2015年06月26日

第740回 柏崎トレインアトラクション‘15・その7

 前回からの続き

 会場を後にし、何故か「まずは模型屋だ」と、東柏崎駅近くにある、模型屋に行ってみた。のだが…18時過ぎなのにもう閉まってやんの…
 しょうがなく帰る事にする。とはいえ、燃料が心細いを通り越し、燃料ランプ点灯と、ヤバイ状況。なのでガソリンスタンドで燃料補給。
 実は燃料が少ないのは、出発時から分かってた事で、「柏崎で10リッター位(大体それで150kmは走れる)入れりゃ良いかな?」と思ったのだ。
 んが、料金を見て予定を変更する。何と自宅近くのセルフスタンドより3円も安いんでやんの。しかもKatsu氏も地元で入れてきたら、こっちの方が安いと言ってた位。
 まあガソリンって、案外場所で変動するから、仕方が無い。なので遠慮なく満タン給油する。燃料を気にしなくて済むので、全部高速でも構わなくなったのだが、面白い道なので、来た道を戻る事にする。
 小千谷ICから関越道に乗り、すぐ隣の越後川口SAで晩飯を食う事にする。越後川口SAに止まり、まずは道路状況を確認する。この時点では未だ開通していない。
 そして飯でも考えようかとおもったら、こんなポスターを発見する。
「孤独のドラめし」って…
 まさかの「孤独のグルメ」ネタ。ここで何を食おうかと考えた結果…
IMG_2059.JPG
 洋風カツ丼です。何故か大盛りにしましたが、これが結構腹に来たので、大盛りは失敗だった感じです。その後トイレに行こうとしたら、こんな物を見つける。
錦鯉のカタマリ
 地元名産の錦鯉です。トイレを済ませ、お土産を買ってると、通行止めが解除されていた。これで無事に最後まで高速を使えそうだ。
 越後川口SAを出発し、順調に南下していると、今度は水上IC〜月夜野IC間で故障車ありの情報が流れる。しかし今日は何か多い日だなぁ…
 関越トンネルを通り、群馬県に戻ると、後は下り坂が結構続く。水上ICを通過し、故障車警戒しつつ、さらに南下する。
 すると吾輩よりノロい車がいたので、追い抜くのだが、コレが結構長かった…やっと間隔が開いたかなと思ったら…何か赤いランプがクルクル回ってる…
 最初は「故障車の三角コーナーが回ってるのかな?」とおもったが、どうも間隔が縮まらない…よく見たら、クルクルまわるランプを仕込んだ馬鹿車だった。
 頭きて追い抜いたら、月夜野IC近くで、当の故障車は出口付近で救援中だった…さらに沼田ICから昭和ICまでは、50km/hの規制がはってました。
 赤城ICで高速を降りて、自宅まで向かうのだが、途中で吾輩を抜かす馬鹿車あり。結構クネクネしている上、そこそこ暗い道をよくまあ抜かすよねぇ…事故れば良いのに。(土田晃之調に)
 さてそろそろ自宅って位置で、猫の横断を目視し、緊急回避するのだが、その際に荷物が結構暴れる。最後の最後に変なオチ(しまみん氏の呪い?)がついたところで、自宅に到着となりました。

 これで柏崎のお話は終わり。しかし久しぶりの柏崎は、結構変わってたのが印象的でした。次回のリベンジは、飛行機と模型屋って方向で。(ヲイ)
posted by 島々な人 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

第739回 柏崎トレインアトラクション‘15・その6

 前回からの続きなのです。

 一応柏崎駅から飯屋を探しましたが、結局2日連続の「そばよし」となる。のだが…
行列の出来る店「そばよし」
 11時半位でこの行列。確かに食事処が少ないけど、これはチョットねぇ…とはいえ、結構回転がいいので、まあわりと早く席に座れました。そして本日はこれにする。
「そばよし」の焼きそば
 焼きそばです。これに餃子をたしました。チャーシューメンと同じ位のボリュームですが、汁に使ってない分、膨張しなかったです。
 その後は控え室で休んでいたのですが、ここで部屋割り担当のM氏が登場。昨晩の人選が悪すぎると、意見具申しました。つーかその原因のほとんどは、酔っ払いですが…
 会場に戻り、吾輩のベニヤ平原な車庫モジュールを見ると…
結構カオスな車両基地
 まあ毎度お馴染みの車両置き場に。字幕の方を見てみたら…
巻き切ってしまった字幕
 外れてました。仕方が無いので字幕を直すのですが、字幕装置がバス用なので勝手が違う…
修理の真っ最中
 字幕表示機は、字幕を巻く主ローラーと、表示側にある補助ローラーがあるのですが、この補助ローラーの方が曲者。なんと主ローラーと連動していやがる。
 おまけに結構隙間が無いし、すぐに外せる構造じゃないので、結構直すのに手間取る。それでも何とか字幕を修理するのですが、結局この後も外れてました。
 原因は動作スイッチに戻しバネがないので、子供がスイッチを入れたままにして、他所の場所へ行ってしまい、字幕が巻き切ってしまうのだ。
 この後、この表示機を作った黒滝急行氏が、「スイッチだけ変えよう」と言ってました。ちなみに光源は普通蛍光灯ですが、これは白色LEDテープでした。
 そろそろ終わりも見えてきた頃、見逃していたモジュールを発見する。場所は「柏崎鉄道模型を楽しむ会」のブースです。
よくある本線モジュール+小型エンドレス
 本線の下に、小さなエンドレスと、ある意味よくある構図。ただもう片方は…
まさかのトトロネタ…
 うん、こうきたか。そして最後の夜景時間となり、字幕を弄っていく。
まもなく閉場なので「回送」表示
 この後動かせる字幕3機全て「回送」表示にしておきました。そして17時となり、イベントは終了となる。
 後は撤収となるのだが、まあ相変わらずの速さで、1時間位でほぼ完了となる。撤収中に、関越道の通行止め情報が入る。場所は月夜野IC〜昭和IC間だった。
 とはいえ、月夜野ICまでは確実に行けるので、月夜野から国道17号で行っても、吾輩の場合はまあ支障なし。
 机を撤収し、会場の駐車場が空いたので、車をコインパーキングから会場前へ移動する。そして荷物を車に載せ、信号長Y氏に琴電の写真を頼んでから、会場を後にする。

 今回はコレまで。次回に続くのじゃ
posted by 島々な人 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

第738回 柏崎トレインアトラクション‘15・その5

 前回からの続きであーる。

 朝食後は荷物の整理をして、バスへと向かう。バスはやはり屋外にいて、今回のはコレ。
日野ブルーリボン ブルーリボンのリア
 日野のブルーリボンです。バスの運転士が「ここで良かったかなぁ?」と聞いて来たので、「ここで良いんでは」と返答しました。
 そろそろ発車時間なんだが、なかなか人が来ない。やっとボチボチ来だすと、写真を撮ってるパラストン氏の後姿を撮影する。
撮影後の確認中
 やっと全員バスに乗ったので、移動開始。吾輩はこの時歩道側に座ってたので、気が付かなかったのだが、どうもカッコイイ車が止まってたそうな。
 途中でバスから降りる人がいて、無駄に盛り上がった後、会場に到着する。会場内に入ると、まずは荷物を置いてから、今回のレイアウトを撮影する。
‘15柏崎の1コーナー ‘15柏崎の2コーナー

‘15柏崎の3コーナー ‘15柏崎の4コーナー
 デカ過ぎるので、4コーナー全部から撮影してました。そして今回の博物館調モジュールは…
柏崎での博物館モジュール
 鉄道博物館調に車両がおいてありました。さらに今回の大物、広電西広島駅モジュールを撮影する。
広電西広島駅モジュール全景 西広島駅を横から

西広島駅を本線から 屋根から電車がチラリと
 今回は完成してないけど、45k・あうし夫婦の新作である、富山駅モジュールを撮影。
ある意味体積が大きいモジュール
 受付では、Black Junk氏がお子様向けにOゲージを展開中。
Oゲージ設営中
 今回も1/4サイズの101系運転台がありますが…
リラックマ運転士
 こんな事になってました。そしてこの間にバザーが行われ、吾輩は「鉄道コレクション」を出して、チョットは売れました。その金でまた「鉄道コレクション」を買う無限ループ…
 バザーもそこそこに、他のブースを見て周る。まずは2週前のデジャブみたいな物があった。
HOゲージとOゲージの競演 ガルパン車2両
 Oゲージサイズと、HOゲージサイズの鹿島臨海鉄道6000形です。車体は無論「ガールズ&パンツァー」ラッピング。でも聞くところによると、Oゲージの方ですが、コレだけつなげると、走行に難があるそうな。
 隣のブースではスーパーレールカーゴがあったのですが…
ペーパーなスーパーレールカーゴ
 何故か新潟仕様だし、もっと言えば、何故かペーパークラフト。そしてNゲージの方へ目を向けると…
結構変わった自動運転コース
 変わった形の自動運転レイアウト。普通は楕円形か、H型みたいな構造をしてますが、これはRピンみたいな構造。
 集合写真を撮ったら、10時となり2日目開場する。今回は行先字幕が4種類もありまして…
新潟115系用字幕と115系の字幕表示機 新潟115系用字幕とバス用字幕表示機

新潟485系用字幕と純正字幕表示機 仙石線205系用字幕とバス用字幕表示機
 内2つは正規の字幕装置ですが、残りの2つはバス用のを流用していたので、この後結構大変な事になる。
 写真があるのに、あまり貼ってない事から、BJ氏と相談して、入口あたりに貼り始める吾輩。たまたま写真が面白い方向で偏ってるので、まとめて貼ってみました。
ゲリラ的企画展「とき」の系譜
 お題は「とき」の歴史。これに後181系とか、E1系があれば完璧だったんですがね。まあ無いのでしょうがない。
 11時半過ぎに昼飯に出る。ついでに駅前を歩いてみるのだが、結構変わってました。まずは柏崎駅。
水色に塗装された柏崎駅
 何故か水色系に塗られてました。無駄に鮮やか。ついでに「ブルボン」本社ビルっぽいところへ行ってみたのですが、何故か微妙に工事してる箇所が…

 今回はコレまで。次回に続くんじゃワレ。
posted by 島々な人 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

第737回 柏崎トレインアトラクション‘15・その4

 前回からの続きだぴょん。

 一旦部屋に荷物を置いたら、ロビーで談笑し、その後部屋をのぞいたら風呂へ入る。風呂から上がり、またロビーで談笑後、部屋に戻るとポンタ君が撃沈しかけてる。
 ここで多摩温泉電鉄氏が大暴れ。寝かけたポンタ君に悪戯三昧で、結局ポンタ君が寝てる位置を略奪するという暴挙をしでかす。このオッサンにオモチャ(ポンタ君)を与えた結果がこれだよ!
 その一方でBS放送で鉄道の番組があったので、ずっと見ていた吾輩。結局オッサンが寝たのを確認後、就寝となる。それでも23時頃だから、「まあ結構寝れるかな?」と、この時はそう思ってました。

 んが、日を跨いだ7日(日)2時頃に、ポンタ君の携帯から音が出て、目が覚めてしまう。寝る時はバイブにしておけよ…
 4時頃にトイレで目が覚め、再度寝るのだが、今度は5時頃テレビの音で目が覚める。既に3回も目が覚めたので、もう寝付けない…なんて日だ!
 この後聞いたのだが、どうもポンタ君が多摩温泉電鉄氏に、「TVを付けてくれ」と言われてつけたらしいが、当の本人は記憶なし…どーしましょ?このオッサン…
 結局目が完全に覚めたので、まずは風呂へ行って、その後部屋に戻って着替えたら、お散歩をする。まあ単に毎度お馴染みの構図で、写真撮るのもなんだから、別の角度で撮ってみようって魂胆です。
 ホテルを出て青海川駅方向へ向かう。隣の国道8号線はこんな按配。
吾輩以外いない国道8号線
 1台も通りゃしない。ホテルを出てすぐのT字路で曲がり、坂を下る。
谷下の集落へ至る道
 青海川駅のホームも近づくって按配で…
近づく青海川駅
 すると青海川駅への近道があったのだが…
青海川駅までの近道 草が結構生い茂ってる近道
 結構草ボーボー。履いてたのがサンダルだったので、ここから下るのは断念する。その後は何処か良い所がないかと右往左往。そしてこのあたりで構える。
国道8号線の橋と青海川駅の中間位?
 ズームすると…
結構青海川駅が大きく撮れる位置
 丁度青海川駅と海が丁度入る位置。この前段で、この時間に貨物列車が2本通過する事を知ってたので、待っていたのだが、まあいくら最近暑くなってきたとはいえ、朝晩は結構冷えるから少々寒い…
 しょうがないので、ホテルを撮ったり…
ホテルシーポート遠景
 たまたま沖の方にいた船を撮ったり…
たまたま近くにいた漁船
 そうするとやっと貨物列車が通過するのだが…
EF510の顔が隠れた…
 チョットシャッターを切るタイミングがズレた…orz
 この後チョット位置をずらして、2本目の貨物列車を待ち構えてると、2本目の貨物列車が通過。
タイミングドンピシャ
 今回はいい感じで撮れた。しかもEF510青ガマと、運が良いようです。ホテルへ戻り、ロビーを歩くと、これが目に入る。
ホテルのロビーにあった案内
 ここにもポスター貼ったんかい。部屋に戻ると7時位になり、朝飯の為会場へ向かう。海側の座席を確保したら、バイキング形式なので、飯を取っていく。
 しかしだ、吾輩の部屋の面子は、軒並み大飯食らいで、吾輩が一番少ないんじゃね?レベルだった…上海亭君に至っては、伽君以来の2回転目突入してたし…

 今回はコレまで。次回に続くでち。
posted by 島々な人 at 21:36| Comment(4) | TrackBack(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

第736回 柏崎トレインアトラクション‘15・その3

 前回からの続きですぞ。

 1日目が終わり、今回は早々に移動するって事で、荷物を持って会場の外に出ると、バスが待機中。
元立川バスの富士重工E7 富士重工E7のリア
 今回のバスは、元立川バスの富士重工E7です。
 どうも漏れ聞くところによると、「バスコレクション」の立川バスセットを作る際に、採寸しに来た車両だそうな。番号は兄弟車ですが。で、車内は…
次のバス停は「東北電力前」って…
 何故か「東北電力前」の表示が…聞くところによると、このバスは普段企業送迎用で使われてる模様。関係者が全員乗ったので移動開始。
 したは良いが、運転士のサービスなのか、はたまた予定していたことなのか、いきなり柏崎駅前のバス回転・乗車場に突っ込む。地元民と車内の人達ビックリ。
 そしてさらには妙法寺行バスの後を付いて行き、挙句には何故かバス停に止まる始末。ある意味やりたい放題だし、地元民にドッキリしかけてる感じががが。
 バスは毎度恒例のバス路線をたどっていき、鯨波駅前を通過する。
鯨波駅駅舎
 例年なら丁度「トワイライトエキスプレス」が通る時間で、しかも有名撮影地がバスの回転場近くなので、停車して撮影大会になるんだが、先のダイヤ改正で廃止となり、今回は通過する。
 しかしだ、こーいう時に限って、写真を撮るにはいい天気で、「誰か日頃の行いの悪い奴いないか?」という台詞も出る始末。
 バスは無事に宿泊先兼宴会会場である、「ホテルシーポート」に到着。バスの運転士が気を利かし、野外に停車すると、もう撮影大会と化す現場。
バスから降車中 降車からの撮影大会
 そして何故か近くに歩道橋があるから、登って撮影しだす人達。
IMG_1988-1.jpg
 一通り撮影したら、ホテルに入って部屋へ移動。今回のメンバーは、BOSS君・ポンタ君・上海亭君・多摩温泉電鉄氏と吾輩…なんだこの面子は…
 部屋に行き、浴衣に着替えたら、風呂へ行こうかと考えてた面子もいたのだが、「すぐ宴会じゃ!」って言ってたので、宴会会場へ向かう。
 宴会場では、既にBlack Junk氏がレールを引いてた。
Oゲージレール展開中
 なので、その横に座る。乾杯するしないあたりで、もう動かしだす。
Oゲージ版ショーティーな0系新幹線
 今回Black Junk氏が買った0系新幹線電車は、何故か連結器が外れやすいオチがつく。吾輩のSLは、連結器が低いのか、他の車両と連結すると、外れやすい位置でしか連結できないオチが…
 そして前に吾輩が資料用として買ったボギー客車と、EB58で動かしてみる。
EB58とボギー客車
 でもなんかボギーの調子が悪い…「俺らはボギー無理だろ」って結論が出る始末。そして普通の貨物列車を動かす。
結局この組合せでほとんど遊んでた
 この間そんなにおつまみも食わずにやってたので、おつまみの食いっぱぐれてました。まあ酒を飲みながら、模型で遊んでるので、別に構わないのですが。
 ちなみに他では何故かかぶりもの大会と化したり、目の前で2度も皿やらグラスを割ってたりと、まあ相変わらずのドンチャン騒ぎ。(なのか?)
 2時間後に宴会が終了となり、荷物を撤収して部屋へ戻る。この前段では二次会に出る気があったのだが、ここ数日の睡眠量から、疲れのピークが来たので、今回は二次会に出ない方向となる。

 今回はコレまで。次回に続くザマス。
posted by 島々な人 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

第735回 柏崎トレインアトラクション‘15・その2

 前回からの続きにょろ。

 12時になり、1日目開場するが、まあバタバタは収まらない。何とか暫定配置が終わり、汗ダラダラだったので、給水と着替えをしに出たら、Black Junk氏が到着していた。
 荷物を運搬する台車を借り、運搬した後、改めて着替え…っても単にTシャツを替えただけですが、まあ着替えたら、昼飯を食いに行く。2年ぶりの「そばよし」に入り、いつものやつを頼む。
2年ぶりの「そばよし」チャーシューメン
 相変わらず肉々しいチャーシューメンです。これと餃子を頼んで食うのだが、まあ相変わらずの破壊力で、結構腹にくる。
 食い終わったので、店を出ようとしたら、既に関係者3名入店中で、外には関係者4名待機中。ここのチャーシューメンは、伝染します。(マテヤコラ)
 その後、まずは近くの「イトーヨーカドー丸大」に行くのだが、いつも飲んでる「ヘルシアコーヒー」が無い…こりゃ来年以降は何処かで調達しておかないとか?
 次に久しぶりなので街中を歩くのだが…
時の流れは無常…
 「ハルビン」がもぬけの殻だったし、近くの玩具屋は普通の一戸建てに変わっていたのには、少々ビックリした。後で判明するのだが、「ハルビン」は2店舗あって、1店舗に統合した模様。
 そして今回は「柏崎市内の模型屋へ行ってみる」ってのがあるので、チョット離れた所にあるお店へ行ってみた。
柏崎市内の玩具屋「林玩具店」
 はい、「林玩具店」です。中は昔ながらの玩具屋ですが、残念ながらプラモデルはガンプラしかなかったです。「林玩具店」を出て、会場に戻る最中に、こんな建物を発見する。
ブルボンビル
 まさかの「ブルボン」本社ビル?前来た時は無かったぞ!流石に月日の流れに驚いた。会場に戻ると、既に駐機場モジュールが展開されており、よく見たら…
ロシアンエアポート Tu−144@NATOネーム「チャージャー」
 新作登場。ソ連邦ご自慢の音速旅客機、ツポレフTu−144であります。Black Junk氏曰く、「デカールの文字だけ浮かんで、イラストが台紙から剥がれなかった」という、結構ファンキーなデカールの入ったキットだったようです。
 その一方で、黒滝急行氏は相変わらずの格好で、会場のMCをしていたのだが…
DJ駅員黒滝急行氏
 その後姿、何処かの駅の信号制御係か、DJ駅員っぽい。後にカメラを振って、「写真に撮るんだろ?」と言われましたが、既に撮ってありました。わはは。(マテコラ)
 疲れが結構あったので、控え室で休みつつ、今回完成できなかった二式飛行艇とか、A320を見せてては談笑しておりました。
 その合間合間に今回の目玉を撮影していく。まずはパラストン氏のモジュール。
超高層ビルモジュール
 縦も奥行きもデカいモジュール…つーか自家用車で来なかったのに、よくまあこんな大掛かりな物を持って来るものだと、このオッサンの行動力には毎度驚かされる。
 続いてはBOSS君の2個連続モジュール2連。
ただ長い直線モジュール
 単なるモジュールだが、この後相当遊ばれてました。そして「柏崎鉄道模型を楽しむ会」では、こんな物がありました。
字幕装置を動かす子供と直す大人
 行先字幕を動かせるコーナーですが、スイッチの都合で、巻き切ってしまって絶賛修理中。そして「T−Trak Network」のコーナーに戻ったら…
列をなすハリヤー 滑走路代用となる直線道路
 早速悪戯ががが…ハリヤーを持ってるのは多摩温泉電鉄氏だからなぁ…そしてパラストン氏のモジュールにも…
実際だったら重量的にヤバイシーン
 うん、お約束。そして本日最後の夜景運転の時間となる。
IMG_1978.JPG
 やはり王子駅の光線量が多過ぎる感じですな。本人も気にしてましたが。今回は天窓に農業用のシートをかけたそうで、結構暗くなりました。そして17時となり、1日目は終了となる。

 本日はコレまで。次回に続くのさ。
posted by 島々な人 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

第734回 柏崎トレインアトラクション‘15・その1

 6月6・7日(土・日)に柏崎市産業文化会館にて、2年ぶりの開催となる、「柏崎トレインアトラクション‘15(以下トレアトと略)」がありました。今回からそのレポですよ。

 さて、何故2年ぶりかと言えば、今までこの「トレアト」は、主催団体(柏崎鉄道模型を楽しむ会)の会長である、黒滝急行氏が1人で全ての業務をやっていました。
 んが、増え続ける業務量に、ついに黒滝急行氏の何かが破綻。結局前年は開催見送りとなる。そしていろんな協議があった結果、業務分散となり、Black Junk氏も幹事となって、今年の開催にこじつけたという。
 まあ事務方って結構重要だよという、典型的な見本となってしまった訳ですよ。

 6日は朝5時半位に起床して、荷物を車に載せたら、出発する。今年は車のタイヤを替えたのもあって、車で直接会場入りをする。
 途中でコンビニによって、コーヒーを買ってから、赤城ICより関越道に乗る。
久しぶりの赤城ICからの通行券
 道の流れは順調そのものだが、流石に勾配区間での減速がね…とはいえ、最低でも80km/hは維持してるし、省エネ運転してるから、そう気にするものではない。
 関越トンネルを通り、新潟県に突入する。結構順調に流れていて、場所によっては吾輩しかいなかったって区間が…
 そうこうしている内に、トイレ休憩の為、2年ぶりに大和PAに到着する。
これまた2年ぶりの大和PA
 ここでトイレをしたら、また出発する。そして小千谷ICで降りようかという所で、何故か携帯の着信がある。下手人はポンタ君で、「焼きそばパンを買って来い」って…ぶん殴りたい気分だ。
 小千谷からは一般道を通り、柏崎へ向かう。時分的には全部高速を使うのと大差なく、20km位ショートカット出来るのが良い。でも少々難があって、片道1車線の道なので、前の車がノロいと、抜かせない事だ。
 2つ目のトンネルを抜けて、しばらく走ると、何故か警察がいた。よく見たら、警官の先にあるカーブで、自動車が単独自爆事故してました。
 そしてやっと信越本線の踏切が見えてきた。すると丁度遮断中で、未だ列車が通過してないので、カメラを構えて待ち構える。
レッドサンダーEF510
 初のEF510赤ガマ撮影です。タイミングが良かったなぁ。その後は結構流れよく柏崎市内へ。いつもならマックによるのだが、うっかり通過してしまった…
 結局会場至近のコンビニで、おにぎりを買って朝食とする。コンビニの駐車場で飯を食い、そして会場へと移動して、荷物を降ろす。すぐに近くの駐車場へ回し、会場を撮影する。
2年ぶりの柏崎産業文化会館
 2年ぶりの会場入りは、既に机の配置が終わっており、「こりゃ早いかな?」とおもったが、結局そんな事はなかった。
 配置図を見てから、BOSS君が「俺のモジュール、ここに絶縁設置できない」と言う。よく見たら、丁度2個連結モジュールの真ん中…
 急遽場所を振った事から、この日の苦悩が始まる。いくら12時開場とはいえ、何故か人の集まりがよろしくない…まあ毎度の事だが。
 そしてボチボチモジュールが集まるのだが、毎度お馴染みBlack Junk氏が来ない。そして毎度無駄に場所を知りたがる、多摩温泉電鉄氏。まあ吾輩も気になるけどさ。
 結局Black Junk氏は10時頃電話がつながり、既に新潟県内にいるとの事。まあ12時頃到着かな?とはいえ、人が来なければ、どうにもならないので、手持ち無沙汰な人がこんな悪戯をしていて、KouChan氏が反応する。
王子駅モジュール前にて撮影中のKouChan氏 王子駅前のオスプレイ
 王子駅前モジュールにオスプレイって…
 そしてパラストン氏が到着したのだが、何故か想定の範囲外なモジュールが来て、当局困惑…まさかの奥行きが長いやつとは思わなかったよ…
 大体の配置が終わったのだが、一番の難敵が、ポンタ君のモジュール。何せ微妙に違うドックボーンなので、配置に一苦労。結局差し替え配置変更で何とか入る。近年稀に見るグダグダぶりだったなぁ…

 本日はコレまで。次回に続くんじゃ〜。

 *業務放送*
 KouChan氏のHP、「中途半端な趣味人の野望〜KouChan's Factory〜」が、2月頃に移転しておりましたが、ウッカリこちらではリンク先を変えておりませんでした。
 本日変更致しましたので、ご了承下さい。
posted by 島々な人 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

第733回 模型制作で大騒動?

 柏崎の「トレインアトラクション(以下トレアトと略)」まで1月を切り、モジュールを作るより、何かプラモを完成させたいと考えてた。

 最初はニチモの1/500スケール、戦艦「長門」を完成させようかと、考えたのですが、いざ弄ってみたら、歪みが酷いんでやんの。
 歪み取りの為、重し(大量の単行本)を載せて、しばらく放置。んが、どうにも時間がかかる。こりゃしばらくは無理だ…
 続いて「どうせトレアトで(Black Junk氏の)駐機場モジュールがあるんだから、飛行機なんて良いかも」と方針変換。でもって、何故か1/144スケールの二式飛行艇を作り出す。
 さて、この二式飛行艇のメーカーは有井製作所製。現在はマイクロエースとなり、ほぼ鉄道模型メーカーになった感ががが…しかもこのキット、今は無き大滝製作所(オオタキ)が作ったやつと、経歴が癖だらけなキットです。
 経歴は癖だらけですが、キット自体はまあそんなに癖が無く、割とスムーズに組み立てていく。
二式大艇胴体組立 二式大艇主翼組立 二式大艇全体組立
 まあフロートにワイヤー張り忘れたり、お台場「船の科学館」調にしようとして、ウッカリ後部車輪を付けてみたり…
 塗装を考え、ある程度組み立てたら、塗装をしようと考えてました。つーか結構順調だったからねぇ…
 ついでに対比として、ハセガワの1/144スケール全日空A320を弄りだす。まあパーツがそんなに無いけど、パーツの合い等が少々難があったので、手間がかかる。
二式大艇とA320
 しかも何故かSWEET製零式戦闘機隼鷹戦闘隊も弄りだす。とはいえ、こっちは単なるランナーから切っただけで、前述の二式飛行艇が完成してからと、おもっていた。

 しかし、事態はこのあたりから激変する。

 そう、タミヤフルオペレーション10式戦車である。愚弟の物欲が抑えられず、買うと言い出す。おいおい、これ定価で11万だぞ…

 そしてひたちなか海浜鉄道の道中で、ついに見つけてしまう。しかし未だ問屋問合せ待ちなので、迂闊に手を出せない…

 で、この事を愚弟に言ったら、まあ火に油を注ぐ結果になるのは、お約束の事。「何で買ってこないんだ!」って言う始末。だって未だ問合せ中だろうがね…
 結局問屋の回答は、「ねーよ!再生産も分かんねーよ!(意訳)」と、まあ想定の範囲内。結局勝田まで買いに行けやと騒ぎ勃発。
 紆余曲折をえて、愚弟が自慢の愛車で北関東道をぶっ飛ばし、買いに行く事となる。
 どうも「勝田ラジコン模型」の店員曰く、「予約品だったんだけど、予約した人が車を破損してキャンセルになった」そうな。キャンセル流れ品だったらしい。
 愚弟が買ってきた日は夜勤だったので、帰ったらその馬鹿デカい箱に圧倒される。そして何故か電撃組立戦へと移行する羽目になる。
 どれ位の勢いかといえば、もう「梅雨前に完成するんじゃね」レベルの勢いだった。なまじ塗装道具等充実してる吾輩の部屋は、単なる作業場へと化けてしまう。
 引越してからそんなに使ってない、塗装ブースを引っ張り出し、これまたそんなに使ってない、コンプレッサーを引きずり出し、買ってから一度も使ってない、新品のエアブラシを出したり…
 しかも塗装に慣れてないので、無駄に粉やらフィルターに付き捲るのに、フィルター交換やら、細かい塗装等は何故か吾輩がやる始末。
 おかげで現住所に引越してから5年位の塗装量を、1日で更新する始末。無論吾輩の工作はおろか、ブログの更新まで止まる。
 そしてこの間にウッカリ二式飛行艇のプロペラを踏んでしまい、もう踏んだり蹴ったり…
 塗装場が開放されたのは、なんと柏崎行前日だった…なんだかなぁ…
 こうして予定外な結果だけが残り、柏崎へと向かう羽目になる。

 次回は柏崎トレインアトラクションのレポートですよ。
posted by 島々な人 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

第732回 島々な人、ひたちなか海浜鉄道に乗る・終わりの巻

 前回からの続きである。

 洋菓子店を出たら、自動車のところへ戻り、車での移動となる。まずは「勝田ラジコン模型」というお店に立ち寄る。ここで店の中を見て回ったら…

 うわ!タミヤ1/16スケールのフルオペレーション10式戦車が売ってやんの…

 事の起こりは某出版社が、「10式戦車を作る」って本を出したのがきっかけだった。この時吾輩は、「また変わったの出たよ」程度だった。
 んが、愚弟が早速引っかかった。早速この本を買ってきたのだ。その後いろいろ調べていく内に、このシリーズが動かない(砲塔等は動くけど、車両自体が前後に動かない)事が判明。
 すると如何拾ったのか、タミヤにラジコン10式戦車がある事を突き止める。つーか1/35で出てたし、それを知ってたので、まあタミヤにたどり着くのは、当然の成り行きか…
 しかも動画サイト(よーとべとか)に、これまた変態レベル(褒め言葉)で動き回る10式戦車があった訳だ。これに引っかからない訳が無い。
 この日以降、フルオべレーション10式戦車探しが行われた。んが、如何も再生産品も蒸発するレベルの人気商品だったらしく、同時期に出た普通のプラモデル版は見つかるが、ラジコンの方が見つからない。
 で、昔なら最後の砦みたいな店があったのだが、今は無い。しかも再生産が5月末か、6月末かって情報も流れる始末。
 普通なら再生産のお話があるなら、予約って手もあるのだが、愚弟曰く「塗装するには今が時期」と、まあもっともな台詞を吐く訳だ。

 そして「勝田ラジコン模型」で出会っちまった。金が無いので、この日は断念したのだが、この後コレが騒動の原因になってしまったのは、この後のお話。

 吾輩の目当ての品が無いので、ここを離脱し、遅い昼飯を食うべく、「COCO’S」に立ち寄る。食後は無駄に濃い本を読んだ後、店を出る。
 道中は元しまみん氏の居住跡(単なる更地に…)を教わったり、無駄にのろい田舎の軽トラにあたったり、茨城交通営業所から出てきたのが、「ガールズ&パンツァー」3号車じゃないのに文句たれたりしつつ、東海村に到着。
 まずは東海駅により、伽君を降ろす。その後ORIHIRO氏宅に向かい、ORIHIRO氏を降ろすついでに、劇物と言う名の鉄道コレクションの京阪京津線車両を渡す。(リンク先は一例です実物とは若干違います)
 ORIHIRO氏と別れた後、ORIHIRO氏宅至近に面白そうな模型屋を発見したけど、時間的に寄れないので断念する。
 往きは道が分かる日立南太田ICで降りたのだが、帰りは一本道の那珂ICから乗る事にする。道中変な位置でバックしているトラックがいた位で、後は結構流れよく常磐道へ。
 常磐道に乗った時点で、渋滞情報は「館林ICから渋滞」で、この時点では影響皆無だった。トイレ休憩の為、笠間PAに寄ったら、渋滞情報が「佐野藤岡IC付近で事故」となってしまった。
 北関東道を順調に通り、東北道に入って栃木ICを過ぎたあたりから、事故渋滞に嵌る。記憶が確かなら、人生初の事故渋滞に巻き込まれた筈
 事故渋滞の先頭が佐野藤岡ICで、吾輩は手前の岩舟JCTから再度北関東道に入るので、まあそんなに時間がかかってはいなかった。
 北関東道に再度入ると、後はもう渋滞に巻き込まれる事無く、自宅へ到着した。

 これにて茨城珍道中(マテヤコラ)が終わりました。久しぶりにオモロイ旅でしたよ。
posted by 島々な人 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

第731回 島々な人、ひたちなか海浜鉄道に乗る・その6

 イベント(柏崎)の都合で遅れたけど、前回からの続きですよ〜。

 さて、この細道からでも気動車は撮影可能で…
寝てるミキ300と車庫 改造待ちのキハ11もクッキリ キハ2005のベンチレータもクッキリ
 …なんかマナーの悪そうな奴も写ったが、まあ気にしない。(ヲイ)すると変なものを発見する。
DMH17Cエンジンの残骸
 錆びサビだが、如何かんがえてもDMH17Cエンジンです。分解して野ざらしなエンジンって、始めて見たよ…さらには…
殿山駅駅名表示板の残骸
 殿山駅の旧駅名標があって…
うらぶれたかつて主力だった物たち
 何か打ち捨てられ感タダモレ。さらに奥の方へ進むと、こんなのを発見する。
地方鉄道名物(?)・台車だけ放置
 DT22台車やTR51台車が、野ざらしで放置プレイ中。(マテヤコラ)そしてケハ600形が見えてきた。何故ケハ600が動態復元出来ないか、割と分かり易い形で判明。
錆で膨張して剥がれた外板
 うん、車体が歪んでます。多分枠が錆びサビです。こりゃ復元は無理げですな。頭の方へ行って、撮影する。
茨城交通のヌシ・ケハ600
 そして新しい後輩車両との写真を撮る。
ケハ600とキハ11・キハ2005
 ケハ600の近くには、ゲテモノに仕立てられた、キハ203がおります。
塗装が剥がれてるキハ203
 うん、腰ライトと首都圏色は合わないわ。でも良い模型ネタなんだよなぁ…そして反対側の踏切に出たので、踏切を渡って、撮影する。
バス車庫端から那珂湊駅構内を撮る バス車庫端にいたバス
 でもって、バス営業所構内なのだが、「構内通行不可」な看板が無いので、構内を歩いて…
あまり見ない形の保守用モーターカー 島原鉄道塗装のキハ2005 ボギー台車な使い方の九七式軽貨車

保守用車とつながってる九七式軽貨車 九七式軽貨車の連結器
 路線保守用車やら、キハ2005の全体写真やら、九七式軽貨車やら、朝顔型連結器(正式名称ビン・リンク式)を撮影する。さらにはバスも撮影。
茨城交通のバス3台横ならび
 那珂湊駅に戻り、列車が着たので、撮影する。
勝田行列車入線中
 この列車に乗ると、まずは勝田へ向かう事にする。20分位で勝田駅に到着。
ひたちなか海浜鉄道勝田駅
 これでひたちなか鉄道全線完乗となる。ここでトイレにでも行こうかとおもったのですが、折り返しがそんなに長くなく、おまけにトイレが遠いので断念。
 折り返しの列車で金上駅に向かい、ここで撮影する。
金上駅のポイントを通過する列車
 この後最後のスタンプを押しに、スタンプのある洋菓子店へ。ここでスタンプの他に、お土産も購入してしまう。

 今回はコレまで。次回に続くんじゃ。
posted by 島々な人 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

第730回 島々な人、ひたちなか海浜鉄道に乗る・その5

 前回からの続きだす。

 那珂湊駅から歩く事数分で、会場に到着するのだが…
よくある簡易コンサート会場の図
 如何考えても、コンビニの駐車場から突っ込まないと、この位置に止まれないトラックが…会場内はまあ普通のイベント会場ですが、道中伽君が揚げ物を買って食ってた。
 そしてやっと「ガールズ&パンツァー」バス発見。
幻のガルパン4号車リア 幻の4号車リアからサイド
 これは公式HPにも載ってない、幻の4号車で、何故幻かと言えば…
大洗高ブルーホークス 大洗高マーチングバンド応援車
 もう片面が大洗高校マーチングバンドのラッピングも兼ねてるから。そして1号車とご対面。
ガルパンラッピング1号車 がんばっぺ茨城 運転士側をリアから

唯一の乗車? ガルパンバス公式写真
 割と人通りが多いので、撮影に一苦労しました。この近くに移動式ピザ屋がありまして…
移動式ピザ屋の鉄道車両っぽいトレーラー
 パッと見、電車やら気動車みたいなデザイン。その近くでは…
工事じゃないよ設営だよ
 「工事中」ってあるけど、実は「重機で焼きソバを作ろう」コーナーでした。何故か設営の真っ最中だったけど…
 そして一番奥にある、カラオケコーナーでは、「ガールズ&パンツァー」のコスプレしたお姉ちゃん達が、司会進行してました。
 折り返して、先程の移動ピザ屋の裏側を撮影する。
元鹿島鉄道な車両っぽい
 鉾田から来たから、多分鹿島鉄道かな?そして途中で見かけた、The茨城な広告を発見。
お約束in茨城
 うん、水戸黄門様やん。でもって、こんなのぼりを発見する。
ひたちなか市出身なキャラ
 「何故ひたちなかでも「ガールズ&パンツァー」なんだ?」とおもったら、どうもこの絵の子達が、出身がひたちなか市だったそうな。納得。
 ここでもスタンプを押して、那珂湊駅方面へ戻る事にする。途中タバコ休憩を挟みつつ、那珂湊駅手前の踏切へと近づく。
那珂湊駅構内阿字ヶ浦方踏切
 パッと見、営業所の構内に入りそうな感じですが、どうも単なる市道っぽいので、踏切を渡り、バスを撮影していく。
大洗町循環バス「なっちゃん」号 「なっちゃん」号反対側
 しばらくすると、開けた場所に出る。
バス営業所構内と道路の境目が曖昧
 このまま真っ直ぐだと、どうも構内に入りそうだが、よく見たら…
境目と直角S字コーナー
 直角S字コーナーがありました。どうやらコレが市道の模様。なので市道を辿ってさらに奥へ行く。
この先は本当に狭い道です
 市道からは、結構近くでバスが撮影できました。
元茨城オート車なリア 茨城交通のリア

 今回はコレまで。次回に続くデース。
 
posted by 島々な人 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

第729回 島々な人、ひたちなか海浜鉄道に乗る・その4

 前回からの続きであります。

 ホームの端まで行き、キハ2004側に向くと、懐かしい広告付きの長椅子がありました。
森永ホモ牛乳
 するとORIHIRO氏が、「あ!エンジンが無い!」と言うので、見てみると…
エンジン取り降し済み
 DMH17エンジンが取り外されています。2年前からエンジン水回りトラブルだったので、新車が着てからは、廃車候補の最有力なんだろうなぁ…
 そしてホームの端まで来たので、保守用車と思われる(手入れが悪いので、保存用っぽく感じる)車両を撮影する。
保守用車群
 やっとキハ2005の車内に入ると、まず運転台に目が行き…
キハ2005の運転台
 休車札(使わない取扱をした車両に表示する札)が掛かってます。別の側線には、昔「鉄道ホビダス」の「編集長敬白」に載ってた、旧帝国陸軍鉄道連隊の名残がありました。
放置プレイ中の九七式軽貨車
 九七式軽貨車です。始めて見たけど、何か昔職場で見た、組み立て式トロッコっぽい感じががが…車内は写真や子供の絵の展示会をやってまして、反対の運転台に着くと、さっきの紙の意味を知る。
いい笑顔だ
 センスが良いではないか。留置線には元東武鉄道のホキ1形がいたのだが…
元東武のホキ1形とアメリカン台車
 台車が何故かアメリカンなコイルばね。キハ2005から出て、気になったのでキハ222の床下を見るのだが…
エンジンと勘違いしたモノ
 コイツ(ラジエター?)とエンジンを見誤る。ちなみにエンジンは外れてました。後で判明したのだが、2月22日に運転したらしく、どうもそれ以降に外した様だ。
 ちなみに後日ひたちなか鉄道のHPを見たら、キハ222は既に引退してた。
 車両の撮影が終わり、駅舎の方へ向かいつつ、近接の茨城交通那珂湊営業所に止まってる、バスを撮影していく。
珍しい3ドア車 特定輸送専用車 茨城交通中型バス
 駅舎側のホームでは、いろんな展示があったのだが、まず目に入ったのが模型展。
宇宙戦艦ヤマトと飛行機 EF65Pと自動車
 最初は普通のだったのだが…
「ガルパン」レイアウト祭り会場(違) ピンクの痛いM3中戦車 車を踏み潰す10式戦車

破壊された街とティーガー戦車 戦車特盛(違) 戦車積載中

蘇る戦車 主砲打ち方用意!
 まあ近所が大洗なせいか、ガールズ&パンツァー」なジオラマが多い事。そして改札外に出て、駅舎を撮影する。
那珂湊駅駅舎
 そしてたまたま目に入ったものを撮影する。
コミュニティーバス@茨城交通 白い角型ポストと古い写真を使ったご案内
 この白いポスト、グリスタ氏が喜びそうな代物。その隣の写真に、伽君が引っかかり、持ってきた本で照合中。やはりコイツ年齢詐称してるだろ?
 この日は「みなと☆再発見フェス」が同時開催されてまして、こっちには茨城交通の至宝痛いバスこと、「ガールズ&パンツァー」ラッピングバスがあるので、行ってみる。
 その道中で見つけたヤツがこれ。
デッドボール級痛い看板
 誰だ?考えた奴?車道の方はイベントと大洗方面への車等々で、大渋滞しており、我々より先に出発したコミュニティーバスと、抜きつ抜かれつのデットヒート。
渋滞にはまるバス2台
 何故かコミュニティーバスの後ろに、アルピコ交通の観光バスがいたけどな。

 今回はコレまで。次回に続くんじゃけぇ。
posted by 島々な人 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする