2016年06月13日

第827回 吾輩再度ひたちなか海浜鉄道に乗る・その1

 さて、世間では静岡ホビーショーがあった5月15日(日)、静岡まで行けるほどお金も無く…おまけに少々遠いので、まあ早々に断念。
 幸い車の慣らしが第二段階(3000回転)になったのと、前年のキハ11がデビューしたってのもあり、茨城へ向かう事にする。

 7時前に起床して、身支度したら出発する。しかし早々にコンビニによって、朝食を購入する。なにせ前回の反省と、これから通る道にコンビニが何故か自宅近辺しか無いので、こうなりました。
 その後運転しつつ朝食を食い、東へ向かう。伊勢崎ICから北関東道に乗り、暫くは90km/hで巡航してました。
 何だ変化も無く、岩舟JCTで東北道に乗換えたのだが、ここで謎のAE86レビン・トレノ軍団と遭遇し、何故か合流時に真ん中に入る。
 前方には2台のレビン・トレノで、後方はミラーを見る限り、2〜3台はいました。よく見れば、群馬ナンバーしかない…
 結局栃木都賀JCTで、吾輩が北関東道に行ったため、分かれるのだが、一体この先何があるんだろうか?謎である。そして便意を催したので、壬生PAで休憩する。ここでトイレを使い、コーヒーを買って出発する。
 その後はひたすら90km/hで東へ向かい、水戸南ICから東水戸道路に乗換え、その後ひたちなかICで高速を降りる。
 ひたちなかICから一般道なのだが、うっかりカーナビをセットし忘れ、しかもうっかり道を間違える始末。何で見落したんだろ?
 その後カーナビをセットし、予定よりチョット遅れて、目的地の金上駅近くの特設駐車場へ到着。
駐車場から金上駅を撮る
 到着が10時前で、列車が来るのが10時13分到着なので、しばらく時間がある。なので最初のチェックポイントへ向かい、スタンプを押す。そしてついでに近くのスーパーでトイレを済ます。
 それでも駅に着いたのが10時5分位だったので、金上駅の駅舎内を撮影する。
金上駅自動券売機 シャッターにぶら下がる吊り輪
 まさか自動券売機のシャッターが、つり革の輪っかがぶら下がってて、コレで下ろせるとは…
勝田方面停車目標
 勝田方面のワンマン2両とツーマン2両だと、停車位置が微妙に違う模様。そして列車が接近してきた。
クリーニング専科ラッピング車 標準塗装のキハ11−6号車
 まさかの黒ウサギ号が先頭の、キハ11形2両編成でした。早速キハ11かよ!とはいえ早速これに乗ってみた。キハ3710形とはエンジンが違う(キハ11はカミンズ製でキハ3710は新潟鉄工所製)せいか、結構豪快な乗り味。
 そして真っ先に阿字ヶ浦駅に直行。スタンプを押して駅を出たら、目の前にはバスが待機中。
国立ひたち海浜公園行シャトルバス
 去年取れかけてた、バス停表示板は…
円板陥落 何故か刺さってた円板
 陥落してました。そしてバスの本数は…
1日一本@’16年阿字ヶ浦駅前バス停
 相変わらず平日1本しかありません。早々に駅へ戻り、とりあえず留置線に置かれてた、去年の今頃那珂湊駅にいた車両とご対面。
阿字ヶ浦駅に留置中のキハ222 同じく阿字ヶ浦駅に留置中のキハ2005
 そして先ほどは乗れなかった、往きは先頭車だった黒ウサギ号こと、キハ11−7号車を撮影する。
クリーニング専科ラッピングのキハ11−7号車 開業8周年記念ヘッドマーク
 ウサギにネコのヘッドマーク…ちょっとカオスですな。そして車内は…
ウサギが散りばめられてる車内 ドアにあった駅員姿のウサギ
 まさかのウサギ尽くし。ちなみに名前は「ウーサー」と、名札に書いてありました。そしてドアが閉まると…
閉扉したら出てきたクマ駅員@芋付
 クマが出てきました。ドア近くじゃないと、気が付かなかったよ…そしてこれに乗って、平磯駅へむかう。去年もここがチェックポイントだった。

 本日はこれまで。次回に続く。
posted by 島々な人 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック