2018年03月01日

第987回 トレーラーコレクションinCASCOケース

 2月は鉄道コレクションの他にも、トレーラーコレクションをいじってました。理由はまあそのままだと保管場所を食うので、使用体積の圧縮が目的です。
 とはいえ、純正の収容ケースはとうの昔に販売されたきりで、確保が困難…なので確保できる物でやるってのが条件。そしてCASCOさんのサイトにぶち当たり、収容施行の決断をする。
 まずは箱からトレーラーを出します。
箱から出したて
 この時点では、サイドバンパーが装着されてないので、サイドバンパーをつけることにする。
袋から出したサイドバンパーランナー付 サイドバンパー切り出し
 付属のサイドバンパーを取り出して、ランナーから切り出す。
トレーラーヘッドとトレーラーの分離 コンテナとシャーシに分離
 トレーラーを分離して、一旦シャーシとコンテナを分離する。その方がやりやすい気がする。
サイドバンパー取付中 サイドバンパー取付完成
 そしてシャーシにサイドバンパーを付ける。接着剤は使わなくても何とかなりそう。
積載方向注意 積載完了
 サイドバンパーを付けたら、シャーシにコンテナを再積載する。この際載せる方向があるので、間違えないようにしよう。吾輩はチョット失敗した。
トレーラーだけの写真 トレーラーコレクションの完成した姿
 で、元に戻す。サイドバンパーの有無で、見た目がかなり変わります。コレを12台分繰り返す。
40ftコンテナ群
 そしてCASCOのウレタンを加工して、収容する。加工方法は毎度おなじみ両面テープですが、連結器の逃げが無用になるので、その分をカットして両面テープで付けてしまう。
 とりあえず40ftコンテナを収容してますが、タンクトレーラーでもほぼ同じです。20ftコンテナは長さが違うので、その加工はまた後日。
 そして、この調子で別のも収容…と、言いたいけど、今度はケースが無い…正式には汎用の黒・シルバーだけが無くて、青やら臙脂等のカラー系しか在庫が無い。
 しかもこのカラー系は使いみちがほぼ確定しており、臙脂に至っては(メーカーの人の話を聴いた)再販の可能性が薄いらしいので、予定品以外は使えないし使えない。
 なので、ケースを買ってくるまで、しばらくは収容できないです…
posted by 島々な人 at 23:23| Comment(0) | 技術系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする