2020年04月14日

第1223回 新型コロナウイルスのトバッチリ

 さてTーTrak関係者なんかは分かってると思いますが、今年は新型コロナウイルスのせいで関西行が中止…

 おまけに6月の柏崎トレインアトラクションと、9月の岩手鉄道フェスタも中止となり、ただでさえオリンピック関連でGWに時期変更したけど、やはり新型コロナウイルスの絡みでコミックマーケットが中止。
 それ以前から会場確保の関係で1年休止が確定してた、JAMコンベンションがオリンピックの1年延期という、トバッチリで来年開催するかが微妙な状況となる。
 無論6月の静岡ホビーショーは中止となり、7月のJNMAは未だ動向が分からず、この調子だと9月の全日本模型ホビーショーも怪しいレベル…
 多分だが10〜11月頃のJMRAと、11月の鉄道模型コンテスト並びに組合文化祭、それに12月の大宮でのウインターセールがまあ状況次第って感じですな。

 つまり何が言いたいかと言えば、今年は深刻なネタ不足ががが…ついでに言ったら、年次有給休暇を使い切る自信がない…何分イベントで相当消化できたのが、今年はほぼ出来ない状況に…
 無論イベントが無いって事は、ブログにもダイレクトに返ってくるので、今年はほぼほぼアップ回数が伸び悩む事うけあい…

 ホント如何しましょうかね?一応ネタを1つ仕込んだけど、如何なるかは見えないし、日の目を見られる位の内容になるのか?

 仕方ないので5月までおとなしくしてます。
posted by 島々な人 at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

第1209回 5年ぶりのメインパソコン買い替え騒動記

 何から書こうかと考えてたんだが、今回パソコン買い換えでも書く事にする。本当なら毎月恒例の模型ネタの方が先なんだが、なんとなくね。

 さて話は「Windows7が1月14日でサポート終了」という、ゲイツ組の陰謀マイクロソフトの方針が結局変わらなかった事から始まる。
 まあWindows10も出てからそこそこ経ったし、既にノートパソコン(以下「パソコン」は「PC」に略す)修理の結果、Windows10になっており、取扱はまあまあ分かっている。
 なので、メインPCもWindows10に更新する事にした。つーか選択肢がそう無いのもアレですが…問題は如何更新するかである。

 と言う訳で、今回も技術的検証が始まる。
 現行機のスペックのまま移行ってのも一応考えたが、5年前そこそこ良いスペックのPCも、「3年経てば残念スペック」という、PCの進化論通り、少々パワー不足に…
 しかも以前Windows10を一度入れてみたのだが、これがまた激重この上ないパワー不足の極みだった。しかも最近PC内の時計がすぐにズレる。多分ボタン電池が寿命を尽きた可能性大。つまり如何あがいても、もうPCの買い替えは必至な訳だ。
 次にどんなPCにするのかを検討…つーかミニタワー型一択。ある意味「そこそこ拡張性があって、そこそこ面積・体積が減る」って、この5年で結構体感すると、離れられない訳ですよ。
 ケースサイズは決まったが、今度はCPUを如何する?前はAMDがヘボ過ぎて、Intelの軍門に下ったが、今は違う。RYZENシリーズという、強力なCPUが登場し、ヘッポコAMDユーザーな吾輩歓喜の話ですよ。無論RYZENシリーズ搭載機にする。
 続いて問題なのがメモリー量。ぶっちゃけノートPC修繕時に、Windows10を試しに入れてみたが、8GBじゃ足らん。ノートPCはグラフィックメモリーも共用なので、余裕を見て16GBにした経緯がある。
 俗に言うデスクトップ型の場合、グラフィックメモリーは独立してるので、無視はできる。しかし8GBで余裕があるかが分からない。なので保険で16GB積めばよい。メモリー2枚差しなら、デュアルチャンネル効果で早くなるし。
 一番の問題は…SSDだ。とはいえ、5年の年月はSSDの性能を向上さすに十分な時間で、とある加虐実験だとHDD破損レベルの駆動時間でも壊れないというので、高速性能向上の為入れても問題は無いと言えよう。
 グラフィックは予算内で一番良いやつとなる。ちなみに予算は前回と同じ位の15万前後。こうなると消費税上がる前に買っときゃ良かった…

 上記の条件を基に新機種を検討すると…現行機と同じ「ドスパラ」の「ガレリア」シリーズに良いのがあった。比較検討の結果、買うのは「ガレリア RV5」に決定。
 ミニタワーでRYZEN5ー3600搭載で、店員曰く「これでも結構強力なCPU」とお墨付き。メモリーは無料で16GBで、8GBの2枚差しなのでデュアルチャンネル対応済。
 記憶媒体は256GBのSSDと、1TBのHDDと2台もある。ぶっちゃけ現行機の500GBでも余りまくってる吾輩にとって、ある意味過剰スペックの極みなのが記憶媒体かと…
 グラフィックはGeForce製RTX2060SUPERで、メモリーは8GBと、実は結構上位機種。店の設定的には、もう1つ上があったのだが、税金等を考えると、まあスペック落として妥協ギリギリのラインで。
 後光学ディスク系が何故か載ってないので、オプションでDVDマルチドライブを搭載。後はOSをHomeからProに変えて、お店でクレジットカード決済する。
 カード決済で5%キャッシュバックしたのだが、その額を見て、思わず「もうワンランク上にしても良かったかも…」と思った位キャッシュバックしてました。

 そして30日着荷し、31日にセットアップ作業と設営をしたのだが、やはり手間取ったのがメールと個人的な設定で、メールはほぼほぼネット検索でヒーヒー言いながらやってました。
 しかしホントSSDの起動って早いですな。前なら数分位かかってたのが、今は1分もしない内に完全起動するんですから。ビバSSD!

 次はノートPCにSSDを積むかね?メーカー送り確定だが…
posted by 島々な人 at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

第1208回 謹賀新年令和2年

 皆様新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

 本当なら元旦出勤で、2日にはブログでも挨拶を書こうかと思ったのですが、大晦日の就寝間際に喉の具合が急遽悪化し、結局元旦の勤務で完全に風邪を発症させるという状況でした。
 なので挨拶が本日までズレた事に関しまして、ご理解を強要する。(ヲイ)
 ちなみにパソコンの更新は何とか令和元年内に終わりました。ただその後多少の設定変更が必要となり、3日の午後体調の多少の回復を待ってやったんですがね。

 とまあ、とりあえず毎年恒例であり、去年は全然出来なかった、新年の抱負を…

 1.車両を完成させる。(結構塗装待ちが多い…)
 2.路面モジュールの拡充(改良工事・新設工事ともに中途半端だし…)
 3.そろそろ身を固めないとねぇ…(さらに遠い目…)

 まあ何処まで出来るか解りませんが、これらのいい加減に実現せにゃならんので、鋭意努力する所存であります。多分…
posted by 島々な人 at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

第1207回 とりあえず今年の総括@令和元年

 今年も後僅かになりました。

 今年は暮れの挨拶が早いにも訳がありまして、まあ後日書く予定ですが、実は先日メインパソコンを買いまして、その着荷が30日なんですな。
 しかも今年は30日明け31日休みと、着荷後から大晦日までのウチにメインパソコン移行作業をするという、久々のゴタゴタ確定なんですよね…
 なので現行パソコン最後の原稿書きだったりする。

 まあ今年も彼方此方に出かけ、4月の関西Nゲージ合同運転会絡みの旅が、相変わらず大作ですし、岩手鉄道フェスタはついに夜のMVPが王者2連覇なんてネタがありましたなぁ…
 今年は久々に全日本模型ホビーショーに行けたってのが良かったかと。目に刺激あり過ぎで毒になりかけてますが。
 今年一番の話題といえば、譲位による平成年間が終わり、令和時代が幕を明けたって事ですが。ついに平成で結婚できなかったか…

 ブログの方は、ほぼ紀行モノやら、イベントレポがメイン…まあ今年はそこそこ模型をいじってましたが、完成に至らないってのが毎度の事でちと問題。
 Nゲージ完成品や、鉄道コレクションに手を入れるネタが案外多かったり、ついにはジャンク再生ネタが半田ゴテ投入と、ちと吾輩的には大技を多様した感じの1年だったとおもいます。
 来年も可能なら車両の完成とか、路面モジュールの進行が進めばとおもいます。

 ちなみに原稿ネタが相当溜まってるので、来年早々原稿を書くのにヒーヒー言いそうですが…まあ気長にお待ち下さい。

 来年は平和かつ良き年になる様、祈念しつつ良いお年をお迎え下さい。
posted by 島々な人 at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

第1154回 JNMA前のゴタゴタ

 今回のお話は無駄に方言ネタやら、どこかの台詞ネタとか、超意訳なんかが満載です。反省も後悔もしない方向で。(ヲイ)

 話は6月の中頃まで遡る。茨城県在住のORIHIRO氏がつぶやいた、この一言から物語(なのか?)は始まる。
 「TVのバックライト死亡確認」(超意訳)どうやら液晶テレビには必要不可欠にして、ここが死んだら買換不可避な場所がやられたようだ。
 とはいえ、ORIHIRO氏は最近再独立したせいもあり、テレビは割と高価な代物である。

 一方吾輩宅には録画機能だけ死んでるだけで、「見たい番組が多いのに何たる不都合!」(超意訳)と、母親がブチギレして、それ以外の機能が無事だが買換えてヒマしてる19インチの液晶テレビが一台あった。

 まあとりあえず「テレビ要るんか?」(何故か広島弁)と投げたら、「検討させでぐだせえなんですが、実際の費用等は月が変わってがらでねえどNGです」(無駄に茨城弁)と来た。
 普通に考えたら、宅急便使用での送料が幾らになるか不明だし、「隣の県ならまだしも、テレビの発送だけで茨城まで向かうのもなぁ…」と、ちと悩み事が発生する訳ですよ。イベントも無いし。

 そして時は流れて6月下旬となり、ダラダラとヤフオクを見てたら、Black Junk氏が講師をしてる、工作教室向けの良い物を発見し、即刻落札。
 落札したのは、最近なかなか出ない関東系のBトレインショーティー(以後「Bトレイン」と略す)、それの京浜急行新1000形ステンレス車。これが1両平均単価約160円とはお得である。
 その後吾輩の勤務が確定し、夏のイベント第1弾である、JNMA当日の休日が確定する。

 7月に入り、ORIHIRO氏のつぶやき。「今週末上京しようかね?」(超意訳)なんて言うから、吾輩が「上京するならテレビ持って行くけど?」と返したら、「謹んで上京いたします」(何故か原文のママ)となった。
 さらにBlack Junk氏にメールを送ろうとしたら、その前に「宴会に参加するん?」(何故か広島弁)とメールが来てた。何たるタイミングなんだか。
 なので、「OK!」(超意訳)と返しつつ、「Bトレイン要りまへんか?」(無駄に大阪弁)と投げたら、「どうも買います」(何故か津軽弁)と返ってきた。

 そしてテレビの荷造りをするのだが、問題が発生する。テレビを入れてたダンボールが無い。まあサイズ的に業者が来て修理するせいもあって、捨ててしまってた訳だ。
 悩みつつBトレインの梱包をして、シールを作っている最中にプリンターを見てふと、「アレ?コレ(エプソンEP−805)ってもう修理対応してないんじゃ?」と気づく。
 調べたら案の定期限切れ。「じゃダンボール要らんよね」となり、「これなら入りそう」とテレビを入れたら…
対角線にスッポリ
 「スポン!」と言う効果音が脳内再生余裕でした。タイミング良いなァオイ。こうして荷造りは進み、7日の当日を待つ事となる。

 今回はコレまで。次回JNMA当日編也。しかし方言変換って結構あるんだなぁ…
posted by 島々な人 at 19:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

第1107回 そろそろ旅行の季節です

 今年も関西のNゲージャーに春を告げる、「第20回関西Nゲージ合同運転会」(これ以降「関N」と略します)が4月20・21日に行われた。

 まずは休日の確保。今年も例年通り開催3日前から観光行ってからという、まあここ数年来の定番な日程を元に、勤務の休日事前申し込みをして、日程を無事確保。

 そして今回の旅行行程を考え始める。

 「今回こそ飛行機を…」と考え、行先を検討するのだが、乗りたい機材を考えると、行先が自ずと決まってしまう。A320に乗りたければ、スターフライヤー全日空か…LCCは荷物が煩いので却下!
 上記二社でほぼA320しか飛ばないのは、コードシェアしてる北九州便のみ。そこを起点に考えればいいのだが、問題は荷物がどうなるかだった。
 イベント的に荷物量が多いから、どうしても航空荷物のサイズ内に押さえなければならない。荷物を最初からホテルに送りつけるのも手ですが、この時点でどれだけの量になるかが分からなかった。
 まあ結果論から言えば、ほぼ去年並みだったので、飛行機でも良かった気がする…
 そして最大の問題は、北九州で何をするかだった。観光の事をほぼすっ飛ばし、目指すは筑豊電鉄2000形…んが、走るのが朝ラッシュ時のみなので、ある意味難易度爆上げ…
 何気にHPを見てたら、H2氏のブログに2000形の写真があって、「使って宜しいでしょうか?(意訳)」とメールを送ったら、「構わんよ(やはり意訳)」と帰ってきた。有難い事です。
 こうなると、北九州行の計画は断念する。つーかその後の行程を考えるのも大変だし。

 そんな中、出向先の会社から、相当額の商品券を貰える事になった。その額総計福澤さん8人分位…まあたまたま会社10周年記念とか、グループ内の競技会優勝やらが重なっただけですが、これが結構おいしかった。
 こうなると旅費の一部が相当額を商品券で回せるので、行先を新幹線でも相当遠めな所に行ける。そこで新幹線で行ける所で、飛行機だと少々面倒な場所と言えば…
 「路面電車のメッカである広島だな」
 メインの行先は決まった。サブはどうするか…まあ1日は「南海6000系を撮りに行かなきゃ」と思ってたので、コレを採用するとして、残りはどうするか?つーか広島まで遠いし…
 時刻表を眺めならが、いろいろ考えてたら、良いモノが目に入る。「あー…サンライズ瀬戸・出雲」号か…」この時島々な人に衝撃が走る。そう、良い事思いついたのだ。
 そうだコレだ!これなら岡山まで寝ながらにして行ける。しかも岡山には岡山電気軌道があるではないか。しかも最近キワモノ面白い電車が入ったではないか。
 幸い路線距離はそんなに長くないが、乗り応えはある路線だ。半日あれば何とかなりそうだ。残りの半日は以前より「是非行ってみたい」と常々思ってた、呉の博物館まで行けば良いじゃないか!

 かくして大阪の宿は勿論の事、広島の宿と「サンライズ瀬戸・出雲」号の手配を行う。「サンライズ瀬戸・出雲」号はちとゴタゴタしたが、まあ何とか確保できた。
 切符も600kmを超えると往復割引が効く。なので乗車券を広島まで往復で買うと、各々1割引で買えるし、100kmを超えてるから、途中下車も可能。実に良い事だらけだ。

 こうして旅行準備は整った。

 次回から超大作不可避な旅行シリーズ、「島々な人山陽路を往く旅」をお楽しみ下さい。あ〜この後原稿書かなきゃ…(ヲイ)
posted by 島々な人 at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

第1105回 第十四回青函連絡船講演会・第3便

 ちと多忙なので、遅れたけど前回からの続きにて候。

 メチャ内容の詰まった講演会が終わり、記念品として連絡船仕様の硬券を頂く。
 便名はスタンプ式で、今回の講演会に合わせて、「第14便」のスタンプが出てました。無論このスタンプは連絡船用に使われた、由緒あるスタンプです。
 さらに日付印字器があって、それを印刷するのだが、流石にセットされた数字の関係上、西暦的な日付か連絡船最終日の日付の二択。吾輩は連絡船最終日の日付で刻印する。
 その横で撤収が行われており、今回は相当の聴講者があり、ありったけの椅子が出てたので、片付けるのにも一苦労してた。
 撤収が終わり、「この後汐留で懇親会があります」との事なので、そのまま参加する方向に。こんなのがあるのなら、自動車で駅まで出たのは失敗だったなぁ…
 18時に汐留で、この時点で17時前だったので、そろそろ移動開始となる。まずはゆりかもめに乗るのだが、天候が微妙に悪化しており、ポツポツって感じだった。
 東京国際クルーズターミナル駅から乗るのだが、何故か来た電車が結構な詰まり様…こりゃビッグサイトで何かあったな?まあビッチリではないだけマシな状況なのは変わらない。
 吾輩とBlack Junk氏、それにtominubian君が一緒の場所に乗り、鉄火巻氏と伽枕流君が違う場所に乗った。これがちと状況を分けた。
 途中駅での降車もあまりないので、「こりゃ終点の新橋まで行くかね?」な流れだったのだが、汐留駅で吾輩達の乗った位置では、ごっそりお客が降りた。「こりゃ行けるぞ」となり降りた。
 電車が発車するのだが、この時点で鉄火巻氏と伽枕流君が降りてなかった。どうやら本当にたまたま団体客が降りた感じ。
 汐留駅を出たら、日本テレビタワーを横切り、道路を渡ると「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」に到着する。ここに付設してる、「ビヤダイニング 銀座ライオン 汐留店」が目的地である。
 店内に入り、会場に着いたら上着を脱いでから、Black Junk氏に品物の引き渡しを行う。ついでにさっき買った、ちょっとジャンクな東急2000系を見せたら、引き取ってくれた。
 そしてBlack Junk氏がおもむろに取り出したのが…
旧汐留停車場で第六青函丸御開帳
 第六青函丸でございます。無論遠慮なく煙を吐き出してました。まあ単に匂い付オイルを蒸発させてるだけですが、どうやら石炭燃焼時の匂いなので、ある意味そのものズバリ(第六青函丸は石炭焚き)な訳で。
 なので対面に座ってた、今回の聴講者でもある女子大生に何故か大受け。まあギミックを知ってるから、吾輩なぞニヤニヤしてるだけですが。
 そして18時になり懇親会開始。今回はホントお酒メインなので、おつまみがまあ残念な量でした。でもお酒に関しては、対面の女子大生が傑作だった。
 なにせお酒の強いBlack Junk氏をして、「こいつはザルじゃなくてワク」と言う位の猛者で、何故か焼酎を抱えてるという塩梅。岩手なら確実にハンター(酔い潰す)役ができるくらい。(ヲイ)
 しかもムール貝のワイン蒸しで余った汁をすすりたいと言い出し、豪快にも大皿ですする寸前でBlack Junk氏に止められるという、ある意味カオスな状況。
 挙げ句にゃ「鋼索線が素晴らしい」(超意訳)と言い出す、最早ネタの宝庫と言わざるをえないなキャラクターだった。どこにこんな人材が居たのやら。
 さらには飾り毛布を実演した、元船舶事務掛の人が横浜線の運転士だった事に、伽枕流君無駄に動揺する事態に。どうやら高校が横浜線沿線らしく、下手すりゃその人の運転で通ったって話が…
 まあ元国鉄って時点で、直接的に吾輩の先輩な訳だが、まさかの会社が一緒だったとはね…流石に伽枕流君ほど動揺はしなかったけど。
 20時半位でお開きとなり、T−TrakNetworkのメンツは全員新橋駅まで歩いて向かう。JR新橋駅へ向かう途中で、同じ新橋駅でも浅草線に乗る伽枕流君と別れる。
 その後JR新橋駅の改札を通ると、横須賀線に乗る鉄火巻氏とBlack Junk氏と別れ、最後に東海道線の上下列車で別れたのが、tominubian君と、普段ならダラダラ別れるのが、今回は早く別れた。
 東海道線で東京駅に向かい、新幹線にて地元に戻りました。

 さて次回は…何かネタあったっけ?
posted by 島々な人 at 20:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

第1104回 第十四回青函連絡船講演会・第2便

 前回からの続きでございます。

 講演会開始に先立ち、出港銅鑼の実演が行われる。この銅鑼は青函連絡船で使用されてた、由緒ある銅鑼です。
 最初の講演は「青函連絡船 四方海話」で、この日の題目は連絡船の乗組員達で使用してた用語の解説。鉄道連絡船なので、鉄道用語が出てきても良さそうだが、まあやはり船の言葉が多かった。

 例えば連絡船由来の用語だと…
  あがり便…交代制の乗務で、勤務が終わり下船する便
  おせおせ…ダイヤを順繰りにそのまま続行させる(鉄道だと「山切り」に近い)
 船舶系由来の用語だと…
  肩を振る…雑談をする(酒は入らない)
  スタンバイ…用意(英語の「Stand by」から)
  レッコー…放す・投げる(英語の「Let go」から)
 挙げ句にゃ相撲由来なのまで…
  がぶる…船体が持ち上がる程の波を受ける(「がぶり寄り」から)

 最初の講演が終わり、次は飾り毛布の実演が行われる。これは日本由来のサービスで、毛布を折り紙みたく折り込み、季節感やらを出す為に使用されたもの。
 青函連絡船でも昭和40年代までやってたもの(実演した元青函連絡船船舶事務掛の談)で、この実演に使用した毛布は、やはり青函連絡船で使用された貴重な毛布です。
青函連絡船で実際にあった飾り毛布
 いろいろありましたが、ベージュの兜なぞこの季節向けでいいですな。
 飾り毛布の実演が終わると休憩時間となり、しばらく休憩後、本日最後の講演である、「幻の第九青函丸」が行われる…
 のですが、まあこの内容たるや、如何考えても1時間半でやる内容ではなく、その倍の3時間は欲しい位だった。
 何せPowerPointの動きが慌ただしいし、内容も彼方此方すっ飛び、挙げ句に話が脱線しまくる展開だった。

 なのでこれを大雑把にまとめると…
 太平洋戦争開戦に伴い、青函航路の輸送力増強に迫られたので、当時船舶を監督してた海軍艦政本部がW型戦時標準船を設計し、その一番船が第五青函丸だった。
 さらに建造がすすみ、W型戦時標準船の第5船として、浦賀船渠(現・ジャパンマリンユナイテッド)にて建造されたのが、今回の主役である第九青函丸である。第九青函丸は竣工後の試運転を行った際、相当優秀な船だったそうな。
 竣工後横浜港で燃料等必要資材を積み込み、日振型海防艦「四阪」の護衛で函館へ向け回航するが、途中の千葉県勝浦沖の暗礁に乗り上げ座礁・沈没して竣工後1ヶ月にも満たない短い生涯を終えた。

 まあこんな感じなのだが、これに製造元の浦賀船渠の話やら、製造関係者などの話やらが加わり、とてもじゃないが1時間半に収まる内容じゃない話が出来上がる。
 しかも竣工後1ヶ月もしないで終わった船なので、ハッキリ言ってよくまあここまで資料を集めたものだと関心するし、戦時中の資料なぞよくまあ残ってたものだと関心した。
 しかしだ、それを差し引いても、もう少し内容をスマートにして、2時間位で収まってくれればなぁ…とは正直な感想。正直聴いてて忙しかったもの。
 ちなみにこの時モールス信号の実演もあり、北海氏がいれば終わった後の暴走間違いなしな感じでした。

 こうして第十四回青函連絡船講演会は幕をおろした。

 なんだが、実はこの後続きがあったんだよね。なので次回に続く!
posted by 島々な人 at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

第1103回 第十四回青函連絡船講演会・第1便

 原稿を書くのに手間取り、相当遅れましたが、前回からの続き的なモノですよ。

 23日(土)は普通に起床して、朝食を食わずに出発する。途中でマクドナルドにより、朝マックを食うことに。久しぶりにメガマフィンを食ったのだが、マックのメガシリーズで残ってるのがコレだけなんだよなぁ…
 食後駅まで向かうと、安い駐車場が軒並み満車…仕方ないので、高めの駐車場に止める羽目に…普段はそんなに混んでないんだがなぁ…春休みじゃ仕方ない…
 駅に着くと、「あかぎ」号新宿行が発車前だったので、これ幸いと特急券を買って、「あかぎ」号に乗る事にする。というのも、新宿に用事があったので、まあこれも良いタイミングかと。
 久しぶりに特急「あかぎ」号に乗り、新宿まで乗換無しで到着。用事があるのは「ホビーランドぽち」の新宿店で、捜し物をする。
 しかしだ、なかなか良い出物が…あ、Black Junk氏の工作教室向けな物を発見。ちとジャンクっぽいが、値段相応なので買って行こう。幸い1割引セールの真っ最中だし。
 「ホビーランドぽち」を出た時点で11時過ぎなので、昼飯を考えるが、結局手っ取り早くすます為、最寄りの「ケンタッキーフライドチキン」に行く。多分相当久しぶり。つーか2食連続ファーストフードとは如何かと。
 昼飯を済ますと、講演会会場へ向け移動開始。ルートを検索すると、大江戸線→ゆりかもめが一番らしいので、これまた久しぶりに大江戸線の周回部分に乗った。大抵は落合南長崎駅まで行く方だけだし。
 汐留駅でゆりかもめに乗り換えるのだが、まあ相当乗ってますがな。しかも吾輩が予想してた、お台場海浜公園駅や台場駅でも降りなかったし。
 そして船の科学館駅改め、東京国際クルーズターミナル駅に到着。しかし駅名長いなぁ…(以下愚痴に付省略)多分この駅を降りるのって、相当久しぶりな気が…駅構内から階段を降りると…
船の科学館本館全景
 クイーンエリザベス号を模して作られた、船の科学館本館が見えます。ここが営業を止めて早数年、潰すかリニューアルするかハッキリした方がいいような。隣は工事中だし。
 まずは別館の方へ向かうのだが、東京国際クルーズターミナル建設の影響で、「宗谷」号見学が面倒な事に…仕方ないので、別館をサーッと見ていく。
 その後ほぼ30年近くぶりに「船の科学館」本館内に入る。まあ暖房なぞ入って無いので、風が入り込まないだけマシな状況…つーか今日の天気悪過ぎだよ…(この時点で雨がポツポツと…)
 館内には既に鉄火巻氏がおり、とりあえず展示物を見て回るのだが…
青函連絡船末期のポスター
 青函連絡船開業100週年記念ポスターって時点で、もうお宝感満載。歴代の連絡船が載ってますが…
同型船の第五・第六青函丸の落差
 戦時真っ只中の第五青函丸と、戦後に各種改造工事を行った後の第六青函丸の落差たるや、最早「同型船と言って良いのか?」レベルに。つーか日本伝統芸能たる魔改造の一端を見た気がする…(ゑ?)
 そして本日一番の収穫にして、コレだけでも「今日は来て良かった…!」と言える物発見。
第六青函丸図面 第八青函丸図面
 第六青函丸第八青函丸の設計図です。他にも白焼きな図面があったのですが、如何せん白焼きは写真写りが悪すぎるので、吾輩は撮影を断念する。
 その後伽枕流君とわかちゃん氏、それにBlack Junk氏が来たのだが、まあ早速図面の撮影をしまくってました。特にBlack Junk氏は撮影の難しい白焼きの図面まで撮影してました。
 図面を撮影していた本人曰く、「(作った第六青函丸の)間違ってるのがバレちゃう」との事。まあまさかこんな良い図面が出るとは思わなかったよなぁ…
 ちなみにこの日を一番楽しみにしてたのが、北海道民の家系を持ち、そのハンドルネームもそのものズバリだった北海氏だが、この日は仕事で来られないという、残念な事になってました。
 結局遅れるのが判りきってた、tominubian君をのぞく5名が揃った所で、講演会開始時刻となる。

 本日はコレまで。次回に続いてしまった。
posted by 島々な人 at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

第1093回 KATO製パワーパック修理・序章

 鉄道模型をやってますと、必要不可欠なのがレールとパワーパックである。Nゲージだと大抵KATOTomixの何れかになる。
 大体はどっちか片方しか持ってない率が高いのです。なぜならレール幅が共通なので、車両は何処のメーカーでも動かせるので、必然的に最初に買ったメーカーのままってのが多いです。たまに改宗したなんて話もありますが。
 が、吾輩の場合はご丁寧にレールを両方持ってる。元々Tomixでしたが、路面モジュール自体がKATOのレール限定なので、仕方ないのですが。
 こうなると面倒なのが路面モジュールでの試運転で、Tomixの旧型パワーパックがあった頃は、KATOの延長コードを加工したヤツを使用してた。

 しかし現在旧型パワーパックは先輩が「欲しい」と言ったので、所有品を放出してしまい、現在は新型パワーパックしかない。旧型はコードをむき出しにしたヤツを差し込むタイプで、現行の新型は専用コネクターなので互換性皆無。
 なので以前にここでは毎度おなじみの、「ペアーハンズ」のセール時に、たまたまKATOの旧式パワーパックがあり、速攻買ったのだが、何故か後進でしか動かない始末。前進はうんともすんとも言わない。
 原因はどうみても切替スイッチが片方死んでるとしか言えず、早々に修理にでも出せば良かったのだが、ここで旧式ってのが引っかかる。
 現在日本では電気用品安全法の絡みで、変圧器内蔵形のパワーパックを作れなくなり、パワーパックも必然的にACアダプター式に変わっており、しかも変わってから結構年月が経ってるから、修理できるのかが不明。
 なにせ旧基準だと余程がないと修理を拒否できるらしくて、一時ビンテージ楽器やらビンテージ家電が売買出来ない騒ぎがあった位だからだ。
 しかも中途半端な壊れ方してるので、パワーパック不足時や試運転時には何とか使えるってのもあり、ほぼ放置に近い状況が続いていたのだ。

 そして今年の「ペアーハンズ」新春セールで事態が動く。わりかしジャンクな値段で旧式パワーパックが売ってたのだ。「動けば良い部品取りになる…」そう考えた吾輩は、少々迷ったものの、このジャンクなパワーパックを買ったのだ。
 ジャンクの内容は単に切替スイッチのレバーが無く、しかも全般的に焼けてるから、本当なら青に近い水色なのが、緑色に変色しているだけで、部品取りだけなら申し分無し。

 なので次回は早速これを使って加工しますよ。
posted by 島々な人 at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

第1092回 謹賀新年平成三十一年

 皆様新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

 ほぼフルセットで年末年始手当もらえる勤務だった上、夜勤明けがヘロヘロだったのに彼方此方行ってたせいもあり、夜中になると爆沈してました故、挨拶が今頃になってしまった次第であります。
 つーか本日も年賀状を刷ってたら、途中で寝てる始末だし…

 とまあ、とりあえず毎年恒例であり、去年は全然出来なかった、新年の抱負を…

 1.車両を完成させる。(結構塗装待ちが多い…)
 2.路面モジュールの拡充(改良工事・新設工事ともに中途半端だし…)
 3.そろそろ身を固めないとねぇ…(さらに遠い目…)

 まあ何処まで出来るか解りませんが、これらのいい加減に実現せにゃならんので、鋭意努力する所存であります。多分…
posted by 島々な人 at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

第1091回 とりあえず今年の総括@平成30年

 今年も後僅かになりました。

 今年は数年ぶりに大晦日出勤元旦明け、2日出勤3日明けという、年末年始手当ほぼフルセットでもらえる勤務です…全く年休入れた人のとばっちりがエライ事になったなぁ…
 なのでコレは予約投稿だったりする。

 まあ今年も彼方此方に出かけ、4月の関西Nゲージ合同運転会絡みの旅が、相変わらず大作ですし、岩手鉄道フェスタはついに夜のMVPに新王者誕生なんてネタがありましたなぁ…
 一番の件は組合文化祭やるやらない問題でしたが。

 ブログの方は、ほぼ紀行モノやら、イベントレポがメイン…まあ今年はそこそこ模型をいじってましたが、完成に至らないってのが毎度の事でちと問題。
 Nゲージ完成品や、鉄道コレクションに手を入れるネタが案外多かったり、ついにはジャンク再生ネタと、模型関係については、充実した1年だったとおもいます。
 来年も可能なら車両の完成とか、路面モジュールの進行が進めばとおもいます。

 来年は平和かつ良き年になる様、祈念しつつ良いお年をお迎え下さい。

 …つーか来年平成最後の元旦か…何の縁なんだか。
posted by 島々な人 at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

第1090回 本棚更新

 そろそろ今年も終わりだというのに、忙しくてブログを上げてる暇がない。しかも11月はレールを磨いたっきりで、書く事があまりない… 

 さて話は変わって、吾輩はそこそこマンガ本を持ってるのだが、それを収容する本棚がちと問題あり。何せCD用やら文庫本用やらに無理矢理単行本を詰めて、さらにその棚を三段重ねして、計7段に。
 しかもその上にはダンボールで1段追加してあり、合計8段の危なっかしい本棚が完成。危なっかしいのだが、先の大震災とか地元で震度5弱でた時は何故か持ちこたえる謎。
 それでも足らないから、移動式ラックが2台購入して、それに四コマ漫画の単行本を詰めるのだが、こちらも蔵書がパンパンで、挙げ句にゃ片方の上にはやはりダンボールで1段足す始末。
 しかしここ数年そこそこ蔵書が増え、さらに場所によっては本を入れる上下間隔が狭く、単行本のサイズによっては入らないなんて事態もあり、すでに収容能力は限界…
 なのでこれ以上入れるにゃ、一部蔵書の放出を含め、根本的に変えないと無理な事態になる。

 ここで単行本でも四コマ漫画や、小型同人誌に使用されてるA5版の方は、蔵書見直しと使用してない本棚の再活用で何とか…でも多少足らないので、ダンボール使用する羽目にはなったが、まあ今まで4箱使用していた事を考えると、2箱に減らせた分マシ。
 もっともこの本棚、吾輩の母方祖父(家具職人)の遺品らしい…確か聞いたことあるのだが、まあ本人が作ったかは曖昧なのですが、まあそれなりに頑丈なので多分祖父の作品だとおもう。

 しかし一番の問題は普通の単行本系列で、削減はほぼ無くて、入れる余裕がほぼほぼ無い状況に…「これじゃイカン」と、ここに至り本棚の更新を計画する。
 条件はタンスの横に置くから幅は60cmで、高さは単行本が8段入れられる位なので、大体180cm位。予算はまあ安けりゃ良いが、場合によっては高額出費も辞さない感じ。
 先ずは近所のホームセンターに行ってみるが、まあこちらの考えてる商品は皆無に等しく、あっても特注品なので、まあ後回し確定。
 でもって「ニトリ」に行ってみると、一応あるにはあるが、何か一長一短…
 幅がタンスの横に置くから、60cm級のが欲しいが、何故か4段しかなく、8段だと売ってたのが33cm…
 「何かもうチョイ良いの無いかなぁ?」と、ネットサーフィンすると…有るじゃないか。行き当たったのは、「楽天市場」内の「家具衛門」にて取り扱ってる薄型本棚でした。
 早速購入手配を取り、コンビニ決済で支払いをして2日後に商品到着。組み立てはほぼ一人でやったのだが、流石に上下段連結をする時は、母親の手を借りる羽目に。
 上下段分割しているけど、連結方法がダボ木にロックピン、さらには連結金具と強度抜群。最下段は幅広なので、本棚自体の転倒も以前より大幅に軽減して、「何故今までコレに行き着かなかったのか」と思う位。
 蔵書を一斉に本棚に収容すると、何とか全部入りました。残りスペースが十数冊位と、ホントギリギリですが…

 その後はそのまま例年恒例の大掃除に時間がかかり、現在に至る…と。さて、次回書く暇あるのか?
posted by 島々な人 at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

第1047回 イベントとイベントの間にはiPhone崩御が待っている

 前回「JAMコンベンションネタやる」って言ったな?アレは嘘だ。(ヲイ)

 さて、話は10日(金)に遡る。
 この日もiPhone6をいじっていたのだが、急に画面がおかしくなり、そして猛烈な熱を持って動作しなくなった。
 どれ位熱かったかといえば、充電してる時以上の熱だった。下手すりゃフルパワーで動いてるノートPCよか熱い位なので、異常が発生したとすぐにわかった。
 幸い基板が原因ではない様で、時々メールを受信完了の音が鳴った。サイレントモードの切り替えも
 しかしだ、この時夜中なので、すぐに対処できる状況ではなかったのだ。とりあえず翌日に修理に出さねばならないのは確定。

 11日(土)は夜間勤務がほとんどの職場で、数少ない日帰り勤務の日。天気があやしいので、自動車で出勤したのだが、これが失敗の元だった。
 勤務が終わり、大慌てで修理工房へ行くのだが、この日は地元で花火大会があったので、所々で渋滞発生する状況。もっとも渡る橋を慎重に選べば、そう影響はない。
 修理工房に着いたはいいが、なんと普段止まってない駐車場に、車が止まってるではないか!なんてこったい!
 その駐車場は狭く、1台しか置けない上、普段この時間なら余裕がある、隣のラーメン屋すら花火大会の影響で一杯だった。
 仕方なく一旦自宅へ戻り、大急ぎで晩飯を食ってから、バイクで修理工房に向かうのだが…
 結果営業時間終了となり、そのまま自宅へと戻る羽目になる。しかも自宅間際で雨に降られる始末…吾輩が一体何をしたのか…

 12日(日)は夜勤なので、翌13日(月)の夜勤明け直後に修理工房へと向かう。係員の話だと、「液晶交換ですかね」との事。
 一旦自宅へ戻ると、お盆連休の愚弟と母親が居たので、着替えてそのまま引き取りに…とはならず、昼飯を食ってから修理工房へ向かう。
 修理工房で待ち構えてたのは、残念な結末だった。係員曰く「バックライトの配線、死亡確認…」(超意訳)との事。
 バックライトとは、液晶自体が発光しないので、その画面を出す為にある液晶裏のライトを指します。
 さて、そのバックライト交換となると、金額がめちゃ上がる。液晶交換だけなら7k円位なのに、バックライト交換は何と…4万円オーバー…
 こうして3年以上使い続け、「吾輩iPhone SE2が出たら買い換えるんだ」とおもい続けた、吾輩の野望が木っ端微塵に消え去った。

 こうなると最早買い替え以外の選択肢が無い。つーかバックライト交換料金で、中古のiPhoneSEが2〜3台買えるからだ。
 しかし中古だとそう良品を見つけるのに時間がかかる。早急にこの事態にケリをつけるなら、新機種購入以外の道がない。
 こうして一旦家族を自宅へと送り、地元の某喧嘩番長な家電店へ向かう。
 最初は「少々ダウングレードするが、SEでいいかな」とおもったのだが、どうも店頭在庫が終了の模様で、値段表すら無い…
 その後店員に相談すると、値段と在庫の観点から、iPhone8を勧められる。イヤホンジャックが無いやつですよ。
 話によると、イヤホンジャック変換コネクターがあって、まあこの在庫が結構な減り方するらしい。実物をみると、単なるケーブルの延長っぽい感じ。
 実物見て「ではiPhone8で良いか」となった。値段もお手頃で、サイズが幸いiPhone6と同一ってのが一番の長所だし。
 後は色を選択するだけだ。幸い64GBだと、全種類揃ってた。色を変えてもいいけど、今まで白だったから、白を選択した。

 機種変更に伴う諸手続きを終えて、今度は必要なアクセサリー類を買いに向かう。まあ消耗品扱いなので、最寄りの百均ですが。百均で買ったのは、ハードケースカバーと画面保護フィルム。
 ケースカバーはハードタイプが好みで、落として欠けたら気楽に買い替えられる百均製を愛用しており、今回のは変なバリが無くて良い物だった。
 画面保護フィルムもしょっちゅう傷物にするので、百均製の物を使い続けてる。今回はブルーライトカット機能付き。

 自宅へ戻り、再セットアップを行うのだが、ほぼ数年ぶり(買い替え後何度かやった)なので、まあ手間取る手間取る…
 一番の問題は、AppleIDを勘違い乱発こいた事。久しぶりとはいえ、まあ確実に二桁以上間違える、残念な吾輩…
 何とかセットアップを終了して、アプリの再ダウンロードを行って、やっと完成となる。
 これが原因で、この日は心身ともに疲労MAXになったのは言うまでもない…

 次回こそ「JAMコンベンション」をやりますよ。
posted by 島々な人 at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

第1038回 ノートPC復活ッッ!!

 さて、前回の突発シリーズの原因である、ノートPCですが、結果から言うと、ほぼ総取替となりました。

 SDカードがセットされないのと、何もしないで電源が落ちて再起動するという現象以外に、ヒンジ部損傷なんてのもあった。ご丁寧にメールに写真添付してきたから、間違いない。
 ノートPC自体がベアボーン…詳しく書くと、マザーボード(メイン基板)、電源(バッテリー)、液晶パネル、筺体で構成された部材がベアボーンである。(メーカーからのメールより抜粋)
 ベアボーンの長所って、コンパクトにパソコンができるのですが、そのサイズにイロイロとカスタマイズするから、壊れたらパーツが交換できないなんてことになるのが、ベアボーンの短所。
 4年前に買った物だから、パーツ(ベアボーン)が残ってる可能性が低かった。これは受付時に言われてた事だから、まあ仕方ない。他の部品(メモリーとか)なら多分残ってた可能性があるんだろうが。

 ベアボーンで修理となると、最早交換しかない。その交換部品が無いので、現在作ってる現行型に変える以外の道が無い。なのでベアボーンと外装が吾輩の負担となる。
 幸いメーカーの在庫都合での変更となるから、メインのCPUやメモリー、それに無線LANの基板が無料となる。
 そのスペックですが、CPUがCore i7−4700MQだったのが、Core i7−7700HQへとなる。メモリーがDDR3LからDDR4に変わる。
 グラフィックがGeForce GTX 765からGeForce GTX 1050 Tiに変更で、こちらはメモリーが倍増(2GB→4GB)となるから、処理能力はそれなりに向上する。
 OSもWin7からWin10に変更と、これだけ微妙な感じが…画面も13.3インチから14インチと、チョット大きくなる。なのに動作時間が約3.5時間から約5.2時間と、何故か伸びる。
 しかもほんのチョットだけ軽くなる。約2.1kgだったのが、約2kg…まあ誤差の範囲内な感じですが…
 唯一残るのがHDDと、ある意味ギャグ。まあSSDが元から無かったから、仕方ないけどね。

 さて、グラフィックのメモリーってのが、メインメモリーと共用なので、元が8GBだから、グラフィックだけでメモリーを半分食う事態に…
 まあ流石に半分食うことはないだろうけど、OS変更もあるので、この際8GB1枚から8GB2枚載せにして、容量を16GBに変更する。多分これで安定すると思う。
 これでも不足を感じたら、32GBまで増設可だから、一気に上げてもよいだろう。

 こんだけいじって、修理代とメモリー増設代含めて約5万と、まあ結構かかった…元がゲーミングノートPCだったので、これを基準としたら、約半額で買えたとも言える。
 でも今これほどのスペックいらないような気もするが、まあこの後如何なるか分からんから、上げといても損はないとはおもう。

 でもって、修理から戻ってきたのだが、未だ回着整備してません…暇見てやらんと、2週間後に使う予定あるからなぁ…
posted by 島々な人 at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

第1034回 ノートPC突発死する

 先日のお話。吾輩の母親が礼文島に旅行へ行った。

 その時一緒だった方から、写真を収めたCD−Rを頂いたのだが、ウチのオカンはデジタルにあまり無縁な方。唯一使えるのが、ダブルチューナーTVについてるHDDの録画機能だけ。
 なので必然的にパソコン(以下「PC」と略す)持ちな吾輩か、愚弟が面倒をみるのだが、まあ愚弟はその手の事は一切やらない…
 全く死んだオヤジの遺伝子(自分の事以外は基本メンドくさがりの人)が濃すぎ…つーかそれ以上に性格が悪すぎなので困るZE!
 結局吾輩にその手の話が回ってくるのだ。しかしイチイチ吾輩の部屋に鎮座してある、メインPCまで来てもらうのも、椅子の都合(1脚しか無い)とかで大変困る。
 なので必然的に居間でノートPCを出すことになる。勤務が変わってから…つーか変わるチョット前から使用頻度が減っていて、この前関西に行った時以来の起動だった。
 途中までは普通に起動したのだが、その後悲劇が襲う。なんと途中で勝手に電源が落ち、勝手に再起動してみたり、その再起動も全部立ち上がる前にまた電源が落ちたり…なんじゃこりゃ?
 まあ結局安定化する見込みが全くたたない。これは修理不可避な現象で、多分基板が逝った可能性があるかも…

 さて、吾輩のノートPCは、「マウスコンピュータ」製のゲーミングノートPC「G−Tune」シリーズで、モニターが13インチクラスながら、3D処理に特化したもの。
 買った当時は結構なハイスペックな仕様なのだが、これでも「マインクラフト」をやってたら、たまにカクつくんだから、どんだけ「マインクラフト」ってのは重いソフトなんだか…
 この3D処理ってのが結構厄介で、処理するのに相当な熱量を発生するのだ。電池の発熱も相まって、膝の上に置こうものなら、下手な懐炉よか熱いのだ。
 一応熱対策はやってた…というより、熱を逃がしやすくする為、机にピッタリ置かない事位だけど、それでもまあ経年劣化も考えたら、いつ基板が突発死してもおかしくないか…って位熱かった。

 そうなるとメーカー送りになるのだが、このノートPCを包んだダンボールが何処にあるのやら…多分荷物置き場をひっくり返さねばならず、時間的(8月に使うから)にチト困る事案。
 手っ取り早く修理に出すには、メーカー窓口まで持って行った方が早いと考える訳だ。(その方が早いかどうかは別といて)
 受付窓口は秋葉原のダイレクトショップか、春日部のサポートセンターかの二択。まあショップだと二度手間だろうし、春日部なら行けない場所じゃない。
 目的地は春日部に決定。後は重いノートPCを持って行くしか無い。できるだけ早い時期に修理に出さないと、暇つぶしが減ってしまう。(ヲイ)
 行くのは…26日(木)だ。

 案外長くなったので、何故か次回に続く羽目になる。
posted by 島々な人 at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

第990回 近畿へ旅に向かうエピローグ

 いつの間にやらブログサイトの更新があって、文章の書き方とか、写真の載せ方が変わってた。なので少々戸惑ってます…

 今年も関西のNゲージャーに春を告げる、「第19回関西Nゲージ合同運転会」(これ以降「関N」と略します)が4月21・22日に行われた。

 まずは休日の確保。今年も例年通り開催3日前から行って、関西圏の観光という、まあここ数年来の定番なプランを立てた。そのプランを元に、勤務の休日事前申し込みをして、日程を無事確保。
 そして「ホテルクライトン新大阪」の空きを確認する。今回は朝食付きで8k円台と、ここ数年の高騰&宿の取れなさが収まりつつあるらしく、普通に3日確保が出来た。

 さて、何度か「鉄道模型ネタ」シリーズでも出てるのだが、車両ケース用インデックス作成をしているのだが、そろそろ写真の在庫が怪しくなってきた。つーか物によっては無いと言い切れる位。
 最近は無料の写真サイトとかもありますが、大体は特急とか看板列車が多くて、地味な車種やら出たてホヤホヤの車両なんかはあまり載らない。載っても転載がダメだったり、方法が分からなかったり…
 そんな中、確保の難しい車両が出てきた。貨車である。何せ黒い二軸貨車が壊滅となって40年位は確実に経っており、貨物のコンテナ列車化も相まって、今でも現役で残ってるのがそんなに無い。
 まあそれでも例外もあるのですが、今回はその例外の一つである、タキ1900形の写真が欲しかった。かつては日本全国で活躍した車両も、今では三重県でしかお目にかかれない。

 しかも三重にはそれ以外にも鉄道的にいろんな物があって、それらをそれなりに見て回るには、時間がかかる。一応三重県の北部メインでも、1日はかかる計算に。
 出来れば早々に三重県入りしたいが、朝一で出発しても、三重県入りは良くて正午前…前日の17日(火)は日勤…一旦自宅へ帰ってからではないと、行き辛いよなぁ…
 散々悩んだ挙げ句、結論としては「ええい!行ける所まで行くしか無いではないか」であった。その結論に至ったのが、出発3日前の14日だった…ちと遅すぎですやん…
 慌てて時刻を確認し、当日行ける限界が名古屋だった。何せ良くて最終「のぞみ」、悪くて最終「ひかり」の名古屋止まり。名古屋での宿を確保せねばならず、慌てて検索する…
 やっとあったのが、毎度おなじみ「東横イン」の「東横イン名古屋名駅南」だった。駅から少々離れてるが、行けなくもない距離だった。贅沢は言えない。切符はそんなに苦労しなくて済む。
 こうして準備がドタバタと済んだ。後は行くあるのみ。

 次回からは「島々な人の近畿撮れ高確保の旅」をお楽しみ下さい。
posted by 島々な人 at 22:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

第982回 初売り・初鉄分補給

 年始恒例の「ペアーハンズ」新春初売りセールのお話…だけじゃ済まないなぁ…

 今年は勤務先が変わったので、会社から自動車で直行となった。転勤の都合で勤務先が遠いので、愚弟がついてこない事になった。まあ仕方ないが、この後の事があったら、それが正しい選択だった訳で。

 朝9時頃終了点呼後、自動車に乗って出発する。道中は新年とあって、流れがいい…とおもったら、サンデードライバーが結構いたりする…
 結局1時間もかからんうちに「ペアーハンズ」に到着する。道中の道路が軒並みスピードの出やすい大幹線なので、下手すりゃ旧住所よか近い感じが…
 その後は待つのがお約束なのだが、まあ寒いのは仕方ないけど、トイレがチョット困った。なにせ近くの竜舞駅のトイレは紙がない…結局尿だけ出して、後はガマンとなる…
 12時となりお店開店となる。今年は近所迷惑防止の観点から、3時間だけの営業と短め。でもそんなの関係ないのが例年のお話。
 最初は中古の単車を見て、後は色々見て回るのだが、まあ最近はいいネタが少ない事…結局買った物は中古の機関車だった。この詳細はまた後日。

 買い終わった辺りで、伽沈流君より電話が来る。まあこの日は上毛電鉄の新春イベントがあったので、その遠征に来ていて、ついでに頼んでおいたコミケ案件の引き渡しもあったのだ。
 電話を終えると店を後にする。んが、未だ昼飯を食ってないので、最近吾輩的にブームな、レトロ自販機飯でも食うことにする。
 幸い道中にそのお店があり、名を「オレンジハット太田藪塚店」という。店に入るのだが問題発生…お札が5千円しかない…
 まあこっちはどうにかなったのだが、もう片方の問題が参った…トースト売り切れ。個人的に一番のお気に入りが無かったのですよ。
 仕方ないので、天ぷらうどんとハンバーガーを買うのだが、そのハンバーガーも3種類ある内の1種類が売り切れだし、機械の調子が悪くて、レンジで暖めねばならなかった。
 まずはカレーバーガーを買ったら、カレーバーガー売り切れ…少々足らなかったので、今度はオリジナルのピリ辛バーガーを買ったら、再度売り切れ…つまりパン系列は全て終わり…
 吾輩が来たタイミングが、ある意味良いのか悪いのか…食った後店を出るのだが、この時点で風花が飛んできた…ちと天候悪化が気になるところである。
 店を後にしたら、一旦北上するのだが、岩宿駅近くで風花の飛ぶ量が多くなってきた…幸いまだ降雪ってレベルではない。

 その後県道3号線を西進して、大胡駅に到着するのだが、まあ駐車場がない。なので近くの市役所支所に自動車を止めて、歩いて大胡駅に向かう。
 会場前で探していると、伽沈流君とひぐらし氏を発見する。挨拶もそこそこに、とりあえず移動開始。まあ電話で「ひぐらし氏がいます」なんて聞けば、次の行先位わかる訳で…
 両名を車に乗せると、移動開始する。一旦西へ向かい、その後北上して行くのだが、風花が気になって仕方ない。この時点では、そんなに飛んでなかった。
 一気に空っ風街道に登り、その後は下るのだが、まあこのあたりが雲の縁らしくて、道路の日陰に雪が積もっているんでやんの…
 雪にはそこそこ慣れてるとはいえ、重量がいつもの数倍なので、まあ気を使う事…そして目的地に到着する。場所は「デハ3499保存会」保存場所。
 この時点で風花なんてレベルではなく、最早降雪と言ってもいい位の天候で、そんな中初めてこの地を訪れた伽君を案内するひぐらし氏。
 そして終わると南下するのだが、道中にある京急1000形のカットモデルこと、デハ1000の生首を見てから駅に向かう。
 どっちの駅かを審議した結果、中央前橋駅で両名を降ろし、コミケの依頼品を受け取ってから別れて、その後は真っ直ぐ帰宅しましたとさ。
posted by 島々な人 at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

第980回 最後の「平成」が始まった

 皆様本年も宜しくお願い致します。

 まあ未だ喪中なので、こういう書き方しかできませんが。

 とはいえ、今年は久方ぶりに元旦休日。なのは良いのだが、2日から2徹1日勤の連続5日間職場で過ごすという、嫌がらせをうける。
 つーか他の人が休みを取りまくってしまった結果、取ってない吾輩にトバッチリが来た感じ…まあ代わりに別の日に休むから、お互い様ではあるが。

 とまあ、新年早々愚痴は置いといて、とりあえず毎年恒例であり、去年は完全に「お察し下さいレベル…」だった、新年の抱負を…

 1.車両を完成させる。(結構塗装待ちが多い…)
 2.路面モジュールの拡充(改良工事・新設工事ともに中途半端だし…)
 3.そろそろ身を固めないとねぇ…(さらに遠い目…)

 まあ何処まで出来るか解りませんが、これらのいい加減に実現せにゃならんので、鋭意努力する所存であります。多分…
posted by 島々な人 at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

第979回 とりあえず今年の総括@平成29年

 今年も後僅かになりました。

 今年は大晦日明けで元旦休日と、ここ数年こんな勤務ばっかです。越年勤務じゃないだけマシですが。

 まあ今年も彼方此方に出かけ、6月には親父が天に帰ってしまい、後はドタバタ激動の夏を過ごし、秋になったら今度は転勤・出向と…
 今年が一番激動の年だったと言いきれそうなレベルです。つーかまだ余波が残ってるってのがなんだか…しばらく落ち着かない感じががが…

 ブログの方はもうほぼ紀行モノやら、イベントレポがメインですな。来年からは原稿を書く余裕が減るので、大作の連続投稿がそんなにできませんが。

 模型の方は6月以前と6月以降で環境激変なので、まあお察し下さい。とりあえずは鉄道コレクションの動力化が再優先課題かと。

 来年は天皇陛下が譲位で、平成としては最後の挨拶になるってのも感慨深いですが、来年も平和かつ良き年になる様、祈念しつつ良いお年をお迎え下さい。
posted by 島々な人 at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする