2016年02月21日

第794回 ワンマイル製西鉄313形を弄る

 お話は去年の12月26・27日に行われた、化け猫若頭暗躍ワールド工芸主催のイベント、「さいたま鉄道模型フェスタ2015WINTER」でのこと。まあ行ったのは26日ですが。
 ばっふぁ氏とのトレードが成立し、そのトレード交換が終わった後、まあ会場内をウロウロ。毎度会場内で探し回って何かを買うのですが、まあ今回はあまり「コレだ!」って物が少なかったのだ。
 そんな中、「ワンマイル」のブースにて、見つけたのが表題の西日本鉄道(以下「西鉄」とす)の313形でした。
 普段なら九州系は余程(路面電車か気動車)がないと食指も動かないのですが、前に「RM MODELS」とか、最近だと「ブラタモリ」で見た車両だった。
 何となく物色し、結局旧塗装をお買上となる。そーいや「ブラタモリ」で出たのも、コヤツでしたなぁ。
 とはいえ、如何加工したものかと思案しつつ、年を越して2月初旬の事、何気なくネットを漁ってたら、「みやこ模型」さんの動画に行き当たり、コレを参考に動力化する事になった。
 まずは単純なトレーラー車の加工から。大まかな作業は「みやこ模型」の動画と同じですが、重量を鉄道コレクションとなるべくそろえたいので、その変更点を挙げつつ。
 車輪ですが、最初たまたま手元にあった、KATO製片側絶縁車輪を使おうかと思ったのですが…
見た目で重さが判るかも知れない
 まあ写真を見ると、鉄道コレクションの車輪の方が重そう…実際量ってみたら、4軸分でKATO製が3gで、鉄道コレクションが4g。
 重量的にトレーラー車にウエイトを載せないので、車輪の重い方を採用する。そして前後にTomix製ボディーマウント式TNカプラーを付けて終わる。
トレーラー車完成
 ちなみに車重は21gと、同車格である富士急1000形が23g(ウエイト3g付)なので、重りがなくても結構重い車両です。
 そして問題の動力付車両です。まずはパンタグラフですが…
もっこり盛り上がる塗膜
 このように何故か取り付け穴付近の塗膜が盛り上がってます…ついでに付いてたパンタグラフ、外してる最中に破損してしまう…パンタグラフだけ案外華奢とはなぁ…
 さて、気を取り直して、盛り上がった塗膜を削り落とし、ここにKATO製PT4806を載せる為、ドリルでごりごり。
ゴリゴリ拡大中
 そしてパンタグラフを仮搭載。
だいぶ車両っぽくなってきた
 いいね。続いて動力を組むのだが、チョイと問題発生。
あからさまに爪が引っかかってない図 浮いてしまうカプラー
 動力が車体に嵌ってNEーーー!!個体差なのか、動力が嵌らない!定規を当ててみると、わずか0.5mmあるかないか…既にウエイトは外してある…ならば…
余分を削り取った後
 動力のフレームを4mmになるよう削り取る。そして嵌めてみると、まあロックがキツイけど許容範囲内。そして元のシャーシから床下機器を剥がして取り付け用の突起を除去する。
突起を削り落とし中
 台枠も…
モールド甘いし白っぽい
 一応コレを使いますが、果てしなく白に近いグレーなので、後日塗り替えや同系列台枠との交換もありかな?これ等をゴム系接着剤で接着。
ゴム系接着剤ぬりぬり 台枠ペタペタ
 そして仮組みしてみると…
仮組み中
 いいねぇ。さて、この時点での重量は40gと、富士急1000形の48gからすれば、けっこう軽い状況。トレーラー用ウエイトを積んでも、チョット軽い気がしたので…
鉛板ベッタリ
 この様に釣り用板おもりを両面テープで屋根にギッチリ貼り付け、重量を確保する。これで45gと結構重くなりました。そして本組みをして完成する。
西鉄313形完成
 いいねぇ。とてもいいねぇ。そして車両間のレベルは…
車間に差がない
 この様にキッチリでております。コレにて動力化改造は終わるが、こうなると「宮地岳線(貝塚線)標準のイエロー塗装も欲しくなってきたなぁ」と思う次第です。

 この車両加工資料となった、「みやこ模型」さんには大変感謝しております。文末ですが、お礼申し上げます。
posted by 島々な人 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

第793回 T−TNet的チバラキ鉄道オフ会・流山から秋葉原編

 前回からの続きにょろ。

 平和台駅を出発した電車は、流山駅に進入する。その進入してる時に撮影する。
「あかぎ」号とチラッと見える「若葉」号 お昼寝中の「あかぎ」号
 手前は「あかぎ」号で、奥には検査中の「若葉」号がいました。流山駅1番線に到着し、2番線には…
お昼寝中の「流馬」号@「ろこどる」
 「流馬」号@「ろこどる」がお昼寝中。やはり短時間で全編成撮影するという、短い私鉄の特徴でまくり。駅舎には…
でかい「ろこどる」のPOP
 でっかい「ろこどる」のPOPがありました。ついでに消防団の募集ポスターも…
制服が消防系になりました
 「ろこどる」でした。そして流山駅を出て、駅舎撮影。
流山駅駅舎
 コレを見てすすめ!!パイレーツ」を想像した方はジジイ認定です。(ヲイマテ)しばらくの間流山駅周辺を観察となる。まずはこんな写真。
使われなくなった引込線
 昔の名残で、この線路は手前に向かって延びていた。そして…
何となく廃線跡が見える構図
 スイッチバックして、調味料工場(醤油か味醂かは忘れた)へ向かったようです。そして歩道橋から高台に移動し、再度車両と車両基地を撮影する。
「あかぎ」号全車 分割入線中の「若葉」号
 「若葉」号は分割して、片方は検査庫奥に留置中。多分検査の真っ最中でしょうな。撮影後は次の目的地に向け移動開始。今度はバス路線が無いので、完全に歩きです。
 つくばエクスプレスの流山セントラルパーク駅の方へ向け、歩くこと数分。途中歩道が狭い所もあったけど、目的地の流山総合運動公園に到着。
 公園内に入り、さらに奥の方へ行くと、野川工機氏と目的の車両が待っていました。
静かに寝てるガソリンカー ガソリン客車キハ31号車
 流山のガソリンカーとD51形蒸気機関車です。本当は中に入りたかったんですが…
アスベスト怖い
 何だかなぁ…ウチの地元のD51なぞ、モロ車内に入れるのになぁ…とはいえ、このガソリンカー…
短い・平面・単純
 割と模型化しやすい車両ですなぁ。動力が悩みですが。総合運動公園から出て、しばらく歩くとつくばエクスプレスの流山セントラルパーク駅に到着。
流山セントラルパーク駅
 ここでパラストン氏と別れ、つくばエクスプレスの撮影をするのですが…
ブレる車両の図@つくばエキスプレス
 もう走ってる車両の写真を撮るにゃ、この天気とか時間的に厳しいですなぁ…何せきれいに撮れたのが…
どアップな構図の例
 これですよ。ホームドアが邪魔なうえ、ホーム延長が短いので、こーなってしまうのだ。とはいえ、この写真の車両が初のつくばエクスプレス乗車車両です。
 高架を走ったり、地下を走ったりと、目まぐるしく変わる車窓。そうして終点の秋葉原駅に到着する。宴会会場はこの近くなのですが、まあ時間的に2時間近くあったので、個々で買い物タイムとなる。
 とはいえ、そんなにジックリ見て周れないので、要点を押さえて周る。でも中古屋全部不発。まあ中古屋なんて10回行って1回でもあれば当たりですからなぁ。
 結局「F MODELS」でCASCO製のウレタンと、鉄道コレクション用トレーラー化セットを買っただけ。
 そして会場の「湊一や 秋葉原駅前店」へ行くと、丁度他のメンバーが入るところだった。エレベーターでお店に…とおもったら、宴会場はもう1つ上と案内される。
 宴会場にはほとんどのメンバーが居たのですが、まあ例によって遅刻ってのがありまして、ひぐらし氏とアキサ君が遅れてた。電話をしたら、ひぐらし氏もアキサ君も仕事だったようで、場所的にひぐらし氏が一番遅くなる。なのでさっさと乾杯する。
 後は談笑なのですが、途中でアキサ君が来て、何故か今年に抱負を言わされながら乾杯となる。
 そしてしばらく談笑してたのですが、なかなかひぐらし氏が来ない。KouChan氏がフェイスブックを見たら、ウッカリ湘南新宿ラインに乗ったらしく、新宿で中央線に乗換えてました。
 結局宴会が始まって1時間半位経って、やっとひぐらし氏到着。やはり今年の抱負を言わされた。そして3度目の乾杯。
 この日は鮟鱇鍋でして、〆はうどんでしたが、その大半を吾輩とかKouChan氏、それに上海亭氏が食ってました。変わりにアンコウがそんなに食ってないオチが…
 2時間経ったのでお開きとなる。このまま2次会もあったのですが、まあ疲労のピークと、雪が怖いので、そのまま上野経由の上越新幹線で地元へ帰還する。でもって、最後に乗ったのがコレ。
115系のボックス席
 115系でした。なお地元の雪ですが、おもったより悪化してなくてよかったです。
posted by 島々な人 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

第792回 T−TNet的チバラキ鉄道オフ会・流鉄に乗って流山へ編

 前回からの続きよ〜。

 常磐緩行線に乗って、馬橋で下車すると、いきなりコレが目に入る。
車軸付ワム80000形
 ワム80000形貨車でございます。そして次の乗換がこちら。
流鉄流山線ホーム
 流鉄流山線でございます。さっそくホームへ向かいますが、ここはICカードが使えないので、切符を購入する。その間にこんなのがありまして…
大関なのに横綱土俵入りって…
 先場所優勝した琴奨菊の所属部屋である、佐渡ヶ嶽部屋があるのが、馬橋駅所在の松戸市でしたなぁ。流鉄は流山鉄道時代から、車両に愛称が付いてまして、止まってたのが…
旧西武新101系の5000形「流星」号
 「流星」号です。もっとも良い写真を撮ろうとおもったら、何故か伽沈流君に止められる。曰く「乗りそうだった」との事。おかげで流星号の横で駆け抜ける常磐線車両の写真が撮れなかったよ…
 「流星」号が出発し、次の電車を待つ訳ですが、待合室内にはこんなのが貼ってあります。
流鉄開業100周年が痛い(ヲイ)
 「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」(以後面倒なので「ろこどる」とす)です。なおこの日は法円坂氏がいて、ちゃんと単行本も持ってまして、なぜかパラストン氏が興味を持つという、布教(?)活動を行ってました。でもって、外ではこんな物を発見する。
無用の小屋と流鉄2番線
 レールの無い掘っ立て小屋。普通なら保線用のモーターカーが入るのですが、グリスタ氏曰く「モーターカーなんてこの会社には無い」との事。
 後で貼り付け用資料としてウィキを見たら、どうも貨物扱いがあった頃使ってた、入換動車の車庫の模様。その証拠はこちら
 時間があったので、常磐線の車両を撮ってましたが…
ブレブレの東京メトロ6000系 ブレブレの常磐緩行線E231系
 軒並み車両がブレブレ…まあ天候悪いですし、そろそろ夕方ですし。すると電車が到着となる。
流山駅に進入中
 そしてタイミングよく常磐線の車両が通過する。
全力で通過中と停車中
 さっきの車両でコレが撮りたかったのになぁ…さて、この電車は「なの花」号なのですが、「ろこどる」とタイアップしてますので、ヘッドマーク付です。
流山方ヘッドマーク 馬橋方ヘッドマーク
 そして車内には…
自衛隊千葉地方協力本部お前もか!
 自衛隊千葉地方協力本部がやってくれました。電車は馬橋駅を出発し、単線なので途中の小金城址駅で「流星」号と交換となる。
小金城址駅で交換する「流星」号
 でもこの路線、結構揺れます。たまたま隣の鰭ヶ崎駅から終点の流山駅方向を撮ったのですが…
軌道がユレユレ…
 レールがユレユレ。何かウチの職場の留置線並みのユレユレさ。「列車の乗り心地は軌道9割だから」とはグリスタ氏の談。

 今回はコレまで。次回に続くんだ。
posted by 島々な人 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

第791回 T−TNet的チバラキ鉄道オフ会・SLと唐揚げそば編

 前回からの続きザマス。

 竜ヶ崎の車庫から歩いて次の目的地に向かう途中で、田んぼのど真ん中を走る列車を撮影できるという、おまけがつく。
田園の中を走るキハ532形
 そして目的地の「龍ケ崎市歴史民俗資料館」に到着。さっそく目に入るのがこちら。
龍ヶ崎鉄道蒸気機関車4号機 塗装は綺麗だけどパーツが…
 関東鉄道竜ヶ崎線の前身である、龍ヶ崎鉄道が導入した蒸気機関車4号機です。まあよく見ると、結構彼方此方のパーツが紛失してて、少々痛々しい姿です。
 一応運転室内に入れますが、まあ古い機関車ですが、運転台は割と広め。しかしパーツが所々紛失とか破損してるので、そこそこ塗装が綺麗なだけに、チョット残念…
 そして近くにあった古民家で撮影大会と化す。
古い時代の商店2棟
 一通り撮影したら、隣の文化会館前のバス停へ移動する。バスの時刻を確認するが、丁度いいバスが無い…つーかバス路線図が焼けてて判別し辛い…
 結局歩いて戻る事になる。吾輩達がバス路線図で格闘してた時に、パラストン氏が「龍ヶ崎コロッケ」を買って食ってました。丁度出店が文化会館前であった様だ。
 そして2名ほど吊られてコロッケを求め、内1名である伽沈流君が、食うのに夢中になりすぎて、土手の頂上で降りられず慌てるという、残念な風景が繰り広げられる。
 駅に着くと、丁度列車が到着直前で、しかも途中合流の鉄火巻氏より、そろそろ近くに来るとの電話があったので、佐貫へと戻る事にする。
 車内は結構混んでいて、いつもの調子で吊り革を吊るってる棒を持ったら、煤やら埃やらで手が汚れる…まあ普段走ってない車両だから汚れてるか…そして佐貫駅に到着し、その足でお手洗いに直行し、手を洗う。
 佐貫駅での乗換が短く、あわてて常磐線の列車に乗ったら、即発車って感じでした。乗ったのが快速列車で、次の目的地は普通列車でしか行けないので、取手駅で乗換となる。
取手駅での乗換列車は3/4閉扉中
 時期が時期だけに、ドアが3/4閉扉でした。普通列車に乗換えて、目的地の我孫子に到着。ここで名物を食う為である。それを提供するのが…
弥生軒5号店
 弥生軒さんです。そして食ったのが…
唐揚げそばの唐揚げ2つのせ
 デカイと有名な唐揚げそばです。これは2つので、食券で買える最大値です。値段は540円とこの量だと安い気がする。そして伽沈流君がやってくれました。
驚愕の肉塊・唐揚げ3個のせ
 唐揚げ3個で、2個入り食券+単品追加で、もはや肉しか見えない。味の方は唐揚げの衣がカリカリしてて、そばとあってました。そば自体大盛りにしてなかったのですが、相当ボリュームがあります。
 ここはどうもかき揚げも人気だったので、食い終わってから「唐揚げ1つとかき揚げにしとけばよかった」と、少々後悔する。
 昼飯を終えて、緩行線ホームへ移動して、次の目的地に向かう。その前に停車中の電車を撮影する。
千代田線直通用E233系
 この電車に乗って、馬橋へ向かう。

 今回はコレまで。次回に続いてしまうのです。
posted by 島々な人 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

第790回 T−TNet的チバラキ鉄道オフ会・竜ヶ崎線を味わい尽くす編

 前回からの続きであ〜る。

 ここから旅の目的の1つである、関東鉄道竜ヶ崎線に乗るのだが、ホームが離れてます。
JR駅舎口付近 関東鉄道駅とJR駅中間位 関東鉄道駅舎前
 そして竜ヶ崎線のホームにいたのが…
キハ20形由来のキハ532形
 キハ532形…まさかの大当たり。ここでパラストン氏と合流し、本隊の到着を待つのだが、どうも微妙に遅れており、本隊の乗った列車は定時より2分ほど遅れて到着。
 「まあ接続を取るのかなぁ?」とおもったら、定時に発車…後でホームにある業務用時刻表をみたら、接続3分が最短で、本隊の乗った列車の接続が5分…遅れが2分位じゃ、そりゃ普通の接続扱いですわ。
 で、遅れた原因ってのが、どうも松江製麺所氏とKouChan氏が遅かったそうな…てっきり伽沈流君が「走りたくないでゴザル」とでも言ったのかと、勝手に待ってた2人が言ってたりする。(特に吾輩)
 そして待つ事20分位で折り返し列車が到着。
竜ヶ崎より折返便進入中
 幸いさっきと同じ列車でしたが…
撮影隊一斉撮影中
 まあこうなるわな。鉄が十数名カメラの砲列をなしてました。そして車内に入ると…
キハ532形を堪能する一行 キハ532形が国鉄由来の部品で出来てる証左
 鑑賞したり部品を撮影したり。そして11時25分発の列車は定時に出発し、定時に竜ヶ崎駅に到着する。
竜ヶ崎駅
 まあ途中入地駅があるだけの、全長4km位の線ですから、まあ終点まで早い事。駅前にはチョットしたライブハウスがありまして…
ライブハウスなのか何なのか?
 ここの広告を見たら…
意訳・猫がいますしまみん先生の命が危ないです
 しまみん先生が別の意味で「申し訳ございません」しそうな所でした。
 ここから次の目的地までバスか歩くかになったのだが、バスが丁度なかったので、歩いて向かう。しかし、ここの駅は車両基地併設…
出迎えるキハ2001号車
 まあ撮影するわな。そしてしばらくの間撮影大会と化し、撮影しまくる。整備庫の隣には…
昼寝中のキハ2002号車
 これで全車撮影と、非常にハードルの低い全車撮影でした。そしてかなり由来のあるモノを撮影。
かなり古い貨車・台車車軸無し
 車輪の無い貨車、通称「ダルマ」です。「編集長敬白」によりますと、「テ1形」と言って、聞いた話ですと、どうも関西鉄道由来らしい。(うろおぼえ)さらに併設されてる、バス営業所も撮影する。
関東鉄道バス竜ヶ崎営業所
 さて、最初に撮ったキハ2001号車ですが、よく見ると…
エンジンと台車が無いキハ2001号車
 エンジンと台車が見当たりません。この車両は多分全般検査の真っ最中と見受けられる。こりゃしばらくの間、キハ532号車が定期列車充当となる訳ですな。一通り撮影後、目的地に向け移動開始となる。

 今回はコレまで。次回に続くのじゃ。
posted by 島々な人 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

第789回 T−TNet的チバラキ鉄道オフ会・常総線完全乗車編

 間が開いてしまったけど、前回からの続きぞ。

 下館からは関東鉄道常総線に乗換えるのだが、まあこんな写真を発見する。
関東鉄道オリジナル字幕のセット
 前に出た鉄道コレクションなのですが、どうも関東鉄道直売オリジナル仕様となってます。金があったら買ってたかも…そして常総線のホームに出ると、待機してたのがこれ。
関東鉄道一の最新車両キハ5004号車
 現在関東鉄道的には最新鋭の気動車、キハ5000形のラストナンバー車でございます。これで取手まで向かいますが、天候はまあ未だ悪くて、黒子駅で交換列車を撮ろうとしたら…
快速列車と交換@運転台助士側より
 まあ雪国状態です。とはいえ南下するにつれて天候か回復し、下妻駅での交換では…
キハ2400形と交換@下妻駅
 雪は全く無くなってました。そして水海道駅に到着となる。
乗務員交代と水海道止まりの列車
 ここで乗務員交代で、しかも都市型ワンマンに変わったので、料金箱が閉鎖される。さらには…
非電化複線区間突入
 非電化区間では珍しい、複線区間に突入となります。なので駅間で気動車のすれ違いってのがありますが…
気動車同士の複線すれ違い
 まあこの天候なので、上記2枚の写真はコレが精一杯。そして列車は取手駅に到着する。
取手に到着したキハ5004号車
 ここは昔衝突事故があって、その要因の一部を撮影する。
下ってる取手駅構内
 確かに下り坂ですな。こりゃブレーキ利かなくなった時の運転士の心情は地獄ですな。そして反対のホームには…
クリーニング専科ラッピング@キハ2201号車
 何故かラッピング列車でした。タイミング良いのかな?で、関東鉄道の改札を出ようとしたら、微妙にSuicaの金額が足らないオチが発動する。どうもギリギリオートチャージしない金額だった模様…
 ここから常磐線に乗換えるのだが、まあ予定より1本早いから、待ってても良かったのだが、寒いから却下って方向となる。天気は持ち直したけど、太陽が出てないから寒いまま。
 常磐線下りホームでは、特急の通過とE231系の入換を撮影する。
取手駅を通過するE657系 入換の為引き上げるE231系
 しばらくすると水戸行列車が到着する。
水戸行普通列車のE531系
 コレに乗って、2つ先の佐貫駅へ向かう。取手と隣の藤代駅間には、デッドセクションがあるのですが…
室内灯が消えないE531系車内の図
 E531系だと消灯しないんですわ。つまらん…(ヲイ)そして列車は佐貫駅に到着する。
常磐線佐貫駅
 今回はコレまで。次回に続くんです。
posted by 島々な人 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

第788回 T−TNet的チバラキ鉄道オフ会・水戸線下館までの道編

 1月30日(土)にT−TNetの新年会があって、その前段で有志による昼の部があったので、それにも参加しました。

 本当は仕事だったのですが、まあ年休が余ってたので、その消化を兼ねて入れたのは良いが、なかなか回答がなくて、結局回答が来たのが22日だった…
 まあこんな調子だったから、天候の方も愚図りだし、予報は思いっきり雪予報…何か呪われてないか?不安は前日の就寝前に、白い物体が降ってきていた時点でMAXとなる。
 で、当日は万が一に備え、予定より1本早い列車に乗ろうと、予定より30分ほど早く起床。幸いと言うべきか、積雪量は2cm位だったので、自動車の走行に影響が無い…
 と思ってましたが、やはり悪い天気には変わりなく、2ヶ所で倒木…つーか竹だから倒竹か?まあ道路に支障がありました。
 「良くないなぁ…」と思ってましたが、幸い街中では積雪までには至らず、何とか駅近くの駐車場に到着。駅まで歩くのだが、歩道がタイル系だったので、まあ積雪っぽいような…みぞれな感じががが…
 駅に到着し列車を待つ。来たのは211系だったのだが、まあ時間的に撮影できず。とりあえず乗って席に座る。伊勢崎駅に到着し、交換待ちだったので、その間に撮影する。
211系雪景色@伊勢崎駅
 何か絵面が雪国っぽい感じががが…列車はこのまま遅れる事無く淡々と走る。途中の駅でカッター列車@機関車が通過したけど、写真は間に合わず…
 さて乗った列車は桐生で終点。ここから接続の小山行となる。接続列車はこちら。
桐生発小山行115系
 安定の115系である。つーかヒーターの性能、211系よりこっちの方が上なんだよなぁ。幸いボックス席が空いてたので、ボックス席に座って朝食をとる。
 車窓は完全に沼田から先の山岳雪国テイストとなり、降雪も収まる気配なし。流石に眠気が襲ってきて、岩舟から思川まで記憶が無い。
 列車はほぼ定時に小山駅に到着。ここで乗換えるのだが、移動中にこんな物を発見する。
北海道新幹線カウントダウン
 Black Junk氏悲願まであと56日ですか。(「札幌まででは?」とか言わない事)そして水戸線ホームへ移動する。
小山駅水戸線ホーム
 ホームには415系が待機中。
415系ステンレス車
 ここから水戸線に乗る。水戸線自体は仕事で何度か乗った事があるけど、個人的用事だと実は初めてだったりする。発車前に全扉開扉するのだが、まあ天気的に寒くてタマラン…
 小山駅を出発し、すぐにあるのがデットセクションと呼ばれる場所。直流と交流の境目で、415系なので室内灯が点いてたのが…
通常の415系車内
 デッドセクションを通ってる時は…
デッドセクション通過中の415系車内
 この様に一旦切れます。そして再度室内灯が点灯して、隣の小田林駅に着くのだが、まあここから先はドアが全開きなので、寒いったらありゃしない。なにせ時々雪が車内に入ってくるんだもの。
 幸い交換列車が無いけど、東結城駅で長時間開いてたのは、チョット困った…多分無人駅で、集札でもしていたのかなぁ?列車は下館駅に到着。
下館駅
 下館駅で交換列車があって、その相手は…
雪の中下館駅を出発するE531系
 E531系でした。こっちには半自動ドア付き…暖かそうな車両だなぁ…乗換えにチョット時間があったので、真岡鐵道も撮影しておく。
雪の中のモオカ14形気動車
 雪景色に緑の車体は映えるなぁ…

 今回はコレまで。次回に続くザンス。
posted by 島々な人 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

第787回 今月の鉄道模型いじり@1月号

 今回「T−TNet的チバラキ鉄道オフ会」と言ったな?あれはウソだ。(ヲイ)

 まあぶっちゃけ写真の都合で、最初に前々から予告してた、「今月の鉄道模型」をやらないとなぁ…と思った次第です。まずはMODEMO東京急行電鉄デハ150形
MODEMO東急デハ150形
 昨年夏のJAMコンベンションにて、MODEMOブースで買ったやつを、今頃になって弄った次第。とはいえ、弄った所はナンバー付けただけ…
 かと思いきや、何故か1両だけパンタが壊れてました。幸いかなり昔のJAMコンベンションで買った、バルクのパンタがあった(何で買ったかは忘れた…)ので、ここから部品取りした次第です。
富山ライトレールTLR0600形 動力を組み込んだ後の図
 次はTOMYTEC富山ライトレールTLR0600形です。見ての通り「鉄道むすめ」ラッピング第2弾に、動力を組み込んだだけです。
 でもって、吾輩の手元には、これに組み込んだ動力ユニットを必要とする車両が未だたくさん残ってまして…
わたらせWKT500形 行先表示と列車無線設置
 続いてはTomixわたらせ渓谷鐵道WKT500形です。「フジ模型」で予約してたのを、ウッカリ忘れてた代物…
 普段は前面字幕等のステッカーを貼らない方ですが、NDCシリーズ第三世代に関しては、どうしても間抜けになってしまいますので、「桐生」にした次第です。
わたらせDE10形セット
 またもTomix製わたらせ渓谷鐵道のDE10形セットです。上記車両を出した上で、女将さんが「アンタこれ好みでしょ?いるかい?」と、半ば押し売り半ば「人の好みしってやがる…」な感じで購入となる。
 弄った場所はTNカプラー化と列車無線の設置、それにナンバー貼り付けと、ウチの機関車だと標準的な整備内容です。
阪神限定5311形
 ここからは鉄道コレクションの阪神電鉄オリジナル限定品群で、最初は5311形です。動力組込とパンタグラフ交換(何故かKATOの阪急用…)、それにカプラー変更がメインで…
カプラーバラバラ
 このように先頭車同士で連結する場所はTNカプラーで、中間はカトーカプラー密連型にしてあります。本当はバンドン形連結器(阪神しかなかった連結器)っぽく改造すれば良かったのでしょうが、メンドウなのでこのまま。
阪神限定5001形 中間のカトーナックルカプラー
 続いて5001形で、加工はほぼ同じですが、こちらは貫通編成だったのと、使用動力の関係(TNカプラーは使えないしカトーカプラー密連型だと長いし)で、中間カプラーがカトーナックルになってます。
阪神限定ステンレス5201形
 最後はシルバージェットこと、5201形ステンレス車体です。動力側をダミーカプラーにして、非動力側をTNカプラーとしてます。
 で、コレを加工したら、相方の普通鋼製の5201形も加工したいのですが、この時点で部品の在庫切れを起こしてしまい、しばらくお預け…
 で、本当は阪神の車両を入れるケースを加工したのですが、こちらは普通鋼製の5201形が出来てからのお楽しみって方向で…

 まあ今回は初めてなので、次回の叩き台的な感じですなぁ。どうなるかは反響次第かなぁ?
 次回こそ「T−TNet的チバラキ鉄道オフ会」をやりますよ。気が変わんなきゃだけど。(ヲイ)
posted by 島々な人 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

第786回 ブログリニューアル工事完工

 と書けば響きは良さげ。(ヲイ)

 まあ何だかんだで何とか改良工事が終わりました。ぶっちゃけ「長かった…」ってのが本音です。
 でもまだ写真があるんだぜ…まあホント合間見てじゃないと、コレは無理ですが…

 改良工事のメインが、通番付与とカテゴリーの細分化。それにカテゴリー細分化で追加されたカテゴリーに、元からあった記事のカテゴリー変更です。
 細分化の基準は「昔からやっててそれなりに量のあるシリーズ」でして、コレに当てはまるのが、今回追加したカテゴリーって訳です。
 で、この基準だと、「昔からやってる」って部分では、JNMAのレポ記事ってのが除外されてしまった…つーか大抵は1話で完結する上、勤務の都合とかで参加できてないから。
 「それなりに量がある」ってヤツである、関西Nゲージ合同運転会(以下「関西N合運」と略)系もこの基準からすると、昔と言うほど昔じゃない(通いだして数年)ので、単独枠化は見送りします。関西N合運シリーズは、前段の観光がメインとなってるから、分離方法の検討もしなきゃなのですよ…
 さらには昔はあったけど、現在はやってないイベントってのもありまして、コレに関しては、「今後復活は無いよなぁ…」な感じ(イロイロあってここでは書けないけどね)なので、まあ今まで通りって事で。

 ちなみに「鉄道趣味」枠は、「旅行・紀行もの」と被る所もございますが、基本的に鉄道メイン(実物検分とか俗に言う「乗り鉄」とか)の旅行を「鉄道趣味」枠としてます。
 ついでに言うと、その真逆で観光メインで、ついでに鉄道を見るヤツも、そのシリーズ通して観光メインなヤツは「旅行・紀行もの」枠となります。
 ので、人によっては「んな事解ってら」なんて思われそうですが、ご了承ください。

 ついでに次回からのシリーズは、上記の理由で「鉄道趣味」枠となります。まあほとんど鉄道目的なヤツですし。

 欲を言うと、もう少し細分化してもイイものもありますが、まあこれは追々って事で…
 案外画面の前で考えてるより、他所で良いのが閃くってのが結構ありまして。何故か職場が多いのが問題ですが…

 一応念入りに調べた上で、変更等を行ってますが、所々にカテゴリーの誤分類とかありましたら、コメント等でお知らせ頂ければ幸いです。

 次回、「T−TNet的チバラキ鉄道オフ会」をお楽しみに。
posted by 島々な人 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする