2019年06月27日

第1152回 KouChan氏の宿題・今月の鉄道模型いじり特別編都電7700形床下加工説明

 タイトルが何となく仰々しいですなぁ…

 という訳で、前回KouChan氏から言われた、「都電7700形の床下加工を教えて」に対する、工作方法を公開しますよ。まあ割と単純ですが…
 さて早速加工を始めましょう。用意する材料は…
車両はみどり色でも可
 鉄道コレクションとその動力だけ。なお写真の動力は一昔前の奴ですが、現行の製品と差は全く無いのでご安心を。
 必要な工具はニッパーとカッターで、カッターは薄いやつかデザインナイフ推奨。それに平ヤスリとピンセットを用意します。
 さあここからは分解の時間です。今回の加工は完全に素人工作の延長で、場合によっては故障の原因となりますので、真似をする場合は、完全に自己責任でお願い致します。
 なので「分解なんか恐かねぇ!!野郎、バラしてやらぁ!!」と言える猛者だけは次へお進みください。(ヲイ)
取り出しただけの写真 取り出した位置どアップ 反対側どアップ
 先ずは写真を撮り、分解前の床下機器の位置を記憶しておきましょう。「もう1両持ってる」とか「2両加工する」等なら、1両づつやるのが写真を撮る面倒が無くよろしいかと。
初期値な路面電車用動力ユニット L位置に伸ばした後の動力ユニット
 先ずは動力ユニットから。先ずは車体長を伸ばしておきます。これはこの後の加工がしやすい様にするのもありますし、都電の指定がLサイズなので、さっさと伸ばすってのもあります。
床下カバー用爪の位置
 この矢印の場所に爪がありますので…
床下カバーを外してる最中
 ピンセットで押しながら上に引き上げましょう。写真ではたまたま先の丸いピンセットを使ってますが、滑りやすいので先の尖ったやつの方が、傷つきますが引っかかりが良いので楽です。
片側の爪が外れた 床下カバー取り外し後 ウエイトと床下カバーの関係図
 この様に片方外れれば、反対側は楽に外れます。なおこの床下カバーは、三枚目の通りウエイトのホルダー兼ねてますので、以後加工時における爪の破損には気を付けましょう。
鉄道コレクションの床板 床板から外した後 取付ピンを切り取ってる最中
 次に鉄道コレクションに付いてる床板を外し、床下機器を外したら、はめ込み用爪を遠慮なくぶった切って平にします。
ノギスで測定中 加工基準の図
 床下カバーを測量したら、長さは15mm程なので、矢印の方向のある側板を基準に加工します。何故矢印の方向かと言えば…
床下機器の裏側
 裏をひっくり返すと結構段差があり、加工数を考えると、矢印の方向で加工する方が楽です。
片方を加工する 両方加工完了 削るべき出っ張り
 床下機器上部を15mm切り開きます。床下機器モールドの裏当たりまで切り取ったら、ヤスリで平準化しましょう。すると矢印の位置にある出っ張りが邪魔なので…
出っ張り除去後の図
 この様に切ったり削ったりして平準化します。これで床下機器の加工は終わり。続いて床下カバーの加工をします。
抵抗器・圧縮機側の位置 制御器・MG側の位置 下部の切りこみ位置
 この矢印にある床下機器モールドの一番上と、内側の角位置を基準に切ります。この際一気に切らず、何度も切り込みを入れる感じで切った方がいいでしょう。
床下カバー加工後 爪側から見た加工断面
 これが加工後の塩梅。端っこの方は上下が貫通したら目分量なりで切り取り、その後ヤスリがけで調整しつつ直角を出した方が楽です。
仮組みの図
 一旦動力に床下カバーを仮組みをして、床下機器を置いて位置を確認しましょう。多少前後しますので、微調整をしたら接着します。
たまたま机の上にあったゴム系接着剤 床下機器接着後 床下機器の接着位置
 今回接着剤はゴム系接着剤を使用してます。本当ならエポキシ系接着剤あたりが良いのでしょうが、そんなに強度を必要としないので、ゴム系接着剤でも十分でしょう。
 2枚目が接着後の床下機器カバー。実は上部にちょっと隙間ができますが、車体に隠れて見えなくなります。神経質な方は床下カバーの床下機器モールドを全部削ってから、寸法を測って切ると見えなくなります。まあ相当面倒ですが…
ちと曲がってるのが分かる図 台車モールドを付けて完成
 後は普通に動力を組み込み、完成となります。ちと曲がってますが、ゴム系接着剤なので、後で修正できるのも魅力かと…(と誤魔化す)

 ちなみにこの加工は写真撮影込みで2時間位だったので、実際には1時間位でできますので、興味のある方は是非。
posted by 島々な人 at 19:58| Comment(2) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

第1151回 柏崎トレインアトラクション‘19・穏やかな終わり編

 前回からの続きだゴルァ!(何故か喧嘩腰)

 昼飯後会場に戻ると、夜間運転の時間になったので撮影してみた。
夜間運転中の駐機場モジュール
 B737が居た所に、ソ連の音速旅客機(Tu−144)がいました。そして夜間運転後に「柏崎鉄道模型を楽しむ会」の一角を見たら…
特殊な新幹線大集合 東日本地区新幹線の始祖 企画倒れのゲテモノ?
 お客が乗れる新幹線皆無という、Black Junk氏のネタが発動してた。しかし変態(褒め言葉)しか揃ってない。
 まあ柏崎なので、ちっとも子供受けしませんが、コレを岩手に持っていくと、「猫耳が出ない」とのたまうお子様多数…調教し過ぎです。

 そして動画撮影に勤しむ吾輩。久しぶりに上野駅モジュールで、地下鉄線走行の電車撮影。走ってくる車両がアレですが…
 実はもう一つ動画を撮ってますが、人の顔が微妙に映っており、動画編集ソフトなぞ持ってないので、コレばかりは上げられない…撮影的にはなかなか上出来だっただけにねぇ…
 その間KouChan氏より、「この都電の床下加工、如何やってるの?」と尋ねられる。その写真は、第1142回7700形でした。
 実はこの車両、最初の加工で先行試験的な意味合いもあったので、「今度のブログに載せます」とだけ言いました。なので自動的に次回はそのお話になるんだよねぇ。
 こうして16時になり、2日目も閉場となり、そのまま撤収開始。吾輩分の荷物がまとまると、車の移動が面倒なので、そのまま台車ごと車を止めてる位置まで持っていき、そのまま収容作業終了。
 机の分解と運搬をしてたら、解散のお時間となり、そのまま解散となったので、車を会館前の駐車場へと移動する。
 KouChan氏が「ガソリン足らん」と言って、先に出発する。その後吾輩も出発し、すぐそばのガソリンスタンドでKouChan氏発見。吾輩の車にはガソリンがまだ余裕綽々だったので、そのまま通過する。
 その後は下道で小千谷ICまで向かい、そして関越道に乗る。そしてKouChan氏に抜かされるが、その直後にKouChan氏が越後川口SAに入っていった。吾輩はそのまま通過する。
 そして巡航モードで南下していくのだが、猛烈な眠気と尿意に襲われたので、トイレ休憩にここによる。
去年と同様の塩沢石打SA
 塩沢石打SAです。去年と同様にたまたま北海氏と一緒になりました。そして眠気覚ましにと、何故か煎餅を買う。まあ硬さはガムの上なので、顎をこき使うには良いのだが、結局その後はガムだけで済んだりする…
 その後も巡航速度で走行し、関越トンネルを抜けて地元に入ると同時に雨が降ってた。あまりスピード出しての下り坂って怖いんだよなぁ…まあそのままの速度での走行でしたけど、結構この区間は力が入った。
 「そばよし」のチャーシュー麺は偉大で、腹持ちの良さが今年も炸裂し、去年同様駒寄スマートICまで向かう羽目に。でも流石に餃子よりは軽いワンタンなので、この時点でお腹が減った。
 なので駒寄スマートICでた先にある、「スシロー」にて夕食を食う。日曜だが雨だったせいもあり、客席はそんなに混んでなく、非常に早々に席に座れ、早々に食い終わる始末。
 その後はまっすぐ自宅へ帰りました。

 と言う訳で、柏崎トレインアトラクションはコレにて終了。次回はKouChan氏からの宿題をやりますよ。
posted by 島々な人 at 18:00| Comment(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

第1150回 柏崎トレインアトラクション‘19・2日目も通常営業編

 宴会があったせいで、一回分入稿出来なかった、そんな前回からの続きなのねん。

 さて、会場内を一周してたら、T−Trak Networkの島が変わってます。
2日目変更区画
 これはアキサ君が10時頃に抜ける予定区画に、Black Junk氏のモジュールが入った訳です。そしてそのモジュールの1つに第一宇高丸がありまして…
自走で四国入りする琴電車両?
 時空が歪んで四国へ向かう琴電車両…うん、何書いてるのかが分からなくなってる。(マテヤコラ)そして博物館スペースには…
車両と遜色ないシンカリオン
 「新幹線変形ロボ シンカリオン」の「シンカリオンE5はやぶさ」です。しかも今回はグッドスマイルカンパニー製である、「MODEROID シンカリオン H5はやぶさ」です。
 制作したKouChan氏曰く、「色差し程度でこの出来とは素晴らしい(意訳)」との事。つまり塗装なぞしてないのに、プラスチック感皆無な出来です。こりゃ欲しいけど、置く場所どないしよう…(物欲センサー起動)
車庫と駐機場
 そして車庫モジュールと隣接する駐機場モジュールの画。アキサ君所有のB737は既に撤収済みで、ちと空間が空いてますな。その頃「金沢鉄道模型倶楽部」では…
 
 なんか久々に超長大編成が動いてた。久々に動画撮影したから、ちとタイミングとピントが微妙な気が…
 10時になり2日目開場となる。しばらくは例年通りな動きなので、この間に信号長Y氏のノートPCをお借りし、写真のデータをコピーして頂く事にする。
 作業の最中に、「何処か上毛電鉄車両の屋根が撮影出来る場所無い?」と尋ねられた。信号長Y氏曰く、「先頭化改造や電装解除車の屋根周りが分からん」との事。
 なのでデータ複製作業後、沿線を思い出しつつ地図を確認すると…樋越駅の先に道路の架道橋があったので、そこを案内する。
 しかし上毛電鉄って、案外立体交差が少なくて、道路の架道橋が2本あるだけ。内一本は上武国道なので、歩行者が立ち入れない場所…そりゃ撮影に難儀しますわな。
 なお上信電鉄は最近高崎アリーナ向けの歩道橋が出来たので、こちらは相当容易に屋根上写真が撮れる事に。でも屋根上撮影する用事が無い…
 モジュールを自爆して自宅へ送った多摩温泉電鉄氏、流石に宴会が終わって暇になり過ぎたのか、お昼すぎに撤収するとの事。帰りもキャンプして帰るそうなので、今回は単にキャンプしに来ただけ状態に…
 12時過ぎになり、昼飯を食いに出る。行先は…
お昼時なので並んでます
 毎度おなじみ「そばよし」さんです。今回もチョット趣向を変えて…
チャーシューワンタン麺外観
 チャーシューワンタン麺にしました。見た目は単なるチャーシュー麺ですが…
隠れてたワンタン
 ワンタンがチャーシューの下敷きになってました。味はまあ普通なので、餃子じゃ重いかなと思ったら、こちらにするのも手かと。

 ちと切り分け位置が微妙なので、ここで今回はお開き。次回多分最終回。
posted by 島々な人 at 21:26| Comment(2) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

第1149回 柏崎トレインアトラクション‘19・2日目準備の真っ最中編

 前回からの続きザマス。

 会場に戻り、とりあえず前日撮りそこねた、エントランスの光景がこちら。
撮影小物コーナー 撮影用フレーム 薄っすらと映る鉄道前方映像
 まあ写真撮影用小物やら、写真撮影用フレームは分かるし、そのフレーム上部には映像が流れてるのも分かるのだが…
酒を持つ鮭…ダジャレ?
 コイツは何処から持ってきた?しかも微妙な位置に置いてあるのもまた…ちなみに魚つながりでこの後の予定がアレだった。
ぎょぎょぎょ〜!
 まさかのさかなクン先生であった。しかしあのテンションで2時間ぶっ通しなのかが、一番気になるところ。
 会場内に行くと、準備の真っ最中ではあるが、前日撮影してなかった、集合写真の撮影が行われる。その後は会場内を周る。
2か所ある退避線
 「八千代レールクラブ」の路面電車区間では、こんな感じで電車の退避場所がありました。しかし一番外側の分岐線、ちと蛇行し過ぎ感が…
単線上路式デッキガーター橋 複線下路式ワーレントラス橋
 「金沢鉄道模型倶楽部」では、異なる大型橋梁がありました。片方が単線上路式デッキガーター橋で、もう片方が複線下路式ワーレントラス橋と、割と鉄道でも幹線系統にありそうな組合せ。
手回し発電機付き高原レイアウト 京阪京津線レイアウト付きモジュール ミニレイアウト付モジュール
 「柏崎鉄道模型を楽しむ会」には、45k・あうし夫婦のモジュール含む、小型レイアウトの宝庫になってました。
前日は走ってたロケット搬送貨車
 お座敷状態の路線では、何故かソ連なロケットが…
小人さん用かな?
 確かに書いてある通りの「トレインビュー」な家ですが、縮尺が小さいですぞ。
空母ズイズイ(マテヤコラ)
 柏崎では毎度おなじみになりました、空母「瑞鶴」モジュールですが、その甲板には…
まさかの近鉄特急「しまかぜ」との邂逅 コレ絶対狙ってやっただろ?
 前回白露型駆逐艦時雨」塗装の電車に、ミニトレインを連結して乗ってる、艦娘・時雨改二のfigmaが…全部揃えた奴は、別の意味でスゴイ。
色彩感覚がまた良い
 その時雨電車の隣には、新作であろう「けいおん!」塗装な電車が…キャラが秋山澪って辺り、ネタ感が半端ないですな。
コレでは運転できません
 体験運転用の運転台、今年はスカイブルーの方を使っており、オレンジの方はこの様にリラックマに占領されてました。

 今回はコレまで。次回に続くにょろ。
posted by 島々な人 at 20:30| Comment(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

第1148回 柏崎トレインアトラクション‘19・ドタバタ柏崎駅撮影の編

 前回からの続きですけど、ちとネタがアレなので、飯等食いながらの閲覧はご遠慮ください。

 柏崎駅に向かってる最中に、お腹の調子が悪化。しかし道中にコンビニが無くて、トイレは駅にしか無い状況…とりあえず駅まで向かおう。
「水球のまち」な柏崎駅
 そして柏崎駅に到着。バス乗り場に目をやると…
越後交通のバス
 また新車らしきバスがありました。駅構内へ入ると…
長岡方面行列車@E129系
 既に長岡方面行の電車が停車中。撮影中に出発し、その後に来たのは…
「越乃Shu*Kura」号柏崎通過中 「越乃Shu*Kura」号柏崎通過
 「越乃Shu*Kura」号が通過中。越後線のホームに行ってみると…
越後線ホームで寝てるE129系
 相変わらず昼寝中のE129系
 ここでお腹の調子が更に悪化し、限界値を突破したので、慌てて駅のトイレに入る。そこがまた結構狭い洋式トイレ…今までだいたい狭いトイレってのは、ろくな思い出が無い…
 結局その狭さから、お穴を拭くのに一苦労した挙げ句、実弾直撃する最悪の事態に…さらには洗面所には石鹸が常設してない最悪の事態で、結局慌ててキオスクで買う羽目に…
 その後手を洗っていると、特急通過待ちの電車が到着し、本日二番手の狙い目が到着する。
特急「しらゆき」号入線中 特急「しらゆき」号閉扉完了 特急「しらゆき」号柏崎出発
 特急「しらゆき」号@E653系1100番台です。まあ何故狙い目だったかはまた後日。
通過待ちのワンマン列車@E129系
 その後は通過待ちの電車を撮影し、朝練は終了となる。本当なら貨物列車を狙ってましたが、今回時刻表を配布されてなかったのもあり、時間が確認出来なかったってのもあり、撮りそこねた次第です。
 撮影後はキオスクでお土産を買う。単に商品券を相当量持ってたので、その消化を兼ねてるので、まあ深い意味は無い。そして買い物を終え、会場に戻ることにする。

 今回はコレまで。次回に続くだぎゃ。
posted by 島々な人 at 21:54| Comment(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

第1147回 柏崎トレインアトラクション‘19・普通の宴会(?)編

 ここしばらく用事やら疲労過多やらで遅れましたが、前回からの続き也。

 16時40分頃会場を後にし、ホテルへ移動開始する。まっすぐ宴会場兼宿泊先であり、例年通りの場所でもある、「ホテルシーポート」へ。
 ホテルに到着後、しばらくは時間があったので、Black Junk氏の部屋に行くと…そりゃ大量の新幹線車両がわっさわっさと。全部Black Junk氏所有品で、その中からTomix製の0系を抜き出すが、そんなに量がなかったりする。
 しかしだ、そのあまりにも大量のKATO製0系の山に、それを一言で表したのが、「野生の浜松工場であった。それだけで一体何両あるんだ?ってレベルだった。
 吾輩がBlack Junk氏の元へ行ったのは、たまたま童友社モノグラム(現レベル)のB747−400を見てもらう為だった。Black Junk氏曰く、「やっぱ童友社のは100の顔だわ」との事。確かに違いがあった。
 その後荷物を出し入れしに車まで行き、自室に戻ってから再度Black Junk氏の部屋に行き、同室の信号長Y氏に写真のお願いをした後、宴会場へ移動となる。
 宴会場はここ数年のお約束の洋室で、素人車輌氏ともう1人のグダグダな司会で始まり、まあ普通に挨拶があって、普通に乾杯となる。
 今年はお酒の差し入れがそこそこなのに、売れ行きが良すぎてほぼ無いとか、謎の焼き立てクロワッサンとか、炭水化物のジェットストリームアタックがあったけど、そんなに量がなかったとか…
 まあコレというネタがそんなになく、唯一の模型ネタと言えば…
HO御開帳中@ホテルシーポート
 吾輩が確認した限り、コレくらいしかなかった。仲間内の宴会としては、まあ近年稀に見る鉄分過小な宴会でした。つーか机が小さいし、動き回るにはちと面倒だし…
 そうこうしている内に、宴会はお開きとなり、そのまま自室へ戻る。結局そのままグデグデ自室に居座り、BOSS君と上海亭君と談笑した位で、その後風呂に入ってから、24時頃睡眠となる。

 翌9日(日)は6時過ぎ辺りには起きてた。時間曖昧なのがアレですが、時計が最寄りに無いってのが、曖昧な理由です。アラームセットしてないし。
 起床してから風呂に行く。天気は晴れたので、露天風呂の眺めが非常によろしい。風呂に入った後は、朝食の時間なので、朝食会場へ向かう。
 何故か今年はバイキング形式に戻ってたが、パンの種類がちと残念位と、一昨年並に戻った感じ。そして部屋別指定のテーブルには、何故か多摩温泉電鉄氏が居座る始末。
 その多摩温泉電鉄氏、何故かご飯と納豆2パック、それに梅干しだけという、謎の組合せな朝食だった。おかずが無いわけじゃないのに、何故その組合せになったのか…
 食後部屋に戻るなり、駅で撮影をする為、早々に出発の準備に入るのだが、ウッカリ車の鍵を忘れてしまい、余計な時分を食ったのが、この後チト裏目にでた。
 ホテルを後にし、会場の駐車場に車を止めてから、柏崎駅に向かう。

 今回はコレまで。次回に続くで候。
posted by 島々な人 at 19:22| Comment(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

第1146回 柏崎トレインアトラクション‘19・大混雑な1日目編

 前回からの続きなんだわ。

 開場してしばらく経ったら、Black Junk氏からやっと電話。その時点で山谷PAとの事なので、まあ1時間もしない内に来るという感じだった。
 なのでそこから逆算したら、電話をした時点で既に多摩温泉電鉄氏宅に寄るのは無理という訳だ。まあおかげでネタが増えたZE!(マテヤコラ)
 夜間運転前に「夜間運転終わったら飯に行きましょう」と、信号長Y氏を誘う。信号長Y氏が受諾して、本人は夜間運転の準備に追われる。
 12時半頃一回目の夜間運転が始まり、その後夜間運転が終わったので、カーテンを開けたついでに下を覗いたら、Black Junk氏が到着してた。
 なので荷物を取りに行ったら、うっかり信号長Y氏に言うのを忘れてて、慌てて吾輩の後を付きて来たのだった。そしてそのままBlack Junk氏の手伝いに参加する。
 荷物の搬送が終わったら、本日のお昼は例年通り隣の「ガラムマサラ」へ行き、しばらく悩んで決めたのがコレ。
「ガラムマサラ」のハンバーグカレー
 ハンバーグカレーです。うっかり写真を撮り忘れかけてたので、ちと食いかけががが…食後のデザートを食って、コーヒー飲んでから会場に戻る。
 会場に戻ると、既に駐機場モジュールが組み込まれており…
Black Junk駐機場 ANA’s B737−800
 何故かANAB737−800がいる。まあタネ明かしすると、この作品はアキサ君が作った物で、今回唯一の飛行機完成品…何か書いてる事に違和感が無いのって何?(ヲイ)
 そして「柏崎鉄道模型を楽しむ会」側の駐機場には…
柏崎駐機場
 何故かロシアの3発機が2機いた。その頃Black Junk氏といえば…
印刷作業中 印刷物は床へ
 ダイナミックな印刷作業の真っ最中。印刷物が床にダイレクトって…それをパウチしてバラマキ中でした。この作業の合間に、工作教室向けBトレインショーティーの引渡を行う。
 この日は午前中雨で、午後に雨があがったせいもあり、なんと会場内が結構大混雑。なにせBGMが聞こえないし、DJ黒滝急行氏は巡回不能に陥る始末。
 なんでもこの日だけで600名オーバーのお客さんが来たそうで、そりゃ大混雑しない方が謎ですわな。
 16時になり、1日目の公開が終了する。お客さんがいなくなったら、非公開でネタ大会と化すのがお約束。早速KouChan氏が仕込んで…
小田急沿線?
 小田急70000形GSEが登場する。そして…
最新鋭車と現役引退車
 模型だから出来た出会いである、既に引退した9000形との並び。本当は地下鉄区間用として、KouChan氏がGSE共々持ってきた物。
 ちなみにバザーもやってたのだが、まあここ数回のお約束で、良い物がなかった…

 今回はコレまで。次回に続くのです。
posted by 島々な人 at 21:51| Comment(0) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

第1145回 柏崎トレインアトラクション‘19・ダイナミック忘れ物編

 前回からの続きなんです。

 会場内ではポンタ君説教が終わり、設営をしていくのだが、ここでさらなる事態が会場を襲う。
 雨の中キャンプまでやってる、多摩温泉電鉄氏が到着。そして荷物を取りに最寄りの柏崎郵便局へ向かった…のだが、何と荷物が無い…!?
 本人が弱った顔をしつつ、まさかと思って自宅の母親へ電話をしたら…会場に向かって発送した荷物が自宅へ戻ってました。まさかの事態に本人以外周りの人達大受け。
 とはいえ、モジュールが抜けるのは火を見るより明らかで、しまみん氏が慌てて旧作を引きずり出す始末。
 この時「Black Junk氏に電話すれば?」なんて台詞も出る。まあ毎度おなじみこの時点(11時前)でBlack Junk氏がいない訳で、場合(現在地が自宅近辺とか)によっては何とかなった。
 んが、多摩温泉電鉄氏は「俺んちの場所なんて知らんだろ」と言う始末。Black Junk氏の車にゃカーナビ付いてるのになぁ…
 一応この時吾輩がBlack Junk氏に電話をしたのだが、まあ出なかったから、「もう移動してる最中だろうな…」と判断する。
 そして多摩温泉電鉄氏がバイク仕様の服装から、会場内向けの服装に変えるのだが、なぜか会場内でパンツ一丁になる始末。ヲイヲイヲイ、あうし姐さんが居るのに何やってるんだ?
 本人曰く「気にしなかった」と…こりゃセクシャルハラスメントで裁判沙汰になっても、十中八九勝てる事案ですがな。
 最早ネタの応酬に、「これって12時までに間に合うのか?」レベルだったし、吾輩に至っては、「これ絶対午前中に1ページで終わらす自信無いわ」と言ってしまう。実際そうだったし。
 そしてトドメの事案発生。KouChan氏の三軒茶屋モジュールに組み込まれたポイントが、動作不能になってる事が判明し、さらなる変更が発生してしまう。
 結局予備があったから良かったけど、この影響で信号用絶縁位置が変更となり、そのとばっちりを吾輩がモロに食らうという塩梅…
 というのは前段での絶縁位置が、吾輩の片端とモジュール間にあったのだが、それがモジュール両端に変更になったのだ。
 なので既に接合してる部分を外して、絶縁ジョイナーと通電ジョイナーを移設して、さらにまた接合と…書くと楽だが、接合数が多いからメンドクサイ…
 そしてトドメは接続ケーブルが反転してたと…なんだか「正直スマンカッタ」状態に…つーか流れが悪いを通り越してます。
路面電車検車区と地下鉄検車区 地下鉄検車区に車両設置中
 なんとか動かせるまでになったら、KouChan氏が吾輩の車庫モジュール横に留置線を設営して、結構な規模の検車場状態になりました。
令和元年トレアト1日目の1 令和元年トレアト1日目の2
令和元年トレアト1日目の3 令和元年トレアト1日目の4
 この時点で11時半過ぎと、辛うじて動かせる状態になったのですから、まあ何とか巻き返せた訳ですな。
 そして1日目の配置撮影した後、12時になり1日目開場時間となる。

 結局午前中だけで2回分って、一体どんだけ濃かったんだよ!これが令和一発目なんだから、この後がおもいやられるわ…

 という訳で、本日はコレまで。次回に続くよ。
posted by 島々な人 at 20:00| Comment(2) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

第1144回 柏崎トレインアトラクション‘19・ネタが多いんだよ会場入り編

 6月8・9日(土・日)は、柏崎市産業文化会館にて、「柏崎トレインアトラクション2019」が開催されましたので、そのレポ的なものを。

 8日(土)は例年よりチト遅めの5時15分頃起床し、荷物を愛車に積載し、5時45分頃出発する。毎度恒例のインター近くのコンビニによってコーヒーを買う。
 赤城ICから関越道に乗り、新潟へ向け巡航速度で運転する。赤城高原SA前後は雨上がりの川霧で、ちと見通しが悪いゾーンがあったけど、まあそんな酷い霧って訳じゃないから流れは順調。
 その後水上ICを過ぎた辺りで普通なら谷川連峰が見えてくるのだが、結構雲で山体が見えない…こりゃ新潟側は雨だなとおもいつつ、関越トンネルに入る。
 関越トンネルを出たら、まあものの見事に降雨。しかも土樽PA〜湯沢IC間で、橋梁改良工事の為片側交互通行と、ある意味イベントが多いですな。もっともおもったより交通量がないので、スムーズに流れてましたが。
 雨が強くなったり弱くなったりと、雨量の動きが激しかったし、いつも休憩に入る大和PA前で、新潟県警の覆面がハンティングに成功してたしと、ある意味イベント盛り沢山…
ヘソの曲がった大和PAの写真
 こうして大和PAで休憩を取る。しかしここ数年大和PAで休憩してるのだが、ほぼ全部曇り空(雨雲含む)ってどんだけ?
 その後大和PAを出発するのだが、しばらくするとまた新潟県警の覆面がハンティング…まさかの大和PA前後で見るとは…こりゃ新潟県に入ったら、銀色のセダンには気をつけよう…
 とおもったら、KouChan氏の車に追い抜かされる。ちなみにその時の吾輩の巡航速度は、キップ切られるか否かのギリギリ速度…
 しかも先程新潟県警の覆面2度目のハンティングを見ただけに、「大丈夫かいな?」が正直な感想。
 小千谷ICで関越道を降り、後は一般道をひた走る。天気は雨だから、峠道はちと気をつかう。そしてやっと柏崎市内に突入し、恒例となってるマクドナルドによって、朝食を食う。
 マクドナルドに入った時点で8時半位と、予定通りの動きだったので、まあ順調だとこの時点ではそう思った。しかしこの後まさかの激動があるとは、この時点では全く想像できなかった。
 マクドナルドを出たら、数分で会場である柏崎市産業文化会館に到着。既に数名が荷降ろし中で、幸い小雨だったので、慌てて荷降ろしをする。
 この時点じゃ未だ普通の進行だった。しまみん氏の誘導で、いつもの駐車場のいつもの位置…表明が一番早かったから、駐車位置も前回と変わらずチト狭めな場所…来年は数人見送ってから表明を書くか…
 会場に戻りここから設営を開始する。まあこの時点では特に問題はなく、当日変更も無いから流れが良かった。
 しかし信号長Y氏が到着した時から、流れが明後日の方向へ向かい始める。信号長Y氏が早速ポンタ君を説教しだす。
 原因はポンタ君がかなりギリギリで、参加モジュールの変更を出したから。
 並のモジュールならそんな重大な事にはならなかった。しかし欠場したのが、特殊モジュールであり、ある意味キーとなるドッグボーンモジュール欠場に信号長Y氏激怒。
 その時信号長Y氏が「これ見た瞬間頭きたけど、いろんな詛呪を唱えた後こう言ったよ」と語った後、こんな言葉が出ました。
 「ポンタ(本当は本名)なら仕方ない」
 多分今年一番のセリフであり、まさにこの一言に勝る言葉なし。その台詞に本人以外周りの人達大受け。まあある意味真理だし、もうこれ以上の言葉なぞ出やしない。

 という訳で、本日は行数が多いのでコレまで。会場内だと「これ午前中だけで1ページ終わらない」と言ったけど、ホント終わらんよ…

 次回さらなるネタに一体どうなってしまうのか!?(「ガチ○コ」の垂木さん調に)
posted by 島々な人 at 19:59| Comment(2) | トレインアトラクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

第1143回 今月の鉄道模型いじり@令和元年5月号その2

 という訳で、前回からの続き。

 再度鉄道コレクションの動力化に戻って…
谷町線30000系
 大阪メトロ30000系で、大阪メトロ民営化後の一番列車として充当された編成です。
路面モジュール地下鉄走行対応車
 路面モジュール地下鉄線走行可能仕様車で、先頭はダミーで、中間は全部KATOのナックルカプラーを使用。
南海の古豪・6000系
 続いては関西シリーズで写真を撮った理由でもある、南海6000系です。
電気連結器の有無
 一応先頭には電気連結器付TNカプラーを、中間は密連形TNカプラーを使ってます。しかし写真等をよく見たら、先頭にジャンパー栓がないので、後で交換でもしようかね?
 パンタグラフは下枠交差形で、吾輩的に標準としてるKATO製阪急用PT48を使用。
これで合計20円…
 次は「ペアーハンズ」GWセールの時に見つけた、ジャンクなBトレインショーティーである、埼玉高速鉄道2000系を組み立てる。
 これはセール会場の片隅に、適当に1袋10円で売ってた。何となく見てたら、何故か1両分なら組める分あったので、即刻お買い上げした代物。つーかこれ以外は全部中途半端だった。
 ちなみにこの車両は工作教室向けで、「取扱説明書なきゃ組立て宜しく(意訳)」とBlack Junk氏の要請でもあります。まあ取扱説明書ないと大変ですし。
埼玉高速2000系Bトレ仕様
 しかし吾輩の手にかかると、大体15分もかからず出来上がり。シールも無ければ、取扱説明書も無いのに、まあ組むのが早かった事。流石500両近く組んでたら、ある程度なら取扱説明書見なくても作れます。
新1000形1800番台
 再度鉄道コレクションのNゲージ化で、京急新1000形1800番台です。その顔の形から、「カオナシ」との愛称があるとかないとか。ちなみに事業者限定品の方でして、一般販売のは持ってません。買おうかね?
パンタ周りの様子
 屋根には避雷器が付いてましたが、パンタグラフにも付いてたので、屋根に付いてた方を取り除き、パンタグラフに付いてたヤツを使用してます。片方の屋根は付属の屋根と交換し、実物どおりにしてます。
電気連結器付はジャンパ栓無しを使用
 一応本物は地下鉄乗入れ車なので、こちらもその仕様でしようかと思ったのですが、ぶら下がる相手でもある、グリーンマックスアルミの新1000形8両編成がTNカプラー化してるので、検討の結果全車TN化の方向になる。
 付属編成としての竣工なので、この編成には動力を載せてません。一応もう1編成には動力を組み込む予定ですが、その動力が店頭在庫がちとねぇ…
 なお先頭車の片方は、トレーラー改造時に床板を反転させてます。事業者限定品は片方に合わせてあるので、こうしないと実物どおりになりません。
同じ車両だが中間車はライトが無い
 最後はこれまた事業者限定品で、東急3700形です。全体像はブレてて使えんので省略。
電動車と制御車は顔が違う
 カプラーは先頭がダミー、中間はKATOのナックルカプラーの組み合わせ。
ゴム系接着剤で接着済
 動力化は専用の台車枠が付属してないので、元からあった台車を分解し、切断後平滑化してからゴム系接着剤で動力に貼り付ける、割とワイルドな方法で加工しました。
 ちなみに他にも台車枠が付属してないのが、事業者限定品にはたくさんあるので、これがある意味先行試験的意味合いがありました。

 さて今回台車枠の都合で、施工を見送った都電7700形の1両、お店から戻ってきたので、そろそろ加工するかね?
posted by 島々な人 at 22:55| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

第1142回 今月の鉄道模型いじり@令和元年5月号その1

 4月はブログの原稿やらで全く鉄道模型をやってませんでしたが、令和へ改元後は原稿も終わったので、そこそこ出来ました。

 先ずは毎度おなじみ、鉄道コレクション動力化から。
「響け!ユーフォニアム」号
 久々の京阪大津線シリーズの京阪600形電車で、これまた毎度おなじみ痛ラッピングな二代目「響け!ユーフォニアム」号です。
連結器はいつもの通り
 久しぶりなので、まあバラすのにちと手間取った…
購入分の中間車3両
 次はTomix200系新幹線電車です。まあこちらは新規…と言っても、たまたま中古おもちゃ屋「トイプラネット」にて売ってたので、即刻購入した追加分です。
暫定6両編成
 売ってたのが動力1両・付随2両で、手持ちの動力が併結運転非対応だったので、コレを機に併結運転対応動力車を買い、焼けて変色してたグリーン車のホロを旧動力から移植しました。
 これで原型編成が6両になりましたが、できれば400系E3系との併結運転を考え、10両は欲しいので、しばらくは中古屋めぐりが続く。ちなみに旧動力車は、予備兼部品取りになる予感が…
新生7000形こと7700形
 再度鉄道コレクションに戻り、東京都電7700形です。元は7000形ですが、大規模改修で足回りが新車並みの性能と、まあある意味魔改造の範囲ですな。
床下機器見栄え向上工事施工 付け方はこんな感じ
 こちらは見栄え向上を目的として、床下機器の移植を行いました。手間がかかりましたが、結果はかなり向上したので、都電の違う車両もこの加工をしようかと検討中です。
 まあ本当なら、2両加工する予定でしたが、1両が台車の一部欠損してたので、そのまま買った店に交換へ行ったのですが、たまたま決算時期だったので、戻ってきたのが月末だったなんてオチが…
ピントが「大洗」に合わせてる…
 ピント位置が謎な所にありますが、鹿島臨海鉄道6000形の痛車、「ガールズ&パンツァー」W号車です。これでもKATO製で、実は関西シリーズの日本橋で買ったヤツです。
列車無線アンテナ取付
 何故か列車無線アンテナが片側だけ標準で、もう片方がオプションだったので、アンテナを取り付けました。もっともピンバイスのサイズが無かったから、買いに行く羽目になったけど…
GM式ナックルカプラー
 カプラーは見栄え等から、グリーンマックスのナックルカプラーを使用。見栄えはこちらの方が良いのですが、販売数がちと少なめなのが難点。

 ちと写真枚数の都合で、今回はコレまで。次回に続く。
posted by 島々な人 at 23:33| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする