2018年12月31日

第1091回 とりあえず今年の総括@平成30年

 今年も後僅かになりました。

 今年は数年ぶりに大晦日出勤元旦明け、2日出勤3日明けという、年末年始手当ほぼフルセットでもらえる勤務です…全く年休入れた人のとばっちりがエライ事になったなぁ…
 なのでコレは予約投稿だったりする。

 まあ今年も彼方此方に出かけ、4月の関西Nゲージ合同運転会絡みの旅が、相変わらず大作ですし、岩手鉄道フェスタはついに夜のMVPに新王者誕生なんてネタがありましたなぁ…
 一番の件は組合文化祭やるやらない問題でしたが。

 ブログの方は、ほぼ紀行モノやら、イベントレポがメイン…まあ今年はそこそこ模型をいじってましたが、完成に至らないってのが毎度の事でちと問題。
 Nゲージ完成品や、鉄道コレクションに手を入れるネタが案外多かったり、ついにはジャンク再生ネタと、模型関係については、充実した1年だったとおもいます。
 来年も可能なら車両の完成とか、路面モジュールの進行が進めばとおもいます。

 来年は平和かつ良き年になる様、祈念しつつ良いお年をお迎え下さい。

 …つーか来年平成最後の元旦か…何の縁なんだか。
posted by 島々な人 at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

第1090回 本棚更新

 そろそろ今年も終わりだというのに、忙しくてブログを上げてる暇がない。しかも11月はレールを磨いたっきりで、書く事があまりない… 

 さて話は変わって、吾輩はそこそこマンガ本を持ってるのだが、それを収容する本棚がちと問題あり。何せCD用やら文庫本用やらに無理矢理単行本を詰めて、さらにその棚を三段重ねして、計7段に。
 しかもその上にはダンボールで1段追加してあり、合計8段の危なっかしい本棚が完成。危なっかしいのだが、先の大震災とか地元で震度5弱でた時は何故か持ちこたえる謎。
 それでも足らないから、移動式ラックが2台購入して、それに四コマ漫画の単行本を詰めるのだが、こちらも蔵書がパンパンで、挙げ句にゃ片方の上にはやはりダンボールで1段足す始末。
 しかしここ数年そこそこ蔵書が増え、さらに場所によっては本を入れる上下間隔が狭く、単行本のサイズによっては入らないなんて事態もあり、すでに収容能力は限界…
 なのでこれ以上入れるにゃ、一部蔵書の放出を含め、根本的に変えないと無理な事態になる。

 ここで単行本でも四コマ漫画や、小型同人誌に使用されてるA5版の方は、蔵書見直しと使用してない本棚の再活用で何とか…でも多少足らないので、ダンボール使用する羽目にはなったが、まあ今まで4箱使用していた事を考えると、2箱に減らせた分マシ。
 もっともこの本棚、吾輩の母方祖父(家具職人)の遺品らしい…確か聞いたことあるのだが、まあ本人が作ったかは曖昧なのですが、まあそれなりに頑丈なので多分祖父の作品だとおもう。

 しかし一番の問題は普通の単行本系列で、削減はほぼ無くて、入れる余裕がほぼほぼ無い状況に…「これじゃイカン」と、ここに至り本棚の更新を計画する。
 条件はタンスの横に置くから幅は60cmで、高さは単行本が8段入れられる位なので、大体180cm位。予算はまあ安けりゃ良いが、場合によっては高額出費も辞さない感じ。
 先ずは近所のホームセンターに行ってみるが、まあこちらの考えてる商品は皆無に等しく、あっても特注品なので、まあ後回し確定。
 でもって「ニトリ」に行ってみると、一応あるにはあるが、何か一長一短…
 幅がタンスの横に置くから、60cm級のが欲しいが、何故か4段しかなく、8段だと売ってたのが33cm…
 「何かもうチョイ良いの無いかなぁ?」と、ネットサーフィンすると…有るじゃないか。行き当たったのは、「楽天市場」内の「家具衛門」にて取り扱ってる薄型本棚でした。
 早速購入手配を取り、コンビニ決済で支払いをして2日後に商品到着。組み立てはほぼ一人でやったのだが、流石に上下段連結をする時は、母親の手を借りる羽目に。
 上下段分割しているけど、連結方法がダボ木にロックピン、さらには連結金具と強度抜群。最下段は幅広なので、本棚自体の転倒も以前より大幅に軽減して、「何故今までコレに行き着かなかったのか」と思う位。
 蔵書を一斉に本棚に収容すると、何とか全部入りました。残りスペースが十数冊位と、ホントギリギリですが…

 その後はそのまま例年恒例の大掃除に時間がかかり、現在に至る…と。さて、次回書く暇あるのか?
posted by 島々な人 at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする