2013年08月22日

第605回 第14回JAMコンベンション・その2

 前回からの続きなのさ。

 企業ブースを見回った後、今度は個人ブースめぐりに移行する。まずは「終着駅邪無大福」の車両とレイアウト。
おもわず作りたくなった車両群
 ベースは三線式Oゲージなので、コレを見て「この車両ええなぁ」と思う次第で…
今年のパンフ表紙を飾ったレイアウト ゴチャゴチャ感が結構良い作品
 流石パンフレットの表紙を飾っただけあって、面白い感じです。
 ちなみにこの後このブースで撮った写真を、BlackJunk氏に見せたら、喜んでました。ちなみに、何処を撮影したかを把握するため、ブースの表示板を撮影するのですが、ここのブースはこんなイタズラが…
今回のJAM一の冗談ネタ
 何か…すごく美味そうな響きです。続いて「TJ倶楽部」にて。
結構リアルな東武8000系
 何か柏崎のデジャヴ感タダ漏れ。つーか運転台に至っては、こっちの方が手の入れようが細かくて、逆に恐れいった。そして走ってた車両がコレ。
走る保守用モーターカー
 「何時のRMM?」な感じです。次は「BトレとDCCを使ってパソコンで自動運転しよう」(長い!)ってコーナーでは…
中線にいたのは103系 内回り本線に進入する103系
 関西な車両が、本当の電車みたく動いてました。しかも駅の到着番線が少しずつ変わっていて、結構長い時間見てられる感じです。次の「卓上鉄道・組立線」では…
アリイ模型キットからHO車両への転身
 かつて「アリイ」のHOプラキット車両を、普通の鉄道模型に仕立てあげた車両が展示してありました。そしてレールの下に引いてあったのが…
寝転んで車両を見たくなる
 システム畳だった。そして毎度痛いモノが展示してある、「結伝社」は…
オリジナルな「ねんどろいど」
 今年も通常運転でした。(ヲイ)そして今年の新作は…
今年は「萌え」でなく「ゆるキャラ」で攻める
 こりゃ車両・レイアウトじゃねーだろ!!このままじゃ鉄道模型っぽく無いので、圧巻の車両群を撮影しました。
オールドアメリカントレイン
 古き良きアメリカ型旅客列車群は、見てて結構カラフル。次は「アートモデルズ」では…
白煙を上げ走るHOのSL 発煙装置の仕組み
 16番なのに、SLの煙突より本格的に煙が出てました。しかも撮影しても煙が写る位なので、結構出力は良いようです。そして北海道民なら懐かしいモノが、「Terminal Bahahof Vevein」で展示中。
車両積載中@青森駅構内
 青函連絡船ですよ。ちなみに動く手段は…
連絡線の動かし方
 Oゲージでした。次の「RFC」では、副都心線からみの展示がありまして…
最末期の地上線東横渋谷駅モジュール 渋谷駅のホーム端
 なんだろう、このデジャヴ感は?(そりゃ北海氏のモジュールのせいだ)でもこっちは東横線メインなので、路面電車分が無いのが差です。
 毎度ネタが彼方此方に仕込んである、「鉄ちゃん倶楽部」の、まずは正当な水上駅モジュールから。
リヤル水上駅とほぼ同じ
 そしてネタはこれ。
上越国境で空を舞う対艦番長F2
 まずはF2戦闘機が空を舞い…
ただならぬ雰囲気のコンビニ 狙撃体制の自衛隊員 抵抗するゲリラと射殺されたゲリラ
 何処かのテロリストと格闘する自衛隊と、非常線を張ってるパトカー…またもや西部警察感が…でも自衛隊員が非常に物騒で…
バズーカ砲を持って倒れる自衛隊員
 バズーカって…

 わー!ウチの規定(写真は17段まで)越えたー!つー分けで次回に続くぞー!
posted by 島々な人 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | JAMコンベンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック