2019年10月11日

第1188回 吾輩的模型屋事情・その後

 「吾輩的模型屋事情」を書いてから早4年、まさかの事態乱発に、「コレは書かねばならぬ!」となった訳でして。

 平成29年9月末日「星野玩具」閉店。
 ある意味一番若そうな女将だっただけに、ちと「辞めるの早くない?」と聞きたくなるレベルだった。お客さんが入ってないなら解るけど、吾輩の記憶だと割と入ってきた印象が…
 とはいえ、割と近くに「ホビー・ザ・トミー」高崎緑町店があるから、影響がそんなに無いってのも事実。とはいえ、あの店にしか無いモノがチョットあったから、ちとそこが惜しい。

 平成29年11月25日「TamTam」上里店開店。
 いつの間にやら開店してて、去年転勤して同期から話を聞いて気づく始末。結局初めて行ったのが12月位だった気がする…
 店舗サイズ的には秋葉原店より広いけど、大宮店とはいい勝負な気がする。これから通うとおもい、ここで会員カードを作った。

 平成31年4月2日「F MODELS」倒産。
 これが多分今年の何かのキッカケな気がする…はっきり言えば、「無茶しやがって…」ってのが正直な感想。
 何が問題って、いきなり1フロアから3フロアにも拡張、そのうち1フロア丸々工具系って、無謀に程があるぞ。結局そのフロア潰す羽目になったし。在庫も変に偏ってたし。
 一番困った事と言えば、ここのオリジナル室内灯が買えなくなった事。安くて明るくてLEDの無駄がないってなかなか無いんだよなぁ…何処か権利を買って、この商品だけ売ってもらえんかなぁ…

 令和元年8月末日「ファーベル」倒産。
 まさかの2軒目の倒産…まあ実は倒産数日前に行ってるのだが、正直「何か在庫減ってね?」とか、「アレ?値引率変わってら…」と、違和感を感じたのが嫌な方向に逝ったケース。
 ここが無くなったせいで、ケミカル系(塗料とか)の供給がちと不安になる。何分相当のラインナップで、コレに近いラインナップで家から一番近いのが、「TamTam」ってのもなぁ…
 不幸中の幸いは、鉄道模型系塗料を除けば、「タカサキハンズ」がそれなりに充実してるのが幸いだった。

 令和元年9月末日「フジ模型」閉店。
 閉店を知ったのが、6月の柏崎にて某模型店勤務のくまら氏から聞いた事だった。
 まあオヤジさんがちと体調悪そうで、あまり店頭に立たなかったから、そろそろアブナイとはおもったが、多分増税とかがキッカケで、閉店したんだろうなぁ…
 一応閉店セールをやってたんだが、HOの蒸発があまりにもエゲツなかった。長きに渡って置いてあった商品が、ちょっと目を離したすきにほぼ壊滅ってのも、見てて驚いた。
 流石に「天賞堂」の銀箱とか、真鍮系車両が半額じゃ、ハイエナが多数攻めるわな。聞いたところによると、「東京から団体が来てさらっていったよ」なんて話も。

 ちなみに話の順序的には「フジ模型」の閉店が先で、「商品の予約どーすべ…」と悩んでたら、「ファーベル」倒産の話が飛んできたから、そりゃコッチがパニックになりそうだったよ…

 そして「天昇堂」が良くなさそう…久しぶりに店内をみたら、在庫がまあ激減してた…まあ女将さんがしんどそうに歩いてたから、体調よくないんだろうなぁ…なんで管理できる範囲が狭くなったんだよなぁ…

 こうみると1増5減の純減4…書いてて気分がドンヨリしてきた…

 次回はいつもの模型いじりですよ。
posted by 島々な人 at 20:31| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。