2016年08月29日

第846回 第17回JAMコンベンション・1日目の終わり編

 前回からの続きが遅れたのは仕様だ。(ヲイ)

 「多摩温泉電鉄」ブースに、TBSの佐古さん似のH1氏が来てたので、「東武3000系列の写真使っていいですか?」と尋ねたら、「違う写真もあるよ」と言って快諾を頂く。真にありがたいです。
 その後ひぐらし氏が来て、ほぼ「多摩温泉電鉄」ブースに居て、談笑しっぱなし。ちなみに捕まってたのか、はたまた同じくスイッチが入ったのか、その相手がH1氏…
 この間に企業ブースに行って、何かないかと探しまくる。買うのは2日目以降となるが、その中でも「RM MODELS」だけは買った。まあ夜中の暇つぶしだし、早売りだったし。
 さらに「Models IMON」が、来場ポイントとして200ポイント付加してくれるので、さっそくカードリーダーにカードを通す。
 18時となり、1日目の閉場時間となる。結局最後まで「多摩温泉電鉄」ブースに居たひぐらし氏。H1氏が既にいなくて、会場内を巡った痕跡があまりない気が…
 お客さんがいなくなった頃合をみて、吾輩も会場を後にする。まずはコインロッカーに預けた荷物を回収し、都営バス東16系統にて、東京駅八重洲口まで向かう…
 のだが、この選択がまあ失敗。発車時点で乗車効率90%位で、途中のバス停でも乗下車が激しく、全バス停の3分の2位は止まってた気がする…
 バスが東京駅八重洲口に到着し、ここから東海道線に乗って、川崎まで向かう。川崎で降りると、本日からの宿である、「ホテルメッツ川崎」に向かう。
 ホテルでチェックインをして、部屋に荷物を置いたら、晩飯を食いに出かける。川崎駅地下街の「天丼てんや」に行って、そばと天丼を頂く。
 食後まず百均に行って、ボールペンとマジックを買う。その後は本屋を求めてうろつくのだが、どうも閉店時間が21時だったらしく、まあ開いてないんでやんの…
 仕方なくホテルへ戻り、ノートパソコンの電源を入れ、Wifiをつなげる…のだが、なかなか上手くいかない…どうも勝手にアップデートが始まり、それが迷走の原因になってた模様。
 電源を入れなおしてなんとかWifiと接続して、動画サイトの音楽を聴きつつ、まったり過ごす。風呂に入った後は、ベット上で横になり、0時頃就寝となる。

 今回はこれまで。次回に続くっぽい。

 *お知らせ*
 都合により掲載審議中でした、「路面電車を作る」シリーズ並びに、「柏崎トレインアトラクション」シリーズの写真ですが、本日掲載しましたので、ご観覧頂ければ幸いです。
posted by 島々な人 at 23:02| Comment(1) | TrackBack(0) | JAMコンベンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

第845回 第17回JAMコンベンション・入場に手間取る1日目編

 前回からの続きじゃ。

 19日(金)は7時頃起床する。荷物を持って出発しようとしたら、天気が悪い…当初の予定だと、バイクで職場まで向かうはずが、コレでは無理な状況。
 仕方なくバスに乗るかとおもって、バスの時刻表を見たら、今度はバスが発車した直後だった…次のバスは約1時間後と、ダメダメの極み…仕方なく母親に送ってもらう事になった。
 地元の駅で降ろしてもらい、朝飯を買った後、新幹線の切符を買って列車に乗る。高崎にて新幹線に乗り、朝飯を食べ始める。
 東京駅に着いたら、東海道線に乗換えて新橋へ。新橋からゆりかもめに乗る。本当はバスでもよかったのだが、Suicaの残高が微妙だった。
 なので、改札時にオートチャージが出来る、ゆりかもめになった次第。バスにもこの機能があれば良いのだが、流石に無理っぽい話。
 さてゆりかもめに乗るのだが、どうも新型の7300系に巡り合わない…デビューしてから相当経ってるし、本数も7300系が上な筈なのに…
 とはいえ、車内は相当混んでおりまして、1本見送って正解でした。列車は国際展示場正門駅に到着し、会場へ向かう。そして例年通りの写真を撮影する。
第17回国際鉄道模型コンベンション案内
 とりあえず荷物をコインロッカーに預け、会場前に行って化け猫氏に電話するのだが、まあタイミング悪く商売の途中だったそうな。
 しかもタイミングが良いのか悪いのか、「東京ビックサイト」の職員がアンケートしてきた。まあ大雑把に答えてました。
 その後「北野工作所」の売り子兼ドライバーのポンタ君に電話を掛け、化け猫氏を呼んで頂く羽目になる。慌てて入場IDを持ってくる化け猫氏。入場したら先ずは多摩温泉電鉄氏のブースに向かう。
 でも対面には「北野工作所」だし、ほぼツラの割れた面子だから、そのまま談笑って流れとなる。まあ仕方ない。そして「夢ソフトウェア工房」にはばっふぁ氏が居た。
 そして「ポッポ屋」のKouChan氏あたりから、吾輩の業務内容を言って回るパターンに突入し、「ペアーハンズ」の女将やら、くまら店長を困惑させたり笑わせたり。
 時間の大半を「多摩温泉電鉄」ブース近くで過ごすのだが、このブース、ある意味「T−TrakNetwork」の溜まり場なったり、関西系の遊び場になったり…
 昼飯は「ファミリーマート」のポン酢豚バラ丼とファミチキとなる。会場が東3ホールなので、「ローソン」まで遠いし、「セブンイレブン」は論外だし。
 この後多摩温泉電鉄氏が昼飯を食いに行ったのだが、この時ジェット燃料(麦汁)を注入する、毎度お馴染みの展開に…この酔いどれのオッサンめ。
 この日はまあユルユルな感じでして、「今日は来ないだろ」とか、「明日が本番じゃろ」な按配。今冷静に考えたら、他のブースを念入りに見とけば良かった…

 今回はこれまで。次回に続くじゃけぇ。
posted by 島々な人 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | JAMコンベンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

第844回 第17回JAMコンベンション・化け猫氏暗躍プロローグ編

 8月19日(金)から21日(日)にかけて、「東京ビックサイト」にて、「第17回JAMコンベンション」が開催されました。今回からはそのお話。
 
 話は「第17回JAMコンベンション」からさかのぼる事、8月8日(月)の事。その日の吾輩は東大宮にいた。最初の目的は、「TamTam」大宮店に向かい、探し物をする事だった。
 幸い探し物の一部は無事に見つかり、買物を終えて東大宮駅行のバスに乗る。終着手前のバス停を降りて、真鍮会系世界工芸組事務所ワールド工芸」サービスセンターへ向かう。
 店内に居た化け猫氏と面談し、「JAMコンベンション」のお話。コーナーの一角に、「レールマーケット」というブース群があって、そこの宅配便取扱所の打合せをしてた。

 聞く話だと、一応イベント全体のレイアウトは「井門コーポレーション(モデルス井門)」が配置するのだが、その中で「レールマーケット」っていう、比較的小規模系なメーカー等のブースがあるのだ。
 「レールマーケット」のブース配置は、何故か「井門コーポレーション」ではなく、「ワールド工芸」の化け猫氏に一任されていたらしいのだ。
 その「レールマーケット」の荷物搬送が、都合により運送業者が来なくて、わざわざ某猫な営業所に搬入しなければならないのだ。
 が、いくら全メーカーとは言わないけど、それでも相当数のメーカーが、それなりの量を発送するので、運搬用自動車(何故かポンタ君の車)で1回では運べないのだ。
 ちなみに去年実績で3往復+追加1本だった記憶が。
 そこで吾輩が取扱所で荷物の受付兼監視を仰せつかったのが、去年からの流れですな。

 さてその席上で、配置図を見たのだが、まあ傑作の極みだった。最初レールマーケット内の配置図を見て、何かの違和感を感じ、全体配置図を見比べる。

 この話からさらにさかのぼる事、「柏崎トレインアトラクション」での事。多摩温泉電鉄氏が例年「JMLC」で参加していた「JAMコンベンション」に単独で応募したと言ってきた。
 どうも「JMLC」内部のゴタゴタ(詳しくは書けない)があったので、コレを機といえば聞こえが良いが、ノリで「多摩温泉電鉄」として参加応募をしたら、書類が通っちゃったらしい。
 ちなみに吾輩が「酒飲んだ勢いでやったんだろ?」と言ったら、化け猫氏が賛同する訳でして…

 その配置とは「多摩温泉電鉄」の真向いに、「北野工作所」と「モデルアイコン」、それに「ワンマイル」という、クドくかつとある事案への対応による組合せであった。
 頭の中でその配置を並べた瞬間、笑ってしまった。化け猫氏も会心の笑み。やりやがったな。
 その後配置図のコピーと、何故か「ワールド工芸」の商品じゃないけど、ジャンク車両を300円で買った物を持って帰宅する。

 今回はこれまで。次回に続くからね。
posted by 島々な人 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | JAMコンベンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

第843回 島々な人地下鉄博物館へ行く

 いろいろやってて遅れましたが、7月12日(火)に東京・葛西の地下鉄博物館で、鉄道コレクションの限定品が発売という、寝た子を叩き起す話が出ました。鉄道コレクションと言われて、買いに行かない訳が無いので、買いに行きました。

 さて、発売初日は勤務だったので、翌13日(水)に出かける事となる。夜勤があけて、即刻新幹線に飛び乗る。そして上野で乗換え…
 とおもったけど、現金が余り無いので、貯金を下ろしに駅近くの郵便局へ。お金を下ろしたら、地下鉄の改札を通って、銀座線に乗って日本橋で乗換える。
日本橋駅東西線サイン
 久しぶりの東西線です。多分記憶が確かならば、当時中野に居た、多摩温泉電鉄氏の自宅へ行った時以来か…目の前でE231系が行ってしまったが、次に来たのがコレ。
東葉高速鉄道2000系
 初の東葉高速鉄道2000系です。しかも快速だったので、自動的に東陽町で乗換確定…東陽町で待ってると、普通電車が到着する。
東京メトロ15000系
 これまた初の15000系と、タイミングが良い事。そして久しぶりに葛西駅に到着。
東西線葛西駅
 反対側には05系が発車していく。
営団地下鉄05系
 多分十数年ぶりの葛西で、これまた十数年ぶりの地下鉄博物館…
展示物が見える窓
 既に展示品が見える。そういえば、吾輩が行かない間に、改装工事をやってたなぁ…そして正面玄関に到着。
地下鉄博物館正面玄関前
 ここで入館券を買って、自動改札を通る。
切符型入館券
 やはり鉄道系博物館の入館券はこうでなければ。(鉄道・リニア館の入館券を見つつ)入館してまず目に入ったのが、この車両たち。
丸ノ内線300形電車 銀座線1000形電車
 日本の地下鉄の始祖たる1000形と、丸の内線の300形が並んで展示中。ここで先日訓練時に話のあった、第三軌条を撮影しまくる。
第三軌条全景 集電靴の接触具合 集電靴全景
 そして一度も乗った事のない、300形の車内を堪能する。
300形車内
 昔の営団シンボルマークが入った、マンホールを見たり…
初代営団地下鉄マーク入マンホール蓋
 副都心線の断面模型を見たり…
副都心線断面模型
 シールド工法のトンネルを見て周る。
単線シールドトンネルのモックアップ
 再度電車系の展示があって、大抵何処にでもある、パンタグラフ・モーターのカットモデル・台車を見て周る。
菱型パンタグラフ カルダン式と吊掛式のカットモデルモーター 第三軌条式集電装置付台車
 そこそこ変わってる館内ですが、運転シミュレーターはある意味不変でした。
前からあった運転シミュレーター
 そしてやっとショップに行ったら、何故か信号長Y氏と遭遇する。どうやら2夜勤の合間な模様。ショップ内を見て周り、結局鉄道コレクションを3個買って終了。
 昨日から展示開始した、01系電車の生首カットモデルがあったので、いじり倒す撮り捲る。
カットモデルになった01系 01系運転台 行先字幕表
 その後信号長Y氏と葛西駅に向かい、電車内で談笑する。そして茅場町で日比谷線に乗換える信号長Y氏と別れる。
 吾輩はそのまま日本橋へ向かい、銀座線に乗換えて末広町へ行く。その後は探し物と買い物をして、秋葉原から自宅へ帰宅しました。
posted by 島々な人 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする