2018年09月30日

第1071回 今月の鉄道模型いじり@平成30年9月号その1

 いつもなら翌月分の枠に載せるのですが、今月は1日早めになりました。仕方ないよね。

 まずはここ数ヶ月はこれか別件(後述)しかやってない、鉄道コレクション動力化です。まずは…
富山ライトレール鉄道むすめラッピング
 富山ライトレールTLR0600形0602号「鉄道むすめ2017」ラッピング車です。まあ単に動力化しただけ。
富士急1000系分散クーラー型
 先月もいじってた富士急1000系で、今月も2本竣工する。先ずは分散クーラー型の1002号編成。
パンタグラフとクーラーユニットの隙間が…
 やり方は先月と同じですが、パンタグラフのアームが、分散クーラーに当たるギリギリ仕様…
エヴァンゲリオンラッピング車
 もう片方はエヴァンゲリオンラッピングで、実は一般販売してる謎。
カラー承認済み
 床板には「カラー」の文字があり、庵野秀明監督の会社承認済みのマークが、床板に堂々と書いてある仕様。
東武電気機関車2両目竣工
 以前にも載せた東武鉄道ED5060形の2両目がやっと竣工完了。
同じ製品なので差が無いのは当たり前
 加工内容が同じなので、並べても大差無し。後で「ペアーハンズ」で買った、ナンバープレートを貼る予定。何処しまったけ?(ヲイ)
鉄道コレクション通常版第22弾全車
 本年度では3セット目の通常版第22弾です。
国鉄荷物郵便気動車群 私鉄系気動車群その1 私鉄系気動車群その2
国鉄から私鉄へ移った車両群 第22弾のシークレット
 連結器は基本的に国鉄系ディーゼル車がTNカプラーで、私鉄系ディーゼル車はダミーにしました。
 国鉄系は結構加工数が多く、TNカプラーを入れるには、ボディーの爪を少々削らないと入らない…つーか元から爪からズレてる部分もあるから、結局削ったほうが良いです。
 ついでに加悦鉄道のキハ08は、TN化改造に必要な材料がなかったので、後日加工予定です。しかし無いと間抜け…
第22弾用収容ケース
 そして車両ケースに収容となるのですが、中のウレタンを毎度おなじみCASCO製12両用に変更。やはり裏には両面テープを貼りまくってます。
 シークレットが出ると、基本的にスペースが1両余ってましたので、ケースに付属していた未塗装車体を入れておきます。

 ちと9月は加工数が多すぎなので、次回に回します。
posted by 島々な人 at 20:58| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

第1070回 岩手鉄道フェスタ2018・帰宅まで編

 前回からの続きであって、今回で最終回の予定。

 今回のフェスタ1・2日目共通の動きなのですが、だいたい開始直後(10時)にさんてつくんが出てきて、30分かけて会場内外を回る。その1時間半位後でまたさんてつくんが出てくる。
 それを2時間1セット位な感じで3回行うと、だいたい丁度いい感じとなる。無論夜間運転にかぶりそうなら、ルートや出てくる時間の変更をして、危なくない様配慮する。
 夜間運転は、開始後1時間半後(11時半)に第一回夜間運転があって、10分間夜間で動かす。そして1時間半後の13時に第二回目が行われて、それを1日繰り返す。
 しかし2日目は16時終了なので、15時半に最後の夜間運転が行われる。
夜間運転の飛行場@JASなDC−10
 今年夜間運転を撮影したのが、その一番最後の夜間運転という、ちと少なすぎた。しかもDC−10を置く前を撮り忘れ、挙げ句に撮ったのが飛行機と、まあおマヌケですな。
 16時になり2日目の終了時間となる。事務局から閉会の挨拶後、そのまま撤収に入るのだが、まあ片付けるのが早いのは毎度おなじみの光景。
 撤収開始1時間後位で、新幹線の早い人はこの辺で帰宅する。そんな最中、王様がこんな物を持ってました。
変わり種のダンボール 秋田弁がギッシリなダンボール
 まあ秋田弁が書いてあるダンボールですな。これを王様と一緒に写すと…
秋田弁のダンボールを持つ王様
 怪しさ倍増です。(ヲイ)
 展示台と椅子が片付く頃、机を外経由で倉庫へ運搬すると、借りた物の返却が終わる。だいたい返却が終わると、自動車組が帰宅しだす。
 信号長Y氏は休日を余計に貰ったそうで、荷物を発送したら、前日まで泊まってたホテルへ戻り、翌日は「くりでんミュージアムにでも行こうか」と申してました。
 だいたいこの辺りで、新幹線先行隊を送迎した吉田電車氏が戻ってくるのだが、非常に悪い情報が流れる。なんと毎度夕食で使っていた、立ち食いそば屋の営業時間が変わり、本日は既に終了とのこと。
 なんてこった。その傍らでしきりに伽沈流君が「働き方改革だ」と言ってるが、それは全く違うわい。
 まあ駅の立ち食いそば屋って、この時間(17〜18時台)の主な客層って、だいたい部活帰りの学生率が高く、新幹線単独駅である水沢江刺駅で、学生なぞいる訳が無い。つーか見た事も無い。
 実際毎度この時間のお客ってそういなかったし、新幹線の車内販売で駅弁売ってる事もあるから、まあ「ついに来てしまったか…」が吾輩の本音。
 その後吉田電車氏の車で水沢江刺駅へ向かい、いつもなら蕎麦食ってるタイミングで、缶ビール等を買い込む吾輩。買ったら早々にホームへ移動する。
 ホームでは最初通過列車待ちが先にあるから、撮影して時間を潰す。

 その後「やまびこ」54号が入線してくる。
「やまびこ」54号水沢江刺駅入線中
 列車に乗るのは吾輩と伽沈流君、鉄火巻氏と相原秋海氏、それにBOSS君の計5名。列車に乗り込み、荷物置き場に荷物を置いたら、席に移動して、発車したら乾杯して談笑する。
 それからずっと喋りっぱなし。途中で落語家の話が出て、BOSS君が「五代目三遊亭円楽が在命なら「馬円楽」で、当代は「黒円楽」だ」って話をしてた。
 吾輩が「そりゃ三遊亭小遊三が口上で言ってたぞ」と返し、後でYou Tube見ろなんて言いました。版権の絡みもあるので、リンク先をここに貼っておく。(←クリックすれば移る)
 鉄火巻氏が東京まで向かうので、結局大宮には吾輩しか降りなかった。その後「あさま」629号に乗り換えるのだが、まあ腹減ってたので、パン買っておしまいにした。
 座席を確保したのはいいが、その後電話をしてる最中に取られるという、傑作なジョークを食らう羽目になりつつ、地元へ帰りました。

 コレにて岩手シリーズはおしまい。次回は多分いつものアレだな。
posted by 島々な人 at 21:05| Comment(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

第1069回 岩手鉄道フェスタ2018・2日目中盤まで編

 前回からの続きザマス。

 9時半頃会場入りし、早々に今回のレイアウト撮影。
18岩手レイアウトその1 18岩手レイアウトその2
 ついでに別角度でJASなDC−10を撮影。
JASなDC−10どアップ
 よく見ると、細かいところまでやってないですが、塗装と尾翼のマークだけで、もうJASなDC−10って感じですな。
 10時になり2日目開場時間と同時に、さんてつくんの第1運用開始。早々に…
さんてつくんとの記念撮影が終わった後
 お子様に捕まる。その後会場の外に出ると…
「へい坊や、よく来たな」感タダ漏れ
 何かだんでぃな格好をする。この日の5インチ鉄道は、前日沢田研二ライブ後の混乱で、少々破壊されてた様で、修理に追われてました。その後写真コーナーに行くと…
寝転ぶさんてつくん そろそろ起きようか?
 何故か寝てしまうさんてつくん。Black Junk氏に見せた今年写真で、一番ウケたのが上の写真でした。10時半を過ぎて、さんてつくん第1運用終了。
 その後会場内に戻り、車庫の様子を見てみたら…
建物出来たらもう1組伸ばすか?
 一応今回最大24本(信号長Y氏談)は動かせるのに、この車庫の在線状況。一体どれだけ持ってきたのやら…その後眠気覚まし用にここへ行く。
スターバックス 奥州水沢店
 去年はなかった、「スターバックス」でアイスコーヒーを買って飲みました。んでもって、コーヒー飲んでくつろいでから、さんてつくん第2運用を行う。
この格好が気に入ったようだ
 この時は寝なかった。ちなみにこの時5インチの方は、楕円形維持を断念して、行ったり来たりのコースに化けてました。
 さんてつくん第2運用が終わったら、昼飯を買いに向かう。本当なら寿司でも食おうかとおもったのですが、まあこの時点で12時半過ぎ…まあお察し下さい。
 なのでお土産(大量の南部せんべい)購入も兼ねて、2日連続で近所の「コープあてるい」でお買い物。
 だいたい2日間同じで、おにぎりセットにちょっとしたおかずを1品(1日目チーズスティック・2日目唐揚)、それに会場入口で売ってる、はまらん焼きを1個買う。
 買い物を終えて、お土産を台車近くに置いたら、控室まで行って昼飯を食う。
 こうしてダラダラしてたら、さんてつくん最終運用の時間に。この日は5インチ列車に乗らなかったせいか…
ダルさ加減が半端ない
 やさぐれるさんてつくん。案外これもBlack Junk氏にウケた。

 今回はコレまで。次回岩手シリーズ最終回。
posted by 島々な人 at 19:50| Comment(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

第1068回 岩手鉄道フェスタ2018・2日目朝のお散歩編

 夜のMVP決定戦開催に伴い、時間軸がズレましたので、前回の終わりからチョット時間が戻ります。

 16日(日)は7時頃起床する。まあ前日朝と同じで、とりあえず早々にシャワーを浴びて、その後朝飯となる。
 本日の朝食メニュー的に、パンだと案外合わない組み合わせだったので、ビジネスホテル系(東横インを除く)だと久しぶりにご飯を食った。卓上のふりかけを使ったのだが、まあなかなか良いふりかけ。
 食後は荷物を整理し、早々にチェックアウトをする。本日は寄り道…つーか昨日のゆうちょ銀行ATMが使えなかったから、その穴埋めですが。
 そのゆうちょ銀行へ行かなければならないが、荷物のうち一番重いノートPCをアキサ君に預け、会場まで持って行ってもらうことにする。
 しかし今回は全くノートPCいじってなかったなぁ…例年ならちったぁ使うのだが…原稿書かなかったのが一番の要因な気もするが。
 荷物を預け、トイレに行ってから、ホテルを後にすると、外はこんな感じ。
お祭り前の大通り
 まあ未だ道路の閉鎖を行ってないせいもあり、祭り前の設営すらやってない状況。そして「福福屋」の看板も…
本当は「水沢商人まつり」らしい
 商売っ気たっぷり。まあこれで「祭りで商売やらんでいつ稼ぐ?」な感じですが。さらに進むと…
しかし造形がムズい…
 前にも撮った気がするが、公衆トイレがレンガ調で、コレを再現なぞチト酷な構造。さらに進むと…
お祭りを全力でサポートする感満載
 祭り用品専門店か?結構ゴテゴテだが、前にあったっけ?まああったとしても、営業時間にマジマジと見てないものなぁ…未だ開店には時間がある…
水沢駅駅舎
 時間つぶしを兼ねて、一旦駅に行ってみた。
改札は発車10分前より
 ガッデム!時間がちと微妙!とおもったら…
一応フォークリフトがコンテナを持ち上げた図 フォークリフトがトラックにコンテナを載せる寸前
 ガッデム!!タイミング少々ズレた!!撮影してたら、丁度いい時間になったので、改めてゆうちょ銀行ATMまで向かう。道中には…
設置前の道路標識 年季の入った標識を支える鉄柱
 仮設用の道路標識が寝てました。所有者は水沢警察署で、一体何年物の標識なんだろうか?そしてバス停には…
バス停を2度通過する図
 迂回路のご案内。つーかこの図だと、水沢駅口バス停を2度通るのだが、2度とも乗降があるのだろうか?
 そして水沢郵便局に到着し、ATMでチョットだけ下ろす。金額は書かんが、まあ下ろした分使ったので、下ろして正解だった。
 さあ用事が済んだが、どのルートを通ろうかなぁ?スマホの地図見つつ、通ったのがこちら。
三本木踏切全景
 自転車・歩行者専用の踏切です。踏切から本線を覗くと…
荷捌きしてる貨車がチョット見える 時間調整中の上り貨物列車最後尾
 水沢駅が見えます。駅には上り貨物列車が時間調整で停車中と、荷捌きの真っ最中な貨車があるだけ。そして踏切が鳴動したので、カメラを構える。
701系盛岡編成
 光線的にまあまあな写真が撮れました。この後時間が開く為、早々に会場へと移動する。

 今回はコレまで。次回に続くようですよ。
posted by 島々な人 at 19:29| Comment(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

第1067回 岩手鉄道フェスタ2018・夜のMVP決定戦決勝

 (エコーの聞いた感じで)という訳で、全国10人(いるのか?)の夜のMVPファンの皆様。おまたせいたしました。
 平成最後の夜のMVP決定戦がはじまるよ〜。

 19時前位、奥州市水沢区のイタリアンレストラン「ナヴォーナ」には、宴会の為すでに相当人数が会場内にいた。本日も店舗貸し切りでの宴会なので、各々妙なテンションです。
 一番奥の席には、45k・あうし夫婦と北海氏等、比較的お酒を飲まない人が来たのだが、この場所に歴代王者の一人、多摩温泉電鉄氏がいた。
 今年度夜のMVP決定戦参戦者は、秋田代表王様氏と東京代表多摩温泉電鉄氏の2名が参戦し、無論優勝候補でもある。
 それ以外に千葉代表のアキサ君がいたのだが、どうもアキサくんは体調の関係で、参戦自粛…
 19時を過ぎ懇親会開始。幸い吾輩が座ってる場所には、ハマのダイソンこと伽沈流君、それにBOSS君もいない。それ以前にポンタ君が今回いない。
 この場所にいたのが、上海亭君だけだから、おつまみの減りが前回より緩やか。しかも結構海鮮系が出てたから、伽沈流君がいてもまあなんとかなった感じ。
 そして酔っ払った北海氏がカメラ談を始め、45k氏とあうし姐さんが食いつく展開に。ちなみに北海氏、この時点で結構飲んでます。
 21時頃になり、懇親会第1次分のお開きとなる。無論この後は二次会なので、移動開始となる。

 この時点でのアキサ君情報は、王様相当ベロベロだったそうで、そんなに飲んでる様子のない、多摩温泉電鉄氏とは対照的な感じ。これは王様がタイトル奪還か?
 しかし、この後伏兵が突如浮上してきた。

 二次会会場はいつものカラオケパブなのだが、駅前にカラオケボックスが出来てたのには驚いた。
 カラオケパブで乾杯が行われたが、いつもなら乾杯後食い気味に曲が入るのですが、今年は牽制し過ぎな感じでして、結局しばらく経ってから、曲が入りはじめる感じだった。
 今回カラオケで一番歌ったのが、何と伽沈流君。次が上海亭君と、意外性しかない。今年も吾輩の喉は2曲で撃沈。年々衰えてる感ががが…ちと鍛えにゃなぁ…
 二次会会場には、王様と多摩温泉電鉄氏、それにアキサ君がいたので、この3名で決戦…
 かとおもいきや、多摩温泉電鉄氏がカラオケを歌わなかった。王様もそんなに酷くはなかった。アキサ君に至っては、全然飲んでなかった。なんだこの流れ?
 そして二次会も2時間位で終了となり、近所のラーメン屋「おんでこ」へ向うのだが、既に相当なお客さんで店内は一杯だった。流石翌日お祭りがあるだけある。
 この時点で入店を諦めた、吾輩とBlack Junk氏、それにDC−10を作った人が近所のコンビニによって、その後ホテルへ帰投し、自室に戻って、早々に就寝となる。

 16日(日)朝、なんと伽沈流君がヘロヘロ状態で起きてきた。本人曰く、「カクテルを調子に乗ってガブガブ飲んだ」とのこと。
 カクテルって、一般的に何種類かのフレーバーと、これまた何種類かの酒をシェイクして作る。しかし飲む種類が多いと、酒の種類がごちゃまぜになるから、結構悪酔いしやすい。
 しかもカクテルには甘いのが結構多く、しかも甘いと案外飲めちゃうので、本当なら注意して飲まないと、酒の量はおろか、酒の種類も勝手に増えてしまうのだ。
 なので吾輩はなるべく酒の種類が2種類で収まるよう(ビールと焼酎だけとか)飲むのだが、酒の弱いはずの伽沈流君が、まさかのがぶ飲みコースとは…これは…まさかなぁ…
 さて会場に移動して、10時半の時点で控え室には…
既にグデグデ感タダ漏れな控室
 元王者多摩温泉電鉄とアキサ君がいたけど、まあ単に寝不足からくる感じだが…明らかに伽沈流君が撃沈モード。
新王者・伽沈流君寝姿
 11時過ぎについに決着。実行審議委員会(んな組織ねーよ!)での審議の結果、伽沈流君が新王者に決定しました。おめでとう。(なんでや?)

 以上18年度夜のMVP決定戦競争の結果でした。次回通常のイベント内容に戻ります。
posted by 島々な人 at 23:38| Comment(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

第1066回 岩手鉄道フェスタ2018・懇親会直前まで編

 前回からの続きじゃけのぅ。今回は実験付きなんだよね。

 さんてつくん第2運用が終わり、まあ一休みしちゃウロウロしてました。そんな中リハーサル室前の喫茶店では、こんな風景が広がってました。
お揃いのTシャツ×3
 スタッフさん?それともファンの人?聞けなかったよ…更には時間とか確認してたら、見知らぬ奥さんから、「チケット買ってもらえませんか?」なんて話が…
 ヲイヲイヲイ、吾輩の胸にある鉄道フェスタのスタッフ証見えんのかい?まあ今回のスタッフ証は地味で、分かり辛いってのもありましたが…
 その後その奥さんは、別の人の確保に成功したようで、割と早々にいなくなりました。まあチケット勿体無い事するよりマシですが、チョットダフ屋に見えた吾輩残念。
 そして15時頃さんてつくん最終運用に出発。前2回都合で乗りそびれた、5インチの列車に向かう。
さんてつくん5インチ列車待ち
 幸いなんとか動いてるようなので…
最早乗ると言うより寝るに等しい
 遠慮なく乗るさんてつくん。しかしいつものIGRいわて銀河鉄道ではない(話だと別件で来れなかった様です)ので、手付きが微妙に悪いのは仕方ない事です。つーか慣れてる方が問題かと…
 そして乗ってる客車がブルートレインな色合いなので、さんてつくんの乗り方も相まって、どう見ても寝台列車です。ホントありがとうございました。
 その後列車は出発。しかし機関車の調子が悪いせいもあり…まあ動画を貼り付けたので、見てください。

 この時間帯になると、来場者もだいたい普段どおりになったのだが、どうも子供の元気が微妙に無い感じ。流石に体育祭後で体力残ってたら、ある意味凄いことだが、この時は知らなかった。
 さんてつくん最終運用が終わり、会場内に戻ると、駐機場に変化があった。
日本エアシステムのDC−10
 コレは…DC−10じゃないか!しかも今は無き日本エアシステム(JAS)塗装…!
 話だと、Black Junk氏が保有していた、レベル社のKC−10(DC−10の米軍空中給油機型)を別の人に譲渡して、その人が原型に戻したそうな。しかしこの塗装のチョイス、なかなかセンスがありますな。
 そして17時となり、1日目の公開終了。その後はお楽しみタイムとなり、早速45k氏渾身のネタ炸裂。
空想と現実のおもしろ電車
 17m級旧型国電を国鉄通勤電車伝統の5色に塗り替え、たまたま最近販売され、たまたま会場にあった、103系おもしろ電車」との奇跡の並びです。
 本当は5色ちゃんとあったのですが、撮影機材(スマホだと光学ズームじゃないからねぇ)の関係でこれ以上引いては撮れなかったのが残念。
パッと見大仏にも見えるガンタンク
 そしてドサクサに紛れて(?)ガンタンクが配備されてました。何故かオリーブドラブ調ですが、まあこの色もありっちゃアリかと。
 1時間のお楽しみタイムが終わり、懇親会へ移動を兼ねて、ホテルへ戻る。この時乗ったのが、Black Junk氏の車ですが、何故か遠回りするオチ付き。
 ホテルへ戻り、荷物を早々に部屋に投げ込み、前日居酒屋に忘れたデジカメを回収して、慌てて郵便局へ駆け込む。
 この時持ち合いが少々心許ない状況だったので、現金をおろそうかとおもったのですが、ATMの営業時間が18時って…
 まあとりあえず本日分の必要分位はなんとかあったので、本日は諦める。明日の朝は別行動か…メンドクセぇ…
 ホテルへ一旦戻り、その後吾輩と合流した、KouChan氏とBOSS君、それに上海亭君で懇親会会場まで向かったのであった。

 次回岩手名物(ヲイ!)夜のMVP決定戦開催ですよ。
posted by 島々な人 at 23:48| Comment(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

第1065回 岩手鉄道フェスタ2018・1日目中盤まで編

 前回からの続きでありんす。

 9月15日土曜日午前10時丁度、1日目開場時間となる。
 普通この時間だと、そこそこ人がいるのだが、今日は妙に少ない…後で北海氏の話で判明するのだが、どうも奥州市内全域で体育祭が開催されてる模様。そりゃ少ないわな。
 そんな中、早々にさんてつくんが第1運用につく。早速外に出て、5インチの方へ行ったら…
軌道整備を見る為しゃがむさんてつくん
 一関工業高等専門学校の学生が悲鳴をあげながら、線路の設営をしていました。聞くところによると、機関車が謎のパワーダウンを起こし、勾配を登れないという状況で、軌道の水平に四苦八苦中。
 人もそんなにいないし、列車に乗れないのが寂しいのか、はたまたふてくされてるのか…
ロビーでくつろぐさんてつくん
 ロビーのシートでくつろぐ、さんてつくんであった。
 その後さんてつくんはホールへ戻るのだが、入口受付のところで…
ソユーズロケットとさんてつくん
 模型を見入ってた。ちなみに見入ってた模型は…
ソユーズロケットと本を読む上海亭君
 ソビエト連邦が誇る、ソユーズロケットです。後上海亭君、君はくつろぎ過ぎ。30分位周って第1運用終了し、次の運用時間を協議して、一旦控室へ行くと…
割と広範囲のお土産群
 毎年ながらお土産がわんさか。一休み後昼飯を買いに向かうのだが、案外時間がかかり、結局相当慌てて食った感じが…
 12時半頃になり、さんてつくん第2運用開始。ホールからリハーサル室を通ってる時だった。
 今年はジュリーこと沢田研二のライブがあるので、ロビーでの物販が出来ず、リハーサル室でやってたのだが、ここにあった車両部品をさんてつくんが…
汽笛を高々と持ち上げるさんてつくん
 「とったどー!」と言わんばかりに高々と持ち上げるさんてつくん。その後ロビーの方へ移動すると、既に当日券と好位置を求める沢田研二ファンがおりました。
 そんな中、さんてつくんが歩いて行くのですが、一部の例外を除き、視線が微妙に悪い…外に出ると、久しぶりに「はまらん焼き」が来ていたので…
「はまらん焼き」屋前で敬礼をするさんてつくん
 挨拶するさんてつくん。そして再度5インチの方へ行った見たら…
機関車修理現場を見るさんてつくん
 機関車謎の故障で修理の真っ最中。今回は華奢だなぁ…聞いたところ、どうも応急処置をしたが、調子はイマイチだそうで。その後会場へ戻るのだが、途中で…
長椅子でくつろぐさんてつくん
 休んでました。さらには…
新幹線を動かすさんてつくん
 ワンハンドル型パワーパックで、新幹線を動かしてました。こうして第2運用が終わる。

 今回はコレまで。次回に続くだべ。
posted by 島々な人 at 19:57| Comment(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

第1064回 岩手鉄道フェスタ2018・1日目開始前まで編

 前回からの続きにて候。

 Black Junk氏が到着した頃、一部人員が「宝島模型」へトレジャーハンティングへ行ったのだが、吾輩は行き損ねた。まあ今年はポンタ君がいなかったから。こうなると自動車が減る。
 とはいえ、Black Junk氏の自動車を動かすにも、大量に搭載している荷物をどかさねばならず、それを下ろすにもそれなりに要員が必要なんてオチが。
 今回の荷物の大半が、N本線系のヤード用がメインで、路面モジュール向けの荷物はと言えば…
Black Junk氏の資材
 まあこんなもの。写ってないものもありますが、大半が飛行機。しかもその飛行機展示用のモジュールが写ってないギャグ。
 そしてとりあえずグデグデ設営が続き、いつのまにやらいなくなった相原秋海氏と、切符確保で自動的に北上まで向かう羽目になる、伽沈流君が離脱する。
 Black Junk氏が路面モジュールの設営を優先したので、20時頃には路面モジュール組はほぼこの日の分の設営が終わる。
設営日の終わり頃の状況
 21時も近づき、ついにBlack Junk氏の要請で、ヤード組み立てへと向かう。無論この時残存要員の半分以上(6名位)でとっかかり、数の暴力で10分位で出来上がる。
 こうして設営が終わり、ホテルへ移動する。今年は日曜にお祭りがある都合で、ここ数年の宿が取れなかったので、「みすざわ北ホテル」となりました。
きたかみ北ホテル内
 3年ぶりにこの風景見たわ。荷物を置いて例年通りにホテル地下の「福福屋」で2時間宴会となる。
 今年はたまたまいた別行動隊と合流したせいもあり、15名位と大宴会。そしていつも以上のおつまみ消化に、あまり追いつかない配膳。ある意味お約束ですな。
 この時ウッカリデジカメを置き忘れるボケをかまし、解散となる。部屋に戻って即刻寝ました。

 15日(土)は7時前に起床する。起床して水分をとったら、まずシャワーを浴びて、その後朝食を食べに向かう。久しぶりにここで朝食を食うのだが、まあ相変わらず変わってないので、かえって良かったです。
 朝食後は部屋に戻って、荷物を整理してから出発する。この時点でやっとデジカメを忘れた事に気付き、まあ大慌て。
 幸いスマホじゃないから、どうにかなるけど、ブログ用写真の処理がメンドクセぇ…
 移動開始の時間となるのだが、ここで丁度バスの時間に遭遇したので、吾輩はバスに乗って移動する。車内は吾輩と上海亭君、それに伽沈流君と、巨漢しかおらん…
 バスは路線の都合で遠回りして、Zホール前バス停に到着する。
ZバスとZホール前バス停
 構図が去年と大差ないのは、撮る位置の都合ですな。会場入りすると、既に大地主の北海氏に、要の45k・あうし夫婦、それにKatsu氏とアキサ君も到着し、一気に仕上げに入る。
 9時半頃1日目の打ち合わせ兼朝礼が行われる。
 本日はジュリーこと沢田研二のライブ「70YEARS LIVE OLD GUYS ROCK」があるので、動線が一部閉鎖と、バイパス通路設置が行われた関係で、少々念入りに打ち合わせ。
 その沢田研二ライブ用のトラックがこちら。
沢田研二ライブ資材トラック
 案外ノーマル。ちなみに前に演歌歌手のトラックを見た事あるのだが、その時はデカデカと本人の写真が貼ってあった。誰だっけかが思い出せんのが残念。(ゑ?)
 そのまま機関士のたるにゃー氏と打ち合わせをして、さんてつくんを出すタイミングを決める。

 まもなく10時。さあ暑い2日間が始まるぜ。

 本日はコレまで。次回に続く也。
posted by 島々な人 at 21:23| Comment(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

第1063回 岩手鉄道フェスタ2018・設営日設営中まで編

 前回からの続きであーる!

 さて、水沢江刺に着いたは良いが、この時間バスが無い。いや、ちょっと待てば来るけど、水沢駅前行なので外れるし。
 なのでタクシーに乗って、地方経済活性化に貢献する。とはいえ、会場のZホールまでタクシーで1600円位な距離ですが。
 会場に入るなり、既に路面モジュール用とNゲージ第2本線用の区画に、展示台が設置済みで、今まさにHO本線用の展示台設置の真っ最中だった。そこからそっと手伝い開始。
 展示台を設営して、カーペットを敷いたら、今度は2tトラックのレンタカーが荷物を積んで到着する。
 どうも後で聞いたところ、「宝島模型」の2階やら倉庫に置いてあったモジュール群は、この度空き家対策等の絡みで、金ヶ崎の民家に置き場を変更したそうな。通りで「宝島模型」に行く話がなかった訳だ。
 荷物の下ろすと、汗ダラダラ。そりゃ仙台あたりで目が覚めた時、「日差しが暑いじぇ」とおもったし、タクシー乗車中にあった、道の温度計が10時頃で28度を指していた。
 慌てて給水に向かったら、こんなものを発見する。
機関車トーマスコンサートとは…
 うわぁ…タイミング悪けりゃ、うたのお兄さん・お姉さんショー以来の修羅場待ったなしやんか!
 もっとも、今回は土曜に隣の大ホールでコンサートがあって、来るのがジュリーこと沢田研二だったりする…これまたなんてタイミングだ?
 荷卸も一段落した頃、既に会場入りして設営の手伝いをしていた、信号長Y氏が吾輩の存在に気付く。気付くの遅いって。
 荷卸が終わった頃、ちょうどお昼時なので、昼飯を食べに出る。メンバーは吾輩と信号長Y氏、それに吉田電車氏の3名。場所はラーメン屋の「石川五右衛門」で、頼んだのが…
「石川五右衛門」のマーボーラーメン
 マーボーラーメンです。コレに餃子がついてます。なお信号長Y氏はマーボーハンで、吉田電車氏は五右衛門ラーメンという、辛口ラーメンだったので、全員辛口系を食いました。
 なので必然的に「暑い」とか、「辛い」と悲鳴を上げる(?)訳ですよ。マーボーラーメンなぞトロみがあるから、冷めにくいし。
 食後会場に戻り設営再開。その後相原秋海氏とKouChan氏、鉄火巻氏と伽沈流君、それに上海亭君が来て、各々準備に入る…
 んが、設営日は例年グダグダなので、早速ネタ大量投入。
上野駅にシンカリオン2機待機中
 「新幹線変形ロボ シンカリオン」があるのは所定になりつつあるし…
古典カタログの山
 古典カタログが出てくるのも、またお約束。撮影してないけど、吾輩は信号長Y氏に「何か良い富士急1000形の写真無い?」と聞いたら、そりゃもう大量の写真を見る状況に。
 その一方設営もすすんでおり、地下鉄区間用の車庫が完成。
路面電車と地下鉄の車庫群
 構造的な都合により、路面電車車庫横に地下鉄車庫が来たので、パッと見そこそこの車庫完成。
 でもって、例年ならここにヨッパライな多摩温泉電鉄氏がいるのだが、今回は荷物だけは来ており、本人は早々にキャンプしに行った…最近多摩温泉電鉄氏がキャンプバカまっしぐらに。
 なのでいつもなら早々に「Black Junk氏の現在地は何処だ?」と聞いてくる人…つーか多摩温泉電鉄氏以外いないけど、Black Junk氏に電話しなかった理由がこんな感じ。
 結局Black Junk氏はどうも前日午前様な上、寝起きが悪い方なので、出発が相当遅かった様で、18時過ぎに到着と遅めだった。
 一部が「宝島模型」へトレジャーハンティングに向かって、帰ってくる頃には本線系は既に遊んでました。無論こちらの車庫も…
未だ序の口な車庫在線状況
 相当車両が置かれてました。

 今回はコレまで。次回に続くのじゃ。
posted by 島々な人 at 23:44| Comment(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

第1062回 岩手鉄道フェスタ2018・設営日水沢江刺駅まで編

 9月15・16日(土・日)は、「奥州市文化会館(Zホール)」にて、「岩手鉄道模型仲間の会」主催の「鉄道フェスタ2018」が開催されました。そのレポなのだ。

 去年とほぼ同じ日程なのは、どうも会場の担当が無闇矢鱈と平等主義で、普通なら入場料を取らないイベントを優先って事をせず、平等にくじ引きになったそうな。
 そして「岩手鉄道模型仲間の会」の事務局長、希望日を尽く外すと言う、くじ引き運超絶悪いです。その結果がこの日程。
 一応吉田電車氏の前情報では、ここ数日そんなに暑くないらしい…怪しいなぁ…なので半袖と長袖を持って行く。この判断は正解だった。

 9月14日(金)は朝6時15分前頃に起床する。本当なら5分前に起床する予定だったのだが、送ってもらう予定の母親に時間前に叩き起こされる事になる。
 その為6時には自宅出発。結局相当早く駅に到着したものだから、朝食のマックを相当ノンビリ食ってました。
 改札を通り、高崎行の電車に乗り、移動開始。高崎で新幹線に乗換えるのだが、まあ予定より早い「Maxたにがわ」472号に乗る事になる。
高崎始発「Maxたにがわ」472号
 反対ホームには、「Maxたにがわ」400号がいた。
越後湯沢始発「Maxたにがわ」400号
 E7系に置き換えが発表され、そろそろこの絵も見納めが近くなってますな。「Maxたにがわ」号は定時に発車し、定時に大宮に到着する。
 大宮でキオスクによって、飲み物を買ってホームへ行くも、乗る予定の列車である、「はやぶさ」103号は…
列車3本通過待ち
 相当先。しかもこの撮影前に「はやぶさ・こまち」3号が(8時2分)発車したばかり。なので一本前の「やまびこ」205号を撮影する。
先発「やまびこ」205号
 その後上越・北陸新幹線を挟んで、やっと「はやぶさ」103号が到着する。
後発「はやぶさ」103号 「はやぶさ」103号盛岡行
 車両が同じだから、写真の使い回しに近いよな…使い回してませんが。
 さて、何故この列車になったかといえば、当初この前の列車である、「はやて」119号にしようかとおもったのだが、時刻表を見て、たまたま「はやぶさ」103号が目に入った。
 「はやぶさ」号だと、基本E5系かH5系なのですが、時刻表の編成表を見たら、17両編成ではないか。自動的にE6系が付いてくる。
 そういえば一度もE6系に乗った事がない…いや、乗った事あるが、職務で運転室だからノーカウント。なので即断でE6系の切符を確保したのは言うまでもない。
 14号車に乗り込み、荷物を置こうとしたら、隣の席のサラリーマンの大型トランクがあり、ストッパーが無いとの事なので、置く位置(吾輩通路側側)と座る位置(吾輩窓側)がズレるオチが発生した。
 その後は記憶がまあ飛びまして、気づいたら仙台手前。ここ数日睡眠時間短いからなぁ…結局320km/hをそんなに味わう事なく、仙台に到着する。
 先程の大型トランクを持ったサラリーマンが下車して、ついでに吾輩の位置を撮影する。
仙台駅と「はやぶさ」103号
 先頭まで微妙に遠い…そして在来線接続の都合で、チョット遅れて出発する。
 一ノ関駅で「はやぶさ」103号が「はやぶさ」5号に抜かれるという、仙台以北が各駅停車な「はやぶさ」103号が起こす、奇妙な現象を味わったら、水沢江刺に到着する。
水沢江刺駅のバス停
 バスが無いけど、如何しましょ?(ゑ?)

 本日はコレまで。次回に続く。
posted by 島々な人 at 22:43| Comment(0) | 岩手鉄道フェスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

第1061回 今月の鉄道模型いじり@平成30年8月号

 今現在岩手行きの関係でドタバタしてますが、一番の問題は服装を如何するかですな。今回も恒例の鉄道模型いじり編ですよ。

 まずはここ数ヶ月はこれか別件(後述)しかやってない、鉄道コレクション動力化です。まずは…
オレンジと白帯は一畑伝統色
 一畑電車1000系オレンジカラーです。前回のしまねっこ号2の別バージョンであって、本来の塗装…まあ本物は塗装じゃなくてラッピングフィルムですが…
妻面間抜け感が…
 内容は前回のしまねっこ号2と一緒。
ピンクが在来品で白が現行品
 この製品が出たあたりから、どうも内容物の変更(展示レールの付属取りやめ)に伴う箱サイズの変更があったようで、箱の厚さが薄くなってます。
上田はかつて真田氏の拠点です
 同じ東急1000系改造車から、上田電鉄6000系さなだどりーむ号です。
案外スッキリした屋根上
 こちらも加工内容がしまねっこ号2と同じなのですが、屋根の無線アンテナが無いから、加工の手間がチョット楽です。
富士急開業80周年記念塗装 マッターホルン・ゴッタルド鉄道提携塗装
 富士急1000系が2本加工しまして、青っぽいのが開業80周年記念塗装で、赤いのがマッターホルン号です。
シングルアームパンタグラフ化 中間はTNカプラー化
 以前やった京王カラーな1000系と異なり、パンタグラフがシングルアームになってます。メーカーはグリーンマックス社製。
東武リバイバル塗装第2弾
 動力化の最後はこのコーナーでよく出る、東武8000系で、今回はツートンカラーです。
ジャンパ線付け忘れて間抜けな状況
 以前のフライング東上号編成以降、ジャンパ線が着いてますが、この時見当たらなくて、付けなかったのだ。もっともまさかステッカーの裏に貼ってあるとは思わなかったよ…
分解清掃中の動力ユニット
 この合間に先輩所有の113系整備をやってました。どうもモーターが調子悪いと言ってましたが、バラしたらグリスが古かったので、とりあえず清掃してグリス塗布する。
 それでもモーターが古い(十数年位前の改良型だから少々新しい)から動きが微妙だったので、最終手段として各車の室内灯用集電板に、接点グリスを塗布したら、動きが良くなったので、そのまま納入する。
KATOの185系
 最後は185系の加工で、これも先輩所有の品で、最初は前照灯がおかしいと来たので、ばらしてみたら…
凄い落差 消えたウエイトとウエイト押え
 片方(上段)は現行製品で、単に導光用プリズムが外れてるだけだったのですが、もう片方(下段)は旧製品で、バラした時点で「これってジャンク品?」なレベルだった…
 なにせウエイトは無い、プリズムも無い、どうしてこうなった?果てしなく聞きたい。
全部光ってるように見えますが前照灯点灯中 全部光ってるように見えますが後部標識灯点灯中
 まあ片方(上段)のは単にプリズムが外れてただけなので、元に戻せばキレイに点灯…つーかこの製品特有の光漏れが激しい…

 ちなみにこの185系はこの後も加工がありまして、まあこれは来月のお楽しみって事で。
posted by 島々な人 at 19:09| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

第1060回 鉄道の夏〜後半戦・第19回JAMコンベンション編その終

 前回からの続きで、本日JAMコンベンションシリーズの最終回である。

 東京上野ラインで向かったのが尾久駅で、今年の打ち上げ会場の「華屋与兵衛 尾久店」で、実は吾輩が一番最初だった模様。
 その後経堂の親分等が来たので、一緒に入店する。その後主力部隊が到着して、この日もコースは豚しゃぶ食べ放題となる。
 主力が到着しても、なかなかポンタ君と北野工作所のオヤジさんが来なかったので、シビレを切らしてスタートする。
 肝心のしゃぶしゃぶですが、人数が人数(10人以上はいた)だけに、凄い勢いで食べ物が消えていく。本当ならすき焼き調なタレ用の卵すら、卵かけご飯と化す始末。
 最初店員さんに「今日はバラ肉しかない」と言われたが、結局ロース肉もあったようで、最後までバラ肉とロース肉をいただけたりする。何で誤認したのか…
 その後ポンタ君と北野工作所のオヤジさんが到着し、さらに肉と水菜の消費量が増えていく。水菜は主にポンタ君が食ってて、本人曰く「ハリハリ鍋っぽくなる」との事。
 そろそろ終電時間が怪しくなった頃、宴会はお開きとなる。
 吾輩と経堂の親分、それに北野工作所のオヤジさんで尾久駅まで向かう。時間的に東京上野ラインが無くて、上野止まりの列車しかない。まあ仕方ないけど。
 先ずはこれで上野まで出る。その後京浜東北線に乗り、経堂の親分が途中で別れると、後は吾輩と北野工作所のオヤジさんとのサシで談笑が続く。
 北野工作所のオヤジさんが蒲田で下車すると、吾輩も川崎で下車してホテルへ戻る。部屋に戻ると、そのまま就寝となる。

 20日(月)は7時位に目が覚める。起きてしばらくしてからシャワーを浴び、朝食を食べに「ベーカリーLOAF」へ向かう。
 どうも平日は朝食コースがある様で、前日とほぼ一緒の品揃えだと、相当余る結果になる。なので慌ててジュースを追加する。
 朝食を食った後は、部屋に戻って帰る支度をする。準備を終えてチェックアウトすると、川崎駅に向かい東京上野ラインに乗車する。
 東京駅で下車して、新幹線の切符を買って新幹線ホームへ。ちょうどいい列車があった。
「あさま」665号
 「あさま」665号で、どうも番号的に予定臨時列車っぽい。これで高崎まで一気に向かい、その後地元駅まで戻る。
 そして駐車場で荷物を載せたら、先ずは昼飯を食べに向かう。最近お気に入りのお店でつけ麺を食う。
 これで自宅まで…と言いたいけど、所用で模型屋に向かって、結局戻ったのが午後もいい時間になってました。

 コレにてJAMコンベンションシリーズはおしまい。次回はいつものネタを挟んで、岩手シリーズになるかな?まあ未定。
posted by 島々な人 at 18:31| Comment(0) | JAMコンベンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

第1059回 鉄道の夏〜後半戦・第19回JAMコンベンション編その12

 前回からの続きであった。

 会場内を周ってきてから、時々多摩温泉電鉄氏のブースで休んじゃ、捜し物を繰り返すようになる。まあ時間が未だあるから、暇っちゃ暇なんだよなぁ…
 と、おもったら、そういえば着払い伝票を未だ貰ってない事に気付く。化け猫氏の話だと、東棟内のコンビニにあるとの事なので、早速5枚ほど頂きに向かう。
 着払い伝票を受領すると、不足分が出たブースに向かい、足らない分を引き渡す。これで伝票は行き渡った筈。
 その後何となくバックヤードの方へ向かい、バックヤードの駐車場を見たら…
「松屋」の移動調理車
 「松屋」の移動調理車がありました。吾輩初めて見たぜ。その後自販機を見たら…
今年は買えなかった
 ええ、いつもならこの時期まで普通に買えた、コミケの残り物が完全に売り切れてましたよ。その後もウロウロしたり、休んだりを繰り返しつつ、時間を潰す。
 17時15分前位から、早々に荷物整理を行い、その後本業(?)の荷物取次業の準備を行う。
手書きの荷物取扱案内
 今年はウッカリ印刷してこなかったから、前日手書きで書きました。「案外うまく出来たかなぁ?」な感じです。
 17時になり、3日間のイベントが終了となり、撤収の時間となりました。宅配便荷物取次の他、机の撤収も兼ねてるので、まあそこそこ忙しい。
 その後シャッターが開き、搬出用の自動車が続々と入ってくるのだが、ここで本日一番のネタが投入される。
最後にして最大のネタ
 まあフォルクスワーゲンなのはわかるが、このヘッドマークは如何手に入れた?つーか如何やってセットした?
 宅配便搬送用のポンタカーが会場内に入り、荷物を積載していく。コレがまた案外手間かかっており、何度かドアが閉まらない状況が続く。
 やっとドアが閉まったら、荷物配送センターへ向う。まあ最寄りが都営バス深川営業所やら、京成バス東雲車庫と、案外バスに縁がある場所です。
 荷物配送センターに着いたら、荷物を台車に載せ替え、受付で発送手続きを行う。
 で、その際伝票に記載漏れがあった。何と電話番号が抜けてた。そんな間抜けなのが「鉄道模型の店 亀屋」さんです。2年ぶり2社目の当ブログさらし首の刑に処す。
 電話番号を聞き出そうと、化け猫氏に電話したら、「未だ荷物があるぞ〜」との事なので、ポンタくんを会場に戻らせ、吾輩はひたすら受付での発送手続きを行う。
 結局電話番号はホームページを見て確認。吾輩が書き直してから手続きをする。
 発送手続きが終わり、第2便が来るのを待ってると、係員より「トラックが来るから、さっきの場所に止めないでね」と言われる。実はさっきトラックヤードまで進入してました。
 しばらく待つと、車が2台やってきた。どうも片方は「ワンマイルモデルアイコン」の関係者で、荷物を取り下ろして発送手続きをするのだが…
 ちょっとした問題発生。何とダンボールが弱っている物があり、係員が「補強した方が良いです」と泣いてきた。そのメーカーは「トレジャータウン」さんでした。
 結局ワンマイルの人に頼み、テープで補強して事なきを得る。全くまさか3社目の当ブログさらし首の刑とは…
 まあ手続きに時間がかかるので、吾輩は一足先に打ち上げ会場まで移動する事になる。幸い2台目の車で近隣の東雲駅まで送って頂いた。
 東雲駅からの移動コースは、何を考えたかりんかい線で大井町まで向かい、その後京浜東北線に乗って、新橋で東京上野ラインに乗換えなんてルートでした。

 チョット長くなったから、今回はコレまで。次回最終回の見込み。
posted by 島々な人 at 20:59| Comment(0) | JAMコンベンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

第1058回 鉄道の夏〜後半戦・第19回JAMコンベンション編その11

 このシリーズが書き終わるまでに、岩手シリーズがダブらず逃げ切るか否か、チキンレースの始まりな前回からの続き。

 さあ展示コーナーもあともう少しだ。
横浜マリンタワーっぽい
 「芝浦工業大学付属中学高等学校鉄道研究部」にも高い建物がありました。こっちは感じからして横浜マリンタワーっぽい。
パッと見昭和レトロ感漂うレイアウト
 今回一番ネタが多かったのが、「黒柳鉄道」で、パッと見普通なのだが…
893のメンチ切り合い
 893の闘争っぽい状況があったり…
電気運転路線でティンバートレッスルって…
 電化鉄道橋がティンバートレッスル橋だったり…
火災現場?
 火災出動があったり…
釣り堀はイルカショーコーナーに非ず
 釣り堀にイルカが居たりする。しかも…
お寒いオヤジギャグ炸裂
 ダジャレ付き。需要あるのか?次が「ポッポ屋」で…
日本国鉄の客車列車とソ連なミサイル 列車砲と軍事輸送列車
 隣の客車列車が完全に霞んで見える、大型ロケット搭載車と列車砲。
 他にもあったのですが、興味を引いたのがこれで最後…って、ウッカリ最初の方にあった、「結伝社」さんを忘れてた。慌てて撮りに行くと…
相変わらずの「ラブライブ!サンシャイン!!」押し
 まあ例年通りですな。さらに「TSUKURIBITO」のブースに立ち寄ると…
何気に篠原重工のバス付き
 特車二課庁舎に零式レイバーが鎮座してました。今年のプラレールのゾーンには、「新幹線変形ロボ シンカリオン」があったのですが、写真ブレブレ祭り開催の為、掲載断念。(ヲイ)
小倉あんは京急2100形似 クリームは東武50000系似
 昼飯時になり、本日はコンビニで適当に買って食った後、「くりこ庵」のたい焼きを頂く。まあ普通のアンコとクリーム味です。
少し古めの青函連絡船 車載客船と車両渡船 可動桟橋付き
 午後はLゲージを撮り忘れてた事に気付き、今回のお気に入りがこちらの青函連絡船なレゴ。
 これで会場内の写真撮り忘れは無い。多分…

 今回はコレまで。次回に続くのだが、次回で終わるかなぁ…
posted by 島々な人 at 21:26| Comment(0) | JAMコンベンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

第1057回 鉄道の夏〜後半戦・第19回JAMコンベンション編その10

 そろそろ予約投稿を考えださねばならない、そんな前回からの続き。

 前回終わり辺りから、会場内をやっと半周した次第。
一応電気駆動の蒸気機関車 DD16っぽいヤツとSL DD16に引かれる103系旧仙石線色
 「Hitrack」は5インチゲージで、一応信号機がついてるけど、吾輩が見てる限り、信号現示にしたがってない方が多かった気が…
ちっこいクモル
 一番小さいのが、クモル145っぽいヤツで、台車分位しかない。
製作途中のDF200ディーゼル機関車 下回りや内部の構造
 製作途中のDF200で、台枠自体の重量感が半端ない。そして何故本物の汽笛がある?
鎌倉ものがたり調レイアウト
 「M8(エムハチ)」では、「鎌倉ものがたり」をモチーフとしたレイアウトや…
となりのトトロ調レイアウト
 「となりのトトロ」をモチーフとしたレイアウトがあったり…
モアイ像なレイアウト
 いきなりイースター島のモアイ像があったり…
雪国の風景レイアウト
 北国のレイアウトがありました。ちなみにこの題名が「北の酒場通り」って…
北海道の演習?
 「渋谷区立代々木中学校鉄道研究部」から1つだけ。北海道の自衛隊演習ならありえ…る訳ゃないか。(ヲイ)
北海道の演習?
 「M’sモロマネUnited」では、札幌を再現したレイアウトがあり…
札幌市内圧縮レイアウト
 あのタイヤ式のは如何再現してるかと思えば…
タイヤ軌道は専用軌道で代用
 やはりTomixの併用軌道でした。次の「Nゲージで作る鉱山(ヤマ)の鉄道」では…
感じがセメント鉱山 ベンチカット採鉱
 ブース名通りのレイアウトがありました。感じが何か太平洋セメント藤原工場か三輪鉱業所っぽかったり…
北海道の炭鉱調 石炭荷卸場な建物
 北海道の夕張辺りにありそうな感じの、そんな構成でした。
米山駅モジュール
 「奥利根鉄道倶楽部」では、信越本線米山駅のモジュールがありましたが、コレって奥利根じゃない気が…
梅小路蒸気機関車館の扇形機関庫 客車が以前の車両なのが良い
 次の「TOYPOOOM」には、梅小路蒸気機関車館を再現したレイアウトがあり、客車もちゃんとあるのが良い。

 ちと捲り気味ですが、キリがいいから今回はコレまで。次回に続くのね。
posted by 島々な人 at 22:22| Comment(0) | JAMコンベンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

第1056回 鉄道の夏〜後半戦・第19回JAMコンベンション編その9

 前回からの続きじゃけぇ。

 しかしコレでも未だ東ゾーン周りきってないという、流れの悪さの中、次のブースは「多摩あかつき鉄道」です。
スタンプコンプリート
 いきなり「鉄道むすめ」のスタンプラリー台紙、しかも完全コンプリートとこれはまあイイとして…
アクリルキーチェーンコンプリート
 まさか限定品のアクリルキーチェーンまで揃ってやんの。確か売ってる場所とスタンプ場所違う会社があった筈だが…
剥き身のワンハンドルマスコン
 何処の物だか知りませんが、ワンハンドルマスコンの操作部と、スイッチ部がありました。
UFOキャッチャーの景品?
 ここも「けものフレンズ」があったのですが、単にぬいぐるみがあるだけでした。
今年は過去最多の6線運転
 やっと来たのが「多摩温泉電鉄」のブース。今年は過去最多の見学客が見てました。
P−3Cとヘリコプター
 何故かP−3Cが飾ってありました。出来からして「技MIX」シリーズです。
多摩温泉電鉄ブース全体図
 例年こんな感じで操作してます。もっとも本線系は殆どDCC化されてますが。
反射で見辛いけどメーテル
 前からネタの供出にご尽力(?)されてる、「國學院大學鉄道研究部OB会」で、まさかの「銀河鉄道999」のメーテル。
ガオガイガー マイトガイン
 さらには「勇者王ガオガイガー」や「勇者特急マイトガイン」が鎮座しており、各々「けいおん!」調なフォントの看板を持ってる、カオス感満載な状況。
赤い彗星と赤い南海ラピート
 おまけに「機動戦士ガンダム」のシャア・アズナブルがこっそり。
レコードプレーヤーなレイアウト
 まあ鉄道模型もヘンテコで、レコードプレーヤーを使ったレイアウトがありました。
「アタック25」かよ!
 そしてこのネタである。ご丁寧にナンバーが「25」だったり、ローマ字部が「アタックチャンス」になってたりと、芸が無駄に細かい。
カプセルプラレールな銀河鉄道と箱根登山鉄道
 「八王子電鉄」では、カプセルプラレールがあって…
北海道の軽便鉄道なレイアウト Nゲージレイアウトもあるよ 飾りレイアウト群
 それを使ったレイアウトも展示してました。
同じ車両がサイズ豊富に揃ってる
 そしてこのゼンマイチックなトラムが多数展示してあります。

 キリがいいから今回はコレまで。次回に続くのデース。
posted by 島々な人 at 17:05| Comment(0) | JAMコンベンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

第1055回 鉄道の夏〜後半戦・第19回JAMコンベンション編その8

 何かこの調子だと、岩手シリーズとダブりそうな、そんな前回からの続きでござ〜る。

 会場内散策の続きでして、「うみ電★やま電」では…
拡張工事が大変だった塔ノ沢駅
 「やま電」こと箱根登山鉄道のモジュールが進んでます。まずは塔ノ沢駅
完成後足場が流れた早川橋梁
 続いて早川橋梁で、日本最古の鉄橋にして、観光名所としても有名な鉄橋。
山中にある出川信号場
 箱根登山鉄道の箱根湯本〜強羅駅間は勾配対策でスイッチバックを採用しており、場所によっては駅ではなく、信号場でエンド・列車交換をする。その一つが出山信号場です。
箱根の山が険しい件
 引込沢橋梁は、この区間の高低差がよく分かるモジュールです。一般道がこんなに高低差あるモジュールも珍しい。
大平台駅全景 大平台駅駅舎と国道1号線
 大平台駅はスイッチバック駅の一つで、駅前の国道1号線の混雑ぶりが、人気観光地のさだめである。
かつて見た気がある光景
 「自由環状線・まぼろしライン」では、何故か生花が山盛り。ここでプランターモジュールを作ったパラストン氏を思いついた方、T−Trak Network古参級の人です。(ヲイ)
新宿パークタワーっぽい建物
 今回初の高層ビルで、子供くらいの背丈があります。
ジャパリパーク線?
 ここにもアニメネタがあり、まずは「けものフレンズ」から。どうも何処かに壬生くれは氏の作品が混ざってるらしい。
あんこうチーム勢揃い
 こちらは「ガールズ&パンツァー」ですな。もっとも戦車が少ないのがチト残念。(何でや?)
混ざり過ぎて分からん 四号戦車とジャパリバス ウィラーが大人しく見える罠
 そして「けものフレンズ」と「ガールズ&パンツァー」が現実に混ざり、境界が曖昧になる。
アメリカ型機関車っぽいSDF戦闘車両 24系っぽいSDF車両 武装がゴテゴテ
 最後は「銀河鉄道物語」な武装列車が登場。もっとも車両がアメリカのディーゼル機関車と、日本国鉄の24系なので、確か作品には無い車両だった筈…
チョットピントがボヤけた渋川駅 渋川駅はこんな形してません
 「上州モントレーライン」では、地元民が違和感感じたら勝ちな渋川駅や…
岩本駅全景 現在の岩本駅駅舎
 建替え後の岩本駅モジュールがありました。

 キリがいいから今回はコレまで。次回に続くらしいっす。
posted by 島々な人 at 21:25| Comment(0) | JAMコンベンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

第1054回 鉄道の夏〜後半戦・第19回JAMコンベンション編その7

 前回からの続きにょろ。

 引き続き「TSUKURIBITO」のブースを見て回る。
何の表彰だ?
 「何だ?この表彰状は?」とおもったら…
ヲイヲイ…
 どうもネタっぽい。つーか北野工作所ぇ…
浮島町あたりな感じ
 石油化学コンビナートの一角っぽいモジュール。なんか川崎あたり感が漂う。
廃墟群とオーシャン
 廃墟の中を走ったり、水中を走ったり…廃墟はC62+旧型客車が走れば、「さよなら銀河鉄道999」のワンシーンみたいですな。
 そーいや昔パラストン氏がガチで水中を走らそうとしてたなぁ…
能勢電鉄鼓滝駅モジュール
 能勢電鉄鼓滝駅モジュールで、さっきの北野工作所賞はコレが受賞してた。これでやっと「TSUKURIBITO」を離れ、次は販売ブースの一角、「鉄太郎電鉄」にあったコレ。
5インチ級EF65PF形
 ちとボヤけ気味ですが、5インチのEF65PF形が鎮座してました。次の「IHTモジュール倶楽部−900」では、ある意味ネタ満載。
シンカリオンE5はやぶさ
 はい、「新幹線変形ロボ シンカリオン」でございます。これはある意味序の口で、その隣には…
使徒襲来というか、ゴジラ襲来じゃねーか!
 最早「混ざった危険!」としか言えない…詳細はと言うと…
エヴァ初号機
 先ずはエヴァンゲリヲン初号機がいまして…
寝てる感じな零号機
 零号機が戦闘不能状態な感じですな。
蒲田上陸形態のゴジラ
 蒲田上陸あたりのシン・ゴジラと、庵野秀明ワールド満載。
遠方(?)より狙撃準備中(?)の弐号機
 チョット離れた場所に、弐号機がいるので、まあTV版的には揃ってる。
 しかしお台場にガンダムが出た頃から、この手の作品がそこそこの確率で出てます。一昔前に「RM MODELS」で、「ロボットは置かない方が良い」とあったけど、今は遠慮なくやってる感じですな。

 良いぞもっとやれ。(ヲイ)

 写真枚数的にちょうどいいから今回はコレまで。次回に続くにゃしぃ。
posted by 島々な人 at 18:20| Comment(0) | JAMコンベンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする