2018年02月28日

第986回 今月の鉄道模型いじり@平成30年2月号

 いつもなら翌月分の枠に載せるのですが、今月も1日早めになりました。仕方ないよね。

 毎度おなじみ鉄道コレクション動力化の時間がやってまいりました。まあ最近は全然メーカー完成品を買ってないってオチですが。
 まずはウッカリ先月号に載せ忘れた、1月付で組み立てた物を。
栗原電鉄M15形
 栗原電鉄(くりはら田園鉄道)のM15形電車です。単行運転を考慮した結果、連結器はダミーとなってます。
鉄コレ6弾通常コンプリート
 そして2月に入ってからいじったのが、通常版第6弾です。
ダミーとナックル黒・灰
 連結器は連結運転を考慮しない者にはダミーを、連結運転があるものにはKATO製ナックルカプラーを使用してます。
シクレの岳南ステンレス
 そしてシークレットも遠慮なく動力化しております。
鉄コレ第6弾収容順序
 そして車両ケースに収容となるのですが、中のウレタンを毎度おなじみCASCO製12両用に変更。やはり裏には両面テープを貼りまくってます。
 スペースが1両余ってましたので、ケースに付属していた未塗装車体を入れておきます。
東武8000系クリーム塗装 TNカプラーは密自連型
 次が東武8000系で、加工は以前やったものと大差なし。
東武7300系第3編成完成
 さらに東武7300系電車が1本トレーラーで増備され、やっと3編成出揃う。後でケースを考えねばなぁ…
最北の路面電車・札幌市電250形
 最後に加工したのが札幌市電250形で、まあこれは動力化しただけ。本当ならシングルアームパンタグラフ車もあったのですが、ウッカリ動力を破損したので、早急に対策を練らねば…

 3月はどうなるかは今のところ未定です。まあ多分やって2〜3本位かなぁ?と言って、増えそうな悪寒。
posted by 島々な人 at 22:47| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

第985回 漫画を見て母校を語る

 諸般の都合…つーか近所に在庫皆無という事情により、とあるマンガ本を南米大河アマゾンから仕入れる事になった。

 本のタイトルは「うちのトコでは」第5巻で、大雑把に書けば「県民あるあるネタを大量にぶっ込んだ「秘密のケンミンSHOW」よか濃いマンガ」である。
 しかも違う県も絡むので、「秘密のケンミンSHOW」とは言い辛いか?まあお試しにリンク(大本のタイトルである「四国四兄弟」ですが)を貼っておきますので、読んでみるのも一考です。

 マンガの構成は前半4コマ漫画・後半歴史や史実の漫画で、4コマ漫画の方には、山の日制定のお話があって、その最後は笑えないネタが…
 後半の史実漫画は「青い目の人形」です。内容はネタバレしてしまうので、そんなに書きませんが。

 さて、このストーリーの中で、太平洋戦争で青い目の人形が次々と廃棄されていく中で、群馬県では倉庫の奥に隠すってのがあり、その後倉庫の掃除中に見つかるってのがあります。

 吾輩の出身小学校は県下はおろか、国内でも結構な伝統校で、明治5年に学制公布時に開校し、後の内閣総理大臣となる鈴木貫太郎先生がOBという、今考えるとスゴイ学校です。

 そんな伝統ある学校だったので、青い目の人形が来たのですが、まあその後はマンガ本とほぼ同じ感じで隠され、そして漫画のストーリーより後で見つかる。
 さらには吾輩が在学中に、2代目の青い目の人形が贈呈されるという、縁がございました。
 さて、その青い目の人形ですが、初代・2代目とも見たことあります。初代は当時学校横にあった、教育資料館で、2代目は学校で見た記憶が…

 そんな母校も近隣小学校と合併し、住所は出身小学校跡なのだが、吾輩が在学してた頃から「大地震来たら耐えられるのか?」レベルのボロ校舎だったので、とりあえずは合併先の学校跡に移転。
 出身小学校跡は校舎建替工事を行っており、来年度から移転との事。

 そして最後のオマケですが、出身小学校にはもう一人、有名人がOBとしています。その人の名は糸井重里氏で、どうも吾輩の母方の叔父が同級生なんてオチががが…

 次回は多分鉄道模型ですな。最近鉄道コレクションしかいじってない気が…
posted by 島々な人 at 23:29| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

第984回 島々な人のレトロ自販機飯バンザイ

 前に「最近吾輩的にブーム」と書いた、レトロ自販機飯なお話。

 さて、吾輩在住のグンマー帝国群馬県は、レトロ食品自販機ファン筋ではメッカでして、なにせレトロ食品自販機だけで、11軒も存在してる。しかも一時相当閉店してもこの数字。
 しかもうどんの自販機だけならそこそこ分布してるのに、トーストは何故か関東によってて、しかも群馬がその大半を占めてるから、メッカになる理由の1つでもある。
 そしてそのレトロ自販機を一番気に入ってるのが、鷹山右京君の奥さんで、うどん自販機のサイン柄Tシャツを買って着てる程の熱の入れよう。

 さて、昔「吾輩的模型屋事情シリーズに出てきた模型屋に行く時、ルートによってはそのレトロ食品自販機設置店が通り道上にある訳だ。
 親父殿が天に旅立たれてから、一人の時間が結構あるんですよ。親父殿が在命中は、親父の昼飯は大抵吾輩が用意したり、食いに行ったりしたもので、一人の時間があまり無かった。
 だから模型屋はしごついでに、昼飯をレトロ自販機飯で済ますってのが自然に増えました。ちなみに大まかな相関図を書きますと…

 ファーベル伊勢崎〜ペアーハンズ間「自販機食堂」「オレンジハット茂呂店」「ピットイン77太田店
 ペアーハンズ〜ネギシ模型間「オレンジハット太田藪塚店
 ペアーハンズ〜ファーベル佐野間「オレンジハット沖之郷店

 「ペアーハンズ」に行くと、高確率でレトロ食品自販機設置店へ行く罠ですな。ちなみに「ペアーハンズ」を「明和模型」に置き換えても、ほぼ大差なし。
 唯一「明和模型」(館林)〜「ファーベル佐野店」間だけは、「オレンジハット沖之郷店」へのルートから完全に外れるので、まあ無理ですが。
 ちなみに吾輩の自宅近くだと、うどんだけなら「オレンジ353」で、トースト付なら「コルソ高崎店」が近いです。
 でもって、県下のレトロ自販機設置店をほぼ制圧してしまったのだ。唯一行ってないのが、レトロ自販機ファンのメッカ中のメッカ、聖地である「丸美屋自販機コーナー」だけです。
 というのも、このお店だけが模型屋ルートに引っかからないお店で、ハッキリ書きますと、「食いに行くって意志がないと行き辛い」のだ。
 ついでに書くと、「阿久津ベンディング」は行ったことあるけど、トースト自販機設置前がほとんどだったりする…
 つーか、国道354号線バイパス全線開通&完全2車線化に伴う、「ペアーハンズ」行ルート一部改定で、しばらく寄らなくなったら設置って何?
 とはいえ、「阿久津ベンディング」はともかく、最後の1つを埋めねば、完全制覇とは謳えないのは明白。後日行こうかとおもいます。
posted by 島々な人 at 23:25| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする