2017年06月15日

第931回 吾輩の親父が亡くなりました…

 本来でしたら、柏崎シリーズの続きをやるのですが、6月12日に吾輩の父親が急死してしまいました。

 当日の朝は普通に家庭菜園の苗に水をやり、ウラの家のネコにご飯をやったりと、至って日常でした。

 9時頃母親が出かけ、15時過ぎに帰宅した時には、既に心肺停止して死後硬直していた。

 誰にも気付かれず、1人自宅の居間でこの世から旅立ちました。

 原因は心疾患の疑い…解剖しなければ、詳細は判らないとの事。

 大腸がんを患い、手術して順調に経過して、ガンを克服する最中でした。

 親父は常々「死ぬ時は苦しまずに死にたい」と言ってました。まさに遺言通りになってしまいました。

 後はバタバタと通夜・告別式へと流れていきました。

 早かれ遅かれ、親は死去するし、葬送をしなければならないのは重々承知でした。

 正直、出来れば後10年位はやりたくなかった。

 でも親父は何も前触れもなく、静かにこの世を去りました。

 親孝行はそれなりにしたとは思います。

 でも、一番の孝行をしてませんでした。

 本当なら生きているうちに嫁さん、孫の顔を見せたかったなぁ…

 親父の兄弟で、唯一生で孫の顔を見てないんだから…

 月並みながら、親父に一言。「ありがとう」と。

 しばらくは喪に服しますので、柏崎シリーズはお待ち下さい。
posted by 島々な人 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

第930回 柏崎トレインアトラクション‘17・序章

 6月3・4日(土・日)は、柏崎市産業文化会館にて、「柏崎トレインアトラクション2017」が開催されましたので、そのレポ的なものを。

 3日(土)は5時頃起床して、荷物を愛車に積載し、5時半頃出発する。道中如何考えても地元じゃないダンプのお尻につき、コンビニによってコーヒーを買う。
 赤城ICから関越道に乗り、新潟へ向け巡航速度で運転する。とはいえ、オートクルーズ機能のおかげで、そんなにアクセルを気にせずに済むので、相当楽です。
 水上ICを過ぎた辺りで、前方の谷川連峰に雲がかかり、「雨降りそうだなぁ」とおもったら、その前に関越トンネルに入る。
 関越トンネル途中で新潟県に入り、トンネルを出ると、辛うじて曇り空だったのですが、結局湯沢IC辺りから雨が降り始める。
 その後は天候が雨なので、無茶な運転はせず、毎度お馴染みの大和PAでトイレ休憩となるのだが、トイレの前にこんな物を見つける。
「炭水化物を恐れない漢」って…
 竹内力の「ミナミの帝王」調なのだが、うどんのせいで、むさ苦しいほどの関西テイスト。でもこれって新潟県内だけなんだぜ。そして天候は…
雨の大和PAと吾輩の愛車
 今日はあまり良くないようだ。そして大和PAを出た後、小千谷ICで関越道を降り、後は一般道をひた走る。天気は雨がいったりきたりと、不安定です。
 柏崎市に入り、北陸道柏崎IC下を通過後、一旦道をそれて、マクドナルドによって、朝食を食う。ここのところコレが恒例となってますな。
 食後すぐに近くのガソリンスタンドによって、燃料の給油を行う。リッター121円って、地元より安い(近所で127円)ので、燃料ギリギリで来るのが恒例になりつつある気が…
 朝飯をノンビリ食ったり、燃料をチンタラ入れてたにも関わらず、会場に到着したのが8時半頃と、チト早すぎな気がする。
 さて、柏崎市産業文化会館は去年から耐震化工事があって、来て見たら…
耐震改修後の柏崎産業文化会館
 カラーリングが変わっており、結構カッコイイ感じですな。中は変わってたり、変わらなかったり…せめて洋式トイレ全部にウォシュレットを入れていただきたかった。
 金沢鉄道模型倶楽部のメンバーが来たはいいが、「前回ワンボックスじゃ荷物が入りきれない」と言って、4t長尺トラックで来た。どうも短尺トラックが無かった上、ナンバーが富山…あれ?金沢だよな?
 どうやら会場があいてたので、何故かその場にいた全員で、手伝っていた。というか、今回2名しか来なかったから、しかたないけど。

 今回はコレまで。次回に続くだべ。
posted by 島々な人 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

第929回 関西と柏崎の間には

 という訳で、今回から柏崎…と思ったのですが、原稿を考えるのがメンドウまあアフターデイズ的な何かをやります。

 都合28回も続いた関西シリーズ、お楽しみ頂けましたでしょうか。まあ吾輩の文章力が無いのは仕方ないとして、中休み的なヤツを考えてましたが、まあ柏崎が近いってので、そのまま一気に書き上げました。
 珍しく阪堺電気軌道に乗らなかった。まあ南海の難波駅が結構良い位置にあったせいもあります。それ以上に本数の減少が如何ともし難いってのが本音です。やはり最低でも15分ヘッドにしてもらいたいです。
 それ以上に酔っ払い1号・2号こと、多摩温泉電鉄氏とポンタ君が居なかったのが、グデグデ感減少の元ですな。多分例年以上に平和だった…
 まあウッカリ関西Nゲージでの宿泊者メンバーが抜けてたので、ここで書きますと…
  Black Junk氏(まとめ役)
  カメさん氏(飯田線田切駅を清掃する人)
  京急のポンタ氏(赤いあんちくしょうの関係者)
  ばっふぁ氏(喧嘩仲裁の実績多数)
 後は吾輩と、今書きだしても「これで平和じゃなきゃ、謎以外の何物でもない」レベルです。まあ代わりにBOSS君と金沢のO氏がいたらいたで問題ですが…
 もしこれで例年通りだったら、カメさん氏と京急のポンタ氏が抜け、多摩温泉電鉄氏とポンタ君が入る…うわぁ…一歩間違ったら、確実にBlack Junk氏の機嫌が悪くなるよ…
 まあ今年の場合、関西Nゲージ合同運転会の開催前週に、「ホビーセンターカトー」でイベントがあって、それが結構人が流れた感がありまして。
 もっともイベントの状況をBlack Junk氏に聞いたら…まぁ、そうなるな…まあある程度は察してたけど、そこまでとは…まあ書きませんが。(書ける立場じゃないし)

 去年なら関西と柏崎の間に、ひたちなかがあったのですが、勤務的に如何ともし難い状況なので、今年は断念した次第です。
 ついでに書くと、GW恒例の「ペアーハンズ」セールですが、やはり勤務の都合と、「ペアーハンズ」のブログとHPの乖離(判明が当日じゃねぇ…)があって、出遅れました。
 なのでコレといった物がなく、その後「明和模型」に行って、レベル社製B747−400を買った次第です。
 その後モノグラムなハセガワのB747−400を買ったのだが、比べてビックリ…まんまレベル製じゃねーかよ…まあモノグラムの合併先がレベルなので、「まぁ、そうなるわな」と納得。

 柏崎に向けて、飛行機を組んでいたのですが、まあドツボにはまり、手を出したのがこちら。
  A320(取説が行方知らず)元はレベルなハセガワANA仕様
  A330(デカール欠品)レベルのタイ国際航空仕様
  B777(デカール死亡)童友社の初期ロットANA仕様
  B787(唯一完品なやつ)どう見てもレベルな童友社JAL仕様
 無論全部完成に至らず…もっとも一番進んでるのが、デカール死亡のB777ですが。これもコレで如何にかせんとなぁ…別メーカーのデカールでもいいのですが、取り寄せるのがなぁ…
 とりあえず何とか台風シーズン真っ最中になった、岩手に間に合えばなぁ…と思ってる次第です。

 グデグデ書いた次回が、柏崎シリーズでございます。そろそろ原稿考えなきゃ。
posted by 島々な人 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

第928回 第18回関西Nゲージ合同運転会・その3

 前回からの続きにて。

 昼前に「ほか弁を買いに行くから、弁当いる人いるか?」と、食堂における昼飯の惨事に、手を上げる方が多かった。吾輩はチャレンジャーなので、本日も食堂へ行きまして、本日は定食を注文する。
ご飯おかわり自由付チキン南蛮定食食券
 3種類ある中から、チキン南蛮を選んだのは、まあ何となく「コレがいいや」と勢いで決めました。出てきたのがこちら。
どノーマルなチキン南蛮定食
 カレーとはうって変わって、ごく普通の定食が出てきました。味は味噌汁が前日と変わらず駄目な以外は、ごくごく普通の定食でした。
 ぶっちゃけ「カレーは味を隠す」と言われ、カレーが残念な店は全部駄目ってのはありますが、何故か定食が普通って…ある意味奇跡的な…なので次回あったら、定食以外食わない事にしよう。
 食後はゆるゆるとしており、本線系でBlack Junk氏が貨物新幹線を走らせ始めた。
カーブを往く貨物新幹線 カント区間を通過する貨物新幹線
 動力が鉄道コレクション用なのですが、まあ案外快調に走る事。やはり路面モジュール規格の25mmよか、本線系の33mmの方がカッコイイですな。
 そして14時半過ぎにチマチマと整理をしだし、そして15時となり閉会時間になる。閉会式が終わり、早々に撤収する。しかし今年から机の収容が変わり、時間が掛かるので、吾輩以下路面モジュール組は、15時半頃解散となりました。
 会場から武庫川団地前駅まで、Black Junk氏と歩きつつ談笑。武庫川団地前駅から阪神線に乗るのだが、来た電車がこちら。
去年のデジャブかはたまた奇跡の一翼か
 え〜と…去年と車両変わらねー!!まあある意味奇跡ってこんなのだろうなぁ…この電車に乗り、梅田駅からJR線に乗り換える。
 新大阪でBlack Junk氏が指定席券を買ったら、吾輩が乗る1本後だったそうな。そしてBlack Junk氏がお土産を買ってる最中は荷物を見張り、その後新幹線改札を通ったところで別れる。
 うっかり違うホームに行くミスをして、予定のホームへ行く。夕飯を買って、ホームで待ってた最中に、違うホームを見たら…
幸せの黄色い新幹線
 あああああ!ドクターイエローががが!!慌てて撮影して、Black Junk氏に電話しようとしたら…
Dr.イエロー発車
 出発していった。もうチョット早く気付いたらなぁ…こうして待ってると、博多側から「のぞみ」396号が入線してきた。
JR西日本仕様700系入線
 ヘタすると、最初で最後になりそうな、ノーマルな700系でございます。車内はやはりN700系や、N700A系と比べると、まあ見劣りはしますが、それでもナカナカなもの。
 車両に乗り込んで、しばらくするともう発車。発車時点で相当のお客さんが乗ってきて、京都でも相当乗ってきたので、この日の指定券が取り辛かった理由がよく分かった。
 新大阪を発車するなり、事前に買っておいて余ってたポテトチップスを食い始め、そのまま晩飯まで食ったので、京都を発車した後にはもう食事が終わる。
 その後は記憶が飛んで、気付いたら静岡県も中ほどだった。再度落ちたら、今度は小田原辺りで目が覚め、後はそのまま東京まで起きてました。
 東京で「あさま」627号に乗り継ぎ、高崎からは地元までの列車に乗り継ぐと、今シリーズ最後の電車が211系でした。
 地元駅に到着し、迎えの愚弟が運転する車を見たら…吾輩の車やん!!結局帰りは吾輩が運転するという、ある意味最後で変なオチがつきました。

 これにて関西シリーズ全日程は終了で候。次回は柏崎シリーズに…すぐ突入しようか悩んでる。(ヲイ)
posted by 島々な人 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西N合運 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

第927回 第18回関西Nゲージ合同運転会・その2

 次回作品は「柏崎トレインアトラクション`17」と予告をしたところで、前回からの続き。

 衝撃的な昼飯を食った後、Black Junk氏は3Dプリンターで作った、キットを組み立てていました。その足回りに使用してたのが、今は亡き河合商会(現在は車両ポポンデッタ・その他マイクロエース)製のタンク貨車。
 「本当はカトーのが良かった」とも言ったのですが、その後「プラ板から作れば良かった」と本人も認める位、タンク貨車の面影が無くなる位削り込む事に。
 塗装して組み立てていき、15時半位に完成したのがこちら。
変態の極みな車両・レール削正車
 「なんじゃこりゃ?」と思った方、正解です。(ヲイ)これは新幹線初期のレール削正車だそうで、只単に砥石を自重だけで削るという、残念極まりない仕様だったそうです。
 なにが残念って、やはり削れないってのが問題だったそうです。つーかよくまあこんな車両を作る気になったもので…(褒め言葉)
 これが出来た辺りで、買物に出かける。前年より近くにコンビニが出来たので、非常に便利。つーか何故今まで無かったのかが疑問である。
 買物から帰ったら、しばらくはノンビリして、17時頃に宿泊者ミーティングがあり、さらに晩飯となるのだが、未だ頼んだ弁当が来てなかった…
 10分位待たされて、やっと弁当が到着する。今回は駅弁ではなく、ほか弁にしたのが遅れた原因です。まあ毎度食ってた駅弁が、今回無かったのが原因ですが。
 食後に一旦会場へ向かい、荷物を持って宿泊室へ。荷物を置いたら、即刻風呂へ行くのだが、お風呂手前の廊下が暗い…幸い廊下手前のロビーに、内線電話機があったので、電話したら点灯しました。
 そして風呂場にたどり着き、入浴タイム。やはり3人位でお湯の出が悪くなる仕様で、人が少ないから何とかなるレベルですな。
 入浴後部屋に戻り、しばらくくつろいだら、別の部屋で談笑タイム。今年は残念のツートップ(多摩温泉電鉄氏とポンタ君)がいないし、北陸の関係者がいないから、まあ平和だった事。
 どんだけ平和かといえば、Black Junk氏が関西では珍しく温和だった。平和なまま談笑タイムがおわり、就寝となる。

 16日(日)は5時位に目が覚める。トイレに行って、二度寝をしたから、起床時間が微妙に曖昧。8時前に朝飯を取り、集合写真を撮影してから、2日目が始まる。
 荷物を一ヶ所にまとめて、例年恒例の会場内を探索。とはいえ他の新作等は、既に雑誌等に掲載されてるので、吾輩の目に付いたヤツだけを上げます。
 と言う訳で、「高槻Nゲージクラブ」へ行ったら…
コンパクトなLRTレイアウト
 よく完成品だけで組む、模型店調な路面電車レイアウトが鎮座してました。そして本線系は…
ウレタンフォームの山 造成中の山間地みたいな
 ベニヤ平原だったり、ウレタン山脈だったり、造成地だったり、完成してたりと多彩でした。(ヲイ)まあ他人の事をいえる立場じゃないですがね。
 とはいえ、ウレタン山脈は毎度見ても「スゴイ」と感心するわけでして。そして部屋に戻ってきて、路面モジュールのコーナーを撮影する。
史上最小な路面モジュールの島
 大地主が45k・あうし夫妻で、その次が吾輩って時点で、今回の規模をお察し下さい。

 今回はコレまで。次回ついに今年の関西シリーズ終了!!
posted by 島々な人 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西N合運 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

第926回 第18回関西Nゲージ合同運転会・その1

 流れ的には前回からの続きなのだが、5日目からは「第18回関西Nゲージ合同運転会」になりますよ〜。

 15日(土)はやはり7時頃起床して、朝食を食ってから身支度をして、部屋を出てチェックアウトする。そして南方駅に向かう最中に事件は起こった。
 西中島南方駅前を通り、南方駅へ向かう最中に、オッサンに止められる。何だとおもったら…
タイヤ破損…!
 タイヤが死んでました…orz…まあ兆候が無かった訳でなく、前にタイヤ側面のゴムが剥がれたのですが、この時点ではココまで悪化するとは思いもよらなかった。
 結局この外れたタイヤを回収し、タイヤなしで今回のイベントが終わるまで使用する事になる。つーか売ってる場所に行けないし。南方駅に到着し、今年最後の阪急電車は…
準急な5300系
 5300系の準急電車でした。そして梅田に到着し、まずは帰りの新幹線の座席指定を行う。
 前は御堂筋口にも窓口があったのですが、窓口が統合した上、自販機は混んでたので、そのまま中央口のみどりの窓口へ。
 なにも気にせず係員に、「え〜と「のぞみ」396号の一番後ろの席を」と言ったら、「コンセントが無いですが良いですか?」と尋ねてくる。
 どうやら当該列車は700系での運行らしい。700系に乗った事がないので、むしろ好都合。「かまわんよ」と言う。でもって「2人掛けは無いです」というので、まあ結局3人掛けの通路側になりました。
 切符を確保した後、阪神電車に乗るべく、阪神梅田駅へ向かう。今回はタイヤの都合で、甲子園まで向かい、バスに乗って移動する。甲子園駅でエレベーターに乗るのだが、よく見ると…
甲子園駅のエレベーターボタン
 ボタンが野球の硬式ボールの形をしてました。流石良いセンスをしておる。そしてバスに揺られて今年も「兵庫県立総合体育館」に到着。中が若干変わっておりまして…
液晶モニターに変わった案内板@兵庫県立総合体育館
 まず全部屋の総合案内板が手書きから、液晶モニターに化けてました。そして食堂は…
業者が変わって新装開店
 業者が変わっており、花輪が飾ってありました。今度の業者は如何なのか?まあ気になりますな。部屋に移動すると、未だ机すら配置してなかった。
 さらに和室でも変わったところがありまして、なんと今まで無かった、スリッパが配備されていました。サンダル持参したけど、持参しなくても良かったじゃないか。
 そしてここで衝撃の事実がばっふぁ氏より告げられる。なんとポンタ君が急遽来なくなったとの事。理由は…ぶっちゃけお見合いなのだが、お見合いのダブルヘッダーって聞いた事ないぞ?
 なので只でさえ多摩温泉電鉄氏が来ないから、グダグダ感が減ったのに、ポンタ君が来ないとなると…平和じゃないか!!(ヲイ)
 その後Black Junk氏が来て、机の運搬が始まる。サンダルとスリッパのおかげで、ホールにある机を取りに行くのに便利。
 45k・あうし夫妻が来た辺りで、机の場所を固定して、モジュールをユルユルと設置していく。今回はドッグボーンがないので、小判型のコースとなる。
 電源を設置して、車両をレールの上に乗せたら運転開始。今回は大量の車両を持ってくるので有名な、多摩温泉電鉄氏が居ないので、吾輩とばっふぁ氏、それに45k氏がテキトーに持ち寄った車両を使用する。
 動き出したので、昼飯を代わる代わる食べに行く。吾輩とBlack Junk氏が業者の代わった食堂へ行く。丁度定食が終わってて、残ってるのが豚丼かカレーのみ。
 Black Junk氏が豚丼だったので、吾輩はカレーを選択するのだが、出てきたのが…
カレーライスという名の何か
 如何考えてもカレーうどん用なレベルのサラサラ感。具は「何処のカレーパンですか」と思う位細かい。つーかペーストだろ?そして味は…薄すぎ…塩気も辛さも…
 その後Black Junk氏が「○×△□$#*カレー」(書けません)と評価してました。つーか冗談無くそんなレベル。今までで一番カレーじゃなかった。
 豚丼の方も味が薄かったらしく、Black Junk氏が一口食うなり、醤油を足しに席を離れる事態に。つーかそんなに濃い味好みじゃなさそうな人が、醤油を足すんだから、お察し下さい。
 味噌汁もまあ残念な状況で、唯一の救いはご飯が美味しくなってた事。つーかそれ以外が何故か駄目。まだ前の業者の方がマシか?
 多分近年稀にみる、昼飯が惨事なシリーズもそうそう無いでしょうなぁ…

 今回はコレまで。次回に続くけど、3・4日(土・日)は柏崎行ですので、最短で5日(月)までお待ち下さい。
posted by 島々な人 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西N合運 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする