2020年07月31日

第1233回 昭和日本の産業遺産を見に行こう 飛行機と昭和・平成鉄道車両と編

 前回からの続きなんです。

 さてここで一旦格納庫から離れ、違う場所へ向かう。
E2系新幹線とD51形蒸気機関車 球数が少ないひさし付EF81形電気機関車
 YS−11の格納庫横には、E2系新幹線D51形蒸気機関車、さらにはEF81形電機機関車が鎮座してました。
セスナが2機転がってる
 その奥には主翼の無いセスナ機が2機置いてあった。主翼は鉄道車両の前にある倉庫に転がってたので、まあ着ければ飛べそう。(処理にもよるが)
何故こんなところに扉が?
 鉄道車両の方へ戻ると、EF81におかしな方法で扉が付いてた。つーかこの位置に扉をつけるなら、運転台から乗せた方が良い気が…
キハ30形とかキハ100形とか 塗替え案件?
 近くを走る関東鉄道より、元を辿れば国鉄キハ30形キハ100形が首都圏色と常総筑波鉄道色の2両あります。
 ちなみにキハ102号車の横にチラチラ写ってるのが、元寝台特急「北斗星」の客車です。何故か撮るのを忘れる始末…
バブルの残り香漂う気動車
 そして鹿島臨海鉄道の「マリンライナーはまなす」の7000形気動車。tominubian君曰く、「似てるからスーパービュー踊り子の251系電車並べたい」と。まあ似てるねホント。
YS−11前方 この機体だけ鼻が違うらしい
 YS−11の格納庫へ戻り、撮影再開。他の機体より若干違う鼻先。
ロールス・ロイス製エンジン・ダート ダートのエンジンカバーが外れてる
 ロールス・ロイス社ターボプロップエンジンダート」と4枚ペラ。これまた滅多に見られない、エンジンカバーが外れてる所が見えるのが良い。
 なにせ「ちゃんと分解してまで運んだんだから、エンジン位回せる様にするのが当たり前ですが何か?」って感じですから、コレは完成後が非常に楽しみですな。
主翼前部はほぼ完成済み
 主翼はフラップとエルロン以外は既に付いてるので、作業的には大きな山場を越えてるのかと思われ。
 まあこの飛行機は「世界最大の人力飛行機」(油圧と自動操縦?なにそれおいしいの?)とか、「上昇しないし降下しない」(性能がグライダーっぽい)等々逸話が多いヤツです。
 まあ性能からして、名作より迷作に近いけど、ノスタルジックな日本の飛行機ってのが1機でも飛べる状態で保存されるって事が重要なのかもしれない。
 とはいえ、組立途中の飛行機なんて、製造元に見学しに行く以外実物を見られない訳ですな。国内だと川崎重工C−2P−1位(しかも見学できるかは不明)だし、旅客機はもれなく海外だし。
 ある意味今回の移動は、飛行機の組立が見れる千載一遇のチャンスだった事は評価できるポイントかと思いますよ。飛ばせる状態で分解・組立ってそうは無いですから。

 今回はコレまで。次回に続くのだ。
posted by 島々な人 at 23:41| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

第1232回 昭和日本の産業遺産を見に行こう 国産旅客機YS−11編

 前回からの続きよ。

 さて到着した本日の本隊メンバーは、言い出しっぺのtominubian君と伽枕流君。そしてドライバーのBlack Junk氏の3名。
 まあ「車で来る」なんて話があったので、「tominubian君って車持ってたっけ?」と思ったが、某駅の時点で「やっぱBlack Junk氏の車か」と思った次第。
 集まったところで受付をしつつ、検温と消毒をして会場入り。そこには…
YS−11量産初号機の後ろ姿
 YS−11の量産初号機が鎮座してました。係員の話を思い出しつつ箇条書きすると…

 ・元々は国土交通省所有だったが、退役後に国立科学博物館に所有権が移り、羽田空港の格納庫で保管してた
 ・本当なら航空博物館的な物を作る予定だったが、結果的にそこまで至らず
 ・羽田空港の国際化で駐機場が足らなくなってきたので移動不可避となる
 ・で「ザ・ヒロサワ・シティ」が引き受ける事になった
 ・輪切りにして持って行くと飛行機として飛べなくなるので、それだけは避けたかった
 ・しかしバラして持って行くには、組立時に整備資格(飛行機整備には必要だそうな)が必要となる
 ・最初メンテ元だった日本飛行機(株)に話をしたが、作業する余裕が無かった(つーか5年先まで仕事が埋まってて無理だったそうな)
 ・なので整備資格を所有してる老技術者を片っ端から集める
 ・必要工具やら治具等は、文部科学省経由で防衛省(航空自衛隊?海上自衛隊?)より広報活動の一環として借りる
 ・ここでの組立は飛行機を飛ばせるレベルでの作業となる
 ・老技術者の勘が戻って動きが良いけど、熱射病が怖いので8月一杯は作業中止

 以上の事をまあ熱っぽく語る係員。つまりは「滑走路があったら飛ばせます」って感じで整備しているそうな。そりゃ熱いのは夏の暑さだけじゃなかった。
 説明が終わり、撮影の為解散となり、遠慮なぞせずバシャバシャ撮影しまくる。
外されてた水平尾翼
 外されたままの水平尾翼。取付穴からして、もはややり方が模型。
オレンジ色のがYS−11支え台
 自衛隊から借りたというYS−11用の支え台。まあ現役が3機位って話なので、しばらくは貸してても平気なんだろうなぁ。
 んでもって、本来ならある筈のフラップ(高揚力装置とも言う)やらエルロン(補助翼とも言う)が未だ取付いてない。この作業場にはお立ち台もあったので、そこからも撮影する。
お立ち台からの展望
 そのお立ち台の横には…
垂直尾翼のパーツ群
 垂直尾翼がバラされた状態で置かれてました。模型だとココは本体と一緒だが、実物だとちゃんと分離可能なんですな。
 しかしパーツだけ見ると、なんだか1/1プラモデルと言わんばかりの構造だったり、わざわざ飛べる状態を維持しつつ持ってきたってのが、ヒシヒシと伝わる訳でして。
 とはいえ、この角度じゃ撮影出来る物が少ないので、園内を回りつつ撮影していく事にする。

 今回はコレまで。次回に続くのよ。
posted by 島々な人 at 22:31| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

第1231回 昭和日本の産業遺産を見に行こう いざザ・ヒロサワ・シティへ編

 話は7月11日に遡る。

 その日mixiのつぶやきにて、tominubian君が「YS−11組立公開」なんていう新聞記事を出す。
 このYS−11、元を辿れば羽田空港の片隅に置かれていたのだが、空港拡張やら航空博物館計画の頓挫等で解体の危機に陥ってた様である。
 その後茨城県筑西市にある、「ザ・ヒロサワ・シティ」に移転が決まり、この度その組み立てを公開するという内容だった。
 もっとも土休日は作業をしない様だが、飛行機がかなりのパーツ状態で分解された状態なんて、ナカナカ見れる機会が無いってのもあり、見に行こうって話になった。
 そして日程調整の結果、19日(日)に行く事が確定し、茨城県まで出陣と相成った。今回からそのお話を書いていく。

 19日は現地集合11時半頃と、まあアバウトかつ遅めの時間。しかも集合場所ってのが、交通の便がまあ芳しくない。最寄りのバス停より約1kmって…
 なので自動車での移動となる。しかも時間は少々かかるけど、高速道路使わん方が走行距離が短いってのもあり、9時前頃に自宅を出発する。
 カーナビに行先を入力するのだが、「ザ・ヒロサワ・シティ」ってのが入っておらず、結局隣の「下館パークゴルフ場」でセットする羽目に…新しいんだか古いんだか…
 カーナビ通りのルートで走るのだが、国道50号までチョット変なルートだった。一言でいうなら、「50号にそうスグに出てたまるか」なルートだった。
 国道50号に入り、ひたすら東へ向かうのだが、道中ロードスターの団体7台が隊列を組んで走っていた。前もレビン・トレノの団体と一緒に走ってたような…
 その後足利のコンビニでトイレ休憩を入れるのだが、ここにもロードスターが1台。「しかし今日はロードスターに遭遇するなぁ…」とおもいつつ、コンビニに入店する。
 トイレと買い物を済ませ、外に出たらさっきのロードスター隊がコンビニの駐車場に全車止まってた。どうやらここで合流した模様。ロードスター隊を見送った後、吾輩も出発する。
 この先には今回の道路状況で一番のネックと言うか、渋滞ポイントでもある、佐野プレミアム・アウトレット付近を通過。通過時刻が10時頃と、そこそこな時間だが、渋滞は無かった。
 その後佐野藤岡ICより先が微妙に台数が多い位で、小山駅南側を通過。この時間としてはそこそこ良い流れです。小山市の工場地帯を抜けると、茨城県に突入となる。
 鬼怒川の前で片側1車線に減少するが、まあ交通の流れは悪くない。割と長い時間国道50号を走ってきたが、常総バイパスから国道50号から格下げの県道7号にスイッチする。とはいえ旧50号だし、流れは変わらず。
 下館駅付近を通り過ぎ、桜町交差点で右折するのだが、正直この道が「ホントここ1ケタ県道?」と思うくらいの道に…
 流石に水戸線とのアンダーパスはそこそこ良い道だったが、その先で左折したらさらに狭い道が…まあ狭かったのが数百m位だったけどね。
 そして一番現場近くであろうコンビニで再度休憩。空気は涼しいが日差しが強いので、窓を全開に走ってても、結構脱水する訳でして。
 コンビニを出て数分で現地到着となる。この時時刻は11時前と、まあ下道にしてはなかなか良いタイムだった。
 でもって、本日の参加メンバーでもある、伽枕流君に電話してみたら、推定到着時刻が11時半以降と、まあこの数分前に守谷SAというつぶやきがあった事を考えると、まあ妥当な時間。
 しばらくの時間会場入口辺りをうろつき、時間をつぶしてると本隊到着となる。

 本日はコレまで。次回に続く。
posted by 島々な人 at 18:24| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

第1230回 鉄コレ求めて春日部まで行った話・その2

 と言う訳で前回からの続きですぜ。

 「TamTam」での買い物を終えた後、お店の下にあるスーパーにて、飲み物を買って水分補給しつつバス停に戻る。
 さてこのアーバンみらいバス停には、東大宮駅行バスの他、この地区へのバスの入出庫を兼ねた、東大81系統さいたま東営業所行のバスがあります。
 この東大81系統、本数自体が割と少な目なのですが、途中に東武野田線の七里駅に行ける路線でもある。今回の会場は春日部駅近くなので、東武線に乗るのは必然。
 バス停で時刻を見たら、当バス停始発便の数分後に東大81系統の便が来る。東大宮駅回りだと乗換が必至なので、ここは東大81系統のバスに乗る事にした。バスを待つ事数分…
東大81系統さいたま東営業所行バス
 東大81系統さいたま東営業所行バスの到着。乗客は数名乗っていたが、この後のバス停で降りた人がいたので、バスの乗客は結構長い区間で、吾輩含めて2名とある意味不人気路線…
 バスは七里駅入口バス停で下車し、駅まで少々歩く。
七里駅駅舎
 七里駅に到着し、野田線に乗るのだが、タイミングよく電車が来たので、少々慌てる羽目になる。この電車は春日部止まりなので、撮影は後回しでも何とかなる。
春日部止まりの普通電車
 春日部駅に到着し、下車してから撮影となった、野田線の主60000系
引上げ途中の60000系電車 引上げ線に引き上げた後
 とりあえず時間があったので、引上線へ引き上げるところを撮影する。
跨線橋上から特急「きりふり」を撮る
 これまた時間に余裕があったので、跨線橋上より撮影した、土日祝日しか走らない特急「きりふり」号。後で判明したのだが、同じ目的だったカメさん氏が乗ってた模様。完全にすれ違い。
昔懐かしイトーヨーカ堂マーク
 サトーココノカドーならぬ、イトーヨーカドーを撮影してから春日部駅を出る。歩いて数分の所にある、先行販売会場まで向かうのだが、道中なかなか良い撮影個所があったので撮影。
引上げ線の60000系
 もっとも春日部駅では高架化事業が確定したので、この風景が後数年で撮影不可になるので、今のうちに撮影だけの目的で来た方が良いかもしれない。
 会場では受付確認と消毒を行い、しばらく待機してから販売会場の2階に移動。販売方法等の説明があった後、販売開始となる。
 限定品以外にも商品があって、そこに欲しいものがあったけど、お一人様1種1個のみだけだったので泣く泣く断念。結局限定品のみ購入して、会場を後にする。春日部駅では…
「クレヨンしんちゃん」な駅名標
 まあコレを撮影したのが収穫かも。そして帰途に就くのだが、時間的な都合で大宮から新幹線で帰る事に。なので野田線に乗るのだが、来たのが…
急行表示も懐かしい8000系
 東武の顔である、8000系電車でした。これでも急行電車なんだじぇ。昨今の換気も窓全開で対応可能…なんだが、その窓がほとんどの窓が全開に開いており、エアコンの無い昔でもここまで開けてない気もするが…
 その後は大宮で新幹線に乗換えて、高崎で在来線に乗換えて地元へ戻りました。

 久しぶりに遠出したので、少々疲れました。やはり割とちょくちょく出歩いてたのに、コロナウイルスで出かけなくなったら、体が少々疲れやすくなった気がする…

 次回もお出かけですよ。
posted by 島々な人 at 20:06| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

第1229回 鉄コレ求めて春日部まで行った話・その1

 7月12日(日)に久々の鉄道コレクション限定品である、東武7820型の先行発売がありました。そこでダメもとで参加申し込みを行ったら、最終組の枠が当選となりました。なのでその道中でも書く。

 最終組の時間は16時と結構遅く、午前中から出向くのも阿呆の極みなので、昼飯を食ってから行く事にした。今回新しいバッグを買ったので、その実戦投入兼使い勝手の検証も兼ねてます。
 駅まで向かい、先ずは高崎駅まで向かう。高崎駅で新幹線に乗るのだが、その列車ってのが…
久しぶりの新幹線案内表示器
 「Maxとき」362号と予定臨時列車でした。ちょっと前ならコロナウイルス関係で運休待ったなしの列車です。
希少になりつつあるE4系
 長野の水没騒ぎで延命しているのですが、後何回乗れるのかがそろそろ気になるE4系に乗り、次の停車駅である大宮まで乗車となる。まあ2階席に座ったので…
熊谷新幹線保守基地とニコン熊谷工場 秩父鉄道三ヶ尻貨物駅
 熊谷近くの保線基地と、先日のダイヤ改正で石炭貨物列車が無くなった、秩父鉄道の三ヶ尻駅を撮影する。2階建ての2階席じゃないと、撮影し辛いんですよねコレ。
 大宮駅で新幹線から乗換えるのだが、大宮駅到着時点で13時34分と、受付まで相当時間がある。なのでここで寄り道をすべく、あえて宇都宮線に乗換える。
 宇都宮線に乗換えて2駅で東大宮駅に到着。すぐに駅前に止まってた、国際興業バス東大02系統アーバンみらい循環に乗る。そして向かった先がこちら。
アーバンみらいバス停
 アーバンみらいバス停です。「TamTam」大里店ができる前は、ココが一番最寄りの「TamTam」だった、大宮店最寄りのバス停でございます。
 大里店でも良いのですが、直近に競合店が無いせいか、在庫が割と少ない事が多々。しかし大宮店だと少々不便な位置にあるから、在庫が結構豊富なのである。下手すりゃ秋葉原店よりある時も。
 先述の通り、東大宮駅から相当離れた位置にあり、乗継が必要なのですが、在庫の豊富さもあり、年に何度かお世話になる店でもある。
 で、早速自宅在庫が枯渇気味な、鉄道コレクション用動力ユニットを買い込む。一応当面の必要数を買ったのだが、この時点でバッグの中が3分の2ほど埋まる。前のバックとの差はほぼ無いけどね。

 ちょっと長くなったので、本日はコレまで。次回に続く。
posted by 島々な人 at 23:28| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

第1228回 今月の鉄道模型いじり@令和2年6月号

 ほぼ必要資材の仕入れをしてないので、ついにやる事が無くなる寸前だった、そんな6月分です。

 先ずは車両の整備から。
実際は20年以上前の製品
 TomixEF63茶色のセットです。以前「ペアーハンズ」に行った際、そりゃ相当量の茶色セットが山積みになってまして、聞くところによると個人の放出品との事。
 幸い原型に近い茶色セットは持ってなかったし、5000円位だったので購入してからしばらく放置。今回整備を行った所存です。
5号機側面 9号機側面
 ナンバーは知る人ぞ知る5号機と9号機です。実はこの2両はEF62の2両と組んで、横川へ向け下り坂を走行中、速度超過を起こして脱線事故を起こし、そのまま現地で廃車解体した短命機です。
アンテナの無い顔・軽井沢方 剥き身の避雷器が特徴
 ナンバーを付ける際、相当考えたんですが、元のセットが新製当時に近い状態向けだったので、末期に居なかった2両をチョイスした次第です。
 なので避雷器がカバーなしだし、正面についてるアンテナが無い、実にスッキリとした形状です。
KATOと編成内容が変わらない… 急行「きたぐに」号編成フルセット
 続いてはウレタン改修工事の最終章で、Tomixの583系を2種類施工。
 元々は片方(国鉄色)だけにしようかと思ったのですが、うっかり車両収容個所の長さ調整を間違え、車両が入らない始末…orz
 結局新しいウレタンを購入した時、ウレタン自体が2枚セットでの販売の為、余剰が1枚出る訳ですな。なので手持ちで10両編成なのが、同じ583系の急行「きたぐに」向け編成だっただけです。
 これで多少は収容場所の圧縮に成功したのですが、まあ未だ圧縮できる余地があるので、いろいろ考えながらやらないとねぇ…

 今月は既に資材が無く、多分月末に一気って状態になる事うけあい…計画性よりコロナ自粛の方が影響大なんだよなぁ…「県内で調達しろ」と言われたら、館林行待ったなしだしなぁ…

 次回は…まあ書くネタが出来たらね。
posted by 島々な人 at 18:01| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

第1227回 吾輩的模型屋事情・続その後

 新型コロナウイルスの影響で、最近模型屋に行く機会が激減してます。

 と言うのも、一番行ってる店…まあ「TamTam」上里店ですが、まあ所在地が埼玉県なので、国道を走ってると電光掲示板に、「不要不急の越境は止めましょう」的な表示を見るとねぇ…
 とはいえ仕事先と勤務の関係で、2ヵ月に1回位は自動車出勤してるので、これを使って1度「TamTam」上里店に行ったりする。
 「ファーベル」が倒産して以降、鉄道模型的なチョットしたものを買いに行くにも、ほぼ長距離移動…まあ30km以上の移動が増え、結構な確率で越境しなきゃならん状況になってる。
 そこそこ近くに模型屋あっても、ラインナップが車両とかレール寄りで、細かい車両用部品等がちと少ないってのが難点。一番近い店はそもそも鉄道模型自体ないし。
 それなのに、「越境するな」ってのは、まあやる気を削ぐには絶大な効果ですわな。もっとも別件で少々模型に時間が回せないってのもありますが…
 ちなみにその別件の1つは、mixiのつぶやきでぼそぼそ書いてますが、こちらではその別件が無事に終わるまで未だ書かない予定です。mixiを見てない人は悪しからず。

 前回の「吾輩的模型屋事情・その後」以降、また1つお店が閉店した。「ホビーショップアザミ」さんです。
 何で辞めたのかがイマイチ分からないんだわ。店主が高齢って訳じゃなく、かと言っていきなり倒産って話でもない。赤字で首が回らないって話も聞かない(他の模型店情報とかから判別)し、まあ今となっては謎のまま。
 でも何故かラジコンサーキットが残存してるので、成り行き次第では復活もあり得るかもしれないし、サーキットも無くなるかもしれない。

 東京でも結構有名なお店である、「雷王模型店」が閉店してた。どうも複数の情報によると、店主が亡くなったって話だ。
 まあ昔動画等で見た話ではあるが、店主は過去に死の淵を彷徨う大病を患ってたと言い、それを考えれば体が頑丈とは言い難い訳ですわな。
 2度「雷王模型店」に行ったのですが、毎度「ここまで在庫のある店はそうそう無い」と思った訳ですな。特にガンプラとかロボット系に関しては、そんじょそこらの模型店よりはるか上の品揃え。
 とは言え鉄道模型的には、初めてと2度目の間に買い漁ってったのがいて、セット商品はそこそこあるけど、お目当ての単品車両製品の在庫が無いとか、あってもけっこう減ってたけど。
 ガンプラの在庫たるや、あまりガンプラをやらない吾輩でも分かる位で、高校時代の友人S君(ガンプラモデラー)に是非行って貰いたかったが、まさかこんな事態になってるとは思わなんだ…
 と言う訳でS君、惜しかったな…

 次回は毎度おなじみのヤツです。模型だって全くやってないって訳じゃないのよね。資材買い辛いけど。
posted by 島々な人 at 18:54| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする