2020年08月05日

第1236回 昭和日本の産業遺産を見に行こう SLキューロク館見学編

 前回からの続きにして最終回也。

 SL列車を見送ったら、真岡駅隣接のSLキューロク館を見学する。
SLキューロク館の主とD51
 D51形9600形が我々をお出迎え。
北海道専用客車スハフ44
 館内にはかつてお台場・船の科学館に居た、青函連絡船羊蹄丸の車両甲板に置いてあった、スハフ44形客車が鎮座してます。
キューロク館の主・49671
 9600形49671号機はかつて青函連絡船函館桟橋で入換機を務めた車両で…
本来運転席側に助士席 本来助士席側に運転席
 函館桟橋構内が右カーブの連続だったので、普通の運転台とは異なり右側に運転台がある、珍車中の珍車です。そして圧縮空気で動くとはいえ、唯一の可動機です。
D51146
 D51形146号機は元々静岡で保存されてたのですが、解体の危機に瀕したものの、縁があって真岡へ来た車両です。
 元は北海道にいた車両ですが、北海道在籍車だとデッキ(運転台とも)が密閉型(C58形C61形みたいなヤツ)に改造されるのですが、これは開放形のまま終わった模様。
 普段は49671号機が動くのですが、49671号機が壊れた時のバックアップ用に可動状態に手入れされた機体です。
DE101014
 DE10形1014号機で、下館駅で寝てた1535号機のパーツ取り車として来た車両。でもそのまま放置せず、何故かSL列車の客車と塗装を合わせた謎仕様。
日本現存最古の有蓋緩急車ワフ16
 ワフ15形16号車は有蓋車掌車で、現存してる緩急車(車掌車とも)では最古参な車両。
現存最古の木造車体貨車ワ12
 昔新潟にあった、蒲原鉄道(今はバス会社になってます)のワ11形12号車で、これまた木造車体の貨車としては現存最古参車ときた。
木造無蓋貨車ト60
 ト1形60号車は無蓋貨車で、ここへ来る前は一畑電鉄(現・一畑電車)に所属して、線路のバラスト運搬に使用してた貨車。
ヨ8016
 最初の車掌車と同じヨ8000形で、こちらは8016号車です。国鉄最後の車掌車として製造され、今も一部が現役な車両です。
キハ20247
 キハ20形274号車は、真岡鐵道がJR真岡線時代最後の最終列車に使用された車両で、ひたちなか海浜鉄道で最後の1両が稼働中。
 その後スハフ44車内に乗ったら、こんなのが転がってた。
車軸発電機のシャフトやらステップやら
 台車に付いてなかった、車軸発電機のシャフトとステップです。その後車内で談笑をして、ここで解散と相成りました。
 SLキューロク館の売店でお土産を買い、表に出たら真岡駅駅舎を撮影。
SLの形を模した真岡駅駅舎
 SLをモチーフとした建物で、結構かわいい駅舎です。駐車場に置いてある車へ戻り、帰宅の途へ着く。
 時間に余裕があれば、寄り道も検討してたのだが、この時間では佐野プレミアム・アウトレット付近での渋滞不可避なので、おとなしく高速を使って帰る事にする。
 真岡駅から2度曲がっただけで、北関東道真岡ICに行ける。その後は出流原PAで給水休憩をしてから帰宅しました。

 次回は…どーしよ…ネタがなぁ…
posted by 島々な人 at 22:07| Comment(2) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

第1235回 昭和日本の産業遺産を見に行こう まさかの自動車と真岡鐵道のSL編

 前回からの続きにょろ。

 ザ・ヒロサワ・シティでの見学を終え、廣澤美術館の方へ行ってみようとなり、駐車場へ向かったのだが、その駐車場でこんなのがいた。
消防車3台到着
 どう見ても普通じゃない消防車が3台到着。2台は車両運搬車に載ってましたが、1台は仮ナンバーで自走してきた。
 側面には所属消防機関名が無く、どう考えても「ヲイヲイ新しい物が入るのかよ!?」と、伽枕流君と写真を撮る始末。
 その後美術館前の駐車場でBlack Junk氏とtominubian君に消防車の話をすると、どうも吾輩達より前にすれ違った模様。

 後日相原秋海氏のつぶやきで、千葉にあった「消防自動車博物館」からの移動車両だった事が判明する。
 その後調べた結果、千葉の施設が前年の台風で被害があり、ザ・ヒロサワ・シティへ移設するとの事でした。つーかこのままだと船以外は揃いそうな勢い…ザ・ヒロサワ・シティ…恐ろしい子…
 なお移設オープンは来年の春頃なので、多分その辺りで行く話が出そう。

 廣澤美術館は本館と別館の二部構成で、先ずは本館へ向かう。新国立競技場高輪ゲートウェイ駅の設計で有名な、隈研吾氏が設計した建物です。
 中では隈研吾氏が設計した建物の建築模型があって、「隈研吾氏ってこの形好きだよね?」ってのが分かる代物です。
 外の風景がなかなか良かったのですが、どうも後で調べると、本格的な日本庭園だった事が判明する。
 その後別館へ行くのだが、こちらは何か騒然というか、ざっくばらんというか、出前の器を玄関先に置いてあるような感じだし、何か個人所有の趣味品を個人宅で見てるって感じ。
 やはり後日調べた結果、どうも現在進行形で整備中でして、騒然な感じはここからきてる模様。
 美術館も見終え、この後の事を協議した結果、とりあえず下館駅へ向かう事にする。その途中で消防車をザ・ヒロサワ・シティに入れる作業に出くわす。ある意味これほどのサプライズは無いな。
 下館駅近くの立体駐車場へ車を止めると、踏切の警報音が聞こえたので、カメラを構えると…
水戸線の主・E531系電車
 E531系が水戸方面へ走って行きました。下館駅に行くと、真岡鐵道のホームには…
SL回送兼客車営業列車牽引機DE10
 DE10がお昼寝中。どうやら本日はSL列車が運転中で、真岡駅まで向かえば、SL列車と邂逅できるとの事なので、真岡駅まで向かう。
 途中の交差点で左折をするのだが、その時赤信号を突破してきたババアがいた…減速を認めてこっちは発進したし、まさかの停車せずだったし、これだから3ナンバー乗りのババアは嫌いだ。
 真岡駅に到着すると、その隣に併設してるSLキューロク館駐車場に車を止める。SL列車は未だ到着してないので…
真岡駅構内に転がってる廃車体群 甲羅干しっぽく置かれるヨ8000形車掌車
 側線に転がってる貨車群やら、表に出てた車掌車を撮影する。その後踏切の警報音が鳴り…
SL列車真岡駅到着
 SL列車到着。その後踏切の警報音が止まったので、多分逸走防止で遮断してた模様。しばらくすると再度踏切の警報音が鳴る。
モオカ14形気動車真岡駅接近 モオカ14形真岡駅到着寸前
 今度は普通列車が到着する。どうやらSL列車はこの普通列車との交換待ちを行った模様。そして…
SL列車発車 真岡鐵道SL列車全景 実は希少な50系客車
 SL列車が真岡駅を出発し、下館駅まで向かって行った。

 今回はコレまで。次回で多分最終回?(何故か疑問形)
posted by 島々な人 at 21:15| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

第1234回 昭和日本の産業遺産を見に行こう クラシックカーと非公開バイク編

 前回からの続きかも。

 さてYS−11を堪能したら、お昼時間なので敷地内の食堂へ行き、ここで昼飯を食う事にする。結構種類があって、しかも一律500円(大盛100円増)ってのはありがたい。
実は結構久しぶりのハヤシライス
 頼んだのがハヤシライス。吾輩とtominubian君、それに伽枕流君が頼み、吾輩と伽枕流君は大盛です。
 そしてBlack Junk氏はさば味噌煮定食で、見た感じ量はなかなかありそうな感じでした。ちなみに伽枕流君はこの他たこ焼きを食ってます。
 食いながら昔のカレー話をしてましたが、流石にここのハヤシライスは普通で、学校の味とも言える感じでした。
 食後は食堂から見てYS−11格納庫とは反対方向にある、「クラシックカー・クラシックバイクミュージアム」へ向かう。先ずはクラシックカーから。
ジムニーカトマンズ仕様
 ジムニーカトマンズ仕様という、まあスズキ・ジムニーの一種。そんなジムニーカトマンズ仕様の近くには…
敷地内の自動車整備学校とは違う
 ダートラ仕様の先代ジムニーがいました。
クラリス姫のは小豆色のです
 ダートラジムニーの横には、シトロエン2CVが鎮座してます。「ルパン三世・カリオストロの城」でクラリス姫が乗ってたヤツです。
形状がイギリス感満載
 ランドローバーのシリーズ1です。まあクロスカントリーな車で、イギリス感がチョットでてますね。
ここにあるフランス車って何故か鼻が長い
 シトロエンのACバンで、こちらはヒロサワグループ系自動車整備専門学校のデザイン入り。スッピンなら良かった気もするが、実用で使うならこうなるんだよなぁ。
マツダが東洋工業時代の製品
 マツダT2000で、「オート三輪の最終完成形」と説明文に書いてあった。
かつて御料車としても使われた名車
 そしてザ・イギリスなロールス・ロイス社の車で、シルヴァーレイズと…
ロールス・ロイスってこんな形が好きだよね
 シルバーシャドウです。
スウェーデン以外だと121と言う
 そしてボルボアマゾンです。ここまでの車で、ほぼナンバーはあるし、しかも車検通ってて、普通に車検ステッカーが貼ってあります。
 Black Junk氏曰く、「映画等の貸し出しに使ってんじゃないのか」との事。この他にも相当数の車両がありましたが、まあ全部撮影し切れず。次回のお楽しみって事にしよう。
 その後はクラシックバイクの方へ行ったのだが、バイクが置いてある建物にバイクが無い…近くの建物にはバイクがギッシリ詰まってたのだが見学不可…

 まあ後々その理由が判明するのだが、今回はコレまで。次回に何故バイクの方が展示して無いかが判明する!
posted by 島々な人 at 23:53| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする