2020年03月12日

第1219回 吾輩の模型環境を晒す・切断系編

 今月号の「RM MODELS」やら、「吉本プラモデル部」の動画を見て、ふと思いついた企画で、吾輩の今手持ちの工具がどんなのかを晒す企画である。
 もっともある意味「工作環境が貧弱貧弱〜!」なんて言われそうだが、まあ逆に「これだけでも模型は作れる」とも言える訳でして。

 では先ずニッパーから。
ニッパー群
 青の握り手は両方百均で買ったヤツで、主にフレキシブルレールやプラモデルのランナー等切断用です。本当は1本だけだったのですが、一時期愚弟に徴用されてたので、何故が吾輩が買う謎増える謎。
 握り手の無いニッパーは、ミネシマのプラカッターのなれの果て。握り手がボロボロになり、バネが保持できなくなった為、結束バンドで無理矢理バネを保持している。買ってから二十数年位経つが、これでも切れ味が落ちてないから、ミネシマ恐るべし…
 さすがに持ち辛いので、新しいのを買ってきたら、何故か行方不明に…もう少し探してみよう…
模型用ハサミ群
 切るヤツ流れでハサミ系。大きいのはハセガワスグレモノシリーズのプラ用ハサミ。下手なニッパーより断面がキレイに切れるので、結構使えるのですが、失敗するとパーツまで切れちゃう位切れるので、使用には割と慣れが必要。
 小さいヤツは田宮のエッチング用ハサミ。字で字のごとくエッチングを切るだけの物だが、鉄道模型だと結構エッチングがあるので、無いと困る代物だが、必要な時に結構かくれんぼするので困る。
カッター大中小
 次はカッターで、デザインナイフ以外は百均の商品。刃も百均のを使ってるが、まあ切れ味がスグ落ちるので、ケチらずバキバキ折ってます。百均の刃なんだから、それ位割り切らないとね。なお細身のカッターはセット売りの為、写真以外にも相当量持ってる。
 大きいカッターはベニヤ板切断専用なので、カッターの中では使用頻度が一番低い。写真に無いけど、田宮のPカッターもあるのだが、何処へ行ったのやら…ちなみにPカッターはほぼスジ彫り用。
 デザインナイフは田宮のヤツで、写真にはないけど運転会用の工具箱にはオルファのが入ってる。刃はオルファの30度を使用してます。本当は細かい作業用だが、たまに1mm厚のプラ板を完全切断までする阿呆な吾輩…
 ちなみに田宮のは2本目で、1本目のは前述のプラ板切りまくりの酷使が祟り、ホルダーがバッキリ折れてお亡くなりに…
ノコギリ群
 ノコギリ系はこの2本が常用ですが、ほぼほぼ一番上のしか使ってない。
 一番上のノコはシモムラアレック製職人堅気0.2mm。多分手持ちの工具だとこれが一番値段の高い工具。切れ味は抜群に良く、割といろんなの事に使えるので、買って損はなかった。
 次の小さいやつは田宮のカッターノコで、実は廃番して今はカッターのこ2になってます。使い道は厚手のベニヤ板に穴を開ける時位しかないなぁ…
 写真には無いけど、やはり田宮のクラフトノコがあるのですが、鉄道模型の車体切断位しか使わず、大物工具入れに入ったまま数年以上使ってない…
彫刻刀平刃大小
 そして切断系最後のは彫刻刀。平刃の大小2本で、これまた百均で買った物。ただ偶然良いのを買ったのか、モールドの削り取りがメインだが、何故か台車のカプラー切断にも使用するという、結構過酷な事してるのに、未だ研がなくても切れ味を維持してる謎仕様。

 切るもの系はこんな感じ。次回はその他の工具を晒すよ。
posted by 島々な人 at 22:38| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

第1218回 今月の鉄道模型いじり@令和2年2月号

 今月も2月にいじった模型のご案内。

 まずはこちら。
新品の動力を買うより安い
 いきなり値段がドーンと書いてありますが、Tomix485系「ひたち」塗装のジャンクですな。目的はこの車両じゃなくて、これに積んである動力ユニットです。
車輪踏面にスジが入ってる
 車輪にスジがありますが、まあ試したら動いたので、分解整備を行う。すると…
矢印の辺りにヒビが…
 写真じゃ見辛いですが、ウォームギヤ軸受け部(赤い矢印の辺り)にヒビが入ってます。本当なら買い替えたいのですが、お店にパーツが無いので、パーツ調達ができるまでは目をつむる予定。
動力化改造完了
 分解清掃して、グリスを塗布してから動力ユニットを組み上げ、前回の国鉄特急色の車体に組み込みました。
台車マウントカプラー交換済
 ちなみにジャンクなだけあって、TNカプラーが壊れてたので、新しいのと交換する。もっとも自宅在庫が切れてて、慌てて買った…
 次は以前の「ジャンクな鉄道コレクション70系をいじる」の続きで、ケースに収容する作業を行う。
白黒写真が良い感じのアクセントに
 インデックスの写真は、「旧型国電の記憶」の管理人さまのご厚意を受け使用しました。この場を借りてお礼申し上げます。
旧型国電集合
 車両ケースはCASCO横須賀線色ケースを調達し、それに「TamTam」のプライベートブランドである、TORMの12両用ウレタンを使用しました。
 本当なら70系の加工が終わったと同時期にブログへ上げる予定でしたが、ボケて車両ケースを12両Bケース、もしくは21m級12両ケースではなく、従来型スペアケースを買う始末。
 仕方なくKATOのケースに入るTORMウレタンを買うのだが、これが酢酸臭い。ウレタンの発泡ガスが相当残留してて、使うのに3週間ほど袋から出して放置してた為、遅れた訳です。
 そしていつもの両面テープ加工を施し、以前より所持してた、同じ鉄道コレクションの70系中央西線と、アコモ改造車である62系をまとめて収容しました。
スカ色ケース
 インデックスをポケットに挿してみたら、まあ良い感じ。
暗いけど京阪13000系
 そして鉄道コレクションの動力化も行う。京阪電鉄最新鋭の13000系電車です。
ナックルカプラーが曲がってる 京阪なのに阪急とはこれ如何に
 連結器は先頭がダミー、中間がナックルカプラーの組み合わせ。パンタグラフはウチの下枠交差型では定番のKATOの阪急用を使用してます。
 動力は撮影してませんが、台車枠が無いので、前々からやってるトレーラー台車から切り出して使用してます。
床下シールの全景 4両用と7両用の違い
 4両編成と7両編成を組む際に一目で分かるよう、シールを作成して貼りました。
 本当ならケースに収容をする予定でしたが、CASCO製ミニケースの7両用だと車高サイズが合わず、如何しようか悩み中…

 さて次回は…新型コロナウイルス騒ぎの真っ最中だし、ネタ的にも無いし、次回は如何なるのやら?
posted by 島々な人 at 21:08| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

第1217回 ガンダムスタンプラリーで苦行?

 話は18日(火)にさかのぼる。
 職場にて同期1号より、「ガンダムのスタンプラリーってあるんだよなぁ?」って話になる。そして何だかんだ話してたら、結局吾輩が行く事になる。

 19日(水)は休日なので、丸1日使っての行動開始。先ずは新幹線で東京駅まで向かい、東京駅からスタンプラリーを始める。この時何となく2冊持っていったのだが、これが後で好判断だった事になる。
 続いて東京モノレール羽田線を攻めようとするが、うっかり浜松町を通り過ぎたので、田町で折り返しついでにスタンプ押印。そして浜松町まで戻る。
 浜松町でモノレールに乗換える前にスタンプを押そうとしたら、1冊だけ変な押印をしてしまう…パプテマス・シロッコの顔が押せてない…結局1冊をこの時点でリスタートする羽目に…未だ3駅目なのにこのグダグダぶり…
 そしてグダグダはモノレールでも発生し、羽田空港第2ビル駅で下車するも、実は羽田空港第1ビル駅だったオチががが…さらに羽田空港国際線ターミナル駅では1冊判子が90度回ってる…
 天王洲アイル駅でスタンプを押したら、東京モノレール羽田線全線制覇。移動距離短縮を図る為、りんかい線に乗って大井町駅まで向かう。大井町駅で押印したら、蒲田まで向かい、大森で京浜東北線南部地区制覇。
 大森から品川まで向かい、ここから東京上野ラインで一気に常磐線我孫子駅まで向かう。移動時間を食うが、目的の物があるから、仕方ないのである。
 さて、我孫子と聞いてピンときた方、多分正解です。(ヲイ)お目当ては…
唐揚げに吸われて汁が足らない唐揚げ蕎麦
 我孫子駅名物唐揚げ蕎麦でございます。今回は大胆にも天ぷら追加したのだが、最近の吾輩の胃袋的にこれは無謀だった…次回は唐揚げ1個減らすべ…食後にスタンプ押印する事も忘れない。
 そして今回一番遠い位置にある、取手駅でのスタンプ押印をしたら、戻るようにスタンプを押していくのだが、10分ヘッドなダイヤだと割と待たされる…
 三河島駅で常磐線完全制覇…日暮里?そりゃ山手線扱いにするから後回し。三河島駅で時間オーバーとなり、とりあえず上野駅のスタンプを押したら帰宅する。

 20日(木)も休日なので、朝から東京へ向かう。新幹線で東京に着いたら、先ずは昨日交換となった1冊にスタンプを押印する。
 そして総武快速線に乗り、新日本橋と馬喰町で押印。馬喰町から再度移動距離短縮の為、総武線浅草橋駅まで歩いて向かう。総武線ではテンポよく押せまして、個人的には5〜6分ヘッドの方が押しやすいです。
 代々木で昼飯を食う。周りにコレと言うのがないので、「富士そば」にて蕎麦を食う、実はうどんより蕎麦派な吾輩。その後一気に西荻窪駅まで向かう。
 西荻窪から戻るようにスタンプを押していき、大久保駅で中央線全線制覇達成。ここで新宿(スタンプがある駅)へ行くか、距離短縮で新大久保(スタンプが無い駅)へ行くか悩むが、新宿へ向かう事にした。
 新宿から山手線北部を攻め始めるのだが、4分ヘッドは案外大変…池袋駅で一旦赤羽線(系統的には埼京線)を攻め、十条駅から赤羽へ抜けずに池袋へ戻り、山手線北部を再度攻める。
 日暮里で山手線北部を終了し、一旦上野へ向かい、折り返し東北線を使い、尾久駅のスタンプを回収。赤羽へ行ったら、京浜東北線北部地区を攻めて、王子で京浜東北線北部地区制覇して帰宅となる。

 で、帰宅したは良いが、愚弟にスタンプラリーの事がバレ、「俺のは如何した?」と言われる…まったくウチのオカンは…ここで2冊押印してた事が幸いした訳だ。

 22日(土)は夜勤明けで、そのまま上京し、最終決戦と向かう。上野で山手線に乗換え、御徒町駅から山手線南部を制圧していく。この時点で1冊巣鴨駅と五反田駅を押し間違いに気づくが、もうごり押ししていく。
 そして一番の問題が渋谷駅だった。前にやった(ドラゴンボールの)時は、玉川改札口だったので、そこを目安に移動したら、実は新南口でしたなんてオチが…
シャア大佐のお言葉
 そりゃ聞いてないですよ大佐…これが吾輩のこの時点での心情だった。謀ったな渋谷駅…!冗談抜きで心がボッキリ折れて、山手線に戻らず埼京線で恵比寿折り返しをする。
 そして原宿駅でマチルダさんを押印し、全駅制覇を達成する。その後景品交換の為、東京駅に向かうが、開始時刻が14時なのに到着が13時と早すぎた…昼飯未だだったので、面倒なので八重洲南口のマックへ行って済ます。
 食後に景品交換所へ向かうと、並び始めてたので、そのまま並んで待ち、押印確認と最後のスタンプを押してもらい、景品ゲットとなる。
 その後アキバに行ったら、化け猫氏と遭遇する奇遇が発生し、30分ほど談笑するイベントが発生。そしてtominubian君と会い、前に購入したEF200の代金を支払ったら、帰宅の途へ着きました。

 しかし久しぶりにスタンプラリーをやったけど、写真撮ってる間がなかなか無いなぁ…
posted by 島々な人 at 21:35| Comment(0) | 旅行・紀行もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

第1216回 今月の鉄道模型いじり@令和2年1月号・その3

 前回からの続きじゃ。

 今回の最初も回着整備から。
485系0番台「キノコクーラー」
 前回とほぼ同じ485系ですが、こちらは0番台です。車両も前回と同じTomix製の旧製品と、たまたま重なった。無論買ったところは「トイプラネット」さん。
台車マウントしかない
 唯一の違いはこちらは両方とも前期型で、台車マウント式TNカプラー化を施す。これでボンネット系列は出揃ったのですが、動力ユニットが無いと言うオチががが…
モーターが見える旧式スプリングドライブ
 しかも買った動力ユニットが1000番台な上、旧型のスプリング駆動と、古すぎてチト対処に困る…まあ後日どうにかしよう。
大阪を支えた名車・30系電車
 再び鉄道コレクションの動力化で、大阪市交通局(現・大阪メトロ)新30系谷町線仕様車です。こちらは限定品を無理矢理編成にしたものだから…
何となくそれっぽい配置にしてみたが…
 床下機器がいい加減です。
本当なら密着連結器が正しい
 先頭の連結器以外は地下鉄運用を考慮し、ナックルカプラーに変えてあります。
新旧谷町線の主力車
 コレと以前動力化した、30000系を一緒にして、CASCO製12両用ケースに収容する。
写真だと紫が青っぽい
 写真は「島々な人山陽路を往く旅」にて撮影した写真を合わせます。バックのカラーは吾輩がオリジナルで作ったのだが、ちと青みが多い感じ…
 今回一番撮影がいい加減ですが、連結器の更新工事を行う。
交換前のカトーカプラーN搭載機
 対象はKATO製の機関車で、見本はホビーセンターカトー企画品「ラウンドハウス」のEF60「やすらぎ」塗装機。
首振り以外可動部無し
 このように固定式のカトーカプラーNで、条件によってはカトーカプラー同士でも分離してしまう謎仕様。
機関車用可動ナックルカプラー
 コレをナックルカプラーへ変更する工事を行う。ついでにTNカプラー連結対応工事も併せて施工し、自分持ちの車両なら連結相手を選ばないようにした。
連結器が小さくて良い
 交換後がこちら。形状が小さくなった為、かえってリアル度が向上した感じですな。ちなみに施工数が20両位やったので、撮影を省略した訳で。
12系客車6両編成
 最後は以前より持ってた国鉄12系客車をCASCO製ミニケースに収容する作業をしました。
青が合ってて良い
 写真は「裏辺研究所」より写真を使用させてもらいました。良いのを持ってなかったからなぁ…

 これで1月分の模型いじりはおしまい。次回は…どーすべ?(またかよ)
posted by 島々な人 at 21:07| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

第1215回 今月の鉄道模型いじり@令和2年1月号・その2

 前回からの続きですよ〜。

 最初は回着整備から。
485系1000番台のMM’ユニット
 国鉄485系1000番台の中間車で、製品はTomixのリニューアルする前の製品です。なので中古ショップ「トイプラネット」並びに「ポポンデッタ」にて購入。
車体マウントと台車マウントの差
 リニューアル前の製品にも分類があって、TNカプラーの装着有無で前期と後期が分類可能。写真右はボディマウントのTNカプラーを既に搭載済みなので、こちらが後期製品です。
 左側はものの見事に前期品だったので、台車マウントのTNカプラー化を施し、連結できるようにしました。ちなみに前後で装着方法が違っても連結可能ですし、復元の弱い線バネ式だとこの組み合わせが一番いいかも。
戦後東武特急の祖・5700系
 続いては鉄道コレクション東武5700系です。こちらは限定品と通常販売品があって、こちらは限定品を購入したヤツ。
先頭側のTNカプラー 中間側のナックルカプラー
 先頭のカプラーはTNカプラーで、中間側はナックルカプラーを使用。本当なら統一したかったのだが、部品調達の都合でこうなりました。
床板番号入り乱れ
 実車の再末期をイメージしてたせいか、動力は1両のみ。問題なのが床板だった。実は限定品が出たときは18m級の床板を使用してたせいもあり、台車間の間隔が少々つまってました。
 その後19m級の床板が出たのですが、5700系を動力化した時はそんなに手持ちに無く、結局後述の車両からと、阪神と大阪市交通局の床板を流用した次第です。
下から見ると普通に見える 横から見ると若干外より
 それ以上に問題だったのが、動力台車の寸法で、指定のTM−13だと車軸間16mmなんだが、どうもうまく嵌らない…実寸を計ったら、実は15.4mm…
 こうなると動力を変えた方が良いのだが、15.4mmを履いた製品ってのが実はそんなに数が無い…交換しようにも動力ユニットを買う予算がそんなにない…
 考えた結果、動力台車に貼るために切り出した台車枠の軸受け部をコンマ3mmずらす加工を施し、無理矢理嵌めました。
猫ひげの5700系
 こちらからは東武5700系登場時3形態。無論鉄道コレクションの限定品で、しかも動力を全部組み込んだ結果、上記加工を3両も施す割と面倒な事になったりする。
 最初は「猫ひげ」と呼ばれた、非貫通型前面を持つ5700型。加工は前述の5700系と同じで、動力化で出た床板は前述の5700系に供出しました。
青帯の5710系 白帯直角カルダンの5720系
 続いては5710系青帯車と、5720系白帯車の2種。加工内容は上記と同じなのだが、実は5720系は台車形状が異なるのだが、うっかり台車の撮影忘れた…
5700系列収容
 これをCASCO製12両ウレタンを使用して収容する。ケースはえんじ色をチョイス。
東武博物館で復元された方
 インデックスの写真は「東武博物館へ行ってみた・前編」で撮影したモノを使用。

 今月は相当量が多くて、この回だけで収まりきらないので、今回はコレまで。次回に続くにょろ。
posted by 島々な人 at 20:06| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

第1214回 今月の鉄道模型いじり@令和2年1月号・その1

 さあ1月分の模型いじり、やっていくよ〜。

 先ずは毎度おなじみの鉄道コレクション動力化から。
鉄コレ的に最初の阪堺モ161形
 阪堺電気軌道モ161形で、実は一番最初期に出たにもかかわらず、タッチの差で手に入らなかった代物。幸いばっふぁ氏とトレードが成立し、吾輩の手元に来た次第です。
 ちなみに引き渡しが前回前々回の70系を買ったウィンターセールだったりする。
変電所クラッシャー・EF200
 続いてはKATOEF200新塗装です。吾輩的には登場時よりこっちの塗装の方が好み。
手すりとナンバーとナックルカプラー
 パーツが取付けてなかったので、連結器のナックルカプラー化と併設して取付け。ナンバーは何となく付けた感じです。
結構古い代物と判明
 パーツ取付時に取扱説明書を確認した時こんな落書き…と言うか、購入時のデータが書いてありました。大体10年近くこの状態で放置だった模様。まあ人様の事を言える立場じゃ無いけど…
 ちなみに此奴も引き渡しがウィンターセールで、今度はtominubian君の余剰品を購入…つーか未だ代金払ってません。都合によりBlack Junk氏経由になったからねぇ…
 しかもこの際1/200のB747−400政府専用機のおまけ付き。さらにはこれをバックに収容しようとして、吾輩のデジカメを落とし、後日Black Junk氏より引き渡される羽目に…
三岐101系電車
 続いては鉄道コレクション動力化で、三岐鉄道101系です。元は西武鉄道411系〜二代目401系の転籍車です。
三岐101系の中間側
 先頭側は連結運転を前提としないので、ダミーカプラーのままで、中間はTNカプラーを使用します。
三岐最新鋭の751系
 引き続き三岐鉄道751系で、こちらは西武鉄道新101系の転籍車で、1編成しかない代物。
ダミーカプラーとTNカプラー
 こちらも先頭だけダミーカプラーで、中間はTNカプラーを使用。
三岐801系オリジナル塗装 三岐801系西武イエロー塗装
 さらに三岐鉄道801系2編成。これまた西武鉄道701系の転籍車で、片方が西武時代の塗装に変更されたもの。
三岐塗装のダミーカプラーとTNカプラー 西武塗装のダミーカプラーとTNカプラー
 これまた先頭だけダミーカプラーで、中間はTNカプラーを使用と、まあ統一してます。
整備した順で入れるとこうなる
 これをCASCO製11両ウレタンを使用して収容する。ケースはたまたま手元に黄色が無かったので、オレンジで代用中。黄色が手配できたら交換予定です。
やっぱ黄色の方が良いよね
 インデックスは「近畿撮れ高確保の旅」で撮影して、たまたま公開してない写真を使用。

 ちょっと多くなったので、今回はコレまで。次回に続く。
posted by 島々な人 at 21:00| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

第1213回 ジャンクな鉄道コレクション70系をいじる・その2

 と言う訳で前回からの続き。

 前回加工したTNカプラーを動力ユニットに装着し、中間車に動力を組み込む。この70系中央東線セットの場合、3ドアのモハ71か4ドアのモハ72のいずれか。
モハ71全景
 悩んだ結果、モハ71に組み込みました。写真の車両は何故かモハ72になってますが、モハ71の間違いです。やはり前所有者にちょっと小言を言いたい。
 パンタグラフは買った時についてたTomix製PS13で、単に差してあるだけで外れやすくなってるので、ゴム系接着剤にて固定しました。
動力台車とTNカプラー
 台車枠は動力ユニットに付いてた、DT17を使用。
モハ72全景 TNカプラー部ドアップ
 そして動力を組み込まなかったモハ72には、これまた付いてたパンタグラフをゴム系接着剤にて接着し、アーノルドカプラー取付部をカットし、TNカプラーを取り付ける。
 中間連結用のTNカプラーは、見えないので基本的に汎用のセット品を使用してます。では先頭車の一番前に付けるべきTNカプラーと言えば…
ちゃんと「旧型国電」と書いてある
 JC6329で、こちらはコイルバネ復元式です。線バネ式のJC28でもいいのですが、たまたま手持ちのがJC6329だったので、こちらを使用します。
旧型国電用と汎用品の比較(見辛い)
 JC6329と取り外したカプラーとの比較。見辛いかもしれないけど、JC6329の方が角ばってます。こちらが旧型国電正当の連結器です。
クハ76全景 栓受なくても表情は締まります
 JC6329を加工して、先頭車に組み込んだのがこちら。本当ならジャンパ栓受を残すように、当たる部分を削る予定でしたが、失敗したので潔く切り取りました。
新品のTNカプラー 汚れを落として再使用したTNカプラー
 片方の先頭車中間車側には新品を使用したのですが、もう片方の先頭車中間車側には、元からあったTNカプラーを再使用して、新規追加を減らしました。
 その後は車両番号のインレタを剥がし、レールクリーナーでマジックで書いた部分を落とすのですが、まあなかなか落ちない…ちなみにこの部分は撮影忘れた…地味なので許せ。
 それでもまあ割とマジックで書いた部分が落ちたので、後日ナンバーを変えようかね?でも最近ナンバー用のインレタが少なくてねぇ…
 一番出回ってるグリーンマックスですら、店によっては無いのもあるので、まあ気長にやる予定です。
 ちなみにケースの用意は出来てますが、中身がアレなのでしばらくお待ちください。

 次回はいつものコーナーです。先月の反動はデカいぞ…
posted by 島々な人 at 21:01| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

第1212回 ジャンクな鉄道コレクション70系をいじる・その1

 お話は去年の12月21日まで遡る。

 埼玉県さいたま市大宮区にある、大宮ソニックシティで毎年恒例行事の一つ、鉄道模型のウィンターセールがありました。
 この時の吾輩の目当ては、「CASCO」さんのB品ウレタンで、後はまあテキト〜に見てまわるってのが、ここ数年の流れだが、今年は「赤い電車」さんのブースでとある物に目が行く。
 少々悩んだが、結局購入する事になった。
70系中央東線セット
 こちらが今回の主役である、鉄道コレクション国鉄70系中央東線セットです。お値段は3800円と、実は定価よりチョット高い。でもほぼほぼジャンクな訳ですが、まあ見てけば分かる。
連結器外れた2両
 先ずは片側の先頭車にダミーの連結器が無い。まああるけど外れてたってのが正しいか。そして片方の中間車には、アーノルドカプラーが無くなってる。まあこちらも外れやすい元からの物なので仕方ない。
白っぽいTNカプラー
 もう片方の先頭車には、密連型TNカプラーがあるけど、よく見たら旧型国電向けじゃなく、新型系の汎用品。しかも剥離剤っぽいもので汚れたまま。
車輪は全部金属車輪 動力が無い…だと…
 床下の確認をすると、動力が入ってない…増結用に使ってたのか?ただし車輪は金属車輪に履き替えてあり、しかもウエイトを載せてあるので、その分を買う金額を考えると、買った時の値段はほぼ妥当な金額だったりする。
 そして今回これがジャンクという一番の理由ってのがこちら。
なんじゃこりゃ!?
 ナンバーを変えてある。まあ変える事位普通だが、その方法が残念で、「何故黒マジックで消した?」と前所有者に少々問い詰めたい。
 まあかなりのジャンクなのは分かった。以上を踏まえて、ジャンクから実践的に引き上げる工作を行う。
実は正規指定の動力ユニット
 先ずは動力化改造を行う。手元にたまたまあった動力ユニット、TM−09を使用します。なおこちらはとうの昔に生産中止となり、今ならTM−17が代用となります。つーかTM−17の方が良いんだが…
 TM−09とTM−17の違いは、台車回りの構造の違いで、その中で一番目立つのが、TNカプラーを入れても引っかかるのが、旧製品なTM−09です。
 なのでTNカプラーを組み込むには、ひと加工が必要です。
0334ことJC30 割とバラし易い構造
 用意したのがJC30…購入時は6個入りセットのなので、0334とも言う。今は単品売りしかしてません。このようにバラして加工していきます。まずは線バネを…
大体2mm位の所を折る
 この様にU字型先端から大体2mm位の場所を折り曲げます。そして連結器胴受け部とボディ取付部を…
○で囲った場所をカット済み ○で囲った場所の先をカット済み
 丸を付けた位置をカットします。もっともカット後の撮影なので、既にいらない部分は無いですが…
胴受け部にこんな感じで配置 線バネを出すように組立
 胴受け部に連結器とバネをこのようにセットし、ボディ取付部を組み込みます。すると線バネがこのように上に出ます。これで台車に当たらず、バネ機構をそのまま使用できます。
 ちなみにこのネタは、何処かのサイトで見たのですが、今はコイルバネ式だし、TM−17ならこんな加工しなくても付けられますので、まあ参考までに。

 ちょっと長くなりそうなので、本日はこれまで。次回に続く。
posted by 島々な人 at 23:23| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

第1211回 今月の鉄道模型いじり@令和元年12月号

 毎度おなじみのこのコーナー。大体大掃除と被るので、例年ならそんなに数がないのだが…

 まずは先月の続きから。
ステンレス魔王収容所(マテ)
 南海6000系の収容をすべく、車両ケースの加工を行いました。毎度おなじみCASCO製8両ケースを使用し、いつもの両面テープ加工を行ったもの。
青の部分に黒文字が入ると見辛い
 写真は前の「山陽路を往く旅」シリーズで撮影したヤツです。側面の文字の色に相当頭を悩ませてたのですが、視認性から白にしてみた。結果はまあまあだったので、次回あればこれでいく予定。
碍子の有無が製品の古さを物語る
 続いてはTomix200系新幹線電車。またもや中古おもちゃ屋「トイプラネット」にて売ってたので、購入した追加分です。1両だけ帯が変に擦れてるのですが、まあとりあえず押さえておく。
おなじみの金属車輪化
 2両のうち1両がプラ車輪だったので、金属車輪に交換する。これで一応9両分は確保したので、後1両パンタグラフ無しの中間車を買えば、10両編成完成するが、さあ如何なる事やら…
国鉄特急正統派電気釜
 国鉄が誇る万能特急用電車である、485系の先頭車クハ481です。メーカーはTomix製だが、ハイグレード化前の旧製品です。
 たまたま2両買ったはいいが、片方は頂上部の前照灯が点灯しない旧々製品だし、もう片方はケースが1000番台と書いてあるのに、中身が1500番台という、訳分らんオチが…
 さすがに点灯しないのもつまらないので、もう1両ジャンクを買ってきて、運転席の屋根ごと1500番台に移植し、1000番台に仕立て上げる加工を行う。
 ついでにライトユニットを「モデルトレインプラス」製の「車両用LEDライト基板Type T2」に交換し、前照灯の照度アップを図りました。
ボディマウント式TNカプラーが使えない
 連結器は台車マウントのTNカプラーに交換。確か既にTNカプラーになってたヤツを移植しただけ。後1両加工すればいいのだが、材料がないのでしばらくはジャンク漁りをせねば…
ジョイフルトレイン「浪漫」
 かつて「ホビーランドぽち」で無料のクジ引きを引いて、当たった福袋に入っていた、マイクロエース製のジョイフルトレイン「浪漫」の登場時編成です。
 実は保管してた所が本を入れる都合で邪魔になり、本来の車両用棚へ移転するついでに加工したもの。
全車TNカプラー化済 上がハイモ(気動車)用で下が汎用品
 連結器はTNカプラー化加工を行うのだが、先頭車だけ何故か片方気動車用向け小型タイプになってます。
地下鉄日比谷線直通電車
 これまた保管場所変更ついでの加工で、マイクロエース製の東武20000系電車です。前に買いに行った車両の元になったヤツですな。しばらくの間連結器試験に使ってた代物。
先頭だけTNカプラー 中間用はナックルカプラー
 曲線通過性能と地下鉄運用を検討した結果、グリーンマックス製ナックルカプラーの中サイズを使用しました。前面だけリアル化目的でTNカプラー化してます。
国鉄の数少ないチョッパ制御車
 最後は閉店になった「フジ模型」最後の購入品の1つ、マイクロエース製国鉄・JR東日本203系電車です。掃除のスペース捻出の為、ついでに加工したもの。
先頭だけダミーのまま 中間はTNカプラー
 地下鉄乗入車なのに、あえてTNカプラーにしたもの。つーか連結面間が開き気味なので、どうしてもTNカプラー化してしまう傾向が、吾輩の中でありまして…

 これだけの作業を実は10日間ほどでやったので、結構作業してたんですな。これで大掃除とパソコン更新作業までやって、挙句にイベントに行ってたんだから、どんだけ精力的に動いてたんだか…

 次回は…如何なるかなぁ?
posted by 島々な人 at 21:48| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

第1210回 令和元年最後のイベント・京急フェアへ行く

 前回メインパソコン買い替えを書いたのだが、実はこの話には続きがあったりする。メインパソコンを買いに行った翌日が、そのまま年内最後のイベント参加というお話なのだ。

 12月26日(木)の午後…と言うより、夕方に「ドスパラ」にてメインパソコンの購入決済を行い、そのままマックにて夕飯を食べ、今回の前進基地的な場所へ向かう事にする。
 のだが、何故か京浜東北線に乗った瞬間、一時運転抑止を食らう。この日は東海道線川崎駅で人身事故が発生し、救護の為一時運転抑止になる訳で…
 もっとも10分もしない内に運転再開したのですが、まあ夕方ラッシュ時に一旦抑止すれば、車内の状況が悪化するのは目に見えてまして…結局降りる駅まで立ってました。
 前進基地のある蒲田駅で下車し、かなり前に会員証を作った「マンボーネットルーム蒲田店」に到着。ここで一晩過ごす事になるのだが、まあ部屋ん中暑い…エアコン効きすぎ…
 軽くネットサーフィンをした後、仮眠をとるのだが、暑くて何度か起きる羽目になる…ぶっちゃけ下着姿になっても暑いって何?

 12月27日(金)は朝5時頃起床し、京急蒲田要塞駅まで向かう。雨が少々降ってたが、幸いほぼほぼアーケード街を通るので、そう濡れる事はなかった。
 京急蒲田駅の改札を通り、横浜方面ホームへ向かい、時刻を確認する。始発はとうの昔に発車済み。次の電車が普通電車で、その後の電車が特急電車。悩んでいたら、普通電車の案内にはこんな文字が…「上大岡で特急の通過待ちを行います」
 これは…如何考えても特急より先着するパターン。無論普通電車に乗って上大岡まで向かう。その車内でmixiを確認すると、後続の特急電車にカメさん氏が乗ってるとの事。
 ここで方針が固まる。一人で待つのも時間つぶしに困るので、行列次第ではカメさん氏を待つのも一考と。こうして上大岡駅に定時到着。

 今回のイベントは上大岡駅直上にある、「京急百貨店」にて行われる「第11回 京急鉄道フェア」で、今回の目玉は鉄道コレクションの京急旧1000形集中冷房車セットである。
 が、その他にも台風19号の影響で、日比谷公園でのイベントが完全中止となり買えなかった、同じ鉄道コレクションの阪急3300系も出ると言うではないか。多分これがラストチャンス…行くしかないじゃんか。
 すると今度は伽枕流君が「京急の鉄コレ、数が沢山欲しい」との事なので、大宮のイベントにて方針を聞いた結果、即時妥協となる。

 上大岡駅の改札外には、行列ができてはいるが、慌てるほどの長さではない。カメさん氏を待ち、合流後行列にならぶ。ここからは想定通りほぼカメさん氏と談笑で時間が潰れる。
 並んでしばらく経つと、行列が移動開始する。向かう先は百貨店内のイベントスペースで、ここで1時間以上は座って並んで待ってる感じでした。
 整理券が配布され、これで必要分は確保完了。後は始まるまでカメさん氏と談笑してました。顔見知りが隣にいると、話が弾んで並んでても苦を感じないですな。
 10時前になり、総員起立し行列を圧縮し始める。その後販売開始となり、30分後位には無事買い物が終わる。
 その後会場内を見て回るのだが、まあ金があったら何個か手を出してた位欲しいのがありましたよ…
 会場の一角には、来年のイベント向けである、東急3450形鉄道コレクションのテストショットがあり、まじまじと見てました。ぱっと見はなかなか良い出来。
 エレベーターホールにて、荷物の引き渡し等が行われ、伽枕流君向け車両を法円坂氏に引き渡し、吾輩のミッションは無事終わる。ちなみに引き渡しは6両分で、吾輩の手持ちも6両分と買った数的には半々な訳で。
 その後横浜まで団体行動し、横浜で吾輩だけ別れる。ここから上野東京ラインか湘南新宿ラインに乗るのも手だったのだが、早々に帰って寝たい気分だったので、東京で新幹線に乗り換え、自宅へ帰りました。

 次回は多分いつものヤツになるかな?
posted by 島々な人 at 20:47| Comment(0) | 鉄道模型イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

第1209回 5年ぶりのメインパソコン買い替え騒動記

 何から書こうかと考えてたんだが、今回パソコン買い換えでも書く事にする。本当なら毎月恒例の模型ネタの方が先なんだが、なんとなくね。

 さて話は「Windows7が1月14日でサポート終了」という、ゲイツ組の陰謀マイクロソフトの方針が結局変わらなかった事から始まる。
 まあWindows10も出てからそこそこ経ったし、既にノートパソコン(以下「パソコン」は「PC」に略す)修理の結果、Windows10になっており、取扱はまあまあ分かっている。
 なので、メインPCもWindows10に更新する事にした。つーか選択肢がそう無いのもアレですが…問題は如何更新するかである。

 と言う訳で、今回も技術的検証が始まる。
 現行機のスペックのまま移行ってのも一応考えたが、5年前そこそこ良いスペックのPCも、「3年経てば残念スペック」という、PCの進化論通り、少々パワー不足に…
 しかも以前Windows10を一度入れてみたのだが、これがまた激重この上ないパワー不足の極みだった。しかも最近PC内の時計がすぐにズレる。多分ボタン電池が寿命を尽きた可能性大。つまり如何あがいても、もうPCの買い替えは必至な訳だ。
 次にどんなPCにするのかを検討…つーかミニタワー型一択。ある意味「そこそこ拡張性があって、そこそこ面積・体積が減る」って、この5年で結構体感すると、離れられない訳ですよ。
 ケースサイズは決まったが、今度はCPUを如何する?前はAMDがヘボ過ぎて、Intelの軍門に下ったが、今は違う。RYZENシリーズという、強力なCPUが登場し、ヘッポコAMDユーザーな吾輩歓喜の話ですよ。無論RYZENシリーズ搭載機にする。
 続いて問題なのがメモリー量。ぶっちゃけノートPC修繕時に、Windows10を試しに入れてみたが、8GBじゃ足らん。ノートPCはグラフィックメモリーも共用なので、余裕を見て16GBにした経緯がある。
 俗に言うデスクトップ型の場合、グラフィックメモリーは独立してるので、無視はできる。しかし8GBで余裕があるかが分からない。なので保険で16GB積めばよい。メモリー2枚差しなら、デュアルチャンネル効果で早くなるし。
 一番の問題は…SSDだ。とはいえ、5年の年月はSSDの性能を向上さすに十分な時間で、とある加虐実験だとHDD破損レベルの駆動時間でも壊れないというので、高速性能向上の為入れても問題は無いと言えよう。
 グラフィックは予算内で一番良いやつとなる。ちなみに予算は前回と同じ位の15万前後。こうなると消費税上がる前に買っときゃ良かった…

 上記の条件を基に新機種を検討すると…現行機と同じ「ドスパラ」の「ガレリア」シリーズに良いのがあった。比較検討の結果、買うのは「ガレリア RV5」に決定。
 ミニタワーでRYZEN5ー3600搭載で、店員曰く「これでも結構強力なCPU」とお墨付き。メモリーは無料で16GBで、8GBの2枚差しなのでデュアルチャンネル対応済。
 記憶媒体は256GBのSSDと、1TBのHDDと2台もある。ぶっちゃけ現行機の500GBでも余りまくってる吾輩にとって、ある意味過剰スペックの極みなのが記憶媒体かと…
 グラフィックはGeForce製RTX2060SUPERで、メモリーは8GBと、実は結構上位機種。店の設定的には、もう1つ上があったのだが、税金等を考えると、まあスペック落として妥協ギリギリのラインで。
 後光学ディスク系が何故か載ってないので、オプションでDVDマルチドライブを搭載。後はOSをHomeからProに変えて、お店でクレジットカード決済する。
 カード決済で5%キャッシュバックしたのだが、その額を見て、思わず「もうワンランク上にしても良かったかも…」と思った位キャッシュバックしてました。

 そして30日着荷し、31日にセットアップ作業と設営をしたのだが、やはり手間取ったのがメールと個人的な設定で、メールはほぼほぼネット検索でヒーヒー言いながらやってました。
 しかしホントSSDの起動って早いですな。前なら数分位かかってたのが、今は1分もしない内に完全起動するんですから。ビバSSD!

 次はノートPCにSSDを積むかね?メーカー送り確定だが…
posted by 島々な人 at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

第1208回 謹賀新年令和2年

 皆様新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

 本当なら元旦出勤で、2日にはブログでも挨拶を書こうかと思ったのですが、大晦日の就寝間際に喉の具合が急遽悪化し、結局元旦の勤務で完全に風邪を発症させるという状況でした。
 なので挨拶が本日までズレた事に関しまして、ご理解を強要する。(ヲイ)
 ちなみにパソコンの更新は何とか令和元年内に終わりました。ただその後多少の設定変更が必要となり、3日の午後体調の多少の回復を待ってやったんですがね。

 とまあ、とりあえず毎年恒例であり、去年は全然出来なかった、新年の抱負を…

 1.車両を完成させる。(結構塗装待ちが多い…)
 2.路面モジュールの拡充(改良工事・新設工事ともに中途半端だし…)
 3.そろそろ身を固めないとねぇ…(さらに遠い目…)

 まあ何処まで出来るか解りませんが、これらのいい加減に実現せにゃならんので、鋭意努力する所存であります。多分…
posted by 島々な人 at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

第1207回 とりあえず今年の総括@令和元年

 今年も後僅かになりました。

 今年は暮れの挨拶が早いにも訳がありまして、まあ後日書く予定ですが、実は先日メインパソコンを買いまして、その着荷が30日なんですな。
 しかも今年は30日明け31日休みと、着荷後から大晦日までのウチにメインパソコン移行作業をするという、久々のゴタゴタ確定なんですよね…
 なので現行パソコン最後の原稿書きだったりする。

 まあ今年も彼方此方に出かけ、4月の関西Nゲージ合同運転会絡みの旅が、相変わらず大作ですし、岩手鉄道フェスタはついに夜のMVPが王者2連覇なんてネタがありましたなぁ…
 今年は久々に全日本模型ホビーショーに行けたってのが良かったかと。目に刺激あり過ぎで毒になりかけてますが。
 今年一番の話題といえば、譲位による平成年間が終わり、令和時代が幕を明けたって事ですが。ついに平成で結婚できなかったか…

 ブログの方は、ほぼ紀行モノやら、イベントレポがメイン…まあ今年はそこそこ模型をいじってましたが、完成に至らないってのが毎度の事でちと問題。
 Nゲージ完成品や、鉄道コレクションに手を入れるネタが案外多かったり、ついにはジャンク再生ネタが半田ゴテ投入と、ちと吾輩的には大技を多様した感じの1年だったとおもいます。
 来年も可能なら車両の完成とか、路面モジュールの進行が進めばとおもいます。

 ちなみに原稿ネタが相当溜まってるので、来年早々原稿を書くのにヒーヒー言いそうですが…まあ気長にお待ち下さい。

 来年は平和かつ良き年になる様、祈念しつつ良いお年をお迎え下さい。
posted by 島々な人 at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

第1206回 `19東武ファンフェスタへ行く・5の巻

 前回からの続きね。

 SL検修庫との間にある線路には、前回撮影した500系の残りが鎮座してて、さらに奥には…
黄金のスペーシア連結器もあるよ
 ゴールデンな100系スペーシアがいました。何かの作業中なのか、普段なら出てない前面の連結器が出てます。結構珍しい物が撮れたものだ。
南栗橋の客車群 東武特急車と国鉄特急車
 SL検修庫前には、14系客車12系客車が留置してたり、放置してる感じだったり。車種の統一的には、12系って台車系のパーツ取りでないかとおもわれ。
 コレを撮影後、カメさん氏が一旦入場受付まで向かい、記念品を授受する。その後休憩しようと移動開始。途中には休憩車両の…
走る博物館収蔵品
 東武博物館所有の8000系が鎮座してました。でも車内は多分人でいっぱいな感じが…その後奥の方にある休憩スペースで、鷹山右京夫婦が席を確保していたので、好意に甘え座る。
 この時点で既に13時近くになってるので、分散して昼飯の確保をしようという事になり、先ずは伽枕流君が向かう。その間カメさん氏は…
戦利品展開中 カメさん氏の戦利品全部
 mixiではおなじみの購入物撮影の準備真っ最中。上限近く買ったせいもあり、運搬用のダンボール付となってます。
 その後は鷹山右京夫婦の長男を見つつ、伽枕流君が来るのを待ってたら、tominubian君がやっと来た。何故かBlack Junk氏まで一緒に来た。
 「なんでBlack Junk氏が来たんだろう?」とおもったが、案内図に答えが書いてあった。「マルチプルタイタンパー実演」と。
 そして伽枕流君が帰ってきたのだが、その手にはフランクフルトがあったのですが…
超ロングフランクフルト
 凄く長いです。一体何cmだ?ある意味伽枕流君らしいサイズだ。その後吾輩とカメさん氏が昼飯を買いに向かう。散々悩んだ結果、買ったのがこちら。
栃木名物ジャガイモ入り焼きそば
 栃木名物ジャガイモ入り焼きそばです。ちとソースの味が濃かったけど、まあなかなか美味しかったです。
 コレを食いながら、ふと今晩の事を考えると、嫌な予感がしてきた。母親が「飯を食べに行く」なんていう予測がちとたってしまった。なので食事を終え、会場限定の10000系鉄道コレクションを買い次第離脱する事にする。
一昔前の東武感タダ漏れ
 とりあえず8000系を会場内最後の撮影とし、鉄道コレクションコーナーへ向かうのだが、係員曰く「そろそろ売切の確率が…」との事なので、そのまま列を離脱し、会場を後にする。
 南栗橋駅まで向かうのだが、しかし前段で既に足が悲鳴を上げてた。本当ならバスで戻ろうかとおもったが、行列がエゲツない長さだったので、早々に断念して歩いて駅へ向かう羽目に…
 南栗橋駅に着くと、電車の発車時刻まで少々あったので、たまたまホームにいたヤツを撮影する。
新栃木行6050系 中目黒行メトロ13000系
 北行新栃木行の6050系と、南行日比谷線直通中目黒行の東京メトロ13000系がいました。今回は南行の中目黒行に乗る。南栗橋〜東武動物公園間は乗った記憶が無いので、これで日光線完全制覇となる。
 その後春日部駅で野田線に乗換、大宮へと出る。そして大宮から新幹線に乗り、一気に高崎に…なるんだが、来た「とき」号が激混み!?「指定席誘導した方が良いんじゃね?」なレベルだった…
 結局次の停車駅が高崎であったので、高崎まで立って乗ってたのだが、足が痛くてしょうがない…高崎で両毛線に乗換、地元駅に到着する。
 自宅へ戻ったけど、結局夕飯は自炊の上、オカズがトロロ汁のみなんていう、質素の極みな内容だったりする…なのでコンビーフ…正式にはコンミート缶を開けて食ったなんてオチが…

 コレにて東武ファンフェスタのお話は終わり。次回は…何が先になるんだろうか?
posted by 島々な人 at 21:00| Comment(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

第1205回 `19東武ファンフェスタへ行く・4の巻

 前回からの続きですよ。

 入場線(多分)を抜けた先には…
台車のない車両たち
 地図だと第一車体としか書いてないけど、多分車体検査場に抜ける。そしてこの写真を撮った辺りってのが…
工場長おすすめ
 南栗橋工場長おすすめの車体上げビュースポットでした。もっとも時間的に1回目の車体上げ実演(10時40分)は終わっており、2回目(11時40分)まで時間があったので、見れませんでしたが。
電車のコンプレッサー ドア開閉装置全体図
 車体上げ実演の横には、電車の機器が展示しており、吊り掛けモーターを撮りまくる伽枕流君…年齢詐称疑惑悪化してるなぁ…
パンタグラフ操作体験コーナー
 そしてその横では、パンタグラフ操作体験コーナーがあり、シングルアームパンタグラフが上げ下げしてました。これは何か使えそうな感じが…
台車組み立てライン
 車体検査場を抜けると、今度は台車と車軸検修ゾーンに突入。ミンデン式の治具ってコレなのか?
 写真を撮り忘れたのだが、その奥に行くと車輪だけがゴロゴロしてまして、ここで本職な吾輩が車輪の講習をおっ始める始末。まあ交番検査時代は車輪転削兼務だったので、車輪は強いんだわ。
車輪測定体験コーナーの図
 さらに奥へ行くと、車軸測定体験コーナーがありました。てっきり簡単な車輪直径の測定かと思いきや…
割と面倒で難しい方のバックゲージ測定…
 割と難しい方のバックゲージ(車軸の車輪間寸法)測定とは…ちなみに小さなお子様には、検修作業服とヘルメットの着用して、写真撮影してました。
カメさん氏体験中 伽枕流君体験中
 が、この後カメさん氏と伽枕流君が体験したのだが、制服は子供向けなので着れません。つーか伽枕流君の親方感がハンパない…吾輩?本職がガチでやって如何する?
 その後台車塗装装置辺りで鷹山右京君とその奥さん、それに夏頃生まれた長男坊を連れて参上。まったくこの夫婦は子供にどんな英才教育を…つーかこの子の行く末を心配するの吾輩だけ?
 一旦鷹山右京夫婦と別れ、総合検査線横を歩いてたら、吾輩が面白いものを見つける。
正規はグレー1色
 密着自動連結器の見本ですな。可動部分だけ黄色く塗ってある辺り、どう見ても教育用です。この前後辺りには、いろんなパーツがゴロゴロ転がっていて、ここでも本職な吾輩の講習がおっ始める始末。(本日二回目)
 その近くには信号機操作体験コーナーがありまして、信号長Y氏がいたら小一時間位講演してくれそうな感じでした。(ゑ?)
何時の時代の浅草駅だ?
 局修線では、ドア開閉体験をしてましたが、その行先字幕がまた…ある意味ツウな行先に設定したヤツ誰だ?褒めてやる!(ヲイ)
 塗装ブースの横には交換用の前面ガラスがあって、中には500系の運転士側前面ガラスがありました。その先には塗装見本があって、カメさん氏が興奮しながら撮影してました。
 ちなみにその時のカラーを見て、「笑点」出演者の話になるのは、その色がだいたい出演者な色ってのが原因だ。(ヲイ)
リバティの残り
 外に出て、SL検修庫との間にある線路には、前回撮影した500系の残りが鎮座してました。しかしスカート無いと変だね。

 今回はコレまで。次回多分最終回かも。
posted by 島々な人 at 20:59| Comment(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

第1204回 `19東武ファンフェスタへ行く・3の巻

 前回からの続きなんだけど。

 なんとか鉄道コレクションを書い終え、カメさん氏と伽枕流君と合流。少々話をしてから、会場内を周る事になる。先ずは買い物をした位置から更に奥へ行くと…
鮮やかな8000系
 8000系のリバイバル編成の一つである、昭和30年代に行われた試験塗装、イエローにインターナショナルオレンジ帯編成が鎮座中。しかし初めて見たけど、帯が赤けりゃ完全に都電塗装じゃなぁ…
東武バスセントラル2999号車
 反対サイドには、東武バスセントラル所属の2999号車が展示中。
シングルアームパンタグラフな電気検測車
 その奥には電気検測車が展示しており、見る角度によっては、バスにパンタグラフが出てる感じになり、「トロリーバスじゃー」と言い出す始末。
今年の東武の顔
 写真撮影会場に並んでる、東武の主力電車たちを横から撮影する。正面から撮ってみたい気もするが、行列に並んでまでやる気は無いから、コレで十分かと。
そららくん
 そして本日会場にいたゆるキャラで、唯一撮影したのが、この東武バスのゆるキャラである「そららくん」である。ネット検索かけても、なかなか情報が無い謎なヤツである。(書いてる時点での話)
 その後工場見学をしようと、一番最初まで移動。そして最初に居たのが…
「リバティ」のロゴ
 東武最新特急電車である、500系「Revaty(リバティ)」がいた。そしてその先頭車といえば…
スカートが無い状態の先頭車
 スカートが外されてます。スカート無いとブサイクの極みだなコレ。その隣に居たのが…
野田線な10030系
 10000系のマイナーチェンジ車である、10030系野田線仕様車がいました。野田線仕様なので、密着連結器下部に電気連結器が無いのが特徴。
 この間カメさん氏は「なかなかこんな機会ない」と言って、床下機器を撮影しまくり。その際グランドスイッチ箱(電車内のアースを担うスイッチを入れてる箱)の事を話してて、何故か変な事を言い出すカメさん氏。
 その後本人が「ヤベエ!数学的な事になってた!」(意訳)との事。そりゃマイナスとマイナスを掛ければ、プラスになるけど、直流電気的には違うよね。交流電気だと話は変わるけど。
此奴も30年選手なんだなぁ…
 ちなみにクハ11632号車の製造はアルナ工機で、今はアルナ車両と変更の上、製造はほぼ路面電車だけになった会社です。

 今回はコレまで。次回に続くナリ。
posted by 島々な人 at 21:49| Comment(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

第1203回 `19東武ファンフェスタへ行く・2の巻

 前回からの続きじゃ。

 南栗橋駅を降りると、会場まで向かうのだが、この時点でバスは出てるが見当たらない。なので歩いて向かうのだが、周りの感じとか自分の歩く速さからして、ちょっとした競歩大会と化した訳で。
 9時をちょっとこえた当たりで、会場の南栗橋車両管区に到着。この時点で以前より痛めてる左足首が痛みだす。
行列と南栗橋車両管区の建物
 とりあえずスマホで様子を撮影する。入口横にあるスペースで待機列があるのですが、この時点では買えるか否かはまあ予測無理。目的別でも混ざってますから。
 この時点で判明してるのが、カメさん氏と法円坂潤太氏が到着済み。しかし見つけるには人が多すぎで、まあ無理ですな。南栗橋へ向かってる最中なのは、伽枕流君とtominubian君の2人。
 待機列に15分位いたら、列が動き出すので移動開始。だいたい入場口横の駐輪場付近まで移動する。
 そこで伽枕流君が「バスに乗った」とmixiにつぶやいたので、バスの方を見たら…巨漢な伽枕流がまあ凄く目立つもので、その光景は大相撲の関取が場所入りするかの如くの存在感だった。
 9時半前後で6000系塗装を施した、6050系が入換をしており、最初のは撮りそこねたが、逆のはこんな感じ。
6050系と50000系 6000系塗装な6050系
 慌ててスマホで撮影したので、まあこんな感じにしか撮れないよね。10分もしないうちに再度移動開始。道幅が少々狭いので、列が少々歪む…途中でヨ5000形が体験用に鎮座してた。

 まあ前回書いたように、十数年ほど来てなかったので、南栗橋車両管区も相当変わっており、「SL大樹」号の為にSL検修庫が増設してあったし、何故かヨ5000形が大井川鉄道から来てたし。

 10時前には一応入場ゲートを通過し、ここで初めて目的別に行列が出来るのだが、まあ3〜4種位なので、鉄道コレクションの列だけ見ると、結構減った印象…でも買えるか微妙に不安な長さ。
 10時になり一応開場のアナウンスが流れる。しばらくすると行列が動き出すし、工場棟のシャッターが開き始める。ちなみに鉄道コレクションの列は工場棟真横だったりする。
 鉄道コレクションの列はチマチマと動いてましたが、ほぼ隣のオニーチャンが、一眼レフカメラのレンズカバーをカチカチと開けたり閉じたりする音が、非常に気になって仕方ない。カバーの爪が壊れそう。
 この時点で斜め後ろに法円坂氏がいる事を視認する。その後前方の方にいたカメさん氏と、鉄道コレクションの列に並ばなかった、伽枕流君を現認する。
 そして列はやっと記入台手前まで来た。購入方法は欲しい数を1枚の紙に記入し、それを売り場に提出する方法。それで1人づつの記入だったので、まあ時間がそこそこかかる訳で。
 吾輩の番になり、必要数を記入後売り場へ向かい、やっと購入する。この時点で大体10時半と、まあ販売側が慣れてきたせいか、相当スムーズに買えました。

 本日はコレまで。次回に続くっぺよ。
posted by 島々な人 at 21:03| Comment(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

第1202回 `19東武ファンフェスタへ行く・1の巻

 12月1日(日)に東武鉄道南栗橋車両管区にて、「2019東武ファンフェスタ」が開催されました。

 この話が出た頃、行くか行かぬかは決めかねてた。しかし東武鉄道は飛び道具を投入する。鉄道コレクションの事業者限定品に、20400系列を投入してきた。
 吾輩の物欲センサーをフルに刺激するに不足なき物が出たからには、早々に手に入れるのは自明の理。しかも運良くその日は休みだったので、「これは行かねばならぬ」となった訳です。
 ちなみに最後にファンフェスタに行ったのが、多分「関東横断お祭りな旅」以来だと思われ…十数年ご無沙汰ぢゃねーか!?!?

 この日の朝は5時半頃起床し、最寄り駅まで車を走らせ、駅至近のコインパーキングに駐車する。そして始発から2番目の電車に乗るのだが、始発でも良かったかもしれない。
 途中の桐生で相当(10分ほど)停車してたので、結構待たされる訳だ。しかも岩舟駅にて交換列車待ちするのだが、この先こそ今回一番ネックな場所だったりする。
 岩舟駅に交換列車が来て、大平下駅まではまあ普通だったのだが、大平下駅出発直後から状況は変わる。
永野川河川氾濫被害域
 先の台風19号が残した爪痕が彼方此方に…そして両毛線的に台風19号最大の被害地に到達する。
河川氾濫した永野川を渡る
 永野川氾濫に伴う橋台背面流出した、永野川橋梁を通過。削れたり変形した堤防代わりの土嚢が目立つ…
久しぶりの栃木駅
 被害地をソロソロと通過すると、東武日光線の高架橋が見え、両毛線も高架橋に入り、そして栃木駅に到着。ここで東武日光線に乗換えとなり、東武の改札を通ると、早速良いのが居ます。
今回鉄道コレクションの主役 20420系列
 今回の鉄道コレクションネタでもあり、東武魔改造(ヲイ!)の歴史に新たなる1ページを加えた一応最新鋭の20400系です。
 元は東京メトロ日比谷線直通用車の20000系として製造され、日比谷線の電車20m級化に伴い地下鉄運用から離脱し、館林にある津覇車輌工業でローカル線転用改造された、一応東武で一番新しい車両。
 この写真の編成は狭義だと20420系列で、魔改造分が薄い編成です。
南栗橋行20410系列
 乗る電車も20400系と、ある意味運が良い。反対方向(新栃木)行の電車は、10000系だったのもあり、そう感じる。ただその10000系、ブツ4(2両編成×2本の組合せ)だったから、コレはコレで美味しいような…
 ちなみにこの乗ったのが20410系列で、こちらもそんなに魔改造分が無い編成だったりする。今気づいたんだが、写真に写ってるのって、両方トップナンバーだったりする…
 早速この20410系列に乗って、南栗橋へ向かう。
新大平下駅の20410系列 ワンマンでない字幕
 隣の新大平下駅にて特急の通過待ちがあったので、その間撮影タイム。
スペーシア100系
 さらには通過する特急も撮影した。新大平下駅の時点で、20400系列の写真が相当撮れたので、実に満足のいく結果であった。
 新大平下駅を出発し、電車に揺られてると、利根川橋梁を渡り、栗橋の立体交差を超えると、この電車の終点であり、今回の目的地である、南栗橋駅に到着となる。

 今回はコレまで。次回に続くよ。
posted by 島々な人 at 22:57| Comment(0) | 鉄道趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

第1201回 今月の鉄道模型いじり@令和元年11月号

 さあ11月分の鉄道模型いじり、始まるよ〜。

 まあ11月分は完全に鉄道コレクションの動力化のみですが…
鉄道コレクション第17弾ノーマルコンプ
 通常版第17弾です。これは動力ユニットを揃えるのに時間がかかった…特に箱根登山鉄道用の動力がなかなか無かった…
庄内・京王・箱根登山 上田・京福・京阪 半レギュラーなヤツと高松琴平2種
 シークレット無しの10両をズラッと撮影。
カトーカプラーNとナックルカプラー
 連結器は庄内交通と箱根登山鉄道以外はKATOナックルカプラーで、庄内交通は貨車連結に備え、KATOカプラーNを使用。箱根登山鉄道のはパーツ調達の都合で、後日に回すからダミーを仮使用。
何度か悩んだ結果12両に
 そして車両ケースに収容となるのですが、中のウレタンを毎度おなじみCASCO製12両用に変更。長さが短いので、全数ウレタンを継ぎ足す加工を施したんですが、まあ数が多いから大変面倒で…
 なお空いてるスペースには別の箱根登山鉄道車両を入れる予定。
ステンレス魔王様降臨
 続いては以前もやった事のある車両で、ついに廃車が出てしまった南海6000系です。在庫を一気に加工しております。
先頭のTNカプラー変更
 先頭のTNカプラーをジャンパ栓受無しのに変更。以前加工したやつもジャンパ栓受を除去して、前面を統一させました。
割と大雑把な付け方
 動力ユニットを組み込んだのですが、車両付属のスペーサーだとTNカプラーが奥まってしまうので、位置をズラしてネジ止めで対応する。

 結局中旬がほぼ組合文化祭対応で潰れたので、実は上旬と下旬でしかやってないのだ。ちなみにウレタン加工は下旬施工なので、実質ほぼ下旬しかやってない訳で…

 今回はコレまで。次回は久々の鉄道イベントネタですよ。
posted by 島々な人 at 20:10| Comment(0) | 鉄道模型ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

祝・1200回到達記念吾輩が見たデゴイチ

 さてこのブログもおかげ様で1200回を迎える事ができました。

 つまり数的にはD51形蒸気機関車より上回った訳ですな。今回はそれを記念し、今まで見たD51を上げていきます。
 本当なら総生産数丁度(1184両)であげようかとおもったのですが、丁度シリーズ物の真っ最中だったので、キリの良い時にしようとしてたら、たまたま今回になった訳です。

 先ずはD51そのもの
    1号機 京都鉄道博物館
   14号機 流山市総合運動公園
   51号機 トロッコ嵯峨駅
   96号機 碓氷峠鉄道文化むら
  187号機 大宮総合車両センター
  200号機 *動態保存車
  231号機 国立科学博物館
  426号機 鉄道博物館(前頭部・運転台のみ)
  498号機 *動態保存車
  745号機 水上駅転車台広場
  853号機 飛鳥山公園
  916号機 前橋こども公園
サハリン1号機 柏崎駅前公園
 まあこんな感じですな。ちなみに200号機は動態保存前と、動態保存へ移行する前の検査中に梅小路にて見ました。498号機は運が良くて、静態保存(後閑駅)と動態保存の両方を見ております。
 この内写真を撮ってあるのが、1・14・51・200・498・853・916号機で、割と高確率で撮影してますな。
 ついでにサハリン鉄道の1号機、たまたま柏崎のイベント時に何度か見たのですが、結局撮影できず終いでした。勿体ない…

 次は旅客機改造となった、C61形を。
 1109号機→C61‐2号機 (動態保存車)
 1094号機→C61‐20号機(梅小路動態保存車)
 こちらはほぼ動態保存車で、2号機に至っては伊勢崎華蔵寺公園での静態保存時にも撮影してます。吾輩のブログにも載せてますが、面倒なので各自検索で。(ヲイ!)

 地元でも見てない車両ってのがあって、それがこちら。
  561号機 元・武尊高原SLホテル
  735号機 渋川駅前児童公園
 特に735号機なんぞ一番近いのに、一番縁がない車両だったりする…今度見に行くか…

 一応見た記憶がないけど、近くまで行ったのがこちら。
  486号機 長野総合車両センター
  603号機 ジオラマ・京都・JAPAN
  946号機 いわき市石炭・化石館
 1072号機 神戸駅北
 長野といわきのヤツは結構近くまで行った記憶があるのだが、見た記憶が無い。ジオラマ・京都・JAPANのは施設自体がトロッコ嵯峨駅隣接だったので、あの時見てりゃ良かった…
 神戸のは吾輩が降りた逆方向だったので、ある意味ニアミスにも程がある。次回の関西行きの宿題か?

 今回は1200回記念にD51形の話をしましたが、皆様のおかげで1200回を迎える事ができました。この場を借りて御礼申し上げます。
 次は1300回と、まあかなり先なので、気長に見てもらえればと思います。

 さて次回は…多分いつものヤツかなぁ?如何なるかは不明ですが…
posted by 島々な人 at 20:03| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする