2019年01月16日

第1095回 Tomix製ポイントスイッチバネを交換と考察

 さて、前々回でレールとパワーパックがKATOとTomixがあって、吾輩は両者持ってると書いた。
 しかしポイントに限って言えば、実はTomixしか持ってない。KATOは皆無で、本当は路面用ポイントが欲しいのだが、未だ買ってない時点でお察し下さい。(使い方に悩むから)
 なので必然的にポイントスイッチ(以下スイッチに略す)はTomixしかないのだが、まあこのスイッチの一部が曲者。Tomixのスイッチは、動かすとカチカチ鳴るのだが、一部のスイッチは音がしない。
 「原因は多分バネが死にかけなんだろうなぁ…」と思うのだが、修理に出すまでもない事案なので、まあ半分放置してました。
 事態が動いたのは去年のJAM会場で、「庄龍鉄道模型倶楽部」で強化バネが売っていたのだ。その時買えば良かったのだが、供給にちと不安をおぼえ、一回パスする。
 その後鉄模連ショウにも出てたし、12月大宮の鉄道模型フェスタにも出てたので、大宮で購入する運びとなった。係員曰く、「後日ネットで通販します」との事なので、供給に不安が無くなった。

 では早速交換といきますが、ここからはバラして壊しても、「怖いかクソッタレ!当然だぜ、ヘッポコモデラーの俺に勝てるもんか!」と言える度胸が必要です。(マテヤコラ)
Tomixのポイントスイッチ
 という訳で問題のスイッチ本体がこちら。ネジで3点止してありますので、ネジを回して外す…
 のですが、まあコレがドライバーの選択ミス…つーか精密ドライバーの一番太いヤツしか無かったので、回すのに一苦労する代物。なので、皆様はネジ穴に入る回し易いドライバーを用意しましょう。
 吾輩?「この手に限る」と言って、ラジオペンチで精密ドライバーを掴み、スイッチ自体でドライバーを押さえ込みながら回しました。回せばこっちのものですしお寿司。
ポイントスイッチの中身
 ネジを外すと中身はこんな感じです。への字のバネが今回交換予定のバネです。
案外汚れが酷い接点部
 分解ついでにスイッチ基板を清掃してあげましょう。案外スライド接点のせいで、汚れがついてます。
強化バネと元からのバネ
 でもって今回交換するバネは上で、ヘタったバネが下です。巻が1回転多いので、当たり前のようにバネ圧が半端ない。
 交換するのだが、まあここでチト問題発生。
矢印がバネのスライドする部分
 本来ならバネがこの矢印部分をスライドするのだが、交換したモノによっては、スライドができないモノがある。なのでスライドができるヤツと交換すると、これがパチパチと上手くいく。
 原因はいろいろ考えられるのだが、多分スライド部の摩耗次第かと思われ、いろいろいじった結果、一番強化バネにマッチしたのが、以前「ペアーハンズ」で買ったヤツだった。
 このスイッチ、レンタルレイアウトの発生品らしきモノで、無論使いまくってるから、自分が持ってるヤツで摩耗が一番激しいヤツですな。

 という訳で、余ったバネは廃棄せず残しておく。イザって時に使えますので。バネが欠けてれば、廃棄も仕方ないですがね。
posted by 島々な人 at 23:02| Comment(0) | 技術系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

第1094回 KATO製パワーパック修理を一気にする

 前回からの続きですよ。

 今回の修理は完全に素人工作の延長で、場合によってはさらなる故障の原因となりますので、真似をする場合は、完全に自己責任でお願い致します。
 「自分は素人で工作経験ゼロ」なんていう方は、さっさと専門店なりメーカー送りにする事を推奨いたします。つーか半田ごて使えん奴は出来ないですしお寿司。

 という訳で、今回修理するパワーパックがこちら。
逆転スイッチが一方通行な修理品
 いくらで買ったかは忘れましたが、結構キレイな外観してますな。そして次が今回買ったジャンク品。
1000円で買ってきたジャンク品
 逆転レバーが無いだけで、テストしたら普通に動きました。さあ分解の時間だ。
ゴム足とその直下にあるネジ
 写真じゃ見辛いですが、ゴム足の下にネジが隠れてますので、先ずはゴム足を剥がしてからネジを外しましょう。
パワーパックの中身
 4本のネジを外すと中身がこんにちは。トランス(変圧器)が割とデカイ。
新旧パワーパックの図
 修理品とジャンク品のネジを外して中身を出したのがこちら。KATOも製造時期によって、構造が微妙に異なり、古いやつは緑の出力線があって、新しいのがリセットスイッチに化けてます。
 今回は新しい方に逆転スイッチを移植する方向ですので、カバーからパーツを外します。
パイロットランプと止め輪
 パイロットランプはこんな感じでハマってますので、矢印の一番外側にある止め輪を外し、パイロットランプを引っ張ると外れます。
スイッチ固定用のナット
 逆転レバーとコントロールレバーは引き抜くと外れ、中から矢印のようなナットが見えますので、これを回して外します。写真は逆転スイッチだけですが、コントロール用可変抵抗も同じ構造です。
今回の主役・ロータリースイッチ
 こうしてカバーからすべてのパーツを外したら、交換すべき物を剥がします。今回はこのロータリースイッチを交換します。
配線位置の図
 このように配線がいろいろとハンダ付けされてます。よく見ると外さなくても良い線もあるので、慎重に見極めましょう。短絡線らしき物が2本あるので、こちらが外さなくても良い線です。
 ちなみにロータリースイッチ単体だけ手に入った場合は、配線位置を念入りにチェックしましょう。なお単体近似品と思われる代物だと「モノタロウ」にて1200円位する…ジャンクが1000円だから、ジャンクの方が安いやん…
外すべき配線を外した後
 外したのがこちら。よく見るとコードを差し込む端子にハンダが残ってますので、半田吸引器かハンダ吸い取り線で除去しましょう。
 ハンダを除去したら、ロータリースイッチを移植します。修理品の配線に付けていくのですが、間違えないよう紙に位置を書いておくか、スイッチ自体に配線を書くのも手です。
 配線はハンダ付けで付いてますので、半田ごてを使用するので、火傷等には十分気をつけましょう。金属クリップがあれば、配線を固定できて便利です。もっとも今回全く使わなかったので、相当面倒でした…
交換完了
 修理側に新しいロータリースイッチが付きました。他の配線には漢字を使ってるのに、緑の配線だけ「G」で省略する謎仕様。なおもう片方は何故か全部英語の頭文字だし。
 その後分解と逆の手順で組み立て、テスト運転をして異常が無かったら完成です。

 これで前後切替に困らなくなりましたが、残ったジャンク品は如何するべ…欲しい人いるかなぁ?
posted by 島々な人 at 20:57| Comment(0) | 技術系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

第1093回 KATO製パワーパック修理・序章

 鉄道模型をやってますと、必要不可欠なのがレールとパワーパックである。Nゲージだと大抵KATOTomixの何れかになる。
 大体はどっちか片方しか持ってない率が高いのです。なぜならレール幅が共通なので、車両は何処のメーカーでも動かせるので、必然的に最初に買ったメーカーのままってのが多いです。たまに改宗したなんて話もありますが。
 が、吾輩の場合はご丁寧にレールを両方持ってる。元々Tomixでしたが、路面モジュール自体がKATOのレール限定なので、仕方ないのですが。
 こうなると面倒なのが路面モジュールでの試運転で、Tomixの旧型パワーパックがあった頃は、KATOの延長コードを加工したヤツを使用してた。

 しかし現在旧型パワーパックは先輩が「欲しい」と言ったので、所有品を放出してしまい、現在は新型パワーパックしかない。旧型はコードをむき出しにしたヤツを差し込むタイプで、現行の新型は専用コネクターなので互換性皆無。
 なので以前にここでは毎度おなじみの、「ペアーハンズ」のセール時に、たまたまKATOの旧式パワーパックがあり、速攻買ったのだが、何故か後進でしか動かない始末。前進はうんともすんとも言わない。
 原因はどうみても切替スイッチが片方死んでるとしか言えず、早々に修理にでも出せば良かったのだが、ここで旧式ってのが引っかかる。
 現在日本では電気用品安全法の絡みで、変圧器内蔵形のパワーパックを作れなくなり、パワーパックも必然的にACアダプター式に変わっており、しかも変わってから結構年月が経ってるから、修理できるのかが不明。
 なにせ旧基準だと余程がないと修理を拒否できるらしくて、一時ビンテージ楽器やらビンテージ家電が売買出来ない騒ぎがあった位だからだ。
 しかも中途半端な壊れ方してるので、パワーパック不足時や試運転時には何とか使えるってのもあり、ほぼ放置に近い状況が続いていたのだ。

 そして今年の「ペアーハンズ」新春セールで事態が動く。わりかしジャンクな値段で旧式パワーパックが売ってたのだ。「動けば良い部品取りになる…」そう考えた吾輩は、少々迷ったものの、このジャンクなパワーパックを買ったのだ。
 ジャンクの内容は単に切替スイッチのレバーが無く、しかも全般的に焼けてるから、本当なら青に近い水色なのが、緑色に変色しているだけで、部品取りだけなら申し分無し。

 なので次回は早速これを使って加工しますよ。
posted by 島々な人 at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

第1092回 謹賀新年平成三十一年

 皆様新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

 ほぼフルセットで年末年始手当もらえる勤務だった上、夜勤明けがヘロヘロだったのに彼方此方行ってたせいもあり、夜中になると爆沈してました故、挨拶が今頃になってしまった次第であります。
 つーか本日も年賀状を刷ってたら、途中で寝てる始末だし…

 とまあ、とりあえず毎年恒例であり、去年は全然出来なかった、新年の抱負を…

 1.車両を完成させる。(結構塗装待ちが多い…)
 2.路面モジュールの拡充(改良工事・新設工事ともに中途半端だし…)
 3.そろそろ身を固めないとねぇ…(さらに遠い目…)

 まあ何処まで出来るか解りませんが、これらのいい加減に実現せにゃならんので、鋭意努力する所存であります。多分…
posted by 島々な人 at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする