2018年10月25日

第1079回 第43回日本鉄道模型ショウ・2日目の午後以降編

 という訳で前回からの続きなんだけど。

 食後は大体Oゲージの島に張り付いてて、1時間位一人で監視してたなんて事も。まあ路面モジュールの島は信号長Y氏がメインで、地下鉄運転手が代わる代わる動かしてるから、吾輩が居なくても大差なし。
 そんな路面モジュールの島では、こんなイタズラが敢行されてた。
レイバー転落! まさに落ちた瞬間!
 城の水門がある位置の波模様が丁度いいのか、レイバーが落ちた感Maxな塩梅に。やはり目を離すとろくな事が無い。(褒め言葉)
 一方たるにゃー工場蒲田支所では、メトロ缶のOゲージ化改造が行われており、銀座線1000形の缶が加工されてました。一応3両分あるのですが、途中で資材が怪しくなる状況に。
 たるにゃー氏がチョット離れた時、「RM MODELS」の取材陣が来たので、「新しいのありますよー」と、たるにゃー氏にふる。
 そしてたるにゃー氏の新作、日比谷線3000系とできたてホヤホヤな銀座線1000形を取材してました。
 15時過ぎあたりで入口担当が戻ってきて、「仕事が終わりました」と報告を受ける。これで肩の荷が1つおりたのだが、この後がまあ如何なるかは未だ分からん。
 最後のフィナーレとして、たるにゃー検車区所属の石炭車が全部連結され…
石炭車全連結
 一番外側の線路を走りました。どう見ても九州の石炭列車です。秩父鉄道の石灰石列車じゃない、チョットリアルな編成ですな。これで機関車がSLなら確実ですが、まあ牽引力考えるとねぇ…
 16時となり2日間のイベントが終わり、即刻撤収作業へとうつる。路面モジュールの方は、車両の撤去が未だだったので、まずはOゲージの車両を収容していく。
 その後車庫上に車両が無いのを確認してから、路面モジュールの撤収が行われる。その後結局エレベーター運転手になり、荷捌きをするハメになる。
 今年は全収容なのですが、台車が変わったせいか、荷捌きが少々難しい(真っ直ぐ動かない)し、でも楽(細かい動きが可能)だし…と動かし方次第で変わるんだわ。
 結局1時間位エレベーター運転手してた。半袖Tシャツだったのに汗ダラダラ…
 机の収容が終わり、撤収作業が完全に終わったら、解散となる。この時時刻は18時前後と、飯を食うには少々早い感じ…
 とりあえず駅に向かって移動開始。道中は信号長Y氏と談笑しつつ、蒲田駅まで向かうのだが、路線バスのルートが少々変わったから、違和感がね…去年は台風のせいで京急で移動したし。
 蒲田駅から京浜東北線に乗り、一気に東京まで向かうと、たまたまいい新幹線列車があったので、それに乗って移動する。
 これがまあチョット失敗な感じで、結局スムーズに地元まで行ってしまうから、晩飯を食ったのがマクドナルドと残念なオチ。高崎あたりで食っときゃ良かったか?
 そして自宅へ戻ったら、流れで風呂に入って、その後はやはり例年より早いから、ブログの原稿…とおもったら、第1072回を上げるアフォをかまし、2日目が終わったのだ。

 コレにて鉄模連ショウのレポはおしまい。次回は…何も考えて無い。(キリッ)多分いつもの鉄道模型ネタだとおもうけど、何か別のネタがあればね?多分無いけど。(ゑ?)
posted by 島々な人 at 23:10| Comment(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

第1078回 第43回日本鉄道模型ショウ・2日目の午前中編

 前回からの続きなんだけど。

 会場入りしたら、前日開放されたモジュールの跡地には…
大物・渋谷駅前電停
 写真が少々ボヤけてますが、既に北海氏の渋谷駅前電停モジュールが展開済み。博物館モジュールには…
シンカリオン3体@鉄道博物館
 シンカリオンが展開中で、ある意味「コレで何故ガンダムが無いんだ?」レベルに。まあ以前はあった気がするが…
阪急電車急行は早い
 「鉄道博物館」内を走る車両が、元阪急で能勢電鉄の小型車ってあたり、へその曲がり方がなかなかですが。
 写真を撮ったら、本日の入口担当の人数を問い合わせに事務局へ行き、その後会場内で入口担当を決めたりしていた。
 この時点で枠分の人数がギリギリ足りてたのだが、その中には多摩温泉電鉄氏が居ない。何せまだ来てないのだ。
 ちなみにこの日の全日参加予定者と、入口担当枠がほぼ同数…つーか余る勢い。
 その後10時前になり、入口業務で移動する。10時に開場するのだが、まあ前日に比べて人が少ないのは明らか。
 チョットしたら事務局長のI氏が来て、「今日は少ないから出口枠いらない」との事。なので入口業務が少ないのを見て、慌てて連絡と担当の書き直しなんかをやってました。
 ついでに書くと、この話の前に「2日目の閉場時間は例年より1時間早い」って事を完全に忘れてて、慌てて書き直してたというオチもある。
 10時半頃になって、多摩温泉電鉄氏がやってくる。「あれ?集合は9時半じゃないの?」ってオッサン、現時刻を確認してから言えや…つーか主力のほとんどが9時頃にゃ来てますぜ…吾輩は珍しく遅れた方だったし。
 その後多摩温泉電鉄氏に説教してたら、何故かもう一人が「ゴメンナサイ」となる。その下手人主はひぐらし将軍閣下。まあこの人の場合、もう諦めを通り越した何かだし。
 11時になり、入口業務終了。引き継ぎしてからウロウロ。しかし今回はなかなかストライクゾーンに入る品物が無くて、あっても予定品だったりとかだし。
 結局たるにゃー氏に委託した、以前アキバの「ポポンデッタ」で売りに出てた、Oゲージのパンタグラフを引き取っただけ。
 そーいや、大体鉄模連ショウ前には新しいOゲージを仕入れてるのですが、今年は全然買ってないや。なかなかストライクゾーンに入る物が無くてねぇ…
 11時半過ぎに早々に昼飯に向かう。本日のお弁当は…
2日目の特からあげ弁当
 特からあげ弁当でした。この後値段を見たら、まあハンバーグ弁当と同価格。個人的な感想ですが、特からあげ弁当の方がお得感がある。食後にコーヒー飲んで、会場へと戻る。

 今回はコレまで。次回鉄模連ショウレボ最終回。
posted by 島々な人 at 23:43| Comment(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

第1077回 第43回日本鉄道模型ショウ・夜の宴会から朝方まで編

 前回からの続きにょろ。

 会場を後にして、一路宴会場へ向かう。以前やった時は、「金春本館」だったのですが、どうも予約が取れなかった様で、今回は別の場所での開催となる。まあ予約取れなきゃ仕方ないね。
 会場から要塞じゃない蒲田駅へ向かう途中で曲がった先にある、「西安刀削麺 蒲田駅店」で、コースは食べ飲み放題なので、如何考えても伽沈流君対策。(ゑ?)
 店内は激狭…つーか店員さんが後で「今度は貸切で予約するアル(超意訳)」と言った位。実際長机2つで定員16名な所に、19名と「どない座れと?」レベルだったし。一時通路に伽沈流君が居座り、「邪魔だどけ!(やはり意訳)」と一番出口よりに座らせたし。
 吾輩は店内一番奥に座る事になる。つーか途中だと伽沈流君の二の舞確実だし、第一座る幅が狭くて無理げ。なので座り場所的には、両端が巨漢という、残念な配置となる。つーかコレ以外無理かと。
 全員着座したら、今度は「(ビール)飲まない人だけ手を上げろ」と指示し、注文のリクエストを書くボールペンを渡し、飲み物が来てやっと乾杯の準備が整う。
 乾杯後はまあいつも通りなのだが、狭いせいか模型を広げるまで至らず、せいぜい本の回し読みか、スマホやらデジカメのデータの見せあい位だった。
 肝心の料理はまあ良くて、すぐに消える時がちらほら。つーか多摩温泉電鉄のオッサンが「ピータンくれ」とやかましい。まあピータンは来たのだが、何故かピータンが吾輩の前に来る前に消えたので食えなかった…
 この様に来る料理がテーブルに置いたら、ほぼ瞬殺で消える位の勢いだったので、写真なぞ撮影しようがないし、撮影なぞ考えもしなかった。
 メニュー的に妙に肉よりなのが多かった気がする…誰か伽沈流君にリクエスト聞いたか?もっとも吾輩サイドは「エビチリじゃー」とか、「エビマヨ頼む」とか、「おこげだおこげ」等々、妙に海鮮より。割とバランスがとれてるなぁ…
 途中で店内のBGM用ノートPCが電池切れを起こし、「何で電源つなげないんだ?」とおもったが、BGMがあろうが無かろうが喋る声がやかましいから、酔っ払ってるのも相まって、どうでもよくなる。
 何故かジンジャーエールが品切れを起こし、店員のオススメである焼き刀削麺がなかなかの美味だったところで、2時間の狂宴が終わる。
 宴会が終わってから、ボールペンを回収しようとしたら、ポンタ君が「俺のだ」と言い出す。本人曰く「俺がよく使うヤツ」らしい。ボールペンじゃなくて、シャープペンにした方が良かったよ。つーかまさか被るとはなぁ…
 解散後コンビニによって、飲み物を買ってくのだが、まあこれがホテルに着いたら「チョット失敗した」とおもった。コンビニで買物を終えたら、ホテルへ向かう。
 本日のお宿は「ホテルルートイン東京蒲田」で、係員に「ネット予約した方なので」と、無料飲み物コインを貰う。なんてこったい。
 部屋に行くと、多分蒲田宿泊史上一番広い部屋だった。無料スマホまであったから、ノートPCを使う暇が無かったし、お風呂は大浴場付きなので、連泊するならココが一番良いかも。値段も張るけど。部屋で少々くつろいだら、風呂に入ってその後就寝となる。

 10月14日(日)は7時起床する。最初は早朝に羽田空港に到着する、カンタス航空B747を撮りに行こうかともおもったが、到着が朝5時位と即刻断念。ホテルが大鳥居駅近くの「東横イン」ならなんとかしたかも…
 結局だらけて動画を見過ぎて、気づいたら8時になってた。その後慌てて風呂に入って、慌てて朝飯を食う始末。他のホテルならもうチョット機敏に動いてるかと。
 朝食はまあバイキング形式で、最初はご飯にしようかとおもったのだが、ふりかけが無かったのでパンに変更する。朝食後に荷物をまとめ、チェックアウトして会場へ向かう。
 チョット前だったら、北斗の拳コラボで駅名標が「京急かまたたたたた駅」になってたんだが、コラボの期限が過ぎてたので、どノーマルな駅名標だったのが残念だった。
 割とチンタラしながら歩いたので、会場に着いたのが9時20分位だった。その時点で会場内はまあ結構人がいた。

 今回はコレまで。次回に続くわさ。
posted by 島々な人 at 23:51| Comment(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

第1076回 第43回日本鉄道模型ショウ・1日目の後半分編

 チョット間隔が開きましたが、前回からの続きにて候。

 17時過ぎになり、まあ談笑コーナーがカオスなのはほっといて、路面モジュールコーナーを見て回る。吾輩の車庫モジュールには、早速ネタ以外の何者でも無い物があった。
一体誰が得するネタだ?
 貨車(西武ト31形)も貨車(詳しくはリンク先にて)だが、何故ペンギン村よろしく巻◯があるんだ?持ってきた下手人アキサ君曰く、「百均にありました」との事。
 なおこの前にアキサ君が巻◯をOゲージ貨車の屋根上に乗せたのだが、カーブで振り落とされる始末。案外スピードとか振動とか、貨車の屋根Rが合わない模様。
白と黒の博物館
 博物館モジュールは白い方が増備された物。黒が「鉄道博物館」の本館っぽいイメージに対し、白は「鉄道博物館」の新館っぽいイメージで、車両が少なめ。
大物(ぬいぐるみ)と小物(ラッピングBトレイン) 伊豆長岡駅モジュール
 まあコレ見て一発で分かる方は、その筋の方です。(マテヤコラ)伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅の「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピングです。そのうちバスが出るようなので、より分かりやすくなるかと。(イイカゲン)
三層建てのモジュールゾーン
 ある意味立体すぎるカオスゾーン。大抵は北海氏の王子駅〜飛鳥山モジュール(だいたい標準モジュール換算で5×2個分)でやるネタを、たった3つのモジュールでやるから、カオスにしか見えない訳で。
第二小隊出場中
 実は「アニメと鉄道」展に展示してあったモジュールで、どうも作者がひぐらし将軍閣下だった。しかもコレに出したのって、「こいつが路面モジュール規格で走れるんだというアリバイ作り」との事。
 ひぐらし将軍閣下曰く、「コレある意味パブリックな物なので、いずれは何処かに寄贈する事になりそう」との事。まあ多分「機動警察パトレイバー」関係者だと思われ。
 なのでここからは「機動警察パトレイバー」な時間。機体は「アニメと鉄道」展とかにもあった物で、コレを作った作者のご厚意により実現した訳です。
三軒茶屋交差点封鎖中
 三軒茶屋にて事件発生に付き、第一小隊が出動中。
北の玄関口と陸上自衛隊レイバー
 上野駅で陸上自衛隊が警備派遣出動してたり…
第43回JMRA配置その1 第43回JMRA配置その2
 そして今回の配置はこんな塩梅でした。チクタクバンバン担当の信号長Y氏曰く、通勤の暇つぶしを兼ねて考え上げた、毎度頭の下がる絶妙な塩梅。
 こうして18時となり、1日目が終了となるが、T−Trak Network関係者がなかなか出ていかないのが毎度のお約束。
 今年はコンベンションホールが別団体に専有されたので、「一般社団法人日本鉄道模型協会」主催の懇親会が無かった。なのでT−Trak Networkだけで宴会となる。

 今回はコレまで。次回に続く也。
posted by 島々な人 at 20:27| Comment(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

第1075回 第43回日本鉄道模型ショウ・1日目の前半分編

 前回からの続きでござる。

 10月13日(土)は前日と変わらない時間に起床して、荷物を車に載せて出発。今回は降雨が無いので、300円で止められる駐車場に車を止め、荷造りして駅に向かう。
 駅で切符を買ってたら、何故か東南アジア系な人に捕まり、切符の買い方をレクチャーする羽目になる。吾輩が買ってた自販機は長距離系なので、まずは近距離券売機に行き、金額を言って買わせる。
 その後朝飯を買い、列車に乗る。高崎で新幹線に乗換えるのだが、この時指定席を取るのを忘れていた。前日と同じ「あさま」600号なので、自由席が修羅場に…
 もっといえば、次の「Maxたにがわ」472号でも良かった。結局会場にはポールポジションじゃないけど、相当早く到着する。
 9時になり、会場が開いたので、入るなり早々に設営に入る。Oゲージの車両を出し、適当に配置した後、入口担当の人数を問い合わせたり、入口担当を決めたりしていた。
 そして事件が発生した。なんと多摩温泉電鉄氏がいない!?周りの人に尋ねるが、皆「知らない」と帰ってくる。
 開催事務局から、「今日は10分早く開けるよ」とあり、人数的に微妙だったせいもあり、本当なら戦力になってもらわないと困るのにだ…
 結局大慌てで吾輩が入口担当シフトに入る事態になり、心境はドッタンバッタン大騒ぎ。
 ついでに書くと、慌て過ぎてポンタ君のモジュールが配置されておらず、信号長Y氏がキレる始末。
 10時10分前に1日目開場となり、モギリとカタログ配布を行うのだが、まあ傾向として、1日目は「エンドウ」のB級品目当ての人が多数いるので、ほぼずっと入場受付作業しっぱなし。
 この日も11時までずっとてんやわんやで、交代要員が来てやっと落ち着くレベルだった。
 その後多摩温泉電鉄氏の行方判明し、なんと床屋へ行ったとの事…何で床屋へ行ってるんだー!?聞いて吾輩キレました。結局戻ってきたの12時頃だった気がする…
 各方面では、「丸坊主にしよう」なんて言ってましたが、真鍮会系世界工芸組若頭ワールド工芸」の化け猫氏は一味違った。
 吾輩がその話をしたら、「じゃあバーナーで焼きましょう」なんて答えましたよ。「焼く事で新しい芽が出てくる」って…そりゃ何処の野焼きですか?
 ドッタンバッタンしてたので、会場入り次第撮影しようとしてた、Oゲージの状況が11時過ぎになってやっとできた。
拡張途上のOゲージコーナー
 途中で力尽きたというか、在庫切れ起こしておりました。なおたるにゃー氏はこの後14時位に到着しました。一休みしてから、12時半過ぎに昼飯に向かう。本日の弁当は…
1日目のハンバーグ弁当
 ハンバーグ弁当でした。後にBlack Junk氏が「トレードして食ったけど、ほとんど芋だらけだった」と語ってました。
 たるにゃー氏が到着し、レールの展開と車両の展示が行われる。
石炭車と丸ノ内線400形
 「ここは何処の筑豊炭田ですか?」レベルに石炭車が出てきたし…
新作・日比谷線3000系
 新作の日比谷線3000系が投入される。さらには…
ED17形電気機関車 前照灯はおろか尾灯も点く仕様
 唯一のスケール物である、ED17も2両投入と充実した結果…
動いてるのはほぼたるにゃー検車区所属車
 過半数がたるにゃー検車区所属の車両で机が埋まる。しかもこの後増備車がいたりするのだが、それはまた後で。

 今回はコレまで。次回に続くザマス。
posted by 島々な人 at 22:35| Comment(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

第1074回 第43回日本鉄道模型ショウ・設営日午後編

 前回からの続きであーる!

 レール配置修正が終わった頃、丁度お昼時だったので、昼飯を食いに出かける。道中ポンタ君に「ちゃんと通過試験したのか?」と尋ねると、何と20m級車1両を通しただけだった…
 ヲイヲイ、吾輩でもコーナー作った際は、最低3種類の車両(当時は単車・江ノ電連接車・ボギー車連結)でテストするぞ!信号長Y氏と吾輩で説教する。
 その後ポンタ君は「モデルアイコン」の下僕として、荷物を取りに空港へ向かったので、残りが吾輩と信号長Y氏、それにtominubian君とBlack Junk氏の4名。
 行先は毎度恒例の「ニイハオ」で、吾輩は回鍋肉定食と焼き餃子を注文する。
「ニイハオ」の回鍋肉定食 元祖羽根付き餃子
 回鍋肉にはタマネギがあったので、たまたま全く同じ物を頼んだ、Black Junk氏のタマネギが自動的に吾輩の所へ来る。
 ちなみに何故か吾輩のは、人参が多めでタマネギが少なかったから、多分同じ鍋で炒めたヤツが分配時に偏った模様。食後はコンビニによって、缶コーヒーを買って飲んでから会場に戻る。
 とりあえずモジュールやらレールの配置をしていき、信号長Y氏は信号装置のテストまでやっていた。ちなみにこの時点でのOゲージコーナーは…
拡張前のOゲージコーナー
 例年通り4台並んでます。その片隅でBlack Junk氏が事務作業の真っ最中。その後たるにゃー氏が来て一言。「机足らない」と。
倍率ドン!さらに倍!!
 結局「倍プッシュだ…!」となり、余剰机を4台出して、腰布と敷布を準備するたるにゃー氏。ちなみにこの時持ってきたのがコレ。
ガラレールの複線片渡り分岐器
 複線片渡りポイントで、切り替え装置1つで連動する代物。信号長Y氏が食いつくにはもってこいな代物。
 でもって、今回何故かOゲージ車両を持ってくるのを忘れてる。まあ幸い設営後は自宅へ戻るので、運搬に必要な物(台車とプラケース)だけを持って帰る事にする。
 16時前位に会場を離脱し、京急蒲田要塞駅でSuicaにチャージをしてから、改札を通りホームへ向かう。最初来たのがコレ。
6連な1000形
 1000形の6両固定編成で、8両停車位置にいた人達が慌てて移動する。さらに次の快特は2100形だったので、ドアのない位置にいた人が泡を食う始末。案外案内表示板とか放送を聞かない人多い事。
 2100形車内はそこそこ混んでいたのだが、幸い補助席のロックが解除してあったので、補助椅子に座って品川まで向かう。
 その後品川から東京上野ラインで東京駅に向かい、新幹線で地元まで戻り、自宅へ帰宅前に現金を少々下ろしてから帰宅して、Oゲージの車両を荷造りしてから就寝となる。

 今回はコレまで。次回に続くのさ。
posted by 島々な人 at 20:42| Comment(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

第1073回 第43回日本鉄道模型ショウ・設営日午前中編

 10月13・14日(土・日)に東京都京急蒲田要塞駅近くの「大田区産業プラザ(PiO)」にて、「第43回日本鉄道模型ショウ」が開催したので、今回からはそのレポですよ。

 10月12日(金)は前日設営日で、休みなので設営に出る。朝5時半過ぎでこの日は雨。何か去年と展開同じなんだが…しかし今回は最初から新幹線使用前提なのが違うところ。
 しかし駐車場が惜しかった…雨じゃ無ければ、駅近くに一番安い駐車場があったのだ。本来1日400円だが、朝7時までに入庫すれば、何と1日300円と格安な場所があるのだ。
 んが、雨なので屋根付きの駐車場に止まりたい。結局駅直近の駐車場を使用して1日600円…何この落差?
 12日は平日なので、自由席は地獄の3丁目待ったなしなので、早々に「あさま」600号の指定席を取るのだが、まあ荷物を置けそうな一番後ろの席が真ん中しか残ってないとの事。まあ仕方ないね。
 在来線で高崎まで向かい、新幹線ホームで「あさま」600号を待つ。「あさま」600号が来て、乗ったら座席裏は荷物ギッシリ。ギッシリというか、妙に幅を食う置き方する残念ビジネスマン多数。
 仕方なく無理矢理荷物を置き、指定席に座って朝食を食う。食ったらノンビリしてると、何故か大宮駅到着前あたりで睡魔に襲われる。いつもなら熊谷あたりなんだが。
 結局両隣のサラリーマンと一緒に東京まで向かうオチが付きつつ、東京駅に到着する。ここで品川まで向かうのだが、何故か東海道線ホームには、中途半端に止まる列車がいた。
 結局しばらくすると動き出したのだが、この時中途半端に止まってた事に気付かず、止まってた位置で待ってたら、グリーン車の真ん中あたりが来た残念。幸い品川行なので、お客さん少なかったけどね。
 品川駅で京急線に乗換えるのだが、来たのが快特で車両が2100形。ラッシュから外れる方向だが、並んだ位置的に座れない。でも流れが良いのか、ラッシュっぽい動きは無かったです。
 京急蒲田要塞駅に到着して、会場へ向かうのだが、途中の本屋で愉快なポスターを発見する。
古代京急分特盛本(マテコラ)
 どうみても伽沈流君向けです。ホントありがとうございました。さて、今回時刻をヤフーで調べ、歩く速度を「ちょっとゆっくり」にしたのだが…
誰も居やしない…
 8時20分頃到着って、「ちょっとゆっくり」とは一体…まあ9時までなんとか暇を潰してましたが。
 9時には会場が開いたので、早速設営開始。真っ先にパーテーションを使って、仕切りを作って、荷物置き場を確保する。
 次に会議机を置いていくのだが、どうやら新型に買い換えてあって、ラックが4輪操舵可能と、小回りが効く仕様になってました。真っ直ぐは進み辛いのが弱点位。
 だいたい会議机を置くと、だいたい10時位になってた。ポンタ君が来て、ドッグボーンを持って来たのだが、何故か新作。信号長Y氏呆れる。しかもこのドッグボーン…
急遽組替え中
 何とR117が混ざってる始末。路面モジュール規格Vol.1では、最小値がR120(今はR140以上推奨)なので無論アウト。

 この路面モジュール規格ができた頃、R120だと当時発売されてた単車が全て曲がれる最小値だった。
 その後「MODEMO」から江ノ電連接車が出たのですが、これが曲者でR120だと曲がれない車両が続出。調子が良いとR120でも曲がる個体もあるのだが、大抵はアウト。
 どうも連接部分の集電接点が、カーブ時に微妙にショートするとの事。加工すれば曲がれるようになるのですが、吾輩そんな加工した事無い。
 その後「KATO」から、当時としては最小のR216が登場するが、少々カーブが緩いせいか、あまりコーナーに使用した人がいなかったような…ちなみに吾輩はR216コーナーモジュール持ってます。改造途中ですが…
 さらに後になると、「Tomix」でR140177(規格的に使えないR103)が登場。コレがキッカケで、バージョンアップで最小値がR140へと拡大する事になった。
 さらに「KATO」からR150・183(規格的に使えないR117)、それに複線路面軌道と複線分岐軌道が出て、コレがキッカケでコーナーモジュールが手軽になった経緯です。
 
 信号長Y氏とBlack Junk氏が、ポンタ君に説教しつつ、レールの組み換えを行う。
 幸い釘で固定してあるだけなので、致命傷にはならなかった。接着剤だとこうはいかない。Black Junk氏所有のレールで、暫定的にレール配置の修正をした後がこちら。
暫定修正完了後
 その後信号長Y氏が再計算して、正しいレール配置を弾き出す。その数値を一応ポンタ君本人が書いて持っていったのだが、後日ちゃんと修正して来るのだろうか?

 今回はコレまで。次回に続く。
posted by 島々な人 at 23:08| Comment(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

第966回 第41回日本鉄道模型ショウ・2日目最後まで編

 諸般の都合でもう次のネタがあるのですが、原稿を書く間がないです…そんな中、前回からの続きであった。

 10時になり開場となるけど、まあ少ない…台風接近で警戒しすぎな感もありますが、まあ出歩くにはチト酷な天気です。この時点では、雨風ともにまだ普通な感じ。
 とりあえず2時間分の担当を指定したけど、残りの時間が未だだったので、指定して回る。やっと決まったら、その後は交代毎に外の天気を確認する。
 12時台の交代が終わると、昼飯に向かう。本日の弁当は…
ハンバーグ弁当再び
 ハンバーグ弁当でした。はい、2年連続でBlack Junk氏的にアウトー。まあ仕方ない。
 お昼過ぎになり、天候が少しづつだが、悪化の方向へ向かっており、風が強くなってきた。雨はそんなに強くなさ気だが、風でダメージが大きくなる感じ。
 13時台になり、やっと自分の空き地なモジュールを見る。
車両で溢れる車庫モジュール
 やはり車両留置数以上にレールが足らんか?幸い信号長Y氏より、吾輩の目的の物をトレードできたので、そろそろ整備しようかとおもう、今年のJMRAであった。
 14時となり、吾輩とKouChan氏が入口係で立つ。人の入りが例年以下なので、結構余裕があったのですが、それでもトイレ配置の都合で、出入りが激しい。
 しかし天候が悪いのか、はたまた人手に余裕があったのか、なんと30分で終了となる。まあ天気的に早仕舞いもありえる状況だけに、良いのか悪いのか…
 運転会場に戻り、三線式Oゲージコーナーでは、たるにゃー工場蒲田分場で、車両の整備が行われてました。
手前のがバラした車両
 バラされてるのは、戦前製の蒸気機関車模型で、この時点で完全解体済み。これをキレイに仕上げていくようです。そして去年の宿題は…
蘇る0系タイプ
 塗装が1両だけ一部失敗したとの事。しかしキレイに仕上がっていて、床板の改良で台枠を下げたのも相まって、カッコよくなってます。

 さてこのOゲージたちは、所有者によって、車両のクセがバラけておりまして…まず吾輩の場合は、何故かきれいな車両が集まる。無論意識して買ってる訳ではなく、たまたまそんな感じになってる。
 つづいてたるにゃー氏は、無駄に骨董品やジャンクレベルの品が揃う。それをキレイに修繕するのがたるにゃー氏で、0系電車タイプもその代表例。ただし所有者はBlack Junk氏ですが。
 そんなBlack Junk氏の場合、何故か一方しか動かない物だらけ。たるにゃー氏曰く、「電気機関車はパンタグラフが前だと動かない」と言いきってます。
 しかもいくら古い車両とはいえ、自動転換式の車両も一方しか動かないという、狙ってもなかなか揃わないとおもうのですが…まあ新しいやつも酷使してるので、何か動きが怪しいですが…

 15時からは会場より出なくなり、ほとんどOゲージコーナーで遊んでました。そして下の状況を聞くには、関西方面以西の企業の中には、撤収をした所もあるそうな。
 そんな中、前日に抽選に当ったアキサ君が来て、金券を行使したとの事。まあ無駄にならずに済んで幸いであった。
 17時になり、2日間のイベントが終了となり、「早々に帰らにゃ…」とおもったけど、荷造りしたらすぐにエレベーター運転士になる、例年通りの動きをする吾輩…
 幸い荷物を倉庫に入れずに済んだので、そこそこ早い時間で帰れたのは幸いだった。しかし情報だと大田区内では避難勧告が出てるわ、京急線も事故でダイヤ乱れ発生中だわ…
 解散となり、吾輩は京急のポンタ氏と一緒に帰る。彼の情報はダイヤ乱れ時には非常にありがたい訳で、2本同時に快特が来た時は、的確に乗るべき電車が分かるのは良かったです。
 そんなポンタ氏と品川で別れ、東海道線で東京へ向かい、早々に新幹線に乗って高崎まで向かう。じゃないと、何時運行が止まるか判らん状況では、東京にいる時点で怖いですからね。
 高崎に到着するなり、フードコートで晩飯となる。野菜分がちと少なめだったから…
リンガーハットの皿うどん
 「リンガーハット」でORIHIRO氏悶絶の皿うどんでした。無論ORIHIRO氏が釣れました。
 食ったら即刻帰るのですが、群馬はそんなに雨脚が悪くなかったのは幸いでした。

 これで鉄道模型ショウはおしまい。次回は組合文化祭ですよ。
posted by 島々な人 at 21:18| Comment(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

第965回 第41回日本鉄道模型ショウ・2日目開場前編

 諸般の都合で遅れまくってますが、前回からの続きですよん。

 22日は7時頃起床し、朝食を取りに行ったら、まさかのがんちゃん氏と遭遇。がんちゃん氏曰く、吾輩より上の階に泊まってたとの事。
 朝食は焼き立てパン食べ放題で、焼き立てだけあって美味しかった。個人的にはロールパンというか、コッペパンじゃないけど、それが一番良かったです。
 ゆで卵も食べ放題であったのですが、味付きなのは良いのですが、薄皮がチト残りやすい…味付きの宿命?まあ1個しか食わなかったですが。
 自室に戻り、準備をしてから出発する。チェックアウトも自動精算機で行うので、時間がそんなにかからないのがいいのかも。
 ホテルを出ると、流石に台風接近の影響か、雨が結構強めに降ってた。大半がアーケードを通るけど、それでもこの雨量じゃチトなぁ…
 会場の行列も普段より短めで、その後事務局に時間を聞いたら、開場時間が定時とのこと。2日目でも前倒しの時もあるのになぁ…
 公開運転会場に行くと、既にドアが開いており、人が少ないので撮影しておく。まずは設営隊から通称「神棚」と言われる、車両コーナーから。
車両展示コーナー 銀座線と丸ノ内線と少々の大阪市交 ほぼ千代田線たまに大阪市交
 今年は地下鉄がテーマだったのですが、はたから見れば「何処の東京メトロの車庫?」状態に。まあ関東圏の人間が作るから、自然とそうなるけど…
かみの模型たち
 次はHOゲージとOゲージのコーナー。写真にチラッと写ってますが、ペーパークラフト車オンリーです。
例年並みの本線系統
 Nゲージ本線もありますが、今年は目新しい事があまりなかった感じが…まあ吾輩が熱心に見てないだけですが…
そろそろ机が足らないかも…
 そしてOゲージコーナー。まあレールが少ないけど、車両のバラエティが濃いと言っても良い。
黄緑色の幕が若干足らないの図
 最後は路面モジュールコーナーで、結構文章にするにはメンドクサイ位変則的な配置で、最早信号長Y氏がいないと、成立しない塩梅に。
 とりあえず入口のスターターを決めて、入口に誘導したら、10時の開場を待つ。

 今回はコレまで。次回蒲田の最終回。だとおもう。(マテヤコラ)
posted by 島々な人 at 23:41| Comment(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

第964回 第41回日本鉄道模型ショウ・1日目編

 前回からの続きである。

 会場内に荷物を置くなり、繋げてなかったモジュールをつなぎ、その後は打ち合わせと当番決めをして、そして早々に入口に誘導する。
 この時点で開場が予定より10分早めなのだが、「エンドウ」のブース参列に限りそれよりも早くの入場となった。この時点で天候悪いのに結構並んでいたからなぁ…
 開場を確認すると二階に戻り、Oゲージを広げだす。前はゲリラ的に開催されてたのだが、今では恒例のとなり、車両も戦前製の車両があったりと、バラエティが年々向上してます。
 この後は1時間おきに1階に降りては、入口番の交代確認をして、会場内を回ってから2階に戻るを繰り返す。人の入りはまあ最初は多かったけど、段々減ってる感じ。
 12時の交代を確認後、そのまま昼飯を食べに向かう。去年から「ほっともっと」の弁当になっており、本日は…
単なる「ほっともっと」の唐揚げ弁当
 唐揚げ弁当でした。早々に食べ終わるなり、再度1階と2階の行き来で時間が消える。
 14時となり、入口番に吾輩がなる。今年はチケットぴあ系のチケットがあるから、チョット揉めてしまった…結構区別し辛いんだよなぁ…
 15時になり、出口用に開いてたドアを閉めて、この日の任務が終了となる。その後はほぼ2階に引きこもってる感じで、たまに下に行っては、天候を気にしていた。
 18時に1日目閉場となり、早々に懇親会に移動という、例年以上に早い流れで物事が進む。まあ天気良くないしなぁ…
 ただ早すぎて、4階のコンベンションホールに通ずる、ホワイエへの扉が開いていなかった。ちと慌てすぎな感じです。
 チョット待たされた後、ホワイエへの扉が開き、ホワイエで待機となる。ここでやっと名札と領収書兼抽選券が配布される。
 さらにコンベンションホールが開き、やっと荷物をおいたら、配置について乾杯待ち。今年乾杯の音頭を取ったのは、たるにゃー氏だった。
 宴会が始まり、やはり相当な勢いで食べ物が消える。でもやはり昼飯が唐揚げ弁当だったので、唐揚げの売れ行きが弱い。
 そして抽選会となり、今年は去年よりバラけ気味ですが、それでも45k・あうし夫婦が2人共当てる、強運発動。
 KouChan氏に至っては、当たったは良いが、その後の抽選役で3度も引かされる展開に。本人も「何で3回も引くんだろ?」的な感じでした。
 さらにアキサ君も当ててしまい、「明日仕事なんだけど、早急にあがる」と言っておりました。つーか何でこんなタイミングで当たるんだ?
 最高額の3万円は、何故か乾杯の音頭を取った、たるにゃー氏に当たる、美味しいネタを提供してもらい、抽選会は終了となりました。
 そして宴会はお開きとなり、ホテルへ向かうのだが、傘が見つからない…しかし幸いにも道中はほぼアーケードだし、雨も小康状態で何とかなった。
 ホテルは「R&Bホテル蒲田東口」で、チェックインしてからの会計は、自動精算機でやる、結構近代的なホテルです。
 一旦荷物を部屋においたら、コンビニに向かい買い物をする。買い物から戻ると、一休みしてからシャワーを浴びて、そして就寝となりました。

 今回はコレまで。次回に続くのよ。
posted by 島々な人 at 21:50| Comment(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

第963回 第41回日本鉄道模型ショウ・開場直前編

 前回からの続きですよ〜。

 当初の予定なら、去年の天丼ネタってのも考えてたんですが、天候が悪いのと、衆院選の期日前投票をやってないってのがあって、そのまま京急蒲田駅から電車に乗る。
 とはいえ、実は帰る時点で雨が止んでやんの。急いで高崎に戻るが、手持ちの現金が5千円札のみと、駐車場から出られないので、駐車場にある「ドンレミーアウトレット」でお土産を買って帰る。
 ついでに言うと、本当なら高速道路にのりたかったのだが、最寄りのICがETCのみのスマートICなので、まあ代車じゃ無理だわな。
 帰宅後晩飯を食ってから、投票に行き、帰宅して最後の準備をしてから就寝となる。

 21日(土)も4時半過ぎに起床する。この時点では雨は微妙に降ってる感じ。台風接近なんてのがなければ、最寄りの駅からなのですが、やはり帰りの天候を考え、高崎駅から乗る。
 出かけ間際に現金が無くなってるのに気付き、探すも見つからず…母親は吾輩がいくら持ってるか自体「知らない」って行ってるので、謎しかない…
 なので出発が遅れ、結局またも新幹線で上京となる。しかし最近吾輩の周りのトラブルが多いなぁ…
 新幹線に乗り、早々に朝食を食ったら、やはり仮眠をとるのだが、昨日より興奮してるので寝れない…結局そんなに寝ないうちに東京駅に到着。
 在来線に乗り換えて、品川で京急線に乗り換えるのだが、時間が結構あるので、ここで撮影タイムとなる。まずは京成3700形を撮る。
京成の主力3700形
 次に来たのが…
ダルマさんとエアポート急行
 「京急のダルマさん」こと800形と、京成3050形二代目3000形)の並び。そして真打ち登場。
真打ち入線とステンレス新1000形 ブルースカイトレイン2100形
 2100形KEIKYU BLUE SKY TRAIN」です。たまたま改札を通る前に見えたので、「来るかなぁ…」とおもったら、来ました。コレに載って京急蒲田へ向かう。
 幸い12両編成なので、前には吾輩以外いないっぽいのだが、まあ運転が強引でして、しょっちゅう空転が発生していた…
 京急蒲田駅で下車して、会場まで歩いていくと、会場入口では既に相当の行列ができていた。2階のロビーで携帯をチェックしてると…Black Junk氏からメールが…
 実に嫌な予感しかしなかったが、見たらどうも「15時まで人手が足らないから、入口の監視役やって」ってメールだった。なんてこった。
 慌ててメールで資料を見つつ、枠を書いてたら小ホールが開いたので、中に入る。そして前日忘れてた会場内を撮影。
前日設営後の会場内@41回JMRA
 この後はもうてんやわんやだった。

 今回はコレまで。次回に続くのさ。
posted by 島々な人 at 20:45| Comment(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

第962回 第41回日本鉄道模型ショウ・設営編

 10月21・22日(土・日)に東京都京急蒲田要塞近くの「大田区産業プラザ(PiO)」にて、「第41回日本鉄道模型ショウ」が開催したので、今回からはそのレポですよ。

 実は今年から主催団体の「日本鉄道模型連合会」が、社団法人化して「一般社団法人日本鉄道模型協会」へと変わった、記念すべき回だったりする。
 でもやってる事は変わらないので、カテゴリーは変更しません。つーか変える必要ないよね。

 10月20日(金)は前日設営日で、休みなので設営に出る。朝4時半過ぎでこの日は雨なので、本当なら地元最寄り駅から在来線で向かう予定だったのだが、高崎から向かうことにする。
 ところがだ、この前日から吾輩の愛車が修理の為入場しており、代車だったのだが、これに時計が無かった上、腕時計も忘れる始末。スマホの時計なぞ見られる状況じゃないし。
 結局高崎でよく使う駐車場に着いたのが、その在来線列車の発車3分前…駐車場から駅まで数分…間に合わないよね…なので即刻新幹線に変更となる。嗚呼お金が…
 新幹線に乗る前に、コンビニで朝食を買ってから、新幹線改札で並ぶ。いつも始発は11番線からなのだが、本日は13番線からだった。珍しい…新幹線に乗り、朝食を取ってから仮眠を取る。
 気づいたら東京駅手前だった。東京からは常磐線の上野東京ライン品川行が丁度あったので、コレに乗る。品川止まりなので、お客が少なくて、大荷物を運搬するには丁度いい列車です。
 品川で京急に乗り換えるのだが、その際乗った特急電車がラッシュっぽい運転だった。なにせ先行電車が各駅停車なので、抜かすまでスピードが出ない。
 抜かせたと思ったら、今度は別の先行電車にひっかかり、まあいつもの飛ばしっぷりはなりを潜める。そして京急蒲田駅に到着。この時点では雨はそこそこ降ってた。
 まあ本来なら在来線で来る時間で来たので、到着が予定(8時半過ぎ)より30分も早いという、毎度お馴染みのギャグを敢行。仕方ないのだが、相当待たされる羽目になる。
 9時頃会場が開いたのだが、会場の係員が「間違った」と言って、ウッカリ出てた演台とステージを撤収していた。なんでだ?そしてこんな状況で…
何もない小ホール 展開前の机と衝立
 しばらく待つ。9時半過ぎに人が集まりだし、やっと設営開始。まずは机の配置をダラダラ大雑把に決め、必要台数をバラ撒く。
 その後机を配置図どおりに設置し、椅子をバラ撒いてから微調整。その後は1階の大ホールからの机ラックを倉庫内で整理してました。今年は追加がなくてよかった。
 机を置いてから昼飯を食べに行く。この時点で雨が上がってた。場所は毎度お馴染みの「ニイハオ」で、今回は久しぶりに本店での食事だった。
 そしてBlack Junk氏がまさかの誤爆。頼んだ定食に大量の長ネギががが…最早変えた方が早いレベルの量だったのですが、いの一番に来たのが幸いし、真っ先に除去を開始する。
 吾輩は五目あんかけ焼きそばと餃子を頂く。結局Black Junk氏は一番最初に来て、一番最後に食べ終わりました。
 会場に戻るなり、今度は衝立を並べはじめる。例年ならホールの常設仕切りを使うのですが、お金がかかるってので、借りた仕切り板をただ一直線に並べて終わり。
 その後腰布を貼るのですが、出てきたのが無駄に長いやつと、貼るのに一苦労する。腰布を巻いた後、モジュールを置いてから帰宅の途に就く。

 今回はコレまで。次回に続く。
posted by 島々な人 at 22:06| Comment(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

第865回 第39回日本鉄道模型ショウ・6の巻

 前回からの続きよ〜。

 一方下の会場にいる、化け猫氏の世界工芸組ワールド工芸では、悲鳴が上がってました。昨日の抽選で当たった、T−TrakNetworkやスハの会の人達が、大挙して押し寄せ、買い捲って行ったとの事。
 どうも全額事務局負担ではなく、買った店も負担があるようです。まあ吾輩も考えた末に、2両目の東芝戦時凸型電気機関車を買ってましたが。
 そしてT−TrakNetworkでは、鉄火巻氏の新作が目に付きまして…
フローリングなゾーン 畳敷きなゾーン
 ある意味トイなモジュールです。かつてあった、畳モジュールを髣髴とするやつですな。後ろの車両もトイっぽいですな。黄色い車両はアレですが…
 この後はほぼOゲージのところに居て、車両をいじってました。
 隣にはたるにゃー氏が、妻面の貫通戸の除去工事をしてました。どうも前の持ち主が加工して、変な穴になっていて、見た目が悪すぎだからとの事。
 最初はヤスリで削ってましたが、結局Pカッターを取り出し、スジ彫りを繰り返していく。そしてある程度彫れたら、カッターで切れ目を入れて、ペリペリと切り出す。
 この後は自宅にて同じサイズの金属板を切り出し、埋め戻すそうです。後方への電気接続は、電車の電気回路線よろしく、下から回す方向にするそうです。
 ちなみに切り抜いた写真を撮り忘れる、残念な吾輩であった…最近肝心なのを撮影し忘れるよなぁ…この後何故かBlack Junk氏所有の機関車が、2両ギヤがズレて起動不能に陥る事態に…
 さらに何故か化け猫氏の案内で、JR貨物関係者が来てチョット驚いた。
 17時になり、2日目も終了となり、撤収の時間となる。今年はほぼ2階にいたので、撤収もほぼ時間通りに開始できました。
 今年もエレベーターで仕切ってました。ただエレベーター内は空調がなくて、如何あがいても汗をかくことになりますが。
 机の収容も、何回かに1度の割合でやらなくて済む事がありますが、今年はその机を倉庫に収容せずに済み、力仕事が少ないのが良かった。そういえば、今年はそんなに疲れなかった気が…
 大体1時間位でほぼ終わり、帰宅の徒へつく。先ずは京急蒲田で半数くらい別れて、残りが蒲田駅方面へ向かうわけです。
 そして晩飯を食うのですが、たまたま鉄火巻氏と一緒でして、去年のリベンジで「リンガーハット」へ行く。二人しておもむろにチャンポンを頼み、写真を撮ってORIHIRO氏釣り。(ヲイ)
 晩飯後は蒲田駅から列車に乗って、普通に帰宅しました。

 次回は新シリーズですが、タイトルが思いつかん…
posted by 島々な人 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

第864回 第39回日本鉄道模型ショウ・5の巻

 前回からの続きであーる。

 10時になり2日目開場となる。本日もユルユル進行となり、まあ歩く量激減。本日もOゲージの前に居るのが増という按配に。
 合間を見て他所を見に行くのだが、先ずはBlack Junk氏の駐機場ですが…
狭そうな駐機場
 何か増えてるー!?よく見たら…
BEAコメット
 BEA(英国欧州航空)…おっと、現在はブリティッシュ・エアウェイズですな。そのBEA塗装のデ・ハビランド コメットだった。
 またツウな飛行機が…とおもったら、その裏にあった、桜並木モジュールには…
パーシー停車中
 何か居るー!まさかのパーシーで、英国祭り状態に。そしてBlack Junk造船所(!?)では、4隻目が建造中で…
第六青函丸と建造中の連絡船
 津軽丸級かな?窓をいちいちグリーンマックス製の家用窓を切り継ぐという、漢気仕様になってます。本人曰く、「気付くのが遅い」とも。
 さて、工作教室の車両ですが…
HO版KOKUDEN
 何か東海村のデジャブ感タダモレ…しかしこちらは紙質が良くて、木片での補強が要らないし、何より「これは考えたなぁ」と感心する事が…
安っぽいベンチレーター
 このアップであげたベンチレーターです。実は…
ユザワヤで見つけたのか?
 飾りボタンで出来てます。遠くから見れば、単なるベンチレーターなので、これを見つけた人はスゴイですよ。
 11時半位になり、昼飯を食いに行く。本日も「ほっともっと」の弁当で…
ハンバーグ弁当
 ハンバーグ弁当です。はい、Black Junk氏的にアウトー。飯を食って会場に戻ると、Black Junk氏所有で、現在たるにゃー工場に入場中のOゲージが展示中。
入場して塗装が落とされた0系
 はい、0系新幹線です。綺麗に金属肌が出てます。これはコレでかっこいいので、「クリアフィニッシュでも良い気がする」と言い出したりしますが、Black Junk氏的には「元の塗装で」との事。

 今回はこれまで。次回に続くっぺよ。
posted by 島々な人 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

第863回 第39回日本鉄道模型ショウ・4の巻

 前回からの続きにゃしぃ。

 18時になり、1日目が終了する。本日限りのモジュールを撤収して、早々に会場を閉鎖する。そして懇親会会場である、4階へ移動する。
 会場前のロビーにて、名札を貰ってから入場する。乾杯の音頭を何故かBlack Junk氏…その後は立食形式の食べ放題だったので、まあモノによってはすぐ消えた…
 始まって30分後位に大抽選会開始。最初は3000円から始まるのだが、結構スハの会とか、T−TrakNetworkの人が当たってまして、KouChan氏も…
KouChan氏の3000円券 金券の撮影に勤しむ方々
 3000円当たって、勝利の写真撮影。続いて5000円となり…
5000円大当たり〜!
 吾輩当たる。その後も1万円になり、最高金額3万円をスハの会所属のO氏が当てて、今回は終了。さっそくワールド工芸の化け猫氏が営業にやってきたのだが、これが悲劇の一因に…(ゑ?)
 その後も宴会は続くのだが、異様な光景がありまして…
そびえ立つ唐揚げの山
 「誰が食うんだ?」な位盛られた唐揚の山…Black Junk氏曰く、「今年は人が少ないのになぁ…」との事。その後ロビーで伽君から荷物を受け取る。
 宴会も2時間経ち、閉めの発声は先ほど3万円を当てたO氏。急なので相当困惑してました。まあ仕方ないですが。
 宴会場を出て、蒲田駅方面に向かい、本日の宿である、「東横イン蒲田東口」に投宿する。荷物を置いたら、近くのコンビニに行って、買物をする。
 ホテルでくつろぎ、シャワーを浴びてから就寝となる。

 23日(日)は7時頃起床して、朝飯を食う。多分名古屋の東横インに泊まって以来の、朝食がご飯なのは。部屋に戻って支度をして、9時15分前にはチェックアウトする。
 PiOに向かう最中に、こんなものを発見する。
ややこしい政党名だなぁ…
 そのものズバリだけど、政党として如何かと…そして毎年恒例の、京急蒲田要塞駅の今を撮る。西口に新たなるロータリーと広場が出来、駅前商店街の「あすと蒲田」から見ると…
商店街の奥にそびえる京急蒲田駅 京急蒲田駅西口へのアプローチ
 相当変わっており、前は下町の駅感がありましたが、現在は都会の駅感がします。そして上から写真を撮ると…
京急蒲田駅北側高架下 西口ロータリーへ進入するバス
 広場もそうですが、バスとタクシーとか見ると、「ここホント京急蒲田要塞の西口か?」な感じがします。そして高架下ゾーンも開発され…
コンコース階のコンビニ 高架下ショップ案内
 スーパーやらコンビニやら、本屋も出来てました。ちなみに駐輪場も整備され、何故か自動改札っぽい構造をしてましたが、ウッカリ撮影忘れた…そして東口も結構整備され…
京急蒲田東口ロータリー全景
 バス・タクシープール付のロータリーになってました。何故か救急車が止まってますが、近所で何かあったのでしょうかね?
 そして会場入りするのだが、まあ今日は9時半集合なので、着いたのは9時5分頃と、丁度いい位かな?
 会場に入ったら、ユルユルと準備をする。短くなった路面モジュールも…
第39回鉄模連ショウ2日目配置
 この様に既に動ける様になってました。この日も人員の確認に行ったのですが、事務局の返事は「今日も要らないよ」と、今回は超余裕の状況になりました。

 今回はこれまで。次回に続くんじゃ。
posted by 島々な人 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

第862回 第39回日本鉄道模型ショウ・3の巻

 前回からの続きなのです。

 22日(土)はやはり6時頃に起床して、今度は職場に車を止める。列車は前日より1本遅い…つーか前日乗る予定だった新幹線に乗って上京する。
 そして前日の流れで品川へ向かい、品川で京急線に乗車しようとしたら、またもや併合作業中だったので、撮影大会となる。
連結器手前一旦停止 連結作業開始 連結完了
 連結が1500形新1000形って普段からあるのかなぁ。京急蒲田駅に到着し、歩いて会場入りしたら、会場前には結構T−TrakNetworkの関係者がいた。
 9時頃になり、会場が開いたので、入って設営しだす。車両展示コーナーではJさんから、「展示コーナーが足らないよ」と言われる。
 つーか今年は机を4つ用意したんだが、その想定をはるかに超える量を持ってきた、違う漢がいただけなんだが…
 しばらくしてから、本日の予定を聞きに、事務局へ行ったら、偉い人からこんな事を言われる。「今日は大丈夫だから」
 こうして近年まれに見る、移動量激減が確定する。他のメンバーも「ゑ?本当?」と、気が抜けた按配に。
 10時前には開場となり、まあその後はダラダラしつつ、1階の会場へ行ったり来たり。つーかほとんど三線式Oゲージのコーナーに居た気が…
 11時半頃になり、早々に昼飯に向かう吾輩。今年は弁当も変わってて、「ローソン」から「ほっともっと」に変わってて…
焼 肉 弁 当
 焼肉弁当でした。飯を食ったら、会場に戻って、写真撮影をして周る。まずはOゲージコーナーでは…
毎度ゴチャゴチャするOゲージコーナー
 やはり増えてました。ちなみにホームがありますが、持ち主のたるにゃー氏曰く、「戦前製」との事。手前の客車共々、よくあの戦争で徴収されなかったものですな。
 そしてここには写ってませんが、メルクリン製のコントローラーがありまして、これをフィーダー端子とスイッチの増設工事をやったと、持ち主のたるにゃー氏が申してました。
 続いてT−TrakNetworkのブースを撮影する。
第39回鉄模連ショウ1日目配置
 まあこの後本日限りの人が抜けて、小さくなりますが…そして信号長Y氏の新作が、N本線コーナーの一部で動いてました。
IMG_4019.JPG
 はい、今は無き日立電鉄2000形です。しかも3連になってます。このレイアウトを信号長Y氏曰く、「何となく日立電鉄っぽい」と。
 ちなみにこの写真、後でmixiに上げて、ORIHIRO氏を釣ったのは、まあお約束ですな。
 工作コーナーは宣伝が悪いのか、吾輩が見てた時間中に、1組しか見てない…結構良いものだけに、少々惜しい感じがする…
 その後はほとんどOゲージコーナーにて、Oゲージをいじってました。おかげでそんなに歩き回ってませんので、あまり疲れなかったですよ。
 懇親会参加費を支払い、領収書兼抽選券を貰うのだが、抽選番号が選べたので、適当に領収書の束から引っ張る。これが結構良かったりする。

 今回はこれまで。次回に続くのじゃ。
posted by 島々な人 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

第861回 第39回日本鉄道模型ショウ・2の巻

 前回からの続きです。

 前回帰ると書いたな?アレは嘘だ。(ヲイ)まあぶっちゃけ寄り道で、先ずは蒲田駅に向かう。蒲田駅は蒲田駅でも…
蒲田駅東急線乗り場
 東急蒲田駅です。とりあえず構内を撮影して回る。
東急蒲田駅構内配線
 んが、マトモに撮れたのコレだけ…その後この電車に乗る。
「池上線」表示中 「五反田」表示中
 はい、池上線です。多分ネット界隈では残念で有名な、東京堂モデルカンパニーへ行った以来随分ご無沙汰な路線ですし、蒲田側は未乗区間がほとんど。
 この時、実は多摩川線に乗った方が正解だったのだが、何故このルートになったのかが不明。池上線に乗って、旗の台で乗換えの為下車する。
旗の台駅池上線ホームにて
 旗の台から大井町線に乗る。
IMG_4007.JPG
 たった2駅先の大岡山駅で再度下車する。
大岡山駅大井町線側駅名標
 ここで冷静に考え出し、「多摩川駅から目黒線に乗った方が早いやん!」と気付く。目茶苦茶後の祭りである。そして先頭に乗ったが故に、乗換えの為にホームの端から端まで歩く始末。
 ある意味鉄分豊富なルートですが、この後の予定がグデグデになるのは言うまでもない。そして目的地最寄の駅である、洗足駅に到着する。
目黒線洗足駅
 そして歩いて目的地に向かうのだが、この時点で相当暗くなっていた。しかも道中がこんな按配。
THE住宅街の路地裏
 如何見ても単なる住宅街です。そして歩く事数分で目的地に到着する。
「雷王模型」入口
 パッと見単なる民家ですが、門の前に向かうと…
「雷王模型」正門
 一応申し訳程度にある、トミックスの取扱店看板がある通り、これが模型屋です。名を「雷王模型」と言って、吉本興業の芸人さん達がやってる、「吉本プラモデル部」でも取り上げられた店です。
 んが、この時点で17時過ぎ。日もとっくに暮れており、話だと夜間だと暗くて探し辛い場所がある、店内の精巧な検索が困難に…
 しかも「晩飯を食うよ」と母親に言った手前、帰宅ギリギリの時間となり、本日の来店を断念する…乗換を考えたら、多分もう少し早く行くべきだったなぁ…
 敗残兵な気持ちで帰宅の徒につく吾輩。目黒線に乗って、目黒駅で山手線に乗換える。何気に目黒線の残り未乗区間が、奥沢〜大岡山間になった件について。
 山手線に乗って東京駅で新幹線に乗換え、一路高崎駅に向かう。高崎駅から自宅まで、何故か高速道路を使い、無理矢理19時前に自宅へ帰宅する。

 まあ「雷王模型」については、後日再突撃を敢行する予定です。

 そして今回はこれまで。次回に続くのよ。
posted by 島々な人 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

第860回 第39回日本鉄道模型ショウ・1の巻

 待たせたな。(大塚明夫調で)秋のイベント月間第2弾である、10月22・23日(土・日)に東京都京急蒲田要塞近くの「大田区産業プラザ(PiO)」にて、「第39回日本鉄道模型ショウ」が開催されましたので、少々遅れ気味ですが、そのレポでも。
 何?第1弾はどーしたって?色々メンドウだから却下!!

 21日(金)は前日設営があったので、それに合わせて出かける。6時頃に起床して、荷物を車に詰めて出発する。直接高崎駅付近まで向かい、駅近くの駐車場に止める。
 新幹線に乗る前に、朝食を買って、一本はやい列車で上京して、東京駅から東海道線に乗って、品川で京急線に乗換える。
 京急線の改札前で、たまたま快特電車が到着してて、発車間際だと勘違いして、慌てて車両に乗ったら、たまたま増結作業中だった。その増結車両が…
併合前の1800番代
 まさかの新1000形1800番代でした。始めてみたけど、まさかこんな所で…そして京急蒲田駅で下車して、真っ先に撮影した訳ですよ。
連結部1800番代より 連結部ステン新1000形より 発車する快特電車な1800番代
 しかし相方の新1000形と比較すると、まあ直角感がありますな。結局8時半前には会場入りという、毎度お馴染みのギャグを敢行する。結局スハの会の人が来るまで、ネットいじりしかなくて、暇でした…
 9時頃にはBlack Junk氏も到着し、そのまま会場入りする。大体のレイアウトを決めて、机をばら撒く。そして何故か真っ先にT−TrakNetworkの机が並び終わる。
机配置完了@T−TrakNetwork
 まあ毎度信号長Y氏が、机とモジュールのレイアウトを組んでしまうので、この手の仕事が早い事。
 その後は通称「神棚」と呼ばれる、「スハの会」の車両展示スペースと、N本線系モジュール、それにOゲージとお客様展示スペースを構築する。
 そして毎度お馴染み倉庫番ゲームの時間です。机を入れるラックを綺麗に並べるのだが、今回は何故か吾輩一人で全部やってた。
 ラックの整理が終わった後、「工作教室やるから机出せ」なんて言われる。よりによって机が入ってるラックが、一番奥に入れたので、せっかくキレイに並べたラックが、少々ぐちゃぐちゃになる。早く言ってくれよ…
 そうこうしている内に、信号長Y氏が到着し、たるにゃー氏も来たから、机に敷く布を取りに行ってみたが…今年は発注ミスがあったようで、足らない騒ぎががが…結局小ホールは布無しでやる事になった。
 工作教室のスペースを確保する為、N本線系モジュール用の机を動かす事になり、机の上に展開してるレイアウトを慌てて動かす作業をする。
 何分ヤード部が組み終わってからの移動なので、動かすのも一苦労。何とか机を移動させたら、今度は工作教室の机を配置する。こっちは適当だが、まあ普通の配置。
 この時点でOゲージを展開したり、路面モジュールを出したり、他人の作品に信号長Y氏が驚いたり、受付カードの作成等、ゆるゆる作業タイムとなる。ここら辺毎度お馴染み。
 昼時になり、昼飯を食いに行く。場所は毎度お馴染みの「ニイハオ」で、本店の方が綺麗になってました。でも都合により支店の方へ行きましたが。
 日替り定食と餃子を頼むのだが、何故か餃子が分散して来たから、「頼んだの忘れた?」なんて疑いががが…
 ちなみに日替りは鳥の唐揚げ甘酢あんかけでした。何故か野菜皆無なので、Black Junk氏の回鍋肉から出た、たまねぎ(Black Junk氏が食うと倒れるヤバイ物)を食ってました。
 会場に戻り、間仕切りを設置し、後は設置が完了してる所から、試運転と言う名の運転会状態。ただし、動いてるのはOゲージだけで…
トンネルを出る手前の丸ノ内線電車缶 トンネル長が缶2つ分
 たるにゃー氏の新作、丸の内線クッキー缶使用の6連だけです。この作品、「はぐるまや模型」のブログにも掲載されてますが、改良工事が行われており、ヘッドライトとテールライトが点きます。
 構造はと言うと、給電方法が乾電池という、お手軽な構造です。お手軽とはいえ、穴を綺麗に開けるのが大変そうですが。
 その後16時となり、吾輩は帰宅の徒につく…

 今回はこれまで。次回に続くのさ。
posted by 島々な人 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

第766回 第37回日本鉄道模型ショウ・その4

 前回からの続きにゃし。

 昼飯を食った後、会場に戻ると、これまた関係者から貰った、EB58が分解中。
分解整備中のEB58
 実は試運転をしてみたら、全く動かないのにライトが両方点いちゃう謎不調な車両だった。バラしたたるにゃー氏曰く、「配線がおかしい」との事。
 さっそく分解して、接点やらパーツの磨きだしをしていた。その一方で、吾輩のモジュールはといえば…
カオスなヤードと化した車庫モジュール
 車両が飛び出す位留置してました。しかも何故か路面電車が少なくて、本線型車両が多いのだが…Oゲージコーナーに戻ると、メンテナンス性向上を兼ねて、接続端子を取り付けてありました。
車体分離し易い端子取付済み
 その後はモーターへの配線を行ってたたるにゃー氏。
配線を空中半田付けしてるたるにゃー氏
 他の人から、「空中半田付けなんて出来ない」とか言われてました。まあ吾輩も空中半田付け無理ですが。その後は最後の大ホール入場口監視の為、入口で1時間立ちんぼ。
 17時になり、全日程終了となる。まずは小ホールに戻り、一気に荷物を撤収する。その後はここ数年のお約束である、エレベーター係となって、荷物の移動を監視。
 机と椅子、それにパーテーションをバックヤードに収容すると、全ての作業が終わる。後は地元へ帰るのだが、まずは夕飯を食うべく、「日高屋」でラーメンを食う。
 で、食後に店を出て、「日高屋」近くに「リンガーハット」があって、「そういえば、来年はこっちにしようとおもったよなぁ」と、この時点で思い出す残念な吾輩…
 その後は蒲田駅から京浜東北線で東京へ向かい、ここから新幹線に乗換えるのだが、何故か先発2本(高崎通過の「とき」と「かがやき」)が高崎通過便…何の嫌がらせだ?レベル。
 結局3本目の「はくたか」号に乗るのだが、乗ったのがW7系と、初かもしれない。車内は変わらないが、車内メロディーが違っていた。
 その後は無事に地元へ戻りました。

 こうして「日本鉄道模型ショウ」が終わり、次週の岩手での「鉄道フェスタ2015」へと流れる。次回からは「岩手・鉄道フェスタ2015」のレポですよ。
posted by 島々な人 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

第765回 第37回日本鉄道模型ショウ・その3

 本当は昨日上げる予定だった、前回からの続きですよ。何で遅れたかった?そりゃ4週もイベントやってりゃねぇ…

 1日目のお楽しみ、懇親会会場へ移動し、懇親会開始。ほとんど「ワールド工芸」の化け猫氏と喋ってた気がする。
 その一角では、毎度お馴染み模型のご開帳が行われてて、KouChan氏と信号長Y氏の車両が出ていた。
リアルジェームス鑑賞中 岳南7000形ご開帳
 懇親会受付時に領収書を兼ねて、くじ引きの番号が配られ、会場限定で1等3万円のくじ引きが始まる。まあ大抵「忙しい奴ほど当たらず、暇とか遅く来た人が当たる」な話があったのだが…
 事態は斜め上を逝った。たるにゃー先生が結構高額当選してみたり、45k・あうし夫婦が揃って当てたり…1等に居たっては、最初にくじ引きをさせられた、越後屋さんが当たる出オチに…
 結局当たらなかったなぁ。当たったら「ワールド工芸」で買ってたなぁ、多分。その後岳南鉄道(現在は岳南電車)のファン団体会長が来て、慌てて信号長Y氏を呼んだりと、まあ忙しい。
 2時間で懇親会が終了し、撤収となる。吾輩と「ワールド工芸」の店員さん、それにげじまゆ君がJR蒲田駅まで一緒で、げじまゆ君は東急に乗って帰る。
 吾輩と店員さんは京浜東北線に乗り、吾輩は大井町駅で下車する。大井町駅から今晩の宿である、「ホテルタチバナ」へ行って、チェックインする。
 ホテルは一昔の宿で、部屋が4階にあるのに、エレベーターがないから、疲れてる時は結構大変…部屋はそこそこ広いが、シャワーしかない部屋だった。
 まあ値段が安いだけあって、文句はないし、かえって値段以上な広さの部屋だったから、まあ合格点ですな。でも風呂がないので、ネットを検索した結果、至近距離に銭湯があったので、慌てて向かう。
 ホテルから2〜3分って位置に、銭湯「末広湯」がありました。入湯料を払って入場して、そそくさと入浴。東京の銭湯にしては、熱くはないお湯でした。
 ホテルの部屋に戻り、早々に就寝となりました。

 25日は7時過ぎ位に起床して、そそくさと支度をしたら、ホテルを後にする。蒲田に向かい、ミスドで朝ご飯とする。
 その後会場へ向かうと、既に数名が入口に待機中。際どいネタが乱発しつつ、会場が開くのを待つ。9時前に会場が開いて、準備開始。
 Oゲージコーナーでは、たるにゃー先生の秘蔵品が大量投入していた。
所狭しと並ぶOゲージ群
 特に戦前製の客車と…
貴重な戦前製Oゲージ群
 信号のギミックが投入される。
腕木式と3灯式信号機
 一方T−TNetはこんな按配。
第37回鉄模連ショウその1 第37回鉄模連ショウその2
 本日も10時15分前からのフライング入場があったけど、人員配置が結構すんなり入った事もあり、まあ流れがスムーズ。
 そしてOゲージでは、長大客車編成が登場する。
客車4両とテンダーを引っ張るSL
 この後長大貨物列車が出たのだが、うっかり撮影忘れ…orz
 この後は会場内で、見知らぬお客さんから、「コレあげる」とOゲージの車輪と連結器が贈呈されるという、何か細かいネタが乱発傾向に…
 合間を見てお買い物をする。今回は「ワールド工芸」で東芝戦時型電気機関車を買う。きっかけは化け猫先生が、「ストリートビューで東武ED4010形がご開帳」ってのを見たから。
 どんだけご開帳だったかといえば、点検扉全開で虫干しか整備中という、「コレ狙ってただろ?」なレベル。
 コレを確認後、HDDレコーダーで撮り溜めた、「空から日本を見てみよう+」にも出てたから、もうトドメを差されちゃって、「買って作ろう」と思った次第。
 その後「トーマモデルワークス」にて、横浜市電の単車こと、500形タイプを購入する。これはまあ何となく買った感じで、3Dプリンター製ボディを試す意味合いもありますが。

 本日はコレまでぴょん。次回に続くぴょん。(お疲れMAXです)
posted by 島々な人 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | JMRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする