しいので、机に起因する脱線が激減。記憶が確かなら、午前中に脱線が無いなんて、多分数年以上前に遡らないと無いかも…
 お客の方ですが、まあそこそこの入りだったので、まあ例年通りかと。脱線も無いので、まあノンビリ運行でしたよ。

 今回はコレまで。次回に続くだす。
posted by 島々な人 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 組合文化祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

第686回 第35回日本鉄道模型ショウ・その4

 前回からの続きなんだな。

 既に会場には2名いたし、珍しく「南洋物産」の店主が居た。談笑しつつ、会場が開くのを待つ。会場が開いたら、2日目の要員を聞いて回る。しかし時間的に揃わない…結局スターターとして、吾輩含めて3名で入口を担当する。
 んが、2日目はそんなに行列がなく、行列が捌けたら、早々に入口担当を抜け出し、この日の人員配置を決めておく。その後吾輩は緊急登板向けとして、会場入口でほぼ1日を過ごす事になる。
 とはいえ、ほぼカタログの補充がメインで、たまに急な来客対応とか、案内をした位。1日目よりまあ楽な進行だったなぁ…
 12時頃に昼飯を食いに行くのだが、本日は少々量が少ない弁当だった。弁当を食った後、近くのコンビニへ行って、チョット追加で食う事にする。じゃないとこの後撤収の時に持たないからだ。
 昼過ぎもほとんど1階受付付近にいて、カタログの運搬・補充と、急な来客対応等をしていた。でもユルユルなので、眠気が酷かったよ…
 合間を見て買い物へ行く。メインは「ワールド工芸」の新作にして、初のプラ製品である、上田交通のED4111をお買い上げ。他には「CASCO」のケース用スポンジと、「松本商事」でOゲージ用の切替スイッチを買う。
 最後の入口担当枠が吾輩なので、16時より入口担当を引き継ぐ。んが、まあこの時間だと、もうあまり入ってこないので、まあ再入場する人がメインとなる。
 17時前にはもう入場客はいないと判断し、事務局長に許可を貰って引き上げる。そして17時となり、2日間のイベントが無事終了する。
 ここからが大きなヤマ場、撤収作業である。2階は毎度おなじみの勢いで、多分1時間もしない位でほぼ空室となる。
 その後エレベーターでオペレーターするのが、例年吾輩の仕事なのだが、今年はすぐに机等を使うらしく、収容が無い分結構短時間で終わる。
 全体の撤収が終わり、帰宅の徒へつくのだが、腹が減ってしまう。最初は「今日は「ニイハオ」で良いか…」と思ったのだが、どうやら「スハの会」の打ち上げや、その他のお客で満員の模様…
 仕方なく蒲田駅方面へ歩きつつ、飯屋を探すのだが、結局「日高屋」になった。まあいいんだけどね。
 食後は新幹線に乗って、高崎に着くが、どうも高崎線が遅れていた様で、乗れない筈の列車に乗れた。これはラッキーというべきなのかな?

 これにて鉄模連ショウのお話は終わり。次回は組合文化祭ですよ。
posted by 島々な人 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

第685回 第35回日本鉄道模型ショウ・その3

 前回からの続きだべさ。

 がんちゃん氏が去った後、快特が来たので、ここでKouChan氏と別れる。快特電車で2駅で横浜に到着。ここからみなとみらい線に乗換、馬車道駅で下車する。
 本日泊まるホテルは、「東横イン横浜桜木町」です。本当はもう少し蒲田近くのホテルの方が良かったのですが、いかんせんホテルが取れない…
 どれ位取れなかったかといえば、東京都内の「東横イン」が壊滅…普段なら結構空いている「福生駅前」すら駄目…神奈川県内の「東横イン」でも、遠い茅ヶ崎等々、意味があまり無い…
 その後何とかキャンセルで空いた、「東横イン横浜桜木町」に入れたのですが、しかし何でホテルが少ないんだろうか…調べたらどうも農水省絡みのイベントががが…
 ホテルではやる事も無く、結局早々に寝てしまう。相変わらず人が多いせいで、ネット環境が駄目だったからなぁ…

 2日(日)は7時前に起床する。ここの「東横イン」は、朝食メニューにカレーがあったので、食ってみる。味はまあねぇ…微妙?(美味いとは言えない不味いとは思わない…)
 7時半頃にチェックアウトして、会場へ向かう。だが、真っ直ぐ向かうのも味気ないので、あえて違うルートで行く事にする。まずはたまたま目に入った、横浜市営バスを撮影する。
横浜市営バス
 馬車道駅は結構至近距離なので、すぐに到着する。駅名を撮影する。
馬車道駅駅名表
 撮影後に線路を良く見たら…
ここを走った証
 まさかの1000系遺産ががが…まもなく各停電車が到着。
各駅停車和光市行東急5050系
 コレに乗って、揺られる事8駅で菊名駅に到着。ここで急行の退避待ちがあったので、急行に乗換ついでに反対方向へ向かう電車等を撮るのですが…
一昔前は模型でしかありえない風景
 まあまさか3社(西武・東急・東武)が並ぶとはなぁ…そして急行(東武車)に乗換、多摩川駅に到着。
乗換の多摩川駅
 ここから多摩川線に乗換える。
多摩川線の7700系
 車内はわりと混雑していて、わりと窮屈…そしてわりと混雑したまま蒲田に到着。
東急蒲田駅多摩川線ホーム
 蒲田駅から会場へ向かうのだが、道中恒例の今年の京急蒲田要塞駅撮影。
まっさらになった地上線跡
 地上のレールは完全に撤去されており、この後ここに何か建てるのかな?そして歩道橋の階段から撮影。
歩道橋延伸中
 横の歩道橋が駅改札口近くまで延伸中なので、「出来たら楽になるんだよなぁ…」とおもいつつ、会場へ向かいました。

 本日はコレまで。次回に続くっぺよ。
posted by 島々な人 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

第684回 第35回日本鉄道模型ショウ・その2

 前回からの続きですよぅ。

 会場内で最初に見たのが「松本商事」で、どうもOゲージの貨車か客車が出ていたのだが、見に行った時点で売れていて、中身を確認する事が出来なかった…おしい…
 1日目はだいたい会場内を周るだけで、買うのはOゲージ以外は翌日(Oゲージはすぐ売れちゃう可能性があるので早々に買う)ってのが毎年のパターンで、今年もそのパターンでした。
 結局人手の都合で、入口担当として2時間立ちっぱなしが確定した吾輩。早々に昼飯を食うのだが、ここでBlack Junk氏が食えない弁当だった事が判明する。食後Black Junk氏に言うと、「うん、食えないね」と。
 そして2時間ほど入口でカタログ渡しをしてましたが、今年は結構配っていて、大体1箱50部位入るダンボールが、2時間で10箱以上消えた様な…
 2時間も立ってれば、まあそれなりにヘロヘロになるんですが、まあこの後も大ホールと小ホールを行ったり来たり…久しぶりに激疲労…
 2階でOゲージを広げていたら、とあるメーカーさんの関係者から、Black Junk氏にOゲージの譲渡話が出てきた。
 どうも長年しまってあって、捨てようかと算段していたらしいのだが、たまたま2階のOゲージを見て、「有効活用してくれそうだ」と無償譲渡が実現した。なんたる奇遇!
 18時になり1日目終了。小ホール内を撮影して周る。
’14鉄模連 路面その1 ’14鉄模連 三線式Oゲージ群 ’14鉄模連 路面その2

’14鉄模連 N本線系 ’14鉄模連 ネ申棚
 その後は懇親会会場である、4階のコンベンションホールへ行く。入口前で開くまで待つのだが、相変わらずys君の挙動が怪しい…つーか何故何処でも寝れる?
 会場が開いたので、入ってテーブルに配置する。今年はド阿呆のポンタ君が居ないので、気楽なのが良い。
 そして乾杯するのだが、この後がまあ例年と違っていた。人数も少ないのもあるけど、食べ物の残り方が結構多かった。T−TNet系も、主力である伽君がいなかったし。
 でだ、伽君が居ないからって話で、「「艦隊これくしょん」の正規空母」って例えて言ってたら、「(戦艦)大和じゃないの?」って問い質す人が居た。そして吾輩の答えが、「パワーイズNo.1のアメリカ最後の通常(動力)型空母のフォレスタル級なのだよ」と。
 しかしこれ、後で考えると、アメリカ最後の通常動力型空母って、キティホーク級なんだよなぁ…なんでフォレスタル級が出たんだろ?しかもそのキティホーク級4番艦の「ジョン・F・ケネディ」は別物って話だし…
 まあそれでも残ってる量が半端なく、タッパーがあったらお持ち帰りしても、文句言われなさそうなレベルだった。
 宴会の大半をOさんとKさんとで喋ってたから、あまり周りの状況を見ていなかったんですな。まあ結構喋ってましたけど。
 時間となり、懇親会は終了。本日はホテル泊まりなので、天候的な観点もあって、京急で向かう事にする。その為、同一方向のKouChan氏と、がんちゃん氏と一緒に駅へ向かう。
 京急蒲田では普通(一番手)に乗るがんちゃん氏と、急行(三番手)に乗るKouChan氏、それに快特(二番手)に乗る吾輩と、てんでバラバラ。
 普通電車が先の到着となるので、がんちゃん氏が先頭方向へ向かう…のだが、何故か2番線ホームへ向かっていた。そして到着した普通電車は3番線…まさかのセルフで京急蒲田ダッシュをするがんちゃん氏。
 実はこの時まさか2番線に行ってたとは知らず(この時間は大体3番線発着オンリーだった筈)に、談笑していた吾輩達。がんちゃん氏が走って来たので、何をしてるのかとおもったら、「何でこっちなんだ!?」的な発言をしていた。
 これで何があったかを把握した我々。思わず「ブログネタが出来たよ」って言って、笑ってしまう。まさかがんちゃん氏が、京急蒲田要塞のトラップに嵌るとは思わなかったよ。

 今回はコレまで。次回に続くのですよ。
posted by 島々な人 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

第683回 第35回日本鉄道模型ショウ・その1

 11月1・2日(土・日)「大田区産業プラザ(PiO)」にて、「第35回日本鉄道模型ショウ」が開催されたので、そのレポですよ〜。

 10月31日(金)は前日設営日なのだが、吾輩的には夜勤明け…しょうがないので新幹線で上京する。この時間の「Maxとき」号は、混んでいますので、座れたけど補助席だった。なので寝れなかった…
 東京駅から京急経由で蒲田の会場入りする。今年は例年通りの大・小ホール両開催なので、行ってみたら…何かこんなに大きかったっけ?なレベル。
 既にある程度配置されており、N本線系がなかなか決まらない位だった。とはいえ、モジュールが来ないと確定できないってのもあり、まずは机の上に敷く布を取りに行き、その後は予約券を印刷しつつ、無駄話をする。
 大体吾輩が来たのが、11時頃だったので、この時点で12時過ぎ。毎度お馴染みの「ニイハオ」にて昼飯となる。今回は4人中全員が餃子を頼んだ。
 吾輩は日替わりのレバニラ炒めを頼んだのだが、結構辛かった…食後にコンビニによって、缶コーヒーを買って飲んだのだが、その後会場内の自販機で、安いのがあったんでやんの…
 食後会場へ戻って、布を机に敷いたり、今年は三年寝太郎なys君が久しぶりに参戦するので、仕切りを設置するのだが、まあ面積が結構あまってるので、結局ホール設置の大型仕切りをメインに使いました。おかげで過去最大の面積確保…
 その後はN本線系がメイン(T−TNetで来てたのが吾輩とKouChan氏だけ)で動いていて、だんだんと形になっていく。大体の配置が決まり、布を敷いたら、モジュールを机に並べ始める。
 路面モジュールの方は、大雑把に配置の仕分けをしておき、N本線系モジュールがある程度来て設営してると、16時位になると、ほぼ出揃うので、ここでKouChan氏が、コーナーモジュールで遊ぶ。
カオス!リアルトーマスと赤い電車
 大井川鉄道リアルトーマスと、ハマの赤いあんちくしょうの組み合わせっつー、カオスな事をやってました。結構シュールです。17時近くになったので、ここで帰宅する。

 1日(土)は朝5時前に起床し、支度をして最寄り駅まで向かう。すると当駅始発の列車が止まっていたので、撮影する。
ドアが開く前の107系
 相変わらずの107系です。これで高崎駅で乗換え、一路上野へ向かう。上野駅では、吾輩的には珍しく地上ホームだったので、思わず撮影する。
上野駅地上ホームにてE233系
 そして天気的に怪しいので、品川で京急に乗換え、京急蒲田要塞へ向かう。天気予報は雨の予報(しかも当たってる)だったので、「お客は来るのか?」って、普通はそう考えるが、この時点(9時前)で結構並んでるから、少々呆れる。
 小ホール入口には、既に数人がいて、後はホールが開くまで談笑。ホールが開いたので、早速入って準備開始。今年は大枠が大まかに決まってる上、昨日の時点で更に電飾つきとそうでないのに分けたので、後は勝手に並べるだけ。
 この間に本日の任務を入れていくのだが、今年は微妙に人が少ない上、HO担当がこの日だけ少なかった影響で、最初からフル人員投入と、要員配置の方が大変だった。
 既にHO要員+入口要員で開始から5名必要だったので、確保するのは良いが、今度は開場時刻前倒しで、10分早く開いたから、吾輩もパニックに…
 まあアテにしていた(あまりアテにしたくはないけど…)ポンタ君が仕事で欠席したし、結構使えた伽君も、この日から欧州へ行ったしで、実は人手が少なかった。
 結局人手が足らず、普段は入れないのがわ氏やら、吉田電車氏まで投入して、辛うじて何とかなった次第でしたよ。ああ大変だった…そしてご迷惑をおかけしまくった事を、この場でお詫び並びに御礼申し上げます。
 その後は例年通りの展開で、吾輩が1階2階をウロウロ回って、要員の移動を確認したりする。合間を見て、会場内のブースで物色する。

 本日はコレまで。次回に続くクマー。

 *業務連絡&お知らせ*
 リンクを1件追加致しました。T−TNet同士であります、松江製麺所氏の「元島根県民のお部屋」でございます。リンク集よりご入場して頂ければ幸いです。
posted by 島々な人 at 19:40| Comment(1) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

第682回 ベルギー人、グンマーに来る・その2

 前回からの続きだよ。

 近年稀にみるカオスな電車で、上泉駅に到着。何故か着ぐるみもこの駅で下車する。ここから歩いて、撮影ポイントを探すのだが、陸運支局近くの道路を行くと、「これぞ日本の原風景」ってポジションに着く。
神社と田んぼ
 田んぼに神社という、もう良い画ですな。まさかこんな日本の原風景に近い、良質な場所が上電沿線にあったとはねぇ。吾輩が気がつかなかっただけですが。そしてすぐに本番。
デハ101神社前を通過中 デハ101神社前通過
 先ほど大胡駅で見た、上電のヌシが折り返してきたのだ。まさにいい写真が撮れた。天気がよければ、なおさら良いのだが、まあ贅沢は言えんですが。
 そして続行で上電の主力、700系の西桐生行が通過する。
神社前を通過中の700形第4編成 神社前通過した「はしる水族館」号 踏切通過中の第4編成
 その後中央前橋行を撮影する。
神社前を通過中の第8編成 神社前通過した700形第8編成
 3本撮ったら、この後の予定を考えつつ、上泉駅に戻る。上泉駅には保線設備があって、枕木に興味津々なベルギー人ご一行。
 その後の予定を検討するのだが、2つ候補が挙がる。1つは龍舞駅の「ペアーハンズ」に行く。もう1つはたまたまこの日走っていた、SLを乗りに行くの2つだった。「本当は赤城山の電車を見せたかったなぁ」と、ひぐらし氏は言ったのだが、移動手段が少々問題あって、この案はまたの機会って方向に。
 流石にこっちで決めるのも何なので、ベルギー人一行に聞いてみたら、1人が「SLが良い」と答えたので、SLの方へ行く。ここでグリスタ氏と別れ、吾輩とひぐらし氏、それにベルギー人一行が中央前橋方面に向かう事になる。
 グリスタ氏を乗せた電車が行ったので、我々が乗る電車が来るまでに、変わり者を撮影する。
上電軽トラ
 上電の軽トラです。まさか上電の軽トラが東武現行色とはねぇ。そして電車が到着する。
電車とベルギー人一行
 って、さっき大胡に行く時乗った奴やん。SLに乗るには、少々早いので、途中下車をする事にした。城東町駅で下車し、歩いてその現場へ向かうのだが、途中でベルギー人の興味がある物に向かう。
 軽トラの荷台にある、赤々と燃え上がる釜。そう、石焼いも屋でした。まあ軽トラの荷台に、赤々と燃えてる物があれば、そりゃ珍しいわな。翻訳に手間取り、結局買って食う事にする。
 その後英訳で「ベイクド・スイートポテト」と判明…まんまやん!
 食後に移動再開し、「前橋こども公園」…つーか昔は「児童交通公園」って言ってたのだが、そこに鎮座する、国鉄最後のSL貨物列車牽引機の1両である、D51916号機を見学する。
 ここで時間をある程度つぶし、再度城東町駅に戻り、ここから中央前橋へ行き、連絡バスで前橋駅に向かう。どうもバスに関しては、ベルギー人の反応はよろしくない。どんだけ鉄馬鹿なんだか…
 そして両毛線に乗ろうとしたら、何故か別の外国人が騒ぎ出す。確認すると、字幕が「小山」と、誤って表示してあった。車掌に聞いたら、字幕の設定が出来ないとの事。珍しい…
 隣の新前橋に着くと、既にSL列車が到着しており、ベルギー人一行は慌てて先頭に向かう訳だ。流石鉄に国境は無いZE!!
 で、たまたま機関士が吾輩の後輩だった。後輩曰く、「本当は今日本務じゃなく予備だったんですが、本務の人が急遽休みになったから乗った」そうな。なんていう奇遇!タイミング!
  その後輩が運転するSL列車に乗り、1駅間だけのSL旅行を楽しむ。そして終点の高崎に到着して、ここでやっと撮影する。
夜中のD51498
 で、普段ならこの後客車とSLが切り離されるのだが、何故かこの日だけはそのまま引き上げていった…なんでやねん…
 ここで、上信の車両を薦めて、吾輩は自宅へ戻る事にする。何せ「チョット出かけてくる」としか言ってなかったので、これ以上は少々遅くなりそうだったから。
 そして自宅へと慌てて戻るのだが、連絡バスに乗って、車中で両替した時、運転士から一言。「10円玉が切れちゃったから、10円玉で入れて下さい」…まさかの両替金不足って…いろんな意味でこれ以上無いオチがついたのであった。

 次回は鉄模連ショウレポですよ〜。
posted by 島々な人 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

第681回 ベルギー人、グンマーに来る・その1

 さてと、そろそろ鉄模連ショウのレポなのだが、多忙でその前に載せるべきネタを忘れかけてたので、まあ前哨戦として上げますだ。

 10月26日(日)は休日で、昼飯を食った後の事だった。T−TNetwork同志であり、赤城山中の電車保存会会長である、ひぐらし先生の友人がグンマー…じゃなかった、群馬に来ていた。
 とまあコレだけだと、普通に感じるであろうが、このブログを閲覧している一部の方なら、この友人がどんなのかは分かるんですよね。実はベルギー人なんだなコレが。
 しかも友人となったキッカケが、何故かドイツの山の中の、小さな鉄道の駅にて意気投合してるんですよ。
 しかもこのベルギー人の方、昔某8な番組で日本の鉄道ファンとして取材を受けた、筋金入りの鉄でもある。そんなベルギー人の友人が、別の友人を引き連れ、群馬に来るとの事。
 数年ぶりの日本滞在な上、何故か上毛電鉄のイベントにも来てるから、ある意味タイムリーな訳ですな。なのでついでに行ってみた訳ですな。
 中央前橋駅横の駐車場に車を止め、切符を買おうと思ったら…万札しかねえし…つーか万札使えねーし…仕方なく改札で両替後切符を購入。入るなり即撮影。
パステルブルー クハ726 フィヨルドグリーン クハ721
 発車したのはフィヨルドグリーンの方です。途中はまあ何も無く、無事に大胡駅に到着。隣には…
上電のヌシ・デハ101 貫通戸付側デハ101
 上電のヌシ、デハ101が発車待ちしてました。撮影後駅を出ると、途中でひぐらし氏とグリスタ氏、それにベルギーからの来客4名様(うち1人はフランス人と後で判明)とすれ違う。まずはイベント会場を撮影。
上電イベント会場@大胡車両区
 その後慌ててひぐらし氏一行と合流。大胡駅構内にある、古台車を見学する。うっかり写真を撮り忘れたのは内緒だ。(マテコラ)その後ベルギー人からのリクエストで、「田んぼと電車」っていう構図を撮りたいという。
 吾輩のiPhoneの地図で、場所を確認して、グリスタ氏と協議の結果、上泉駅が最適と結論に至り、移動開始する。が、この時まさか車内がカオスになるとはおもわなかった…
 切符を買って、改札を通ると、ホームに先客が来ていた。
チンドン屋集団
 チンドン屋である。まあ「電車でも出迎えるのかな?」と、この時はそう思ってました…賑やかし要員としては、まあ日本っぽい感じですが…さらにはこんなのも…
着ぐるみのトラさん
 着ぐるみですな。この写真には、トラさんだけですが、この他にもウサギさんとカエルさん、それにサルさんも居ました。この時も「電車のお出迎えかな?」だったんですよ…でもね…
 着ぐるみがホームに着くと、西桐生発中央前橋行きの電車が到着する。
フェニックスレッド クハ723
 すると何のためらいも無く、電車に乗り込むチンドン屋と着ぐるみ集団!
衝撃的写真! 着ぐるみのサルさんと外国人 驚愕着ぐるみ集団!
 まさかチンドン屋と着ぐるみが乗ってきたのだ。まさかの事態に、ベルギーの方々は写真を撮りまくり、日本人の我々はただ苦笑い…
 車内がカオスの電車は、交換列車が着たので、発車するのだが、ここでチンドン屋が演奏しだす。そして踊りだす着ぐるみ達…なにこのカオス?
 そしてトドメは、とある駅で着ぐるみが切符を回収する事態に…社員だったのか!もうある意味でグンマーだった…

 おおっと、ここで長くなりすぎたから、次回に持ち越しじゃ。
posted by 島々な人 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする